ぶんちゃんの日記

ぶんちゃんの日記

民生委員制度創設100周年記念 第65回愛知県社会福祉大会

「明日為すべきことは今日これを為せ」(フランクリン 1706~1790 アメリカの政治家 科学者)日めくりカレンダーより

今日は冷たい雨になりました。ついこの間、最高気温が30度を記録して「暑い、暑い」と言ったばかりなのに、今日は今年初めて最高気温が16度と昨日より-5度、コートが必要でした。先日から中川区役所の中も暖房が始まっていました。

愛知県体育館で「民生委員制度創設100周年記念 第65回愛知県社会福祉大会」があったので今日休むと連絡があった一人を除いて12名が出席しました。オープニングアトラクションは愛知県警察音楽隊による、交通安全・犯罪防止キャンペーン。昭和49年1月に8名の女性警察官が「女性ストレート・トランペット隊」として配置され、平成4年10月「フレッシュ・アイリス」と命名されストレート・トランペットをはじめ、フラッグやポンポンなどを使いさまざまな演技を行っています。はつらつとした演技は見ていても気持ちが良いものです。 愛知県警察音楽隊の隊員は、男性・女性ともに全員警察官です。音楽隊員になるには、まず警察官採用試験に合格することが必要で、
その後、警察音楽隊の隊員になることができます。隊員になった後、春日井市にある警察学校で6~10ヶ月間、警察官に必要な知識や体力を養い、その後配属先が決まるそうです。狭き門かもしれないですね。

IMG_0130

IMG_0129

IMG_0128

IMG_0127

IMG_0125

IMG_0126

愛知県体育館は約7000席・愛知県各地からの人でいっぱいでした

IMG_0131
大会の後
金山ホテル9階
“旅籠茶屋かやかや”でランチ

IMG_0132


IMG_0133



「走る食品衛生教室」(五反田学区保健環境委員会主催)

「話すことの二倍 人から聞くべきである」(デモステネス BC384~BC322 ギリシャの政治家)日めくりカレンダーより

中川保健所のバスで「走る食品衛生教室」(五反田学区保健環境委員会主催)に参加しました。五反田学区の保健環境委員会さんの研修の仲間に入れてもらって名古屋市中央卸売市場本場・名古屋市食品衛生検査所へ初めて行きました。

名古屋市中央卸売市場には“市民の台所”として国内外から様々な食品が集まって来ます。市民の食卓にのぼる生鮮食品の多くは、この市場を経由しています。食品衛生検査所は日常的に食品の監視や検査を行い、違反食品屋不良食品が出回らないようにする務めがあるのです。市場内の食品を抜き取り(鯛やうなぎ、野菜など)細菌、食品添加物、残留農薬などの基準を満たしているかどうか検査するそうです。そこでぶんちゃんの素朴な疑問、「抜き取られた食品の代金は?どうなるの?」と質問したら、同じ疑問を抱いていた人がもう一人いて「どうなるの?」答えは「食品は無料でいただいて検査する」のだそうです。でも他の機関で検査すると高額になるのに比べ、食品衛生検査所で検査データーを提供するので、検査料金としては格安なので結果としては喜ばれるのだって。

研修の中でお米の「新米」「古米」「古古米」を当てる実験をしました。三種類のビンに入っているお米の品質を当たるクイズでした。においをかぐと二つは糠のにおいがして、一つだけあまりにおいがありませんでした。色のきれいなお米を新米に選んだのでしたが、ぶんちゃんのテーブルの4人は×、でも流石“保健環境委員会さんは”正解が多かったです。素直に匂いで当てたら正解だったのです。「知って安心 食品表示クイズ」は10問ありましたがこちらは簡単でした。

名古屋市食品衛生検査所は個人・グループで申し込みができます。熱田区地下鉄名港線「日比野」駅から徒歩8分。マイカーでも予約すれば駐車場があります。又行ってみたいです。

IMG_0123


IMG_0122


IMG_0124


IMG_0119

正解はいちばん左が「新米」
真ん中が古米、右端が古古米


IMG_0120

合成着色料を混ぜて「メロン色」を作る実験

IMG_0118


IMG_0121


秋の寄せ植え(ぶんぶんはうす)

「悲しみ苦しみは人生の花だ」(坂口安吾 1906~1955 昭和期の小説家)日めくりカレンダーより

秋の寄せ植え、8個の苗を植えこみました。ケイトウはピンクと赤の二種類、ポイントになるビビッドカラーです。ガザニア、初お目見えの緑のナデシコ「まりも」、カラーリーフのアルテナンテラ(赤葉センニチコウ)、リシマキア、シロタエギクで全体にまとまりを作りました。

緑のナデシコ「まりも」はナデシコの花びらが無く、ガクのみのお花です。(花弁や雄しべ、雌しべが、萼片のように変化していると言われています。)花の下は、ナデシコの葉や茎と同じ。茎や葉を見ればナデシコとわかります。珍しいので先生が寄せ植えの材料に選ばれました。全く関係ないですが、形が「まりも」に似ているので通称「まりも」ですって。原産地:地中海沿岸、ヨーロッパ、アジア、熱帯および南アフリカ。

ガザニアの花ガラをこまめに摘み、ケイトウの花を雨に当てないようにして、冬になるまでしばらく楽しみましょうう~。


IMG_0116


IMG_0115


IMG_0114

一人暮らしは気が楽らしいです!

「長い議論も短い議論もめざす目的は同じだということをよく理解すべきである」(エピクロス BC341頃~BC270頃 ギリシャの哲学者)日めくりカレンダーより

いつも訪問しているお宅で84歳お一人暮らしの女性宅があります。名古屋市内に住んでいる娘さんが同居してくれるという話で、いつも自宅駐車場に車が停まっていました。これで一件落着、一安心、と思っていたのですが…。最近車が停まっていないので???どうしたのかしら?と思っていました。

10月になって近くを通りかかることがあったのでお話を伺うと、同居するかどうかお試し期間が終わって、やはり一人暮らしの方が良いと言う結論になったそうです。親子でも長年別々に暮らしていたのでお互いにわがままになっているらしく気を使って疲れたのだそうです。「自分の家なのに小さくなって暮らすなんて~!」難しいものですね。

女性は夫亡き後も立ち直りが速く、マイペースでお暮らしの方が多いのに比べ、男性は妻が無くなると途端に元気がありません。地域に根差した生活をしている女性は友人が多いし、趣味も多い、くよくよしている暇がなのです。長生きの差はまさにその差でしょうか!



IMG_0109

「ぶんぶんはうす”手作り教室はお土産を頂くことが多いです
下呂温泉土産


IMG_0110

山梨県 石和温泉土産

IMG_0111

北海道土産 三方六

IMG_0113

認知症予防「コグニサイズ」

「すべての偉大な人々は謙虚である」(レッシング 1729~1781 ドイツの劇作家 評論家)日めくりカレンダーより

コグニサイズは「コグニション(認知)」と「エクササイズ(運動)」を合わせた造語で、国立長寿医療研究センターが認知症予防に役立つ運動として開発しました。軽く息が弾む程度の運動と同時に、たまに間違うくらいの難易度の課題(計算、しりとりなど)を同時に行って認知症予防に役立てるものです。

犬の絵を見て「ぬい」、ヒマワリなら「リワマヒ」…。逆さ言葉にして、椅子に座って足踏みしながら答えるなどの訓練があるそうです。間違えると間違えたで大声の笑い声が聞こえて、それも楽しそうですね。足に自信がない人でも椅子に座って足を動かすだけでもOK。「足を動かしながら頭を使うことはあまりないので、頭がすっきりした気がする」「血流がよくなった感じ。認知症にはなりたくないから、できる努力はしたい」と評判は上々です。


IMG_0104

高知産の芋けんぴを頂きました
美味しいので、食べ始めると止まらないのが難点で~す


IMG_0107


IMG_0105


IMG_0106


五反田学区の防災訓練 訓練内容

「いかに長く生きたかではなく いかに良く生きたかが問題である」(セネカ BC4~AD65 ローマの哲学者)日めくりカレンダーより

今日、夜7時から町内会議がありました。11月5日(日)の五反田学区の防災訓練に向けての説明があったのですが、今年の訓練内容、役員会で何度説明を受けても理解できませんでした。ぶんちゃんが町内会で説明する役目でもないのですが「これで皆さんに理解してもらえるのだろうか?」と何度も何度も書類を読んで、訓練に出る人、一人一人に訓練内容を書いて「一回目の訓練と場所、時間」、「二回目の訓練と場所、時間」を1枚の紙に書いて手渡す方法を思いつきました。

「情報班→一回目も二回目も DIG」「消化班→一回目初期消火訓練 二回目AED」「救出救護班①→一回目AED 二回目簡易担架」「救出救護班②→一回目簡易担架、二回目AED」「避難誘導班→一回目発電機の試運転 二回目AED」「給食給水班→一回目炊き出し訓練 二回目AED」「一般→簡易担架 二回目AED」 この逆もあり!

文章で読むと複雑ですが、カードに表すとわかりやすいと思い作りました。松蔭町内会は1と2と二町内会があるので、カードをそれぞれの町内会長さんに渡します。

町内会の役割分担は今年の組長さんが持ち回りで担当するのですが、組長さんも高齢化の波が押し寄せて五反田小学校まで歩くのが難しい人も多く、防災訓練も不参加の人も多そうでした。10月から始まった「地域支えあい事業」の事を説明したかったのですが、重要な防災訓練の担当者の割り当ての事で精一杯でした。

IMG_0091


IMG_0094


IMG_0093


平成29年度中川区区政協力委員協議会・民生児童委員協議会会長連絡会 合同懇親会

「人力の限りあるを知るのが自信だ」(島崎藤村 1872~1943 明治 大正 昭和期の詩人)日めくりカレンダーより

毎年10月に「中川区区政協力委員協議会・民生児童委員協議会会長連絡会 合同懇親会」が開かれています。中川区24学区の区政委員長と民生委員会長が親交を深めます。座席順も抽選なので、どなたの横に座るかわかりませんが、ぶんちゃんのお隣さんは赤星学区の方でした。赤星学区と言うのがどこにあるのか全く知らなかったのですが、今回の席順のお陰でしっかりとわかりました。赤星学区は、名古屋市の最西北端に位置し、あま市と大治町に接しています。その昔はほとんど田畑ばかり、準農村地帯だったところですが、今は大型商業施設があるにぎやかな学区となっています。そのおかげで企業からの寄付金も集まり学区の財政が豊かだと言うことでした。でもそれは役員さん達の努力によるもので、大いに見習うべきところ、とても参考になりました。

中川区は平成29年10月1日に区制80周年を迎えます。記念行事として金山にある「日本特殊陶業市民会館」で「第九」の合唱を計画しているそうで入場チケットの宣伝をされました。日本特殊陶業市民会館は2000席以上あるので満席にして大いに盛り上げましょうというご挨拶です。今、ドイツ語で猛特訓が始まっているらしいです。大合唱団だと言うことですから楽しみですね。

IMG_0083


IMG_0080


IMG_0081


IMG_0082


IMG_0087


IMG_0083


IMG_0085


IMG_0086


IMG_0088


IMG_0089

西尾抹茶工場 見学

「満足は天然の富だ」(ソクラテス BC469頃~BC399 ギリシャの哲学者)日めくりカレンダーより

五反田学区民生委員児童委員協議会の今年の研修旅行は西尾市・三河湾リゾートリンクスで和食のランチを頂いた後、「西尾抹茶工場」を見学しました。お抹茶の説明を受けながら、水だし緑茶、お抹茶など三種類のお茶とお菓子を頂きました。

西尾市は日本有数の抹茶の産地です。見学した葵製茶は先祖から受け継がれる家紋は徳川将軍家「葵の御紋」のルーツとなった「立ち葵」。伝統ある立葵の三枚の葉を、「誠実」に「信頼」され「愛される」三本柱を社風として守り続け、伝統を創り上げいるそうです。

抹茶を茶筅で点てる、お茶を急須で淹れる、それらの習慣を介して培われてきた和の心と相手を思いやる心、本当のお茶の美味しさがややもすると置き去りにされ、いまでは緑茶は単にで喉の渇きを潤す手軽なペットボトルに人気が集まっています。でも有機農法で栽培されたお抹茶は健康志向が高まって海外でも人気なのだそうです。本家の日本、緑茶の文化を大切に受け継いでいきたいものですね。



IMG_0078


IMG_0077

五反田学区民生委員児童委員日帰り研修旅行(三河湾リゾートリンクスで食事)

「人生は学校である そこでは幸福よりも不幸のほうがよい教師である」(フリーチェ 1870~1929 ロシアの文学史家 芸術学者)日めくりカレンダーより

このところの真夏日で、夏服を片付けていたのに、又半そでが必要な日が続いています。今日も予報では30度くらいになるようです。それでも雨は降らないのでお出かけ日和です。

今日は五反田学区の民児教、日帰り研修旅行の日でした。三河湾国定公園内にある「三河湾リゾートリンクス」で和食のランチを頂き、研修を兼ね講師も同行して頂いているので「認知症予防の10カ条」「認知症介護の10カ条」「認知症家族の接し方10カ条」などの講義を聞きました。穏やかで美しく澄んだブルーの三河湾を眺めながらのランチ会場、普段、全力で仕事に当たっている皆さまの疲れを癒し、相互の親睦を大いに図って頂ければと思います。

IMG_0057 - コピー


IMG_0058 - コピー


IMG_0060 - コピー


IMG_0062 - コピー


IMG_0063 - コピー


IMG_0064


IMG_0067


IMG_0069


IMG_0071


IMG_0073


バッテリーが上がり、車が動かない!

「他人のために尽くすことによって自己の力を量ることができる」(イプセン 1828~1906 ノルウェーの劇作家)日めくりカレンダーより

夜の会議の後、ミーティングをするため近くの喫茶店に寄るのが習慣になっていて、この日も立ち寄ったのですが、いつもは午後10時まで営業のお店が祝日は午後8時まででした。路上に停車して後続の皆さんを待ったのですが、エンジンを切ってハザードをつけっぱなしにしたのがいけません!夫から「バッテリーが弱くなっている。交換時期だな?」と言われていたのを思い出しました。エンジンを切らなきゃまだ良かったのかも。

最近は車のトラブルにあったことがありません。夜でしたがちょうど仲間の一人が自転車で来られたので、自宅(すぐ近くに自宅があります)まで車を取りに帰り、バッテリーを回復してもらえることになりました。ところが、彼の車も古い車のようで、トライしている間にバッテリー上がりになってしまいました。別の人にSOS、電話したら「只今入浴中」。次は彼の息子さんにSOS。「ビールを飲んじゃった」。最後の頼みの綱は学区委員長さんしかありません!委員長さんは全くアルコールが駄目な人なので完ぺきです。

まだ入浴前だったので、作務衣姿で駆け付け、二台分を助けてくださいました。無地家に帰って、翌朝その事を夫に報告したら「委員長さん、良い人だな~」ってつぶやきました。これって「地域支えあい事業」に当てはまりますね。ポイントゲットです。

IMG_0109

IMG_0109 - コピー

IMG_0110 - コピー

月別アーカイブ