明治4151 京都日出新聞

興行界 ▲幾代亭は本日より東京名物会寿家岩てこ、鉄三郎、小てこ、てこ助等が新たに出演する事と決り大切は落語引抜き所作の早替りを出すが其役割は忠信、白拍子、幇間(枝太郎)鼓の藤太(桃太郎)長唄、浄瑠璃、鳴物(年史、小円馬、三八、枝雁、好史)▲笑福亭は本日より女道楽月の家うさぎ、杵屋はな、同まく、立花家喜美子、桜家花助及び真誠剱舞の渡辺五郎、多賀井菊之助、坂本清等が出演の他松鶴改め笑福亭竹山人も出勤する筈▲橘家席は旭堂南陵、笑福亭竹山人にて開場▲尚笑福亭の橘家円太郎は神戸へ行くと

明治4152日 神戸又新日報

第一第二湊亭 本月の顔ぶれは立花家圓太郎、東家小満の助、北陽丸吉、笑福亭梅香、文の家福太郎、三友亭小圓冶、笑福亭福冶などなり。

明治4153日 中国新聞(広島)

柳座はブラック一座の奇術

明治4154日 大阪朝日新聞

◇落語家運動会 桂派落語家は五日午前十時より住吉公園に於て運動会を催し、当日は競技数番の外に角力を取組む事とせり。行司は桂文屋、呼出し小三にして、取組の顔触左の如し。

 水月対文福、三五郎対左円太、文暁対文蔵、小文吾対三木助、小文三対てこ助、及宝山対吾竹、文枝対仁三郎、扇之助対枝朝、雀之助春光、文三対仁左衛門、仁助対あやめ、雀四郎対伝枝

明治4155日 鷺城新聞(兵庫姫路)

楽天席の落語好評 竪町楽天席において去る一日より大阪三友派落語大一座にて各自得意の技芸を演じ頗る喝采を博しをれるがその顔ぶれは左の如し

御祝儀(小圓)昔ばなし(団寿)東京落語(小圓字)大阪はなし(三呑回)はなし顔芸(花圓遊)浮世節新内端唄(十松)大阪はなし舞(圓三郎)三味線曲引(柳寿斎)山村派舞(花扇)大阪はなし箱まくら曲(圓寿)音曲手踊音楽(墺国人チアレアイブ、印度人サエモン)東京音曲はなしステテコ(圓子)清元流行歌浮世節(かほる)

明治4157日 神戸又新日報

姫路戎座 飾磨郡國衢(こくく)村の者が発起し今春来姫路駅前鷺陽橋開墾地に新築中なりし戎座は七日午前九時より落成式を挙ぐる筈なりと

明治4158日 満州日々新聞(大連)

大山館の親遊會 当地在住の芸人にてお馴染みの三枡家〆太、京山若八、浮世亭○○、竹本井筒太夫、豊澤喜笑、松林黒燕、三枡家福太郎、岡田利義、青柳春水等が一團となり親遊會なるものを設け内地に帰還せんとする芸人中旅費なき為困難し居りし者を是迄も度々救助し居りしが右資金を積立つるの計画を立て之が資を仰がんとて大山館と交渉の上同館にて開演する事となりたり入場料は下足共金二十銭にして黒燕は義士銘々伝を読み大切に景品付講談穴探しを催すべく議長を岡田利義に弁護士を青柳春水として打出し前の花を咲かせるという。

明治4158日 鷺城新聞

<姫路戎座開場>

戎座の舞台開き 當駅前西上町戎座の落成式は予記の如く七日挙行し素人浄瑠璃を催して中々の盛会なりしが尚同座は舞台開きとして大阪歌舞伎座市川白蔵一座を招き九日より前狂言「菅原伝授手習鑑」中幕「信州川中島」切狂言「隅田川真面影」を興行すべきが一座の顔触は左の如しと。

中村歌仙、嵐妻三郎、中村宗若、片岡若梅、尾上玉之助、市川三昇、中村梅丸、中村桐若、嵐葉左衛門、市川右次丸、市川荒次、沢村調三郎、沢村調十郎、中村芝加三郎、市川利九蔵、中村高之丞、坂東豊次郎、市川白蔵

<編者註>姫路は、七福座の焼失後、劇場はしばらく山陽座だけであったが、戎座誕生により二つの劇場となった。

明治4159 香川新報(高松)

玉藻座の落語 既報の如く愈々一昨夜より開演せしが、初日頗る人気好く當夜の如きは小まんの清元北州、若遊三の役者物真似、千橘が得意の都々逸何れも耳新しく大切の喜劇は飽くまで馬鹿馬鹿しきに大喝采と博せりと。尚今晩の読物左の如し。

百人坊主(文朝)盗人の仲裁(喬三)空財布(圓輔)二人癖(小正三)刀屋丁稚(里鶴)清元保名物狂(小まん)一枚起請(年の助)五十世紀(千橘)成田小僧(若遊三)大切にわか総出幽霊の競争

明治41510日 新朝報

河原座の落語 好評を博したる三代目浪花家辰之助の披露興行は本日限りにて明十一日よりは立花家近松、かね子、近之助、花之助、福圓、左近、紀國家文左衛門の落語音曲一座にて開演する由

明治41511日 神戸又新日報

湊亭慈善會決算 過日第一湊亭に於て席主菊野菊松及び出演者一同、番頭、お茶子、下足番に至るまで共同にて開催したる慈善演芸會の決算は左の如くにて収金十五円八十銭は本社へ託して貧困者善行者等へ贈るべしと

揚がり高金二十一圓六十銭△内三円五十銭大阪より出演者汽車代△二円三十銭菓子代△差引実収十五円八十銭

明治41515日 名古屋新聞

富本席は今十五日より昔々亭桃太郎一座に春風亭柳叟等を加えて開演する由

明治41515 京都日出新聞

幾代亭の所作落語は本日より「質屋蔵」と芸題を替へたるが其役割は舞衣裳精、菅原道真精(枝太郎)小柳繻子の精(枝雁)大島紬精(三八)女洋服精(桃太郎、好史、喬枝)

明治41515日 九州日報(福岡)

圓頂派の乗込み 圓頂派落語大一座は本日川丈座に乗込む筈にて乗込み次第町囃し賑わかに町廻りをなし即夜開演の都合なるが今回は名残りとして目新しき趣向の演芸を仕組むべく余興としては社頭の松又各地に於いて好評を博したる二十世紀露宮の夢其他は道具を要することゝて目下孜々として道具調整中なり。本日の番組は三人尼買(圓角)小倉船並に紙立の曲(圓作)米国舞踊(一)吾妻音曲並に煙管の曲(圓丸)天災並に曲芸(圓三)故圓朝翁作圓馬十八番「塩原多助一代記」(圓馬)芝居廻り並に盆の曲踊(圓三)狐茶屋並に舞(圓)大切露宮の夢(圓外数名)

明治41517日 大阪朝日新聞

<桂派の紛擾①>

◇寄席の紛擾 桂派分離せん 

党派争ひが落語界の上にまで及んで腮を外させ、お臍の宿替をさする手合の睨み合ひこそ憂(うた)てけれ。

 天満杉の木亭の席主代理に下村竹次郎と云ふ者あり。一寸法律のことをも弁(わきま)へ居れるより、昨年九月、桂派の規約を草し、桂一派の連中の判を取り、自ら代表者となり、懲罰委員を置き、賞罰を明かにせんとて、席主にては杉の木、瓢亭、落語家にては文枝、枝雀その委員となりて、竹次郎が委員長となり賞罰を行ひしに、その遣り方面白からずとて、一派の間に苦情絶え間なかりしが、本月五日、住吉にて桂派の運動会を開きたる時、竹次郎が一派の者に対(むか)ひ、こゝにて一同講座以外の隠し芸を演れと言ひ出したるに、一同これを斥け、物貰ひではあるまいし、野天井で芸を演れとは怪しからぬと憤慨するものあり。瓢亭、金沢の両席もこれに同意したるより、竹次郎は翌日瓢亭へ向け、この上は各自の自由の行動を取ることにせんとはがきにて云ひ遣りぬ。これより先、瓢亭が金沢席の者と共に都家歌六外三名を伴ひ奈良に赴きたることあり。竹次郎はこれを見て、かたがた自分を出し抜きたるものなりと想像し、これを分離の口実とし、幾代亭と共に別に新桂派を組織せんとし、文三、三助外数名の同意を得たる由なるが、旧桂派の連中はこれを聞いていよ〳〵臍の尾を固め、この上は一同袖を聯ねて幾代、杉の木を離れ、金沢、瓢亭を根城にして飽くまでも新桂派に拮抗せんと敦圉(いきま)き居れるに関らず、其の分離期が来月一日以後とは何処までも落語家式で暢気なり。又幾代席は旗色の如何に関らず此分離実行の暁は浮れ節にて開場する覚悟なりと云ひ居れり。喀様(かよう)の次第にて桂派は目下猶ごた〳〵の最中なりとぞ。

明治41519日 神戸新聞

慈善演芸會 剣操術陽春流岩規正憲氏発起人となる来る二十三、四日両日午後五時より市内下山手通神港倶楽部にて神戸訓盲院のために慈善演芸會を開催すべしという入場料一等一圓、二等五十銭、三等三十銭なり番組左の如し

◎二十三日 ・・・・・喜劇「日の丸」曽我廼家小四郎、粟亭東■、■亭東市・・・・

◎二十四日 ・・・・・喜劇「狂獅子」曽我廼家小四郎、信濃家半才、大和家寶来、講談「義士銘々伝」翁家ぜん馬・・・・落語「仕込の大筒」桂文三・・・・

明治41524日 満州日々新聞

◇興行もの ▲大山館 色物興行相変わらず大受けわけて新たに加わりたる都亭市丸の三味線曲弾が呼物なり ▲花月席 元井筒座々主寺尾勉が太夫元にて満州座の軍人劇で有名なる伊勢一座に大阪若手俳優市川團蝶市川琥珀郎が加入し其上にお馴染の青柳春水岡田利義等二三の新俳優が加わりて新舊両派合同の大一座にて昨日より興行

明治415252629日 大阪毎日新聞

<桂派の紛擾②>

◇桂派は何うなるか 

当地の落語桂派中に目下妙なゴタ〳〵話が持上つて居るという事は風の便りに聞いて居たが、尠し深這入りして様子を探つて見ると中々其騒ぎが大きい。実は桂派の死命を制する一大事件であるには却つて聞く吾々が意外の思をした。

先づ第一の事件は淡路町幾代亭が前席主西村元次郎の手を離れて一万二千円の端(はし)た金で天満の浮れ節国光席主原盛千代の手に渡つた事である。これは昨年十月の事であるが、然し大変な事で、幾代と云ひ西村と言ひ桂派に取つては忘るべからざる記念席、記念人物が一敗地に塗れて、其持席を他に譲るのは同派に取つて如何ばかりか残念な事であらう。即ち桂派は茲に破綻の緒を開いた。

幾代亭を買つた原は一時ソノ興行権を桂派の文三に譲つた。譲つたといふのは可笑しく聞えるかも知れぬが、兎も角も興行人として五月以来幾代の管理を文三に一任した。ところが恰度それと同じ時分である。天満天神裏門の前林家席が杉の木と改名して新内八蝶席に移り、同時に下村竹次郎といふのが席主となつた。これがそも〳〵騒ぎの基となるのだ。

これより先、桂派には前々から其所属四席の席主中より互選で一人の代表者を選んで席主一切の代理をする慣例であつたが、何分にも同派中唯一の元老である幾代亭主人はフラテンとなつた際であつた事とて、金沢は例の席主がお構ひなし、瓢亭は名代のお人よし、其処へ今度杉の木の主人となつた下村といふのは、三百代言の理屈を尠しは捻くる男であるといふので、此男をソノ代表者に選んだ。(525

◇桂派はどうなるか(つづき) 

選まれて桂派専属四席の代表者となつた杉の木の下村は、これを機として出来るだけ自分の勢力を落語家仲間に押拡めやう、それには先づ腹心の徒党を作らねばならぬ、徒党を作るには恩を売るねばならぬといふので、茲で増給問題が起つて来た。

桂派は余程以前から木戸銭割を廃して全部月給制度になつて居る。否独り桂派だけでなく当地の落語界は凡て月給制度である。東京では木戸銭の部割を定めるのは彼の世話役の五厘である。当地で給料額を定めるのは所謂四席の代表者で、此代表者と落語家中の座長と理事が相談して定める規約になつて居るのを、下村は例の売恩主義から、己れ席主の代表者となつたのを幸に、他の三席の主人へは勿論相談をせず、落語家の座長側にも一切秘密で、唯理事だけと密々に協議した上、三四人の鹿連へ突然増給の辞令(でもあるまいが)を渡した。此相談に与つた桂派の理事といふのが外でもない桂文三ぢや。

後に此事を聞た同派の座長桂文枝及び他の真打連はさア承知せない。新参の下村が吾々に一言の相談もせず、従来の慣例を破つて勝手放題に連中の増給をするとは怪しからん、ソレモ公平に誰が見ても道理と思ふ増給をしたのならば格別、一向増給をする要もない凡倉(ぼんくら)連(主として文三の弟子)をのみ撰り出したのは不服である、何うにか今後を取締らねばならぬと、一面下村へ抗議を申込むと同時に、一面同派の宿老文左衛門へ言葉添へを頼み込んだ。文左衛門もかくと聞くて、それは下村が甚だ穏かでない仕方だ、よろしい何うにか談判をして見やうと言てる中に、更に不思議な出来事が起つた。

時は本月十日の事で、桂派の矯風会第六十九回を法善寺の金沢で開いた。ソノ番組を印刷したチラシに妙な文句が書れてある。文左衛門の名の上に「大真打」、文三、枝雀の名の上へ「真打」、これは異議はないが、其次へ持て行て仁左衛門の名の上へ「準真打」と書て、次に三木輔の名の上へ「真打候補者」と印刷したのだ。無論同派の何人もかゝる相談に与つた事がない。之だけでも寝耳に水の出来事である上へ、猶更に奇怪な出来事が最う一つ重なつて生じて来た。(526

◇桂派はどうなるか(続き) 

南光の仁左衛門は桂派をして今日あるに至らしめた同派に取つては非常に恩のある男で、今渠(かれ)が酒に魂を奪はれ技芸迄が荒んで人気を失ふに至つたからと言ふて、其頭上に準真打などゝ書く権利は同派の何人も持つては居らぬ。渠は明らかに文枝、文三と対等の位置を占得る資格がある。後輩枝雀の下などに断じて位置すべからざる男である。

三木輔の真打候補者と来ては更に沙汰の限りである。渠は仁左衛門の弟子で、最初手遊と言ふた時分から前途頗る有望ならざる奴であつたが、今に至るも技芸はトント上達せない。真打の候補どころか中軸に出世するさへが覚束ないものを、何の見る処があつて彼様(あんな)事を書いたか奇怪であると連中一同眉を顰めたところへ持て来て、更に一つの怪聞が伝へられた。

怪聞とは何ぞ、外でもない仁左衛門が真打から準真打に下落すると同時に其給金迄が引下げられたといふ噂である。然して前記顔ぶれの上へ真打とか準真打とか勝手な名目を書き入れたのも、仁左衛門の給金を引下げやうとしたのも全く彼の杉の木の下村一人の計らひである云々といふ事。同派の者はかくと聞て非常に驚いた。恁(こ)う下村一人に勝手な真似をされては将来が案じられる、何(ど)うにか制裁を加へて貰はねばならぬと騒ぎ始めた事が下村の耳に入つたか何(ど)うか、杉の木は突然本月上旬席主代表者を辞任したい旨申出た。

けれどもそれでは却て又事を大きくするやうなものだから、成るべく穏便に済(すむ)さへすれば済(すま)すのが可矣(いい)と、金沢亭の代理長岡玄四郎といふのが瓢亭と相談して一応面会したいと下村に申込むと、そんなら本月十三日に会合しようといふ返事があつた。ところが突然其前日の十二日に杉の木の楽屋へ妙な張紙が貼付された。曰く、桂派落語中同志の者は相談致したき事あり、十三日午前中当席に来れ云々。此張紙によつて集つたのが桂文三を筆頭に三輔、小文三等都合八名。此結果は頓て文三等の破門となつて二三日前世間に発表されたので、桂派は即一方の大将文三等を失ふ事となると共に、文三等は又茲に便る処なきフラテンの身の上となつたのだ。

以上桂派分離の真相である。知らず、今後の桂派は果して何(ど)うなるか。(529

明治41527日 大阪朝日新聞

◇桂派各席へ六月一日より東京の音曲家柳亭楽丸、同福楽、同芝吉の三人出勤す。

明治41529日 徳島毎日新聞

緑館の落語 本夜より開演、重なるものは、清元北州千歳寿(春の家小まん)浮世節八堅人曲芸(三遊亭若遊三)大晦日浮れの掛取(立花家千橘)音曲専門等なり

明治41530日 大阪朝日新聞

◇浪華三友派は六月一日より東京より神田祭り、神楽踊松本知賀之助一座及び長唄富士田千之助、杵屋君三郎、落語三遊亭しん遊、講談即席揮毫内田秋甫等を迎ふるよし。

明治41531 京都日出新聞

興行界 ▲笑福亭は来月より橘家円太郎が神戸より帰つて出席する外大阪三友派より桂文団治、桂米朝などが加入する▲橘家席の講談は来月より蓁々斎葉林が出席すると

明治4161 京都日出新聞

幾代亭は本日より一柳斎柳一、土橋亭りう馬、富士松ぎん蝶等が新たに加入する外昨年より東京に出席して居たる松輔が鱗史と名を改めて戻り枝太郎始め定連にて開場

明治4161日 北国新聞

◇福栄座 豫記の如く源氏節所作事岡本美根都司大一座にて昨日より開演したるが、初日早々大人気を占めたる由。

◇一九席 東京落語立花家橘之助一座にて愈々本日午後五時半より花々しく開演すべく、一座中へ寿屋岩でこ一座を呼物として、差加える由。今晩初日の番組は左の如し。

落語手踊(橘誉)落語曲芸(橘太郎)落語(橘寿)音曲噺(橘松)滑稽落語振事(左近事七代目むらく)新作落語振事ステテコ(華玉川)人情噺(小圓馬)東京掛合噺の元祖茶番掛りナイフの曲(小てこ、鉄三郎、岩てこ)みやび神楽浮世節櫓太鼓曲引(橘之助)大切出揃(総出)

<編者註>尚、この興行の番組は、カテゴリー「三代目圓馬の記録」に集録。

明治4161日 神戸新聞

湊亭 同亭は本日より桂文都、ジョンペール、笑福亭梅香、同福太郎、三友亭小圓冶等が御目通して例の得意の物を聞かせる由

明治4161日 満州日々新聞

花月席 大阪青年浪花節の腕利京山愛昇一座にて初お目見得にて八人の大一座毎晩の大入りなり

明治4161日 中国新聞

圓頂派の落語 明二日より中嶋集産場内胡子座にて東京落語圓頂派の圓、圓馬等の一座にて開演す。

明治4162日 新朝報(愛知豊橋)

◇演芸 東雲座 昨日より活動写真▲河原座 一昨日より音曲講談砂川米政一座▲浜松歌舞伎座 一昨日より桃中軒星右衛門

明治4164日 中国新聞

圓頂派の落語 中島集産場内胡子座の圓頂派落語橘の圓一座今晩の出し物は御祝儀(圓幸)七度狐(圓角)西の旅紙立の曲(圓作)洋楽(秀華)ダンス(圓華)音曲煙管の曲(圓丸)長久命盥の曲(圓三)芝居の噺盆の曲(圓三郎)人情教話(圓馬)天災碁盤の上手踊(圓)大切勧進帳安宅の松(圓、笹子、蘭子)

明治41611日 都新聞

落語洗濯会 十四日立花亭の番組は道灌(扇録)たらちね(紋三郎)浮世床(柳之助)芋どろ(年枝)初音の鼓(栄枝)意地くらべ(勝次郎)八笑人(寿楽)弥次郎(小勝)ずっこけ(柳枝)ライオン(紋弥)稽古屋(翫之助)芝居の穴(扇橋)薄雲(扇歌)卒(小柳枝)

明治41613日 北国新聞

◇一九席慈善興行 豫記の如く下新町一九席にて本日昼夜二回、小野慈善院及び市内貧民等の為めに、慈善興業を催すべく。番組は左の如し。

▲昼の部 影芝居(橘太郎)和歌三神(橘誉)歌根問(橘松)水中の曲芸ナイフの曲(鉄太郎、小でこ、岩でこ)音曲剣舞手踊(華玉川)素人車(むらく)お軽勘平道行浮世節葉唄(喬之助、橘之助)源三位茶番(鉄太郎、小でこ、岩でこ)

▲昼の部 影芝居(橘太郎)道灌(橘誉)歌根問(橘松)曽我の一番目(鉄太郎、小でこ、岩でこ)音曲剣舞手踊(華玉川)社頭の松(むらく)清元浄瑠璃勧進帳浮世節葉唄(喬之助、橘之助)馬鹿の嫁入(鉄太郎、小でこ、岩でこ)

▲手踊の部 雪の路、槍さび、わしが國さ、御所外数種(東廓芸妓連二十名出演)

明治41616日 大阪朝日新聞

<桂文屋と桂小文吾>

◇文屋の浮名儲け(珍物画伝中の人物) 上大和橋東詰に住む桂派の落語家文屋(四十年)といふは、先代も軽口たりし程あつて、腹の中から扇子と湯呑とを持て出たかと疑はるゝ滑稽男、本名も桂陀羅助と呼ばれ、曾て本紙の「珍物画伝」にも生擒られたる事あり。此の年になるまで女房持たぬ事、陶器の素焼を無二の道楽とする事も寄席通の疾くに知る所なるが、近頃此の男新町方面に足繁く通ふより、早くも仲間は耳目を峙て、流石の仙人も堕落したと見える、去るにてもアノ変り物を相手とするは如何なる茶人の胤なるぞ、相手を見届け偽仙人の化の皮引(ひき)むきくれん、誰かある、此探偵方引受けよと、重立ちたる者下知すれば、予てこんな事には物馴れたる同派の小文吾事本名阪田谷助は、北堀江下通三丁目に住み、新町廓内の事情にも通ずるを幸ひ、自ら進んで此の任に当り、付けつ廻しつ探偵するを、文屋が知り、四五日前小文吾に向ひ、事露見に及べば是非もなし、来る十四日の朝我が家に於て竊に我が秘事を打明け手腕のほどを示すべし、御身一人にて来るべしといへり。偖こそな彌(いよいよ)仙人が尻尾を出したなと北叟笑(ほくそえみ)、十四日の夜明を待ちかね、自分も文屋の情婦(いろ)に外形(みえ)張る為、仕立卸しの紋付羽織に新柄のセルをまとひ、ニコ〳〵物で出かけたるに、何ぞ図らん、見渡す座敷に艶(なまめ)かしき物とては影だに見えず、主人文屋は道服めきたる茶色の羽織をまとひ、座敷の中央に端座して、前に自製素焼の釜をかけ、鹿爪らしく身構へたり。然も件の釜は珍妙不思議の新工夫、釜ともつかず、土瓶ともつかず、文福茶釜も宜しくの珍型にて、四下(あたり)の道具も悉皆化物式なれば、ハテナ此奴(こいつ)或はテキさんに魅(つま)まれたかも知れぬぞと、小文吾底気味悪く眉毛に唾をつけをれば、文屋真面目に両手をつき、折角の御入来、別にお見せ申す物とてはなく、只此の珍型の釜を以て一服差上げたい許りである、ナニ手腕を示すといふたのは茶碗を見せるといふ事ぢや、マア〳〵嫌でも僕の手前を賞玩あれと、故意(わざ)と葛湯もどきにねばらせたる濃茶を三杯も強(しい)つけたれば、茶の湯の嗜好(たしなみ)少しもない小文吾の迷惑一方ならず、偖は一杯手盛を喰たかと腹は立てども喧嘩も出来ず、這々(ほうほう)の体にて引取りしのみならず、服(の)みつけぬ濃茶三杯まで引(ひっ)かけたが為一昨夜は夜はよもすがら茶に振られて一睡も出来ず、アヽ情けない目に逢はされた、忘れても人は疑はぬものぢや。

明治41617日 新朝報

河原座の落語 一昨日開演中の東京落語三遊亭金馬、松川家妻吉等の一座、腕無し芸者が呼物となり非常の好人気にて大入を占めつつあり本日の出物は

落語写絵(小遊太)かわり眼(朝笑)落語立物(金勝)やかん(金輔)鼻ねじ(萬歳)地口(談志)落語ステテコ(六歳金登喜)尺八の曲(花堂)振り事口書(妻吉、小妻)芝濱(金馬)大切新喜劇(総出)

明治41618 京都日出新聞

京都倶楽部の余興 同倶楽部にては来る二十日午後七時より例月余興を催す筈なるが其番組は落語二人旅(橘太郎)曲芸手踊(副丸)落語念力景清(扇枝)同勧業芸妓、音曲(小円太)同動物園、画ばなし(文之助)清元神田祭(花助)手踊(喜美子)

明治41619日 大阪朝日新聞

◇桂派組合寄席の内天満天神境内の杉木亭は文三桂派分離より一時休業したるも、今度和解なり、来る二十日より桂派首領文左衛門落語を始める事となりたれば、其の出勤座員は今十九日車を列ねて同座に乗込式を挙げる筈。

明治41620日 神戸新聞

西宮三浦座 西宮三浦座は昨十九日より笑話家圓派圓馬、圓三、女芸人芦子等の一座にて開演せし由

明治41621日 中国新聞

横町勧商場は石井ブラック一座の喜劇を開演す 
明治41622日 神戸新聞

洲本の桂文三一座 淡路洲本弁天座に於ては一昨夜より大阪の桂文三の一座乗込み興行中なるが近頃稀なる人気あり

楽天の女太夫 姫路竪町楽天席にては去十九日より大阪女太夫竹本長廣一座にて興行中なるが目下山陽戎両座とも休業中なれど毎夜大入を占め居れり。

明治41623日 都新聞

宮戸座 二十三、二十四の両日午後一時開場大演芸会を催す。番組は海老一△踊(長之助、延太郎)△落語(圓左、小圓朝)△老松踊(寿童)△清元おさん茂兵衛(清元家内太夫連中)△葛の葉、扇の使い分(小南、一奴)△浪花節津田三蔵(峰吉)△常磐津(式左連中)外数番

明治41623日 鷺城新聞

旭館の滑稽噺 船場旭館は二十一日より左の連中にて音曲滑稽を興行すべし。

笑福亭里鶴、桂文朝、三遊亭喬二、桂年の助、立花家千太郎、立花家円助、林家小正三、春の家小満、三遊亭若遊三、立花家千橘

明治41623日 九州日報

◇川丈座 昨紙既記の如く圓子と外人の合併の大一座は今夜より開演し、その演目左の如し

宝の入船(三喬)東遊び(扇笑)始末庄屋(小圓子)芝居噺並に浅くとも手踊(圓三郎)人の癖並びに曲芸(花円蔵)三味線曲引(柳寿斎)曲芸(圓寿)六歌仙舞並びに手踊(花扇)新内(女道楽八十松)しじみ茶屋並びに吹寄浄瑠璃(圓生)音曲舞ステテコ(チアレアイブサエモン)端唄(女道楽かほる)真田小僧(圓子)

明治41627日 都新聞

紋弥と扇橋 柳派の三升紋弥は扇橋と組みて、一座を組織し七月一日出発、名古屋の富本席へ乗込み打上げ後は九州地方を巡業の筈。

明治41628日 鷺城新聞

落語出し物 船場旭館における大阪音曲はなし合併大一座の二十八日の出し物は

百人坊主(文朝)花色木綿(喬三)空散財(圓輔)始末の極意(里鶴)親子茶屋(小正三)清元神田祭(小満)子誉め(年の助)中幕二○加発音機(総出)せんきの虫(若遊三)野ざらし(千橘)大切深川染(総出)

明治41630日 大阪朝日新聞

 三友派各席へ七月一日より東京の落語家りう馬、小円馬、円坊及びヴワイオリンの秋調、秋琴、筑前琵琶の藤原民子、台湾歌妓許玉秀等が出席する由。

明治41630日 神戸又新日報

中道亭 講談席舊湊川中の土橋中道亭は明一日より昼夜興行で翁家せん馬と東京講談師秦々斎葉柳をかける。

旭堂一道 先年上京して好評ありし講談師旭堂一道(先代南陵)は明日より兵庫中道亭に出演す由

明治41630 鷺城新聞

楽天席の七月興行 市内竪町楽天席は七月興行として桂派の大関桂文三一座を迎へ三十日より蓋を切るべきが番組は左の如くにして大切には座員総出ハイカラ踊りの目新らしき所を見すべしと云ふ。

落語手踊(扇の助)落語即席(三蝶)曲芸物真似(三太郎)落語手踊(小三)落語手踊(傳枝)落語音曲(三五郎)落語音曲舞(小文三)奇術皿廻し(清国人及寶山)落語音曲(三輔)落語(文三)