2013年02月26日

“再考”ブラッド・ピット!

 プレシディオが今年一番力を入れる作品は、ブラッド・ピット主演作『ジャッキー・コーガン』。4月26日(金)から公開される。興収目標は大台の10億円。

 ブラピはこの作品で、凄腕の殺し屋を演じている。『ジェシー・ジェームズの暗殺』のアンドリュー・ドミニク監督を再びタッグを組んだ。


 マスコミ試写で配られるプレスの中で、面白い企画があったので、ここで紹介したい。

 『ジャッキー・コーガン』公開記念特別企画“再考”ブラッド・ピット!、と銘打ち、ブラピの過去の出演作ベスト3を配給会社、宣伝会社、ライター、著名人らが選出している。得点は1位に3点、2位に2点、3位に1点を加算する方法。

 配給会社(プレシディオ)と宣伝会社(パブリシティ=レオ・エンタープライズ、WEB=デジタルプラス)の枠では、3社から33名が参加。その結果、1位に輝いたのは『セブン』(44点)。これに『ファイト・クラブ』(40点)が続く。この2作品が、圧倒的な点数を獲得しているのが、特徴と言えそう。

 一方、映画評論家、ライター、著名人の枠では異なる傾向が見えた。36名が参加。1位は『ファイト・クラブ』で、44点を獲得しダントツ。配給・宣伝会社で1位の『セブン』は21点の3位にとどまり、2位には22点を獲得した『リバー・ランズ・スルー・イット』が入った。

 マスコミ枠では、回答者から『ジャッキー・コーガン』へのコメントが付いている。皆さん鑑賞前に答えているのであろうが、かなりの期待値の高さが見て取れる。ちなみに、この枠では同じ監督・主演コンビによる前作『ジェシー・ジェームズの暗殺』が5位(17点)に入っている。

 ブラピの出演作一覧を眺めるだけでも面白い。本当に多種多様な映画に出ている。ブラピはやはり、並のスターではない。


【お知らせ】
※編集局ブログ“BunLOG”は、2月末を以て一旦休止となります。
 Webサイト「文化通信.com」で新たなコンテンツ配信をスタート(春予定)させる予定ですので、そちらを引き続き閲覧ください。
 長い間、ご愛読頂きまして誠にありがとうございました。(編集部)


bunkatsushin at 09:00│clip!松本 貴則