明治387月上席


◇一日より浪花三友派各席へ曲芸春本助次郎、清国人李彩、春風亭楓枝、喜久亭寿楽が出演。新浄瑠璃渡辺松菊斎は、第一第二此花館に出演する由。小野残月は、一日より紀州地方へ

◇米坡、米若、小伊勢、燕場の四人は十日より浪花三友派に出席し、第一此花、永楽、紅梅の三席にて女優大会を見せる筈。又同人等の下座を勤め居たる富士田千歳、杵屋彦之助の連中は第一、第二此花及び紅梅の三席へ出勤すとぞ。又同派の遊輔、寿楽、楓枝、松菊斎一座は岡山小劇場の落成式に乗り込む事となれり。


【桂派】


幾代亭 延三、福助、雀之助、文屋、圓三郎、文太郎、小文三、三好、文枝、千橘、三輔、さん馬、枝雀、(長春、長勝)、文三


金沢亭 文蝶、梅若、小文三、文平、三輔、三五郎、文三、雀三郎、圓三郎、長春、圓馬、千橘、小南、三好、文枝


瓢亭 雀太郎、雀三郎、小南、三好、雀之助、文平、三輔、さん馬、三五郎、枝雀、文太郎、文三、圓馬、大勝利踊り


林家席 扇之助、三五郎、文太郎、吾竹、枝雀、圓馬、文屋、小南、福助、雀之助、三好、文枝、雀三郎、三輔、さん馬


養老館 延光、勝枝、柳枝、小南、千橘、福助、吾竹、文三、小文三、文屋、雀之助、三五郎、枝雀


【浪花三友派】


第一此花館 梅三、新作、松喬、福清、寿楽、楓枝、馬生、一圓遊、助二郎、(松菊斎、菊弥)、遊輔、枝鶴、小満之助、竹山人


紅梅亭 光玉、鶴輔、頓輔、松光、福清、小満之助、梅香、寿楽、楓枝、馬生、松喬、一圓遊、吾瓶、助二郎、遊輔


永楽館 光笑、福篤、笑鶴、光雀、一圓遊、遊輔、松光、助二郎、竹山人、吾瓶、枝鶴、小満之助、梅香、李彩、馬生


第三此花館 光雀、松馬、福三、枝鶴、鶴輔、吾瓶、松喬、李彩、遊輔、梅香、福吉、楓枝、寿楽、松光、一圓遊


賑江亭 鶴三、福寿、鶴之助、梅香、福吉、竹山人、頓輔、福三、福遊、寿楽、李彩、馬生、松喬、楓枝、吾瓶


第二此花館 福ちん、福清、福寿、光笑、助二郎、新作、光雀、枝鶴、小満之助、頓輔、松喬、福三、竹山人、(松菊斎、菊弥)


【大阪三友派】


第一文芸館 藤士、慶枝、文雀、藤誠、真治、左圓太、金之助、三平、文我、米朝、文團治、美住太夫、川上、米團治、改良浄瑠璃松尾


改良座 團幸、團作、生瀬、文我、真吾、正三、真生、米團治、金之助、扇蝶、小圓、軽口、米朝、怪談道具入文團治


第二文芸館 團勇、正三、米朝、軽口、文團治、小圓、美住太夫、川上、改良浄瑠璃松尾、慶枝、金之助、扇蝶、落語研究会(代議士生瀬弁護士藤誠 議長慶枝)


赤沢亭 我楽、真治、米團治、真生、生瀬、扇蝶、慶枝、軽口、文雀、真吾、花團治、左圓太、文我、正三


【地方】


神戸第一湊亭 鶴瓶、鶴松、南枝、笑三、若遊三、圓松、福圓、小勝、芦雪、福我、喬之助、半玉茶好


神戸第二湊亭 笑三、圓松、福我、光勇、芦雪、鶴松、喬之助、若遊三、半玉茶好、南枝、福圓、小勝


堺天神席 花團治、文鏡、花楽、春團治、小村、梅枝、文我、米團治


京都笑福亭(大阪三友派) 団幸、真之助、立花、福太郎、都若、芝楽、ジヨンベール(今様剱舞)、扇枝、吾妻太夫(常盤津)、円太郎、貞吉(人情話)


京都幾代亭(桂派と三友派合同) 曽呂利新左衛門、円若改メ三笑亭可楽、三友亭紋弥、萩の家呂孝、橘家円蔵、其他定連一同


明治387月下席


【桂派】


幾代亭 延三、福助、文屋、三五郎、雀之助、文枝、圓馬、小文三、(長春、長勝)、文平、文三、千橘、三好、さん馬


金沢亭 文蝶、梅若、雀三郎、文太郎、小文三、三輔、三五郎、文枝、圓馬、枝雀、圓三郎、(長春、長勝)、文三


瓢亭 正之助、小南、三輔、福助、雀三郎、さん馬、枝雀、文太郎、三五郎、文枝、圓馬、掛合(小文三、千橘、文平、文屋、圓三郎)


林家席 雀之助、扇之助、文平、吾竹、圓三郎、文屋、文三、千橘、三輔、さん馬、雀三郎、小南、枝雀


養老館 延光、勝枝、柳枝、小南、福助、雀三郎、圓三郎、吾竹、小文三、文屋、文太郎、三五郎、文枝


【大阪三友派】


改良座 團作、真治、文我、左圓太、真生、小圓、米團治、璃キ松、正三、金之助、軽口、米朝、怪談文團治


第一文芸館 我楽、生瀬、真吾、米團治、川上、美住太夫、軽口、文團治、新作浄瑠璃松尾、三平、左圓太、真生、落語研究会(弁護士慶枝代議士生瀬 議長真生 弁士正三、文雀、真吾)


第二文芸館 團勇、文雀、慶枝、正三、文團治、金之助、藤誠、米朝、川上、美住太夫、小圓、璃キ松、新作改良浄瑠璃松尾


明治388月上席


◇浪花三友派の曾呂利、可楽、紋彌、吾瓶、松菊斎等は、来月一日より和歌山紀の國座へ乗込み開場する由。

◇淡路町幾代亭は明日より連夜素人浄瑠璃大會を開催する筈。

◇浪花三友派は一日より一座の出番を差替へ、米坡一座の「女道楽」は第一第三の此花館及び賑江亭に転じ、清国人李彩一座は紅梅、第一第三此花館、竹本長春は紅梅亭、桃川燕林は第一此花館へ出勤する事となれり。

△桂派、大阪三友派は暑中休み


【浪花三友派】


第一此花館 福珍、梅左、福清、竹山人、馬生、一圓遊、小勝、むらく、女道楽、遊輔、若遊三、楓枝、燕林、李彩


紅梅亭 光玉、福寿、松喬、福路、(富士田、杵屋)、松光、梅香、楓枝、若遊三、福吉、李彩、馬生、長春、枝鶴、一圓遊(永楽館)若三郎、光笑、笑鶴、梅香、小勝、楓枝、落語研究會(光鶴、枝鶴、福清)、(富士田、杵屋)、松喬、松光


第三此花館 松馬、光雀、亀輔、若遊三、枝鶴、福吉、遊輔、李彩、松喬、小勝、楓枝、むらく、女道楽、馬生


賑江亭 鶴の助、福路、頓輔、松光、福寿、むらく、若遊三、笑鶴、(富士田、杵屋)、馬生、一圓遊、梅香、小勝、女道楽


【地方】


神戸第一第二湊亭 茶好、半玉、柳亭小燕路、三升家三馬、田村厳、鶴瓶、圓松、笑三、福我、南枝、鶴松


京都京都幾代亭(桂派) 暑中休み


京都笑福亭(大阪三友派) 落語相撲 錦馬、魯生、真之助、都若、立花、福太郎、扇枝、里鶴、円太郎、圓弥、貞吉、扇枝、吾妻太夫


明治388月下席


【浪花三友派】


第一此花館 福珍、梅香、福治、橘枝、曾呂利、むらく、馬生、橘之助、橘童、花助、若柳、枝鶴、華馬川、遊輔、花童、一円遊、円遊


紅梅亭 光笑、梅香、小勝、枝鶴、遊輔、花童、橘枝、むらく、一円遊、円遊、橘之助、橘童、花助、若柳、華馬川、馬生


賑江亭 鶴之助、光雀、小遊太、松光、竹山人、華馬川、一円遊、円遊、遊輔、花童、小勝、橘枝、むらく、橘之助、橘童、花助、若柳


第三此花館 松馬、鶴輔、福三、馬生、一円遊、福治、光雀、梅香、記憶術、枝鶴、松光、曾呂利、竹山人


◇永楽館、若手浄瑠璃大会


明治389月上席


◇暑中休業中なりし桂派の各席も来る九月一日より開場する事となり、一座の外に東京より桂文楽、舟遊亭志ん橋、桂文歌の三名を迎へる筈。

◇第一第二文芸館及び赤沢亭は、互楽派落語家連中にて毎夜開演。青柳華嬢、小村千代、同辰雄、中村翫雀(元禄踊り)、林家正楽が加わる由。

◇浪華三友派に復帰せし文団治一座はいよいよ九月一日より市内浪華三友派各席へ出勤する事となりしに付き、双方箇条書に調印する筈なりといふ。重なる落語家の顔触は文団治、真生、金之助、米団治、扇蝶、がん徳、花咲、米朝、文我外五六名なりと


【桂派】


幾代亭 雀太郎、三五郎、福助、三輔、文歌、文太郎、さん馬、小文三、文楽、千橘、文左衛門、枝雀、圓馬、しん橋、文枝


金沢亭 文蝶、小文三、梅若、文平、三五郎、しん橋、文屋、圓馬、雀三郎、圓三郎、文三、文太郎、文枝、文楽、三輔、さん馬


瓢亭 正之助、文歌、文屋、小文三、千橘、枝雀、文平、しん橋、文枝、さん馬、三輔、文三、雀三郎、圓三郎、文楽


林家席 扇之助、吾竹、文太郎、雀三郎、圓三郎、文楽、三輔、福助、枝雀、圓馬、しん橋、三五郎、文屋、千橘、文三


養老館 延光、勝枝、福助、文三、千橘、文屋、三五郎、雀三郎、吾竹、小文三、文太郎、文平、枝雀


【浪花三友派】


第一此花館 福ちん、團幸、新作、枝鶴、米朝、金之助、馬生、文都、可楽、若遊三、扇蝶、遊輔、紋弥、ジョンベール、文團治、米團治


紅梅亭 光玉、團作、福治、扇蝶、遊輔、可楽、若遊三、文團治、米團治、金之助、文我、枝鶴、真生、軽口、紋弥、馬生


永楽館 若三郎、團勇、米朝、文都、軽口、枝鶴、紋弥、文我、真生、小圓、曾呂利新左衛門、米團治、金之助、扇蝶、遊輔、ジョンベール


第三此花館 鶴三、我楽、文我、馬生、福二、真生、扇蝶、軽口、遊輔、紋弥、文都、可楽、小圓、若遊三、米朝、曾呂利新左衛門


賑江亭 光笑、福治、小圓、若遊三、米團治、福清、曾呂利新左衛門、ジョンベール、新作、米朝、軽口、文團治、馬生、枝鶴、可楽、文都


【地方】


神戸第一第二湊亭 宇治の家茶好、信濃家半玉、竹山人、笑福亭鶴助、光雀、新作義太夫松尾龍、鶴松、南枝、福圓、福我、團輔、小文


京都笑福亭 団橘、真之助、立花、福太郎、都若、芝楽、春団治、円弥、扇枝、小勝、福丸、円太郎、文之助


京都幾代亭 小野残月、東家玉之助、笑福亭松光


明治389月下席


【桂派】


幾代亭 延三、文歌、文屋、文平、三五郎、圓三郎、小文三、雀三郎、文枝、圓馬、小柳三、枝雀、さん馬、三輔、千橘、文楽、文三


金沢亭 文蝶、雀之助、三若、文太郎、三輔、福助、文楽、文平、文屋、文歌、圓三郎、千橘、文左衛門、文三、圓馬、小柳三、枝雀


瓢亭 正之助、福助、小文三、雀三郎、文屋、文太郎、圓三郎、雀之助、文楽、文枝、圓馬、小柳三、枝雀、三五郎、三輔、さん馬


林家席 扇之助、三五郎、吾竹、文歌、小柳三、さん馬、千橘、文三、三輔、小文三、文楽、雀之助、文太郎、雀三郎、文枝


養老館 延光、勝枝、雀之助、吾竹、三五郎、福助、雀三郎、文平、文屋、文枝、小文三、文歌、圓三郎


【浪花三友派】


紅梅亭 鶴三、團作、梅香、枝鶴、紋弥、曾呂利新左衛門、馬生、小圓、軽口、遊輔、米朝、ジョンベール、若遊三、文團治、可楽、米團治


第一此花館 福ちん、福清、團幸、小圓、若遊三、可楽、文我、真生、ジョンベール、米團治、枝鶴、軽口、文都、米朝、紋弥、馬生


永楽館 若三郎、團勇、文我、遊輔、金之助、新作、米朝、文團治、可楽、若遊三、真生、紋弥、馬生、枝鶴、文都


第三此花館 福路、我楽、米朝、福清、文團治、米團治、遊輔、枝鶴、文都、曾呂利新左衛門、梅香、金之助、真生、軽口、ジョンベール


賑江亭 光笑、新作、真生、福路、軽口、文都、梅香、紋弥、金之助、馬生、文團治、可楽、米團治、遊輔、若遊三、曾呂利新左衛門


【互楽派】


第二文芸館 正六、藤誠、遊花、三八、正楽、文雀、圓童、正三、左圓太、華嬢、慶枝、三平、元二郎、藤八、新朝


第一文芸館 藤士、文雀、正三、圓童、左圓太、華嬢、三平、慶枝、元二郎、藤八、新朝、藤誠、遊花、三八、正楽


赤沢亭 藤遊、慶枝、元二郎、藤八、三平、新朝、遊花、藤誠、三八、正楽、文雀、正三、圓童、左圓太、華嬢


 


明治3810月上席


◇三友派の落語各席へ当地名残りとして此の頃中国筋を巡業し居たる米坡、小満之助、小伊勢、しめ子出勤し、石井ブラツクも一世一代として同各席へ出席に居れり。

◇桂派各席へも東京より小柳三、助六、門松、小春、小左鶴[津満]等来り加はる。

◇同派(三友派)出勤の米坡、小伊勢、小満之助の女道楽は十五日より第一此花、紅梅亭、賑江亭、第三此花の四席へ毎夜出勤する事となれり。


【桂派】


△幾代亭 雀之助、福助、文屋、文太郎、小文三、文歌、三輔、助六、芸妓連(門松、小春、小津満)、枝雀、小柳三、文左衛門、文三、雀三郎、千橘、圓馬(毎夜引続き 鏡ケ淵操、江嶋屋奇談、松曳)


△金沢亭 文蝶、三若、小文三、文歌、圓三郎、千橘、枝雀、三五郎、小柳三、文太郎、文三、雀三郎、助六、(門松、小春、小津満)、三輔、文枝


△瓢亭 正之助、三五郎、三輔、小柳三、文太郎、文三、千橘、文平、圓馬、文屋、圓三郎、文枝、文歌、助六、(門松、小春、小津満)


△林家席 扇之助、吾竹、雀三郎、文平、文屋、圓三郎、福助、小文三、文枝、三輔、千橘、圓馬、三五郎、小柳三、枝雀


△養老館 延光、勝枝、福助、吾竹、雀三郎、枝雀、文歌、三五郎、文平、小文三、文太郎、文屋


【浪花三友派】


△第一此花館 福ちん、福寿、光笑、松光、(半玉、茶好)、文團治、ブラック、扇蝶、小勝、紋弥、馬生、福吉、女道楽、若遊三、曾呂利新左衛門


△紅梅亭 鶴三、新作、團作、米朝、一圓遊、梅香、松光、若遊三、女道楽、文團治、(雁篤、花咲)、米團治、ブラック、枝鶴、紋弥、馬生


△永楽館 福路、若三郎、團勇、遊輔、福寿、枝鶴、馬生、福吉、米團治、曾呂利新左衛門、扇蝶、小勝、松喬、一圓遊、(半玉、茶好)、女道楽


△第三此花館 團幸、我楽、松喬、福路、米團治、曾呂利新左衛門、紋弥、遊輔、枝鶴、一圓遊、(半玉、茶好)、若遊三、文團治、小勝、扇蝶、ブラック


△賑江亭 福清、福篤、梅香、扇蝶、竹山人、若遊三、一圓遊、(半玉、茶好)、松喬、ブラック、遊輔、枝鶴、紋弥、馬生、(雁篤、花咲)、米團治


△堺天神金秀席 梅左、松馬、笑鶴、(雁篤、花咲)、福清、新作、福三、竹山人、梅香、米朝、松光


【神戸】


△第一第二湊亭(桂派) 笑三、鶴瓶、圓松、光雀、團輔、福我、南枝、福圓、可楽、文都、文我、小圓、鶴助、光雀


△京都幾代亭(桂派) 芝平、新馬、枝助、燕太郎、枝雁、吾妻、文吾、残月、長春、枝太郎、李彩


△京都笑福亭(浪花三友派) 団橘、立花、真之助、福太郎、都若、芝楽、福丸、春団治、円弥、扇枝、(光若、昇幸)、文之助、円太郎、大切墨付


△京都錦座 円寿、花円喬、玉輔、円平、喜美子、花助、右円、小正一、芝楽、りう馬(白浪五人男、お岩稲荷由来各一席)、即席五題噺


明治3810月下席


【桂派】


△幾代亭 雀之助、文歌、福助、小柳三、雀三郎、文平、文太郎、文屋、文枝、千橘、小文三、圓馬、三輔、文三、助六、芸妓連(二十日迄)


△金沢亭 文蝶、小文三、三雀[]、文屋、三輔、千橘、圓三郎、三五郎、助六、芸妓連、文枝、文左衛門、雀三郎、圓馬、小柳三、枝雀


△瓢亭 正之助、三五郎、小文三、圓三郎、福助、枝雀、文平、文太郎、文歌、小柳三、文三、助六、芸妓連、三輔、文枝


△林家席 扇之助、文平、文太郎、吾竹、文歌、小文三、雀三郎、圓馬、三輔、文屋、千橘、枝雀、三五郎、圓三郎、文三


△養老館 延光、勝枝、柳枝、小文三、文三、福助、吾竹、三五郎、圓三郎、文太郎、文枝、文平、千橘、文屋


【浪花三友派】


△第一此花館 團幸、福路、米朝、松光、曾呂利新左衛門、小圓二、枝鶴、軽口、竹山人、女道楽(米坡、小伊勢、小満之助)、小勝、吾妻太夫、紋弥、遊輔、文團治、一圓遊、馬生


△永楽館 若三郎、團勇、新作、枝鶴、一圓遊、竹山人、小勝、米朝、松光、ブラック、紋弥、文團治、米團治、馬生、吾妻太夫、軽口、遊輔


△第二此花館 福ちん、我楽、小圓二、馬生、軽口、吾妻太夫、ブラック、一圓遊、文團治、新作、遊輔、枝鶴、竹山人、女道楽、小勝、紋弥、米團治


△紅梅亭 鶴三、團幸、福寿、梅香、松喬、扇蝶、女道楽、吾妻太夫、米團治、馬生、福吉、軽口、若遊三、米朝、松光、ブラック


△賑江亭 福篤、光笑、福清、扇蝶、文團治、紋弥、米團治、遊輔、福吉、小圓二、米朝、一圓遊、松光、ブラック、枝鶴、若遊三、女道楽


≪京都≫


△幾代亭 芝平、新馬、枝助、燕太郎、枝雁、文吾、年枝、残月、長春、長勝、枝太郎、李彩


△笑福亭 団橘、真之助、立花、福太郎、都若、芝楽、(光若、幸昇)、円弥、扇枝、福丸、春団治、円太郎、文之助、六歌仙墨塗


明治3811月上席


◇堀江六人斬にて山梅楼主の為に両腕を切落され万死の中に一生を得たる芸妓津万吉事河内よねは、追々快方に赴きたるにぞ、両親及び医師の許を得て三友派落語の中に出席する事となり、来る十五日夜より松川家妻吉と改め、柳家枝女子改め松川家妻奴と共に賑江亭及び第一第三此花の三席に出勤し音曲を聞かすといふ。憐れならずや。

15日より三友派へ新派筑前琵琶端曲高峰筑風が加入

◇英国婦人ジネーノラー母子は一日より三友派各席へ出勤の筈なりしが、都合ありて延期となり、愈今日より第一第三此花及び永楽、賑江、紅梅の五座へ出勤する事となれり。

◇桂派各席へ橘家圓兵衛、子供義太夫竹本文字八(八歳)、糸鶴沢清徳、桂都若等出演。


【桂派】


△幾代亭 雀之助、福助、文平、文屋、小柳三、文歌、文太郎、枝雀、都若、千橘、文三、文左衛門、三輔、圓兵衛、雀三郎、圓三郎、文枝


△金沢亭 文蝶、三若、小文三、文太郎、圓三郎、雀三郎、三輔、小柳三、三五郎、圓兵衛、文字八、圓馬、都若、枝雀、千橘、文三


△瓢亭 正之助、雀三郎、三輔、小文三、千橘、三五郎、圓兵衛、文歌、圓三郎、都若、文屋、小柳三、文枝、文字八、圓馬、枝雀


△林家席 扇之助、三五郎、文歌、吾竹、都若、文平、文屋、圓馬、小文三、文枝、福助、千橘、文三、文太郎、三輔、圓兵衛


△延光、勝枝、柳枝、福助、文三、吾竹、雀三郎、文太郎、枝雀、小文三、三輔、文平、文屋、小柳三


【浪花三友派】


△第一此花館 團幸、福路、新作、竹山人、小勝、紋弥、残月、可楽、松喬、馬生、松光、(雁篤、花咲)、李彩、若遊三、扇蝶、米團治


△永楽館 若三郎、福清、光笑、梅香、残月、可楽、福吉、小勝、紋弥、曾呂利新左衛門、長春、扇蝶、米團治、馬生、英婦人ノラジチ両嬢、李彩、松光


△賑江亭 團勇、福寿、松喬、米團治、扇蝶、若遊三、英婦人ノラジチ両嬢、馬生、(雁篤、花咲)、文都、残月、梅香、可楽、曾呂利新左衛門、枝鶴、紋弥、小勝


△紅梅亭 鶴三、團作、福三、(雁篤、花咲)、文都、松喬、文團治、長春、英婦人ノラジチ両嬢、若遊三、李彩、枝鶴、紋弥、小勝、残月、可楽、曾呂利新左衛門


△第三此花館 福ちん、我楽、小圓、福清、松光、曾呂利新左衛門、李彩、梅香、扇蝶、米團治、竹山人、英婦人ノラジチ両嬢、若遊三、福吉、松喬、(雁篤、花咲)、馬生


【互楽派】


△第一文芸館 藤士、慶枝、新朝、文雀、藤誠、華嬢、三平、千代子、生瀬、花團治、枝光、正三、藤雀、圓童、左圓太、正楽


△第二文芸館 自在、花團治、正三、三八、枝光、藤雀、慶枝、圓童、左圓太、正楽、新朝、文雀、千代子、藤誠、華嬢


△赤沢亭 枝光、藤雀、生瀬、圓童、左圓太、正楽、花團治、正三、文雀、藤誠、華嬢、三八、慶枝、新朝


【地方】


△京都桂派幾代亭 芝平、新馬、枝助、、燕太郎、芝楽、枝雁、枝太郎、ブラツク、年枝、(小伊勢、小満之助、米坡)、文吾


△京都三友派笑福亭 団橘、真之助、立花、小団、福太郎、芝楽、春団治、円太郎、福丸、扇枝、円弥、文我、文之助、明学


△京都錦座 円寿、文鏡、団輔、右円、喜美子、花助、円平、円丸、円子、小正一、花円喬、円橘


△神戸三友派第一第二湊亭 鶴松、南枝、福圓、福我、三遊亭遊輔、笑福亭梅香、立花家喬之助、桂米朝、花光斎鶴助、笑福亭光雀。


明治3811月下席


【桂派】


△幾代亭 雀之助、文歌、文平、雀三郎、文太郎、三輔、小文三、文屋、圓三郎、都若、(娘義太夫文字八、糸徳)、小柳三、枝雀、圓馬、千橘、文三


△金沢亭 文蝶、三若、文太郎、都若、小文三、小柳三、三五郎、枝雀、文歌、千橘、文三、文左衛門、三輔、圓兵衛、雀三郎、圓三郎、文枝


△瓢亭 正之助、小文三、福助、三五郎、文歌、圓三郎、都若、文枝、圓馬、小柳三、文屋、文平、千橘、文三、文太郎、三輔、圓兵衛


△林家席 扇之助、吾竹、文屋、千橘、文平、雀三郎、圓兵衛、三輔、福助、文枝、圓馬、都若、三五郎、(娘義太夫文字八、糸清徳)、小柳三、枝雀


△養老館 延光、勝枝、柳枝、福助、吾竹、文三、三五郎、枝雀、小文三、圓三郎、文枝、文歌、文平、文屋


【浪花三友派】


△第一此花館 團幸、新作、松光、福路、一圓遊、福吉、李彩、曾呂利新左衛門、若遊三、(松川妻吉、同妻奴)、小勝、枝鶴、英国婦人ジチノラ両嬢、馬生、文團治、可楽、文都


△紅梅亭 鶴三、團作、福三、米團治、文都、松喬、紋弥、枝鶴、英国婦人ジチノラ両嬢、小圓、扇蝶、(義太夫長春、長勝)、李彩、残月、(雁篤、花咲)、若遊三、曾呂利新左衛門


△賑江亭 福清、福寿、松喬、紋弥、枝鶴、可楽、英国婦人ジチノラ両嬢、米團治、馬生、竹山人、(雁篤、花咲)、一圓遊、曾呂利新左衛門、扇蝶、李彩、(松川家妻吉、同妻奴)、残月


△第三此花館 福ちん、福路、我楽、竹山人、(雁篤、花咲)、馬生、文團治、扇蝶、可楽、文都、英国婦人ジチノラ両嬢、若遊三、(松川家妻吉、同妻奴)、松喬、一圓遊、松光、小勝


△永楽館 若三郎、團勇、小圓、扇蝶、新作、若遊三、小勝、義太夫(長春、長春)、松光、文團治、福吉、可楽、文都、英国婦人ジチノラ両嬢、枝鶴、馬生


【互楽派】


△第一文芸館 藤三、慶枝、文雀、枝光、藤誠、生瀬、花團治、三平、正三、金房、正楽、三八、新朝、圓童、左圓太、華嬢


△第二文芸館 自在、生瀬、藤雀、新朝、三八、圓童、左圓太、慶枝、文雀、華嬢、枝光、藤誠、花團治、正三、金房、正楽


△赤沢亭 花團治、正三、藤士、正楽、藤雀、新朝、左圓太、生瀬、文雀、華嬢、慶枝、枝光、藤誠


【地方】


△京都桂派幾代亭 芝平、新馬、枝助、由之助、燕太郎、枝雁、芝楽、文吾、年枝、(ブラツク、小満之助、小伊勢、枝太郎外の落語パツク、ホスコ)


△京都三友派笑福亭 落語相撲月亭円生


明治3812月上席


◇桂派は、桂都若が五代目桂小文吾に改名、又南光が東京から帰阪して出勤。

◇三友派のノラーとジチーは30日に東上、来年2月に再び下阪予定。

◇桂派の文三、枝雀、雀三郎、三輔、南光は、二十一日より京都幾代亭に出勤。文枝、文屋、千橘は、二十一日より姫路旭館に出演。


【桂派】


△幾代亭 雀之助、小文三、文歌、福助、文屋、三五郎、文平、文三、圓馬、千橘、長春、雀三郎、小文吾、文枝、三輔、南光


△金沢亭 正之助、三若、文平、雀三郎、小文吾、圓三郎、南光、三輔、小文三、文太郎、文枝、文左衛門、文歌、千橘、長春、圓馬、枝雀


△瓢亭 文蝶、文歌、三輔、小文三、文太郎、小文吾、文平、南光、圓三郎、文三、三五郎、枝雀、文屋、千橘、文枝


△林家席 扇之助、三五郎、文太郎、吾竹、千橘、文屋、枝雀、福助、小文吾、三輔、圓馬、南光、雀三郎、圓三郎、文三


△養老館 延光、勝枝、柳枝、福助、雀三郎、文枝、文歌、吾竹、文屋、小文三、文三、文平、文太郎、三五郎


【浪花三友派】


△第一此花館 團幸、新作、小圓、松喬、福清、可楽、文團治、(妻吉、妻吉)、圓平、紋弥、文都、豊後大掾、松光、曾呂利新左衛門、残月、若遊三、李彩、米團治


△紅梅亭 團作、福路、福三、米團治、團平、竹山人、若遊三、紋弥、(雁篤、花咲)、松光、小勝、李彩、可楽、馬生、文團治、枝鶴、(妻吉、妻奴)、残月


△永楽館 若三郎、福清、團勇、梅香、新作、(妻吉、妻奴)、小圓、枝鶴、松喬、残月、米團治、圓平、紋弥、文都、小勝、豊後大掾、松光、曾呂利新左衛門


△第三此花館 福ちん、我楽、米朝、枝鶴、小勝、残月、梅香、豊後大掾、可楽、曾呂利新左衛門、(妻吉、妻奴)、福吉、若遊三、李彩、紋弥、馬生


△賑江亭 鶴三、福寿、小圓二、(雁篤、花咲)、福吉、米團治、李彩、若遊三、梅香、文團治、枝鶴、松喬、(妻吉、妻奴)、可楽、文都


【地方】


△神戸三友派第一第二湊亭 光雀、鶴松、南枝、福圓、福我、圓松、笑三、鶴瓶、ブラック、ホスコ、一圓遊、扇蝶、遊輔(十二日より、一圓遊、遊輔が抜けて松光、小圓二、残月加入)


明治3812月下席


◇第一此花館は、十六日より女浄瑠璃竹本長広、時昇、三之助が出勤

◇桂派の長春、長勝は、十六日に大阪を立ち、東京の睦会に出勤。

◇三友派は、十六日より、米国人ファーロン、英国人シャーマン、記憶術阪田千回、西国坊明学、三遊亭小遊三、伊藤花楽、桜家花助、三升家龍吉出勤。


【桂派】


△幾代亭 雀之助、福助、文平、小文三、圓三郎、文太郎、南光、小文吾、文歌、三輔、雀三郎、千橘、文枝、長春、圓馬、枝雀


△金沢亭 文蝶、三若、文太郎、文屋、雀三郎、千橘、三五郎、小文三、文枝、文平、長春、圓馬、小文吾、文三、三輔、南光


△瓢亭 正之助、小文三、文歌、福助、枝雀、圓馬、千橘、文屋、小文吾、三五郎、三輔、南光、雀三郎、圓三郎、文三


△林家席 扇之助、三五郎、吾竹、文平、三輔、文三、圓三郎、南光、文太郎、文歌、枝雀、文屋、千橘、文枝


△養老館 延光、勝枝、柳枝、文屋、福助、雀三郎、枝雀、文三、小文三、圓三郎、吾竹、文平、三五郎


【浪花三友派】


△第一此花館 若三郎、團勇、勝寿、花助、竹山人、小圓、圓平、明学、李彩、小満之助、小遊三、勝六、梅香、左圓太、阪田千回、(ファーロン、シャーマン)


△紅梅亭 松馬、小圓、米朝、小團、新作、明学、左圓太、花助、勝六、豊後大掾、團平、(ファーロン、シャーマン)、小満之助、小遊三、李彩、梅香


△第三此花館 團幸、勝寿、團勇、馬生、小圓、勝六、花楽、小遊三、梅香、明学、李彩、左圓太、圓平、(ファーロン、シャーマン)、小満之助、竹山人


△賑江亭 鶴三、梅左、福篤、左圓太、梅香、小満之助、豊後大掾、圓平、(ファーロン、シャーマン)、花楽、新作、小團、李彩、明学、勝六、小遊三


△永楽館 女義太夫竹本長広一座


【地方】


△京都桂派幾代亭(二十一日より)扇之助、小文吾、雀之助、小文三、三助、余興(三助、小文三、雀之助)枝雀、円三郎、文三


△京都西陣千本座(二十一日より)落語家芝居 枝雁、燕太郎、枝太郎、枝助、芝楽、由之助、文吾、琴海、新馬、枝二郎、年枝 外ブラツクの人情話、ホスコの奇術、小伊勢の常磐津