犬とぶどう園

群馬県榛名山の麓、北群馬郡榛東村で観光ぶどう園をしています。 いつもいっしょにぶどう畑にいく愛犬との日記です。

2011年11月

コンビニなんだけど



RIMG19335
12月にある催しのチケットをとった。
プレイガイドやその会場で直接チケット買う手間がコンビニでできるのはいいですね。
さすがです。
そこでちょっと中華まんとか目の引くものを買ってしまいます。
彼らのわなに見事にはまってしまいます。



されど布団はかけられず



RIMG19349
この前の寒波にやられたんだねサトイモ君。



犬にもすがる



RIMG19338
あの、剪定するには悩むんだよ。
よき方法教えて。

フーン。

考えてくれてるんだ。






写真のない日曜日4


20数年前学校を卒業して地元群馬の会社に就職した。
自宅から通えたのは三ヶ月、すぐに転勤になった。それから10年ちょっと。
最後は東京八王子の営業所にいた。
そんな会社勤めの頃「ある晩秋の日曜」に友人の結婚式があり帰省することがあった。
地元友人の家でその余興の打ち合わせをしていた。
夕方になりふっと近くの林を見上げるとからすが寂しくないた。
「あってないよもう帰ってきな」って。
すーと体に入り腹が決まった。
頭でなく体で決めると早い。
その三ヶ月後に会社を辞め榛東村に帰った。

居酒屋研修 高崎 JAPANESE BAR 克 



RIMG19297
広告で気になった新しいお店に行ってみた。
事前に酒屋さんから店主のお噂を聞いて予習をしておいた。
それを聞いてなければこのドアは開けなかった。


RIMG19277
いいお酒が程よい量で適正価格、よいです。


RIMG19280
おかみさん?
いきなりしじみにゅーめんをサービスで出してくれた。
なかなかわかってらっしゃる。
チーズかにみそもいいね。


RIMG19290
お燗をちろりでドバーと利き猪口に。
あふれるのはいいけどべたべたするので私には合いません。


RIMG19294
お燗はやっぱり手酌でこう。

日本酒愛あふれるお店でした。





お集まり



RIMG19305
ぶどうの役のおつとめでこんな会合に出た。
若い力がみなぎる会ではなかった。





立川談志さん

生で「芝浜」観たかったな。

私が初めて立川談志さんの落語を見たのは高校2年の夏だった。
東京のイイノホールの落語会、お目当ては三遊亭円生さんだった。
でもお亡くなりなり代演で談志さんが出てきた。
彼の脂の乗り切った時なんだろう何も知らない群馬のアンちゃんが圧倒された。
噺は「黄金もち」
忘れられない。
けちな西念が死ぬ間際でもちに全財産をねりこんで一心不乱にむさぼり食うシーン。
青いじゃなく蒼い照明が演じる彼の顔にかかっているように見えた。
そう記憶される熱演だった。
それ以来ファンになりました。

前橋にいらした時、帰り際に車から握手してくれた。

ウチのぶどうを勝手に送ったのに直接お電話でお礼をいただいた。
調子にのって高崎に見えた時楽屋を訪ねて直接ぶどうを渡せた。

談志さんのことだからあの世で師匠の小さんさんに落語の話をしていることでしょう。

サヨウナラ立川談志(涙、なみだ、ナミダ、泪、)

パン屋さん



RIMG19250
よく通る道で気になってたお店。


RIMG19255
車でも入りやすいので行ってみて3ヵ月。


RIMG19257
このパンのとりこになりました。
噛むのが楽しくなるんです。
チーズをちりばめたパンが多いのがいいんです。

歯ごたえの秘密は卵を入れないことだそうです。

こしらえているとこをオープンにして見せてくれるとこもいい。







組みなおし



RIMG19111
多分漁師さんがつかう浮き。


RIMG19108
お隣さんが組み立てなおしていた。
つないでいる銅線では不安なのでステンレスに交換のためのようでした。

RIMG19303
そう巨大ぶどうのお飾りです。




デラウエアかな?



RIMG19270
井森さん、お着物お似合いです。
ぶどうも持ってるし。


RIMG19266
ご両人観光大使ご苦労さん。








写真のない日曜日3


子供の頃はテレビをよくみてた。
1970年代前半アメリカのテレビはおしゃれで面白かった。
夢の世界だった。
「日曜の午前」はアメリカテレビをはしごでみてた。
「じゃじゃ馬億万長者」、あの東北なまりのお金持ちの吹き替えよかったな。
「宇宙大作戦」、スタートレックのほうがわかりやすいですね。
あの光学特撮のアナログ感がいいんだ。
日系のミスターカトーがエンタープライズ号にのっているのがなにかうれしかった。
「奥様は魔女」、「ワンダーウーマン」吹き替えが由美かおる、「バットマン」、「ララミー牧場」、
おおらかでやさしくてみんな美人で正義が勝つアメリカ憧れたいね。

今アメリカのドラマはDVDで見てますね。
「パシフィック」、戦闘シーンはリアルすぎて・・・、うーん。
日本は敵役なんで・・・、うーん。
アメリカのシャーマン戦車本物だよね。
日本の九七式戦車がちょろちょろ走り回るシーンには涙が出る。

今アメリカにはあこがれはありません。





カンタロウちゃん

RIMG19221
近くのいとこの家に新しいワンちゃんがきたので見に行った。
源一郎といとこになるのかな。

彼の名前寺内貫太郎一家のかんたろうだろう。

「敵を知り己を知り百戦危べからず」だったけ



RIMG19299
勉強会があった。
ハクビシンの生態を詳しく説明してくれたので参考になりました。
特に彼らが光にまったく驚かないことを実験映像でみせてくれたのには驚いた。
そう自分と敵の正しい情報がない限り戦争には勝てない。

奴らへの対策は変えなくてはいけない。

埼玉県農林総合センターに詳しく出てます。


RIMG19214
ウチの方で被害の多いぶどう園に行きました。
園主にを聞きました。
座学は参考で本当の答えは現場にありますよね。
参加者もここでの質問が多かったです。


駄洒落



RIMG19263
こうゆうのは好きです。
しっかりぶどうも入っているね。








居酒屋研修 高崎 田じま食堂

RIMG19178
この立看板がきになってたんだ。


RIMG19182
こののれんからは真っ当なお店がうかがえる。


RIMG19170
11時から19時まで営業。
こんなとこで軽く一杯やるのもいい。


RIMG19158
こんなのが飲めるとは


RIMG19147
これです。


RIMG19155
いわしフライいいよ。


RIMG19164
酎ハイに焼きそばでしめた。




小さなお願い


RIMG19247
群馬県民会館(ベイシア文化ホール)のコンサートにでかけた。
車の渋滞、駐車難民になりたくないのでゆっくり停められるとこにこの軽トラで行きました。
会場近くはこの自転車でスイスイ。
正解でした。


RIMG19243
さすが山下達郎。
きっちり音楽を聴かせた上でパホーマンス。
達郎さんが内容についてはブログなどでネタばらししないでねと聴衆に小さなお願いと言ってたのでしません。
ぶどうやも思わず立ち上がり踊りました。
こんな地方での催しなのに満員御礼で立ち見が出るのはうなずける。

飛躍しますがこーなるぶどうがつくりたい。




能登へ

RIMG19234
高齢じゃなく恒例のぶどう組合の旅行に行ってきた。
今回は幹事させてもらいました。
石川の千里浜ハイウエイ初めてでした。
砂浜は走れるんですね。


RIMG19226
有名野球選手の博物館。
彼のトロフィーの保管場所って感じ。


RIMG19238
泊まりは和倉温泉。
宿はこの有名な旅館のずーと隣の隣のとこだった。
でもよかったよ。
だって平日団体割で土日の半分以下のお値段で済んだだもの。
また行ってみたいお宿でした。





写真のない日曜日2


自分の記憶の最初がいつか?
思い浮かべてみる。
何度やってもあの記憶より前の自分は思い出せない。
近所のお兄ちゃんと「晴れた日曜」に駆け回っていたことだ。
3、4歳のころだった。
近所のお兄ちゃんたちのあとを必死になって追いかけてた。
遊びの輪に入りたく必死だった。
でも何の遊びをしてたかは覚えてない。




備えあれば


RIMG19204
今までは借りてました発電機。
震災もあり購入いたしました。
ぶどう園改修には電動工具が欠かせません。
やっぱり必要だよね。

まずはまわりの鉄パイプを切るのに出動しました。
これから働いてもらいますよ。






相馬(そうま)


RIMG19202
ラジオでいただいた賞金を地元の相馬郵便局で換金しました。
ありがたい。

そこで局長さんが間違い電話をうけて相手に説明してた。
全国で青森、福島、ここ群馬と同名の郵便局が3軒あるそうです。
そこで青森の相馬局にかけるとこをウチの方に間違えたようです。
そんな話を直接聞いて局長さんに事情を説明してもらえるのんびり感がいいよね。

私が住んでいる村は昭和の大合併(1950年代)で榛東(しんとう)村となりました。
それまでは桃井(もものい)村と相馬(そうま)村に分かれてました。
その名残でウチの村には桃井と相馬二つの郵便局があります。
以前はウチの村に2つあった小学校もそうゆう名前だった。
私は相馬小学校卒です。
今は味もそっけもない榛東北と南小学校という名前になっている。

そんなんで福島の相馬気になっている。




Profile
Recent Comments
Categories
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ