大正101月 大阪の寄席案内

◇三友派(紅梅亭、瓢亭、延命館、あやめ館、松島文芸館、堺寿館)

一日より各席へ熱田神楽、奇術、尺八合奏追分節、南陵の講談が出演。

 十一日より各席へ常磐津の文字花が出演。 

 十六日正午より福島延命館にて三友派青年落語会(都宝美会)。

◇反対派(南地、松島その他花月亭、北新地花月倶楽部、京三倶楽部、堀江賑江亭)

 一日より春団治、文団治、米団治が反対派に加入する。【下図参照】

九日正午より南地花月亭にてろ山、伯龍二人会。清水次良長と小金井小次郎(ろ山)、三千歳と直侍、応挙
  と幽霊(伯龍)

 十一日より各席へ伯龍、声色森松、歌沢寅枝美・寅由喜らは引続き出演。【下図参照】

 十六日正午より南地花月亭にてろ山、伯龍二人会。新蔵兄弟(ろ山)、河内山(伯龍)

 二十一日より南地花月亭へ花団治、馬きん、福松、千橘、枝雀、円遊、米団治、文雀、文団治、寅由喜、寅枝美、ざこば、紋右衛門、枝太郎、円若、春団治、円太郎が出演。

大正1011日より

◇南地花月亭初春大興行出番順

大正10年 011

初春大興行 當る酉年元日より連夜

東都歌舞伎声色会幹部 紀の国屋森松 初の御目見得 東都講談界之権威 神田伯龍 久々の出演 寅派の高足 歌澤寅枝美・寅由喜 久々にて

新加入桂春団治 桂米団治 桂文団治

出番順:桂左雀、桂小雀、桂菊団治、橘家小円太、桂小南光、三遊亭十郎、三遊亭五郎、桂扇枝、三遊亭円若、桂米団治、桂枝雀、神田伯龍、紀の国屋森松、露の五郎、橘家円太郎、歌沢寅由喜、歌沢寅枝実、桂文団治、三舛家紋右衛門、立花家千橘、桂春団治、三遊亭円遊

落語反対派演芸場 南地花月亭 電南四三八・四一一九番 吉本興行部経営

〈編者註〉「新加入桂春団治 桂米団治 桂文団治」とあり、三友派の大看板の三人が同時に反対派(吉本興行)へ移ったことがわかる。『藝能懇話』六号(平成5年)より転載。

大正1011日 山陽新報

大福座 神戸劇場引越し出雲本場安来節名古屋萬歳男女合同一座にて一日より開演

安来節(秀子、末子、千代子、筆子、定子、君子、直子、常子、花子、多七、勝三郎、正夫、亀鶴、浅太郎)萬歳(龍春、三好、春代、ライオン、捨丸)

大正1012 京都日出新聞

◇[年賀広告]京都市河原町蛸薬師西 落語反対派 岡田興行部 

直営部 第二京極三友劇場・新京極富貴席・新京極笑福亭・西陣富貴席・西九条南大正座/特約部 西陣京極長久亭・大宮仏光寺泰平

大正1014日 都新聞

[広告]東西落語演芸會初春興行 謹賀新年 東西落語會専属者一同出演者一同

歌舞伎會 栄三郎、小菊、おなじみ 江戸家猫八、八木節 堀込源太、剣舞術 紀島史郎、魂之助、奴之助、新加入 〆之家〆松、〆太、久々にて出演 松旭斎天雷、天菊、女道楽 小てる、小茶目、富士松家元連 魯遊、加賀江、滑稽掛合 日本チャプリン、梅之家うぐいす、人?鬼? インデアンバーン、大阪上り初御目見得 桂麦團治、江戸生粋滑稽親玉 寿家岩てこ、特別出演 極真坊楽丸、桂三木助、

大正10年1月5日 九州日報

◇川丈座(博多) 三遊亭圓遊一行の東京落語連日好評。五日目の番組左の如し。

浮世風呂(圓輔)天災(圓三)うそつき村(圓雀)世上の穴(い圓治)十徳(博圓)掛馬(若圓遊)十種(圓嬢)浮山(遊圓治)お見立(圓遊)

大正1015日 京城日報

<橘家扇三一座・朝鮮浪花館>

[広告]明治町 電話二六〇番 浪花館/橘家扇三来る/當る一月一日より開演/桂藤吉 三遊亭遊玉 三遊亭圓若 三枡家小扇 信濃や東市 橘圓雀 桂三木弥 橘ノ圓千代 同圓ノ助 立花や扇遊 橘家勝太郎 三遊亭□奴 八木義弘 荒田富春 桂残月楼 橘家扇三

大正10110 京都日日新聞

○演芸三十三所 第三番 芦辺館

 人はよく働いてよく芦辺館 苦は落語聞く種となるらん

ちか頃、落語の定席で京都全市を通じて一等の好人気を集めているのは三友派の芦辺館、お客の筋のよい事は他に類がない。一時落語が寂れた。それは反対派が金力で芸人を集めてトラストをやつた頃に、俗に流れず、苦しい処を食ひ縛つて落語の生命を奈落の底から救ひ上げたのは、原田君の人に負ない魂が今日あらしめたのだ。今度の初春興行も例年に比して顔揃ひである。人気のあるのは三八と一馬、川柳である。その他真打として迎へる落語家を中心として、大向ふを喜ばせている。

三八は新聞記事の時局ものを明けても暮ても研究している。何でもよい、他人の真似の出来ない特徴を造る事は芸人としては必要なことで、三八がこれを怠らず研究していればこの人の生命は永く続く。丁度人情噺にかけては川柳が老巧な腕前を示して、いつの間にやら客を釣り込んでいる様にネ。一馬は才の男である。或るときは芸人としては生意気だとお客から思はれる点もあるが、それは彼れの芸に熱中するあまりより来る処の至誠の発露である。若い人からこの意気を奪つたら、それこそ去勢して仕舞ふ事になる。落語趣味の皷吹は日本人には必要だ。笑ひの足らぬ日本人、それに慰安を与ふるものは喜劇と落語である。行脚子の御詠歌に、人はよく働いてよく芦辺館(遊べ)、苦は落語聴く種とならん、と…。

大正10111日より

◇南地花月亭一月十一日よりの出演順

大正10年 004

當ル一月十一日より出演順

落語左雀、落語小雀、東京落語円窓、滑稽掛合茶好・半玉、落語舞踊かしく、落語枝太郎、音曲手踊千橘、落語米団治、講談伯龍、落語春団治、歌沢寅枝美・寅由喜、俳優声色森松、落語文治郎、落語声色若柳流振事紋右衛門、落語文団治、落語枝雀、音曲踊小円太、落語ざこば

落語反対派演芸場 南地花月亭 電南四三八・四一一九番 吉本興行部経営

〈編者註〉『藝能懇話』十八号(平成19年)より転載。

大正10111日より 

◇一月十一日よりの三友派各席の出番順。

 ◆南地紅梅亭:(450分)染三郎、染蔵、正団治、小枝鶴、鶴蔵・一円、川柳、正光、枝鶴、花橘、蔵之助、塩鯛、円三、南陵、寿獅子、遊三、文字花、松鶴、円、円枝、染丸、(大切)宝舟。

 ◆新町瓢亭:(520分)米花、染雀、文如、花橘、塩鯛、小はん、杵屋、米の助、うさぎ、遊三、小枝鶴、歌楽、蔵之助、枝鶴、正光、染丸、円三、川柳、文字花、(大切)円。

 ◆福島延命館:(520分)鶴二、玉輔、小はん、染蔵、小枝鶴、円枝、一郎、正団治、杵屋、松鶴、円童、鶴蔵・一円、塩鯛、川柳、南陵、寿獅子、歌楽、枝鶴、(大切)遊三。

 ◆船場あやめ館:(520分)鯛次、団輔、しん蔵、正団治、道子・はつ、文如、寿獅子、染丸、歌楽、竹枝、円枝、一郎、花橘、杵屋、小枝鶴、鶴蔵・一円、塩鯛、松鶴、(大切)正光。

 ◆松島文芸館:(510分)正又右衛門、米の助、枝鶴、米蔵、蔵之助、高峰、松鶴、子遊、鶴蔵・一円、川柳、文字花、正光、染丸、円三、円枝、円童、遊三、花橘、南陵、(大切)寿獅子。

 ◆堺寿館:(615分)文作、竹枝、円丸、染雀、しん蔵、玉輔、円、道子・はつ、小はん、子遊、高峰、文
  如、一郎、(大切)蔵之助。

〈編者註〉『民衆娯楽の実際研究』(大原社会問題研究所・大正1111月発行)「第十一章・大阪市に於ける各興行物の研究・234頁」より作成。( )内の時間は開演時間を表す。一人の持ち時間は二十分、終演は各席とも午後十一時である。

大正10113日 大阪毎日新聞・夕刊

○落語のオチを下調べ 
 十二日から改正される 演劇や活動の新取締規則 保安課の演芸係が大多忙  

大阪府では演劇や活動写真の取締規則を時代に適応するやう改正すべく昨夏来屡々関係者の会議を開いて研究中であつたが、愈々成案を得たので十二日付府公報を以て劇場取締規則、寄席取締規則、観物場及遊覧場取締規則を改正公布する事に決定し、その日から実施さるゝ筈である。

改正される主要な点は…寄席は従来実地臨検によつて取締つて居たが、斯くては取締の徹底を欠くため、今後は必要と認めた興行に対しては落語等も落筋の提出を命じ、これを検閲する事に改正された…。

大正10113日 大阪毎日新聞

○艶つぽい落語は六ケしい 
 筋書検閲が済まねば話せぬ 浪花節や俗謡は文句を届ける 

 お臍の宿替でお客様をドツと笑はせて飯を喰て居る落語家や浪花節や浄瑠璃と云つた寄席で演じる凡ての興行物は、夕刊所報の通り大阪府の寄席取締規則の改正で十二日から従来を打つて変つた其筋の厳重な取締を受ける事となつた。府保安課の演芸主任栗原警部は「活動写真や芝居は今迄随分厳しい取締を受けて居たのだから、それと比べたら余り文句も無いぢやあるまいか」とワケもなく談つて居るが、紅梅亭の番頭神谷福篤クンは「筋書を厳しく検閲されちや全く落語家は上つたりです」とコボして居る。

昨今では一般に聴く人が余り長いものを好まぬ傾向があるので演る方でも成るべく短いものを選ぶやうになつた。現在大阪で饒舌つて居る落語は八十種位で、在来から有触れたものばかり、よし新作があつても大体の筋は旧作と変りがない。その中で「故郷の錦」「稽古屋」「口入屋」「小倉船」「蚊帳相撲」等は可なり際どいもので、兎もすると其筋から睨まれて、今日迄にも科料に処せられたり、酷いのは営業停止を喰つたものもある。

「曽我の母さりとておの字はつけられず」の川柳を猥褻に話してお目玉を喰つた実例もあるが、今日までに相当取締られた為めにコノ種のものは余程減つている。然し今迄は筋書を調べなかつたので巧妙に其筋の目を掠めて居た。今後は怪しいと思はれるものに対してドン〳〵落語は筋書、浪花節や俗謡は文句を届出させる様になつたから営業者にとつては相当の苦痛は免れまい。浄瑠璃壷坂のサワリや一谷嫩軍記の「敵と目ざす云々」や忠臣蔵七段目茶屋場の「船玉」や弁慶上使の場の科白等は今日迄随分其筋の手を煩はしたものだが、此頃ではやる方でも警戒して余程減つて居る。それでも場末に行くと如何(いかが)はしいものが沢山あるので、規則の改正を機とし各方面に向つて徹底的に取締るさうであるから、これからは相当傷手(いたで)を受けるであらう。

大正10115日 都新聞

[広告]東西落語演芸會(吉原派)

◆人形町鈴本亭 今太郎、圓幸、正英/正風、蝠丸、天雷、麦團冶、都枝、紀國家連、歌舞伎會、楽丸/三木助、圓昇、岩てこ、〆太/〆松、龍玉、富士松家元連、小圓遊、玉之助、馬生

◆神田入道館 小圓、都枝、燕柳、圓昇、小てる、市馬、有村、奎水、ジョンベール、圓瓢、岩てこ、圓幸、紀國史郎/奴之助、楽丸/三木助、張玉福、若輔、さん次、歌女吉、天雷、寿々馬

◆押上亭 圓洲、寿々馬、扇橋、蝠丸、小てる、さん次、助平、都枝、歌女吉、圓光、米三郎/小菊、正英/正風、圓璃

◆京橋金沢亭 麦團冶、お歌女吉、圓瓢、歌舞伎會、圓幸、紀島史郎/奴之助、弥次郎兵衛、市馬、素雪/素昇、龍玉、伯知、高峰筑風、小圓遊、玉之助、チャプリン/うぐいす、馬生

◆八丁堀朝田亭 圓光、紀島史郎/奴之助、弥次郎兵衛、左喜丸、國輔、張玉福、蝠丸、天雷、麦團冶、歌女吉、扇橋、ジョンベール、圓璃、奎水、静香/兼花、圓幸、紀國家連、圓洲

◆浅草公園万盛館(昼夜二回興行) 女道楽(〆之家〆松/〆太、紀國家連、千歳小てる)滑稽掛合(チャプリン/うぐいす)新加入(立花家玉之助、三遊亭小圓遊)江戸家弥次郎兵衛 昼席主任龍玉夜席主任燕柳 

[広告]東西落語會

◆上野廣小路鈴本亭 歌三郎、有村、さん次、圓洲、龍玉、楽丸/三木助、圓昇、〆太/〆松、小圓遊、玉之助、馬生、弥次郎兵衛、うぐいす/チャップリン、燕柳、和光/才三、奴之助、市馬、お歌女連、右朝改め圓瓢看板披露

◆江戸川鈴本亭 志ん好、圓璃、ジョンベール、天光、馬生、圓光、有村、燕柳、助平、花圓遊、お歌女連、圓瓢、寿々馬、正英/正風、扇橋、素雪/素昇、張玉福、楽丸/三木助

◆本所石原鈴本亭 小奴、國輔、若輔、〆松/〆太、花圓遊、うぐいす/チャップリン、扇橋、天光、さん冶、寿々馬、左喜丸、今太郎、静花/金○、蝠丸、紀の國連、天雷一行、圓○、小てる、ジョンペール、龍玉

大正10123 京都日出新聞

<神田伯龍独演会・富貴席>

◇富貴席 二十三日正午より神田伯龍独演会を開催。野狐三次(二席)、円山応挙と平野や芋棒等をお聴きに達する由。

大正10125 山陽新報

大福座 二十五日より安来節東京落語三人會、春風亭遊窓、三遊亭若遊三、三遊亭門左衛門の連合大一座にて毎夜午後五時より開演す