大正7112日 九州日報

<春風亭柳枝一座・博多川丈座>

◇川丈座 東京落語春風亭柳枝一行、愈々本日より初日開場。其の番組左の如し。

寿限無(喜久枝)たらちめ(枝六)狸の釜(桃枝)獅子の曲(柳仙)三味線曲引(ぎん蝶)小言幸兵衛(伯枝)諸国調子しらべ(枝太郎)子宝(柳枝)

大正71110日 山陽新報

<三遊亭円遊一座・岡山大福座>

◇大福座 十日より東京落語二代目三遊亭圓遊一座にて開演。

大正71114日 神戸新聞

<東京名人会・神戸聚楽館>

◇聚楽館 東京名人會の二日目の番組左の如し 長唄楠公(音蔵、己太郎)舞北洲(静枝)人情噺唐茄子屋(圓右)琵琶小楠公(筑風)講談愛国芸者(伯鶴)浄瑠璃新口村(朝太夫、松太郎)清元明烏(喜久太夫、須三郎)

大正7111日 大阪朝日新聞

<永楽館、吉本興行部の席として開館する>

◇永楽館開館 北の新地永楽館は吉本興行部直営の下に千日前女義太夫定席播重と協同し、一日より連夜女義太夫修養場の定席として開業。

◇反対派出番替 落語反対派南地、北陽、松島の各花月亭は三十一日より従前の一座に東京より神田伯山、桜川長寿、水也田呑州(琵琶新講談)出演し、呑州は乃木会の後援にて乃木将軍の伝記を口演する。

〈編者註〉「吉本興行部」と書かれた最初の記事。大正六年五月には「芦辺合名会社」とあり、この間に社名を変更している。はっきりとした月日は不明。

大正7111日 大阪朝日新聞神戸付録

◇生田前戎座は本月中左の顔ぶれにて出演する由。南喬、圓丈、米昇、三郎、蔵八、歌路、春輔、正團冶、公楽、圓馬、圓歌、たき子、芳子、二三子、花子、千代子、扇蔵、小残月、馬琴、圓天坊

大正7113日 大阪朝日新聞

<神田伯山独演会・花月亭各席>

◇伯山独演会 神田伯山は三日(日曜)正午より南地花月亭にて独演会を開き伯山十講の中次の長講を演ず。「長短槍の試合」(小白山)、清水治郎長の内「大瀬半五郎」長講三席、水戸黄門一席(伯山)。

〈編者註〉十五日、十六日にも開催されている。

十五日(南地花月亭):読物は清水次郎長荒神山の喧嘩三席と榊沢弥太郎一席読切。

十六日(天満裏門花月亭);読物は使客森の石松三席と佐野鉢の木一席。

大正7116日 神戸又新日報・神戸新聞

<三代目圓馬独演会・神戸千代ノ座>

◇圓馬独演会 川柳が三代目三遊亭圓馬襲名の披露独演会を十日正午千代之座に開くと出し物左の如し。(神戸又新日報)

◇圓馬川柳独演会 橋本川柳は今回三代目三遊亭圓馬を襲名し十日正午千代廼座に襲名独演会を開く。番組は「寝床」「三人浦島」「櫻川五郎蔵」「文七元結」にて、圓子が口上を述べ妻奴の糸にて長唄二調を演ずる。(神戸新聞)

寝床、二人浦島、□川五郎蔵、文七元結

大正71115日 大阪朝日新聞

<伯鶴・円右・筑風三人会・紅梅亭>

◇東京知名の三人会 十五、六の両日正午より南地紅梅亭にて開演する三人会は東京講談伯鶴と落語三遊亭円右、琵琶高峰筑風の三人が出演する由。

大正71116日 大阪朝日新聞

<笑福亭光鶴、二代目笑福亭枝鶴と改名する>

◇改名披露 三友派の笑福亭松鶴の門人光鶴は今度師の前名二代目枝鶴と改名なし、十六日は御霊あやめ館、午後五時より十七日は正午より南地紅梅亭の両席にて改名披露会を開演する由にて、両日の出演者は、三友派連は現在の当地の出演者は更なり、京都、神戸地方より幹部連の落語は出演する。

〈編者註〉のちの五代目笑福亭松鶴。『藝能懇話』四号(平成三年)に改名披露演芸会案内状が(下図)が載る。

7年 003

時下益々御清福の段奉賀候。陳者今度門下光鶴へ二代目枝鶴名儀、御ひいきの御勧めもあり相つがせ候事に相成り、何卒私同様御引立ての程希い上げ奉り候。 笑福亭松鶴

今度師の許しをうけ二代目枝鶴と改名いたす事に相成り、何卒御愛顧御引立ての程御願い申し上げ候。 光鶴改め二代目笑福亭枝鶴

枝鶴改名披露演芸会、左記の通り開催仕り候間、御誘い合され賑々敷御来場の程希い上げ奉り候。 浪花三友派

来る十一月十六日午後五時より御霊あやめ館 十七日正午より南地紅梅亭出演

三友派連乱表

文団治、円子、妻奴、とん馬、三木助、米団治、吾妻、団朝、円翁、万寿、春枝、染の助、残月、染丸、花助、枝鶴、三八、遊三、文太郎、小はん、団輔、米花、寿笑、蔵三、小枝鶴、升枝、寿子、花橘、円枝、金坊、銀坊、鶴蔵、久松、染八、雀三郎、寿吉、鶴光、米之助、春団治、文我、玉団治、しん橋、川柳、円馬、小文、染雀、かしく、円坊、文作、歌六、扇太郎、子遊、文如、新蔵、玉輔、米紫、伯馬、文の助、団平、福楽、小万光、枝女太

大正71117日 大阪朝日新聞

◇長寿珍芸会 反対派落語各席へ出演中の東京新橋幇間桜川長寿は神田伯山の補助にて十七日(日曜)正午より北の新地花月亭にて珍芸会を開催。出物は木村長門守(小伯山)、お座敷珍芸(長寿・桐家女連)、音曲曲弾(紋十郎)、菅原車曵一幕(長寿)、小猿七之助(伯山)、声色百種(長寿・紋十郎)。

大正71130日 京都日出新聞

◇芦辺館の盗難 犯人は下足番 二十八日午後三時ころ新京極蛸薬師芦辺館主原田正吉方二階居間六畳の間に在りし手提金庫内の現金九十九円五十銭を何者かに窃取され、又同日午後八時ころ蛸薬師同境内に於ける同芦辺館炊事場に賊忍び、万套外五点(時価五十三円)を窃取されたるが、犯人と覚しきは本月十一日雇入れたる下足番自称福岡県遠賀郡水巻村字下二梅吉の弟入江栄(十九年)の所為と覚しく、恰も三時頃より姿を晦ましたるものなりと。

大正7121日 大阪毎日新聞

<平野町此花館が吉本興行部の経営となり船場花月亭と改称する>

◇船場花月亭 平野町此花館は十二月一日より吉本興行部経営のもとに船場花月亭と改称し、千日前娘義太夫定席集奇亭閉場の為め一日夜より竹本団路、豊沢仙平其他十数名出演すべし。

大正7121日 大阪朝日新聞

◇三友派新顔 一日より常磐津上総屋お蝶、獅子の曲鏡仙太郎、落語声色橘家円三。

大正7121日 大阪朝日新聞京都付録

◇芦辺館 一日よりの交代連は常磐津政太夫、岸沢式松、笑福亭枝鶴、桂三木助外定連。

大正7121日 大阪朝日新聞

<伊藤痴遊独演会・永楽館>

◇痴遊独演会 北陽永楽館にては一日夜より十日間、日延なしにて伊藤痴遊独演会を開く。

〈編者註〉一日から十日までの演目は以下の通り。

一日:講和大使としての人物評論、青年時代の西園寺侯、大村益次郎伝。

二日:寺内内閣から原内閣まで、豪商天下の絲平、ウイルヘルナ二世とナポレオン三世。

三日:日本帝国が欧州戦に参加せる常時の内情、稀世の吏才斎藤脩一郎、大隈内閣から寺内内閣に至るまで。

四日:米騒動と仲小路農相、副島種臣と芸者小浜、山本権兵衛の海軍事件。

五日:(不詳)

六日:木戸孝允と女、山本権兵衛と桂太郎。

七、八両日 南地法善寺境内花月亭にて。演目不詳。

九日:大隈重信と山県有朋、星了遭難の前後。

八日:昔の米騒動と田健治郎、富田屋お雄と井上馨、大隈重信と薩長政治家。

大正71213 山陽新報

<米團治一座・岡山大福座>

大福座 東京大阪落語米團次、時三郎一座にて十三日より開演。番組は左の如し。

はなし(米吉)はなし(時之助)落語音曲(文喬)落語盆の曲滑稽踊(紋六)新浮世節(奴)内手踊り(小美津八)東京落語(茶楽)落語手踊(米之助)東京曲芸(時三郎)落語人情噺(米團次)

<編者註>米團冶一座は二十日まで興行。

大正71218日 

<二代目三遊亭円馬死亡>

二代目円馬 001●二代目三遊亭円馬 本名竹沢斧太郎。安政元年生。江戸生まれ。明治十七年、二代目三遊亭円馬を襲名。明治二十四年に大阪へ乗り込み、その後定住した。二代目桂文枝(のち文左衛門)が率いる桂派に所属し、文枝をよく助けたが、三代目文三との折り合いが悪く、一時弟の橘ノ円の円頂派に入って地方巡業に出た。その後桂派に復帰し、文左衛門隠退後の桂派の中心となったが、桂派が寿々女会と改称したとき一派を率いて三友派へ移籍した。大正七年十月、橋本川柳に三代目を譲り、円翁と改名した。三遊亭円朝直伝の「牡丹灯籠」「塩原多助」「安中草三」などの人情噺を演じ、名人の誉れ高く、大真打として大阪人の誇りとなった。また「五人廻し」を得意とし、円馬が高座に上ると客席から「五人廻し」と声がかかった。円頂派で巡業していた時、弟の円が「五人廻し」を演じたあと、その不出来を詫び、円馬がもう一度「五人廻し」をやり直したというエピソードがある。気管支カタルで療養していたが、十八日午前一時三十分に永眠した。葬儀は二十日午後一時、空堀通三丁目の自宅出棺、上本町九丁目紅葉寺にて営まれた。翌年、一周忌法要のとき、三代目円馬と弟の円が発起人となり、円翁の碑が紅葉寺に建立された。

〈参考文献〉『古今東西落語家事典』(平凡社・平成8年)。

大正71219日  

<三代目桂文都死亡>

三代目文都 001●三代目桂文都 本名梅川五兵衛。生年不詳。初め桂派で修業し、のち三友派に属した。その間ずいぶんと名前を変えたが、明治三十六年二月に三代目桂文都を襲名している。その後また改名したが、明治三十八年秋に復帰してからは文都で通した。三代目桂文三、四代目桂文吾と共に三名人と謳われた。大正三年七月十五日より十六日間、法善寺の紅梅亭で開催された「文三・文吾・文都三人会」は評判をよび、場所を京都に移し、八月一日から十五日間、新京極芦辺館でも開催された。三人それぞれが得意の噺を思い存分競ったこの三人会は上方落語史上に残る空前絶後の出来事だった。文都は人情噺や茶屋噺を得意とし、「子別れ」「雁風呂」「三枚起請」「菊江仏壇」「立ち切れ線香」「冬の遊び」等を演じた。なかでも「立ち切れ線香」は絶品で、聴くものみな涙したという。しかし晩年は深酒が祟って中風を患い、高座が勤められなくなった。大正五年十月十五日、春団治、染丸、文団治、円馬、文三らが出席して桂文都引退披露臨時日曜会が紅梅亭で開催された。

大正71219日 九州日報

<三遊亭円遊一座・門司旭座>

旭座(門司) 東京落語三遊亭円遊一行真打連、今十九日午後九時より開演。

大正71222日 大阪朝日新聞

三友派忘年会 浪花三友派にては二十二日より南地紅梅亭及び福島延命館に於て例年の如く忘年温習会を催す。出物は御祝儀落語、音曲手踊、曲芸、新内、立噺上使八景、神代節、立噺でば吉、軽業、落語 連鎖文七元結、不動さん等。

常磐津宝集会 来る二十二日正午より新町瓢亭に於て常磐津宝集家金之助の宝集会を催す。三友派より円子、春団治、三木助、かしく等応援として出演。反対派忘年会 二十一日より七日間南地、北陽の両花月亭にて忘年演芸会を催す。出演者は身体大運動(支那人十名)、振事百種(紋右衛門・紋十郎)、滑稽二人羽織(勝太郎・桃太郎・福円)、娘都々逸、大相撲(力士小円太・円若・文治郎・勝太郎・千橘・其他呼出喬之助・行司円太郎)、-芝居噺(円・枝三郎・枝太郎・五郎・円遊)、滑稽浄瑠璃(円太郎・枝雀)、お好み舞踊(総出)。

大正71227日 神戸又新日報

千代ノ座 元日より左の顔触れ。

圓天坊、圓三郎、正楽、扇蔵、若呂光、呂光、蔵の助、圓枝、登美嬢

大正71227日 九州日報

川丈座 明春初興行として東京落語の人気者三遊亭円遊一行本日乗込み、三十一日花々しき町廻りの上、一月元日より開演の筈也。一座の顔ぶれ左の如くにて、元東京力士絹川團右衛門は「危険術」というを見せる由。

円遊、右円遊、円輔、かほる、楽天、歌之助、探、美代吉、市楽、清遊、絹川團右衛門

大正71228日 神戸又新日報

姫路楽天座、映画館になる>

姫路楽天座 既報改築中の処、愈々日活経営の常設活動写真館に革(あら)ため、二十六日より開演したり。

大正71230日 京城日報

[広告]明治町 電話二六〇番 浪花館/一月元日正六時開演/東京落語研究會幹事金原亭馬生一座/落語(三遊亭遊玉)落語(橘家坊太郎)落語(桂千成)落語音曲(橘家春松)落語音曲手踊(桂花丸)落語歌舞(三遊亭紋六)落語人情噺(三遊亭圓洲)西洋奇術(ジャングラー操老)新作落語元祖盆舞(橘家圓坊)長唄百種三味線曲引(杵屋勘左衛門、杵屋勘三郎)落語(金原亭馬生)

<編者註>129日頃迄興行。


参考資料】

<大阪紅梅亭(三友派)の日曜会>

一月十三日

 番組:馬の田楽(円枝)三味線栗毛(遊三)鬼薊(染丸)芝居噺寿春駒(文団治)伊勢参宮お 杉お玉(松鶴)芝浜(川柳)余興常磐津夕霧伊左衛門吉田屋(式多津、文吉)

〈編者註〉一月十五日付「大阪時事新報」に日曜会の実見記が載る。

「初の日曜会 十三日紅梅亭の昼席 

 明けて初めての落語日曜会が月の十三日の正午から南地は法善寺の紅梅亭で開かれました。

鳥渡覗いた印象少しを記して見ます。南手中段の桟敷には此頃浪花座の所作で招かれて来ている岸沢式佐が新町の連中と共に来ていました。式多津の為めの後援の意味も含まれているのでせう。高座では米紫が「牛誉め」をやつていました。人間に愛嬌のある男です。今のうちにシッカリ身を入れて勉強すればものになりませう。入れ代つて円枝が「馬の田楽」、午年だからとて二三馬に因んだ落語があつてこれもその一つです。「馬の田楽」は気の利いた話です。子供が悪戯をする処と慌てた馬子と二つの山があります。円枝も車輪にやつていましたが、前半は今一と息、子供が又しても大人口調になりました。後半の馬子は上出来でした。次は東京下りの遊三の「三味線栗毛」でした。少し収まりすぎたやうな感じもしますが、シットリとよく聴かせました。此日聴物のうちでは上々吉の部でした。染丸の「鬼薊」はもと〳〵講釈種、例の清吉の生立ちの一節の落語式に直した文吾畑のもの。老巧だけに染丸は可なりにやつてはいましたが、得意の畑のものではありません。文団治の芝居話「春駒」は本筋に入つてよりも冒頭の楽屋の間の方が面白く聴きました。芝居話は此人として中位の事でした。」

二月十七日

番組:春の旅路(枝女太)、船弁慶(米紫)、竈幽霊(桂円枝)、子は鎹(遊三)、高津富(春団治)、茶
 の湯(川柳)、植木屋幸右衛門(松鶴)。

三月十日

番組:次の御用日(松鶴)、唐茄子屋(川柳)。

四月十四日

番組:米団治、色懴悔(川柳)、孝子伝(松鶴)、夢の瀬川(遊三)、蜆売(文団治)、常陸丸(高峰筑
 風)。

六月十六日

 出演者:玉輔、光鶴、円枝、内蔵の助、文団次、染丸、遊三、松鶴、余興鏡味小金・小仙。

九月二十二日(臨時日曜会)

番組:佐々木裁判(文団治)、勧進帳(円子)、猫忠(春団治)、甚五郎(円馬)、悋気の独楽(松鶴)。

十二月八日

番組:旅の賑ひ(春枝)、浮世根問(染八)、四季の茶屋(米紫)、暁の魚釣(円枝)、山崎屋(遊三)、袈裟茶屋(春団治)、寿獅子(丸一仙太郎一行)、鬼薊(染丸)、風の神送り(文団治)、唐茄子屋(円馬)、余興など。

<京都芦辺館(三友派)の日曜会>

一月十三日

番組:瘤弁慶(雀之助)、春風船(枝雁)、唖の魚釣り(正団治)、腰抜賭博(三八)、義士伝の内勝田新左衛門(馬琴)、中入余興阿波の鳴戸巡礼歌(寿獅子一行)、善悪二葉松(夢助)、虱茶屋(菊団治)、和泉屋与兵衛(三木助)

一月二十日

番組:八五郎坊主(扇太郎)、ひねりや(橘松)、蔵丁稚(正団治)、禁酒関所(三八)、夢金(馬琴)、吹替息子(菊団治)、吃の又平(夢助)、立きれ線香(三木助)、大切余興忠臣蔵三段目(寿獅子日の出社中)。

〈編者註〉会費二十銭。

一月二十七日

番組:三十石(円之助)、太公望(正団治)、両国八景(夢助)、中入余興記憶術(菊団治・三八)、義士伝
 三村治良右衛門薪割・落語百年目(三木助)

〈編者註〉会費二十五銭。

二月十日

 番組:御祝儀(蔵造)、篤学者(扇太郎)、出替り(枝雁)、長持娘(正団治)、神田児(夢助)、中入棟木の由来(君子・越春)、猫忠(花橘)、しゞみ売(米団治)

〈編者註〉会費二十銭。

二月二十四日(林家染丸独演会)

番組:前席(扇太郎・染八)、先の仏・鍬形・百年目(染丸)。余興君子、越春の浄瑠璃、座員総出の喜劇。

〈編者註〉会費三十銭。

三月十日

番組:御祝儀東の旅(雀之助)、無学者(円之助)、首売(枝雁)、閑院の宮(小残月)、桜の宮(三八)、名人鏡の内浜野矩随(夢助)、乗合万歳(柳家連)、替り目(鯉かん)、二人書生(蔵之助)、たか奴(文之助)

四月七日

番組:前席(円六・正団治)、加賀騒動織田大炊(貞丈)、鬼の面(円枝)、柳田角之進堪忍袋(貞丈)、余
 興滑稽掛合(稲子・稲八)

五月十九日

番組:小倉舟(円六)、風の神(扇太郎)、虎言修行(正団治)、高尾(枝雁)、義士伝の内勝田新左衛門(小残月)、わさび茶屋(三八)、舞喜撰(小文)、御神酒徳利(馬琴)、性は善(光鶴)、三軒長屋(善馬)

五月二十六日

番組:御祝儀(小南光)、屑買 上(扇太郎)、同 下(枝雁)、袈裟茶屋(歌六)、熊野馬(三八)、粟餅(馬琴)、無書おくる(小文)、遊女幾代(善馬)、新猫(光鶴)

六月九日(七代目桂文治引退披露臨時日曜会)

 番組:落語(三八、かしく、花橘)、舞(小文)、落語(米団治)、引退披露(文治、□□、円子、文之助、文団治)、東京噺(遊三)、落語(染丸、文団治)、大切博多狂言(円子外連中)

九月八日(二百五十回)

番組:児誉め(蔵造)、黄金の大黒(扇太郎)、貝野村(玉輔)、たいこ腹(小枝鶴)、梅若礼三郎(善馬)、余興新内累身売の段(吾妻)、殿集め(内蔵之助)、宿屋の仇討(松鶴)、曲芸(福来)

九月十五日(せんだく会)

番組:御祝儀(小万光)、みかんや(扇太郎)、高砂屋(文太郎)、蔵丁稚(枝雁)、茶瓶ねずり(三八)、中入新口村(吾妻太夫)、唐茄子屋(善馬)、猫忠(円枝)、大切余興幽霊失敗(お染・久松・鶴松)

〈編者註〉落語せんだく会・会費十五銭。

九月二十二日

番組:御祝儀(小万光)、旅の賑(蔵造)、おせつ徳三郎(若団治)、浮世床(鶴蔵)、広瀬幸助(三八)、角兵衛獅々の産(しん橋)、中入神崎与五郎(お染・久松)、欲の熊鷹(光鶴)、宇都宮文屋殺し(善馬)、莨の火(三木助)

十月六日

番組:大津駅(蔵造)、八五郎坊主(枝女太)、調理天狗(玉輔)、八笑人(三八)、船弁慶(米紫)、中入余興あかね染長吉殺し(吾妻・団朝)、吉野花山(花橘)、お粂松五郎(川柳)、市助酒(文団治)

十月十三日(橘家円蔵独演会)

番組:巌流島・品川心中・花見酒・松山鏡(円蔵)、余興(橘家円幸・円若)。

〈編者註〉入場料三十五銭。

十一月十日(第一回落語芦辺会)

番組:旅の賑(小万光)、浮世根問(蔵造)、遊さん船(春枝)、明烏(伯馬)、唖の魚釣(扇太郎)、おな〳〵(歌六)、鍬形(枝雁)、中入余興滑稽掛合(銀坊、金坊)、親子茶屋(枝女太)、のぞき医者(小枝鶴)、鬼あざみ(三八)

十一月二十四日(染丸・文団治二人会)

番組:片袖、鬼あざみ清吉(染丸)、芝居噺綱七、流行性感冒退治(文団治)、大切余興墨付即席娘都々逸
 (一座総出)。

十二月一日(桂三木助独演会)

 番組:長講四席。余興「乗合船」三木助、政太夫の常磐津に式松の舞。

十二月八日(枝鶴改名披露日曜会)

 枝鶴改名披露落語日曜会

 私事此度同好諸氏の御勧めと師の許しを得て二代目笑福亭枝鶴襲名致するに相成、其御挨拶旁々披露会を開催
 仕候間、当日は賑々敷御来場の程偏に奉希上 候 光鶴改め二代目枝鶴

 番組:鳥屋坊主(枝女太)、阿弥陀ケ池(鶴蔵)、ほうそう息子(玉輔)、蔵丁稚(文如)、桃太郎(三八)、しやくり裁判(松鶴)、改名披露挨拶、常磐津忠臣蔵二段目(政太夫・式松)、四天王寺(枝鶴)、雁風呂(三木助)。会費三十銭。