明治4171日 名古屋新聞

富本席 は三升紋弥一座にて今晩より開演。其番組は左の如し

昔ばなし落ばなし(三升紋平)滑稽ばなし(柳亭小ゑん)昔ばなし並に曲芸(三升紋三郎)音曲ばなし(鼠雷亭金賀)落語手踊り(柳亭錦枝)音曲ばなし(桂小圓冶)人情ばなし(入船亭扇橋)落語義太夫手踊り(三升紋弥)大切余興電気仕掛電球装置踊り娘道成寺狂獅子蝶の戯れ等)

明治4171 京都日出新聞

演芸 ▲幾代亭は本日より川上音次郎と共に洋行したる富士田千之助、松永鉄次郎、松永亀太郎等の外に大阪より久々にて桂歌之助が出席する由にて、枝太郎、文吾、年史などの定連は例の如し▲笑福亭は本日より千歳米坡が出席する筈にて其出番順は団橘、橘太郎、円次、芝楽、福丸、円太郎、円平、小円太、文之助、女道楽、扇枝、尚大切には喜劇「文違ひ」を見せると

明治4172 京都日出新聞

橘家席は今回浪花節の広沢当昇が借受けて昨日より浪花節の定席とし青年派の太夫は毎月交代にて出勤せしめ昼夜二回開場する筈

明治4173日 鷺城新聞(兵庫姫路)

◇楽天の大受け 竪町楽天席の桂文三一座の大阪落語は初日早々より大入りを占めをり、文三の掛取り、三輔の敵討、切りのハイカラ踊りなど大受けに受けをれり。

明治4176日 新朝報

東雲座 日本一の浪花節吉田奈良丸一座にて昨日初日を興行が非常の大入を占めたりと

明治4176日 名古屋新聞

抽選会大余興 一万円最後の大福引七月九日御園座挙行

手踊三升紋弥の落語「世界動物園」手踊「松づくし」引抜き福助踊り早替りかつぽれにして、松づくし即ち高砂丹前松の名所は碁盤の上の一本歯の下駄に乗り本三本扇の使分けをなす紋弥が大得意とする巧妙を極めたるものなり又富本席及び同一座の連中は一層興味を助くべく桂文福、三升家紋三郎、柳亭錦枝、桂小圓冶、入船亭扇橋出演の事となり其番組は左の如し

三十石(桂文福)高砂屋(三升家紋三郎)阿弥陀池(桂小圓冶)七段目(入船亭扇橋)

明治4176日 九州日報(福岡)

圓子の一座 小倉市育成座にては去る四日より一週間の予定にて圓子一座開演し毎夜大入りなりと。

明治4178日 新朝報

春風亭柳枝 東京落語界にて有名なる柳枝は来る二十五日より當市河原座に於て開演する由

東雲座 吉田奈良丸の浪花節は非常の好評の為一日日延べに十五銭均一にて上り高の半分を豊橋育児院へ寄贈する由

明治4179日 山陽新報(岡山)

大福座の落語 當市新西大寺町大福座にては、今九日より大阪桂文三一座の落語開演の由。

明治41716日 北国新聞(金沢)

◇一九席 既記せる如く同席改名開演後百回目に相当するより過般来小屋の手入をなし居たるが愈々出来上がりし由にて本日より大阪落語大一座にて花々しく開演すべく番組は左の如く。因みに暑中見舞として昨日ビールを本社に寄贈ありたり。

御祝儀二人旅(寿笑)商売調べ(文三郎)番部家物語音曲(笑之助)乱法医者歌舞(清子)愚者の代参手踊(金之助)芝居の戯れ蔵丁稚(金笑)恋の恨刀の女房の狂(茶番道化)蒟蒻問答(笑鶴)成田小僧(若遊三)大切余興(掛合)

明治41716日 名古屋新聞

富本席 今晩の語物は林家小正三の口合あんま手踊り、桂歳[年]之助の酒と徳手踊り、桂文朝の高宮川天狗の酒盛、三遊亭喬三の世界の遊行、其他数番、大切として教育文字當て引抜かつぽれ一座総出なりと。

明治41717日 名古屋新聞

富本席 音曲落語今晩の出し物左の如し

池田の猪買(桂文朝)歌根問(三遊亭喬三)空散財(立花家圓輔)ハイカラ八景(かる口)鼻ねじ(笑福亭里鶴)夕立浮世節(春廼家小まん)茶碗ねぶり(林家小正三)浮世床(桂年之助)銚子の変り目(立花屋千橘)

明治41718日 山陽新報

大福座の落語 當市新西大寺町大福座にて本日午前十時より黄薇紫紅(きさしく)会発会式をあぐることは既報の通りなるが、午後五時閉会の予定なれば、同座において開演中の文三一座は例の通り夕方より開演さるる由。

明治41719日 神戸新聞

第一湊亭 本日正午十二時(昼席)より晴雨に拘らず落語日曜會あり

龍宮城(圓楽)人丸山(鶴瓶)一分茶番(圓松)文子の講釈(光雀)袈裟茶屋(團輔)食堂楽舞越後獅子(福太郎)浪花名物初天神(南枝)清元新曲和歌の浦(喬の助)避暑案内笠置八景(福我)剣舞日本魂、踊ハイカラ踊り(菊團冶)納涼茶番船弁慶(福圓)軽口忠臣蔵七段目、付俳優の声色(花咲、雁篤)冬遊夏の新町(文都)

明治41722日 神戸新聞

柳座 昨日より同座は例の圓頂派落語の一座にて開場したるが、その顔ぶれは圓、圓馬と音曲家雀家翫之助等なりにて

明治41722日 鷺城新聞

旭館の昔ばなし 船場旭館は東京昔ばなし柳連三升紋弥一座を迎へ、二十二日より興行すべきが番組は左の如し

御祝儀(三升小紋)昔ばなし(三升紋冶)落ばなし(三升紋吉)滑稽ばなし(柳亭小ゑん)昔ばなし手品(入船亭扇蔵)落語曲芸(三升紋三郎)音曲ばなし(風雷舎金賀)落語手踊(柳亭錦枝)音曲ばなし(桂小円冶)人情噺(入船亭扇橋)落語義太夫手踊(三升紋弥)大切電気仕掛長唄はやし連中(杵家弥蔵、松家鉄三郎、杵家弥三吉、杵家弥三二郎)

明治41724日 大阪朝日新聞

◇浪花三友派の落語家は二十四日北の新地永楽館に集合して天満宮に参詣し、同派より奉納せし地車を飾りて打はやし、二十五日は各席とも雨天にあらざれば臨時休業をなし渡御のお供に加はりて何か趣向を演する由。

〈編者註〉川渡御の行列第十二番目に、揃いの浴衣に蝦色の鉢巻勇ましく渡御に列した。

明治41724 京都日出新聞

幾代亭は前席主金井の手を放れて大阪三友派の定席となる事は既報の通にて目下改築中なるが落成の上は芦辺館と改称し九月一日より余程変つた趣向にて開場すると

明治41724日 神戸新聞

會下山下劇場の開場 予て建築中なりし會下山(えげやま)下遊園地内の湊川座、西村座、竹福座、松本座の四劇場は愈々明二十五日から開場する事に決し當日は朝十時より無料入場券入煙火百五十を打上げ松本通三、四丁目に綠門を設け盛に開場式を行う由なるが湊川座は英国清国の奇術と喜劇、西村座と竹福座は浮れ節芝居、松本座は壮士の身振芝居なりと云う。

明治41725日 新朝報(愛知豊橋)

河原座 本日夕より開演一座は柳枝、柳桜、楓枝、年枝、柳、柳之助、金柳、枝六、小仙、仙太郎等の顔ぶれにて何れも十八番の専売物演じる由番組左の如し

落語手をどり(柳櫻)おとし話し(年枝)はなし百面相(枝六)百笑話(柳之助)清元三府浮世ぶし(やなぎ)音曲はなし(楓枝)噺てをどり(小せん)滑稽人情噺(柳枝)大切余興洋行戻り滑稽曲芸師(仙太郎、金坊、小仙)

勝関亭 落語家立花家橘之助一座にて昨日より開場

明治41727日 神戸新聞

西宮戎座 同座は昨日より大阪落語家曾呂利新左衛門の一座にて蓋を開けたり

明治41731日 大阪朝日新聞

◇桂派の内文枝、枝雀一座は名古屋地方へ、仁左衛門一座は泉州地方へ、文屋、慶枝、石村親子一座は北国地方へ、何れも八月早々巡業に赴く。

明治41731日 京都日出新聞

笑福亭の八月一日よりは桂小文吾、屋万治、文の家福太郎等が新たに出勤し例年の通落語大相撲穴探しを催し諸方より寄贈の景品を贈呈する外大切には大道具入怪談話を催すと

明治41731日 香川新報(高松)

玉藻座の落語 一昨日より興行の當市片原町同座の桂文三一座の落語は、座員いずれも精選したる若手揃いとて酷暑中にもかかわらず景気よく、贔屓客を迎えをれる由。

明治4181日 北国新聞

◇一九席 既記せる如く東京落語研究会幹事として斯道の大達者と呼ばれ居る橘家圓蔵一座にて愈々本日より花々しく開演する筈。今晩初日の番組は左の如し

影芝居(歌舞伎十八番)落語蒟蒻問答(杢蔵)百人坊主手踊(新蔵)浮世話音曲(幸蔵)落語慈善家余興草々(蔵之助)落語物一流元祖物真似(圓太)三味線曲引滑稽音曲(ぎん蝶)専門足踊獅子の曲(桃生)十八番廓五人廻し(圓蔵)大切吉原夜景紀文の遊び(楽屋出揃い)

明治4181日 名古屋新聞

富本席 は大阪落語桂文枝一座にて今晩より開演、其番組は左の如し

寶入船(雀四郎)伊勢参り(歌太郎)遊山舟(あやめ)鳥屋坊主(枝朝)新町ぞめき(文蔵)猫忠(文福)せむし茶屋(雀三郎)ろくろく首(枝雀)ぬけ雀(文枝)

明治4182日 香川新報

玉藻座の落語  今五日目の出し物は、伊勢参宮(三二郎)竜宮界(扇の助)盲目景清(三蝶)曲芸物真似(三太郎)白人芸者(小三)厩火事(傳枝)身体運動皿廻し(及寶山)四季楽屋(三五郎)春雨茶屋(小文三)転宅の夢(三輔)百年目(文三)

明治4187日 九州日報

川丈座の盆興行 東中洲同座にては盆興行として来る九日より大阪女浪花節日本一京山光高一座の別嬪揃いにて開演の筈なるが、自ら日本一と名乗るだけ浪界では腕に定評がありと云う。尚右一座の余興には目下当地滞在中なる三遊亭圓三郎改め三笑が出席し、落語手踊を演すべしと云えり。

明治4187日 名古屋新聞

美殿座 岐阜市の同座は昨六日より落語怪談噺林家正蔵一座にて開演

明治4189日 大阪朝日新聞

<京都新京極の幾代亭、芦辺館と改称し三友派の席となる>

◇浪花三友派にて譲り受けたる京都新京極幾代亭は芦部館と改称し、九月一日より東京大阪同派の重なるものを選定し花々しく開場する筈。

明治4189日 香川新報

桂文三の一座 丸亀市南条町戎座において来る十一日より桂文三一座の落語興行

明治41810日 神戸新聞

第一湊亭 にては明十一日舊盆十五日に相當するより臨時落語日曜會を催す由なるが番組は左の如し

鳥屋坊主(圓楽)池田山猪買(鶴瓶)位牌屋(鶴松)笊売(鳥屋)按摩七兵衛(團輔)延陽伯(南枝)清元夜彗星(喬之助)菊水文庫(福我)嘘講釈(菊團冶)大晦日(福圓)舞の手素振(小文)奇術(ハンスデー)孝女お綱(華嬢)活惚踊南画揮毫(秀甫)名人盛信(龍生)

明治41811日 新朝報

河原座 先年當地興行音曲を以て好評を博せし立花家千橘、小橘、橘三、文朝、圓助、笑福亭[]鶴、林家小正三、春の家小まん大一座にて毎夜六時開場にて一昨日の如き立錐の余地もなき程の大入を占めたり

明治41811日 名古屋新聞

南駅座 今夜より大阪の音曲落語桂文枝一座にて開演。

明治41811日 大阪朝日新聞

◇浪華三友派の落語連は十五日より七日間堺市卯日座劇場にて納涼芝居を開演す。芸題は「夏祭」三幕、中が「二十四孝」の十種香、次が「扇屋熊谷」二幕、切りが「かつぽれの総踊り」

明治41812日 北国新聞

◇一九席 橘家圓蔵一座は連日好人気中の所愈々本日を以って千秋楽をすべく番組は左の如く。因みに十三日初日にて富山旭亭へ乗込み、次は高岡寿座を打ち、九月一日より五日間若手二名を加えてお名残興行をなす由

太田道灌(杢蔵)代わり目音曲(幸蔵)たらちめ手踊(新蔵)かじか沢(蔵之助)肝潰し(圓太)曲引(ぎん蝶)足の獅子曲(桃生)無学者(圓蔵)大切茶番(総出)

明治41812日 九州日報

三笑のひとり舞台 (前省略)就いては最も人気にはまっているのは、三遊亭圓三郎改め三笑の落語手踊なり。同人は圓子一座の花形として呼び物なりしが、病気の為当地に一人滞在しをたるより、退屈しのぎやら、金儲けやら、ヤラヤラ主義より席主のすすめに従って余興を演ずる事になりし由なるが、何を言うにも理屈張った読物の間に淡白した落語だから、鰻料理の箸休めに奈良漬かじるような心地。殊に一昨夜は同人得意の「三枚起請」と言うので満場は大受け。手踊りは得意の「浅くとも」他一種とステテコなりしが、楽屋の唄が好し、三味が好かったので一層引き立てみたりなり(後省略)

<編者註>三遊亭圓三郎:本名山本庄三郎。二代目文團治の弟子で桂團三郎から、圓子の弟子となり三遊亭圓三郎。後互楽派に入り三升。神戸で橘ノ圓の弟子となり明治四十五年三月に三代目橘家圓三郎となる。

明治41815日 名古屋新聞

金輝館 は去る十一日より春風亭柳枝、鏡味仙太郎一座にて開演、好人気にして今晩の出し物番組は左の如し

寿限無(枝六)落語手をどり(小せん)真田小僧(柳之助)清元明烏(やなぎ)□□川(年枝)かけまん(楓枝)一分茶番(小柳枝)ぼうだら(文楽)和歌三人(柳櫻)御祭佐七(柳枝)一つ大まりの曲水の曲(金坊、小仙、仙太郎)

明治41815 鷺城新聞

旭館の音曲ばなし 當地船場旭館は、浪花三友派音曲ばなし笑福亭松光一座を招き、十五日午後六時より興行すべきが、当地馴染み多き一行なれば好人気をえる事なるべく。其の連中は左の如し。

(女道楽)東家小満の助、浪花家まる吉(芝居はなし舞)笑福亭福吉(落語)桂春團冶、笑福亭福篤、桂団昇、三遊亭一兵衛、桂団松、滑亭新作、笑福亭梅香、笑福亭松光

明治41815 京都日出新聞

四条南座の円頂派一座の歌舞笑話は愈々本日初日其入場料は 一等(三十銭)二等(二十五銭)三等(十七銭)四等(七銭)

明治41816 京都日出新聞

四条南座の円頂派一座今晩の番組は 吾妻の旅神の賑(円子)こぶ弁慶(円之助)鳥屋引導(円天坊)百人一首(円丸)真田小僧(円三)曲芸火災棒并倒さ□子滑稽手踊(胡蝶)万歳の女郎買(翫之助)怪談牡丹灯籠(円馬)古今笑話(円)

明治41817 京都日出新聞

○南座の円頂派 半季ぶりに目見得をした南座の円頂派の初日を一昨夜覗いて見た歌舞笑話と標榜して落語を主として居ないだけにそれには拙劣だが所謂芸尽しには看客に軽蔑されないだけの長所を有(も)つて居る。就中(とりわけ)胡蝶の曲芸誰れやらの植木の幽霊話などが振つてた円は愛嬌だけで持てるので話も踊も拙い円馬の怪談牡丹灯籠は円朝死後の今日推重するに価するものがある当夜は発達から幸助が飯島平左衛門に仕へる処までより口演しなかつたが真面目な話振りの上渋味があるから看客が傾聴する併しこの人の癖として始終可厭(いや)な表情をするので一部の看客は悪感抱いて永く聴くを欲せぬ損がある終りの競馬は道具の都合で出幕にならず他のものをやつたが昨夜からは演じた筈だ(花)

明治41821日 大阪毎日新聞

◇桂文枝、仁左衛門、同枝雀の一連は、来る二十四日より一週間神戸大黒座にて興行。後来月一日より当地桂派の席に出勤。

明治41823日 大阪毎日新聞

◇堺卯の日座に落語芝居開演中なりし三友派の曾呂利、文団治、松鶴、円若等は、昨日同座を打上げ、今二十三日より南地紅梅亭に毎夜六時より、向う一週間演芸会を催し、切には一座総出にて、東京流のかっぽれ踊りを見せる由。

明治41824日 神戸又新日報

<神戸の桂派興行>

大黒座 明二十五日より浪花桂派落語桂仁左衛門、文枝、枝雀等の一座にて開場。一等三十銭、二等二十銭、三等十銭、四等五銭の等級制度でお開きに達する由

明治41826日 神戸又新日報

大黒座 昨日午後六時より一週間限り日延べなしにて開演せる大阪桂派の頭領桂仁左衛門、文枝、枝雀其他の大一座は景気凄まじく大歓迎を受け居れり昨紙にも記載の如く當地は三友派連の独占する所となり桂派は文三一派が先年朝日座、柳座にかかりし外未だ指を染めず今回の如き同派の粋を抜き大挙して出演する事は実に十八九年振りの由にて仁左衛門は南光時代、文枝は小文枝時代に當地に馴染み深く其技量は落語通間に既に定評あり又今回の呼物は余興に出す一人相撲にて関取柳喜酒に行司一口勘太夫が出演し鬘を冠り本土俵をしつらへ四十八手の裏表を見せ頗る滑稽を極めたるものの由尚同人へ大阪の贔屓より積俵二十本の寄贈ありて納涼傍々笑いに出懸けるも面白かるべし。

仁左衛門の海難 片岡家の総大将、松島屋と早合点すべからず此仁左衛門は昨夜より大黒座にて張扇面白く顎を解かしめつつある桂派の頭領仁左衛門の事なり。昨日同人を旅宿なる相生町浅勢館の二階に訪れしに丸二引の染抜き浴衣を付けダブダブと太った体を動かしつつ愛嬌よく迎えたり。席には枝雀と顔馴染みの湊亭南枝もありトボケな話に花を咲くせつつありしが仁左の曰く。本月だけは大阪の定席を抜けることになりましたので避暑かたがた堺から紀州と打ちまして本月十一日から明石王西座で四日間と十五日から淡路洲本の弁天座で五日間打ち御當地は今晩から御厄介になることになりました。ハイ真打は今晩文枝が遣りますと私は明晩と云う風で隔晩に勤めます。左様で御座いますな別にお涼し相と申す話も御座いまんが今度明石から淡路へ渡ります時に一人前にタッタ十九銭、一座十一人で二円内外のお鳥目を倹約したお陰でスツテの事で命を終ろうとしモウ。是からは僅かの事にケチケチするものじやないと悟りを開きました。夫は明石から洲本へ渉りますのに兵庫まで来ますと大きな桂川丸と海蒸気が出てますので一寸も心配がありませんものを蒸気に乗りますと十九銭高くなるからと明石からちっぽけなストンポチに乗りますとサー大変です。岩屋を廻ると旋風で船は揺れる丁度上等に乗っておりました私等は生憎と上等室が船頭なものですから第一に浪を被るやら泣き出すもの小間物屋を出すものイヤハヤ大騒ぎで気の早い座中はもう駄目だとて念仏唱えたのさへある中々洲本迄乗切る勇気がありませんので志筑で艀船(はしけ)を雇つたのですが其亦志筑が非常に浪の高い港で命辛辛上陸しまして半分は其所から桂川丸で半分は陸行することに致しました。イヤモウ大変な目にあいましたアハハハ。

明治41827日 神戸又新日報

桂派の落語 大黒座の桂派落語は久々振りとて素晴らしい好人気で流石領袖連の腕ツ揃いとて其面白さたらない。三友派の派手にドンチャン囃し立てるのとは素噺しをミツチリ聞かせるのは流石で、初日に仁左衛門の三十石は老練感服の外なく増喜山の滑稽一人相撲は如何にも滑稽、三代目文枝の勤勉貯蓄の事実談は聴衆をして思わず耳を傾けしめた、其他一座は大車輪の暑さ忘れには持つて来いだ。因みに初日は七時に大入札止めだつた。

明治41828日 名古屋新聞

末廣座は本日午後五時より洋楽東京大阪音曲落語等の演芸大会にて開演。初日十銭均一

桂市十郎、桂水月、桂慶枝、桂小市(四歳)

明治41828日 大阪朝日新聞

<桂文左衛門、落語界を引退し、桃子と名乗って心学道話の人となる>

◇文左衛門の退隠(心学道話の先生となる)

 桂文左衛門といえばハヽアあの爺(おやじ)かと、当薬(せんぶり)に煎じ詰められた者でも直ぐ笑ひ出す。これを今更改まつて関西落語界の大将でござると口上いふにも及ぶまい。併し渡辺儀助本年六十五歳と名乗を揚げさせたら、円い顔の手合も四角になつて、根ツから面白くないと不審を打つであらう。ところが其の文左衛門の儀助どの、今度このたびいよ〳〵桂派を退いて心学道話の先生になるといふ。何しろ二十六歳の時から見台を敲き初めて四十年、寄席信心の多くの輩に頤を解かせた罪をかしいとて大真面目、長堀大宝寺町南へ入る明誠舎に入つて山河堂桃子と号す。この明誠舎といふのは天王寺の山田春郷氏が会長で心学道話の道場、さて代り合はせまして山河堂とは、爺(じじ)は山へ柴刈りに媼(ばば)は河へ洗濯にの昔咄から採つたもの、大きな〳〵桃が流れて来たといふのをきかせて桃子とは頑是なし。

文左衛門この思ひ立ちは俄のことにあらず、たゞフワ〳〵と人を笑はせてばかりゐて石鹸球(シャボンたま)のやうに消え果つるは余り本意ないと或る時大いに感ずる所があつたが、このほど門人一同を自宅に呼び集め、実は予ての志望(のぞみ)なれど機会(おり)なきまゝ打過ぎたり。いよ〳〵この月限りに退隠して心学道話に身を委ねたし。併し全く落語界と関係を絶つにあらず、今までの地位は三代目文枝にゆづり、長らく巡業せし三遊亭円馬一派を迎へ入れ、自分は顧問となり、文屋を幹事としてます〳〵桂派を盛大ならしむべし、方々勉強頼むといひ渡し、「気をつけて見れば貴き稲の花」。これはフト心に浮びたる愚詠なり、稲の花は只見れば何の華美(はで)もなけれど大切な実を結ぶ、味はひはここじやでここじやでと早(はや)道話口調なりき。

明治41828 京都日出新聞

岩神座の団九郎一座は昨日を以て千秋楽、本日より円頂派一座の音曲笑話にて開場する筈なるが一座は本日宝恵籠にて乗込む都合の由今晩の番組は伊勢参り二人旅(円之助)兵庫船曲芸(円天坊)音曲并煙管の曲(円丸)士族の車、手踊(円三)植木の化物(翫之助)獅子の曲(胡蝶)新古笑話、手踊(円)人情噺(円馬)大切余興十五題即席噺

明治41829 京都日出新聞

岩神座の円頂派一座昨日の初日は珍らしき事とて評判却々よろしかりし、尚入場料は一等(三十銭)二等(二十銭)三等(十銭)四等(五銭)

明治41829日 大阪朝日新聞

◇桂派の文屋、松雨親子一座は昨日より名古屋末広座に出勤し、打上次第帰阪して当地桂派各席へ出勤すといふ。

明治41830日 大阪朝日新聞

◇浪花三友派各席へは九月一日より東京より柳亭燕枝、同梅枝、曲独楽松井源水出勤す。

明治41830 大阪毎日新聞

◇松島の文芸館及び内本町第二文芸館は明後日より開場。従前の一座へジョンベール、青柳華嬢、ハンスデーその他二三名が加わる由。

明治41831 京都日出新聞

演芸 ▲岩神座の円頂派は頗る好評を博し大切の競馬には勝つた者へ諸方の贔負先より景品の寄贈などあり大いに賑ふと▲笑福亭は九月一日より内田秀甫、桂三輔の二人が新たに加入する筈にて其出番順は 団橘、橘太郎、円次、芝楽、福太郎、福平、小円太、扇枝、花助、喜美子、秀甫、円太郎、三輔、文之助