2014年09月28日

9月27日 第2節 大阪ガススカンクス戦 by DL#94 石井

大阪ガススカンクス戦で監督賞を頂きました、#94石井です。

IMG_7748_


まさかまさかの二週連続blogという事になり、自分でも驚きです(笑)



僕自身としては人生初インターセプトが出来た事はとても嬉しかったですが、その他の点では色んな課題が残った試合でした。

IMG37116IMG37167



そしてそれはチーム全体としても同様でした。まだまだ強くならなくてはいけません。




戦況としてX2westは全チーム第二節まで終了して、全勝チームが0という
波乱の展開になってます。

開幕前から厳しい戦いになるとは言われていましたが、それが見事に結果に現れていますね。

Screenshot_2014-09-28-08-53-28~01




第二節までプレイして&観て僕が思ったのは「アメフトはつくづく紙一重なスポーツだ」ということうことです。

あとちょっとこうしていれば点が取れた、タックルできたというタラレバが試合のあちこちにあって、それらが積もれば勝敗に強く影響してきます。


そう思った石井は、試合から帰った後久しぶりにアメフト映画「Any given sunday」を観ました。アメフトの紙一重さを監督が語る、個人的に好きなシーンがあったからです。



以下、一部省略して引用します。

「人生もフットボールも、犯す過ちは気付かぬほど小さい。だが半歩遅くても早くても失敗する。そしてその大事な一歩はあらゆる場所にある。試合の一瞬のチャンスに、一分一秒ごとにある。我々はその一歩を闘うのだ。我々はチーム全員でその一歩一歩に死力を尽くす。そしてその一歩一歩を勝ち進んでいくことが勝利か敗北かを決めるのだ。」



紙一重を制するために個人とチームで尽力していく必要性を訴えられたように感じました。

残り二週間で第三節、時間は限られてますが一歩一歩確実に準備していけたらと思います。

負けられない戦いはまだまだ続きますので、どうか皆様の応援よろしくお願いします!


bullfighters at 20:29│Comments(0)TrackBack(0)clip!広報 マスコミ 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔