2013年02月28日

しょこたんの吹き替え

 先日、完成したばかりの『DRAGON BALL Z 神と神』(3月30日公開)をマスコミ試写で観ました。自分はモロに「ドラゴンボール世代」なので、懐かしい気持ちで久々にあの世界観に浸りました。

 ところで、後日宣伝担当の方と話をしている時のこと、ゲスト声優として起用された「しょこたん」こと中川翔子さんの話題となりました。実は、映画を観ている最中はしょこたんがどのキャラクターの吹き替えを担当しているのか全くわからず、あとで資料を確認して、「あ〜あのキャラだったのね」と知った次第。

 そのことを宣伝の方に話すと、「そうなんですよ。中川さんは、できるだけご自分のことが観客にわからないように演じられていました」とのこと。観ている人が少しでも自分の顔を思い浮かべてしまうようなシーンがあれば、それだけで興ざめされてしまう。ドラゴンボールの世界観を壊さないためにも、「絶対にわからないように」という並々ならぬ意気込みでアフレコに臨まれたそうです。

 それを聞いて、ちょっと感動してしまいました。一ドラゴンボールファンとして、その心意気が嬉しい! 作品への愛を感じます。

 そういえば、しょこたんの吹き替えでは、ディズニーアニメ『塔の上のラプンツェル』でも印象的なエピソードがありました。ディスニーアニメの日本語吹き替えは、毎回声優の選出に時間をかけます。米国本社の審査が厳しく、十何人も候補者を挙げて、ようやくOKが出るそうなんです。

 しかし、ラプンツェル役として候補に挙がったしょこたんは、なんと一発OKで起用が決まったと聞きました。あの作品を日本語版で観た時も、後で「しょこたんがやってたの??」と知ったぐらいで、本当にラプンツェルのイメージにどんぴしゃの吹き替えをされていました。

 タレントの吹き替え版起用に異論を唱えるような記事も目にしたことがありますが、そんな中で、完全にその映画に同化できる、役になりきれる、貴重な存在ではないでしょうか。

 というわけで、しょこたんのさりげない名演をチェックするためにも、皆さん『DRAGON BALL Z 神と神』を劇場に観に行きましょうー!


【お知らせ】
※編集局ブログ“BunLOG”は、2月末を以て一旦休止となります。
 Webサイト「文化通信.com」で新たなコンテンツ配信をスタート(春予定)させる予定ですので、そちらを引き続き閲覧ください。
 長い間、ご愛読頂きまして誠にありがとうございました。(編集部)

bunkatsushin at 09:00│clip!平池 由典