2008年10月04日

うれしいことである・・・。

こういうのが教師冥利につきるのかも・・・

先日、ある生徒2人から、補習のようなことは出来ないかといわれた。

話を聞いてみると、一人は、もっと難しい英文読解をやりたいという。そして その生徒は、友達2人と一緒に受けたいという。

もう一人の生徒は、すでに指定校推薦で、大学が決まっているのだが、大学での学部が、英語英文科なので、もっとレベルの高い勉強をしたいという。

2人とも私が受け持っている生徒ではあるのだが、2人ともあと2名の英語の先生に習っているにも関わらず、私を指名したという点がうれしいと思っている。

他の先生には、話をしたの?ときくと、先生に習いたいという・・・うううう うれしい台詞だ!!

最初の生徒の、難しい英文読解を数人の生徒でやるというのは、時間的に無理があるので、断ってしまったが、2人目の生徒とは、昼休みに、15分間英検の2級レベルの面接練習をすることにした。

私のような非常勤講師をさらに頼りにしてくれているのが、うれしく思って、その日は1日気分がよかった・・・。



bunkafs at 11:29│Comments(0) 高校講師 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔