犬とぶどう園

群馬県榛名山の麓、北群馬郡榛東村で観光ぶどう園をしています。 いつもいっしょにぶどう畑にいく愛犬との日記です。

ぶどう栽培 秋

こやしまぜ2



RIMG2109
こやしを広げた後は籾殻を投入。


RIMG2112
これも空気の層ができていいそうです。


RIMG2130
熊手で軽くならしました。


RIMG2131
そして新トラクターよく攪拌しました。
今度はふんごみませんでした。


RIMG2135
かんとくーできましたが・・・・。


こやしまぜ1



RIMG1984
植木屋やさんが庭木を刈ってくれました。


RIMG2062
源一郎監督のもとその庭木をこやしのもとの土台にします。
空気の層ができていいらしいです。


RIMG2059
リヤカー(小)で運びました。


RIMG2066
こやしの山をくずしながらその上にひろげようとしたら・・・
新トラクターがふんごみました。
こやしの粘度がすごい!


RIMG2068
これはウチで一番力持ち君で脱出できました

こやしの元



RIMG2043
ウチのこやしの元はぶどうやのコシヒカリ30キロ4袋でいただきます。
堆肥運搬車を近所で借りて約一時間の所にとりに行きます。


RIMG2045
こやしやさんは毎年工夫したモノをだしてくれます。
強烈なにおいに力強い菌を感じます。


RIMG2047
ユンボで積み上げ3分で終了。
その現場での農業立ち話は一番参考になります。


こやしまき2



RIMG1934
4年前から袋の肥料は購入してません。
これで在庫終了です。
半分、その半分、そのまた半分と量を減らして今年で最後。
JAさんお世話になりました。
様子を見ていると品質が向上しています。
来年から自分で造った肥料だけになります。
田んぼはそうなって3年になります。


RIMG1941
こうやって手ですくって


RIMG1936
樹のまわりにまきます。


RIMG1945
よく見ないと土と区別がつきません。


こやしまき1



RIMG1927
ウチのこやし(肥料)です。


RIMG1928
まきやすいようにバットに入れます。


RIMG1930
ミミズ君が沢山います。




ぶどうの黄葉(デラウエア)




RIMG1958
いい色です。


RIMG1961
ゆっくりとお休みに入ります。


貝ガラも使います



RIMG1847
枝の粉砕機に貝ガラをいれてみました。


RIMG1848
こんなにあっても


RIMG1845
あっという間に砕いてしまいます。
量はたしたことありません。
今まで捨てていたものですが、これからはこやしにします。



伐採したぶどうの枝は



RIMG1844
破砕機で砕きました。
バットで16箱。
肥やしに混ぜました。


伐採したぶどうの樹は



RIMG1805
ぶどうの太い幹はチェーンソウ、電ノコでカット。


RIMG1808
源一郎監督のもと薪割り。


RIMG1837
乾燥させて事務所の燃料になります。
これらを燃やすとぶどうの香りがすこしあります。





根っこ堀り3



RIMG1842
手前からピオーネ、デラウエア2本、巨峰3本、合計6本掘りました。
あーおもしろかった。








根っこ堀り2



RIMG1733
根っこの7割方切ったら、幹を東西南北にふります。
幹の先に力を入れると残りの根っこは折れたり抜けたりします。


RIMG1734
この作業は単純明快で楽しい。
この日はFMで「山下達郎サンデーソングブック」を聞きながらやりました。


RIMG1739
この木はアンカーと同化してました。



根っこ堀り1



RIMG1723
道具を積んでぶどう園にGO!
ポットにお茶も忘れずに。


RIMG1721
8月にもう切った木が6本あります。
まずシャベルでまわりを掘ります。


RIMG1727
細かいとこは園芸用の小さいシャベルで。


RIMG1729
太めの根はノコギリでカット。


RIMG1730
細めの根はナタで一刀両断。

(つづく)

定年



RIMG1249
あれれ、病気か!


RIMG1250
収穫が終わるとすぐに切らせていただきました。


RIMG1252
24年間ありがとう。


RIMG1258
ご苦労様でした。



完売御礼 2008



IMG_0112
売店に張り紙。


IMG_0103
ありがとうございました。


IMG_0117
源一郎、万国旗もはずさなくちゃ。



のこりもの(安芸クィーン)には福が

のこりもの

すべて種無しぶどうの私の園での種ありぶどうはこれだけ。
やっぱり種ありは味が濃いいやね。
作業しながらこれらをいただくとお茶やお菓子がいりません。

切ってごめんね

伐採

ここ3年毎年巨峰の木を切ってます。
どうもウチの畑との相性が悪いようでうまくいきません。
これで若い巨峰はなくなりました。
9月にきった幹に・・・。
すぐに根起こししました。

わら入れ

わら運び

かんました(かき混ぜた)あとはわらを畑にいれました。
運搬リヤカーに働いてもらいました。
いままでは斜面で表土の流失防止のために堤防のように並べてました。
今年は木の周りに並べてみました。



畑に肥やし


ぶどう畑へ運ぶ

ぶどう畑に肥やしをはこびます。
20年から30年もの木に対しバット1つと半分まいています。
その時もカブトムシの幼虫がでることがあります。
仕方なく木の近くに埋めてあげます。

こやし運搬

草刈運搬

私の5つのぶどう園は自宅から半径300メートルに点在しています。
そのうち4つはこの草刈機リヤカー運搬車で運びます。
いままではねこ(1輪車)で運んでいました。




Profile
Recent Comments
Categories
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ