おばさんから映画の券をもらったので、『マリー・アントワネット』を見てきました〜。土曜日に出かけたせいもあってか、ほとんどの席が埋まっていました〜。今、人気なんですね。

そんなにストーリーについて詳しくは書きませんが、もしこれから観にいく予定があるので、絶対に少しも知りたくない〜という方は読むのをひかえてくださいね。

 

 

私の中のマリー・アントワネットといえば、ルイ16世のお妃で浪費癖が激しくフランス革命で処刑されたっていうごくごく一般的なイメージでした。

ストーリーはどこまで作りこんだものかは分かりませんが、14歳でとついで、18歳で王妃になったのだから、色々な苦痛があったんだろうな〜と思いました。

 

 

それにしても、映画は服(頭から足の先まで)、アクセサリー、髪型、建物、家具、お菓子・・・本当にどれもこれもすごく作りこんであって、実際にこんな中で生活していたのかしら〜。すごいな〜。って感心しっぱなしでした。

本当にすごかったので、それだけでも見たら楽しいと思います。前半は思いっきりLOCKな感じで、ノリがいいです。

 

映画の中の物が本当によくできていたので、ヨーロッパへは行ったことがないのもあって、フランスの建物にもすごく興味がわいたし、人物背景にも興味がわいたので、早速調べてみました。

映画を見るまで、マリーアントワネットがなんという名前の子供を生んだのかさえ知らなかったのですが、娘と息子が端役で出てきました。

娘はマリー・テレーズ、両親処刑の後は亡命に亡命を重ねて、一時はフランス王シャルル10世の王妃となったが、後にはまた亡命をして亡命先で死亡したそうです。

息子が出てきましたが、長男は10歳くらいで死亡したようなので、映画に出てきたのは多分次男。ルイ・シャルルと呼ばれ、ルイ17世とかつがれたこともあったようですが、結局は監禁状態の中、虐待されて死亡したようです。

あと、マリア・テレジアという名前だけを知っていたのですが、彼女はマリー・アントワネットの母でオーストリア実権を握っていたようです。

もっと詳しく知りたい方はWikipediaで色々読んでみてくださいね。細かく書いてあります↓

マリー・アントワネット

あと、映画の中で出てきたイケメン『フェルゼン伯爵』を読むとさらにすごいですよ〜。あ、でもきっとこれは映画を見てから読んだ方が楽しめると思います。

 

旅行に行ったりすると、もっと世界史をきちんと勉強しておけば、よかったな〜。と毎回思うのですが、今回も思ってしまいました