_20180805_225653



定期的に記事を書くことを心がけていますが
プライベートも仕事も非常に忙しく
なかなか水槽を眺める時間も少なくなっていまして
ついにペースが崩れ初めてしまいました(*_*)


もちろん水替えは2週間おきに行ない、定期的なチェックは怠っておりませんが
小さな変化に気づけるほどは眺めることが出来ていません…


せっかくの夏ですが海に繰り出す時間もなかなか作れずストレスが溜まる一方です
_20170314_161909








時間がない→自作出来ない・水槽をじっくり眺められない・お出掛けも出来ない→当ブログの記事のネタが全く創出出来ないという最悪の悪循環です


お盆明けには落ち着いてくれたらいいのですが…
なるべくペースは乱さないように努めたいと思います











そんな中、全く移動せずに定着してくれている優等生のサンゴイソギンチャクが居座っている窪みのあるライブロックがズレて
レイアウトが若干崩れていたのが気になっていました




ズレている箇所が
 造波ポンプ ベスタウェーブVW04Aの水流と当たっていたので水槽環境にもよろしくないので元に戻したいと気になっていましたがそのままになっていました
sketch-1533474916978


しかしちょうど週末に少し時間が出来たので水替えのタイミングでレイアウトを元に戻すことにしました






100均のビニール手袋を装着し、
_20171223_212931


ライブロックを持ち上げて位置決めをしていましたが
どうやら土台にしていた小さな自作ライブロックレプリカからズレてしまっていたようです



そこで1度、サンゴイソギンチャクの活着しているライブロックを持ち上げて土台の手直しをしているときに
一瞬、ライブロックの小さな窪みからビロビロ~っと大きな触手のようなものが目に入りました


まさか陰に隠れて巨大化したカーリーかとドキッとしました


しかしよくよく目を凝らして見てみると…
_20180805_224516


小さな窪みの陰になっているので分かりにくいですが







照明を点けて撮影をしてみると

_20180805_224601



お分かりいただけましたでしょうか?


大きな二枚貝が知らず知らずのうちに成長していました
貝殻が3cmくらいの立派な二枚貝です
_20180805_224621

外套膜を大きく広げて非常に元気そうです







以前から
小さなイガイのような二枚貝が成長してくれているのは知っていましたが
sketch-1533476902143

全く違う種類の二枚貝のようです




水上に持ち上げると殻を閉じたので貝殻の形がはっきりとわかりましたが
ギザギザとした形のオウギガイのような貝です
_20180805_224654


sketch-1533477276931







このライブロックは1番初めの立ち上げの際に購入したものなので念入りにキュアリングしましたが( ※ご参照:
ライブロックのおはなし )
そのときは小さくて見落としていたのかもしれません


しかしこの2年の間、目に触れることもなく
成長してくれていたようです

二枚貝はプランクトンなどのエサが必要で生育は難しいと聞いていましたが
もうひとつの二枚貝のようにエサを与えない飼育下でも成長してくれる種類もいるんですね


居た場所から推測すると特に照明が当た
るような場所でもないので
sketch-1533476988829

シャコガイのように外套膜で褐虫藻が光合成を行なうような種類でもないと思うのですが
何をエサにしてここまで成長したのでしょうか??
謎は深まるばかりです



ライブロックをレイアウトし直したらまた元の場所に戻りましたので普段は見ることが出来ない陰にもどってしまいましたが
これからまたひっそりと成長していくことを祈りながら見守りたいと思います     
         


まもなく2年になりますが新しい発見があると楽しいですし、モチベーションが上がりますね!









と、落ち着いて水槽を眺めているとライブロックを動かしたので美味しい匂いがしたのか
見たことのある怪しい姿が…
sketch-1533475004387

またこちらも対策を考えないと(笑)

地震対策にウミケムシとしないといけないことは山積みです(*_*)








よろしければポチッとお願いします(^^)
にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村






_20180717_231710



2月にお迎えしたヒメシャコガイがまもなく6ヶ月を迎えようとしています
_20180717_231658


先輩方のブログや情報では飼育期間は半年前後と書かれていることが多く、
1つめの壁は6ヶ月と思っていましたが何とか問題なく超えられそうです





(海水魚 無脊椎)ヒメシャコガイ メタリックグリーン Mサイズ(ブリード)(1匹)







ここ最近ひと回りほど大きくなったような印象を受けていましたが
貝殻が全体的に膨らんでいくようなことは考えにくいので

観察をしていて感じたことは
お迎えした頃よりも
外套膜が少し分厚くなってきて今までよりも大きく広がってきたことが理由のようです
_20180717_231710





インターネットなどで調べてもシャコガイの成長に関しては詳しく記述されていることが少ないので
はっきりとしたことは分かりませんが貝殻が成長していくに伴い
外套膜も分厚く大きく成長していくのかもしれません



水槽に馴染んでくれて今までよりも目一杯広げてくれるようになっていたらなお嬉しいですね(^^)












水面から覗いてみると外套膜のメタリックブルーが映えてかなりキレイです
_20180717_231722

いつかは自然下で太陽光を浴びてギラギラのヒメシャコガイをこんな感じで見てみたいです!
_20180717_231801








貝殻に関しても着実に成長してくれているようで

前回、ヒメシャコガイの近況報告にて説明していましたが
1番外側に薄い1枚の真っ白な貝殻が出来てから

さらに外側に2枚同じような殻が形成されました


これまた見辛い写真ですが
3枚の多層構造になっており、1番初めに出来ていた殻が根元からだんだんと分厚くなってきています
sketch-1531837272272





今までも同様に成長していたと思われる痕跡が貝殻の側面に年輪のように積み重なっています
_20180717_232158


貝殻のヒダ状の部分は
水槽のような安定した環境と違い、外部からの物理的な接触(移動の際・育成環境での波などで運ばれた浮遊物の接触)で削れてしまったのかもしれません




もしこれからこのまま成長を続けて何重にも積み重なっていくと非常に迫力のある貝殻になりそうです





ご参考に貝殻の成長過程です

・お迎え直後
_20180406_232348


・3ヶ月後
_20180406_232122


・6ヶ月後
_20180717_233220


こうやって見比べてみると明らかに貝殻の成長がわかりますね












普段は見落とされがちな土台も
自作ライブロックレプリカに石灰藻もしっかり付いてくれて
本物のライブロックのような色合いになりました
_20180717_232405


ヒメシャコガイの土台部分を乗せている本物のライブロックと遜色ない色合いで
ライブロックのタワーのようなデザインになりました



土台はエメラルドグリーンクラブが動かそうとしてもほとんど動きません


(海水魚 カニ)エメラルドグリーンクラブ(1匹)




理由ですが実は裏側でマメスナギンチャクが着実に成長を続けており
土台とライブロックをくっつけたみたいになってます


何だかそびえ立ったライブロックの柱みたいな見た目になっていて個人的にはお気に入りです♪
_20180717_232405










しかし相変わらずビビりなのは変わっておらず
カクレクマノミなどが近づくとすぐに外套膜を引っ込めていますが元気そうなので何よりです


次は1年の壁を突破してさらに大きく迫力の出た姿をご披露できるように大切に育てていきたいと思います

_20180717_232343






よろしければポチッとお願いします(^^)
にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村




_20180717_215917



本当に暑いですね…
毎年この季節になると言っていますが

今年は特に暑い気がします

去年も同じようなことを言っていたような気もしますが…(笑)



そんなこんなでいよいよ夏も本番になって参りまして
我が家からすぐ近くにある公園でもセミが鳴き始めました



夕方、少し気温の下がった公園に散歩に出掛けて
今年も木の根元を探してみると地面に穴を見つけました
_20170719_215402

昨年も記事にしました、セミの幼虫探しです
( 参照: セミの羽化 )






まだ完全に開いていない穴を探してまだ様子をうかがっている幼虫を捕まえ、
羽化に備えるために余計な体力を使わせないようにすぐに帰宅し
玄関の植木に登らせてあげました
_20180717_215917




夕方から少し風が強く吹き始めている中、
幼虫が先端近くの葉っぱに落ち着いたので少し心配でしたが




上手く風が落ち着いたタイミングを見計らって脱皮を進めていきました
_20180717_215927


_20180717_215938







野生の勘があるのでしょうか?
娘たちが心配そうに見守る中さすが上手に殻を脱ぐことが出来ました
_20180717_215952


_20180717_220003










羽もキレイに伸びてくれたのでこれでひと安心です
_20180717_220023






_20180717_220033


羽化したてのセミは独特の透明感があり非常にキレイですね







翌日は早朝から海水浴に出かける予定だったのでその後は観察をやめましたが





翌朝の出発前に覗いてみると無事に体も固まり(?)、
見事に成虫になっていました
_20180717_220123

今回は2匹を捕まえていましたが両方ともオスのクマゼミでした




海から帰って見てみると無事に飛び立ったようで

脱け殻だけを残していました
_20180717_220058



これからひと夏の間、力一杯鳴いてもらいたいです





今回は昨年も記事にしたので少々短くまとめました




普段は喧しいだけに感じられるセミの鳴き声ですが
こうやって違う見方で見てみると公園で聞こえるセミの鳴き声も少し聞こえ方も変わるかもしれませんね
_20180717_220013


とはいえやはり暑さを増幅させるクマゼミの鳴き声なのでした…

_20180717_220033










よろしければポチッとお願いします(^^)
にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ