前に何度も紹介しましたが、「結果を出す人」はノートに何を書いているのか 美崎栄一郎 著 を読んで、プリンターで印刷してそのままシールにできるというプリント用紙があることを知りました。


「こんな特殊な紙は品揃えのいい店じゃないと置いて無いのでは?」と思っていましたが、意外にも近所のホームセンターに売っていました(^_^;)。


今まで気が付いていませんでした(苦笑)。


ということで早速購入してみました。


それがこれです。

090925 ラベル用紙 (2)A-oneのプリンタ用紙ラベルです。

当たり前ですが、普通のコピー用紙より割高でした(汗)。




本では住友3Mの貼って剥がせるタイプのものが紹介されていましたが、うちの近所の店にはありませんでした。



ここからが表題ですが、これを買えたのはよかったのですが、何を作るのかまったく考えていませんでした(汗)。


いろいろ考えたあげく、私は「第◯週◯曜日発売」というような雑誌をよく買うので、一目で今週が第何週なのか確認できるミニカレンダーを作ろうと思いつきました。


つねにA6ノートは持ち歩いているので、それに合わせてペタッと貼ることができれはいいなと。


でも、ノートは使い終われば次のものにいくので、そのたびにいちいち新しいものを印刷するのは面倒です。


そこで、これを貼って剥がせるようにできないかと考えました。


私の手持ちのものを見回して、目についたのがポスト・イットでした。


「これにミニカレンダーを貼り付ければ、簡単に貼ったり剥がせたりできるのではないか?」


思い立ったが吉日ということで、早速やってみました。


使ったのは、ポスト・イット ノート654SS強粘着タイプです。

寸法は75mm×75mmあります。


まずは、このポスト・イットより一回り小さなカレンダーを作ります。


私はエクセルで作りました。


091110 ポストイットカレンダー (1)






カレンダーの横にあるのは、私が今月本屋でチェックしようと思っている本のリストです。

ついでなので一緒に印刷しました。


これを切り取って、先ほどのポスト・イットに貼るとこうなります。

091110 ポストイットカレンダー (2)







これでどこにでも貼れるミニカレンダーの完成です。


強粘着タイプを使っているので、貼ったり剥がしたりを数回繰り返しても粘着力は弱まりません。


私はこれをノートの見やすいところに貼って持ち歩こうと思っています。


ちなみに、


一緒に印刷した新刊のチェックリストはポスト・イットのふせんのほうに貼りました。

091110 ポストイットカレンダー (6)







これはこれでなかなかキレイで、チェックし終われば簡単に剥がせるので便利です。


でも、5冊6冊とチェックする本が増えてくると、いちいちふせんに貼るのは面倒になってきます(汗)。


2,3冊程度のときのほうが、いいのかもしれません。




にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ←ランキングに参加しています。