2008年09月10日

昨日、学校で、指定校推薦入試一覧表をみながら、ある先生と話をして・・・。

昨日、学校で、推薦入試の表をみながら、ある先生と話をして・・・。



難関大学の指定校推薦がなくなってきたなあ・・・・とある先生がいう。その先生は横須賀2番手高校から、来た先生で、2番手高ですら、慶応・早稲田の指定校推薦がなくなってきているとい。

実は、指定校推薦は、その大学への受験で、合格実績がないと、推薦枠を作らないので、受験で、合格をしなければ、指定校推薦は減るというのは、当たり前のことなのだ。

私の勤務高は、以前から述べているように、出来る生徒は、指定校を目指しているので、それほど、難関大学の指定こうでなくても、中堅どころの指定校推薦で入学してしまう。

だから、今年は、中央の指定校が1名減  明治も1名減・・・。こうならないためにも、もっと、厳しく生徒を鍛えて、受験でも対応できるような授業をすればいいのに、教員の中には あまり私が考えているような人がいない。(以前にブログでも触れたが)

話をした先生からは、遠近先生の去年の3年生のリーディングのクラス(選択クラス)での、授業のうわさは聴いていたよ・・・・という。

その生徒たちは、「遠近先生の授業はとてもよかった・・・ためになった・・・きびしいけど・・・」と話をしていたらしく、ちょっと照れくさかったが、その先生も遠近先生みたいに、どんどん 厳しくやれば、偏差値60以上の大学の壁は破れるんだけど・・・なあ・・という。

bunkafs at 12:00│Comments(0) 高校講師 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔