犬とぶどう園

群馬県榛名山の麓、北群馬郡榛東村で観光ぶどう園をしています。 いつもいっしょにぶどう畑にいく愛犬との日記です。

年末と言ったら 1


福引回し
わが村商工組合歳末福引会にいきました。
加盟店で1000円買うと1回ひける券がもらえます。
空クジなし優等賞はハワイ旅行でなく30000円の我が村の商品券。
30回レトロな抽選機をまわしました。
残念ながら優等賞の鐘は鳴りませんでした。

福引玉
結果は末等の赤い玉ばかり。

まだ年末ジャンボがあるさ

モノを破壊して思うこと


貯水槽破壊完了
モノを壊す作業をするとモノを造る過程がわかりました。
それは人力でゆっくりしないとわかりません。
機械を使うと過程が早すぎて分かりにくいと思います。
人は休みながらでないと重労働は続きません。
その休みの間にモノが見られる気がします。

機械を使わないと手に豆ができる。

貯水槽破壊
用意した道具
大ハンマー
小ハンマー
つるはし
タガネ
金ノコギリ

結局使ったのが大ハンマーのみ。
ユンボや削岩機を使えば一日仕事が人力のみで三日かかりました。

いらない貯水槽


貯水槽

前は牛や豚を飼っていました。
そのために貯水槽が必要でした。
しかし、20年前にぶどうに完全転換しました。
それでこれは無用の長物となりました。

働く運搬車


枯葉運び
落ち葉もバットに入れて運びます。
びっちり詰めても軽かった。
畑の奥まで入れる運搬リヤカーだから出来る自然循環のお手伝い。

落ち葉はこやし


枯葉集め
昨年までぶどうの落ち葉は焼却してました。
この季節に落ち葉焚きの煙は風情がありました。
しかし灰にするのはもったいなくて肥やしに混ぜることにしました。





3人寄ればただの飲み会


仲間と一杯

たまに私の事務所でぶどうの仲間と一杯やります。
お酒は3人くらいで飲むのがちょうどいい。
各自お酒とつまみ2皿持ち寄ります。
初めは軽くぶどうの情報交換、その後はとりとめのないバカ話。
だいたいつまみが終わると飲み会はおわり。
各人徒歩にて帰宅します。



野菜もおいしいからぶどうもおいしい


こやしをつむ

はじめの頃は20キロの袋にいれてもらってました。
それも3年前から堆肥運搬トラックで運ぶことになりました。
お互いに楽になりました。
おまけで彼がつくった野菜をいただきます。
圧倒するうまさで帰りの運転中にジュース代わりにボリボリ食べます。

生きてるにおい

こやしもと

その方がつくった肥やしです。
すべて植物性で動物からのものなし。
それに活性化する菌をいれるらしいです。
それと空気中の小さないきものをいれるのに何度もトラクターをかけてます。
そんないきもの達の凝縮した生命力あふれるにおいがたっています。

もうひとつの立ち話

こやし南雲さん

私の肥やしの製造者との立ち話です。
論より証拠。
彼が手植えしたその肥やしだけのたんぼ。
米つくり2年目で倒伏なし。
あの酒造好適米山田錦。
どんなお酒になるか?
Profile
Recent Comments
Categories
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ