犬とぶどう園

群馬県榛名山の麓、北群馬郡榛東村で観光ぶどう園をしています。 いつもいっしょにぶどう畑にいく愛犬との日記です。

ぶどう栽培上半期2010

カイゼン

RIMG12694
右手が思うように動かないとアホな私でも考えます普通に作業できるよう。
そこで登場足場台。
これが使えるんです。
アルミで軽いしね。
今は袋かけのおき台として大活躍。
多分販売の時にも働くことでしょう。

なるべく涼しく

RIMG12645
デラウエアのふくろかけが終わった園のまわりのビニール撤去終了。
源一郎、風通しがよくなったね。

空気と太陽はただ

RIMG12634
デララウエアの枝が随分落ちてるね。

RIMG12636
もう実が立派になっても切りおとします。
限られている面積内で太陽光が受けられる量は決まってます。
生命力旺盛なぶどうは枝があればあるだけ光を求めて伸び続けます。
そこを調節するのも大切なしごとです。
今年は発芽時の管理を変えたので枝が多くなりました。
そんなんで太陽光と空気が園内でよくあたりまわるようにばさばさ枝を落としてます。
ただのものは最大限利用しない手はありません。

この言葉はぶどうの大先輩とお話したときにいただいたものです。
わたしのぶどう栽培の大きな指針になってます。

空気を商売(排出権取引)にする輩がでてきたのでこの言葉も通じなくなるか?

早い?回復運動

RIMG12595
デラウエアの袋かけをしてます。
左手が主で右手は添える程度でリハビリです。

RIMG12600
ここでもアルミリヤカー活躍してます。
左手だけでも操作できるのでありがたい。

補給車

RIMG12359
種無し処理のジベレリン液はバケツにひしゃくで補充してます。

RIMG12365
そのもとはリヤカーで源一郎の許可をもらってから液をつくります。

茎から涙

RIMG12453
巨峰系のふさづくりがほぼ終了。
ぶどうらしい逆三角形のもとをつくるのは手間がかかります。

RIMG12457
不必要なとこを切り取ります。
するとその切り口から・・・。
痛いけど我慢してくんない。


暑かったり寒かったり

RIMG12274
5月は気温が安定しません。
ハウス内はこのように真夏になったたり春に戻ったりします。

RIMG12279
そんな時は周りのビニールを上げて温度調節をしてます。

ジベレリンの薬

RIMG12148
ウチのぶどうは全部種無し処理しています。
その薬剤も箱買いになります。
赤いの目印になる食紅の染め粉です。

デラウエアのジベレリン処理は開花14日前頃となっています。
その日を決めるのには経験や他の目印になる植物の開花、当然ぶどうの様子などいろんな要因を参考にしてます。

房そろえ

RIMG12130
デラウエアの摘房作業がピークです。
残すべき房を切りそろえる根気仕事です。

RIMG12123
ハウス内は30度を超える日もあります。
つなぎの上を脱いでいるとお腹のとこに切り落とした房がこんなにたまります。

水落とし


RIMG11897
雨の次の日はこのダンボール筒を手にぶどう園をまわります。
雨除けビニールにたまった水を落とすのに軽くてビニールを傷つけずいいんです。

初刈り


RIMG11909
ぶどう園の中が草で歩きにくいからかってくんない。
わかりました監督。

RIMG11920
こんな感じでザッと5分刈りで仕上げてみました。



今年も奴らはやってきた


RIMG11658
なぜらせん杭がひっこぬけているか?
今年もかまいたちが来ていたずらしたようです。
この周りの支柱が数本ぬけていました。
ここ3年おなじとこがやられます。
妖怪の仕業なんであきらめるしかありません。
でもゲゲゲの鬼太郎に手紙を出して退治してもらおうかな。




ビニール張り完了


RIMG11646
4月1日より雨除けビニール張りを始めて10日で終了しました。
安楽短(安全で、楽で、短期間)でできるビニール張り作業のためのカイゼン点がいくつかありました。
来年取り入れてみます。

RIMG11652
それでまわりを張って完全終了です。

RIMG11642
今年もこのデラウエアの畑は作業をずらすためまわりを張りません。

これからはじっくりぶどうの樹たちとお話できる日々が続きます。




背筋を伸ばして


RIMG11501
こんな道具をつかい

RIMG11495
ハウスの谷に細引きを通します。
これにビニールをとめるマイカー線を結び付けます。

RIMG11498
ぶどうやはみんな背筋を伸ばす作業が多いので腰が曲がりません。



試練


RIMG11630
雨除けビニールが張られると毎朝のパトロールが始まります。
今朝はせっかく水を吸い上げた若木の先が凍ってます。
ビニールハウスの中ですがあくまで雨除けで加温はできません。
まさか毛布をかけてあげられません。
見守るのみです。
くじけるな伊豆錦くん。




ビニール


RIMG11601
雨除けハウスに使うビニール全部はコレ。
私が始めた頃は200メートルの重い重いもの一種類でした。
男二人でやっとこさ動かせるシロモノでした。
一番左が100メートルのものです。
これなら一人でもちあげられます。
ウチの畑はいびつな形が2つ、ほぼ四角が3つです。
全部で7反弱になります。
四角の方はビニールの尺が全部同じです。
その尺が同じものがおのおの3種類になります。
100メートルので切断しながらいびつな畑の方に対応してます。

RIMG11605
いままではこの厚さ。

RIMG11603
今年はコストダウンのためこの薄さで対応できるか1つの畑で実験してみます。

1日は雨前の曇り無風のため1反畑8かわ(約40メートル)仕上がりました。
2日は雨のため中止。一休みできてよかった。
さぁ今日は2反3畝の一番広い畑で山です。



新入社員


RIMG11481
ぶどう園に新人が入りました。
伊豆錦君
さがみ君
デラウエア君
昭平紅君
よろしくね。

RIMG11485
山に型の中にぶどう。
山形の苗木学校卒。

RIMG11480
1年先輩の翠峰君も大先輩のふじみのりの近くでがんばってます。



しくじり


RIMG11478
移動式消毒車両修理屋さんにいってしまいました。

RIMG11473
ここです。わかりませんよね。

RIMG11476
排水口がひんまがりました。

RIMG11470
事故現場。
農薬散布中に不注意で片目に液がはいりました。
ちょうどこの支柱の角を曲がるときでした。
あわてて切り返しをしたら排水口がひっかかり破壊。

へたするとタンク全交換で100万といわれました。
そこを修理屋さんの腕でどうにか数十分の一で済みそうです。
気をつけよう。



春の小川


RIMG11468
新しいぶどうの苗を植えたりするのに近くの用水で水を汲みました。

RIMG11466
するとこんな川の虫が入ってきました。


人事異動


RIMG11462
この畑では君はうまく働けないようだ。

RIMG11464
この畑の空いたポストで働いてください。

Profile
Recent Comments
Categories
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ