2006年06月19日

クロアチアと引き分け!

ジーコ監督は少し険しい表情で、クロアチア戦後の記者会見に臨んだ。2試合連続午後3時のキックオフに不満をもらしながらも、決定的な得点機を逃したことへの無念さを率直に口にした。

 

 



−試合の感想は。

 「引き分けてしまったが、負けたら終わりだった。暑さもあり、簡単なパスのミスなどボールコントロールが良くなかった。パスをつなぎながらも得点できず、その失敗の代償を払った格好だ。世界中が注目する中、午後3時開始で気温が30度を超える試合を2試合も続けてこなした。これだけの暑さの中でやった選手たちは、ミスすることもある」

 

 −決定力が不満か。

 「確かに問題がある。日本がチャンスをつくれなかったら心配するが、それはつくった。ただゴール前まではきちんとやっていながら、フィニッシュできない。チームは毎日この練習に取り組んできたのに、本番で平常心でできなかった。それが悲しい。これだから、サッカー界にストライカーと呼べる選手は一握りしかいないのだ」

 

 −PKについては。

 「クロアチアが決められなかったのではなく、われわれのGK(川口)が素晴らしく、美しいセーブをした」

 

 −勝ち点1でブラジル戦を迎える。

 「とても難しい試合になるだろう。相手は優勝候補。だが、サッカーではどんなことも起こり得る。もちろん勝つ気持ちで、顔をしっかりと上げて臨む」

 

【感想】勝ってもおかしくない試合だったけど、負けていてもおかしくない試合だった。PKを川口が好セーブ!! あれで波に乗ると思ったけけど、相変わらず、決定力不足!!特に柳沢のチャンスは決めないといけない!!

 

余談だが、母校(三浦高校)のサッカー部が県大会ベスト4へ進出!! 3年前にベスト8へ行って以来の好成績!ちなみにサッカー部初代キャプテンはこの私!! 同時はサッカー部はなかった。(問題を起こして、廃部状態) 私が数人に声をかけ、活動を開始! 2年目に新入部員を含め 11人がそろって、やっと練習試合が出来る程度になって、いろいろ紆余曲折があり、県大会に出られるぐらいになった。横須賀大会では3位になっている。

 

部員とはケンカをしながら、続けたけど、今に思うと本当にいい思い出だ!!加えてとてもいい経験が出来た。だった部がないということは、すべてゼロからのスタート!こういう状況ってあまりないでしょ!!?

本当に人間的に成長できた時期である。

 

がんばれ 三浦高校サッカー部!!



bunkafs at 09:57│Comments(0) サッカー 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔