2010年06月29日

ヒョードル物語 シーズン1終了? 

ヒョードル敗北。

さすがにビックリしたけど、
もっと特別感というか
「劇場版ヒョードル、皇帝危うしの巻」みたいな
プレミア感が欲しかった。

「え? 告知も無しに今回がシーズン1最終回?」
というカンジだ。

世紀の番狂わせ! ヒョードルまさかの一本負け

自分は昼間寝ていて、夕方ツイッターのTL見たら
まぁ盛り上がってること盛り上がってること。
そんでyoutubeで見たワケだが、正直「ぽかーん」だ。

最後のタップは
・あれはパウンドの一種
・タップしたこと無いから2回って知らない
という色々な意見が飛び交うが(一部嘘)
どちらにせよ「その時歴史が動いた」(松平アナ風)
と言わざるをえない出来事だ。

聖闘士星矢風に言うと「最も神に近い男」だった
ヒョードルが人間界に降りてきた特別な日。
同時に俺が持っていたヒョードルへの疑惑である
「熊と人間のハーフ」という妄想も払拭された。

技術的には全く分からない俺だが、見た目的に
「罠にかかった熊」みたいに感じた。
良くあるガシャンパクッ、みたいな。

その直後に映ったアリスターの表情も気の毒。
内定決まってた会社の見学に来た日に倒産しちゃった
みたいな大学生風のとまどいだったり、
修学旅行が事件で行けなくなった高校生みたいな
なんともいえない表情をしていた。

そんなワケで、ヒョードルはまだストライク・フォース
と1試合契約が残っているようなのでもう一回の
再戦で終わるのか、vsアリスターとなるのか。
まぁ、もしかしたら再戦で次は激勝というのも当然
考えられるワケなので、たった一回の敗北で
「PRIDEが終わった」とか
「ヴォルク・ハンが泣いてるぞー」という
つもりはないけど、実際この先どうなるんだろう。

その昔、絶対的な頂点を極めた秦の始皇帝が死ぬと
跡取り問題でカオスな世界になったあと、
項羽と劉邦という、全くタイプの違う二人が覇権を
争いその勝者「劉邦」が300年続く「漢」を興した。
またその「漢」の末期になるとカオスになり
今度は「三国志」で有名な3人の英雄が覇権を争う。

と、いうように絶対的な「権力」「象徴」が崩れる
時代というのは新しい英雄が出るタイミングでもある
ので個人的には面白くなりそうだなぁと思う。

このヒョードル敗戦を受けてUFCが「ウチはヘビー級
も一番」とイメージ戦略を使ってグランド・スラムを
達成するのか、またはヒョードルが政権を取り戻すのか
これ、ウォッチのしがいあるよなぁ。

ランキング参加中>>

buggy at 02:13│Comments(0)TrackBack(1)
トラックバックURL
この記事へのトラックバック
1. エメリヤーエンコ・ヒョードル  [ 〜〜poの湘南の風〜〜 ]   2010年07月19日 07:49
ついに負けちゃったみたいだけど
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile
buggy
buggy

音楽×プロレス×歴史=俺
Archives
Recent Comments