本を紹介してくれる文学少女を募集している『文学少女図鑑』のHP

今回、本を紹介してくれるのは、
HINATAさんです。

hinata2



『タイマ』嶽本野ばら、小学館

どこからが本当でどこからが嘘なのか分からない。
分からないけれど、そんなことはどうでもいいや。
生きるのって、誰かと愛し合うのって、苦しいけれど、かっこ悪いけれど、幸せだなって思った。
あたしもいっぱい生きよう。
ダメな人間って面倒だけど、結構好きです。 




※HINATAさんと本の感想を共有したい方は、ぜひコメントをお寄せ下さい。
(コメントは念のため確認させていただいてからの公開となります)


「文学少女を探しています」文学少女応募ページはこちら。