August 18, 2009

ブログ『21世紀のポップ中毒者』

6月のハニカム・ブログ任期満了と共にブログもしばらく休んでいましたが、どうせ再開するなら! と、ダルビッシュ紗栄子やゴランジェリー(ハート)と同じ土俵で、ブログ『21世紀のポップ中毒者』を、ゆるゆるとスタートすることにしました。

なにとぞご贔屓のほど、よろしくお願いします。


December 20, 2008

どうもありがとうございました。

12月の文化デリックのPOP寄席は大入り満員で、お立ち見もでるほど。どうもありがとうございました。
とはいえ、閉店セール効果か? 逆に、常連の方々がお立ち見となり、心苦しい一夜でもありました。
みなさまの、4年間にわたるご贔屓に、深く感謝いたします。

ENBAN | GUEST

12月のテーマ一覧

文化デリックのPOP寄席 2008年12月 テーマ一覧

≪第1部≫ by 文化デリック

【映像】
[1]川勝 映画 ベン・スティラー監督作『トロピック・サンダー/地上最低の作戦』(丸の内ピカデリー他公開中)
[2]下井草 DVD ジェイク・カスダン監督作『ウォーク・ハード ロックへの階段』(ソニー・プクチャーズ エンタテインメント)
[3]川勝 DVD 『時空刑事1973 ライフ・オン・マーズ』(ポニー・キャニオン)
[4]下井草 DVD 『加護ちゃんねる。VOL.1』、『同 ニヤリの巻』(カルシウム)

【出版】
[1]川勝 BOOK ウディ・アレン著/井上一馬訳『ただひたすらのアナーキー』(河出書房新社)
[2]下井草 BOOK スタン・ラウリセンス著/楡井浩一訳『贋作王ダリ シュールでスキャンダラスな天才画家の真実』(アスペクト)
[3]川勝 BOOK メイ・パン著/山田真理訳『ジョン・レノン ロスト・ウィークエンド』(河出書房新社)
[4]下井草  BOOK 宇沢美子著『ハシムラ東郷 イエローフェイスのアメリカ異人伝』(東京大学出版会)

【音楽】
[1]川勝 CD デヴィッド・バーン&ブライアン・イーノ『エヴリシング・ザット・ハプンズ・ウィル・ハプン・トゥデイ』(OPAL)
[ 2]下井草 CD:THE BACILLUS BRAINS(THE日本脳炎)『電撃都市通信』(テクスチュア)
[3]川勝 CD ジェニー・ルイス『アシッド・タン』(ラフ・トレイド)
[4]下井草 CD: 二階堂和美『ニカセトラ』(Pヴァイン)

≪第2部≫ by 高橋洋二

◎今日のテーマ:高橋洋二を作ったカセットの山

1. ラジカセとエア・チェックへのこだわり
洋二 IN 『タモリ倶楽部 ラジカセ特集』に触れて

2. カセットの山から
〜映画音楽特集〜『近田春夫のパック・イン・ミュージック』に触れて

3.業界入りは新宿ゴールデン街きっかけ
〜法政大学在学中から、シティボーイズのブレーン、QR(文化放送)の放送作家、パックンプレス(『ホットドッグプレス』)のライターへ、

3. 生涯一オールバック
〜一時的仕事無し状態〜芝居の作・演出〜『タモリ倶楽部』の作家へ

4. 爆笑問題との出会い
〜ひょんなことから長い付き合い

5. エッセイスト事始め
〜『小説新潮』との関わり

7.現在の高橋洋二(ググらない男)
〜今や会議では長老なれど腰低し、未だにテレ原、ネットは嫁頼み。


ENBAN | THEME

11月のテーマ一覧

文化デリックのPOP寄席 2008年11月 テーマ一覧

≪第1部≫  by 文化デリック
【映像】
[1]川勝 映画 ミシェル・ゴンドリー監督作『僕らのミライへ逆回転』(渋谷シネマライズにて公開中)
[2]下井草 映画:大林宣彦監督作『その日のまえに』(角川シネマ新宿他にて公開中)
[3]川勝 DVD 『I GOT THE FEELIN’ JAMES BROWN IN THE ’60S』(米SHOUT)
[4]下井草 DVD 豊島圭介監督作『紺野さんと遊ぼう ウフフの巻』、『〜ニヤリの巻』(デスペラード)

【出版】
[1]川勝 BOOK 朝妻一郎著『ヒットこそすべて オール・アバウト・ミュージック・ビジネス』(白夜書房)
[2]下井草 BOOK 津野海太郎著『おかしな時代「ワンダーランド」と黒テントの日々』(本の雑誌社)
[3]川勝 BOOK リン・ディン著/柴田元幸訳『血液と石鹸』(早川書房)
[4]下井草  BOOK 杉作J太郎著『恋と股間』(理論社)

【音楽】
[1]川勝 アプリケーション:ブライアン・イーノ&ピーター・シルヴァーズ『ブルーム』(iTunes STORE)
[ 2]下井草 CD:キティ−・デイジー&ルイス『キティ−・デイジー&ルイス』(ビート)
[3]川勝 CD+DVD:UKAWANIMATION!『ZOUNDTRACK』(エイベックス・トラックス)
[4]下井草 CD: ドゥンエン『4』(Pヴァイン)

≪第2部≫  by s-ken
◎今日のテーマ:初の童話『ジャバ』に、s-kenのすべてがある!
1.音楽
 世界中の面白い音楽を、時空間を超え、路地裏の視点でミックスするアティテュード!――s-ken & Hot Bombomsの秘蔵ライヴ映像、主人公の少女のキャラクターとシンクロする中山うりの映像も添えて。

2.自転車
 自転車歴10年のs-kenが描いた、しゃべるフォールディング・バイク(折り畳み自転車)のジャバというキャラクター!  文中に登場するモールトンをはじめ、挿し絵における自転車のデフォルメの仕方に影響を与えた映画について ――ジャック・タチ作品、シルヴァン・ショメ監督作『ベルヴィル・ランデブー』に触れて

3.文学
 報道的な番組的なリアルでなく、ファンタジーへと飛翔するリアリティへ!
 ――久生十蘭『顎十郎捕物帖』、佐藤春夫『美しき町』からの影響



December 06, 2008

GUEST | THEME

明日の、高橋洋二さんのテーマ

明日、12月7日(日)、文化デリックのPOP寄席のゲスト=高橋洋二さんのテーマですが−−

◎放送作家・高橋洋二を作ったカセットの山

ラジカセ(本体)へのこだわりだけでなく、
思春期からエア・チェックしたラジオ番組のカセットもそのまま保存している洋ニさん。

当夜は、自分が手がけたテレビやラジオ番組に影響を与えたとおぼしき、伝説の、あるいは、カルトなプログラムをかけまくり、しゃべりまくります。

おまけとして、高橋洋二作・コント傑作選上映もあり。

お楽しみに!

November 13, 2008

ENBAN | INFO

文化デリックのPOP寄席 第1期終了のお知らせ

勝手ながら、今年の12月をもちまして、<文化デリックのPOP寄席 第1期>を終了します。

診察券コレクターとなってしまった川勝のオーバーホールのためです。

この4年間にわたり、温かく応援してくださったお客様、円盤の田口店長、スタッフのみなさんすべてに、たいへん感謝しております。

本当にありがとうございました。

それでは、また、いつかどこかでお会いましょう。

川勝正幸(文化デリック)

ENBAN | GUEST

12月のゲストは、高橋洋二さんです。

文化デリックのPOP寄席、12月7日(日)のゲストは、放送作家の高橋洋二さんです。

テーマは−−待望の、国書刊行会から来春発売予定の第2 1/2弾エッセイ集関係か? 年忘れ10点さしあげる祭りか? それとも......。

今なお、原稿用紙に台本やエッセイを書き、調べたいことがあれば知り合いに電話で尋ねる。現役放送作家で唯一のググらない男の、味わい深いトークにご期待ください!

November 01, 2008

GUEST | THEME

明日の、s-kenのテーマ

明日11月2日(日)の、文化デリックのPOP寄席に登場するs-kenのテーマは−−

◎初の童話『ジャバ』に、s-kenのすべてがある!

音楽を奏でる喜び。父と娘の絆。自転車を相棒にした冒険。
誰もが感動できる普遍性とロード・ムービー的な高揚感と見事にシェイクした「ストリート・ファンタジー」の誕生。

トランペットが大好きな少女「ユラ」が、
国籍も年齢も違う仲間と音楽を奏でる。
パパの形見の自転車「ジャバ」をグングンこいで旅に出る。
ワクワクするリズムとメロディーが溢れ出る、
感動のグローイング・アップ・ストーリー。

http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%90-%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%83%B3/dp/4789733467/ref=sr_1_3?ie=UTF8&s=books&qid=1225530511&sr=1-3

1.音楽

世界中の面白い音楽を、時空間を超え、路地裏の視点でミックスするアティテュード!

s-ken & Hot Bombomsの秘蔵ライヴ映像を添えて。

2.自転車

自転車歴10年のs-kenが描いた、しゃべるフォールディング・バイク(折り畳み自転車)のジャバというキャラクター!

文中に登場するモールトンをはじめ、挿し絵における自転車のデフォルメの仕方に影響を与えた映画について

3.文学

報道番組的なリアルでなく、ファンタジーへと飛翔するリアリティへ!

久生十蘭『顎十郎捕物帖』、佐藤春夫『美しき町』に触れて。

お楽しみに。

October 16, 2008

ENBAN | THEME

10月のテーマ一覧

文化デリックのPOP寄席 2008年10月 テーマ一覧

≪第1部≫ by 文化デリック
【映像】
[1]川勝 DVD 『ソール・バスの世界』(ジェネオン)
[2]下井草 映画:土屋トカチ監督作『フツーの仕事がしたい』(ポレポレ東中野にて公開中)
[3]川勝 DVD 『ムー一族 DVD-BOX 1+2』(TBS)
[4]下井草 DVD 『とにかく金がないTVとYOU』(BMGジャパン)

【出版】
[1]川勝 BOOK アントニイ・バージェス著/乾信一郎訳『時計じかけのオレンジ[完全版]』(早川書房)
[2]下井草 BOOK 西岡善信・ペリー荻野著『紋次郎も鬼平も犬神家もこうしてできた』(NHK出版)
[3]川勝 BOOK 小野瀬雅生著『小野瀬雅生のギタリスト大喰らい ―炎のロック★ギタリスト大全−』(P-Vine BOOKs)
[4]下井草  BOOK 葛井欣士郎・平沢剛著『遺言 アートシアター新宿文化』(河出書房新社)

【音楽】
[1]川勝 CD:ギャング・ギャング・ダンス『セイント・ディンフナ』(P-VINE RECORD)
[ 2]下井草 CD:ジョヴァンカ『サヴウェイ・サイレンス』(ビクター)
[3]川勝 CD:John to Paul“SINGS”+”Moonwalk”(FICTION HOLE RECORDS)
[4]下井草 CD: チャーリー・ヘイデン『ファミリー&フレンズーーランブリン・ボーイ』(ユニバーサル)

≪第2部≫ By 井口昇
◎今日のテーマ:メイキング・オブ・『片腕マシンガール』

≪片腕マシンガール編≫
【1】 予告編3種
【2】 メイキング映像
【3】 『片腕マシンガール』に影響を与えた映画あれこれ
【4】 『はじらいマシンガール』 *DVD特典映像用撮り下ろし短編 *スピンオフ企画

≪ボーナス・トラック≫
【5】 11月5日から公開がスタートした『東京残酷警察』の劇中CM(演出:井口昇)について
【6】大林宣彦監督と、「今晩飲もうじゃないか」となった夜について


ENBAN | GUEST

11月のゲストは、s-kenです。

文化デリックのPOP寄席、11月2日(日)のゲストは、音楽プロデュサーのs-kenです。

70年代後半からバンド<s-ken>を率いてパンク・ムーヴメント「東京ロッカーズ」を牽引し。

80年代半ばから<s-ken& Hot Bomboms>を結成し、JAGATAR、MUTE BEAT、TOMATOSと一緒に「東京ソイ・ソース」と題した音楽の解放区を創造し。

21世紀に入ってからは、<ワールドアパート>の代表取締役プロデュサーとして、PE'Z、中山うり、コーヒーカラーなどを手がける。

テーマは、果たして10月16日にドロップする少年・少女向け小説『ジャバ』か? それとも? 追って、発表します。

お楽しみに。

http://www.worldapart.co.jp/s-ken/index.html