犬とぶどう園

群馬県榛名山の麓、北群馬郡榛東村で観光ぶどう園をしています。 いつもいっしょにぶどう畑にいく愛犬との日記です。

2008年02月

私の長靴


長靴

左からドイツ、アメリカ、日本、日本で買った長靴。

ドイツ 6年前モーゼル地方に行ってワイン農家でぶどう摘みをした時、地元の農機具屋で購入。短いので夏ちょぃとはいてます。丈夫です。
アメリカ 2年前シアトルのユニフォーム屋で購入。まだ未使用。
日本 3年前群馬高崎アウトドアー屋で購入。長いので田んぼ作業の時はきます。。
日本 今年群馬前橋靴屋で購入。防寒用で今毎日はいてます。暖かく重宝してます。

みんな90キロに耐えてよく働いています。

自分でネーミング


ひっぱる君

自分でこしらえたものはかわいいものです。
世の中にひとつしかないオリジナル。
この持ち主はぶどう農家ともうひとつ仏師の顔をもっています。

集会


集会

ぶどう仲間が各人の草刈り機牽引車にて集まりした。
ガキのころの私にとってのガキ大将のお二人に呼ばれたら行かなくてはいけません。
ぶどう作業も一息、缶コーヒーによもやま話をしました。
これがいい情報交換になるんです。

3月は談志の古典が楽しみ


ぶどうや駐車場

群馬高崎にある地中海料理のお店。
私には高崎で葡萄屋寄席を20数年続けている方のお店です。
立川談志さんを群馬に呼べる人です。
3月末に談志さんがトリをとる演芸会があります。
そのチケットを買いにいきました。
今回は母のリクエストで両親と行くことになりました。

シネマテーク高崎の会員手帳


シネマテーク高崎2

シネマテーク高崎の会員手帳です。
見た映画のチケットの半券をはってくれます。
私は年会費7000円で5回無料で見られる会員になってます。

シネマテーク高崎手帳

今回の映画は特別企画のため無料枠じゃありませんでした。
それでチケットは自分ではりました。

古典映画


映画 吸血鬼

古典の「吸血鬼」を見ました。
モノクロで見やすかった。
長い年月を経ても語り継がれるものは洋の東西にかかわらず万人が認める魅力がある。
吸血鬼の手先の医者の末路のシーンが恐かった。
小麦をひく製粉風車小屋に入る医者。
間違えてひかれた小麦のたまる空間とじこめられる。
すると製粉作業が始まる。
どんどん小麦粉がたまり最後に窒息死してしまう。
その動力のの歯車の音が不気味に響く。
映像の直接ショックより、想像させられて恐さを感じました。

まちの映画館


シネマテーク高崎

高崎市内にあるミニシアターに行って来ました。
私は3年前のオープンの時から賛助会員(サポーター)です。
今回22回になる高崎映画祭のプレ特集の作品を見に行きました。
車で行きやすいシネコンには見たい映画がありません。
流行る(売れてる)映画イコール面白い映画じゃありません。

気分はチャールズブロンソン


まきわりおまけ

ちょっといただいたぶどうの幹の薪割りをしました。
これで来冬もOKです。

「7人の侍」の西部劇版「荒野の7人」もよかったですね。
子供にやさしいガンマン役のチャールズブロンソンもまき割りをしててサブリーダー役のマックィーンにスカウトされてました。
またDVD見直そうかなぁ。

つるとりです


つるとり2

主に真ん中のペンチを使ってぶどう園の棚にまきついたつるをとります。
地味な作業です。
空っ風のなか大好きなラジオをききながらやってます。

造り酒屋さんが徹底的に酒造場を掃除する話をききます。
ぶどう園も同じ生き物を扱っています。
少しでも病気のもとが減らせればと思っています。

前はラジオペンチを使っていました。
左側の剪定はさみでもやれるそうですが、このちょい大きめのペンチは一番です。

今のぶどう園で使う道具


つるとり1

今、ぶどう園でこれらの道具をつかって作業してます。
主にひとつの道具をつかっています。
あとの2つは予備、補助でつかっています。
さあどんな作業をしてるのでしょうか?

旅の記録


旅日記2

インドネシアスカルノハッタ空港で帰りの飛行機の待ち時間ひととき。
日記記録を書いてます。
これも旅の定番。

旅日記1

ノートの左側にチケット、レシートなど現地でもらった紙媒体をテープではります。
右側に日記など記録します。
今回も全部書ききれませんでした。
その場その空気の中で記録するから価値があるのに。

制服と愛想のよさはシンガポール航空だいね


トランプ

シンガポール航空の客室乗務員はみんな感じよかった。
噂はまちがいありませんでした。
そんなかんじのいい乗務員さんの写真を撮りたかったのですが・・・
恥ずかしくて撮れませんでした。
中華系の乗務員も愛想がよかったし、日本人の方など丁寧すぎるくらいでした。

今回お世話になったインドネシア在住の友人とシンガポール航空をほめあいました。
やっぱりあの女性の美しいラインぴったりの制服のいいことがすべてだと合意しました。
彼からいくつもあるからとシンガポール航空のトランプをいただきました。
ジョーカーか絵札かエースあたりあの客室乗務員の生写真をつかってくれれば、私はかいます。
PLAYBOYのカードじゃないか?

シンガポールチャンギ空港


チャンギ空港

今年1月に改装したシンガポールチャンギ空港夜です。
透明ガラスを多用しているので開放感と明るさがあります。
昼間ならもっと明るく感じるでしょう。

チャンギトイレ

トイレなんか明るく、デザインだけで清潔感一杯。

洗練された空港でトランジットも快適でした。

旅にエアメール


旅のエアメール

インドネシアのスカルノハッタ空港で飛行機の搭乗待ちのひと時です。
そういえばスカルノさん亡くなったんですね。
こんなひと時にまとめて友人にお葉書を書きます。
いい机がないので椅子で書きました。
至福の時です。

シンガポールのチャンギ空港とこのスカルノハッタ空港の建設費がドルベースで同じだそうです。
同じねだんで?
写真ではわかりません。
日本でいえばチャンギは成田空港、スカルノは20年前の地方空港といった感じ。
インドネシアはわいろが文化と言われるお国だそうです。
お役人の取り分の差がそのまま形にあらわれるいい例です。
成田はどうなのかね?

旅先の床屋さん


インドネシアのとこや

私の旅の定番現地の床屋さんにいくこと。
インドネシアのおばちゃんの床屋さんに髪を刈ってもらいました。
写真だと目鼻立ちがくっきりしててちょっといい女に写ってます。
それほどでもなかった気がします。
珍しがってべらべらしゃべってくれました。
インドネシア語でいい男はガンタンと教えてくれました。

ジャングルで一服

お茶を一服2

ブルネイの国立自然公園のツアーに参加しました。
ランチのおいしいカレーをいただきました。
その後同行のオーストラリアのご夫妻に抹茶を差し上げました。

お茶を一服1

こんな感じで携帯用の茶道具を持ってゆきました。
和英英和辞典を片手の茶道の説明をしました。
彼らはいたく喜んでくれました。
抹茶をふるまうことがいつのまにか旅の定番になりました。

ブルネイの子供達

ブルネイの子供達

今回の旅でうれしかったこと。
ブルネイの水上生活者の村をボートでわたり一人で訪問しました。
するとその地域の子供のパーティをしてました。
そんな子供達にカメラをむけるとうれしそうにはしゃいでくれました。
その上その親達からちょっとしたプレゼントもいただきました。
お礼のやり方がわからず、帰りのボートの船頭さんにチップを多めにあげました。

多機能より頑丈なものを


プリンター

6年つかったプリンターがうまく作動しなくなりました。
ちょっとみてもらえば使える気がします。
メーカーに問い合わせたら新製品を買った方がいい結果になりました。
でも道具は10年使いたいですね。
殺し文句は「お客様の製品の部品は今年の12月で生産中止になります。」
です。まちの修理やさんで2、3000円ですめばいいのに。
送る手間と修理代で買った値段と同じでは誰でも安売り電気屋さんに行きますよね。
そんなんでプリンター購入しました。
複合機ってすごいですね。カラーコピーにスキャンその他いろいろ。
私には使いこなせません。
それより修理体制を充実してほしいもんですキャノンさん。
ついでにかわいい女の子をCMにつかう費用もそっちに使ってほしい。

雪に植村直己さんを想う


雪ゲンロン

また雪積もりましたね。
誰も足跡をつけてないとこに長靴でキュキュと歩くと気持ちいいやね。
源一郎の仲良し近所のロンと3人で新雪を楽しみました。
複数の犬と雪を見ると冒険家の植村直己さんのいぬゾリ思い出します。
たった2匹の犬のひもでさえからまるのに・・・
極寒の中何匹もの犬を操った植村さんはたいへんだったろうな。

運搬車完成


つなぎ

素人が針金でちょこっとつないだだけでもつはずがありません。
切り込みを入れた分剛性が弱くなりすぐ曲がってしまいました。
そうつかいものにならなかったのです。

牽引改改

いつもの農機具やさんにたのんで溶接でつないでもらいました。
これはうまくいきました。
運搬車連結部が本当に完成しました。
Profile
Recent Comments
Categories
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ