IMG_8328
どうも、ばんくるMです、、社員旅行のおはなし次は宿泊したホテル中の島の事でも書こうかと

P6021556
前に書いたように南紀勝浦温泉は一部島の中に旅館がある所がある
それが今回泊まる「ホテル中の島」である
 
 IMG_8325
船は定期的に運行しているが23:03が最終便である

P6021554
5分ほどとはいえいいクルーズだった

P6021563
そしてホテルへ到着、、さすがに外観は撮れやしねえ・・・海に落ちるしねぇ

IMG_8297
到着して早々スタッフさんがお出迎え

P6021562

P6021558
まず施設がかなり大きい、、1,2,3号館と別で潮間亭がある
一応すべて連絡通路で繋がってぐるっと一周することができる、施設によりけりだが1〜4Fまである
1号館が温泉施設やロビーなどが揃っており客室は2,3号館と潮間亭である

また島なので潮間亭経由で展望台の方に行くことができる

P6021557
今回は2号館の方に宿泊、10畳ほどの客室で外は言わずもがなオーシャンビューである
景色に関してはかなり良い、、まぁ島だしね(;´∀`)

P6021571
なおプールもある、、こちらはシーズン限定なのでこの時期はまだな模様

P6021564
そしてここのホテルのならではなのが釣り場があったりする
1000円で竿レンタルと餌があり館内を出て釣をすることができる、、数人の社員がチェックイン早々に釣りをやっていた
一応釣った魚はお持ち帰り可能ではある、、まぁ今回はキャッチ・アンド・リリースだった模様

P6021566
P6021569
まぁその岩場付近で落ちていく日を眺めつつ写真撮影に明け暮れていた

 P6021561
そしてばんくるさんのかなり気になっていたゲームコーナーだが・・・やたらとプライズ系のゲームが多い

P6021560
あとはタイムクライシスとリッジレーサー、、そしておなじみのエアホッケーがあった
アーケードは1台しか無くゲームもなにか忘れてしまった・・・わりとマイナーなゲームだった気が
うーん、、ゲームに関してはハズレかなぁ(;´∀`) 

P6021559
そしてもひとつメインの温泉、入り口が2つあったりする、室内大浴場からと露天風呂からの2つ
結局はどっちが近いかなだけで施設としては同じである

P6021629
脱衣所は鍵付きのロッカーとカゴの2つ、、まぁ日帰り入浴可の施設でもあるのでそれもあるかもしれない
なお日帰り入浴は1000円である、一応定期船の乗船もタオル等もコミなのでお値段としては妥当かもしれない

P6031635
泉質は含硫黄ナトリウム塩化物泉である、、硫黄分がわりかしたかく入浴時には硫黄独特の臭いがかなり感じた
そして浴室はダイナミックでありかなりでかい内湯はかなり大きい内湯が一つだが露天風呂はパネエ
元の岩盤を削って浴槽にしたのかこんな感じに、なお奥には洞窟内の浴槽もある、、というわけで3つほどある
洞窟内の方に源泉がでているのもあるのか洞窟内はやや熱く外は調度良いのと端の方はやや温めであった
だいたい39℃〜42℃ほどだろうか
内湯に関しては循環型なのかもしれないがお湯自身はほぼ透明、それでも硫黄臭と塩化物泉である薄く塩っ気のある味を感じた

露天風呂は源泉をかけ流ししているが循環と併用している、ただそれでも湯の質としてはかなり優秀
おそらく源泉をだしている洞窟内の方が温泉の質としてはかなり感じた
また硫黄の白い固形物も残り、お湯自体がエメラルドブルーのような色となっている
さすがはという感じの質であった、、湯上り感でも硫黄分が体に残るような感がはっきりとわかる

そして露天風呂もロケーションはダイナミック、ダイナミックすぎてやたらと見える
釣り場からも、潮間亭から展望台に行く道でも男性用の露天風呂がフルオープンである
まぁ、気にはしないがその分海を見渡せて、ひっそりとした時間であれば波の音を聞きながらじっくりと入浴できる
ただ入浴は24:00までなので注意
かなりよい温泉だった
 

P6021575
そして一通り館内散策も終わってお風呂も入ってホカホカ気分でお食事タイム 

P6021573
やはりというか南紀勝浦温泉はマグロで有名な土地であるのかマグロ率が高い
・・・昼もマグロ刺身、夕飯も似たような感じ、、、
美味いんだが後半になってから「あぁ唐揚げくいてえ・・・」 という衝動に駆られた

P6021578
なお、旅行会社の好意でマグロの解体ショーを実演してくれた

P6021579
実にダイナミックだな、、躊躇なくバッサバッサとさばいている辺りが実に男らしい

 IMG_8302
で、撮ってる時に「あれ?人形は??」と言われて、、、せっかくだからというわけで持ってきた

IMG_8303
マミさん状態になったマグロをバックに撮った

IMG_8305
で、遊ぶ、、、まぁこんなノリでもついていってくれてる職場の方々に感謝

IMG_8306
その場で捌いたマグロのお刺身は他のと比べて結構美味しかったです、、ただもうマグロはいいかなと(;´∀`)

IMG_8307
あとはまぁぐだぐだとお話したり食うもの食ったりとでのんびりとしてました


P6021586
で、夕飯も終わってここから風呂に入っていく人カラオケで2次会なひと、部屋でワイワイガヤガヤな人などで散っていった
さてさて私はどうしようかなぁ、、と、、で船が23:00まで運行しているのを知ってとりあえず町並み散策したいなという衝動に駆られた・・・

P6021592
そしてホテルを脱出して紀伊勝浦周辺散策へとでかけた
まぁ揚げ物類を食べたいのと周辺散策と夜景撮影したかったのもあるけどね
しかしこの夜のクルーズが妙なワクワク感があった、、いやぁ〜楽しいねえ

P6021593
朝の賑わいとは裏腹に周辺はひっそりとしていた

P6021598
P6021599
周辺の街もひっそりとしていた・・・まぁ朝から夕方までは賑やかなんかなと

P6021596
コンビニで追加食料を買い念願のからあげクンを食いつつのんびりと歩いていたら紀伊勝浦駅に到着

IMG_8321
で、たまたまオーシャンアローと遭遇、、うむ、いいものが見れた&撮れたなぁ、、と

P6021597
なお駅前広場には足湯もあったりする、、こちらの方はこの時間帯でもお湯は流れていた

IMG_8324
からあげクンを食いつつこんなことしてました

P6021608
で、夜の港町、、こういう雰囲気好きだな

P6021603

P6021607
P6021612

P6021611
そんなこんなで夜景をながめつつ撮りつつとで結構周辺散策を楽しむことが出来た

途中で同じく島を抜け出してきたグループと遭遇、、タイパブと屋台で夜食をとっていたようだ
で、同じ船でホテルへと戻った

BlogPaint
こうして一日目が終了、、部屋戻ったらまだ絶賛盛り上がってたので寝るのはちと遅かったなぁ(;´∀`)
つか麻雀やったりとぐだったりと皆さん元気だなぁ、、と(;´∀`)


P6031634
翌朝、展望台に行くことにした
展望台は潮間亭から5Fまでいきそこから行くことができる

P6031637

P6031638
一本道が500m程続く

P6031639
まぁ、朝の散歩にはいいロケーションだとは思う、程よく心地よい

P6031651
そして頂上に到着

P6031642
うーん、、まぁ絶景とではないけど道中の道は良かったな

P6031644
海岸沿いから遠いから普通に撮るとこうなる

P6031649

P6031645
ま、行かずに後悔するよかいいか、、道中の道はのんびりと歩けてよかった

P6031652
なお展望台近くに足湯がある、、 こちらのほうがわりかし景色が良い


 P6031656
そして旅館に戻った、おみやげ屋では朝市があって海産物などが売ってた

P6031657
そんなこんなな一日でした、いやはや温泉がかなりよく船で行くという謎の特別感もあったりとで
よかったです

2日目の話はまた次で

 P6031655
わはー(∩´∀`)∩