バフェット太郎です。

週間金融専門誌『バロンズ』に安定成長と安定配当が期待でき、割安感のある銘柄としてヘインズブランズ(HBI)が紹介されていました。

HBIは紳士用肌着、靴下、Tシャツなどのアパレルメーカーで、「ヘインズ」や「チャンピオン」といった有名ブランドを保有し、女性用ブラジャーやレッグウエアも手掛けています。他のアパレルメーカーと異なり、90%以上の製品を自社もしくは契約工場で製造しています。

【経営成績】
1
HBIの有力ブランド「ヘインズ」はシンプルなデザインや速乾性といったプレミアム性を加えることで、何年にもわたって利益率を拡大してきました。また、日本でも日本人の体型にあったTシャツとして「ヘインズ・Tシャツ・ジャパンフィット」を発売するとヒット商品になりました。

売上高は緩やかに拡大しており、営業利益率は前期10.4%でした。
2
BPS(一株当たりの純資産)は拡大基調にあり、わずか8年で4.2倍にもなりました。また、配当は2013年以降出しています。バフェット太郎は投資基準に概ね20年以上の連続増配実績を求めているので、HBIなどの増配実績の浅い企業は、たとえ将来有望であったとしても投資しません。
3
キャッシュフローを眺めると設備投資を必要としていないことがわかります。HBIは製品を自社で製造しているわけですが、むやみに工場を建てる必要はなく、契約工場に縫製を委託することで投資がほとんどかからないんです。
4
HBIの週足チャートですが、高値の34ドルから二割安の水準まで下落しています。PERは11.9倍、配当利回り1.59%と割安感があります。

グッドラック。
SPONSORED LINK