ナニゴトもカタチから2

~好きな物や事柄に関するブログ~

 フライトジャケットって、以外と寒いものですね。

 やっぱり、着丈が短くできていますから、着丈が長いものと比べると、ちょっと寒いんです。
 それと、仕事には着ていけないのよね。

 しかし、そんな、ちょっと寒いフライトジャケットですが、自動車の運転には最適です。
 だって、戦闘機に乗るパイロットが着るわけですから、自動車の運転席だって快適ですよね。

 ただね、MA-1はちょっとモコモコしていて、オーバースペックです。
 私はL-2AとかL-2BとかWEPを着ることが多いです。
 運転席は風を切ってってことがないですから、薄手のアウターがちょうどいい。まあ、そんな感じです。

2C3EEEC2-2478-4CE6-AB39-421C59C86583



FF4BD766-B55E-4A2F-9D23-435304FD9BE7



(撮影:iPhoneXS)


にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ
にほんブログ村

 硬くて乗りにくかった、ブルックスB 17スペシャル。
 純正プルーファイドというオイルを購入してから、ほぼ毎日塗っては拭き取るを繰り返したところ、だいぶお尻に馴染んできました。


 純正プルーファイドを購入した時のブログはこちら↓

http://blog.livedoor.jp/bungjim/archives/33317280.html


84A25264-9525-4F75-A036-9E09E6763AE2



 写真じゃわかりづらいけど、お尻が乗っかる部分が少し沈んできました。

C2D7D485-0BF3-43D9-A1D0-9B9C2B31EDC3



(撮影:iPhoneXS)


にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ
にほんブログ村

 なんだか、レッドウイングには8049ってのがあるようですね。
 8050の改良版だそうです。つい先日知りました。
 ということは8050って不完全なんすかね。

 シューホールが4個から5個に増えたり、かかとの形状が違ったりするらしいですよ。
 8050買っちゃった人はどうすればいいのよ。
 8049も買えってことかいな。
 わたくし8050で結構です。

5D0422B0-D9F2-4616-9106-16B4B32AC21C



4572CFBD-F810-47BD-807B-50BDF302419C



(撮影:iPhoneXS)


にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ
にほんブログ村

 フジフェザーのブレーキ、効きが悪いです。
 それに、ブレーキレバーを引いてもフニャっとした感覚で、ANCHORの堅牢製のある引き心地にはかないません。
 ブランド名すら謎のブレーキキャリパーがついています。

 そこで、私の好きなシマノ105のブレーキキャリパーをamazonで購入しました。7000円くらいなので、ヴェロフレックスのタイヤ2本より安いです。

8A97997E-796C-4C03-8CD8-811860025000



 こちら、純正ブレーキキャリパー。
 なんの表記もないです。
 ブレーキシューは金属製のいわゆる船の部分はなく、全てゴムです。

9EB6705F-71CF-46C3-B58F-06B901ACE09A



 そして、純正ブレーキキャリパーを取り外し、シマノ105と並べてみました。
 まあ、見た目じゃロゴの有無くらいしか差がないですね。

FC5E32C7-9AA4-4158-993B-B872CA93063E



 私はなぜか105が好きで、ブリヂストンANCHORにも当時の105のブレーキキャリパーを取り付けています。

 その時のブログがこちらです↓

http://rnc3.blog.fc2.com/blog-entry-8.html


 そんでもって、この時から9年経過した現在でも、シマノの105が好きです。
 もう少しお金を出せばアルテグラが買えるんですが、105が好きなんです。負け惜しみじゃないですよ。

 取り付けてる途中で気付いたのですが、ブレーキワイヤーを取り付ける位置が微妙に異なり、アウターケーブルがちょっと足りなくなってしまいます。
 そこはうまく調整して取り付けました。

61469D4B-0892-4F19-A232-BFE6A4954C93



 見た目ほとんど変わらないって。
 それはそうかもしれませんが、ブレーキの効きが全然違うし、ブレーキレバー引いた時にブレーキシューがリムにタッチする感触も全く違います。

 やっぱり、止まることは大切です。
 ブレーキキャリパーのグレードアップはタイヤと同様に費用対効果が大きいと思います。


(撮影:iPhoneXS)


にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ
にほんブログ村

 フジフェザーのタイヤをヴェロフレックスのマスター25Cに交換したことは、以前ブログに書きました。

 今日帰宅して、なんの気無しにタイヤサイドを見たら、バルブ付近のタイヤサイドが盛り上がっていました。
 明かにビードがチューブを噛んじゃっている状態でした。
 それにしても、よくパンクしなかったわい、と思い、再度タイヤを嵌め込むことに。

294B30F0-D39A-42ED-9501-D872E986ED8D



 そうしたら、原因がわかりました。
 純正のチューブをそのまま使ってヴェロフレックスのタイヤを嵌めたのですが、バルブの根っこの部分が厚くて、ビードがうまく嵌らないんです。

 そこで、シュワルベの18〜28Cに換えてみたところ、普通に嵌りました。

998BC26A-267C-4EA7-AC22-3A05F6B40894



 交換した後で、純正チューブを見たら、25〜32Cと書いてありました。
 それでちょっとバルブの根っこが大きくできていたみたいです。
 ちょっとした差なんですけどね。


(撮影:iPhoneXS)


にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ