先日、この春に民営化される大阪市営地下鉄の愛称が「OSAKA METRO(大阪メトロ)」に決まった。

ということで、民営化される前にタイトル通り「大阪市営地下鉄」の最果てをつなぐ散歩を終わらせることにした。

中百舌鳥から八尾南、南巽を経て前回は門真南まで歩いたので、今回はその門真南駅からのスタートになる。

1

前回とは違ってロータリーのない北側の出口から出発である。

2

前回も登場した古川である。これを渡って左岸沿いを歩いていくことにする。

3

写真右手、奥の方に大きな木が見える。

4

薭島(ひえじま)の樟と呼ばれる大阪府指定の天然記念物だそうだ。

5

薭島の樟は一般の民家に生えているので、近くまで寄ることができない。今回はG8のキットレンズである12-60を持参したので、久々に換算24㎜の広さに助けられた(全部入っていないけれど)。

6

その薭島の樟の向かい側に、堤根神社という神社がある。門真市内には同名の神社がもう一つあるそうだ。

7

この日は節分だった。全国の神社で同様に節分祭が行われているのだろう。

8

その節分祭の幟の下に道標があった。左は「とくあん」、右は「さた」とあることから、前回見た道標と同じであり、この道も枝切街道の一部と推察される。

9

しばらくはこの道を進んでいくことにする。

10

少し太い道を越えて住宅地の中へ。右曲がりのカーブが美しい。

11

ごちゃごちゃした一角を抜けて……

12

センターラインのある面白味のない道へ。

13

右手にあるのは自動車教習所のようである。そして奥の交差点には「試験場」の文字が。

14 (2)

大阪府警門真運転免許試験場である。北大阪の人なら免許の取得や更新でお馴染の場所であろう。無論管理人もここで更新を行っているし、少し前には原付二種の免許の交付を受けた。

15

この日は土曜日なのでお休みである。ちなみに管理人の誕生日は8月なので、毎回クソ暑い時期に更新を行うことになる。

16

(2)へ続く

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ