昭和4年1月

大阪の寄席案内

一日より

△南地紅梅亭 千橘、扇枝、円枝、蔵之助、紋十郎、五郎など。

△南地花月 扇遊、千橘、円馬、芝鶴、文治郎、春団治、結城孫三郎、伯竜。

△北新地花月 勝郎、文治郎、蔵之助、伯竜、春団治、千橘、扇遊、円馬、結城孫三郎一座。

△松島花月 春団治、円太郎、扇枝、円枝。

△新町瓢亭 円枝、結城孫三郎、円若、伯竜、扇枝、文治郎、扇遊など。

△天満花月 万歳諸芸大会。

△松屋町松竹座 円馬、扇遊、春団治、蔵之助、千橘、円枝など。

十一日より

△南地花月 福団治、染丸、おもちや、正光、扇枝、千橘、歌蝶、芝鶴、三木助、勝太郎、小扇、クレバ、小春団治 伯竜、結城孫三郎一座、枝鶴、九里丸、円馬、重隆武司。

△南町紅梅亭 十一日より竹本綾助一座の女浄瑠璃で毎日午後五時開演。【広告参照】

△北新地花月倶楽部 光鶴、清子喬之助、ざこば、勝太郎、重隆武司、九里丸、千橘、枝鶴、円馬、正光、歌蝶芝鶴、小春団治、伯竜、結城孫三郎。

△松島花月 馬生、福団治、小円太、市松日左丸、伯竜、結城孫三郎一座、文次郎、重隆武司、千橘、染丸、清子喬之助、勝太郎、歌蝶芝鶴、三木助。

△新町瓢亭 小春団治、塩鯛、光鶴、升三、文次郎、馬生、十郎雁玉、染丸、清子喬之助、福団治、次郎、
 団之助、三木助、千橘、正光、枝鶴 。

△松屋町松竹座 うさぎ、枝鶴、染三、塩鯛、幸治、小春団治、円馬、源朝、三木助、九里丸、文次郎、
 おもちや、扇枝、十郎、雁玉、染丸。

京都の寄席案内

一日より

△新京極富貴 桂三木助林家染丸笑福亭枝鶴、桂小春団治、桂福団治、吾妻家駒之助花月亭九里丸
 の外に幹事出演。

△新京極花月 世界一の大女等。

△新京極笑福亭 万歳諸芸大会

△新京極中座 スズラン座他。

昭和411日 大阪朝日神戸付録

◇落語常設館(楠公西門) 扇歌、かしく、妻奴、米奴、米團次、圓都、小伯山、小枝鶴、花遊三、その他出演。

昭和411日 都新聞

◇[正月広告]

◎東京落語協會 一龍斎貞山 三升家小勝 桂文治 柳家小さん 桂小南 三遊亭金馬 立川談志 春風亭柳朝 三笑亭可楽 蝶花楼馬楽 柳家小せん 三遊亭圓右 三遊亭小圓朝 五明楼玉輔 三遊亭圓洲 三升勝團治 柳家金三 鈴々舎馬風 蝶花楼馬の助 吉野家花山 桂文都 桂紅雀 柳家小ゑん 三升家勝太郎 鏡味小仙小金 中華人李有来 高松紅天…

◎落語協會 柳家三語楼 三遊亭圓生 柳家金語楼 柳家小三治 柳亭市馬 橘家圓蔵 三升紋弥 柳家菊語楼 柳家語楼 柳家權太郎 柳家甚語楼 桂残月楼 柳家八語楼 橘家文三 柳家金重楼 柳家金蔵 柳家金三楼…三遊亭萬橘

◎落語睦會 柳亭左楽 春風亭柳枝 林家正蔵 古今亭今輔 春風亭柳橋 桂文楽 桂小文治 春風亭柳好 柳亭芝楽 柳家枝太郎 三遊亭歌奴 柳亭春楽 文の家かしく 春風亭柳條 桃月亭雛太郎 土橋亭りう馬 春風亭柏枝 春風亭柳昇 柳亭鯉昇 柳家小山三 林家正喬 春風亭柳語楼 横目家助平 春風亭柳之助 春本助次郎 大丸民之助…中華人李彩…

◎日本技芸士研成協會 燕枝 圓 馬生 扇橋 小燕枝 つばめ やなぎ 五郎 柳桜 柳窓 勝治郎 魚楽 雷門 燕洲 柳橘 猫遊 大洋 都太夫改め豊澤生駒太夫 鶴澤泰助 桃川若燕 会長助六

◎民衆芸術の大歓楽場 吉本興行直営 浅草公園遊楽館 神田花月 横浜花月

昭和413日 大阪朝日新聞

○入湯戯画 小出楢重(文・画)

 (前略)……今は故人となつた桂文団治なども、そのつる〳〵

頭を薬湯へ浮かばせていたものであつた。私の驚いたことには、彼の背には一面の桜と花札が散らしてあつた。その素晴らしく美しい入墨が足にまで及んでいた。噂によると四十幾枚の札は背に、残る二枚の札は両足の裏に描かれてあるのだといふことである。その桜には朱がちりばめてあり、私の見た入墨の中では殊に美しいものゝ一つであり、その味は末期の浮世絵であり、ガラス絵の味さへあつた。まづ下手ものゝ味でもある。

4年 014
 それは文団治皮として保存したいものである逸品だつたが、どうもこれだけは蒐集する気にはなれない。私はいつか衛生博覧会だつたか何かで有名な女賊の皮を見た事があつたが、随分美しいもので感心はしたが、入墨も皮になつてしまつては如何にも血色がよくないので困る。

 文団治は高座から、俺の話が今時の客に解るものかといつて、客と屡次(しばしば)喧嘩をして、話を途中で止めて引下つた事を私は覚えているので、この入墨を見た時、なるほどと思つた。

 然し、彼の話は高慢ちきで多少の不快さはあつたやうだが、私はその芸に対する落語家らしい彼の執着と意気に対して随分愛好していたものだつた。近ごろはだん〳〵落語家がその芸に対する執着を失ひつゝあるごとく思へる。勿論本当の大阪落語を聴かうとする肝腎の客が消滅しつゝあることは重大な淋しさである。……(後略)

昭和416日 神戸新聞

4年 001小野大黒座 千代之座専属の萬歳幹部大會にて開演

千代之座 大衆娯楽の競演

西門落語席 関東関西幹部落語大會

昭和4112日 大阪時事新報

女義道場の復活 紅梅亭が十一日から開演  今回吉本興行部の手で南地紅梅亭が女義道場として開場することに決定、愈々十一日から竹本綾助、豊沢仙平を中心とする一座が出演することになつた。

〈編者註〉広告は昭和4112日付「大阪毎日新聞」のもの。

昭和4113日 京城日報

[広告]浪花館/迎える春の大興行は大阪より男女合同若手花形揃大一座 元日より花々しく 午後四時開幕/御祝儀(宝の入船)落語(桂福丸)落語音曲(橘ノ楽天坊)落語手踊(柳家こはん)浪花落語(笑福亭松二)東京落語(橘家小田喬)滑稽萬歳(三遊亭川柳、三遊亭仙)落語舞踊(柳亭燕路)小女浪曲(吉田小美子)十八人芸(柳家語楽)浪花節(三升屋一俵)音曲萬歳(橘家太一郎 同チャボ子)講談(邑井貞吉)大切座員総出珍芸づくし


昭和42

大阪の寄席案内

一日より

△南地花月 おもちや、紋十郎、蔵之助、扇遊、福団治、千橘、枝鶴、小三治、春団治ら。

昭和422日 大阪時事新報

◇小三治来演 二月の寄席 小三治と云へば落語家の内でも随一の新人として、新味のあるユモアーに富む高座振で東京方面に人気の高い男、大阪の二月の寄席に来演して南北両花月、松島と天満の花月で大いに新しいところを発揮することになり、これには大阪方の幹部落語家連も総出で応援する筈。

昭和4256日 大阪朝日新聞

○社会相百態 そのころの大阪(上) 生ツ粋の大阪生れのくだけた漫談会 

本紙創刊の日のそのころの大阪、それにつゞく世情の変遷の跡をたづねるため、過ぐる一日、本社は生粋の大阪生れの左の七氏の集まりを願い今橋灘万で興味ある漫談会を催した。(中略)

医学博士高安六郎氏(五十二笑福亭松鶴氏(六十一)、薬学博士木村彦右衛門氏(五十一)、竹本津太夫氏(六十一)、中村鴈治郎氏(七十)高安季子氏(五十四)、灘満老女将楠本とく子氏(五十八)。本社側上野専務取締役、小西営業局長、岡野主幹。

〈編者註〉鴈治郎を中心とする芝居の話に始まり、文楽の話題から落語談義に移る。前二項は省略した。また六日にも(下)が載るが、落語に関することはないので省略する。絵は五日に掲載。岡本一平筆。

4年 002

◎落語の入質 オツペケペは大阪が元祖 苦しい修行 落語の話
木村博士
 昔落語家が「三十石」といふ話を質においたといふ話をきいているがそんなことがあつたのですか。

松鶴氏 それは初代文枝の話です。昔は落語家の最も得意としている話、つまりその人の売りものを質にとつて金を貸した。その話を質におくと、その落語家は高座でその話がやれない。注文が出てもやれない。つまり封ぜられるわけです。だから早く金を返してその話をやりたがつた。得意の話といふものは、客がよく注文したものです。私が一度得意の話「口入屋」を注文せられてそれをやらなかつたことがある。すると寄席の帰り、法善寺の出口の暗がりで突然ポカ〳〵と撲られました。「贔屓の注文したものをやらない生意気だ」といふわけですな。もつとも私の贔屓は道楽ものが多かつたが、それでもそれぐらい肩入れがあつたものです。

木村博士 桂梅枝といふ人がオツペケペ節をやつているのを聞きましたが、オツペケペ節は大阪が元祖ですか。

松鶴氏 梅枝が東京で聞いて帰つてからうたつたものですが、歌の文句は文都が作つた。川上音二郎がオツペケペの元祖のやうにいはれているが、それよりも先に大阪にありました。

木村博士 「推量節」といふのも東京の一馬が元祖のやうにいはれているが、あれも大阪が元祖とちがひますか。

松鶴氏 さうです、西国坊明学といふ盲人が元祖です。そのころ大阪には法善寺の泉熊を始め九軒、御霊裏などいゝ寄席がありましたが、大てい五六人の落語家が一人当り一時間ぐらい語りました。私は船場の砂糖屋の丁稚時分、よく落語を聞きに行つてとう〳〵本職になつたのですが、そのころの落語家はたいてい好きからなつたもので、従つて中年からの人が多かつたやうです。

木村博士 あのころの寄席は皆下駄のまゝ入れましたな。

松鶴氏 さうです、土間の通りを通つて座席へすわるのです。土間は下駄ばきで通りました、明治十五年ごろ始めて玄関つきの今のやうな席が堀江にできました、それが賑江亭です。落語の席で歌をやり出したのは初代竹山人が濫觴で、当時世間からは排斥されました。寄席がいかゞはしい話をするのを差留られたのはずいぶん古いことですが、ほんとうにそれが励行されたのは明治三十七、八年前後でせう。

上野専務 落語がどれもこれもあまり面白うてお客を全部終りまで引つけて置くと終演後一時に木戸が混雑して弱るのでわざと話をだらすことがあつたでせうね。

松鶴氏 ありました。つまり昔は落語家が皆上手でお客を活殺自在にする腕があり、それに一晩五、六人しか高座に上らなかつたから、一人が優に一時間は受持たねばならず、ある時はギユツと締込んで行つたり、また時によるとパツと手放したり、思ふやうにやりました。

木村博士 私は幼時落語家にならうと思つたほど落語がすきでした。「線香の立消」といつた話をこのころ聞きませんね。

松鶴氏 やれる者がないのです。初代文枝の弟子に文之助、文都、文三、文団治が四天王でした。この四天王のうち文団治が脱走して道頓堀の竹横(弁天座横)へ涼みをかけ、川面に茶船を浮べて舞台を拵へましたが、えらい人気でその舞台船が沈んだことがありました。竹横に落語の若太夫席のできたのはその後のことです。法善寺裏の西が今嘉、東が三楽座、つまりたゞ今の紅梅亭と花月とで、大いに競争したものでした。

岡野主幹 昔の落語の修業もむつかしかつたでせうね。

松鶴氏 一夜の連名が五、六名で、しかもその出演順によつて二番目はどんなもの、四番目は何々と演る代物がチヤンと極つていました。今日の落語のやうにわれ勝ちに面白いものをやつて十分内外をごまかすといふのとはでんで違ひます。私の師匠の三代目松鶴や文左衛門などいふ人はいつも楽屋で高座の落語を聞いていて、もしできがわるかつたり、二番目のものが勝手に五番目に演るものでもやつて御覧なさい、それこそガラン〳〵と鐘をたゝいて話の邪魔をしたものです。七部通り終つた落語をまた始めから仕直さねばならぬことが何回もありました。

昭和4210 大阪毎日新聞[広告]

4年 001

昭和4211日 京城日報

◇JODK(京城放送局) 開曲二週年記念プログラム 二月十一日

◎浮世節其他 東京 東家小満之助

放送局で招いた東家小満之助さん。東京でその方面では名を売つた人。今晩は浮世節です。DKの電波から初めて掘り出される浮世節。先づどんなものだか聞きましょう。

◎落語「源平の穴」 柳亭燕路

しばらく御無沙汰を致して居りました御なじみの燕路さん。十八番の出し物で久方ぶりに御機嫌を伺います。

<編者註>柳亭燕路:四代目燕路(本名小倉新次郎)。六代目正蔵の弟子で正雀から五明楼春輔。大正14年に四代目燕路で真打。この頃は朝鮮に居住していた模様。

昭和4216日 京城日報

◇JODK(京城放送局) 開曲二週年記念プログラム 二月十六日

◎落語と音曲 不動坊(橘楽天坊) 浮世風呂(柳家語楽) 手紙無筆(柳家三太郎)

昭和4226 京都日出新聞

◇卑猥落語お目玉 目下新京極富貴亭に出演中の落語家橘家勝太郎、同蔵之助の両人は、二十四日夜高座で卑猥な言辞を弄したのを臨監中の五条署興行係が認め、二十五日両人を召喚、大目玉を喰はした。


昭和4
3

京都の寄席案内

一日より

△新京極富貴 モダン落語と漫談柳亭金語樓、桂小春団治、九里丸、三遊亭円若など。

十一日より

◇新京極富貴 落語長演会。助六、幸治、三門、玉時枝、正光、馬生、紋十郎、五郎、歌江、奴、三木助、春団治、亀鶴。

二十一日より

◇新京極富貴 林家染丸、橘家千橘、橘家扇遊、円馬等。

昭和436日 大阪毎日新聞

○春に背いて凋落の万歳 行詰りの寄席芸 

 ついこの間まで、大衆的興行界の流行児だつた「万歳」も一年あまりの黄金時代の夢がさめてはかなくも忘れ去られやうとしつゝある。

顧みれば昭和二年末ごろ、いはゆる「十銭屋」的の小さな寄席で、はり扇を淋しくふり廻していた万歳屋達一躍大阪は道頓堀の檜舞台に進出した勢は凄じいものであつた。当時田舎廻りの落語家や名もない喜劇俳優までが俄か仕込の万歳芸を携へて都会へ都会へと流れ込み、大阪などではこの万歳師が実に五百人近くを数へた。

が、わずか一年で万歳の凋落時代は来た。一夜仕込みの万歳師はふるひにかけられてまたもとの田舎廻りに逆戻り、いゝ者だけが小寄席にかへつて、一部の万歳フアンを相手に頭を叩きあつている。かくて一時は笑ひの尖端に立つていた万歳の花火のやうだつた変態的流行も、春にそむいて幕をとぢようとしているのだ。

これに代るべきは何か? いま寄席興行師の頭を悩ましているのはこの一点で、大阪の吉本興行部などでも「小さな寄席へ逆戻りしたからといつて、万歳の格が下がつたわけでありません。却て安く楽しめるやうになつたんです。あれはあれで別なフアンをもつていますからね」といつてのけた口の下から「しかしこのごろの寄席興行は、落語席へジヤズを入れたり、新しい漫談家を迎へたり、どうして若い寄席フアンを集めようかゞ苦心です」と、さすが時代に押され行くものゝ悩みを物語つている。

昭和4310日 大阪毎日新聞

◇落語の高座でも「大阪の陣」  「大阪の陣」昭和従軍記のもつユーモアを高座にかけんと落語家連が頭をひねつているが、ソノ魁として新物読みの立花家千橘が十一日から南北花月などで演ずると。

〈編者註〉「大阪の陣…」は毎日新聞の連載読物で新潮劇一派の劇化上演を始め各所で競演となった。

昭和4311よりの南地花月の出番表

4年 015

〈編者註〉『藝能懇話』十八号(平成19年)より転載。

昭和4311 京都日出新聞

◇新京極富貴 三月十日正午十二時開催、柳家金語楼独演会。演題浅草行進曲、野球見物、兵隊。助演桂小春団治、花月亭九里丸。

昭和4312日 大阪毎日新聞

◇南北、松島の各花月、今夜から石井春波の時事漫談を加へる。

昭和4319日 京城日報

<砂川捨丸一行・朝鮮東亜倶楽部>

◇捨丸一行 明日から東亜倶楽部で興味をひくプログラム 高級萬歳、小唄、曲芸、軽口と見てもきいても面白い砂川捨丸一行は明廿日から六日間府内三社の後援により黄金町東亜倶楽部で開かれる。蓄音機、或はラヂオを通じて彼の美声、そのユーモアを知る人々は勿論、演芸界を風靡したその名声は上下の階級を通じ、老若、男女を問わずもの凄い人気をもつて開会の日が待たれて居る一行は、捨丸をはじめとしてその相方をつとめる中村春代、新進の萬歳家十余名、正調、追分には橘右近、お多福の両名、それに三人滑稽曲芸を演じる宝家連中と新吉原の芸妓連久本一行十名すべて三十名に近い一行である。入場料は一等二円、二等一円五十銭、三等一円の三種である。

<編者註>この興行の前に十五日から十七日の三日間、釜山公会堂で興行した。番組は下記の通り

▲正調追分節 橘右近 橘お多福

▲新吉原芸妓連 久本〆龍 〆丸 〆福 〆二 小〆 〆奴

▲三人滑稽曲芸(宝家連中) ブル松 小政 和三郎 楽三郎 和助 和楽

▲萬歳連 浮世亭秀春 吉田二三丸 小原文蝶 砂川捨奴 砂川愛之助 東家市丸 桂家枝輔 桂家助六 中村春代 砂川捨丸

昭和4321日 大阪毎日新聞

◇強盗の身振が真に迫つて落語の三遊亭新蔵叱らる 大阪市西区阿波座上通一の十七、落語家三遊亭新蔵こと田辺栄三郎(四一)は、去月十四日午後八時ごろ大阪北区曾根崎永楽町寄席花月倶楽部に出演中、ピストル強盗の話をしたが「強盗するのでも御免やーす、お金おまへんか」といひ「無い」といはれて「さよか」と言つてしまつては強盗にならぬ、やつぱり長い奴をすらりと抜いて「金を出せ」と言はねばならぬ、とその強盗の身振りが真に迫つているので、公安を害すると臨監の曾根崎署員に告発されたが、近時各寄席でこの種強盗物語を売り物にするものが多いので、二十日府警察部から管内および近府県へ右取締方の通告を発した。

〈編者註〉三遊亭志ん蔵は本名田辺米三郎。明治二十年生れで、昭和四年は数えて四十四歳である。

昭和4323日 京城日報

◇大持ての捨丸一行 連日満員 最近の朝鮮興行界の記録を破った萬歳の砂川捨丸一行の人気は大したもので、さしもに広い東亜倶楽部も初日以来満員すし詰の大盛況である。殊に廿一日は昼夜二回の興行であったが、新町遊廓の総見をはじめ軍隊の団体見物あり。ユーモアに富んだ一行の演技に魅了されてゐた。尚明日の日曜は更に一圓興行を行うが、これも盛会をきわめる事であろう。


昭和4411日 大阪朝日新聞

○歌聖(藤村)叡雲師の追憶(一) ……当時落語家の桂文屋や曽呂利新左衛門らも親しく師の門を叩き、いはゆる「話しのネタ」を作つて貰つたもので、師もその出来工合を楽屋で聞いたさうだ。……