明治4191日 名古屋新聞

富本 本日より雷門助平、昔々亭桃太郎、秋風亭米枝らの落語にて開演す

明治4191日 大阪朝日新聞

◇桂派各席へ本日より出演するは桂派従前の一座の上に筑前琵琶中村旭翠、新落語川上元治郎、立花家千橘出演する。

明治4191日 大阪毎日新聞付録堺周報(大阪堺)

天神席は今一日より落語連にて出番は左の如し

鶴二、扇笑、文楽、扇之助、小文三、一兵衛、文雀、文我、小さん、左圓太、米朝、文三

明治4191日 香川新報(高松)

<高松屋島座が戎座と改名>

屋島座の改名 當市内町屋島座は現今大川郡津田町掛鯛(かけたい)政吉氏の手に帰しをれる処、従来小屋係岡谷某なる者の為め人気よからざる由にて今回座を戎座と改め掛鯛自ら支配するとなりしと。

明治4191日 九州日報(福岡)

◇川丈座 二日目の番組は宝入船(小紋)長屋土産(紋冶)垂乳女達曲芸壷芸(紋吉)松竹梅(小圓)品川馬車手品(扇蔵)手踊(錦枝)即席噺(紋三郎)源兵衛玉(小圓次)□□(扇橋)浮世風呂音曲(金賀)親子茶屋手踊(紋弥)電気応用仕掛娘道成寺(紋弥)

明治4199日 名古屋新聞

富本 星野屋(朝坊)百川(圓勝)白木屋(門二)音曲古着(圓玉)おとぎ噺(柳孝)菅原息子(桃孝)御見立(小金遊)九段目(米枝)舟弁慶(助平)干物箱(桃太郎)長唄かつぽれ

明治4199日 鷺城新聞(兵庫姫路)

楽天席の尚武美談 市内竪町楽天席は當地に馴染みの浅からぬ旭堂南陵一座を迎え、九日より尚武美談を興行すべきが、宛も師父一道も帰阪中なりし事とて、一座に加はり来れる由にて

明治41913 京都日出新聞

<幾代亭改め芦辺館>

幾代亭改メ芦辺館にては愈々来る十五日より開場する筈なるが其出番順は左の如く大切には「式三番叟」引抜き所作事を楽屋総出にて勤める由、尚同連中は同じ日より堀川菊の家へ掛持ちすると 枝女吉、好史、三吾、三八、枝雁、三太郎、小三、枝太郎、小文三、年史、馬生、小満之助、まる吉、文吾、扇蝶、文三

明治41916 京都日出新聞

此程新築落成を告げたる新京極の芦辺館にては一昨日午後五時より予記の如く開場式を挙行したるが式は同席興行代理人田中諭吉が座主に代つて挨拶を述べ次に山崎琴書、大阪法善寺取締といふ人の祝辞朗読ありそれにて終り、次に数々の余興ありき当日は祇甲のお婆さん連、先斗町の綺麗首など沢山に入場したりき

明治41916日 名古屋新聞

富本 本日より東京落語研究会橘家一門にて開演。重なる連名は橘家圓蔵、三遊亭圓太、橘家蔵之助、三遊亭桃生、橘家幸蔵、同新蔵、同小かね、同杢蔵などなり。

<編者註>二十一日蔵之助(疝気の虫)圓蔵(夢金)二十三日蔵之助(衛生料理)圓(品川心中)二十六日蔵之助(為め金)圓(高尾之伝)

明治41918 京都日出新聞

笑福亭は去る十五日より桂小文をいふ当年十一歳の小供が出勤し芝居噺し手踊を演じつゝある由又同日より余興として大切に十五題即席噺といふを口演

明治41919 京都日出新聞

芦辺館にては今回落語改良の目的を以て落語日曜会といふを創設し例月日曜毎に開催する筈にて其第一回を明二十日正午より開き入場料を二十銭均一とし演題は神の賑ひ(三吾)函根問ひ(三八)八五郎坊主(小文三)子放り奴(年史)白菊(文吾)浮れの屑選り(扇蝶)夢の八兵衛(文三)義士(馬生)余興常盤津三保松富士曙(まる吉、小満之助)

明治41924日 北国新聞(金沢)

一九席 三遊亭圓福一座の東京落語にて花々しく開演せしが、見物大受けよく好人気の由。番組左の如し

龍宮城(小正)他行デモ道具(喬三)あわび貝(枝之助)あんま七兵衛手踊(小正三)新作音曲オヤオヤ節(圓輔)芝居はなし手踊(里鶴)きつね茶屋(圓福)つり気芝居道楽(二輪加)

明治41927 京都日出新聞

新京極芦辺館にては此程第一回落語日曜会を催し頗る好評を博したるが其第二回を本日正午より開会する筈にて大阪より燕枝も出席し先斗町より綺麗首が打揃ふて見に行くと会費は二十銭均一にて其番組は神の賑ひ(好)浮世根問ひ(桃太郎)唖の魚釣(枝雁)花と鼻(扇蝶)義士(馬生)煙草の火(枝太郎)未定(燕枝)仕込の大砲(文三)余興常盤津恵方万歳(まる吉、小満之助)

明治41929日 名古屋新聞

末廣座 同座は来月一日午後五時より昨年十一月同座に於て好評を博したる歌舞音曲笑話圓頂派一派にて開場せる由にて其顔ぶれには関西人情噺の泰斗三遊亭圓馬を始め春陽亭胡蝶、雀家翫之助、立花家圓三、圓丸、圓之助、圓天坊、圓子、圓華、圓雀及び同派の座長橘の圓等なりと

明治41101日 新朝報(愛知豊橋)

河原座 今晩より東京落語柳派中で老練家を以て名高き春風亭柳朝一座にて開場其顔触は春風亭枝笑、桃枝、枝六、柳人、柳福、鯉橋、信太郎等にて鯉橋の御題即席音曲談、信太郎の曲芸は奇抜ならんと

明治41101日 大阪毎日新聞

◇桂派落語家青年連の発起にて、桂芽(けいがく)会というを組織し、毎月一日十五日の二回、南地法善寺にて午後五時より開演の予定にて、第一回は今一日。出演者は、文屋、雀三郎、小文吾、雀之助、三木助、千橘、慶枝等なり。

明治41101 京都日出新聞

演芸 ▲芦辺館へ本日より新に加はるは東京より三遊亭小遊三、大阪より文都、花咲、清国人及宝山などにて其出番順は〆太、年の助、三吾、小文三、三太郎、桃太郎、年央、枝雁、三五郎、及宝山、小さん、文吾、花咲、文都、小遊三、扇蝶、文三 大切余興大道具入「秋の遊び裏の裏」を連中総出にて勤むる由、尚本日より総連中西陣座と掛持ち▲笑福亭は本日より橘家蔵之助が新たに加入し尚開業五周年に相当するより入場料を半額とし一座大車輪にて舞台を勤むる由其出番順は里若、団橘、橘太郎、円次、芝楽、福太郎、円平、小円太、文之助、蔵之助、内田、扇枝、花助、喜美子、円太郎 大切余興として喜劇「芸妓俳優比翼紋」を大道具入一座総出にて勤むる由

明治41104 京都日出新聞

今四日新京極芦辺館に於て第三回日曜会の催しあり会費二十銭開会は正午十二時にて其の番組左の如し神の賑(三吾)有田の名産(三八)忍びの長持(年の助)四季の花屋(三五郎)親子酒(扇蝶)忠信(文吾)曲独楽(源水)家主気質(文三)ハイカラ床(小遊三)子は鎹(文都)

明治41105日 神戸又新日報

今月の湊亭 ▲例の司馬龍生、人気さわ山とあつて本月も居据わりとなれり。此男の芸風は歯切れ可し、タンカの荒き為め称気品を失うの恨みあり、畳み込んで客をダラさぬは感心なる心がけと申すべし相撲を十八番とすれど技を磨かんとすれば人情の機微を穿つ底の資料を撰ぶ方徳ならんか昔角力新生と言われし人情噺の名人ありしが余り一方に偏して人気薄かりし、龍生なるもの演劇をも研究すべきなり。▲圓頂派の花形として利物なりし橘家圓坊現れる落語はサラサラとして癖なけれども今一息なりされど余興盆の一曲に至りては無類一品なり踊も圓の如く舞に成らずして藤間らしき足どりは嬉し盆の衣紋流しは心地よきまでに手際を見せたりわざとの仕損じに例の「やり直し」の愛嬌も面白し余事ながら圓馬去り此圓坊脱したる後の圓頂派は真に孤城落日の境遇に陥りしこそ哀れなり。▲古顔の福圓が見古しの「米砥ぎ」を見る他に真似手はあれど此男の如く真に米より飯になり澄せしはあらず但し砥ぎても砥ぎても玄米の如く又南京米の如く肌は白くならず見てもヒ子米なりヒ子米の人相頗る仏頂面の中に得も云へぬ愛嬌あり、但し落語家にイイ男は要らぬ事と本人の自白なりとか芸も東京に買われて後幾分垢抜けせるものの如し▲其他桂枝太郎、光雀、圓松、福我、南枝、小文、團輔例に依つて例の如くおのがじじ車輪の働き振りありしが此度は皆上手々々と褒め億く事とせり、夜長の伽は落語に上胡すものなかるべし。

明治41107日 名古屋新聞

金輝館 明八日より春風亭柳朝一座の東京音曲人情ばなしにて開演。其番組は左の如し

人形(枝六)はなし(柳人)手をどり(柳福)五だい即席音曲はなし(鯉橋)曲芸(信太郎)人情ばなし(柳朝)大功掛合(楽屋総出)

明治411011 京都日出新聞

新京極芦辺館にては例に因て本日第四回落語日曜会を開催するが番組は左の如く円蔵は大阪より態々出席する由なり開場は正午十二時にて会費は二十銭均一なりと竜宮旅行(桃太郎)歌根問(枝雁)四段目(小文三)春雨(年史)士族鰻(文吾)松山鏡(円蔵)冬の遊夏の新町(文都)按摩炬燵(文三)余興掛合噺(花咲、扇蝶)

明治411015 京都日出新聞

新京極芦辺館の本日より替る出番順は 落語(枝女太)同(年之助)同(枝雁)同(三八)音曲(三五郎)曲芸(三太郎)音曲(年史)手踊(小文三)声色(花咲)奇術曲芸(及宝山、小三)落語(文都)手踊(扇蝶)落語(文吾)手踊(小遊三)落語(文三)大切娼妓の手管客の懸引

明治411016日 新朝報

河原座 圓頂派にて今晩より開演同座中には立花家圓六、小圓、圓華、圓盆、圓天坊、圓九郎、圓三、春陽亭胡蝶、雀家翫之助等にて内にも橘の圓の歌舞は是迄大好評を博せりと云う

明治411018日 大阪朝日新聞

<講談師玉龍亭一山死亡>

◇初代一山死す 西区北堀江通二丁目居住講談師初代玉竜亭一山事徳野市兵衛は心臓病にて十六日午後一時物故せり。享年七十九。同人は府下中河内郡若江村大字中小坂真宗徳陰寺の住職徳野霊明の次男にて、幼年の頃より出家を好まず、経は読まずして絵本の武者伝のみを愛し、遂に講談師たらんと決心して二十三歳の時江戸に行き、名を徳野錦竜と称して講談師の群に入り、二十八歳にして東海道を経て吉田駅に泊りし時、暁天の富士山を見てその山容清秀なるに感じ、将来斯界の霸者たらんことを心に期して自ら玉竜亭一山と改名し、大阪に帰りて天満中木の席に根拠をかまへ、得意の「大閤記」と「大岡政談」とを以て好評を博し、爾来四十余年の久しき宿望の如く一方の驍将として推され、毎年一月一日に豊公誕生の巻を読み始め、八月の暑中には休業して、九月一日より難波戦記に移るを例とし、前講には煙草屋喜八を得意とせり。三十九年の春頃より心臓病に罹りしかば、頗る資産を貯へたるを幸ひ廃業して、二代目一山の名は西京の講談師氏原一に譲れり。曽呂利新左衛門が「交友人名録」を編したる事は曾て本紙に記せしが、第一筆は一山にして、過日新左衛門は其の病床を訪ひ、他日此の人名の演芸大会を催す時は出席せよといひしに、一山答へて「若し夫までに死だら草葉の陰から助力する」といひしとぞ。葬儀は十八日午前九時出棺岩崎墓地へ仏葬す。

明治411019日 北国新聞

◇一九席 既記の如く愈々本日より春風亭柳朝一座にて開演すべく。今晩初日の番組は左の如く

吉原すずめ(柳丸)昔はなし物真似(枝六)浮世風呂(竹枝)二十四孝手踊(柳福)五ツ面足芸(瀧太郎)音曲ばなし御題即席(鯉橋)ナイフ曲マリ大曲芸(信太郎)圓朝作美人の生埋(柳朝)大切芝居の写真(大一座)

明治411021日 大阪朝日新聞

◇興風会慈善大演芸会 二十五日午後二時より中之島公会堂に於て慈善大演芸会を催す…演奏目録の重なるものは左の如し。

 桂派と三友両派の落語、和洋音楽の合奏(秋調・秋香)、歌舞音曲(小満之助・満留吉)、筑前琵琶(旭翠・翠玉)、端唄揮毫(曽呂利)、こま廻しの曲(松井源水)等。

明治411021日 鷺城新聞

旭館の落語 船場旭館は二十一日より浪花三友派落語演芸会、三遊亭圓子一座を迎へ開演すべきが、連中は左の如く秋の夜長のつれづれなる折から好人気をみるべし。

落語(三遊亭圓子、圓二郎、三喬、花圓造、圓寿、小圓子、柳枝、花遊三)音曲舞(印度人サエモン、墺国人チアレアイブ)女浄瑠璃(竹本糸八)三味線(豊沢兵糸)山村流(花扇)女道楽長唄清元(八十松)浮世節(かほる)三味線曲引(柳寿斎)

明治411025 京都日出新聞

芦辺館は例により本日落語日曜会を正午より開催、大阪よりは小勝が出席する筈にて会費は二十銭均一、其番組は膝栗毛上の巻(三八)女学生の結婚(桃太郎)口合根問(小文三)後家の自惚(年史)性は善(文都)美術の名匠(小勝)胆つぶし(文三)散髪娼妓(扇蝶)蘇生の対面(文吾)余興奇術曲芸(及宝山、小三)

明治411028日 大阪朝日新聞

◇天満天神宝来亭席は二十九日より三日間、在阪講談師の研究会を開き、引続き一日より南陵、竹山人、一道、伯竜出席す。

明治411030日 大阪朝日新聞

◇二代目桂文団治は十一月一日午前十時より南地法善寺に於て先代文治及び初代文団治の追福供養を営み、献灯除幕式を挙ぐ。

明治411031日 大阪朝日新聞

◇浪華三友派各席へは明日より前一座の外東京より桂文治改大和大掾、三遊亭小遊三、司馬竜生、藤原年史、千歳米坡が来り加はり、紋弥も久々にて帰阪するといふ。