2010年01月07日

ネットプロレス大賞2009に投票します

ブラックアイ2さん「ネットプロレス大賞2009」
に投票させて頂きます。

うー、なんとか間に会った。
冬休みの宿題状態。
アメトーーク見ていて、手付かず。
まさに冬の宿題状態。
あの頃と違うのは、泣いてもパパは手伝って
くれない事だろうな。

そんなマジかボケか分からないエピソードは
どうでもいいので、始めます。

「宿題はやったけど、保存したフロッピーディスク
 を家に忘れてきました。 しかも5インチ」

・・すいません、いいです。


【MVP】
1位 ザ・グレート・サスケ
2位 飯伏幸太
3位 棚橋弘至

最初、飯伏を1位にしていたんだけど
ギリギリでサスケに変更した。

飯伏とサスケの共通点。
ジャンルの「破壊&再構築」を同時にしている部分。
しかし、どちらがクレイジーかと言うと
飯伏のキャンプ場<サスケのオブジェ
  ↑
これを考えた瞬間、1位と2位を変更。
なので個人的に僅差でサスケ。
ただ、飯伏は新日Jrでも活躍してるし、ホント迷う。
棚橋は別に好きじゃないけど「プロレス」というものに
対する業界一の「当事者意識」は評価したい。
保守派は嫌いだけど、ここまで保守派だと
逆に応援したくなってくる。


【ベストマッチ】
1位 葛西純vs伊東竜二(11/20)
2位 青木真也vs廣田瑞人(12/31)
3位 高木三四郎vsザ・グレート・サスケ(8/23)

「ここまでやるか」と思った3試合。
スタイルは関係無い。
ジャンルの存在意義やコアな部分を再考させられた。
こういう「考えさせられる試合」「問題の試合」が
本当に大好きだ。


【最優秀タッグチーム】
1位 佐藤兄弟/バラモン兄弟
2位 竹田誠志&木高イサミ
3位 曙&浜亮太

個人的にも2年連続佐藤兄弟。
「買わされた」鉄腕クンを転売しないで
プロレスに還元した姿勢も大・大・大評価。
2位は竹田もいいけど、今年のイサミはカッコイイな。
巨漢コンビは今他にいないし、一般層に分かりやすい。
「強い」「早い」「上手い」は比較対象の少ない
一見さんには届きづらいが「デカイ」は一発で伝わる。
次点→スクール・モンキー

【新人賞】
1位 岡林裕二(大日本)
2位 拳王(みちのく)
3位 ハル・ミヤコ(IWA)

「インディーのお仕事」では竹田が一位だったけど、
個人的には2年連続この賞はナシだと思っている。
岡林は見た目で本当に分かりやすくていいと思う。
拳王はまだまだこれから、団体対抗戦のケンカマッチ
とかをどんどんやって欲しいな。 絶対凄いはず。
ハル・ミヤコは「やり抜いている」感が好き。
自分で髪切ったのもカッコイイよな。


【最優秀興行】
1位 11月20日 大日本 後楽園
2位  5月29日 キン肉マニア
3位  8月23日 アイスリボン・後楽園ホール

全て生観戦していない興行なので申し訳ないが
なんとなく画面からでも勢いが伝わって来た大会。
DDTが両国に進出した事よりも、アイスの後楽園の
方がなんとなく感動的に感じる。
それは、DDTは何だかんだで「出来る人」に育った
選手が一杯いるから「大丈夫だろう」という感じだが
アイスはまだ危なっかしいので、その分成功と聞くと
「おー、すげー」とか思ってしまう。
いや、実際DDTの両国もスゴイんだけどね。


【最優秀団体】
1位 DDT
2位 大日本
3位 アイスリボン

1位、2位はここで語るまでもないか。
可能性が一番面白いのはアイスかな。
数年前、某インディー有名選手と話をしていて、
俺が「アイスも一度見に行きたい」って言ったら
「ぶっちゃけ、一回観にいけば十分ですよ」って
言っていたのが印象に残っている。
ちなみにマット敷いてた時代。
DDTでいうディーノみたいに、アイスに新しい
ブレーンが入ると更に加速するかもな。


【マスメディア賞】
1位 アメトーーク
2位 「神実況」(村田晴郎アナと鈴木健さん)
3位 別冊宝島「プロレス 暗夜行路」

アメトークは文句なし。
「プロレスは笑う楽しみ方もある」というのを
上手に伝えてくれたんじゃないだろうか。
別冊宝島→「列伝」直撃世代だしなぁ、盲目的。
2位以下と次点がホント微妙。
ちなみに次点は
三田佐代子、「ザ・レスラー」、スポーツナビ
スポナビは何だかんだで毎日朝一番に開くサイトだけど
当たり前に有り難くて、その割にまともに評価した事が
一度も無かったな(苦笑)


【雑感】
今年はみちプロ以外の生観戦が極端に少ないので
サムライTVの情報が特に重要だったんだけど、
後半はツイッターが活性化して、レポのリアルタイム感が
が格段にアップしたのも興味深い現象だった。
そのうち、動画撮影と同時に「ツイッター禁止」
とかなったら逆に面白いかもなw

でも、そういった一般人の発信が何か大きな
ムーブメントを起こす可能性もあるワケだし、
その可能性を広げる事が出来るのは、まずDDT。
でも、個人的にはそのDDTの手法を勉強しまくっている
アイスリボン=さくらえみの手腕が非常に気になる。
DDTはもちろん盛り上がり続けるだろうが、
伸びしろが興味深いのはアイスリボン。

そんなワケで、
2010年はアイスに注目。

特に、
ハル・ミヤコ&UMAとアイスリボン
既に一部やってるけど、個人的な注目はこれ。

あ、さくらえみの「場外にゃんにゃんプレス」
これはすごいよねぇ。
トップが体張るのも三四郎式。

サイト名:音楽・プロレス日記
 URL:http://blog.livedoor.jp/buggy/
 ハンドルネーム:buggy

ランキング参加中>>

buggy at 23:45│Comments(0)TrackBack(0) プロレス 
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile
buggy
buggy

音楽×プロレス×歴史=俺
Archives
Recent Comments