2008年10月18日

問題量を減らして・・・・

勤務高校で、2年生のライティングの中間テスト作成は、今度私の番になっている。

そして、ある先生に私の問題作成についての考えを話をした。
まず、和文英訳つまり 以下の日本文を英語に直せこと。15文ほど出題したいと話をすると、それは、「うちの生徒にはできないんだよなああ・・」という。

それから、英文和訳これをまた10文を出題など・・・と話をすると、

次に出た言葉が、これだと採点がきつくなるから、採点がしやすいようにしてほしいと言い出した。加えて、試験期間中に教員研修が2つも入っており、11月の予定表を見せてもらった。確かに、試験期間中に、2つも○○研修とある。生徒指導支援教員研修会(支援を必要とする生徒について) そして、企業と連携による教員研修。

この2週前には人権研修会 さらに、研究協議会(教育実践高校公開授業)・PTA交通安全大会など、月のこれだけの研修会が入っており、さらに、試験中に2つそれから、成績処理中にも1つ研修があるなど、多忙を極めている。

確かに、テストを採点のしやすいようにしてほしいという願いは、単純なものだということはわかるのだが・・・。前回の採点量と比べれば、私のテストのほうが、おそらく、3倍ぐらいは労力を費やすことになると思う。

うううんん どうしようかな・・・・−−;

bunkafs at 09:14│Comments(0) 高校講師 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔