明治391月上席

◇桂派の枝之助が除隊して、後八と改名して出勤。

【桂派】

△金沢亭 文蝶、三若、文屋、雀三郎、文平、千橘、小文吾、小文三、娘剣舞、梅喬、三五郎、助十郎、文歌、円馬、文左衛門、枝雀、清国人(及宝山、李月山、薫桂空、鄭現栄)、南光、円三郎、文三

△幾代亭 歌太郎、梅喬、福助、文歌、雀之助、三五郎、文太郎、南光、小文吾、文屋、小文三、清国人、文三、後八、娘剣舞、雀三郎、助十郎、円馬、千橘、文枝

△瓢亭 正之助、後八、小文三、梅喬、福助、文平、千橘、円馬、文太郎、娘剣舞、文枝、助十郎、南光、円三郎、文屋、小文吾、枝雀、清国人

△林家席 扇之助、三五郎、文太郎、吾竹、円三郎、文歌、後八、文三、枝雀、小文吾、福助、千橘、清国人、文枝、文平、娘剣舞、雀三郎、助十郎

△養老館 延光、勝枝、文屋、雀三郎、福助、円三郎、吾竹、清国人、文平、梅喬、文三、小文三、三五郎、南光

【浪花三友派】

△第一此花館 団幸、福治、小円、竹山人、(雁篤、花咲)、米団治、米坡、米朝、若遊三、むらく、(シャーマン、フラーロン)、福吉、馬生、(妻吉、妻奴)、遊輔、李彩、文団治、紋弥、曾呂利新左衛門

△紅梅亭 (団作、三代松)、扇蝶、米朝、文団治、円弥、むらく、(妻吉、妻奴)、枝鶴、梅香、紋弥、遊輔、松光、李彩、曾呂利新左衛門、米坡、(雁篤、花咲)、米団治、(シャーマン、フラーロン)

△永楽館 若三郎、団勇、団平、米団治、一円遊、若遊三、小円、(シャーマン、フラーロン)、文団治、米坡、福三、(花助、喜美子)、むらく、紋弥、枝鶴、(妻吉、妻奴)、遊輔、李彩

△賑江亭 (鶴三、福寿)、福三、枝鶴、遊輔、扇蝶、馬生、紋弥、曾呂利新左衛門、(妻吉、妻奴)、円弥、李彩、(雁篤、花咲)、一円遊、米団治、若遊三、(シャーマン、フラーロン)、松光、米坡

△第三此花館 福珍、新作、我楽、梅香、松喬、福三、福吉、李彩、(喜美子、花助)、一円遊、竹山人、(妻吉、妻奴)、枝鶴、米坡、(シャーマン、フラーロン)、円弥、米朝、馬生

【地方】

△京都笑福亭、錦座 団治、団橘、福太郎、立花、福丸、円弥、扇枝、芝楽、文雀、春団治、文之助、文団治、円太郎、小勝、文我、小満之助

△京都幾代亭 橘枝、文都、枝太郎等

△神戸第一第二湊亭 笑三、鶴瓶、光雀、円松、小文、団輔、鶴松、橘三郎、福我、南枝、小円治、福円、残月、ホスコ、ブラック

△金沢新富座 鶴子、花柳、小蝶、里鶴、若登司、松鶴、三輔、馬之助

明治391月下席

【桂派】

△幾代亭 雀之助、福助、三五郎、雀三郎、文太郎、枝雀、文平、手遊、小文三、千橘、後八、円三郎、助十郎、南光、千代子、君子、小文吾、文三、円馬、清国人

△金沢亭 文蝶、梅喬、文歌、後八、三若、三五郎、文屋、千代子、君子、小文吾、南光、手遊、文太郎、文左衛門、枝雀、清国人、雀三郎、助十郎、文枝

△瓢亭 歌太郎、文屋、小文三、福助、小文吾、後八、文太郎、雀三郎、三五郎、千代子、君子、円馬、清国人、梅喬、文平、助十郎、文枝、円三郎、文三

△林家席 扇之助、吾竹、文平、手遊、梅喬、円三郎、文枝、助十郎、枝雀、小文吾、福助、小文三、円馬、清国人、文屋、千代子、君子、千橘、南光

△養老館 延光、勝枝、文歌、吾竹、福助、文喬、清国人、文枝、三五郎、千橘、後八、手遊、小文三、文太郎、枝雀

【浪花三友派】

△第一此花館 団幸、米朝、福治、紋弥、遊輔、李彩、文団治、円弥、妻吉、曾呂利新左衛門、馬生、(ファーロン、シャーロン)、若遊三、米坡、一円遊、枝鶴、むらく

△紅梅亭 団作、三代松、福三、枝鶴、曾呂利新左衛門、扇蝶、(ファーロン、シャーロン)、一円遊、米坡、松喬、福吉、遊輔、妻吉、文團治、李彩、紋弥、馬生

△永楽館 若三郎、団勇、松喬、一円遊、花らく、紋弥、妻吉、馬生、遊輔、李彩、円弥、枝鶴、むらく、(ファーロン、シャーロン)、曾呂利新左衛門、若遊三、米坡

△第三此花館 福珍、我楽、扇蝶、文団治、若遊三、米坡、松喬、枝鶴、紋弥、むらく、妻吉、一円遊、李彩、花らく、円弥、遊輔、(ファーロン、シャーロン)

△賑江亭 鶴三、小円、福寿、竹山人、円弥、福三、むらく、福吉、(ファーロン、シャーロン)、文団治、米坡、紋弥、松喬、馬生、妻吉、米朝、李彩

【互楽派】

△第一文芸館 桂三、呂正、松竹、枝光、扇橋、国輔、藤遊、三平、正三、花団治、藤誠、慶枝、藤若、新朝、円童、左円太、正楽

△第二文芸館 福之助、慶枝、藤若、新朝、円童、呂正、左円太、松竹、正楽、扇橋、枝光、国輔、藤遊、三平、正三、花団治、藤誠

△赤沢亭 藤士、藤遊、正三、花団治、藤誠、慶枝、藤若、新朝、円童、呂正、左円太、松竹、正楽、扇橋、枝光、国輔

△京都菊の家 団治、団橘、真の助、立花、福太郎、福丸、円弥、文雀、扇枝、芝楽、春団治、文我、小勝、小満之助

明治392上席

◇三友派各席へ、三遊亭円右、同萬橘、橘家円坊、剣舞有村謹吾等が出演。

◇互楽派各席へ、東京の柳亭伝枝、青柳華嬢、松井小源水、東長治郎、洋行戻り不思議の曲芸者ハンスデーが加入

【桂派】

△幾代亭 文市、福助、文屋、文平、雀之助、文歌、小文吾、文太郎、南光、剣舞(千代子、君子)、文枝、奇術清国人、小文三、円馬、独楽助十郎、雀三郎、満州踊(手遊、後八、梅喬)、円三郎、文三

△金沢亭 文蝶、小文三、三若、雀三郎、円三郎、満州踊、千橘、三五郎、助十郎、文太郎、枝雀、文左衛門、南光、(千代子、君子)、小文吾、文枝、円馬、清国人奇術(邱現栄、張来喜、及寶山、李月山)

△瓢亭 歌太郎、三五郎、文歌、福助、小文三、雀三郎、枝雀、満州踊、小文吾、文三、助十郎、文枝、文平、清国人、(千代子、君子)、千橘、南光

△林家席 扇之助、吾竹、小文吾、文太郎、文屋、(千代子、君子)、文平、円馬、文歌、清国人、千橘、雀之助、満州踊、円三郎、文三、三五郎、助十郎、枝雀

△養老館 延光、勝枝、三五郎、助十郎、福助、小文三、吾竹、文平、文屋、文太郎、清国人、枝雀、雀之助、文歌、文枝

【浪花三友派】

△第一此花館 団幸、小円、福三、三代松、万橘、枝鶴、有村謹吾、遊輔、女道楽米坡、文団治、英米人(ファーロン、シャーマン)、円坊、若遊三、残月、可楽、米朝、(雁篤、花咲)、円右

△永楽館 枝蝶、若三郎、米朝、(雁篤、花咲)、遊輔、若遊三、米坡、福吉、残月、枝鶴、万橘、(ファーロン、シャーマン)、文団治、円坊、円右、可楽、松光

△第三此花館 福珍、三代松、我楽、有村謹吾、曾呂利新左衛門、残月、(ファーロン、シャーマン)、福三、円坊、(雁篤、花咲)、若遊三、米坡、円右、萬橘、福吉、扇蝶、文団治、遊輔

△紅梅亭 福治、団作、文我、松光、紋弥、円坊、文団治、扇蝶、円右、可楽、有村謹吾、松喬、(雁篤、花咲)、枝鶴、(ファーロン、シャーマン)、若遊三、米坡、残月

△賑江亭 福篤、笑鶴、松喬、扇蝶、円右、文我、可楽、紋弥、曾呂利新左衛門、松光、米朝、福三、遊輔、米坡、有村謹吾、万橘、枝鶴、(ファーロン、シャーマン)

【互楽派】

△第一文芸館 桂三、花団治、新朝、慶枝、藤誠、藤若、藤遊、伝枝、扇橋、華嬢、三平、松竹、左円太、円童、正楽、曲芸ハンスデー、枝光、正三、小源水、国輔、長治郎

△第二文芸館 藤遊、福之助、扇橋、松竹、左円太、円童、正三、花団治、小源水、新朝、枝光、藤誠、藤若、国輔、長治郎、華嬢、三平、慶枝、伝枝、正楽、曲芸ハンスデー

△赤沢亭 松竹、藤士、藤若、藤遊、枝光、正楽、慶枝、長治郎、国輔、曲芸ハンスデー、正三、伝枝、小源水、花団治、新朝、扇橋、藤誠、円童、左円太、華嬢

【地方】

△堺天神席 扇笑、松馬、団勇、松喬、竹山人、小円、生瀬、福治、文我、紋弥、曾呂利新左衛門

△京都笑福亭 団輔、真之助、立花、福太郎、芝楽、文雀、春団治、扇枝、小満之助、文之助、福丸、小勝、妻吉、円太郎

△京都幾代亭 芝平、枝助、新馬、福寿、三八、小伊勢、燕太郎、枝雁、橘童、橘女、年史、枝太郎、妻吉、妻奴、文都、李彩、文吾

△京都錦座 吾妻、可ン若、橘蔵、雪花、雪子、春輔、右内、若登司、枝三郎、雪嬢、砲兵、可楽

△金沢新冨座 文香、藤三、文蝶、圓輔、里鶴、和歌之助、松輔、馬琴、三輔、松鶴、大切茶番仁輪加

<編者註>文香は後の笑福亭円歌、和歌の助は後の笑福亭福円、三輔は後の桂ざこば、松鶴は二代目木鶴

明治392月下席

【桂派】

△幾代亭 雀之助、雀三郎、梅喬、文太郎、三五郎、文屋、小文三、円三郎、独楽助十郎、小文吾、文平、南光、文歌、手品清国人、枝雀、剣舞君子、円馬、千橘、文枝

△金沢亭 文蝶、後八、文平、三若、小文吾、君子、福助、手遊、千橘、文歌、清国人、文枝、小文三、文左衛門、円馬、助十郎、文三、円三郎、南光

△瓢亭 歌太郎、福助、文屋、手遊、文歌、後八、文平、三五郎、君子、円馬、雀之助、文太郎、文三、清国人、千橘、南光、雀三郎、助十郎、枝雀

△林家席 扇之助、三五郎、吾竹、小文三、円三郎、雀之助、文太郎、文三、後八、枝雀、助十郎、雀三郎、福助、君子、小文吾、文枝、手遊、文屋、清国人(邱現栄、及寶山、張来喜、李月山)

△養老館 延光、勝枝、雀三郎、文橋、吾竹、南光、福助、千橘、清国人、手遊、文屋、円三郎、助十郎、君子、小文三、後八、三五郎、文三

【浪花三友派】

△第一此花館 福治、団幸、米朝、松喬、円坊、小円、紋弥、円右、文団治、(雁篤、花咲)、枝鶴、有村謹吾、扇蝶、遊輔、米坡、若遊三、曾呂利新左衛門

△永楽館 枝蝶、若三郎、小円、福治、(雁篤、花咲)、米朝、円坊、可楽、松喬、紋弥、円右、右喬、若遊三、枝鶴、有村謹吾、扇蝶、米坡

△第三此花館 福珍、我楽、松光、笑鶴、円右、文団治、若遊三、右喬、謹吾、小円、可楽、松喬、米坡、(雁篤、花咲)、曾呂利新左衛門、米朝、枝鶴

△紅梅亭 笑鶴、団作、福三、文我、右喬、松光、福吉、枝鶴、扇蝶、米坡、米朝、紋弥、文団治、(雁篤、花咲)、円右

△賑江亭 三代松、枝鶴、福篤、竹山人、謹吾、扇蝶、文我、米坡、曾呂利新左衛門、若遊三、福吉、文団治、円坊、円右、松喬、紋弥、可楽

【互楽派】

△第一文芸館 鶴之助、桂三、藤若、花団治、藤遊、松竹、国輔、枝光、正楽、長治郎、正三、三平、小源水、慶枝、華嬢、扇橋、新朝、円童、左円太、藤誠、ハンスデー

△第二文芸館 松竹、福之助、新朝、扇橋、円童、左円太、慶枝、藤誠、藤遊、ハンスデー、国輔、花団治、正楽、長治郎、枝光、正三、三平、小源水、華嬢

△赤沢亭 藤遊、藤士、枝光、藤若、正三、小源水、華嬢、扇橋、新朝、円童、左円太、松竹、藤誠、ハンスデー、国輔、花団治、正楽、長治郎

【地方】

△堺天神金秀席 扇笑、松馬、団勇、生瀬、三代松、竹山人、福三、文我、松光(五日より松光病気の為、文我トリで扇蝶が加入)

明治393月上

【桂派】

△幾代亭 後八、小文三、文平、梅喬、文太郎、君子、福助、雀之助、助平、文三、手遊、枝雀、文左衛門、秋月、円三郎、文枝、雀三郎、紫朝、南光

△金沢亭 文蝶、文歌、三五郎、三若、手遊、秋月、円三郎、文太郎、小文吾、文枝、紫朝、文三、雀三郎、助平、君子、円馬、千橘、枝雀

△瓢亭 歌太郎、吾竹、雀三郎、文屋、文歌、千橘、南光、紫朝、秋月、円三郎、文太郎、君子、円馬、小文三、枝雀、小文吾、助平、文枝

△林家席 扇之助、福助、雀之助、小文吾、小文三、文平、梅喬、君子、円馬、助平、文屋、千橘、文歌、紫朝、南光、秋月、三五郎、文三

△養老館 延光、勝枝、文喬、吾竹、三五郎、小文三、秋月、枝雀、福助、文平、君子、南光、梅喬、手遊、文三、雀之助、文屋、円三郎

【浪花三友派】

△第一此花館 団幸、福治、団勇、小三治、文都、米朝、福三、若遊三、松光、芸妓連(小満之助、小伊勢、小まん)、小さん、曾呂利新左衛門、(ノラー、ジチー)、小勝、扇蝶、米団治

△永楽館 枝蝶、若三郎、小円、福三、若遊三、松光、芸妓連、円弥、小さん、文都、可楽、扇蝶、米団治、(雁篤、花咲)、(ノラー、ジチー)、小勝

△第三此花館 福珍、我楽、小円治、米朝、円弥、小さん、福吉、小三治、可楽、小円、(雁篤、花咲)、(ノラー、ジチー)、松光、文都、松喬、文我、曾呂利新左衛門

△紅梅亭 団作、新作、松喬、(雁篤、花咲)、福治、文我、(三八、三吉)、小勝、(ノラー、ジチー)、福吉、米団治、円弥、芸妓連、小さん、米朝、若遊三、文都

△賑江亭 福清、福篤、文我、米団治、曾呂利新左衛門、(ノラー、ジチー)、(雁篤、花咲)、扇蝶、米朝、福三、小勝、小三治、若遊三、可楽、松光、芸妓連、小さん

【互楽派】

△第一文芸館 桂三、鶴之助、慶枝、花団治、円童、左円太、枝光、正三、扇橋、ハンスデー、知遊、藤誠、三平、松竹、長治郎、藤遊、国輔、藤若、正楽、小源水、華嬢

△第二文芸館 枝光、福之助、藤遊、扇橋、正楽、松竹、小源水、国輔、藤若、華嬢、三平、慶枝、円童、左円太、正三、ハンスデー、花団治、知遊、藤誠、長治郎

△赤沢亭 松竹、藤士、藤若、国輔、三平、知遊、藤誠、長治郎、藤遊、花団治、正楽、小源水、華嬢、枝光、扇橋、慶枝、円童、左円太、正三、ハンスデー

【地方】

△神戸第一第二湊亭 笑三、南枝、鶴松、橘三郎、団輔、小文、福我、文団治、、妻吉、有村謹吾、枝鶴、橘童、橘如、清国人

△京都笑福亭 団橘、真の助、立花、福太郎、芝楽、福丸、春団治、右喬、扇枝、円太郎、円坊、紋弥、馬生

△京都幾代亭 千歳米坡、同米若、同色葉、橘家橘童、同橘女、清国人李彩、洋行戻曲独楽松井助十郎

明治393月下席

◇落語桂派各席へ31より東京の雷門助平、川上秋月、柳家紫朝の三人出演する筈。紫朝は富士松紫朝の二代目にて、同じ新内にても新機軸を出しをれりと。

◇三友派の各席へ明日より東京の柳家小三、小三治、小やな、小万、常磐津小伊勢、小満之助、米国婦人ジネー及びノラの両人が出席す。

◇互楽派各席へは東京より知遊、華嬢、小源水、長治郎、ハンステー等の曲芸が一日より出席する。

◇三友派の各席へ来る15日より清国奇術者韓希魁、袁鳳章、韓小陽、袁有発の四人出席す。

【桂派】

△幾代亭 文玉、雀之助、後八、小文吾、手遊、文平、小文三、三五郎、川上秋月、梅喬、文三、富士松節紫朝、文歌、助平、南光、剣舞君子、円馬、千橘、枝雀

△金沢亭 文蝶、梅喬、文平、三若、文太郎、雀三郎、君子、助平、枝雀、千橘、南光、文左衛門、円三郎、秋月、文三、小文吾、紫朝、文枝

△瓢亭 歌太郎、福助、雀三郎、梅喬、千橘、小文吾、文太郎、円馬、助平、雀之助、文枝、紫朝、文屋、円三郎、秋月、文三

△林家席 扇之助、三五郎、小文三、吾竹、文歌、雀之助、後八、円三郎、紫朝、文枝、秋月、福助、手遊、円馬、枝雀、雀三郎、助平、南光

△養老館 延光、勝枝、文喬、助平、福助、吾竹、文屋、雀三郎、小文三、小文吾、枝雀、文太郎、後八、千橘、文枝、手遊、文歌、三五郎

【浪花三友派】

△第一此花館 団幸、団勇、(雁篤、花咲)、竹山人、円弥、曾呂利新左衛門、小三治、英人(ジチー、ノラー)、小勝、可楽、福吉、米朝、小さん、若遊三、(小伊勢、小満ん、小やな、小満之助)、米団治、清国人奇術(韓希魁、袁鳳章、韓小陽、袁有発)

△紅梅亭 福治、団作、米朝、小文我、小円、若遊三、小さん、松光、(小伊勢、小満ん、小やな、小満之助)、米団治、清国人奇術、(ジチー、ノラー)、松喬、可楽、(雁篤、花咲)、曾呂利新左衛門

△永楽館 枝蝶、若三郎、松喬、小勝、(ノラー、ジチー)、可楽、(雁篤、花咲)、文我、(三吉、三八)、小三治、曾呂利新左衛門、若遊三、松光、清国人奇術、米朝、小さん、(小伊勢、小満ん、小やな、小満之助)

△第三此花館 福篤、小文我、文我、福治、松喬、清国人奇術、福吉、米朝、小さん、(ジチー、ノラー)、円弥、(小伊勢、小満ん、小やな、小満之助)、米団治、曾呂利新左衛門、松光、小勝

△賑江亭 我楽、小円、小三治、松光、米団治、(小伊勢、小満ん、小やな、小満之助)、竹山人、若遊三、清国人奇術、松喬、文我、(雁篤、花咲)、小勝、円弥、(ジチー、ノラー)

【互楽派】

△第一文芸館 鶴之助、慶枝、知遊、松竹、藤誠、藤若、小源水、華嬢、三平、正三、枝光、ハンスデー、藤ン坊、花団治、正楽、長治郎

△第二文芸館 福之助、枝光、花団治、正楽、長治郎、藤遊、円童、左円太、藤誠、松竹、小源水、華嬢、知遊、正三、ハンスデー

△赤沢亭 藤士、藤遊、円童、左円太、正三、ハンスデー、枝光、正楽、長治郎、藤ン坊、藤若、藤誠、松竹、慶枝、小源水、華嬢

【地方】

△名古屋富本席(十一日~十五日)笑福亭円篤、三升家さん馬、圓林、臥龍、福松、圓福、貞玉等(十六日~)文都、扇蝶、松川家妻吉等

△金沢新富座(十六日~) 駒枝、駒鶴、円林、円篤、三馬

明治39年4月上席

◇桂文枝は、後八と共に上京。4月1日より柳派各席に出席する。

【桂派】

△幾代亭 梅喬、雀之助、三五郎、福助、枝雀、文平、円馬、文太郎、手遊、文歌、南光、歌六、文三、雀三郎、円三郎、松永連

△金沢亭 文蝶、小文三、文屋、三若、文太郎、三五郎、円三郎、梅喬、歌六、文左衛門、枝雀、手遊、長唄松永連(松永和風)、円馬、千橘、南光

△瓢亭 歌太郎、手遊、文歌、梅喬、小文三、歌六、文三、文屋、松永連、雀三郎、文平、千橘、南光、岸沢節(照子、花吉)、三五郎、枝雀

△林家席 扇之助、文平、吾竹、雀三郎、枝雀、千橘、南光、岸沢節、福助、円馬、文太郎、円三郎、文屋、文歌、歌六、文三

△養老館 延光、勝枝、文屋、千橘、福助、手遊、文歌、吾竹、三五郎、文三、梅喬、小文三、枝雀、文太郎、文平

【浪花三友派】

△第一此花館 団幸、団勇、円弥、(雁篤、花咲)、小勝、福吉、曾呂利新左衛門、米団治、橘童、清国人、枝鶴、文団治、紋弥、(小満之助、小伊勢、いろは)、松光、可楽、馬生

△紅梅亭 団作、笑鶴、福治、(三八、三吉)、松光、可楽、文我、謹吾、松喬、馬生、円弥、小勝、橘童、枝鶴、清国人、芸妓連、米団治

△永楽館 枝蝶、新作、若三郎、松喬、米団治、橘童、清国人、枝鶴、松光、紋弥、芸妓連、曾呂利新左衛門、可楽、馬生、謹吾、大切仕掛道具入三十石乗合船桜宮賑わい(雁篤、花咲、文団治)

△第三此花館 福珍、松喬、米朝、文我、新作、馬生、芸妓連、(雁篤、花咲)、竹山人、可楽、謹吾、清国人、福吉、円弥、小勝、紋弥、曾呂利新左衛門

△賑江亭 我楽、三代松、松光、竹山人、謹吾、福三、紋弥、小文我、米朝、円弥、小勝、小円、(雁篤、花咲)、松喬、米団治、橘童、枝鶴、清国人

【互楽派】

△第一文芸館 鶴之助、松竹、慶枝、桜枝、藤遊、藤若、正楽、藤ん坊、花団治、枝光、正三、長治郎、三平、藤誠、円童、左円太、国輔、柳桜

△第二文芸館 藤士、枝光、国輔、花団治、桜[]ん坊、正三、長治郎、藤誠、円童、左円太、藤遊、松竹、三平、藤若、柳桜、慶枝、桜枝、正楽

△赤沢亭 慶三、藤遊、藤誠、円童、左円太、松竹、柳桜、三平、慶枝、正楽、国輔、枝光、藤ん坊、花団治、正三、長治郎

【地方】

△堺天神席 米朝、笑鶴、小円、団作、小団、福三、扇笑、松馬、三代松、生瀬、文我、文団治、清国人

△第一第二湊亭 文都、松井助十郎、李彩、柳家小やな、喬之助、文雀等

△京都笑福亭 春月、団橘、立花、萬州亭帰朝、福太郎、芝楽、小文吾、福丸、円坊、円太郎、春団治、扇蝶、扇枝、ジネー、ノラ

明治39年4月下席

【桂派】

△幾代亭 文玉、三五郎、文歌、福助、雀之助、円三郎、(照子、花吉)、文太郎、小文三、松永連(松永和風、和三八、鐡二郎、鉄四郎)、文屋、文左衛門、千橘、枝雀、円馬、歌六、南光

△金沢亭 文蝶、手遊、文屋、三若、文平、梅喬、南光、三五郎、文左衛門、歌六、(照子、花吉)、文歌、円馬、松永連、円三郎、雀三郎、文三

△瓢亭 歌太郎、梅喬、雀之助、小文三、三五郎、福助、千橘、歌六、円馬、文平、枝雀、文太郎、円三郎、雀三郎、手遊、文三、文歌、松永連

△林家席 扇之助、吾竹、文太郎、雀三郎、文鶴、円馬、手遊、梅喬、文三、雀之助、福助、南光、小文三、(照子、花吉)、歌六、文平、文屋、千橘、枝雀

△養老館 延光、勝枝、文橘、梅橘、文太郎、三若、枝雀、福助、文屋、千橘、雀三郎、文三、雀之助、文平、手遊、吾竹、小文三、三五郎、円三郎

【浪花三友派】

△第一此花館 団幸、団勇、小円、文我、竹山人、(雁篤、花咲)、円弥、馬生、文団治、(小伊勢、小満之助、色葉)、米朝、米団治、(橘童、橘如)、清国人(袁有発外三名)、可楽、枝鶴

△紅梅亭 団作、松喬、三代松、福篤、可楽、清国人、枝鶴、有村、福吉、米団治、(橘童、橘如)、(雁篤、花咲)、松光、(小伊勢、小満之助、色葉)、文団治、馬生

△賑江亭 我楽、小文我、新作、松喬、有村、米団治、(橘童、橘如)、米朝、清国人、(雁篤、花咲)、円弥、文団治、文我、馬生、松光、(小伊勢、小満之助、色葉)

△永楽館 光鶴、若三郎、笑鶴、福治、馬生、(小伊勢、小満之助、色葉)、小円、可楽、文我、枝鶴、(三八、三吉)、清国人、福三、円弥、米朝、米団治

△第三此花館 福珍、福治、円弥、米朝、文団治、笑鶴、福三、竹山人、任来興、小円、可楽、福吉、枝鶴、(雁篤、花咲)

【地方】

△堺金秀席 好遊、松馬、生瀬、松光、小文我、三代松、新作、有村、松喬

△京都笑福亭 春月、団橘、帰朝、立花、福太郎、芝楽、小文吾、福丸、春団治、円坊、扇枝、ノラー、ジネー、扇蝶、円太郎

△京都幾代亭 芝平、三八、新馬、春三郎、枝雁、燕太郎、年史、文吾、花円蔵、枝太郎、(長春、長勝)、若遊三、曽呂利、鶴之助

明治395上席

◇三友派各席へ5月1日より東京新橋の芸妓にて此の程まで北の新地平田席に稼ぎ居りし小峰、小歌の両妓が出演し、従来の小満之助、小伊勢等に加入する由。其の他にも東京より柳亭燕枝、錦枝、立花家花橘、円坊、三遊亭花円蔵、円寿、柳寿斎等が加勢に馳せ加はり、お馴染の円子も久々にて帰阪出席する筈。

◇三友派の雁篤、花咲、文之助、残月等が上京。5月1日より三遊派各席に出席。

【桂派】

△幾代亭 文玉、小文三、福助、文平、雀之助、文太郎、柳仙、文歌、千橘、三輔、一蝶斎、円馬、南光、張円桂、雀三郎、円三郎、文三

△金沢亭 文蝶、梅喬、手遊、文歌、三若、円三郎、南光、張円桂、小文三、文三、文太郎、文左衛門、柳仙、枝雀、千橘、三輔、一蝶斎

△瓢亭 歌太郎、雀之助、三五郎、文屋、福助、小文三、三輔、一蝶斎、手遊、南光、張円桂、雀三郎、円三郎、文歌、円馬、柳仙、枝雀

△林家席 扇之助、吾竹、文太郎、雀三郎、千橘、文平、円馬、柳仙、枝雀、福助、文屋、三輔、一蝶斎、文三、手遊、三五郎、張円桂

△養老館 延光、勝枝、文橋、梅喬、手遊、枝雀、文三、福助、円三郎、吾竹、三五郎、雀之助、文平、小文三、文屋、文太郎、南光

【浪花三友派】

△第一此花館 小文我、小円、団勇、福治、扇蝶、錦枝、馬生、柳寿斎、円子、(小伊勢、小峰、小歌、色葉、小満之助)、松喬、福吉、文団治、円坊、燕枝、若遊三、米団治

△紅梅亭 福治、円寿、団作、円坊、文団治、花円蔵、米団治、可楽、馬生、若遊三、燕枝、福三、枝鶴、柳寿斎、円子、扇蝶、常盤津連

△永楽館 光鶴、若三郎、福三、小文我、若遊三、小円、家橘、常盤津連、扇蝶、花遊三、米団治、円坊、馬生、松喬、錦枝、大切大道具入芝居噺燕枝

△第三此花館 団作、団幸、小円子、錦枝、柳寿斎、円子、福吉、福三、松喬、円坊、家橘、常盤津連、若遊三、米団治、文団治、馬生

△賑江亭 我楽、新作、笑鶴、家橘、円寿、松喬、可楽、円坊、燕枝、文団治、小円、扇蝶、花円蔵、枝鶴、柳寿斎、円子

【互楽派】

△第一文芸館 鶴之助、枝光、慶枝、円童、左円太、正三、東、藤ん坊、魯卿、藤若、橘枝、正楽、……藤誠

△第二文芸館 藤士、松竹、若司、花団治、藤誠、枝光、慶枝、円童、左円太、正三、東、藤ん坊、魯卿、藤若、橘枝、正楽

△長広亭 松竹、桂三、藤ん坊、魯卿、藤若、橘枝、正楽、若司、花団治、藤誠、枝光、慶枝、円童、左円太、正三、

【地方】

△第一第二湊亭 文都、文雀、小やな、喬之助、ノラー、ジチー、団京

△姫路船場旭館 橘童、橘如、福丸、円松、文馬、文我、萬州亭帰朝、三代松、芝楽、松光(十一日迄)

△京都笑福亭 春月、団橘、立花、福太郎、小文吾、扇枝、円弥、(任来興、任在文)、春団治、(三八、三吉)、米朝、有村、円太郎

△京都幾代亭 芝平、三八、新馬、桜枝、春三郎、枝雁、燕太郎、年史、文吾、柳桜、長春、長勝、助十郎、曽呂利、和楓(和三八、鉄四郎、鉄二郎)枝太郎、シヤーマン、フワーロン

△金沢新冨座 明治、正の助、梅左、小明、明学の西国坊明学一座

△金沢小福座 万治、清寿、松助、美奈亀、円篤、曲亭三馬

明治395月下席

【桂派】

△幾代亭 文玉、福助、手遊、三五郎、雀之助、文屋、小文三、文平、円三郎、文三、文左衛門、柳仙、雀三郎、枝雀、三輔、円馬、一蝶斎

△金沢亭 文蝶、雀三郎、文平、三若、文太郎、梅喬、柳仙、三五郎、文屋、三輔、手遊、一蝶斎、円馬、文三、文歌、千橘、南光

△瓢亭 歌太郎、雀之助、文屋、小文三、福助、円馬、手遊、南光、文太郎、柳仙、千橘、枝雀、三輔、三五郎、一蝶斎、円三郎、文三

△林家席 扇之助、吾竹、文歌、三輔、文三、千橘、一蝶斎、文平、円馬、小文三、福助、文太郎、円三郎、南光、柳仙、雀三郎、枝雀

△養老館 延光、勝枝、文橋、梅喬、雀三郎、枝雀、福助、文三、文歌、円三郎、南光、吾竹、千橘、小文三、文屋、手遊、三五郎

【浪花三友派】

△第一此花館 福治、団勇、新作、若遊三、家橘、曾呂利新左衛門、燕枝、松喬、扇蝶、米団治、円坊、文団治、柳寿斎、円子、枝鶴、(小峰、小満之助、小歌)

△紅梅亭 団作、小円子、福三、福治、錦枝、円子、(小満之助、小峰、小歌)、馬生、枝鶴、燕枝、家橘、扇蝶、松喬、(色葉、小伊勢)、円坊、米団治

△永楽館 米鶴、若三郎、松喬、扇蝶、米団治、花円蔵、(小伊勢、色葉)、円坊、曾呂利新左衛門、柳寿斎、円子、枝鶴、錦枝、(小峰、小満之助、小歌)、文団治、燕枝

△第三此花館 団八、団幸、円寿、円坊、馬生、新作、福吉、文団治、花円蔵、福三、(色葉、小伊勢)、曾呂利新左衛門、燕枝、小円、(柳寿斎、円子)

△賑江亭 我楽、小文我、花円蔵、枝鶴、文団治、柳寿斎、若遊三、福三、錦枝、(小満之助、小峰、小歌)、松喬、福吉、米団治、家橘、扇蝶、曾呂利新左衛門

【地方】

△京都笑福亭 春月、団橘、立花、福太郎、小文吾、扇枝、有村、円太郎、(三八、三吉)、春団治、円弥、米朝、(任来興、任在文)

△京都幾代亭 芝平、三八、新馬、桜枝、春三郎、枝雁、燕太郎、年史、柳枝、文吾、長春、長勝、歌六、助十郎、枝太郎、シヤーマン、フワーロン

△広島呉永福座(十三日~) 福一改め橘童、橘如、福丸、円松、文馬、円三郎、文我、帰朝、三代松、芝楽、松光

△金沢新富座 明治、文香、和歌の助、正の助、小まん、小明、明学

△金沢小福座 藤三、円輔、小蝶、花園、土谷、松助、円篤、松鶴、里鶴、さん馬

明治396上席

61日より浪花三友派各席へ、春錦亭柳桜、桂花団治、トンボ。お名残りとして、英国人ジチー、ノラー両人も出勤。小歌、小峰、柳亭燕枝等も引き続き出勤。

◇桂派各席へ、記憶術一柳斎柳一、同書記田中雷蔵、雷門小助六、春風亭柳昇等が出演する由。

【桂派】

△幾代亭 文玉、雀之助、小文三、福助、三輔、柳昇、記憶術柳一、文太郎、円三郎、枝雀、雀三郎、小助六、文三、文歌、千橘、南光

△金沢亭 文蝶、手遊、梅喬、三若、文太郎、三五郎、小助六、枝雀、柳昇、円馬、文左衛門、千橘、三輔、記憶術柳一、円三郎、文三

△瓢亭 歌太郎、三五郎、文屋、千橘、雀之助、文平、円馬、手遊、小文三、小助六、文三、柳昇、南光、雀三郎、三輔、記憶術柳一

△林家席 扇之助、吾竹、雀三郎、円三郎、文歌、文三、三輔、南光、記憶術柳一、福助、文平、枝雀、円馬、文屋、小助六、柳昇

△養老館 延光、勝枝、文喬、梅喬、吾竹、南光、福助、文三、文屋、雀之助、文歌、三五郎、小文三、手遊、文太郎、枝雀

【浪花三友派】

△第一此花館 光鶴、団勇、三代松、小円、柳寿斎、枝鶴、可楽、松喬、福吉、曾呂利新左衛門、(小峰、小歌、小満之助)、燕枝、(ノラー、ジチー)、円子、文都、柳桜、円坊、馬生

△紅梅亭 団八、団作、福三、円坊、福路、柳桜、(ノラー、ジチー)、一円遊、梅香、円子、柳寿斎、文都、若遊三、馬生、錦枝、可楽、米朝、切大道具入芝居噺燕枝

△永楽館 枝蝶、若三郎、新作、一円遊、錦枝、花団治、小文我、トンボ、馬生、(小峰、小歌、小満之助)、米朝、枝鶴、可楽、柳桜、円坊、松喬、若遊三、(ノラー、ジチー)、円子

△第三此花館 団幸、福路、小文我、笑鶴、米朝、若遊三、小円、燕枝、花団治、柳桜、新作、錦枝、福吉、枝鶴、(小峰、小歌、小満之助)、曾呂利新左衛門、一円遊、文都

△賑江亭 我楽、円寿、松喬、梅香、小円治、円子、曾呂利新左衛門、文都、(ノラー、ジチー)、円坊、馬生、トンボ、一円遊、花団治、米朝、燕枝、柳寿斎、枝鶴、(小峰、小歌、小満之助)

【互楽派】

△第一文芸館 桂三、鶴之助、藤遊、枝光、橘枝、正三、東、寿枝、若登司、左円太、藤誠、藤若、金輔、松竹、静子、三郎、正楽

△第二文芸館 藤士、寿枝、左円太、若登司、藤誠、藤若、金輔、松竹、静子、三郎、正楽、藤遊、枝光、橘枝、正三、

△長広席(大宝寺町) 正寿、松竹、金輔、桂三、静子、三郎、正楽、藤遊、枝光、橘枝、正三、東、寿枝、若登司、藤若、左円太、藤誠

【地方】

△第一第二湊亭 清国人(任来興、任在文)、松光、橘童、橘如、小やな、喬之助、花円蔵、南枝、団輔、福円、福我

△京都笑福亭 春月、団橘、立花、福太郎、小文吾、円弥、花楽、春団治、扇枝、有村、家橘、円太郎、文之助

△京都幾代亭 柳川一蝶、同蝶次、春蝶、春風亭柳仙、常盤家いろは、同みどり、同松葉、松井助十郎其他定連中

明治396下席

【桂派】

△幾代亭 文玉、雀之助、福助、文屋、文平、柳昇、南光、円馬、文歌、小助六、文左衛門、三輔、記憶術柳一、雀三郎、円三郎、枝雀

△金沢亭 文蝶、小文三、文太郎、三若、文歌、三輔、記憶術柳一、柳昇、三五郎、円三郎、文三、文屋、小助六、円馬、千橘、南光

△瓢亭 歌太郎、三五郎、雀三郎、円三郎、枝雀、文太郎、三輔、千橘、記憶術柳一、円馬、小文三、文三、手遊、文歌、柳昇、小助六

△林家席 扇之助、吾竹、文歌、千橘、雀之助、円馬、小助六、文三、文平、福助、手遊、柳昇、南光、枝雀、三輔、記憶術柳一

△養老館 延光、勝枝、文喬、手遊、枝雀、福助、小文三、文屋、雀之助、南光、雀三郎、千橘、円三郎、吾竹、文平、三五郎、文三

【浪花三友派】

△第一此花館 文我、団幸、団勇、柳勇、小圓、可楽、福吉、錦枝、(ジネー、ノラー)、若遊三、枝鶴、円坊、馬生、米朝、清国人奇術曲芸李彩、一円遊、文都、燕枝、(小峰、小歌、小満之助)、

△紅梅亭 団八、新作、団作、円坊、福路、花団治、文都、曾呂利新左衛門、清国人奇術曲芸李彩、福三、柳桜、梅香、(ジネー、ノラー)、松喬、(小峰、小歌、小満之助)、若遊三、枝鶴、柳寿斎、円子

△永楽館 光鶴、若三郎、小円子、錦枝、枝鶴、(ジネー、ノラー)、柳桜、円子、梅香、馬生、松喬、福吉、一円遊、福三、曾呂利新左衛門、燕枝、米朝、清国人李彩、文都

△第三此花館 文馬、笑鶴、松喬、米朝、文我、若遊三、(小歌、小峰、小満之助)、トンボ、柳寿斎、円子、花団治、燕枝、錦枝、枝鶴、円坊、馬生、可楽、(ジネー、ノラー)、曾呂利新左衛門

△賑江亭 我楽、福治、花団治、福三、トンボ、新作、燕枝、一圓遊、小円、(小満之助、小歌、小峰)、文都、清国人李彩、可楽、柳桜、柳寿斎、円子、梅香、円坊、馬生

【互楽派】

△第一文芸館 正寿、鶴之助、一奴、寿枝、三郎、静子、正楽、円童、左円太、若登司、橘枝、松竹、枝光、正三、東、藤誠

△第二文芸館 藤士、松竹、若登司、橘枝、枝光、正三、東、藤誠、一奴、円童、左円太、寿枝、三郎、静子、正楽

【地方】

△堺天神席 米団治、残月、文団治、(妻吉、妻奴)、扇蝶、福寿、鶴三、小米、(雁篤、花咲)、扇笑、団作、文雀、文我