(1)から

しばらく進むと、幹線道路にぶち当たる。やむなく川沿いからいったん退避して、大阪府道10号線(通称「空港線」)と、その上の高架上を走る阪神高速11号池田線を越える。

空港線歩道橋

歩道橋を奥に進むと、府道99号をちょっとだけ進む。この道をまっすぐ進むと今回の街歩きのゴールまでほぼ一本道なのだが、それでは味気ないということで、遠回りをすることにしたのだ。

空港道路

川を渡り、写真左手のほうに進む。再び千里川沿いのルートに戻る。

千里川2

今回の街歩きは、車の通行をほとんど気にしなくていいのがいい。ただ、にわかに不安になってくる。

千里川3

とうとう舗装すらなくなってしまった。地図上では立派な道があるように見えたのだが……いや、これもい立派な道である。

上の写真奥に見える橋を越えると、右手に白く大きな壁が見えてくる。

大阪空港外壁

大阪国際空港、通称伊丹空港である。住宅地の真ん中にあるということで騒音公害の問題が絶えず存在していた。これ以上発着枠を拡大できないということで、泉州沖に1994年関西国際空港、通称「関空」ができ、国際線の旅客機を中心に関空への発着に切り替わったのだが、大阪市内や神戸、京都からのアクセスも伊丹のほうが圧倒的にいいため、大阪を発着する多くの国内線の旅客機はこちらを利用している。

伊丹空港の敷地は、東側から南側にかけて、千里川に沿っているのだ。

千里川4

伊丹は航空法上の混雑空港なのだという。そのせいか、頻繁に飛行機が飛んでくる。

飛行機1


ぼやぼして撮り逃したものも含めて、5~6機は上空を飛んでいった、というより着陸態勢に入っていった。

飛行機2


真下から撮ったらこんな感じに。飛行機を撮ったのは初めてであるが、なるほど、なかなか面白い。ただし、管理人は飛行機は全くの門外漢であるがゆえに、機種名などはわからない。

そして、空港敷地の東側から南側に入ったあたりで、白い壁が開けて、滑走路が姿を現した。

大阪空港滑走路1


天気がイマイチだったので、写真ではぼけぼけなのだが、実際にはもうちょっとよく見えた。頭上には相変わらず着陸する飛行機が飛んでくる、大迫力である。

(3)へ続く

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ