シャトルバス運行

のニュースを聞いて「混雑する週末や連休だけのことだろう」と思っていました。

実際の状況を知るべく、本日分杭峠へと出かけてきました。

DSCN0001まずはこんな案内看板を発見しました。
どうやら本当にマイカー乗り入れ禁止のようですね。
さらに進むことにします。




DSCN0003ここがシャトルバスの発着場のようですね。
かなりの台数が置けるように整備されています。今日は平日なのでほとんど駐車している車はありませんでした。
シャトルバスに乗るつもりはありませんでしたので、今日はここを通り過ぎることにします。
ゼロ磁場の水の工場のある付近です。

DSCN0007峠の頂上付近に来ると「ここに駐車するのは違法です」の看板が目につくようになってきました。
少なくとも昨年の9月にはありませんでした。
この辺の道路脇に車停めて渋滞の元にしちゃったんでしょうね。

DSCN0012そして、分杭峠の入口です。
駐車場の入口には警備員がいてバリケードがしてあります。
本当にマイカーでは入れないんですね。
前の車そうとは知らずにやって来て、警備の人にいろいろと言っている様子です。

DSCN0017峠の付近はこんな風に路肩にパイロンが立てられ駐車ができないようになっています。
おそらく秋の連休などで路上駐車がひどく、にっちもさっちもいかない状況になってしまったんでしょうね。
水を汲みに行くこともできません。


こんな状態になってしまいました・・・。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン

有名になってしまったからこのような規制を敷かれてしまったのでしょうが悲しい現実ですね。

思えば昨年の9月に分杭峠へ来た時に、小型の観光バスが水汲み場へ乗り入れていたりしました。あきらかに「これはちょっとやり過ぎだなぁ」と思っていましたので、今回の規制についてもうなづけます。もし、バスが転落でもしたならば、伊那市の管理責任も問われますからね~。インチキ気功師の出没も原因のひとつかも知れません。夜中にキャンプをしていた連中が居るとも聞きました。

このサイトをご覧になったみなさん。

分杭峠へは車の乗り入れはできませんので、どうしても磁場浴をしたい場合はシャトルバスで行くしか方法はありません。
<a href="http://blog.livedoor.jp/yasunori123/archives/52440614.html" target="_blank">分杭峠(ぶんぐいとうげ)</a>/<a href="http://madokahime.livedoor.biz/archives/1247112.html" target="_blank">繭気属性 自分の相性の良いパワースポットを・・・</a><a href="http://blog.livedoor.jp/aba22/archives/65448208.html" target="_blank">power</a>