2006年06月13日

サッカー日本代表:落胆するジーコ監督…一問一答

 日本は1次リーグF組初戦でオーストラリアに逆転負け。ジーコ監督は落胆した様子で試合について口を開いた。

 

 



−試合をどう見た。

 「われわれは1−0で勝っていた。その後はカウンターなどからの多くの得点機を逃したのが痛い。追加点を奪って試合を決めることができなかった。相手の1、2点目はうちの油断につけ込まれた」

 

 −相手の戦術については。

 「オーストラリアは途中からFWを増やした。守備を薄くする危険を冒しながらプレッシャーをかけてきた。長身選手をそろえており、ロングボールからの攻めを封じるのは難しかった」

 

 −暑さの影響は。

 「暑いのは相手も同じ条件。うちはとにかくミスが多かった」

 

 −小野を入れた理由は。

 「前で高原、中村、中田英のトライアングルをつくり、3人で攻撃させるためだった」

 −大黒の投入が遅かったのでは。

 

 「FWを早く代えようとは思わなかった。うちの2トップはともにいい動きをしていた」

 −あと2試合の戦い方をどう考える。

 

 「日本は難しい状況に追い込まれた。特に3点目を失ったのは、得失点差を考えても厳しい。これで次のクロアチア戦に勝たなくてはならなくなった」

 

【感想】むーん残念!!! あまり日本にいいところが見られなかった。とにかく、攻撃場面に見るところが少なく、1点たったのも、相手の大きなミスからで、審判次第では、反則で、点にはならなかったかもしれない。

 

これで一次リーグ突破はかなり厳しくなったきた。前回のワールドカップは日本と韓国の共同開催だから、ホームで試合が出来たが、今回はある意味アウエーになる。オーストラリアも同様だけど。

 

愚痴はいっぱいあるけど、またリーグ途中なので、愚痴は控える事にして、日曜日のクロアチア戦にすべてをかける!! がんばれ日本!!



bunkafs at 09:33│Comments(0) サッカー 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔