突然のデノミネーション=通貨単位切り下げで混乱が続くと伝えられる北朝鮮から、新たに流通し始めた紙幣を入手しました。 今回、新たに発行された2000ウォン札には、金正日総書記を象徴するとされる「正日峰(ジョンイルホウ)」が描かれるなど、金総書記に関連した絵柄が初めて登場しました。500ウォン札は、これまでの紙幣に描かれていた故金日成(キム・イルソン)主席の遺体が安置された建物の絵柄から平壌にある凱旋門に変更されています。今回入手した紙幣は北朝鮮北部の羅津(ラジン)で流通していたもので、新紙幣が地方でも流通していることが裏づけられました。
動画を見る:【ANN NEWS】テレビ朝日
動画を見る:【NNN】日本テレビ
北朝鮮紙幣
北朝鮮紙幣
北朝鮮紙幣