2013年02月18日

『ヒューゴ〜』がブルーレイ大賞グランプリ受賞!

 「第5回DEGジャパン・アワード/ブルーレイ大賞」の授賞式が15日、東京・秋葉原のUDXシアターで行われた。

 同賞は、デジタル・エンターテインメント・グループ・ジャパン(DEG ジャパン)が主催し、昨年1年間に国内で発売されたブルーレイソフトを対象として、ブルーレイの特長を最も生かした映像作品を、ユーザー投票・審査員投票によって審査・表彰するもの。

 グランプリは、マーティン・スコセッシ監督『ヒューゴの不思議な発明』の3Dスーパーセットが受賞。同作は、ベストBlu-ray3D賞も受賞した。

 『タクシードライバー』(1976年)、『レイジング・ブル』(1980年)などの巨匠、マーティン・スコセッシ監督が3D映画を手がけたというだけでも一見の価値ある作品であるが、『月世界旅行』(1902年)などの作品で“SFX映画の父”とも言われるフランスの映画製作者、ジョルジュ・メリエスを描いていることもこの作品を意味深いものとしており、映画愛に満ちた作品だ。

 いま映画はフィルムからデジタルへ、製作から配給、興行まで急速に移行している。そんな過渡期に、最新のテクノロジーとイマジネーションを駆使して、映画創世記の歴史、人物、作品の制作風景をスコセッシ監督が再現してみせてくれたことに、一映画ファンとして胸が熱くなった。

 残念ながら我が家には3D鑑賞環境はないが、授賞式で久しぶりに『ヒューゴ〜』の本編映像を観て、ブルーレイの高画質・高音質で何度でも見直したい衝動に駆られた。

 ビデオパッケージ市場は、引き続き減少傾向で苦しい状況にあるが、劇場とはまた違う映画体験、感動を伝えるひとつとして、この「〜ブルーレイ大賞」のような活動は、映画鑑賞人口を増やすためにも重要だと思う。

 まだまだ一般の人、多くの映画ファンには浸透していないかもしれないが、今年はアンバサダーに無類の映画好きで知られる俳優であり、映画監督でもある竹中直人さんを起用。ブルーレイの魅力を伝える伝道師として頑張ってもらいたい。

bunkatsushin at 09:00│clip!和田 隆