ぶんちゃんの日記

ぶんちゃんの日記

犬のぬいぐるみ(100均の暖ったかソックスで)

「厳しさを正しく課すのは自分自身から始まる」(スタール夫人 1766~1817 フランスの作家)日めくりカレンダーより

今日は五反田コミセンの手芸クラブの方たちに「かわいい犬のぬいぐるみ」の作り方をお教えしました。100円ショップで売っているモコモコの暖かソックスで作ります。去年から「作り方を教えて~」って言われていましたが、モコモコソックスのシーズンが終わって商品が買えなかったので、今日になったのです。

メンバーは飛び入りを加えると13人、あらかじめソックスなど材料は買って準備をしておいたのですが、全く余らないという人気ぶりでした。100円ショップでも、もう売り切れているそうです。材料を揃えるため(目玉や鼻のボタン、リボン、髪飾りなど)お店を何店か回り、注文したり、準備も労力がいります。先生の苦労がわかりました。

作り方は同じでも、出来上がりは全く別物、個性が出るもんですね。顔のあるものは自分に似ると思います。完成できなかった方、お二人分を持ち帰り、ぶんちゃんが仕上げました。明日もサロンの「ふらっと」があるので、今日の皆さんは「ふらっとの刺し子」のメンバーさんなので、完成させた犬のぬいぐるみをお渡しできそうです。とっても可愛く仕上がりました。

IMG_0051


IMG_0056


IMG_0057


IMG_0058


IMG_0053


3個目の金メダルは女子チームパシュート

「ゆっくりと急げ」(アウグストゥス BC63~14 ローマの皇帝)日めくりカレンダーより


スピードスケートの女子チームパシュー、オランダと対戦して日本は五輪新記録で金メダルを獲得しました。途中逆転されましたが最後はオランダに1.59秒差をつけての勝利。日本は、今大会銀メダルと銅メダルを獲得しているエース・高木美帆選手と、姉の高木菜那選手、佐藤綾乃選手の組み合わせで決勝に臨みました。3人全員が個人種目でメダルを獲得しているオランダに対し、日本は一糸乱れぬ隊列を組んだチームワークで対抗して勝利しました。

チームは4名、準決勝では菊池選手が出て佐藤選手を温存したようですが、金メダルは4名全員にもらえたので(ルールを知らなかったので、心配していました)良かったです。日本は世界新記録を次々と塗り替えていたので実力の面では申し分なしのトップですが、オリンピックでは金メダル確実と言われながら金メダルが取れない事もしばしばなので!

 女子は2400mとスピードスケート種目のなかでは長い距離、ペース配分を守りながら一糸乱れぬ隊列を組んだチームワークで初の金メダル。おめでとうございます。

IMG_0145


IMG_0146


IMG_0147


IMG_0149


地域支えあい事業 五反田学区ご近所ボランティア研修

「もっと早く終わるように少し休め」(G・ハーバート 1593~1633 イギリスの詩人 神学者)日めくりカレンダーより

昨年10月に始まった「五反田学区 地域支えあい事業」についてさらに学習するために、「地域支えあい事業 五反田学区ご近所ボランティア研修」を開催しました。現在ボランティア登録者は約65名ほどありますので、その方たちに案内状を出して今日21日(水)、午前10時から約1時間半の予定で集まって頂きました。

声かけに対して、参加は30名、ぶんちゃんは初めて司会進行役(慣れない地域福祉推進協議会副会長として)を仰せつかりました。中川区社会福祉協議会のお二人にもお手伝い頂きながら、挨拶①事例報告 今を取り巻く状況、事業の成り立ちなど 相談窓口活動 青パトによる子どもの見守り活動 ②グループワーク 5グループに別れて、共通テーマ『あなたの身の回りではご近所付き合いしていますか?』で話合いをして頂きました。③グループワークのまとめ で時間通りに進めることができました。

今回、地域支えあい事業の周知を徹底してお困りごとの相談窓口にお気軽に来て頂く事が目的でした。グループワークでは活発な話合いがなされ、「お困りごと相談の具体的な例を示して、お知らせしたらどうか?」「庄内川左岸の松並木の松の葉の清掃が大変、1年に2回は行政で清掃をしてもらっているけれど、住民だけでは追いつかないほどの松の葉が落ちるので大変。自動車からの煙草のポイ捨てでボヤも発生、消火作業でひやひやしている事。」「新しい住民も増えているけれど、表札なしの家が多い。若い人が町内会で活躍してもらうのにどうしたら良いか?」又「お年寄りの世帯では組長ができなくなっている」と将来に不安も・・・。学区の活動を維持していくのも大変だとわかりました。でも「地域支えあい事業」は今は私たちが支えていますが将来は支えてもらう番が回って来ます。是非、頑張ってできる事は『お互いさまの精神』で支えあい、残して行きたい事業ですね。」と布目学区委員長さんの締めの言葉で終わりました。


IMG_0055

1グループの発表

IMG_0053



IMG_0054

熱心に討論しています

IMG_0052


IMG_0051


IMG_0050


IMG_0049


IMG_0048

青パト 子ども見守り活動についての発表

IMG_0047

メンズクッキング~かんたんメニューを作ろう~(中川保健所)

「希望は、目覚めている人間の夢である」(アリストテレス BC384~BC322 ギリシャの哲学者)日めくりカレンダーより

中川保健所で「メンズクッキング」がありました。1回の教室につき15名の参加者を募集していたので、夫に「参加する?」と聞いたら「出ても良いよ。基礎から簡単にできる料理を教えてほしいな~」とまんざらでもないようでした。持ち物はエプロンと三角巾、手持ちの黒のエプロンで間に合わせました。15名募集だったので、多ければ当然抽選だと思っていたのですが、定員には満たなくてご夫婦で参加されていた方もあり、10名だったそうです。

メニューは「牛すき煮・酒かす汁・牛乳寒天」の3品。テキストには一応、メモ書きがあったので、最初に講義を受けて、それから調理実習したみたいです。夫の担当は「酒かす汁」のごぼうのささがき。自分で申し出たのかどうかは聞いていませんが「ささがきだったらいつもやっているので得意中の得意よね!」と言ったら、やはり「すごく上手ですね。と褒められたよ。」だって。

普段、料理は全くできませんがささがきだけは、主人の当番にしてやってもらっていたので、慣れていました。メニューはどれも美味しかった。でも部分的な事に携わったので全体の事がわからなくて、良く理解できなかったという結果でした。多少でも経験している人は理解できても、全く料理音痴の人には難しかったようです。


IMG_0057




IMG_0058


IMG_0059


IMG_0060

平昌オリンピック 男子フィギュアスケート、金メダル・銀メダル

「二十四節気 雨水」(冬の氷水が陽気に溶け天に昇り、雨水となって降る意味で雨水と言う。)日めくりカレンダーより

平昌オリンピックのフィギュアスケート フリーはリアルタイムで見ることができませんでしたが、どちらかと言うと何となく失敗を見るのが怖いのでニュースで見る方が安心します。前日のショートプログラムで羽生選手が怪我からの見事な復活を見せて1位につけていたので「すごい!根性の人だわ」と少し安心していました。ショートプログラムは演技時間・2分40秒±10秒(最大2分50秒まで)。「アクセルジャンプ」「ステップからのジャンプ」「ジャンプコンビネーション」「フライングスピン」「足換えスピン」「スピンコンビネーション」「ステップシークエンス」の7つの要素を行います。

今回、羽生さんのショートプログラムの音楽はショパン「バラード1番」で宇野さんはヴィヴァルディ・四季より「冬」でした。そして羽生さんのフリープログラムでの使用曲は「SEIMEI」(映画陰陽師のメインテーマから…)日本的な音楽を選ばれていました。宇野さんは「トゥーランドット」。「トゥーランドット」は2006年・トリノオリンピックで荒川静香さんが金メダルをとった縁起の良い曲、荒川さんはショートプログラムでは第3位でしたので大逆転での金メダルでした。優雅なイナバウアーが昨日の事のように思い出されます。音楽にぴったりの演技、大舞台でもしっかりと演技ができるなんて、運も味方につけて、皆さん素晴らしいですね。

IMG_0153


IMG_0156


IMG_0155


IMG_0151


ハーデン一色でハンドベルの演奏!(名古屋市中川区大当郎二丁目1413番地)

「山川は長くして蔓世也 人は短くして百年なり」(空海 774~835 平安初期の僧)日めくりカレンダーより

ハーデン一色は有料老人ホームです。有料老人ホームは、入浴や排泄の介助、食事の提供、介護などのサービスがついています。ハーデン一色さんは五反田学区内にある施設なので、民生委員児童委員協議会のメンバーがご希望に沿って時々訪問して「ハンドベル&童謡」を披露させて頂いています。今回初めてハンドベルに和音を入れて少しだけレベルアップしました。

いつものハンドベル3曲(大きな古時計・春の小川・見上げてごらん夜の星を)にプラス2曲(富士の山・たき火)の計5曲。ちょうど“ふれあい昼食会”の後、1時間半くらいのリハーサルの時間が取れるので、なんとか間違えずに演奏ができました。童謡は8曲(上を向いて歩こう・瀬戸の花嫁・ミカンの花咲く丘・四季の歌・リンゴの唄・春が来た・うれしい雛まつり)、手作りの歌詞カードを持参して、一緒に歌います。この日は風が冷たくて寒い日でした。演奏している時、窓から雪が舞っているのが見えました。でも演奏が終わってテレビを付けたらオリンピックのフィギュア男子、羽生結弦さんと宇野昌磨さんがワンツーフィニッシュの金メダル銀メダルになっていたので施設の皆さんと日の丸を振りながら喜びあったのでした。

IMG_0043


IMG_0048

IMG_0046

男性の民生委員も頑張っています
ハンドベルはピンチヒッターなのに、抜群の音感です


IMG_0047

五反田学区の「ふれあい昼食会」

「聞き上手は一つの技術である」(エピクテスト 55頃~135頃 ギリシャの哲学者」日めくりカレンダーより

今日の「ふれあい昼食会」のメニューはカレー&レンコンサラダ&朝どりイチゴ&お饅頭、今日は76食分を準備しました。お食事は季節感を出したいので、いつも新鮮野菜をメニューの中に入れるように心がけています。幸い、今の仲間は車の運転ができる人がほとんどなので、知り合いの農家さんのある愛西市までも行けるのです。朝どりのイチゴの味は格別です。レンコンも立田のレンコンを買ってきます。名古屋市内のお店で買うより、新鮮でお値段も格安、なにより味が良いです。メニューを紹介する時には、「甘いイチゴを味わってくださいね」とお伝えします。

食事後のお話は「認知症予防リーダー・三日月住宅の町内会長 菊池さん」に普段の生活で気を付けることなどを楽しく語って頂きました。オシャレをして外出すること。軽い運動を欠かさない事。興味を持ち続ける事も大切。(一人暮らしの方たちばかりなので)栄養の事を考えながら食事をとりましょう。「今日のメニューはバランスが良くて良いですね。」とお話されていました。

又新町1丁目の町内会長・掘りさんには「中川区で、すでに2件の車による死亡事故があったので、配布した資料をもとに交通安全について「外出時、特に夕暮れ時の外出に注意してください」と説明して頂きました。真剣な顔で聞いて下っていました。インフルエンザもなんのその、皆さんお元気で参加して頂けているのはうれしい事です。来月も年度末の食事会、ちょっと豪華なお弁当の予定です。皆様の参加をお待ちしています。

IMG_0034


IMG_0035


IMG_0038

認知症予防リーダー・菊池さん

IMG_0042

新町2丁目町内会長・二村さんのご挨拶

IMG_0041


IMG_0040

新町1丁目町内会長・堀さんの交通安全についてのお話

“わがまちの地域包括ケアを考える”シンポジウム

「戦いは最後の五分間にある」(ナポレオン 1769~1821 フランスの皇帝)日めくりカレンダーより

中川文化小劇場 ホールにて“わがまちの地域包括ケアを考える”シンポジウム 主催:中川区役所、中川保健所、中川区社会福祉協議会、中川区東部・西部いきいき支援センター、中川区地域包括ケア推進会議(中川区生活支援連絡会)が開かれました。第一部は『地域包括ケアにおける「生活支援」と多様な担い手への期待』と題して金城学院大学の朝倉美江先生の講演。第二部のシンポジウムに五反田学区の三日月住宅自治会の取り組みが五反田学区の副会長・藤田さんの発表があるので学区から6人が発表を聞きに行ってきました。

いきいき支援センターによる介護保険制度・サービスに関する説明会や手作り教室など、団地内集会場での取り組み・たまり場づくりが紹介されました。高齢化が進み高齢化率は約27%、高齢者や一人暮らし世帯から家具転倒防止や粗大ゴミ廃棄の相談を受けるようになり、社協等の軽作業サービス等を案内し、解決支援につなげた事なども紹介されました。

地域包括ケアシステムとは
団塊の世代が75歳以上となる2025年を目途に、重度な要介護状態となっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるよう、住まい・医療・介護・予防・生活支援が一体的に提供される地域包括ケアシステムの構築を実現することを目指しています。ますます地域での支えあいが重要になると言う訳です。ぶんちゃんが気になった取り組みは昭和橋学区「サロンまねき会」です。中心のお世話役は老人会の方たち、男性の参加者が多いと言う点で大いに見習いたいところです。 


IMG_0032


IMG_0007


IMG_0006


サロン五反田(認知症予防・回想法)

「あなた自身のようにあなたの隣人を愛さなければならない」(旧約聖書より)日めくりカレンダーより

今日の「サロン五反田」は認知症予防リーダーさんによる2グループに分かれての回想法で、昔の思い出を話し合う事になっていました。今回のテーマは「昔飼っていた動物についての思い出です」。ぶんちゃんもいろいろな動物を飼っていたので、子供時代の思い出はたくさんあります。

家では猫、ウサギ、ニワトリ、伝書鳩、小鳥の十姉妹、セキセイインコ、フナ・鯉・金魚などなど。ニワトリは庭を自由に歩いて卵を産み落とすので、それを見つける楽しさ。その後は卵料理として食卓に上ることになります。十姉妹の小鳥カゴの掃除や餌を与える事、卵を産んだ巣をチェックしたり、うさぎの餌は自分で草を取って来て与えた事楽しかった思い出です。今のようにペットの餌も売っていない時代、工夫しながら育てたものです。

グループ内の発表は猫が布団の中で子どもを産んでまだ胎盤がついている状態の時に手に触れてびっくりした事、猫が大嫌いなのに、猫大好き息子さんの家の猫を預かることになっって、二年半も猫が近寄らなかったという思い出、インコを100羽飼っていいた人、動物好きが多い中、動物を飼ったことがないと言う人もいらっしゃいました。思い出話は尽きることなく続いたのでした。

IMG_0029


IMG_0030


IMG_0031

ジャコウネココーヒー・ベトナム

「朝起きは分け前として仕事の三分の一を取る」(ヘシオドス BC8世紀頃 ギリシャの詩人)日めくりカレンダーより

ベトナムコーヒーはあまり日本人にはなじみがありませんが、ベトナムコーヒーの中でもジャコウネココーヒーは特別美味しいコーヒーです。少しだけ買って飲んでみたら、あまりの美味しさに、購入しようとインターネットショッピングで探したら、お値段がとても高い!次男家族がベトナムが旧正月なので今日から一時帰国するので買って来てもらう事にしました。「1万円分くらい、お願いね」と注文しました。

帰国前、おみやげの準備に買い物に行って、グラム数と価格について電話で問い合わせがあり、2種類のジャコウネココーヒーを買ってもらうことになりました。濃い味と少し薄い味の2種類です。ベトナムに住んでいながらコーヒーにはあまり興味がないのでしょうか、ジャコウネココーヒーはまだ飲んだ事がないと言う。今回初めて次男夫婦に香りと味が抜群のジャコウネココーヒーを味わってもらったら「美味しい!」って感激したみたいです。

IMG_0030

なぜかパッケージが日本語?
日本土産用でしょうか?


IMG_0029


IMG_0031

月別アーカイブ