ちょっと前に買ったステーショナリーマガジンvol6に、クリアフォルダーとルーズリーフで簡単クリップホルダーの作り方が載っていました。


雑誌ではA5サイズで作っていましたが、私はB5サイズのルーズリーフを持っていたので、これで作ってみることにしました。


用意するのはこちら。

100518 簡易ホルダーB5のルーズリーフ
B5の下敷き
A4のクリアファイル
それとクリップの4つです。


この簡単クリップボード、原理を説明すると、クリアファイルの中にルーズリーフと下敷きを入れ、使うときはルーズリーフだけを表に出してクリップで留めて落ちないようにしてして文字を書くものです。


下敷きがあるので、クリップホルダーのように使えます。


ただ、今回のようにA4のクリアファイルにB5のルーズリーフだと、クリアファイルが大きすぎるので紙のサイズに合わせて切りました。

100518 簡易ホルダー (2)





100518 簡易ホルダー (4)





こうするとルーズリーフのサイズにピッタリです。

100518 簡易ホルダー (3)





ルーズリーフを表に出してみました。


写真だとあまりわかりませんね。


いまのところ、外で立って筆記する機会がないので、そのあたりの使い心地はわかりませんが、室内で使う分には快適です。


全体が薄いので、収納スペースもとりません。


ルーズリーフを使っていて、外でバインダーを開くのは面倒と思っている方なら、これはかなり使えるかも知れません。


上でも書きましたが、薄いのでカバンの中でもスペースをとりません。


A4、A5サイズのルーズリーフなら、クリアファイルもジャストサイズがあります。


作り方も簡単なので(クリアファイルに入れるだけ)、ルーズリーフをお使いの方は、お試しになってはいかがでしょうか。





にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
↑ランキングに参加しています。
クリックしていただけると、うれしいです。