バフェット太郎です。

お金持ちになりたいと願う多くの個人投資家は、株価の値上がり益ばかり気にして一喜一憂します。しかし、そもそも金融市場は資産を最大化させるためのひとつの市場でしかないため、過度に期待すべきではありません。

それよりも多くの個人投資家がまず始めにやらなければならないことは、労働市場で人的資本を最大化し、より多くのお金を稼ぐことと、倹約に努めて支出を減らすことです。

例えば、年率平均利回り6~8%が期待できるS&P500ETFに毎月5万円積立投資した場合、40年後には約1億円の資産を築くことができる計算になります。

しかし、多くの人は「毎月5万円も投資用資金が工面できるわけないだろ」と、ハナから決めつけて諦めてしまいます。でも、毎月5万円のお金を用意することは本当に難しいことなのでしょうか。

例えば、自動車を保有しない、民間保険等に加入しない、マイホームを建てないの、三つの「ない」を実践すれば、毎月2~3万円程度のお金は誰でも簡単に節約することができます。また、毎月3万円程度のお金なら週末に副業するだけで達成できます。つまり、毎月5万円なんて誰でも用意できるのです。

多くの人々は、人的資本を最大化するためには、大卒でなければならないとか、大企業の正社員でなければならないなど、学歴や身分のことばかり気にしたりしますが、先に挙げた三つの「ない」を実践するのに学歴も身分も関係ありませんし、副業するのにも関係ありません。(副業禁止は別ですが)。

このように、日本のような豊かな社会で億万長者になるのは何も難しいことではないのです。別の言い方をすれば、貧乏人が貧乏であることは学歴や身分など社会制度によるものではなくて、自己責任に他なりません。

だからお金持ちになりたければお金を稼いでください。倹約に努めてください。そして投資をしてください。それ以外に方法はないです。

グッドラック。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
大変励みになります。今日も応援のポチお願いします

SPONSORED LINK