犬とぶどう園

群馬県榛名山の麓、北群馬郡榛東村で観光ぶどう園をしています。 いつもいっしょにぶどう畑にいく愛犬との日記です。

2017年02月

ただじゃころばない




RIMG33224




逆手にとった商売、勉強になります。












お次は



RIMG33205




山火事消火のための飛行訓練でしょう。

3月にはアメリカ軍のオスプレイがこのあたりを飛ぶのだろう。
























春眠




RIMG33207




ぶどう畑だと安心できるのか。







ここいいよ!くまさんバーガー





RIMG33182




通っている髪きり屋さんのとこにここのチラシがあった。



RIMG33183




車なんでノンアルランチで。




RIMG33184




ほわんとしておいしいそう。



RIMG33185




今まで一番おいしいハンバーガーだ。

次は夕方一軒目にビールでいきたい。







まだ降らないと気がすまない




RIMG33164




強風の中で雪が降ったらしい。



RIMG33165




北側だけ雪が張り付いていた。











居酒屋研修 新前橋 十力勝(とりしょう)





RIMG33200



先月は入れなかったお店。
今度は開店同時に入店。


RIMG33190



こあがりにはすで2組、カウンターにも予約が入っていた。



RIMG33192




刺し盛りじゃなくて付け出し。



RIMG33195




右も付け出し。

左のおしたしはサービス。

もうお腹いっぱい。

数人で来た方がいいね。
だって一品も頼めないもん。

お会計は2000円でおつりがきた。

若いときなら大喜びだけど。



RIMG33199



NHKラジオが流れていた。















新前橋を歩いたら




RIMG33189



私と同じ姓だけど入る程の用がなかった。










その頃から動き始めるんだよねぶどう畑





RIMG33187



春の甲子園に前橋育英が出るのか。











お日さん



RIMG33162



日の出が早くなってきた。













お月さん





RIMG33160



朝の散歩で目があった。



RIMG33159




花札の柄を思い出した。







同行二人




RIMG33161



雪道だってトラと歩けばどーということはない。













図面引き




RIMG33180




第一次剪定が終わり見直しをしながら残す枝のつるとか必要ないとこをきりとります。



RIMG33179




周りの様子をみながらあるべきとこに枝を引っぱり棚に固定します。



RIMG33181




こうして今年のぶどう畑の基本が出来上がります。
これがしっかりできないといけない。
あと10回やってもあるべき姿を描くことはできないだろうな。


















こやし場では





RIMG33127



破砕した枝を運んで



RIMG33128



基本こやしに積んで


RIMG33170



これで攪拌を月一度して2年で畑に入るこやしが出来上がり。













畑では



RIMG33130



切って



RIMG33133




まとめて


RIMG33131




破砕する。








頼もしい



RIMG33137





ぶどう畑でつないでいたら破壊した。
作業してた私は知らなかった。
そんな中近所の牛屋さんがノーリードのトラを連れてきてくれた。
その人に元気でいいやとおほめの言葉をいただく。













とけないと仕事できないね




RIMG33158




夜中にまた降ったんだね。












みんなで仕込み






RIMG33145



日曜ここに集まった。



RIMG33144




ここでこさえた大豆を煮て。
豆柄はいい焚きつけになる。


RIMG33149



塩、麹、煮て潰した大豆を攪拌。
煮汁を混ぜて粘度をあげる。


RIMG33150



玉にして器にぶつける。
いっぱいになったら塩や酒粕でふたをする。
秋になったら食べごろになる。

昨年参加してた若い家族。
ねんねこにくるまってた女の子。
もう手伝いをしてた。















植木屋さんの剪定



RIMG33153




この木枯れたと思っていた。
昨年プロが再生のための処理をした。













火燃し




RIMG33030




事務所の暖房はこれ。
直火の暖かさはなんか湿気を感じる。







この世界の片隅に



RIMG33142




太平洋戦争末期お嫁に行ったばかりで絵を描くのが好きなすずさんの日常を描いた映画。


いい出汁のような映画。
観る人によって味噌汁になったりお鍋になったり煮物になったりする。

軍事が好きな私にとっては呉に入港する戦艦大和。
座礁した重巡青葉。
アメリカの戦闘機を迎撃する紫電改?の光景みた技術者が「うーん500から2000馬力までもっていたエンジンが」という光景にうなってしまった。

遊郭のお姉さんの色香をアニメならではの表現には笑った。

声高に反戦反戦と叫ぶより銃後の世界を淡々と描いたほうが心に響く。

食事風景が多かった。
一日3回だもの。
日々食卓が寂しくなっていくのは哀しくなる。
それでも健気に明るくふるまうすずさんて大多数の日本人の心根を感じた。
そんな彼女がなんであんな目にあわなくちゃいけないのか。

色んな受け止め方ができる。

もう一度観よう映画館で。


RIMG33139



お釜は大切に使っていこう。




Profile
Recent Comments
Categories
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ