大正6年

上方落語史料集成 大正6年(1917)1月

大正611

◇新年の寄席(大阪)

❍三友派 法善寺紅梅亭、北の新地永楽館、新町瓢亭、福島延命館、空堀沢井亭、御霊あやめ館。

交代連は水戸芸妓連の踊り、天長斎ミカド以下の活動式演芸、奇術其他同派幹部連全員出演。

❍反対派 法善寺花月亭、天満花月亭、新世界花月亭、松島花月亭、上町富貴亭、堀江賑江亭、平野町此花館、松屋町松竹座、千日前小宝席、福島龍虎館、玉造三光館その他数ケ所。

出演者:円太郎、枝雀、円遊、円、千橘、文治郎、文雀、三輔、五郎、喬之助、喬栄その他。

❍大八会 天満宮崎亭、楽天地朝陽殿、千日前三友倶楽部 

◇新年の寄席(京都)

❍芦辺館(三友派) 小染、万十、円之助、枝雁、三八、古堂、文之助、小文、馬琴、小文三、小助次郎、万三、柳昇、万光、円坊、文三。西陣館(同かけ持)、大宮仏光寺泰西館(同かけ持)。

❍笑福亭(反対派) 円十、輔丸、東兵衛、円之助、若呂光、呂光、福松郎、円二郎、円歌、左楽、一円坊、太郎坊、円笑、直造、文治郎、高蝶、小高、円太郎、蒋賢忠、揚永山、三尺坊。

大正611日 大阪時事新報

至難(むつか)しくなつた落語 =漁仙の述懐=  

落語家の足を洗つて寄席の高座から一足飛びに画壇へ這ひ込み、生玉寺町の隆専寺で曽呂利新左衛門といふ町人臭い旧名の葬式を済まして、キリストよりも二日早く画仲間に甦つてその名も漁仙と改めた曽呂利の先生、簀巻にした絵筆や顔料を蔵めた頭陀袋をブラ下げ画会から画会を飛び廻り天晴の画仙振りを発揮して居るが、その仙生活の新しいだけ未だスッカリと肚からの画仙になり切れず、雨につけ風につけ元の下界が恋しく、時折り時事問題を捉へては新しい落語に作り、元の門人連にこれを授けては高座でやらせて居るが、此人の述懐に、昔の落語家は初老の四十歳がツバで、大抵四十になると引退して了つたものだ。ちくがさんも此ツバで引退しましたが、その頃私はまだ二十四五で、真乎にひよひよして居た頃でした。此ちくがさんの四十二歳の折りに「三枚起誓」と夫れから外に二つばかしの話を習ひに行きましたが、モウ席を廃めて二年からになるのでうろ覚えになつたから肝腎の骨だけを教へやう、一体落語といふものも時代によつていろいろに変へて行かなくては駄目だ、マア此骨へ肉や皮を付けて工夫して見なさいといふ話に、三日目にちくがさんを招んで聞いて貰ひました処、大層褒めて呉れました。

その後私が没くなつた文団治に此の話をヤハリちくがさん流に教へましたが、遉に工夫のある人だけ復私のとはその趣が違つて大変宣うなりましたが、その余の者はいくら考へても師匠その侭で一向に面白い処がな

夫れに今の者は理屈張つて居て添への洒落まで時代といふ型へ入れて詮議立てをするので、根つから興味のある話が出来なくなつて了つた。

私がまだ席を勤めて居る頃、名古屋で馬生と一座をしましたが、或る晩楽屋で自分の出を待つて居ると馬生が高座で「紺屋高尾」の話をして居た。聞いて居ると盛んにウケるので、怎ういふ点がウケるかと注意をして居ると、三月の十五日年期明けになつた高尾が駕で紺屋職人の許へ逢ひに来る処で「駕の垂を刎ねて現はれたのが例の高尾太夫、黒縮緬の羽織をゾロリと着、髪は多田のお辰さんの結立ての大丸髷」云々、夫れから高尾の詞に「お客からの貰ひ溜めのお金が千円溜つたので此通り公債證書にして持つて来ました」など云ふ処が盛んにウケて居るのです。今だつたら高尾時代に多田のお辰や公債證書は時代が違ふと理屈張られるに相違ないが、これは添への洒落だから一向構はないので、寧ろその添への洒落の巧拙によつて話人の技倆が判断されるといふ事になるのだが、怎うも妙な時節になりました。

此間も入江三郎の落語を作つて演らせましたが、習つた者にその気がない上、聞くお客にその耳がないので一向にウケませんでしたが、その代り岩本さんの自殺は大ウケにウケました‥‥その話ですか、三郎の方は摘掻んだ処「三郎三郎と斯う世間が喧しく騒ぐのも其筈です、何しろ神戸で三人の女を殺したのですからネ、女三人寄れば姦しい」云々と話出して落は八尾で捉へられたいふので狂人田舎(京に田舎)といふのですが、是は少し難解しかつたかも知れません。

大正611日 神戸又新日報

初春興行 ▲神戸劇場 三升家紋弥の落語音曲、切の連獅子に移る大仕掛

大正613日 神戸新聞

千代廼座 桂小南、新馬鹿一行、尾半小半等の一座にて人気を呼び居れるが、小南は相変らず電気踊を見せ居たり。

大正613日 北国新聞(金沢)

<三遊亭遊輔一座・金沢一九席>

一九席 東京落語一座 三遊亭遊輔一座

大正614日 九州日報(博多)

<橋本川柳一座・博多川丈座>

川丈座(博多) 四日の川柳一座の出物左の如し

夜の富士(歌當)おしくら(三之助)立浪(蔵)手踊(喜三郎)稽古屋(鶴蔵)牛の夜参り(橘松)九州吹戻し(夢輔)道中八景(かる口)桐の屋(市兵衛)音曲質屋(花之助)文七元結、槍錆振り(川柳)

大正615日 名古屋新聞

富本 今晩の番組は 伊勢参り(文馬)三十石(文福)百年目盆の曲(梅團次)西洋奇術(明一)芝濱(梅朝)胴取音曲(美都)曲芸(市之助)碁どろ音曲(朝之助)筑前琵琶浮世節(松琴女史)改良落語余興(圓都)

<編者註>名古屋の落語定席富本席の番組は、下記の通り。

16日:兵庫船(文馬)大和橋(文福)桜の宮(梅團次)奇術(明一)五人廻し(梅朝)音曲ばなし(美都)曲芸(市之助)筑前琵琶浮世節(松琴女史)改良落語余興(圓都)

17日:東の旅(文馬)住吉籠(文福)宿がえ(梅團次)西洋奇術(明一)お文様(梅朝)音曲ばなし(美都)曲芸(市之助)三人ぐせ(朝之助)筑前琵琶浪花節(松琴女史)改良落語余興(圓都)

大正6111日 山陽新報(岡山)

<二代目三遊亭圓左一座・岡山大福座>

大福座 十一日より圓左一行にて開演 落語音曲(左喜松)落語キッチン曲打(左圓冶)落語手踊(左喜代)落語珍芸種々(左之助)落語物真似(左傳冶)掛合噺(左近右近)落語(左圓冶)落語音曲噺(小圓左)義太夫(團京)落語人情噺(圓左)大切喜劇(総出)

大正6112日 神戸又新日報

神戸劇場 紋右衛門一行は日々に組見の申込みあり。取引所より百五十名の大組に中国米の寄贈あり。本日より切に道成寺と取替えたり

<編者註>30日迄興行。

大正6117日 大阪毎日新聞

<桂春団治、後家殺しの真相①>

◇春団治を慕ひて 乱行に陥富豪の未亡人 

 当市東区道修町三丁目岩井松之助(十九)は資産三十万円といふ同町屈指の素封家なれども、大正三年先代松之助の病没後は未成年者なるを以て母親じゆ(四十八)が親権者となり家督相続したるに、じゆは空閨(ねや)寂しきに堪え兼ねたるにや未だ亡夫の一周忌も済ぎざる中より物見遊散に耽り、昨年六月頃より落語家桂春団治(三十九)を手に入れて乱行至らざるなく、旧臘遂に南区高津一番町高津五郎の借家を求め同所に春団治と同棲し、親族の切なる訓戒も馬耳東風と聞き流し、一万余円を浪費するに至りたるより、松之助祖母たけ(八十)は家門の為に詮方なくなく弁護士岸本市太郎を代理人としじゆを相手取り十六日親権喪失の訴訟と親権停止仮処分の申請を当区裁判所に提起し、じゆは直に弁護士岸本晋亮氏を代理人として其訴状に抗弁せり。

大正6117日 大阪時事新報

<桂春団治、後家殺しの真相②>

◇春団治と関係した =豪家の色後家に親権停止= 

 東区道修町三丁目十四、岩井松之助(二十)方は資産三十万円許りあり、其母じう(四十八)は齡に似ず艶なる姿なるより、金持美人後家の噂高き女なるが、此程同家の祖母たけ(七十九)はじうに対し松之助の親権停止仮処分を大阪地方裁判所に申請し、じうは不服を唱へ十六日弁論あり。

たけの申立に依れば、先代松之助は丁稚奉公より身を起し、一代にして前記の資産を造りたるが、大正三年末同人死亡後、じうは不行跡の事度々あり、殊に昨年六月始め千日前紅梅亭にて落語家桂春団治事南区日本橋筋三丁目河内[皮田]藤吉(三十八)を見染め、南区生玉町の貸席富士家事中村とみゑ方にて情を通じてより家事一切を抛擲し、春団治並に其兄玉団治等と伊勢、京都、宝塚、浜寺と遊び廻り、数百円を投じて金腕輪、金指輪を買求め、春団治に贈りし事あり。

又春団治が南区塩町二丁目府会議員深沢鑑十郎氏より金百円を借り受け居り、返済し得ずして差押へを受けし時も之を償ひ遣り、昨年十月よりは西区南堀江上通一丁目旅館岸之家事小西なら方の奥座敷にて会合を続け、更に十一月よりは春団治と公然南区高津一番町七十二に同棲し、殆ど自宅に帰らず、親族は勿論別家の者共にも極めて訓戒忠告を試むるも一向に顧みず、全く改悛の見込無きに依り、たけは之等親族と協議の上、近くじうに対し親権喪失の訴へを起す筈なるが、斯くてはじうが更に自暴自棄となり、今日迄にてさへ数千円を春団次の為に費消し居るに加へ、一層松之助の財産を危くするやも測られず、依つて先づ応急の処分としてじうの親権を停止し置きたしと云ふに在り。

大正6119日 大阪時事新報

<桂春団治、後家殺しの真相③>

◇金持後家の豪奢振り =変装して伊勢詣での大散財= 色男桂春団治の話  

落語三友派若手人気者の桂春団治に惚れ込み大金を濫費して不行跡の数をやつて改悛の色見えず、遂には親族会議の結果親権停止の訴へを裁判所まで持ち出された東区道修町三丁目大金持の色後家岩井じう(四十八)が、芸人対手に如何に豪奢振を発揮したかの一齣を対手の色男たる春団治が高座をそつくりの口吻身振で斯う話した。

「御社の夕刊に裁判沙汰の記事が出てからは、いやもう高座へ顔を出すのを待ち兼ねたやうに後家殺しとか、毎晩逢うているのかとか、お客からワイ〳〵冷評(ひやか)し立てられるので、落語なんてテンからやつたことがをまへん。岩井の後家はんにはいかにも贔屓になりましたが、私は芸人やさかい斯んな事は当然やと思てます。随分面白い遊びもしましたな。後家はんも中々粋人だつせ。この間十五日程席を休んだ際、後家はんと其の妹御はんと私と私の車夫の常公と四人連で伊勢参りをやりましたね。私と常公は車夫の扮装で荷持役、それでも腹巻には後家はんから預つた千円近い紙幣を蔵(しも)うていますね、豪気だすやろ‥‥。津に着いて旅館へ入ると、船場の御寮人といふので女二人は一番好い座敷へ案内され、私等は荷持といふので次の小座敷に抛り込まれ、女連は二の膳付やが私等は一泊五十銭だすよつて鮭の切身でいきなり飯だす。聊かムカついて居ると、お家はんの座敷には十五六人も芸妓が来て酒盛が始まつてます。堪りまへんがな。するとまア此方へ来て一杯飲みいなと荷持へのお言葉があつたので、待つてたとばかり其の座敷に飛び込むと、酒にはありついたものゝ芸妓輩が軽蔑しくさつて一向酌をしまへん。我慢出来ず、湯が湧いてるかと風呂場へ出掛けると御寮人が浴(はい)りはらぬのに入れられまへんとて女中が拒むのを無理から飛び込み、おじうに肩流しに来いと云へと吐鳴ると、後家はんが早速肩流しにやつて来た。それから荷物の中から取り出した縮緬の長襦袢に縮緬の衣装を着込むと吃驚(びっくり)しよりましてな。もつと芸妓を呼べ〳〵とて二円宛みんなに祝儀を切つて夫から大散財。私も踊つたりしますとな、いやもう芸妓等は呆れて了ひ、いつの間にやらこそ〳〵引揚げよりました。なか〳〵面白おましたぜ。まだ〳〵派手な遊びもしましたが、今然(いまさ)ら棚卸も出来まへんよつてな‥‥へゝゝ」

大正6117日 神戸又新日報

幇間すずめ死す 神戸市でたつた六人の幇間の中の一人福原のすずめ事木村佐兵衛は丹毒に肋膜を患い居りしが十六日午前六時福原芸妓屋町の自宅にて死亡せり。葬式は十七日午後一時自宅出棺荒田町福興寺にて執行すと

大正6118日 名古屋新聞

<三遊亭金馬一座・名古屋富本席>

金馬来る 富本席にて十八日より五日間特別興行として落語大家三遊亭金馬一行及び東北名物秋田音頭の美人連を招き落語の粋と秋田芸妓の美とを大いに発揮すべしと初日の演じ物左の如し

そこつ(金福)よいよいよい(金坊)常盤津うつぼ(金八、金冶)かん定板(圓満)おしろ(金遊斎)おせし音曲(かん馬)くさい(金勝)小話音曲(金時)二人羽織(かけ合)扇に盆舞(小金馬)剣舞(正幸)小寶(金馬)喜劇大笑(座員一同)

<編者註>122日まで興行。

大正6121日 京都日出新聞

◇錦友会新年会 同会は十九日午後四時より八坂倶楽部に開会。料理屋魚鳥商の集まるもの三百余名。余興笑福亭の円笑、福円の落語、支那人の運動等ありて宴に移りて歓声一時人を聾する計りなり。 

大正6124日 大阪毎日新聞

◇天満宮崎亭 二十一日より連夜落語、落語踊、新内、手踊、剣舞、掛合噺、曲芸などの演芸あり。

大正6124 香川新報(高松)

<二代目三遊亭圓左一座・高松常盤館>

◇常盤館 今晩の演題は、東の旅(左喜松)小噺手踊(左喜代)正月丁稚竹琴(左圓冶)素人料理(左傳冶)掛合(右近左近)高砂や音曲噺(小圓左)寺小屋(團京)落語踊扇踊盆の曲(左圓冶)人情噺(圓左)喜劇おばけや切られ与三郎、源冶店の場(総出)

大正6126日 名古屋新聞

富本 今晩の番組 小倉船(笑之助)山﨑や(文馬)猫の忠信(梅團冶)法華長屋(梅朝)曲芸(美都)松竹梅(扇枝)音曲伊勢吉(文福)かけ取萬歳(朝之助)和洋手品(明一)代みゃく(柳窓)

<編者註>落語定席富本席の番組、下記の通り。

128日:明石名所(笑之助)兵庫船(文馬)景清(梅團次)人情ばなし(梅朝)音曲ばなし(美都)山崎や(扇枝)うどんや(文福)たらちね(朝之助)奇術(明一)初天神(柳窓)

129日:播州廻り(文馬)兵庫船(圓三郎)櫻の宮(梅團次)一つ穴(梅朝)音曲ばなし(美都)大工調べ(扇枝)お玉牛(文福)天災(弥助)かべ金(朝之助)奇術(明一)やかん(柳窓)

大正6126日 北国新聞

<三遊亭金馬一座・金沢一九席>

一九席 東京落語秋田音頭一座にて初日より好人気の由

昔噺(金福)落語(金坊)三筋の糸(金八)常盤津浄瑠璃(金冶)落語(圓満)昔の演芸(金遊斎)落語吹き寄せ、音曲、義太夫(かん馬)落語曲芸(金勝)掛合ニワカ(満翫勝)落語音曲都々逸三下り(金時十一歳)扇盆踊(小金馬)居合剣舞(柳心斎、正幸)秋田音頭(常盤家一枝、新玉家小米、同久子、同花子、同おさい、同菊子)人情落語(金馬)大切落語喜劇(総出)

大正6127日 大阪時事新報

<桂春団治、後家殺しの真相④>

◇色後家に親権喪失の訴 東区道修町三丁目の資産家岩井松之助の母じうが落語家の桂春団治と醜関係ありて同家の財産を蕩尽する虞あるより、松之助の祖母たけがじうに対し親権停止の仮処分を申請したる旨は曩に記したるが、たけの代理人岸本(市太郎)弁護士は廿五日、更にじうに親権喪失の訴へを起せり。理由は右申請と同様なり。

大正6131日 大阪毎日新聞・大阪朝日新聞

◇浪花三友派 各席へ二月一日より加入の新顔は新橋幇間桜川長寿の俳優声色ダンス、桂小南の落語踊。(毎日)

◇反対派出番替 一日より全部出番替はりにて新世界花月亭、上町富貴亭、南地花月亭、堀江賑江亭、天満花月亭、松屋町松竹座、松島花月亭、福島竜虎館其他同派各席へ枝雀、円遊、円太郎、文治郎、三輔、文雀、千橘、喬之助。(朝日)

〈編者註〉『藝能懇話』四号(平成三年)に新町瓢亭の二月一日よりの出番順(下図)が載る。

落語 006
大正6131日 大阪朝日新聞京都付録
<桂小米、二代目米丸を襲名>
◇米丸襲名披露 三友派の桂小米、この度二代目米丸を襲名したので二月の芦辺館はこの披露興行として文団治、染丸が来つて一日から左の出番となる。
 
小染、万十、円之助、枝雁、玉団治、三八、小助次郎、万三、馬琴、ミカド、染丸、蔵之助、文団治、大切余
 興寿越後獅子(染丸・米丸・文団治)。

上方落語史料集成 大正6年(1917)2月

大正621日 大阪朝日新聞京都付録

◇笑福亭出番替 一日から左の交代連となる。

金時、円歌、桃太郎、三蝶、円笑、菊枝、巴、歌六、佐太郎、張慶山、蒋賢忠、円、喬栄、喬吉、喬之助、円福、隅竜、太郎坊、次郎坊。

大正621日 神戸又新日報

戎座 二月の顔触れ左の如し

春三、圓丈、橘三郎、可昇、三升、圓天坊、春輔、太郎三郎、可祝、萬光、李有来、李桂林、小半、東蝶、水戸芸妓一行

大正622日 大阪朝日新聞・大阪時事新報

<桂春団治、後家殺しの真相⑤>

◇乱行後家は親権停止 東区道修町の物持後家岩井しう(四十八年)は落語家春団次に恋慕し、金銭を浪費し、不行跡を極むるより、斯くては養子松之助の親権を完全に行ふを待ざれば親権を停止されたしとの仮処分申請を亡夫松之助の母たきより受け、当地方裁判所で審理中であつたが、一日午後二時「親権を停止す」との判決があつた。(大阪朝日)

◇色後家の敗訴 落語家桂春団治と通ぜる色後家松井じうに対し同家の祖母たけが親権停止仮処分の申請をなせる事件は一日大阪地方裁判所にて判決あり、じうの敗となり、こゝに愈よ親権を停止されたり。(大阪時事)

大正627日 名古屋新聞

富本 小倉船(文馬)せじ床(三左衛門)景清(梅團冶)大学(扇枝)人情ばなし(梅朝)手品(一蝶)酢豆腐(朝之助)音曲いせや(文福)近江八景(弥助)太陽気(美都)そこつ長屋(柳窓)

<編者註>春風亭柳窓:本名佐々木吉郎。大正五年に梅枝から柳窓に改名。大正十年十月没、享年三十六歳 梅朝:鶯春亭梅朝、本名渡辺亀吉。安政三年生まれなので、晩年の頃。(「古今落語系図一覧表」参照)

大正629日 大阪朝日新聞京都付録

◇芦辺館の宝恵駕 三友派の落語連中は八日の巳さんに大阪名物の宝恵駕を担ぎ出して伏見へ稲荷詣りを行ふたが、十日には昼夜二回今月襲名した二代目米丸の披露演芸会を催する。文団治、米丸、蔵之助等現在の連中の上に大阪より特に米団治、馬琴等が来り加はる。

大正6214日 東京朝日新聞

<三友派の東京興行>

有楽座大阪落語大会は十五日午後五時半開場。顔触れは文團次、染丸、かしく、玉團次、軽口稲子稲八等外二三の大頭も加わる筈。尚豊竹團司は長勝の絃にて別看板として出演す

<編者註>一座の番組、下記の通り。

216日:三人無筆(圓之助)生貝(玉團冶)くしゃみ薬(三八)茶瓶踊(かしく)くわがた(染丸)番外義太夫酒屋(團司)紙屑より(米丸)とまが島(文團冶)

217日:明石名所(圓之助)嘘修行(玉團次)角力(三八)尼恋(かしく)猿廻し(染丸)壷坂(團司)親子茶屋(米丸)泣塩(文團次)

218日:お玉牛(圓之助)兵庫船(玉團次)盗人の仲裁(三八)愛宕山(かしく)幇間の失敗(染丸)鳴門(團司)親子芝居(米丸)鴻池の犬(文團次)

218日:伏見来場(圓之助)生貝(玉團次)牛の丸薬(三八)蛸芝居(かしく)先の仏(染丸)太十(團司)正月丁稚(米丸)新辻占(文團次)

220日:初天神(圓之助)伊勢詣(玉團次)饅頭怖い(三八)丁稚(かしく)景清(染丸)鰻谷(團司)頤釣(米丸)質屋蔵(文團次)茶番首の仕替(総出)

221日:子誉め(圓之助)向付け(玉團次)桜宮(三八)小噺舞(かしく)鶴満寺(染丸)柳(團司)裏向丁稚(米丸)女房の坊主(文團次)茶番

222日:ささ生(圓之助)茗荷宿(玉團次)居候講釈(三八)愛宕(かしく)片袖(染丸)合邦(團司)黒玉潰し(米丸)辻八掛(文團次)茶番

223日:瘤弁慶(圓之助)宿替(玉團次)茶番ねぶり(三八)落葉笠(かしく)裏の裏(染丸)新口村(團司)御座乗り(米丸)昆布巻芝居(文團次)茶番

224日:みかん屋(圓之助)飛脚(玉團次)広島幸助(三八)落葉籠(かしく)住吉駕籠(染丸)野崎村(團司)蚊帳角力(米丸)道具屋曽我(文團次)

大正6214日 都新聞

金馬の出演 久しく旅にありし落語家の金馬は十五日より神田立花へ出演す

大正6215日 大阪朝日新聞京都付録

◇芦辺館へは十四日から三桝紋右衛門一行が加はる。文団治、染丸、米丸等は団司と共に東京有楽座に乗込み月末帰京。来月から出演すと。

大正6217日 大阪朝日新聞

<快楽亭ブラック来阪>

◇ブラツク来る 目下天佐と共に上海にある珍物快楽亭ブラツクは、今年は日本へ来て以来五十年目に相当するより、近々来阪して記念の為一世一代の開演を仕るといふ。

大正6217日 北国新聞

<二代目柳家つばめ一座・金沢一九席>

一九席 愈々本日より東京落語柳家つばめ一座にて花々しく開演する由番組は左の如し

常盤津(小きん、つばめ)落語(小太郎)江戸名物曲芸(柳一)笑話音曲(小きん)芝居噺手踊(勝弥)滑稽落語(蝠丸)記憶術(柳一)滑稽落語(助手)百面相(鶴枝)人情噺(つばめ)音曲総まくり(総出)

大正6218日 満州日々新聞

<六代目雷門助六一座・満州大連花月館>

花月館 清書無筆(ぼたん)熊の皮(助丸)七段目(掛合噺)素人車(六松)鼻歌(助三)成田小僧(歌六)皿の曲芸(助三郎)大工調べ(寿楽)三世相(和佐八)総踊り(楽屋中)太鼓腹(助六)落語劇(楽屋中)

大正6220日 大阪朝日新聞京都付録

◇笑福亭交代連 二十一日から左の出番順となる。

 円太郎、文雀、市子、桃太郎、円笑、文昇、夏雲升、張少春、福助、松子、円歌、扇遊、円徳、円之助、福
 林。

大正6225日 名古屋新聞

富本 りんまはし(文馬)一分茶番(三左衛門)桃太郎(扇枝)人情ばなし(梅朝)二八浄瑠璃(梅團次)太陽気(美都)子別れ(武右衛門)やれやれ(文福)干物箱(弥助)天災(朝之助)手品(一蝶)白木や(柳窓)大切おだい話

上方落語史料集成 大正6年(1917)3月

大正631日 大阪朝日新聞

◇浪花三友派 三月一日より同派各席への交代連は俳優声色紋十郎、若柳流振事紋右衛門、新内小燕朝、さつま踊燕朝、壷の曲張玉福、奇術小天狗。

◇落語反対派 同派組合各席に一日より従前の一座に円太郎、枝雀、円遊、円、小文枝、左楽、文治郎、花団治、三輔外数名出席す。

大正631日 大阪朝日新聞京都付録

◇芦辺館交代連 一日から左の出番順となる。

 小染、小米喬、円之助、枝雁、古堂、三八、万三、小助次郎、馬琴、菊団治、文之助、紋路太夫、紋蝶、染
 丸、米丸、小南。

◇笑福亭交代連 一日より左の出番順となる。

 円遊、千橘、花団治、五郎、白魚、支那人、福来、福徳、福円、三木松、天地、斎藤、坂本、伯糸、円治、
 実、華嬢、団八、菊枝、友吉、福太郎。

大正631日 名古屋新聞

富本 芋俵(三左衛門)西のたび(文馬)弥次郎(扇枝)景清(梅團次)人情ばなし(梅朝)音曲手踊り(美都)新女人(武右衛門)伊勢吉(文福)時そば(弥助)はながほしい(朝之助)手品(明一)みょうがや(柳窓)

大正631日 北国新聞(金沢)

<東京三遊亭圓遊一座・金沢一九席>

一九席 本日より東京落語二代目三遊亭圓遊一座にて開演の筈

音曲噺(清遊)曲芸(錦亀)落語(圓満)落語手踊(錦紅)笑話音曲(圓輔)落語手踊(遊林)娘義太夫(巴丈、巴國)掛合噺(圓輔、遊林)物真似(遊玉)落語(圓遊)諸芸競べ(総出)

大正635日 名古屋新聞

富本席 近日息子(文馬)厄払い(三左衛門)八九升(梅團冶)高砂家(扇枝)人情ばなし(梅朝)なめだいこ(文福)おせつかい(弥助)くみ立(美都)かしか澤(武左衛門)芝居風呂(朝之助)手品(明一)宮戸川(柳窓)

大正637日 大阪朝日新聞/39日 大阪毎日新聞

<集寄亭が南陽館と改称>

◇千日前南陽館 元集奇亭は此度南陽館と改めて女義太夫団路、伊達若一座にて開場する。(朝日)

◇南陽館 集寄亭改め同館は五日より二十日迄改称記念として入場者に弥生座の無料券を配布すべし。(毎日)

大正6310日 大阪朝日新聞京都付録

◇笑福亭交代連 十一日より左の出番となる。

 円、小円太、喬之助、隅竜、三輔、竹定、金時、三朝、円歌、桃太郎、円笑、佐太郎、歌六、門三郎、文紅。

大正631114日 台湾日日新報

<橘家扇蔵一座・台湾朝日座>

橘家扇蔵来る 東京三遊派の幹部として落語界に頭角を現はせる橘家扇蔵は満鮮巡遊の□□昨日の便船を以て上海より来南□□が座中には大阪少女義太夫として当年七歳なる竹本君子を加へ本十一日午後六時より朝日座に於て開演する由其芸題顔触れ左の如し 落語手踊(桂[]太郎)音曲落語(橘家才蔵)義太夫(竹本越春)落語手踊(桂蝶ん平)落語手踊天下[]品の□□(三遊亭円松)義太夫(竹本君子)滑稽人情噺一流舞踊(橘家扇蔵) 尚入場料は破格の大□□なり□。(311日)

朝日座 東京落語一行の番組左の如し 月宮殿(橘家小扇)北の[]池田の猪買(竜太郎)義太夫平治住家の段(越春)落語手踊(才蔵)落語指の活動(円松)浪花噺文人踊(蝶ん平)義太夫弁慶上使の段(君子)三題噺大岡政談、音曲ステヽコ一流舞踊(扇蔵和)314日)

大正6315日 大阪朝日新聞京都付録

◇芦辺館出番替 十五日から左の出番順となる。

 小染、小米喬、円之助、枝雁、古堂、三八、春輔、文之助、菊団治、新内(紋蝶・紋路)、馬琴、小南、電気踊(米丸)、曲芸(万三・小助次郎)、余興電気踊新玉兎(小南)、新内明烏夢の淡雪(総出)

大正6315 北国新聞

<二代目三遊亭圓左一座・金沢一九席>

一九席 本日より二代目三遊亭圓左一座の東京落語にて花々しく開演する由番組左の如し

落語手踊(左喜松)噺振事(左喜代)落語(左之助)落語音曲(左圓冶)笑話(左傳冶)落語手踊(左團冶)落語音曲(小圓左)女義太夫(國京)掛合噺(両人)滑稽人情落語(圓左)喜劇(大一座)

<編者註>331迄興行。

大正6316日 大阪朝日新聞

◇浪花三友派出演者 十五日より同派各組合席に新に出演する演芸者は二十年振りに快楽亭ブラツク及び病気のため休演せし円馬、春団治出席する由。

大正631924日 京城日報

<笑福亭里鶴一座・朝鮮浪花館>

里鶴来る 明治町浪花館にては今回浪花三友派落語青年会長という笑福亭里鶴を真打とし、東京落語三遊亭歌輔、柳亭圓輔、三遊亭右朝、大阪落語桂ひさご、同歌路、笑福亭三勝、浮世節の歌女、音曲の新朝等の若手新進揃いの大一座を招き二十日より花々しく開演する筈なるが、里鶴は落語の外四つ竹舞を演じ、大切には座員総出にて滑稽踊りを為すべく。今回は特に入場料も勉強する筈にて、殊に一座は大部分當地には初御見目得なれば、大車輪に勤むる由。次第に春めき来りし昨今久しぶりの落語の開演は愈々陽気な春の気分を誘い出す事なるべし。(319

浪花館の里鶴 二十二日の晩浪花館に大阪三友派の笑福亭里鶴を聴く。新朝という男の小話音曲は、馴れてはいるが声調子の上ずつたのか耳障り、踊も莫迦に大柄なためにゴタゴタしていて感心できず。次にひさごという大阪者が峠事物を担ぎ出しての洒落で悪で語らず、客から物を集めての三題噺もパッとせず、余興の千里眼の手品も不徹底、槍錆を合方に使っての濠端の忠弥振りだけが、鴈次郎の声色が少し馬鹿気てるのさへ除けばちょっと面白く、右朝の音曲噺は額のお怖い割合に好い声を持つている。踊も楽にしているが、時々汚い口を利き卑しい事を平気でいうのは可けない。愛嬌も過ぎると不快になる。此の男ばかりで無く一座の皆も・・・・。

 圓輔の素噺お花半七は、此の男の噺の筋がいい事を思わせる。手固い噺口でボチボチと片づけてゆく所に味がある。そして若いだけに之れで固まつて終わねば未来がある芸だ。しかし老婆に対する老人の会話が冗過ぎる。歌輔の噺はいかにも小綺麗で、言葉もハキハキと歯切れのいい江戸向き。全体の高座振りがはっきりして気が利いてはいるが熱が足りない。構う事はない踊なんぞもモット突っ込んで踊れ。歌女の新内は明烏のようなものでさえ陽気になるんだから外のものは賑やかへ。

 真打里鶴は講釈師という噺をした。よくやる噺だが東西それへの趣がある。講釈師が釈台を叩き調子に乗って気き込んで話して行くところへ、町内の若い者が燻べた唐辛子の煙に悩ませられながら一句声にをする後末が頗る面白いのだが、肝心な所で少し力が足りなかった。今一息あるべし。然し筋は鮮やかに運んでいて、しかも大阪連には珍らしく悪い所が無いのが大変いいと思った。

 追出に楽屋総出で須磨の仇渡という喜劇を出したが、滅法詰まらないもので、こんなものよりは木曾節でも踊った方がどれ程増しだか知れない。それから序でに言っておく、高座の用で朝鮮の服装をしたものが勤めるのは少なからず落語気分を損なう。之れは宜しく手のあいた芸人のすべき事と思う。今度の一座は若手揃いだけに、各々高座に活気があるのは買っておく(太郎)(324

<編者註>笑福亭里鶴:本名長谷川末吉。三代目松鶴の甥で、四代目松鶴の弟子となり、於多福(おたふく)、竹枝から里鶴と改名した(『藝能懇話』21号参照)。尚、座中の歌路は、後の漫才師都家文雄。

大正6322日 大阪朝日新聞

◇第二回落語同好会 二十二日午後六時本町演舞場にて浪花三友派連出演同会の為め文三が特に高座に現はるゝ由。

大正6324日 大阪時事新報

<三代目橘家円三郎>

◇宮崎亭 二十一日より落語音曲等、大切所作事七変化は大道具入りにて円三郎外数名。

大正6324日 名古屋新聞

富本 うそ吐き(三左衛門)東の旅(文馬)かつぎや(武左衛門)付をとし(梅團冶)音曲娘手踊(小うた)切られおとみ(梅朝)奇術(明一)新講談(花橘)ひなしの玉(文福)一ト目上り(弥助)音曲ばなし(美都)天災(柳窓)

<編者註>落語定席富本席の番組、下記の通り。

325日:毛長人(三左衛門)看板の一(文馬)ひげなが(武左衛門)ちょうきり(梅團冶)風の神(梅朝)娘手踊(小うた)奇術(明一)新講談(花橘)ぽかんぽかん(文福)時そば(弥助)音曲踊(美都)芝濱(柳窓)大切お題

327日:一分茶番(三左衛門)びんどり(文馬)二八義太夫(梅團冶)皿屋の土(梅朝)やかん(武左衛門)小ねこ(文福)近江八景(弥助)お玉牛(美都)講談(花橘)奇術(明一)甲府イ(柳窓)大切お題はなし

大正6327日 京城日報

演芸案内(広告)明治町 浪花館○東京大阪落語若手揃大一座来る 毎夜午後六時開演浦島(三勝)羽織女郎買音曲手踊(新朝)池田猪買(ひさご)女道楽三府浮世節(歌女)危険術(天明)音曲噺(右朝)落語(圓輔)落語手踊(歌輔)三十石夢の通路(里鶴)大切滑稽喜劇「松竹梅」

大正6329日 大阪朝日新聞・331日 大阪時事新報

◇浪花三友派 四月各席へ三遊亭右女助(円右の弟子)、三遊亭公園(前名小遊三)、円三、円七、歌六等東京より来阪出演。(大阪時事)

◇反対派の落語出番 四月一日より南地花月亭席始め新世界、天満、松島の各花月亭及び福島竜虎、上町富貴、玉造三光、堀江賑江、松屋町此花、平野町の松竹各組合席等の出演者は円太郎、枝雀、円遊、円、喬之助、小円太、文治郎、花団治。(大阪朝日)

大正6329日 大阪朝日新聞京都付録

◇芦辺館交代連 一日から左の通り。

 小染、円之助、枝雁、三八、万三、小助次郎、馬琴、紋蝶、紋路、万光、文之助、小文三、柳昇、花橘、円坊、枝太郎大切余興。

◇笑福亭交代連 一日から左の通り。

 円太郎、桃太郎、福助、福寿、文雀、文昇、円笑、市子、張少春、夏雲昇、円歌、扇遊。

上方落語史料集成 大正6年(1917)4月

大正641日 神戸新聞

<桂三木助の来神>

千代廼座 一日より従来の連中に、桂三木助、英人ブラックを差加えて開演すべく。その出番は左の如く

都枝、米之助、三升、可昇、三郎、太郎、圓天坊、春輔、文我、蔵之助、ブラック、三木助

大正641 北国新聞(金沢)

<金原亭馬生(一九席)、昔々亭桃太郎(喜久亭)一座>

一九席 本日より東京落語金原亭馬生一座にて開演番組左の如し

影芝居(生之助)笑話余興(左生)手練の早業(胡蝶)落語(今朝)笑話手踊(福楽)獅子の曲滑稽踊(胡蝶斎)滑稽落語(助平)音曲手踊(ジョンデー)滑稽落語(馬生)諸芸尽くし(総出)

喜久亭 明二日より東京落語昔昔桃太郎、三遊亭公圓遊一座にて開演すべく番組左の如し

声劇鏡山(遊楽)落語音曲(明遊)落語百面相(花圓太)落語振事(小遊橋)講談(氏原一)掛合噺(千坊、萬坊)落語(公圓遊)落語音曲(桃太郎)婦人記憶術(藤子)謎の即答(総出)

大正643日 神戸新聞

神戸新聞社新築祝賀今明日の余興 千代廼座連中の七福神行列 
 大黒天(橘家圓天坊)戎三郎(桂春輔)弁財天(立花家妻奴)毘沙門(桂可昇)寿老人(桂都枝)福禄寿
 (桂三升)布袋(桂米之助)

<編者註>写真左から、都枝、可昇(二代目梅團治)、米之助(四代目米團治)、妻奴、三升(初代染五郎)、圓天坊

合体

大正643日 名古屋新聞

富本 高尾(三左衛門)赤子ほめ(文馬)小ばなし(小明二)貧乏花見(梅團冶)倉芝居(文福)天災(武左衛門)手品(明一)島田一代記(花橘)牛ほめ(美都)人情善悪百物語(馬石)

<編者註>この日の広告に、「梅朝改め隅田川馬石一行 富本」とあり。

大正644日 大阪毎日新聞

◇天満宮崎亭 一日より小紋の所作事、米枝・喜多八の女道楽、松竹の落語、円花の音曲噺など。

大正644日 香川新報(高松)

<橋本川柳一座・高松常盤館>

◇常盤館 曾記東京落語三遊亭幹部七代目朝寝坊むらく改め橋本川柳一行にて十四日開演出演者左の如し。

落語(三遊亭歌祝)はなし道化百種(立花家三之助)少年落語舞踊(夢の家喜三郎)笑話(橋本都遊)昔はなし曲芸(朝寝坊しらく)浪花落語(笑福亭鶴造)落語扇子舞(立花家橘松)おとし噺(朝寝坊夢輔)新作掛合ばなし(鶴造、亀造)音曲はなし(鶴家翫之助)人情落語並にやりさび踊(橋本川柳)

大正6411日 大阪時事新報

<桂春団治、後家殺しの真相⑥>

◇色後家に又も悶着 =六万円を貰うて春団治と同棲= 今度は実兄から禁治産の申請 

色情狂ひの後家として噂を立てられたる東区道修町三丁目の資産家岩井松之助の実母じうに対し親戚一同より裁判所に向け準禁治産の申請をなして紛擾を重ね居たる事は既記の如くなるが、じうとて我身の放埒を知らぬにあらざれば、如何にしても勝味なしと思へて、其の後いろ〳〵親類へ泣を入れ、これが取り下げを乞へるにぞ、元来じうは大和桜井の旅館大福屋の娘にて、道修町の某薬種商へ女中に住み込み居るうち先代の松之助に迎へられて夫婦となり、共稼ぎにて今日の身代をつくり上げしものなればとて、結局はじうに六万円程の資産を分割して岩井家よりは全く戸籍を取除くこととなし、二万円は現金其他にて四万円は同家が大和高田付近に所有する山林田地等、即ち時価四万円に相当する不動産をこれまでじうの実兄に当り高田町に住む飯岡平重郎に管理せしめ居たるものをば、名義書き替へて所有権を移すことゝなりて、事件解決に至りしは先月末の事なるが、岩井家より除籍となれるじうは今は公然気隋気侭の身となれることゝて、家財手廻り品を高津塀之側の新宅に移し、現をぬかし居る情夫落語家の桂春団治を手許に引き寄せて片時も手放さず、子供まである春団治の女房の縁を切らしめ、涙金を僅か五百円呉れて日本橋筋に別居せしむるに至れるが、斯くなりては春団治も寄席は休み勝にて、偶に高座に現るれば自慢らしく色後家の惚気を饒舌り立つる有様に、南署にても風俗壊乱と認め、休席処分を命ずるに及べるなどの乱痴気沙汰となれるが、此の上は一時も早くとじうは春団治の妻として戸籍を付けん模様あり。さすれば高田に在る四万円の不動産に手をかけて瞬く間に費ひ果すは遠からぬ事と、今度はじうの兄飯岡平重郎より又も準禁治産の申請をなさんとて準備中の由なるが、春団治は此程も生駒貴金属店より六百円程の指輪や時計を、大丸より八百円ばかりの衣裳類を取寄せて贅沢のありだけを尽し居れりと。

大正6414日 大阪朝日新聞

◇浪花三友派は十五日より南地紅梅亭及び曾根崎永楽館に限り東京より講談一竜斎貞山を招き、落語一座に加へて義士伝を一席講ず。

〈編者註〉十五日から二十九日までの紅梅亭と永楽館での貞山の演目が新聞に出る。すべて義士伝(省略)。

大正6419日 大阪時事新報

<紅梅亭を覗く 文団治の「禁酒関所」・貞山の「秋色桜」 

 紅梅亭の春の夜は土地柄だけに一段と艶く妓を倶した桜人が疲れ足を、みどりか入船で休めて、又発した酔ひで茲に流れ込んで来た群で賑ふ。高座では文団治がいる。「禁酒関所」をやる。今の大阪落語の古顔、引締つた聴ける落語をやる男、短い時間を高座で野幇間にも劣るやうな下品なことをやつて引下る連中の多い当節、此人の如きはなつかしい芸を持つている指折りの一人に数へねばなるまい。「禁酒関所」は道行きの段取の面白い落語だが、又しても臭くなり易い、臭い筋を美しく落す処が値打、かうした昔落語が大分あるが、近頃は落しを変に改めて臭いのを臭いなりに片付ける、お客は其方を喜ぶは情ない。文団治は流石に老熟、面白く聴かせたが、落に至つて右の式で打壊して仕舞つたのは惜しい。右女助、公園、円三、円七などが高座に陳んで詰らぬ芸当を御覧に入れて引下がると、次ぎへ東京から来た貞山がヌツと現はれた。新派講談の花形、少し気取るのがイヤだが話術はうまい。軽く脇へ外したりしてだん〳〵と聴衆を引付る。此夜は「秋色桜」であつた。品の好い美しい話だが山のない講談にうまく景物を添えて倦まさずにさら〳〵とやつてのけたは手柄、但し其角から徂徠のことに及び「梅が香や隣は萩野惣右衛門」は恐縮、徂徠が萩生惣右衛門と云ひます。又お秋が一品親王の御前へ出る処で高貴のお方の前へ出ると気が張るもので私は度々宮様等の御前へ出ていますから──といつたやうなことを繰返していつたも如何、この二つを除けば其夜の「秋色桜」は大阪で聴けない面白い講談であつた。(藍微塵)

大正6422日 名古屋新聞

富本 いもりの黒焼き(美の花)兵庫船(文馬)蔵でっち(梅團冶)小ばなし(小よし)小便(文福)赤子ほめ(圓鶴)へんみ(馬石)後家殺し(美都)細川(花橘)山神(圓冶)

<編者註>落語定席富本席の番組下記の通り。

424日:じごく(美の丸)鳥屋坊主(文馬)高尾(梅團冶)小ばなし(小よし)辻占(文福)すうぽんや(圓雀)人情百物語(馬石)手品(明一)あたごやま(美都)木の下(花橘)のきづけ(圓冶)

425日:あん寺(美の丸)けいこや(文馬)貧乏花見(梅團次)小ばなし(小よし)大工さばき(文福)寄合酒(圓雀)人情百物語(馬石)手品(明一)へっつい盗人(美都)夢見の八兵衛(花橘)龍神の宮(圓冶)

大正6424日 大阪時事新報

<紅梅亭の原田、文三引退後の余生を思いやる>

○盲文三 有る限りの落語を演つてそれ機会に引退する 

東京の小せんと似た運命の薄幸な落語家の桂文三は、目が見えなくなつた上に脊髄病はだん〳〵重り行くにも係はらず、高座では変らず昔ながらの元気を見せていたが、何うも永からぬ高座の生命、それを同人にこれまでから一と方ならぬ世話をしいる浪花三友派の盟主、紅梅亭の原田が見て取り、同人の為めに近く文三会といつた名によつて文三の得意の落語の一つ宛を十夜、或は七夜毎にとり替へて弁じさせることゝし、その落語のネタが尽きた時、花々しく高座を引退せしむることにすれば、文三も面目が立ち、文三贔屓の落語好きも喜ぶ訳と目下この準備中とやら。さうして毎夜の揚りの一部を積金して置いて、文三引退後の静養費用に贈つてやれば当人も心安く余生を楽しめる、だから文三の高座は長ければこゝ一年余り、同派の古い文三の友達も大いに肩を脱いで原田の厚誼を賛し、この気の毒な芸人の末路を慰めて応援しようといつているとか。

因に記るす、例の色つぽい一件で暫らく高座を休んでいる桂春団治の為め、謹慎謝罪会とか呼ぶ会を作り、本人の誠心誠意の改心を見せる落語会を春団治贔屓の人達がそのうちに催してやるとの噂がある。その席上では春団治は至極真面目に義士の話などするとやら。これは珍な落語が聴けるといふものだ。

大正6430日 大阪朝日新聞・51日 大阪毎日新聞

◇浪花三友派 三十日は春季運動会の為め各席とも臨時休業。猶一日より各席へ差加へらるべき面々は東京三遊社橋本川柳、東京噺朝寝坊夢輔、音曲舞踊少年道楽橘の三郎、円太郎、新内節三升家紋朝、紋路太夫など。(毎日)

◇花月亭 一日より従来の一座の他新加入馬生及び快楽亭ブラツク等を花月亭及各組合席へ出演させる。三十日は運動会にて各席共休席。(朝日)

上方落語史料集成 大正6年(1917)5月

大正651日 大阪朝日新聞

<桂春団治>

◇春団次出演 何処やらの後家と艶聞を流して巫山戯ていた落語家春団次は危く高座へも出られなくなりかゝつたが、又謝つて貰つて謹慎謝恩会といふので鳧をつけ再び出演することになり、近日神戸へ乗り込む。

大正651日 大阪朝日新聞京都付録

◇芦辺館出演順一日より左の如く。

 小染、円之助、しらく、小文、三八、橘松、馬琴、文之助、歌六、円枝、柳昇、円坊、三木助。

大正651日 神戸新聞

<三代目桂米丸襲名披露会・神戸千代廼座>

千代廼座 本日興行は大阪三友派桂小米が三代目米丸の襲名披露として三派の幹部松林若圓、桂春團冶、同米丸、同文團冶、初の家与次郎の新顔に染二、都枝、米之助、可昇、三升、圓天坊、春輔が出演す。

大正651日 東京朝日新聞

<三友派の東京興行・第二弾>

有楽座の上方會 一日より午後六時開演

兵庫船(枝女太)嘘修行(枝雁)舟弁慶(米紫)くしゃみ講釈(菊團次)背虫茶屋(萬光)古手買(米團次)土橋萬歳(枝太郎)大切茶番一人角力(稲子、稲八外社中)

<>一座の番組、下記の通り。

52日:浦島(枝女太)瘤弁慶(枝雁)鼻ねじ(米紫)薬瓶ねぶり(菊團次)木挽茶屋(萬光)ちしゃ医者(米團次)大丸屋(枝太郎)大切茶番堀川(稲子、稲八)

53日:鳥屋引導(枝女太)景清(枝雁)植木屋(米紫)初天神(菊團次)女学生(萬光)浮世床(米團次)太巧軽口(稲子、稲八)煙草の火(枝太郎)

54日:二人浦島(枝女太)崇禅寺馬場(枝雁)住吉駕籠(米紫)天下一(菊團次)饅頭怖い(萬光)愛宕山(米團次)床下(稲子、稲八)抜け雀(枝太郎)

55日:三人旅(枝女太)野崎参り(枝雁)赤子茶屋(米紫)書生(菊團次)蛇眼草(萬光)貝野村(米團次)不如帰軽口(稲子、稲八)天下一(枝太郎)

56日:尼買い(枝女太)牛誉め(枝雁)崇徳院(米紫)口合按摩(菊團次)長名(萬光)不動坊(米團次)桜丸軽口(稲子、稲八)島原八景(枝太郎)

57日:七度狐(枝女太)口合根問(枝雁)向附(米紫)大丸屋騒動(菊團次)借家怪談(萬光)手切丁稚(米團次)軽口伊勢音頭(稲子、稲八)片袖(枝太郎)

58日:地獄旅行(枝太女)二人癖(枝雁)転宅(米紫)寄合酒(菊團次)正月丁稚(萬光)高尾(米團次)伊賀超軽口(稲子、稲八)親子茶屋(枝太郎)

59日:播州名所(枝太女)八五郎(枝雁)辻占(米紫)双生児(菊團次)六カ首(萬光)初音鼓(米團次)軽口阿古屋(稲子、稲八)胴取(枝太郎)

510日:これこれ(枝太女)百人坊主(枝雁)酔うて芝居(米紫)半風子(菊團次)佐々木政談(萬光)子誉め(米團次)上使(稲子、稲八)網船(枝太郎)

大正651 北国新聞(金沢)

<四代目柳家小三治(四代目小さん)一座・金沢一九席>

一九席 東京落語柳家小三冶一座にて開演すべく番組左の如し

笑話と曲芸(紫楽)滑稽落語(小ぎく)噺手踊(寿々馬)笑話(小きん)落語音曲(歌太郎)時世的滑稽落語(蝠丸)活人形百面相(鶴輔)滑稽落語(小三冶)諸芸種々(総出)

大正651日 京城日報

◇寄席案内(広告)/浪花館入場料特等も外金十銭均一 東京大阪合同落語大一座落語(笑福亭三勝)落語手踊(桂ひさご)落語手踊(三遊亭新朝)女道楽(美乃家かめ)落語手踊(三遊亭歌助)落語音曲(三遊亭右朝)改良剣舞気合不思議術(小笠原天明)落語(笑福亭里鶴)浄瑠璃(竹本絲好)落語(柳亭圓輔)大曲芸(吾妻信太郎)

大正652日 大阪毎日新聞京都滋賀付録

<反対派落語家園遊会>

◇新京極笑福亭に出演せる浪花落語反対派は大阪の花月亭、富貴席以下十六席と共通なるが、一昨三十日は京阪全部の席を休み、笑福亭出演連は早速大阪に至り、一派の出演者二百余名は三十余台の自動車に分乗して九時から十一時まで大阪市内を練廻り、天満に待受けたる付添其他と合して一行四百五十余名は五台の京阪電車に分乗し、午後零時半京都三條に着すれば、茲には赤前垂をかけたる祇甲、先斗町、宮川町の美人五十余名が停留所に待受け、列を組んで三條、新京極、四條を練りて円山公園に至り、茲に盛大なる園遊会を催し、知恩院山門の石段にて記念の撮影をなし五時頃散会したり。

大正653日 大阪朝日新聞京都付録

◇落語家俳優の野次 一日行はれたる京都毎日新聞主催の神社仏閣巡拝競争には俳優落語家出場せしかば、京都、明治両座の俳優、芦辺館の落語家連中は自動車に変装しこれを応援すると駆け廻り大いに野次馬振を発揮し市内を騒がせた。

大正653日 東京朝日新聞

有楽座の上方會 今度は二回目の上方會。全部新顔で蓋を開けた。初日に枝雁の「嘘修行」から聞く。東京の嘘つき弥次郎をコッテリしたもので却々達者。米紫の「船弁慶」もへ過ぎではあるが面白い。菊團次の「くしゃみ薬」は修羅場の読口が本職。お負けの松尽しは一寸法師の茶気満に如かず。萬光の「背虫茶屋」は此方の三人片輪に似たもの。お負けの四つ竹は鮮やかだ。米團次の「古手買」しっかりしている。次の枝太郎だけを聴漏らした。

大正654日 香川新報(高松)

<鹿野武左衛門一座・高松常盤館>

◇常盤館 四日目番組は、兵庫船(小来[])新町橋(掛合)船徳(歌之助)三枚起請(花丸)音曲(小團冶)景清(しん鏡)天災(圓三)住吉籠(桃太郎)曲引十種(春馬)借りた包丁(武左衛門)大切電気応用所作事。

<編者註>一座の番組下記の通り。

55:煮売屋(小米)お半□(掛合)千早振(歌之助)ろくろく首(花丸)音曲(小團冶)稽古屋(しん鏡)道灌(圓三)親子茶屋(桃太郎)曲弾(春馬)スエ膳(武左衛門)大切電気応用所作事

59:宿屋(小米)源平(歌之助)七段目(掛合)寄合酒(花丸)音曲(小團冶)リン廻し(圓三)生貝(しん鏡)素人角力(桃太郎)曲弾(春馬)しめ込み(武左衛門)

大正656日 名古屋新聞

<立花家花橘一座・名古屋富本席>

富本 立花家花橘一行六日目の番組は 牛ほめ(美の丸)竹の子(文馬)タラチネ(枝女丸)せんち壷(梅團次)小ばなし(小よし)六枚半(文福)ヘタなぬすびと(圓雀)人情百物語(美都)扇盃手踊(圓冶)弁度輝[七度狐?](花橘))

大正6514日 大阪朝日新聞

◇倉庫火災の寄付 十五日正午より反対派の出演者二百名と各席主が主催となり、玉造の三光館、松屋町生玉旅所の松竹亭、新世界の花月亭及び京都の笑福亭の四箇所にて大寄せを催し、一切の収益金を残らず此度の倉庫火災寄付として送る。

〈編者註〉五月五日、大阪安治川の東京倉庫が爆発、死傷者百数十名が出た。

大正6514日 大阪朝日新聞・515日 大阪時事新報

<芦辺合名会社が北陽館を買取り、北陽花月亭と改名、反対派の席として開場する>

落語席の開場式 曾根崎新地元北陽館の活動定席を此度南区清水町芦辺合名会社にて買取、工事に着手せし寄席は昨今落成し、十五日より北陽花月亭と席名を改め反対派の落語定席として開場式をあげる。出演者は円太郎、枝雀、円、馬生、円遊、小文枝其他。(大阪朝日)

反対派と北陽館 落語席舞台の新装置 北の新地北陽館は今度芦辺合名会社の手へ買収された。さうして内外の新装飾に一万金を投じ、殊に舞台は本当の桧舞台、舞台際へは北陽演舞場式の磨硝子張りの脚灯を設け、五段返しの道具を仕込めるだけの装置をも施しあり、十五日より開場なし落語反対派の定席にて馬生、円太郎その他重立ちたる連中が顔を揃へる由。(大阪時事)

〈編者註〉芦辺合名会社は現在の吉本興業の前身。大正七年十一月に吉本興行の名が新聞に出る。具体的にいつ社名を変更したかは不明。北陽館は明治末年に曽根崎新地一丁目に出来た浪花節の小屋。のち活動写真館となる。三友派の永楽館と対抗するためここを手に入れたが、七年十月に永楽館が吉本に売却されたため必要性がうすれ、昭和初めに閉場した。

大正6515日 大阪朝日新聞

◇浪花三友派 各組合席に十五日より従前一座に東京より東京幇間桜川長寿一行が出演。

◇落語五女郎会 十五日正午より南地法善寺花月亭にて五女郎会を催し、出演落語は円、円遊、小文枝、馬生、円太郎。

大正6517日 大阪朝日新聞

<桂春団治、後家殺しの真相⑦>

◇後家の準禁治産 申請取下 落語家の春団治と浮名を立てた東区道修町の物持後家岩井しうは、金銭を浪費するものなりとて実兄なる奈良県磯城郡織田村飯岡平重郎より大阪区裁判所に準禁治産の申請を受け居たるが、其後両者間に示談出来たれば十六日該訴訟を取下げたり。

大正6517日 神戸新聞

◇千代ノ座 米丸襲名披露大會は十七八日両日に限り午後四時より開演。當日は米丸會五百名の組見あり。因みに出演者は左の如し

桂小文三、橘家蔵之助、立花や花橘、橘のかほる、船遊亭しん橋、三遊亭遊三、松林若圓、桂米丸、桂春團冶、桂文團冶

大正6518日 名古屋新聞

<有村謹吾一座・名古屋富本席>

富本 播州名所(美の丸)百人坊主(文馬)曽我仇討(枝女太)櫻の宮(梅團冶)三十石(文福)大和橋(圓雀)人情ばなし(馬石)宿屋角力(美都)西洋奇術(明一)大阪新町(圓冶)音曲百物語(有村)

大正6521 台湾日日新報

<橘家扇蔵一座・台湾朝日座>

朝日座 二十一日より東京落語家扇蔵一行開演番組は左の如し 御祝儀旅の賑(桂竜太郎)落語手踊(橘家才蔵)義太夫(竹本越春)落語□□(三遊亭馬)落語音曲(桂蝶ン平)落語手踊(三遊亭円松)義太夫(当年七歳竹本君子)三味線(同越春)滑稽人情噺、端唄種々(橘家扇蔵)大切所作事七変化(楽屋連中)

大正6527日 大阪時事新報

◇南地紅梅亭 今回帰京する東京幇間桜川長寿の主催にて、二十七日正午より臨時演芸会を開く。重なる番組は落語古手買ひ(文弥)、同角兵衛の産踊(しん橋)、同近江八景、文人踊(花橘)、おせつ徳三郎(遊三)、同女天下(円馬)、影芝居と珍芸(清寿・長寿)、落語金の大黒舞(紋十郎・紋右衛門)。

大正6530 北国新聞

一九席 東京落語一座

影芝居(加丸)新噺(遊八)落語玉乗(花圓太)軽口(両人掛合)落語手踊(小遊橋)滑稽落語(公圓遊)曲芸手踊(當三郎)落語音曲(柳左衛門)喜劇(総出)

大正6531 大阪時事新報

<阿波座の惨殺事件・桂梅枝の妻子が殺される>

〈編者註〉五月三十一日午前二時ごろ、阿波座で母子が殺害されるという事件があった。大阪朝日、毎日、時事新報とも一面ぶち抜きで連日この事件を報じた。殺されたのは落語家三代目桂梅枝の内縁の妻岩田ふさと娘そのである。『落語系図』には「枝光」で立項され「初め松光門人光笑と云ふ、後に吾竹門人吾市となり、明学門人開明となり、南光門人左衛門又門十郎となり、後に枝光となり、其後三代目梅枝となる」とある。桂派のときが「枝光」、大八会に移って「梅枝」を名乗ったらしい。しかしその事実は知られていなかったのか、朝日、毎日とも最初のころはすべて「枝光」と報じている。以下、この事件報道より知り得た落語家梅枝の経歴をまとめておこう。

桂梅枝、本名鹿野惣吉。年齢五十二(朝日)、四十五(毎日)、四十七(時事)。住所は西区阿波座下通二丁目二十八番地明治橋通り東側路地内。四ツ竹を売り物とし、以前は桂派に属し桂枝光と名乗っていたが、大八会に加入して桂梅枝と改名した。大八会の組合席楽天地の朝陽殿、千日前の三友倶楽部、新世界の芦辺館、天満裏門の宮崎亭、阿波橋玉栄席等に出演し、内縁の妻岩田ふさも同派に属し、囃し方を勤め夫婦共稼ぎであった。芸はそれほどでもなかったが、物事の交渉などに当らせると高座以上の弁舌振りを発揮したので大八会の幹部として重用された。事件の前日は大八会の給料日で、天満裏門の宮崎亭にて幹部会が開かれ、各席主と落語家の主立った連中が集まり、種々と意見を交わし、帰宅したのは午前二時ごろだったという。

大正6531日 大阪朝日新聞

◇浪花三友派落語 各組合席に従前一座に一日より東京より丸一社中鏡味小仙一座と休演中問題の桂春団治が出演、引続き橋本川柳も出勤する。

大正6531日 大阪朝日新聞京都付録

◇笑福亭出番 一日から反対派落語の出番は、円遊、小文枝、喬之助外二十余名。

上方落語史料集成 大正6年(1917)6月

大正661日 大阪時事新報・62日 大阪毎日新聞

<三升家紋右衛門、三友派より反対派へ移籍>

◇落語界の争奪戦 大阪落語界は浪花三友派と落語反対派との争奪戦である。三友派の重立つた連中で反対派へ赴いたものは円太郎を始め若干ある。今度は又三友派とは古い縁故のある三桝家紋右衛門が反対派へ投じた。反対派の帷幕に青山あれば、三友派に平野がいる。二派の争ひは一面から見れば両者の腕くらべとも解せらる。まだ〳〵この争奪戦は烈しくなるだらう。(大阪時事)

◇紋右衛門 落語界に何でも屋の三桝屋紋右衛門は従来浪花三友派に籍を置きいたるが、今回反対派に鞍替して一日より同派各席に出演することゝなれりと。(大阪毎日)

大正661日 大阪朝日新聞京都付録

◇芦辺館交代連 一日からは東京新橋の幇間桜川長寿その他が加はり左の出番順となり大宮泰平館をかけ持する。

小染、円之助、三八、枝雁、馬琴、文之助、夢助、稲子、稲八、蔵之助、長寿、小南。

大正661日 神戸新聞

千代廼座 一日より花橘、染丸、小南が加わり出番を左の通り変更せり

都枝、三升、可昇、三郎、太郎、氏原一、尾半、小半、東蝶、かほる、圓天坊、春輔、李有来、李金来、小文三、花橘、染丸、小南

大正661日 九州日報(博多)

<柳亭茶楽一座・博多川丈座>

川丈座(博多) 東京落語柳亭茶楽一行今二日目の番組左の如し

仕末の極意(里鶴)掛萬(右朝)扇舞(歌輔)浮世節(歌女)成田小僧(茶楽)飛行の皿(信太郎)

大正666日 九州日報

<三遊亭圓子一座・博多川丈座>

圓子一行 大阪三友派落語三遊亭圓子一行は既報の如く博多川丈座に乗込む筈なるが、圓子は十二年振りの来福にして今回は東京落語の真打数名をも差加え居れり顔触れ左の如くにして初日は来る九日なり

立花家妻奴、船遊亭しん鏡、立花家花橘、文の家かしく、都家歌六、三遊亭とん馬、三遊亭新蔵、笑福亭福篤、桂小米喬、三遊亭圓子

<編者註>圓子一座の番組は、下記の通り。

69日:瘤弁慶(小米喬)牛誉(福篤)金作(新蔵)にゅう(とん馬)ズッコケ(歌六)善玉(新橋)稽古屋(かしく)昆布巻芝居(花橘)五光の由来(圓子)長唄越後獅子(妻奴)切勧進帳(座員総出)

610日:天災(とん馬)肝潰し(歌六)越後屋(しん橋)紙屑屋(かしく)打飼盗人(花橘)二人坊主(圓子)長唄道成寺(妻奴)切五人廻し引抜獅子の曲(総出)

611日:テクテク(新橋)御膳しるこ(かしく)おんぼう吉三(花橘)七段目蔵入り(圓子)勧進帳(妻奴)

613日:替り目(歌六)住吉駕籠(かしく)猫久(しん橋)権助芝居(花橘)笑話長唄(圓子)切五人廻し(総出)

614日:剣舞士(歌六)大名の魚釣り(かしく)喜楽庵(しん橋)竹川染(花橘)隅田川夢金(圓子)大切吉原名物五人は引き抜き勢獅子(総出)

615日:すねかじり(歌六)養老の滝(かしく)宮戸川(しん橋)茶碗屋敷(花橘)花見小僧(圓子)清元喜撰(妻奴)

大正668日 大阪時事新報

○一つ路次 法善寺の東西 落語界太平記 

千日前の方から入れば直に花月亭、芝居裏の門から入れば紅梅亭、南地法善寺北手路地の東と西、そこに浪花落語の反対派と三友派との寄席がある。大阪中の三友派各席の盟主は紅梅亭である。大阪中の反対派の各席中で最も場所柄第一位にあるは花月亭である。二派の競争はこれやがてこの一つ路地東西二席によつて遺憾なく表現されている。

 高等演芸場を以て紅梅亭が高く持していれば、花月亭は花やかな一般受けの献立で安価で客を呼ぶ。双方の窺ひどころは最初から違つている。的の色に相違があつても互の競争には一歩も譲らぬ。三友派から反対派に走るものがこれまで記した通り大分にある。さうすると又紅梅亭では東京連を呼んで来る。生粋の大阪落語の名手はもう心細い位に乏い。高座の花形は沢山あつても本当の落語の味を聴かせる真打は少い。東京から新顔を迎へてはこの補ひをしているのが今の大阪落語界の現状。東京連を迎へるは主として三友派─紅梅亭等─だが、反対派では近頃この方面へも手をつけようとしている。

 先達、反対派の席主及び参謀連が上京し、柳家小さんに逢つたとか、近いうちに小さんを反対派へ迎へる下心らしく見える。又一方三友派では毎年夏に催す特別興行として七月には円右、八月には東京常磐津の女芸人式多津といふ美しいのを呼んで高等演芸場振を見せようと盟主の原田の心算と見受けた。

 小さんに対する円右は共に興ある今度の聴物であらう。忽し大阪で生れた真の大阪落語はだん〳〵と地に落ちて行くやうだ。二派の競争も此方面の向上にも何とかして向け直して貰ひ度いものであるとは落語好きの人達の注文。

大正669日 大阪時事新報

<初代桂文団治三十三回忌追善会・紅梅亭>

◇初代文団治追善落語会 十日昼夜二回南地紅梅亭にて三代目文団治発起にて同日口上を述べ、昼の部は正午より春団治、小文三等の三枚起請(故人得意物)、円馬のおもと違ひ、枝太郎の忠義の正夢、川柳の鼠穴及び空也踊其他。又夜の部は六時より円馬の忠孝、春団治の阿弥陀ケ池を始めいろいろの落語、空也踊各演芸ある由。

〈編者註〉番組の詳細は巻末の「紅梅亭(三友派)の日曜会」一覧を参照。

大正6616日 大阪朝日新聞

◇桂小団次の取調 目下西区京町堀文芸館に出演せる落語家桂小次は、何事か不正行為あるにや、十五日午前十時大阪区裁判所検事局に召喚取調べを受けたり。

大正6617日 大阪毎日新聞

◇落語家ブラツクの奇禍 睡眠薬を多量に服して昏睡す 三日間眠り続く 

 東京に居住し旅稼ぎに出で其途中大阪南区難波新地の旅館中野平兵衛方に滞在中なる帰化英国人の寄席芸人石井ブラツク(五十九)は、平生大飲酒家にて其為め睡眠不足を来すことあるより、十四日薬店にて催眠及び鎮静剤「ヂアール」と云へる最新薬を購求したるが、錠剤一個半を一日分に服用すべきを誤つて十二錠分を一時に服用し床に入りたるに、全く昏睡状態に陥り、十六日夜十一時に至るも覚めず、微かに鼾声を続け時々痙攣を惹起(ひきおこ)すのみにて更に起き出でざるより、宿屋にても狼狽し、十六日夜は医師を迎へて潅腸、注射等を施したるも尚昏睡状態を続けて生死不明の有様なるが、同人は体質も強壮なれば生命には別条なかるべしと。

大正6620日 大阪朝日新聞

<初代桂文団治三十三回忌法要>

◇故文団次の回忌 二十一日南地法善寺境内にて三代目文団治及び其門人が主催となり、故人初代文団治の回忌法会と供養ものを施待なすよし。

大正662124日 関門日日新聞(門司)

<三遊亭圓子一座・門司弁天座>

弁天座 三遊亭圓子一座の落語は、愈々二十一日より市内裏町弁天座にて開演。番組は左の如し。

地獄八景(小米喬)三人旅行(福篤)金玉医者(新蔵)天災(とん馬)肝つぶし(歌六)紙屑や(かしく)力くべのさん(志ん橋)イじん芝居(花橋)五光の由来(圓子)常盤津乗合船(妻奴)勧進帳引抜奴さん大切江戸吉原五人廻し、引抜獅子の曲。(621

弁天座 初日以来毎夜大入大盛況の三遊亭圓子一座は愈々今晩を以て千秋楽なるが、出しものは、
 御祝儀宝の船(小米喬)兵庫船(福篤)いら〳〵医者(新蔵)疝気の虫(とん馬)音曲噺(歌六)御前しる
 こ(かしく)金
餅(志ん橋)巌流島(花橋)野晒(圓子)長唄勢獅子(妻奴)(624

<編者註>16日の新聞記事では、「小さん、圓右と共に東都落語界の三羽烏と囃(はや)されつつある三遊亭圓子は、十六日より門司旭座にて開演。十四年ぶりの来門の事にて前景気盛んなり」とあり。24日迄。

大正6630日 神戸新聞

千代廼座 一日より花橘、染丸、小南が加わり出番を左の通り変更せり

都枝、三升、可昇、三郎、太郎、氏原一、尾半、小半、東蝶、かほる、圓天坊、春輔、李有来、李金来、小文三、花橘、染丸、小南

大正6630日 大阪朝日新聞

◇三友派の出演者 七月一日より南地紅梅亭外組合各席へ従前の上に東京より燕枝、米蔵、鯉かん、丸一社中の小仙、小松、小金、橋本川柳は引続き出演。

◇反対派各席 一日より落語反対派各席出演者は三升家紋右衛門、円太郎、枝雀、馬生、円遊、円、小文枝、千橘、新加入右円遊、琵琶源子嬢。

大正663073日 香川新報(高松)

<近松家門左衛門一座・高松常盤館>

◇常盤館の門左衛門 当地常盤館にて好評を得たる近松家門左衛門は、今帝都の真打に昇進せるが、此度来たりて得意の若柳流舞踊の外新作浄瑠璃を試むべく。花形として浪花三友派の薩摩芸者近松家女道楽燕朝、小燕朝、落語の花形桂小文都、南冶改め小[]南言等一座、皆々若手の人気者ばかりを集めたる大一座にて、不日開場の手筈なりという。(630

◇初日の常盤館 三十日から常盤館へ掛かった近松家門左衛門一行の落語を初日の夜一寸覗いて見た。丁度小文都が純大阪落語十八番の内「稽古屋」を遣っていた所であったが、此人の話としてはあまりよい出来とは申されまい。其後が中南言(ちゅうなごん)であったが、前夜に一睡もしていなかったとかで、落語は淡白とした所二つ程を済ましてお子供衆の余興とかでタワイもない動物の鳴き声を真似したのはそこそこから拍手が起こっていたが、立上がって立山を踊ったのは前の小文都の深川と陰陽の対照だそうだ。燕朝、小燕朝の女道楽、時間の都合だったのか、すらすらと無造作に遣ってのけてしまったから、ここぞという聞き所もなかったが、只燕朝の喉が美しいのだけを買っておく。最後の門左衛門の芝居狂。座長としての落語にしては演題其ものがどうだろうか、もう少し味のある話をして貰いたかったが、之れも初日だからといえばそれ迄だが、併し此人の音曲は確かに盛んに大向きから喝采をあびせられていた。何れにしても幹部四五人は夫々の特長があって初日から此暑さにもメゲず、大入満員は目出度し目出度し。(△△生)(73

<編者註>演者の名前を見る限り、非常に怪しい一座である。門左衛門一座の番組は、下記の通り。

73

東の旅(小圓三)碁続き(門十郎)宿替(小萬光)掛合(豊八桃八)剣舞手踊(門雀)有馬曲芸(門翠)三十石(吾竹)紙くずや(小文都)お節徳三郎(中南言)女道楽北刕(燕朝小燕朝)夢金(門左衛門)大切所作事。

74

御祝儀(小圓三)東の旅(門十郎)みかんや(小萬光)掛合(豊八桃八)己月小僧(門雀)清□手踊(門翠)壺算(吾竹)子別れ(小文都)浮世節手踊(女道楽)おかふい舞音曲手踊(門左衛門)大切所作事。

75

御祝儀(小圓三)東の旅(門十郎)稽古屋(小萬光)掛合(豊八桃八)六枚半(門雀)酒屋丁稚(門翠)碁盗人(吾竹)親子茶屋(小文都)お節篤三郎(中南言)浮世節手踊(女道楽)舞手踊(門左衛門)大切所作事。

77

御祝儀(小圓三)東の旅(門十郎)明穴族(小萬光)掛合(豊八桃八)松竹梅(門雀)首の仕替(門翠)芝居穴(吾竹)子供洋行(小文都)柳の馬場(中南言)浮世節手踊(女道楽)三保の松原手踊(門左衛門)大切喜劇。

上方落語史料集成 大正6年(1917)7月

大正671日 大阪朝日新聞京都付録

◇芦辺館交代連 一日から新顔が交代し左の出番順となる。

 小染、蔵造、円之助、新遊、枝雁、三八、馬琴、夢助、文之助、中入墨付都々逸、馬琴、万光、歌六、柳昇、円枝、遊三、枝太郎。

大正672日 名古屋新聞

富本席 淡路島(美八)百人坊主(文馬)質屋芝居(梅團次)源兵衛玉(文福)稽古屋(美都)人情百物語(馬石)大阪新町廓(圓冶)軍人美談(有村)音曲(三遊亭春馬)曲曳大切(総出)

大正672 北国新聞(金沢)

東京落語三遊亭遊輔一座

昔噺(扇輔)昔噺手踊(徳輔)笑話振事(清輔)昔話物真似(圓六)滑稽噺(圓若)落語音曲手踊独楽の曲(十一歳小源嬢)軽口掛合喜劇(徳輔、圓若)世話講談(麟慶)音曲振事百種滑稽手踊(圓子)風刺的笑話(遊輔)

大正673 台湾日日新報

<橘家扇蔵一座・台湾竜口亭>

竜口亭 本日より落語橘家扇蔵一行にて開演、怪談幽霊早替其他例依り竹本君子の義太夫等大車輪にて開演する由

大正674日 名古屋新聞

富本席 兵庫船(美の丸)紀州飛脚(文馬)加賀見山芝居噺(梅團次)五目講釈(文福)味噌蔵(美都)人情百物語(馬石)軍人美談(有村)京都円山(圓冶)音曲(春馬)

大正677日 大阪朝日新聞京都付録

◇土曜日案内 落語:芦辺館三友派、笑福亭反対派、第二勢国館雀派。

大正678日 大阪毎日新聞京都滋賀付録

◇千本長久亭は本日落語を催し円太郎、枝雀、馬生、桃太郎、円歌出演。

大正6710 北国新聞

東京落語 一方一九席にては十五日を初日とし東京落語三遊亭派幹部橘家文三、同圓幸、同圓玉三人真打の大一座を以って賑々しく開演すべしという。

<編者註>19の番組は、浪花節入込(文平)笑話手踊(歌三郎)落語盆の曲(右喜松)音曲噺(橘蔵)滑稽落語(朝)和洋手品(瀧三郎)落語滑稽踊(圓幸)落語動物声色(圓玉)声四季音曲(圓若)滑稽落語(文平[三])諸芸腕競べ(総出)

大正6712日 大阪朝日新聞

<惨殺事件の桂梅枝、再勤する>

◇落語梅枝の再勤 五月三十一日午前二時の出来事にて我妻子を強盗犯人の手に惨殺させし大八会の落語梅枝事鹿野惣吉は、其後休席せしが、最早犯人竜里由松も捕はれし今日、他になす事もなく同情有志の進めに依りて再度十一日より大八会各席に出勤する事となれり。

大正6712日 大阪毎日新聞

◇浜寺海水浴場披露会 …海岸大天幕の余興場では大八会連中の諸芸競技を午前中より日没まで引切なしに開演。

〈編者註〉十五日開催。今年は大八会の連中が余興を担当した。出し物と出演者は以下の通り。

笑劇「己が罪」「化粧」(大石家義雄・千鳥外十数名)、支那曲芸(張秀雄・張貴田・張貴村)、茶番(森田小賞・同天賞)、奇術(明治金時)、掛合噺と軽口(橘家遊次・同遊楽)、日本曲芸(槌家万三・万次)、女道楽(花の家富貴子・同かしく)、舞踊(橘家円三郎)。

大正6715日 大阪時事新報

<談洲楼燕枝独演会・紅梅亭>

◇紅梅亭 十五日正午より燕枝独演会を催す。其の番組は左の通り。会費は五十銭。

突落し(鯉かん)、音曲風呂(米蔵)、落語雛鍔・劇話中村仲蔵の伝(燕枝)、余興曲毬(丸一一行)、落語欠伸指南・人情噺梅若礼三郎(燕枝)。

〈編者註〉『藝能懇話』四号(平成三年)に番組表が載る(下図)。

落語 004

燕枝独演会/大暑の砌各位益々御清壮奉賀候。扨当月交代連として柳派大幹部談洲楼燕枝出演を利し落語同好諸氏の御勧めにより、特に来る十五日正午十二時より燕枝独演会開催仕り候間、賑々敷御来場下されたく希い上げ奉り候。紅梅亭主拝。(以下省略)

大正6715日 大阪朝日新聞京都付録

◇日曜日案内 芦辺館・浪花三友派落語、笑福亭・浪花反対派落語、第二勢国館・諸芸大会。

大正6715日 関門日日新聞(門司)

<柳亭茶楽一座・門司旭亭>

◇旭亭 十五日午後六時より東京落語柳亭茶楽一座にて開演。入場料は十銭均一なり。

大正6716日 神戸新聞

海も陸も人の波人の山(須磨海水浴場余興) ▲割れる如な人気 △お馴染みの千代廼座連中が出る春天、圓郎、春兵衛、春三、小三太、年之助、春太郎、小枝、染二、米之助ら連中の若手から飛出して御機嫌を伺うと番毎にキャッとキャッとお腹を抱えて大喜び、次いで都枝の滑稽琵琶と体操ダンス △三升、圓天坊の落語と手踊、春輔の一口話、可昇、小文三、かほるの落語、手踊、さては太郎、三郎両人の音曲など何れも大喝采で余興場は割れるような人気である。

大正6717日 大阪時事新報・大阪毎日新聞・大阪朝日新聞

<桂文三死亡>

らくご 001◇桂文三逝く 盲目となり、脊髄を病み、なほ高座で巧妙な話術に人気を博していた落語家桂文三事高田留吉(五十九)は、本日正午東区糸屋町の自宅に於いて永眠した。同人は桂文左衛門の古き弟子で前名扇枝といひ、後文三を襲いだ。懸取、猿後家、植木屋などは十八番で、又桂派最後の元老として大阪落語界に重きをなしていたが、病の為め一度び高座を退いた。紅梅亭主人原田の厚意で療養後、再び盲しつゝも高座に上つていた。既記の如く原田の尽力で近々文三会なるものを設け、同人の老後を安からしめようとの企てもあつたが、それを果さぬ間に世を去つた。何れ葬式は三友派より営むことにするつもりで、本日も同人の訃を聞くと共に紅梅亭へ同派の幹部連寄合ひ相談中とのことである。(大阪時事)

◇桂文三歿す 去る四月下旬まで浪花三友派に勤めいたる関西落語界の重鎮桂文三事高田留吉は、予て盲目の上に脳脊髄を病み、病身ながらに高座に現れいたるが、春以来病勢募り且心臓病を併発して東区糸屋町の自宅にて療養中、遂に十六日午前十一時半死去したり。亨年五十九。同人は中年より先代文三(桂文左衛門)の俥夫を勤めいたるが、技芸のコツを覚えて先代に見出され、扇枝と名乗つて碁盤の上の松づくしにて人気を博し、客を喜ばすに一種の奇才を有したりき。因に十七日夕密葬を行ひ、約一週間後多分下寺町紅葉寺にて本葬を営むべしと。(大阪毎日)

◇桂文三逝く 落語家桂文三事高田留吉(五十九年)は脊髄病にて臥床中なりしが、十六日午前東区糸屋町の自宅にて心臓麻痺にて逝去したり。同人は桂文左衛門の高弟にて四十一年来都合により三友派に転じて今日に及べり。晩年は両眼盲したれどなほ仕込大筒なぞの十八番に観客を笑はせゐたり。密葬は十七日天王寺紅葉寺にて行ふ由。(大阪朝日)

[死亡広告]桂文三儀予テ病気ノ処養生不相叶去ル十六日午前十一時死去仕候ニ付此段謹告仕候追テ本葬儀ハ明廿一日午前十時途中葬列ヲ廃シ天王寺東門

 紅葉寺ニ於テ寺式執行仕候/男 桂小文三門人一同浪花三友派720

大正6718日 大阪朝日新聞

◇芦辺の琵琶講談 芦辺倶楽部にては二十一日より琵琶講談開祖美也田呑州にて開演。

大正6719日 大阪時事新報

<文三の葬儀>

◇文三の葬儀 十六日死去せる落語家桂文三の葬儀は、二十一日午前十時より天王寺東門通名紅葉寺即ち寿法寺に於て伜小文三及び浪花三友派施主となり寺式葬儀を営む由。

大正6724日 大阪時事新報

◇南興行組合の紛擾(ごたごた) ─紋右衛門一派の裏切り問題が動機となり─ 選挙当時の経緯から事起る 

南地千日前付近一帯に於ける小劇場、活動写真舘、落語定席、義太夫席、見世物小屋等の席主に拠つて千日前興行組合といふのがずつと以前から組み立てられ、随分こみ入つた種々の規約を設け、睨み合ひや競争の激しい此興行界を今日までこれと云ふ荒立つた事も起さず先ず円満に済まして来たものである。目下の役員の顔触は組合取締に弥生座々主の逢阪弥、副取締に常盤座々主の山田幸太郎、会計に紅梅亭主人の原田政橘、以下評議員の誰彼などである。処が先頃紅梅亭に出演してゐた落語家の三桝紋右衛門が、何事か席主側に対する不平を生じた折柄に紅梅亭隣の花月亭の反対派から金子に輪をかけて紋右衛門を迎へたので、そこは芸人の慣習(ならわし)、早速これに応じて其の月にまだ五六日といふ約定の日残りあるに関はらず、紋右衛門は弟子の紋十郎、文弥、紋朝、紋之丞、紋二郎、紋一郎、升三等を率い、裏切りをして反対派に投じ、紅梅亭より其筋に鑑札を提示して未だ籍を置けるに関らず、更に花月亭からも別に受けた鑑札を提示して出場をした。紅梅亭では一同に給料を前貸し日残りあるをも顧みず他の寄席に現はれたばかりか、紋右衛門には別に貸金もある次第、斯く不埒な芸人を組合中の他の寄席に平気で出演せしめるのは組合規約に背くものだとしてこのお捌きを組合に持出した処が、其頃府会議員の補欠選挙や市会議員選挙なんどの騒ぎがあつて興行組合のこの仲間にも頗る情実の纏綿たるものがあつて、この捌き未だ解決出来ず、紅梅亭の原田は逢阪取締や山田副取締の措置に慊らずとて断然辞職を申し出で、別に興行組合設立の奔走を始める模様があるが、これも選挙当時に何やらんの情実が含まれての満々の不平があつての事らしく、この騒ぎに連れて座主や席主の誰彼がこれまでに潜めて居た不平を一時に勃発せしめてワイ〳〵騒ぎ立つる始末に、果は興行上の取締にも及ぼす処ありとて其筋にても取調べを行ひ、何とか鎭撫せしむべく計るさうである。

大正6729 京城日報
雷門助六一座・朝鮮浪花館

[広告]/納涼興行 東京落語 雷門助六一座一行/◎今廿八日より開演 浪花館浪花館大正6年②

大正6731日 大阪朝日新聞・大阪時事新報

◇納涼演芸会 落語三友派南地の紅梅亭、北の新地永楽館、福島の延命舘の三席は八月一日より納涼演芸会にて三友派の芸尽し。その内紅梅亭は落語、歌舞音曲、美術紙切り、芸尽し、女筑前琵琶、博多二輪加、長講落語、落語茶番、ヒステリー、音曲墨ぬり、滑稽掛合、大切り怪談引抜き新案鰌すくひ、同派総出。

大正6731日 神戸新聞

千代廼座 一日より左の連中出演し大切余興として落語角力、怪談俄、滑稽萬歳等あり

小三太、春太郎、染二、米之助、都枝、可昇、三升、三郎、太郎、圓天坊、春輔、かほる、正團冶、歌次、光鶴、小文三、正楽

<編者註>歌次(路):桂歌路(本名苗村正治)、後の都家文雄(ぼやき漫才師)。神戸は初出。

上方落語史料集成 大正6年(1917)8月

大正681日 名古屋新聞

富本 本日より柳窓一行の出物は 東の旅(南玉)小倉船(梅團次)うどん屋(文福)人情話(馬石)明烏(今松)新辻うら(南冶)滑稽剣舞(有村)高砂屋(柳窓)

大正681 北国新聞(金沢)

<橘家蔵之助一座・金沢一九席>

一九席 本日より東京落語にて開演すべく番組左の如し

落語(蔵次)落語手踊(新蔵)落語滑稽浪花節(蔵之助)落語(夢輔)笑話音曲(歌六)滑稽落語(蔵之助)諸芸尽くし(総出)

大正6811日 大阪朝日新聞

◇三友派紅梅亭は十一日より納涼演芸会にて新案落語の芸尽し、南地の十二時、三無性、雨乞浄瑠璃、大切怪談。

大正681113日 大阪毎日新聞

<大阪毎日新聞主催・浜寺デー>

◇明日の浜寺デー 諸芸人百余名の余興 明十二日浜寺海水浴場にて挙行する浜寺デーの余興は、公会堂を浪花三友派にて受持ち、午前十時と午後一時の両回開演、三友派の重立ちたる連中が新案を凝せし奇抜の演芸を連発し観客のお臍を宿替せしむべく、蓋し絶好の暑気払ひなるべし。出演者は文治、文団治、円子、米団治、小南、春団治、染丸、三木助、遊三、しん橋、花橘、かしく、米丸、川柳、円坊、稲八、稲子、小文、玉団治、とん馬、米輔、子遊、星花、妻奴、おもちや、円丸、染八、福篤、枝女太文作春松万十小米喬春駒春枝其他囃子鳴物連中。

また海岸大天幕演芸場にては午前中は共楽会喜劇団が新脚色の喜劇を演じ、午後は大八会の全一座が入代り立代り午後五時まで各種の演芸に各自得意の腕を揮ふべし。以上の諸芸人百余舞名は二手に分れ、午前九時頃難波駅に勢揃ひし、揃の浴衣にて鳴物囃子賑しく場内に繰込む手筈なり。(811

◇浜寺デー 海も陸も割れるやうな大賑ひ 十二日の浜寺デーは…十時を合図に余興大八会の連中および喜劇共楽会の一行併せて六十名は馬鹿囃子に景気を揃へて浜寺に下車、一同獅子舞の扮装(いでたち)にて持場なる海岸大天幕(テント)の演芸場に繰込み…一方浪花三友派の連中五十名は是又揃ひの浴衣、色鉢巻華やかに公会堂に乗込み、十八番の得意芸を持出して喝采を博すもあれば、仲間も知らぬ取つて置きの隠し芸を持出して観客の腹の皮を捩ぢらすもあり、殊に連中総出の各種の喜劇は大受けにて、ハチ切れん許りに観客を盛り込んだる公会堂は午前午後の両回を通じて割れるほどの大陽気を示し、海岸余興場も喜劇に続いて大八会一座が奇抜なる演芸を連発し…多数の見物を喜ばせて歓声絶えず…終日嘻々の声を以て充たされたりき。(813

大正6814日 都新聞

むらくの帰京 むらく改め川柳は十四日帰京し寄席演芸会社付となり下席より出演

<編者註>但し、東京寄席演芸会社の下席の広告には、川柳の名前なし。

大正6816日 大阪時事新報

◇寄席情調を破壊するとて揉める東京の席亭 

東京寄席演芸株式会社は本月一日から新興行を開始して近来頽廃しかけた寄席の復活を計つたが、三日突然柳枝派の反対に続いて左楽の反対宣言となつた。其反対は月給制度の不平と従来の寄席情調を破壊すると云ふのにあるが、真相は更に複雑なものがある。即ち相撲のやうに倆技を中心として人気者を抜擢するにある。反対派は睦会を組織して柳枝、左楽、橘之助、可楽、かしく、錦生、小柳枝等を頭目に、席に反意ある神田白梅、同川竹、四谷喜よし、芝恵知十、牛込の牛込亭、同神楽坂の演芸舘、下谷のとんぼを楯に暗に芸人引張り策を講じている。或は講談席、義太夫席杯も勧誘して運動怠りなく、九月より三桝紋右衛門を迎へんと交渉している。会社側はむらくを呼ぶことゝなつて十四日盛んに出迎へをなすので、睦会も負ずに出迎へると言ふ。むらくは橘之助が睦会にある上は同会の加入は六ケ敷しらしいとの事。

大正6816日 都新聞

大入寄席案内(八月下席)▲三遊柳派連睦會合同席

○神田白梅亭 志ん生、志ん馬、柏枝、大阪登り手遊、小南、金坊銀坊、圓遊、柳枝、かしく、玉輔、政治郎、扇橋、ジョンデー

○下谷とんぼ軒 左楽、小柳枝、小南、圓遊、巴丈、長之助、秋月、可楽、英国人、かしく、大正、右楽

○本所若宮亭 左楽、雛太郎、右楽、大阪登妻奴、手遊、小遊、圓子、かしく、圓遊、扇橋、可楽、楓枝、新朝、錦枝、竹天

○神楽坂下神白梅 志ん生、左楽、大阪登手遊、染三、小遊、小南、右楽、桃李、竹天、雛太郎、しん馬、新朝

○神保町川竹 橘之助、柳枝、大阪登手遊、染三、圓子、大正、松風、小源水、雛太郎、福圓遊、市兵衛

○牛込牛込亭 柳枝、圓遊、南窓、玉輔、小柳枝、大阪登手遊、妻奴、圓子、政治郎、福圓遊、巴丈、市兵衛、長之助

○四谷喜よし 志ん生、小柳枝、橘之助、大阪登小遊、金坊銀坊、小南、福圓遊、政治郎、竹天、秋月、大正、新朝、市兵衛、右楽

<編者註>東京の番組は、上方関連の噺家のみ記載。

大正6817日 都新聞

<錦生改め古今亭しん馬>

落語家の改名 柳枝門下の枝雀は今回春風亭拍枝と改名し、雷門の弟子錦生は古今亭しん馬と改むる

<編者註>古今亭しん馬:本名金川利三郎。笑福亭松喬(後の二代目染丸)の弟子で、三喬から染之助。大正二年三月に師匠と共に東上した後、そのまま東京に残り、橘之助の一座に加わり各地を巡業。後、志ん生の弟子となり錦生と改名。

大正6818日 名古屋新聞

富本 御祝儀(花太郎)かけまん(文福)東京人情話(馬石)頭山花見(梅團冶)きせん(今松)めがねや(南冶)滑稽義士山岡角兵衛(柳窓)

大正6824日 大阪朝日新聞

◇三友派紅梅亭は二十三日より演芸会の全部番組を取替へ、大切には借家怪談を演ずる事となれり。

大正6828日 大阪朝日新聞・829日 大阪朝日新聞京都付録

<円馬、牡丹燈籠を語る>

◇牡丹灯籠の口演 京都南座にて三十一日初日にて開演する狂言は牡丹灯籠と極り、東京より沢村源之助を呼び迎へしが、故人円朝の高弟円馬が得意の読物なれば二十七日午後五時より仕打白井の宅へ円馬を招き、一座すべき源之助、寿三郎、飛鶴、広三郎、政雀、秀郎、璃珏、徳三郎等を集めて聴かせる。(大阪朝日)

◇牡丹灯籠研究 三遊亭円朝が十七回忌にその名作「牡丹灯籠」を上場することになつた南座では…名人口演の俤を損じまいとし、故人の弟子円馬を招いて二十七日には源之助始め一座の面々神妙に一席拝聴に及び、近来稀な熱心の研究を積んでいる。(京都付録)

大正6830日 九州日報(博多)

<近松屋門左衛門一座・博多川丈座>

川丈座(博多) 明三十一日より東京落語近松家門左衛門一行乗込み開演。顔触れ左の如し

橘家春三、桂雀之助、三遊亭権助、近松家寿朝、松浦冠山、近松家小圓、桂小文都、桂太郎、吾妻浪太郎

<編者註>一座の番組、下記の通り。

831日:明厄(春三)乗合船(雀之助)初の越入(権助)手踊(小ゑん)西園寺公爵(冠山)一芸(信太郎)親子茶屋(小文都)阿弥陀池(太郎)夢金(門左衛門)

大正6831日 大阪朝日新聞

◇三友派落語 一日より三友派組合各席に従前の一座の上に義太夫住友竹天、橋本川柳、笑福亭松鶴も出演する。

◇反対派落語 一日より各花月亭及び組合各席の出番取替へ、枝太郎、紋右衛門、円太郎、馬生、枝雀、小文枝、円、円遊、千橘、円若、左楽。

大正6831日 名古屋新聞

富本 御祝儀(窓六)落語(花太郎)東京人情(馬石)つんぼ茶屋(梅團冶)たらちめ(今松)笑話手踊り(南冶)大工しらべ(柳窓)

上方落語史料集成 大正6年(1917)9月

691日 大阪時事新報

<笑福亭松鶴、三友派へ復帰する>

◇文治と松鶴 文治は近く引退する 往年、文治一派と合はずして三友派を脱し寿々女会を起し、敗れて堀江で茶屋の亭主として収まつていた松鶴が今度久々で浪花三友派へ逆戻りをした。さうして同派の元老桂文治は近いうちに引退することゝなつているさうである。文治も浪花落語界の一雄鎮、永い間後進を養成して尽した男である。

大正691日 大阪朝日新聞京都付録

◇芦辺館の交代連 一日から染丸、蔵之助、若円、鶴吉、遊三郎、高喜福、高一楽等が新に加入した。

大正691日 神戸又新日報

◇千代廼座 一日より左の顔触れにて開演

春太郎、染二、可昇、三升、歌路、かほる、圓天坊、春輔、圓松、浄瑠璃君子(六歳)、扇蔵、圓坊、正楽、曲芸李金成、李有来、余興俄尾半、小半、東蝶

戎座 一日より左の落語、義太夫、新内の大寄せなりと

南喬、梅助、奴之助、圓文、橘三郎、越久都敷、圓歌、圓徳、右近、圓三郎、新内吾妻

大正691日 都新聞

大入寄席案内九月上席

三遊柳派連睦會合同席

○神田川竹 小南、痴遊、志ん生、左楽、小柳枝、政次郎、しん馬、浅鳳山、新水女、玉輔、右楽、染三、枝太郎、秋月、新朝、かしく

○神楽坂演芸場神白亭 痴遊、柳枝、圓遊、小南、枝太郎、小柳枝、おもちゃ、和佐之助、丸一、市兵衛、玉輔、染三

○四谷喜よし 柳枝、左楽、痴遊、玉輔、源水、丸一、圓遊、おもちゃ、和佐之助、しん馬、柏枝、染三、可楽

○牛込亭 橘之助、志ん生、翫之助、可楽、源水、しん馬、浅鳳山、盧洲、柳橋、染三、ジュンデー、かしく、扇橋、真砂太夫

○芝恵智十 小南、圓遊、左楽、巴丈、長之助、おもちゃ、りう馬、源水、政次郎、枝太郎

○人形町末広 伯山、志ん生、柳枝、小柳枝、圓遊、丸一、市兵衛、源水、柳好、秋月、春輔、おもちゃ、ジョンデー

○神田白梅亭 左楽、小南、橘之助、小柳枝、翫之助、南窓、和佐之助、雛太郎、市兵衛、かしく、丸一

大阪登り初お目見得 九月一日から十四日迄出雲名物松江節、大阪新内の奉斗富士松島之助、雀家翫之助、大阪かつ口太郎、三郎神田白梅亭、神保町川竹亭、四谷喜よし、芝恵智十、人形町末広亭

<編者註>この月より、雀家翫之助が睦会によばれて、神戸から東京に帰っている。

大正694日 東京朝日新聞

黒くてあかい 今度大阪から来た落語のかしくも東京のかしくと間違へられそうなので、欺れではならぬと看板を赤字で書く。其癖顔は真黒で東京のかしくの顔が反(かえ)って赤いは話がややこしい

大正6910 台湾日日新報

<柳亭茶楽一座・台湾朝日座>

朝日座 既報したる東京三遊派落語翁家茶楽一行はいよ〳〵本十日初日と決定せるが近来稀に見る手揃にて入場料も一等五十銭、二等三十五銭、三等二十銭と云ふ破格の大勉強をなす由初日の出番左の如し 落語手踊(江戸家美次)落語手踊(□□□[圓]

)浄瑠璃清元(□□家歌六[美廼家歌女])音曲はなし(三遊亭□□[右朝])人情噺(柳亭□□[茶楽])曲芸日本一(□□□□□[吾妻信太郎])尚興行の都合により十三日迄四日間限り日延べせずと

大正6913日 東京朝日新聞

望みとあらば 大阪から来た圓子が相棒の妻奴と踊りながら頬っぺた抔を捻ってふざけているが、まだ此女は独身でお望みなら元値から七掛で差上げます。当人でなくても嬉しい洒落じゃない。

大正6913日 九州日報(博多)

<近松屋門左衛門一座・門司旭座>

旭座(門司) 東京落語三遊派近松家門左衛門一座開演

大正6915日 東京朝日新聞

廃れたものを 大阪上りの太郎三郎が圓遊のトリ席でステテコを踊り前座から師匠の家芸だ何か付屈をしなとからかわれ、廃れたステテコを広めるのや此方やが貰いたいは太い小坊主

大正6916日 大阪毎日新聞

◇とことん会 落語反対派の連中、紋右衛門、左楽其他の一同にて「とことん会」といふを組織し、十六日午前十一時より新世界花月にて第一回を開催する由。一同は西川流を学び、古位吉を師匠とせるなりと。

大正6919日 九州日報

<雷門助六一座・博多川丈座>

川丈座(博多) 柳派落語雷門助六一座本日乗込み明日町廻りの上初日開演番組は初天神(ぼたん)近江八景(助丸)芝居風呂(助三)掛取萬歳(歌六)干物箱(雷洲)皿の曲(茶目松茶目三)常磐津(和佐八)松竹梅(助六)外に手踊

大正692223日 香川新報(高松)

<桂小文・枝女太一座・高松大和座>

◇杵屋演芸会の落語 当市大和座における昨夜の演芸会にて大阪三友派の桂小文は、蚊帳相撲(手踊は喜撰)、枝女太は正月丁稚(踊りは秋の夜)の落語にてご機嫌を伺いたるが、二十二、三の両日は左の演題にて出演す。

△二十二日 壺の祝い手踊夕暮れ(桂枝女太)、虱茶屋手踊老松かつぽれ(桂小文)

△二十三日 女学生手踊六歌仙(桂枝女太)、天下一浮かれの屑より手踊松の名所(桂小文)(922

◇大和座 杵屋の演芸会一昨初日の當座は相当の入場者ありて文福茶釜、東八景、吉原雀等杵屋親子の糸とて悪かろう筈なく、小文、枝女太の落語と手踊わざわざ大阪から来ての応援とて車輪で大人子供の頤を解き、久助、まさる□妓の二人猩猩の振りに確かなる腕前を見せて打出したり今夜も多数の人を呼ぶならん。(923

〈編者註〉桂小文は後の五代目文吾。

大正6923日 大阪朝日新聞

◇堺寿館 文団治以下出演。染丸は出身地なれば二十三日総聴会などあり。

大正6928日 都新聞

<桂米丸の上京>

大阪落語家林家米丸は今回上京十月一日より会社側の各席へ出演す

大正6928日 東京朝日新聞

<三遊亭二代目圓若>

名誉も何も 禿頭の圓若が「金も名誉も何も要らぬ、私しゃ頭の毛が欲しい」抔と皮切に頭の禿げたグチの都々逸ばかり三つ四つ其癖高座を下りと名誉も毛も要らぬが銭が欲しい

大正6930日 大阪朝日新聞

◇浪花三友派 一日より三友派各組合席に従前の一座の外に東京より歌舞音曲東京芸妓常磐家一枝、久枝、国枝、菊枝、花枝、照枝一行の外桜川長寿と少女義太夫竹本君子、同越春が出演する。

〈編者註〉『藝能懇話』四号(平成三年)に十月一日よりの瓢亭の出番順(下図)が載る。

落語 005

上方落語史料集成 大正6年(1917)10月

大正6101日 大阪毎日新聞

◇落語反対派 休演中の枝雀並に紋右衛門は十月一日より法善寺花月亭はじめ各組合席に出演すべしと。

大正6101日 大阪朝日新聞京都付録

◇一日からの芦辺館 東京三遊亭遊三、桂小文三、桂万光、少年剱舞大木正利外若手全員お目通りする。

大正6101 神戸又新日報

戎座 左の顔触れ南喬、圓文、柴鶴、橘奴、橘三郎、都枝、枝右衛門、紋之丞、圓歌、吾妻太夫、白魚、圓三郎、明道、大切余興菊人形

大正6101日 名古屋新聞

富本 御祝儀七福神(春風亭窓吉)東の旅並に手踊(桂文馬)東京人情話(隅田川馬石)伊勢吉及び音曲(桂文福)源平穴探し(古今亭今松)三十石並に煙草の吸分け(桂梅團冶)落語音曲盆の曲(橘家圓冶)滑稽剣舞(有村謹吾)甲府ィ(春風亭柳窓)

大正6101日 都新聞

寄席演芸会社十月上席(広告)

○深川常盤 小圓朝、さん馬、助次郎、歌太郎、式多津、文吉、李彩、圓幸、圓子、圓鏡、鶴輔、圓若、圓條、柳一、寿々馬

○京橋金沢 燕枝、小さん、米丸、圓歌、花堂、さん子、さん馬、政太夫、式松、ぎん蝶、右女助、三好、一馬

○神田立花 圓右、小燕枝、圓蔵、圓太郎、さん馬、歌蝶、芝鶴、越寿、花堂、駒之助、圓子、三好、小三冶、小正一

○浅草並木 米丸、右女助、小燕枝、駒の助、勝次郎、つばめ、歌蝶、芝鶴、鶴枝、圓鏡、助次郎、丸、圓幸、日本太郎

○芝琴平 加賀太夫、宮古太夫、米丸、燕枝、圓太郎、小圓朝、、三好、助平、文楽、貞丈、さん子、圓歌、勝次郎、日本太郎

○下谷金杉寿亭 李彩、馬生、小燕枝、歌太郎、圓之助、圓太郎、宮歳、圓七、柳一、圓子、金勝、圓若、圓條、助次郎、清朝

○日本橋木原 小圓朝、怪談富岳、式多津、鯉かん、勝次郎、三語楼、龍五郎、米蔵、米枝、圓満、猫八、圓弥、圓之助、鶴輔、圓若

○上野鈴本 燕枝、圓子、圓蔵、米丸、政太夫、式松、圓之助、右女助、才賀、さん子、花堂、李彩

三遊柳連睦會同盟席(広告)

○下谷とんぼ 志ん生、橘之助、松江踊、小南、遊輔、玉輔、源水、秋月

○本所若宮 痴遊、小南、柳枝、橘之助、和佐之助、右楽、新朝、政次郎、玉輔、秋月

○神楽坂演芸館神白梅 橘之助、小柳枝、志ん馬、松江踊、小南、圓遊、遊輔、玉輔、源水、和佐之助、馬之助

○四谷喜よし 痴遊、左楽、柳枝、岩てこ、橘之助、和佐之助、丸一連、柏枝、しん馬、春輔、柳好、枝太郎、馬之助

○芝佐久間町恵智十 左楽、今輔、小南、島之助、松江踊、しん馬、雛太郎、かしく、政治郎、新水嬢

○三河台麻布座 左楽、今輔、枝太郎、雛太郎、南窓、可楽、新水嬢、金坊、銀坊、政次郎、新朝、春輔、柳好

○福槌 圓遊、痴遊、志ん馬、かしく、枝太郎、岩てこ(ためる、小岩、でこ一、でこ蔵、小てこ)

○小石川・・演芸館 志ん生、遊輔、柳橋、玉輔、桃李、金坊、銀坊、りう馬、枝め吉、大正、枝女太、張凰山、島之助、巴丈

<編者註>上方の噺家出演と思われる席のみ記載。

大正6103日 大阪時事新報

<柳家小さん独演会・紅梅亭・永楽館>

小さん独演会 東京から柳家小さんがやつて来た。先達(せんだって)記した如く大阪三越の新築披露の余興に来たのを浪花三友派で引留めて、来る四日は南地紅梅亭、五日はに北陽永楽館各正午より其独演会を催すことゝなつた。四日の番組は高砂屋、猫久、らくだ、余興常磐津、小言幸兵衛、五日は千早振、碁盗人、にらみ返し、余興常磐津、らくだをやる由。

〈編者註〉『藝能懇話』四号(平成三年)に番組表(下図)が載る。

落語 003

東京落語柳家小さん独演会

今回来阪せられしを期とし好者様の御勧めに随ひ落語独演会開催の次第、何卒御誘ひ合され、賑々敷御来場の程希い上げ奉り候。(番組略)両日共に御賛成の方多く御座席の都合これあり候間、面倒ながら電話にて前日迄に御申込み願いたく、不都合なき様御取斗(おとりはかり)申し上げ候/紅梅亭・永楽館/入場券発売申し候間、御入用なれば御一報下され候えば早速持参申し上げ候。

大正6106日 大阪時事新報

<柳家小さん独演会を聴く>

小さんを聴く 月の四日の正午から南地紅梅亭で来阪せる小さんの独演会に行つた。客種も好い。門人一両名が人寄せあつて後、小さんが高座に現はれた。高砂や、猫久、らくだの三席をやつて後、余興常磐津式三番叟を語つて次の小言幸兵衛で打出した。何と云つても当代落語界の第一人者、とりどりに面白く聴かれたが、此人の価値は地合ひのシツトリとした処の味はひにある、質実(じみ)な光りにある。本場結城といつた感じがする。四つの話の中では矢張らくだが一番油が乗ていた。らくだと云へば亡くなつた文吾を想はずにはいられない。然し小さんといふ人の話は唯一つを聴く時、殊に冴える。由来独演会なるものはその人の得意物の幾つかを一度に聴かうとする落語好きにとつては此上もない有難い催しだが、いくら名手が気を替へても同じ人が三四席と続けて演るは演者にとつては不利な企てである。まして小さんの如き芸風の人にとつては痛切にさう思はれてならぬ。余興に常磐津、小言の幸兵衛に又常磐津が入るは是非なしとしても、又損な遣方ではあるまいか。(藍微塵)

大正610267日 北国新聞(金沢)

<柳家小さん独演会・金沢一九席>

小さん来る 下新町一九席にては、其後休席中席主上京種々相談中なりしが、何分落語会新組織の為地方巡業纏まり兼ねたる処、當地落語界の第一人を以って推され居る東京演芸会社顧問落語研究会長、同柳派社長たる柳家小さんが、今回落成せる大阪三越呉服店新築祝賀会余興出演の為、特に下阪せるを幸い、先年の約束を楯に出演を強要せる結果、愈々来る六七日両日間限り一九席において花々しく開演する事となりたる由。地方にては二度と聴かれぬ大物とて人気思うべし。(102

小さん独演会 落語界の権威柳家小さんは大阪より帰京の途次来沢し、愈々今明両日限り下新町一九席において花々しく独演会を催す由。初日の出物左の如く。

寝床(小きん)高砂屋(小さん)碁盗人(小さん)桃太郎(幅丸)音曲(小さん)小言幸兵衛(小さん)

何れも同人十八番物とて大いに聴物なるべく。入場料は三十五銭とし二日目は日曜に付正午より昼席、午後六時より夜席の二回興行とし、昼間の入場料は二十五銭なりと。因みに小さんは以前家寿太夫と云いし常盤津の太夫なるより一席お聴きに達すべしという。(10・6

小さん独演会 下新町一九席にて昨日より開演大人気なるが本日は正午より夜午後六時よりの二回開演とし出物左の如く。

昼の席 厩火事、らくだ、猫久、常盤津(以上四席小さん口演)

夜の席 千早振、睨み返し、常盤津、うどんや(以上四席口演)

入場料は昼二十五銭、夜三十五銭にて愈々本日限り日延べなしといえば聴き渡されぬものなるべし。(107

大正6104日 神戸新聞

<三宮御代廼座(みよのざ)落語定席として開場>

御代廼座 三宮世界館改め御代廼座の改築竣工二日より開場一座は圓子、圓遊、妻等にて好人気

大正6106日 京城日報

<二代目三遊亭圓左一座・朝鮮浪花館>

圓左来る 東京落語東京名人會幹事三遊亭圓左一行は五日より浪花館に開演したるが、一行は全部當地初御目見得にて何れも若手揃いなるが娘義太夫、踊、奇術、曲芸、講談、百面相、少年落語等の盛沢山なれば好評を博する事なるべし。主な出演者は、落語(新之助)少年落語(左喜代)笑話百面相(左之助)講談(南慶)落語手踊(圓次)落語盆踊(圓柳)曲芸(圓童)義太夫(團京)人情落語(圓左)

大正6109日 大阪朝日新聞

◇柳家小さん独演会 東京落語柳家小さんは九十両日間、京都新京極芦辺館にて独演会を夜は長講落語会を催す。

大正6101213日 大阪時事新報

○上手な文吾(上) 文左衛門は先ず 斯道の神様です 

 此間大阪三越の余興に招かれ、又紅梅亭、永楽館の二席で独演会をやつた東京の落語家の名手柳家小さんに亡き桂文吾の追懐談を聞きました。小さんの十八番と聞こえた駱駝だの睨み返しは、上方話で文吾が得意の物であつたのを小さんが以前聴いて、これを江戸式に多少手を入れてやり出したのださうです。 「文吾は上手でした。私が二十年ほど前に法善寺の桂派の定席だつた金沢の席へ─今の花月亭の処─招かれて来たことがあります。其時頼まれて京都の芦辺舘へも出ましたが、私の次が文吾といふ順でした。お客様は私が済むと三百ほどのがバラ〳〵と立つて四五十人しか残りません。かういつた時は東京ならその次に高座へ上つた者は好い加減に手短く切上げる習ひですが、文吾はツナギの囃子を賑かにさせ部屋で悠然とドテラを引かけて収まつています。五六分囃し立てた時分漸く着物を来て高座へ出て、今お立ちになつたお客は東京から来られた小さんを聴かうとてお越し下されたので、お残りになつていられるお方は私のをもう一つ聴いてやらうと思召のお方、有難いことでと礼を云つて、然し前が寂しいからどうかお詰め下さいと泰然として云ひます。お客も座布団などさげてぞろ〳〵高座前へあつまります。さうして悠然とかういふ時は一倍力を入てみつちりと小一時間もやるのださうです。成程と私はこれに感心しました。駱駝や睨み返しはこの時この人のやるのを聴いて、これは面白いものだと思ひ東京へ持つて帰り、駱駝のうちで余り凄すぎる処は省いて私の工夫を少し加へてやつて居ります」。小さんはしみ〴〵と文吾は惜い男だと繰返しました。(1012

○上手な文吾(下) 文左衛門は先ず 斯道の神様です  

「文吾は惜しい男」ですと又小さんはもう一度繰返して「唯、酒がよくないので、あれ丈の技を持つていましたが、師匠の文左衛門さんが気にかけて京都へずつとやつてあつたものと見えます。私は是非一つ東京へ連て帰り度いと云ひましたが、あの男は可(い)けないと文左衛門さんはウンと云ひません。それで又十年後、私が再び来阪し、今度は紅梅亭へ出ました時、もう一度勧め、又手紙でも私が保証するからと云つてやつたので、漸く文吾が上京する運びとなりました。人形町の末広で私が一日駱駝をやれば文吾がその日は睨み返しをやり、文吾が駱駝をやる日は私が睨み返しといつた風に交代でやりました。大変東京で文吾は好評を博しましたが、師匠から八釜敷云はれたと見えて一滴の酒もやりません。その為め先生はどうも会心の落語がやれないので残念だと云つて帰りましたが、以前来阪の時、文左衛門さんと文枝の小文枝、枝雀、文吾と席亭と私と宇治へ行きましたが、文吾は師匠の前では猫のやうに謹慎して私がいくら猪口をさしても飲みません。余気の毒だつたから私は宇治川へ飛込で泳いだことがありました。文左衛門さんですか、あの人は全く落語界の神様でせう。実に熱心な人で、私の泊つていた宿へもやつて来て朝から晩迄一口も他の話はせず落語の話ばかり、かういふ趣向があるとか昔の話で今人がやらぬのでかういふのがあるとか、そんなことばかりを静かに話し合つて帰られたものです」。

落語に熱心だつた文左衛門も地下の人となり、酒の為めに師匠に八釜敷く云はれた文吾も共に此世の人ではない。座談でも高座と変らぬ、無口なやうでよく語る、何処かに剽軽な味のある小さんは、昔の馴染の思ひ出でに身に入(し)む秋を覚えたやうに─。(1013

大正61015日 都新聞

當十月十五日反対会社睦會(広告)

○人形町末広 痴遊、左楽、小柳枝、翫之助、岩てことし松、李有来、李金来、枝太郎、右楽、雛太郎、玉輔、政次郎、竹天、歌六

○神保川竹 志ん生、島之助、圓遊、小南、桃太郎、張鳳山、枝太郎、政次郎、柳好、柏枝

○四谷喜よし 志ん生、翫之助、小南、今輔、秋月、かほる、金坊銀坊、玉輔、政次郎、歌六、かしく、軽妙なる支那曲枝李有来、李金来

○神田白梅亭 柳枝、小柳枝、小南、今輔、春駒、柳好、翫之助、島之助、素行、弥栄吉、雛太郎、かほる、扇橋、軽妙なる支那曲枝李有来、李金来

○本所若宮亭 蘆洲、今輔、圓遊、左楽、雛太郎、かしく、島之助、金坊銀坊、丸一連、歌六、柏枝

○遊学通寺町牛込亭 小南、志ん生、素昇、弥栄吉、圓遊、丸一連、桃李、翫之助、秋月、新水嬢、和佐之助、春駒、軽妙なる支那曲枝李有来、李金来

○恵智十 橘之助、翫之助、玉輔、三玉、吉行、小柳枝、春輔、伯龍、岩でこ、和佐之助、桃太郎、軽妙なる支那曲芸李有来、李金来

○楽神楽坂演芸場 痴遊、左楽、三玉、吉行、今輔、かしく、雛太郎、島之助、政次郎、右楽、恵楽、可楽、小源女

○根津寿亭 痴遊、枝太郎、柳枝、小南、金銀坊、小源女、竹天、りう馬

○横浜新富亭 志ん馬、橘之助、遊輔、市兵衛、初御目見得鶴家亀六

<編者註>上方の噺家出演と思われる席のみ記載。

大正61016日 神戸新聞

千代廼座 圓子、圓遊等が出勤し連夜満員なるより本日より余興として、圓子、圓天坊、かしく、しん蔵、春輔その他の博多二○加を演ず。

大正61016日 都新聞

東京寄席演芸会社特約席(広告)

○神田須田町立花 小さん、圓子、政太夫、式松、小圓蔵、助平、貞丈、さん子、猫八、圓窓、右女助、米丸、宮歳、圓弥

○両国立花 加賀太夫、宮古太夫、圓窓、米丸、圓太郎、一馬、駒之助、文楽、小圓朝、花堂、馬生、さん馬、猫八

○大阪上り初お目見得桂米丸四席出演(駒込鈴本亭、人形町鈴本亭、両国立花家、神田立花亭)

大正61017日 京都日出新聞

<笑福亭賑わう>

◇藤兵衛以来余り振はざりし笑福亭も反対派の安直主義が人気を迎合して昨今は大入り満員の大景況。出演者の選択にも可成苦心の跡見ゆるも、例の小円太や桃太郎の気障な舞台振は折角の人気を阻喪するの恐れあり。左れど俄師正玉の新加入、出演は他のデモを補ふに充分なり。(投書・Si生)

大正61023日 九州日報(博多)

<都ん輔・門左衛門一座・博多川丈座>

川丈座(博多) 京阪落語都ん輔門左衛門合併本日より開演番組左の如し

二人旅(春三)尼買(雀之助)弥次郎(権助)広瀬中佐(冠山)紙屑屋(小文都)剣舞居合術(大和)転宅(太郎)船徳(都ン輔)稽古屋並に音曲(門左衛門)

大正61024日 香川新報(高松)

<東西若手落語家若葉会一座・高松常盤館>

◇[広告]東京大阪落語一座 音曲奇術手踊若葉會一行/當ル十月二十四日ヨリ 兵庫町常盤館

◇常盤館 二十四日より東京大阪落語大一座若手揃い若葉會一行の落語、舞踊、音曲、奇術其他諸芸にて開演毎日午後六時に始むと。

<編者註>これも怪しい一座。一座の番組は、下記の通り。

1024

大阪落語(桂花團冶)曲芸種々(立花家市朝)東京落語其他余興(三遊亭花圓太)大阪落語音曲舞踊(富士の五郎)女道楽音曲舞踊(立花家歌助、小歌)掛合噺社中(一平、三平)東京落語人情噺余興(三遊亭若圓遊)現代奇術種々(松旭斎明一)大切一座総出新内喜劇

1025

地獄八景(花團冶)音曲手踊(緑り)弥次郎曲芸(市朝)牡丹餅踊(五郎)野晒(若圓遊)女道楽(歌助、小歌)道灌百面相(花圓太)掛合噺(一平、三平)奇術(明一)大切新舊喜劇

1026

鉄砲遊助(花團冶)小噺手踊(緑り)天才曲芸(市朝)竹の子舞(五郎)ワレワスレ(若圓遊)清元手踊(歌助、小歌)子誉め百面相(花圓太)太鼓ピン(掛合)奇術(明一)大切座員総出

1027

鰻の天上(花團冶)小噺手踊(緑り)磯泡曲芸(市朝)質屋蔵音曲手踊(五郎)芦浜(若圓遊)女道楽(歌助、小歌)山崎家(花圓太)あごあはし(掛合)奇術(明一)大切座員一同余興

大正61024日 満洲日々新聞

<二代目三遊亭圓左一座・満州大連大山席>

大山席 三番叟(三遊亭新之助)少年落語(三遊亭左喜代)落語(三遊亭左之助)時世講談(旭堂南慶)奇術曲芸(松田天賞、小賞)落語手踊(桂小文我)落語音曲(橘家新橘)落語盆の曲芸(三遊亭圓柳)西洋運動獅子の曲(天賞、圓童)娘義太夫(竹本團京)人情噺落語百種(圓左)

大正61031日 神戸新聞

千代廼座 一日より尾半、小半、東蝶、扇枝、米之助、扇蝶、三郎、太郎、圓天坊、春輔、小文三、花橘、しん橋、圓坊等にて開演

大正61031日 大阪朝日新聞

浪花三友派 三十一日より同派各席の従前一座に差加交代連は常磐津政太夫、名歌太夫、三味線式松、桂造、長唄吾妻家小満の助、落語三遊亭円窓、橘家扇蔵。

大正61031日 大阪朝日新聞京都付録

◇芦辺館 三十一日よりの出演者は松鶴、米紫、小文、円坊の他東京小女踊の勝代、曲芸張玉福。

大正61031日 香川新報

<東西若手落語家登喜輪会一座・高松常盤館>

◇[広告]十月三十一日ヨリ 東京大阪若手揃ヘ大一座 登喜輪會一行/桂明玉、桂枝之助、桂圓鶴、桂小團冶、桂圓之助、桂花丸、曲芸司丸一、座長氏原一氏出演ス/兵庫町常盤館

<編者註>一座の番組は、下記の通り。

112

小倉船(明玉)浮世根問(枝之助)うつり気(掛合社中)落葉籠(圓鶴)音曲手踊(小團冶)辻占茶屋(圓之助)愛宕山(花丸)曲芸数(丸一)通俗教育美談(氏原一)大切怪談百物語(所作事)

113

兵庫船(明玉)百人一首(枝之助)頼朝出使(掛合)鰻屋手踊(小團冶)植木屋娘(花丸)蛸芝居舞(圓之助)曲芸(丸一)教育美談(氏原一)大切怪談百物語

116

鳥屋引導(与太郎)掛合噺(社中)曲芸(丸一)寿限無(小團冶)敷島の道(圓之助)三枚起請(花丸)中入余興即席噺、曲芸数番(曲亭)馬場の盃(氏原一)大切怪談百物語

119

宝の入船(明一)珠の曲(佐太郎)掛合(社中)小噺手踊(小團冶)女気質(圓之助)女房手柄(花丸)曲芸(丸一)人情美談(一)大切怪談百物語

上方落語史料集成 大正6年(1917)11月

大正6111日 都新聞

<橘家蔵之助、三遊亭圓松の東上>

大入寄席案内(広告)東京寄席演芸会社取引席十一月上席

大阪上り内蔵之助、桂米丸、笑福亭圓松、少女義太夫君子、三味線豊竹越春出演場所 本郷若竹亭、京橋金沢亭、芝川升亭、神田立花亭、両国立花家、神田並木亭、麹町青柳亭、上野鈴本亭、人形町鈴本、駒込鈴本亭

◎若竹亭 小勝、米丸、つばめ、貞山、さん馬、圓太郎、圓蔵、米蔵、華柳、鯉かん、式多津

◎京橋金沢亭 小さん、右女助、圓歌、文楽、三好、馬生、米丸、文三、貞丈、内蔵之助、さん子、助次郎

◎神田立花亭 燕枝、圓蔵、君子、越春、文楽、馬生、式多津、小金馬、三語楼、小燕枝、圓幸、歌笑、鶴枝、内蔵之助

◎両国立花家 小さん、圓子、燕枝、君子、越春、右女助、鶴枝、燕柳、亀次郎、歌太郎、金時、三好

◎浅草並木亭 小さん、式多津、三語楼、文吉、圓子、亀次郎、小三冶、小勝、小圓朝、小きん、鶴枝、猫八、助平

◎神田五軒町並木亭 歌蝶、芝鶴、三語楼、文楽、燕柳、かん馬、亀次郎、圓玉、圓若、宮蔵、圓松、朝之助

◎下谷寿亭 小圓朝、つばめ、式多津、亀次郎、小三冶、小燕枝、鶴枝、圓若、圓玉、米蔵、一馬、猫八

◎麹町青柳亭 小せん、圓右、さん子、桂米丸、才賀、花堂、小正一、圓七、圓幸、瀧五郎、日本太郎、小きん

◎上野鈴本 圓蔵、内蔵之助、小圓朝、右女助、一馬、君子、三好、越春、つばめ、ピリケン、圓玉、鶴輔

◎人形町鈴本 圓右、燕枝、さん馬、三語楼、式多津、小勝、鯉かん、小正一、助次郎、内蔵之助、米蔵、君子、越春、圓松

◎駒込鈴本 綾香、松栄、素雪、松重、小圓朝、内蔵之助、圓子、花堂、小三冶

本郷駒込鈴本亭 當る十一月一日夜より 初看板御披露興行竹本松重、豊澤松栄/大阪登内蔵之助、尺八花堂、三遊亭圓子、柳家小三冶、竹本千賀太夫、竹本素若/三遊亭小圓朝/竹本綾香、竹本綾雪

大正6112日 関門日日新聞(門司)

<近松屋門左衛門一座・門司旭亭>

◇落語三扇会 此程当市稲荷座において、大好評を博したる東京大阪合併落語三扇会近松屋門左衛門一行は、今回更に三遊亭都、同二輔外二名の新加入あり。十四名の大一座となり、二日より王司町旭亭において花々しく開演する由。

大正6113日 香川新報(高松)

<三遊亭圓生一座・琴平金丸座>

◇金丸座(琴平) 一日より松旭斎明一、三遊亭圓生一座の奇術と演芸落語を興行し居れり。

大正6114日 都新聞

本日正午より神田立花にて上方會を開演。右女助、米丸、君子、芝鶴

當十五日から替る睦會寄席(広告)

◎神田白梅 橘之助、馬生、今輔、圓遊、小南、源水、秋月、張鳳山、南窓、初御目見得麒麟太夫、和歌吉

◎恵智十 痴遊、小南、圓子、今輔、市兵衛、柏枝、長寿、和佐寿、妻奴、翫之助、新水、源水

◎若宮亭 柳枝、大阪落語圓子、おもちゃ、小播磨、播志磨、玉輔、丸一連、桃太郎、柳福、かしく、遊輔、和佐之助、柳好、春輔

◎四谷喜よし 馬生、志ん生、小南、玉輔、今輔、蘆洲、長寿、新水、秋月、張鳳山、和佐寿、柳昇、志ん馬

◎櫻館 伯山、圓遊、小柳枝、大阪圓子、可楽、扇橋、巴丈、妻奴、張鳳山、かほる、圓璃、遊輔

◎牛込亭 馬生、今輔、小柳枝、柳昇、小南、柏枝、丸一、かしく、三曲合奏、春駒、麒麟太夫、可楽、和歌吉、秋月、新朝

◎人形町末広 伯山、柳枝、小柳枝、圓子、馬生、和佐之助、翫之助、おもちゃ、柳昇、柳橋、柏枝、丸一、妻奴、春駒

◎下谷とんぼ 志ん生、翫之助、りう馬、三曲合奏、橘之助、扇橋、柳好、巴丈、春輔、圓輔、かしく、金銀坊、福圓遊

◎神楽演芸場 柳枝、左楽、志ん生、橘之助、圓遊、市兵衛、翫之助、大阪圓子、おもちゃ、志ん馬、妻奴

◎常盤亭 圓遊、橘之助、市兵衛、桃李、桃太郎、柏枝、竹天、大正、源水、遊林、柳仙、新朝、金銀坊、かしく、國

大正6116日 九州日報(博多)

<春風亭柳窓一座・博多川丈座>

川丈座(博多) 東京落語春風亭柳窓一行昨日乗込み本日より花々しく開演の筈にて今初日の番組左の如し

東の旅(橘家圓六)かる口(一二三、五六八)音曲噺(立花家花輔)熊の皮(三遊亭歌之助)素人車手踊(立花家圓三)源平穴探し(春風亭今松)美術紙切り(水量軒アヒル)東京音曲(文團次)紺屋高尾(春風亭柳窓)大切出雲土産鰌掬い

大正6117日 京都日出新聞

◇勝代の踊 一日より芦辺館に出勤せる東京下り黒柳勝代の曲毬並に踊は頗る愛らしく且つ踊りも巧者とて人気を呼べり。

大正61111日 大阪時事新報

<三遊亭円窓独演会・紅梅亭>

◇円窓独演会 一日から南地紅梅亭に出演中の東都の落語家三遊亭円窓は十一日正午より独演会を開き「衛生料理」「文七元結」「三年目」の長講三席を演じる由にて、三友派社中連にては御祝儀落語を、また余興として常磐津政太夫が釣女をいづれも余興として添ふる由。

大正61115日 大阪時事新報

◇慈善会番組 既記の水害義捐の演芸会は愈々北演舞場にて十七、八の両日午後二時より。十七日の分は落語(三友派)、筑前琵琶(松井鴬水)、落語(染丸)、講談(南陵)、落語(円窓)、…常磐津(政太夫等)…。十八日の分は落語(三友派)、筑前琵琶(衣笠静子)、落語(三木助)、舞(右団治)、落語(遊三)、…常磐津(政太夫等)…。

〈編者註〉総額六千三百円余りを寄付した。

大正61116日 大阪時事新報

<染丸の「百年目」>

◇染丸当てられる 此間の晩の紅梅亭百年目をやつて、桜の宮で番頭の隠れ遊び、賑やかな楽屋の三味線、すると桟敷に芸者引率の洋服姿がそれに浮れて手を叩きコラ〳〵と騒ぎ出したのでドツト丸潰れ、染丸グツと癪に障へ、話は中止、余興の唄にもぢらして「偉いもんじや百姓が洋服着よる─」

大正61116日 都新聞

大入寄席案内拾一月下席 革新興行満都の人気に投じ引き続き好評湧くが如く盛況を極めつヽある東京寄席演芸會社取引席

○京橋金沢亭 圓蔵、さん馬、小燕枝、君子、越春、圓之助、鯉かん、勝次郎、文楽、鶴枝、花堂、李彩、米蔵、燕柳、日本太郎、圓松

○芝川升亭 圓蔵、小勝、燕柳、君子、越春、文三、圓松、瀧五郎、瀧三郎、勝次郎、ピリケン、米枝、花堂、三勝、圓弥

○神田立花亭 小勝、貞山、米丸、圓太郎、圓之助、圓鏡、小せん、萬橘、柳一、小きん、亀治郎、さん子、三勝、鶴亀、亀二

○浅草雷門並木亭 燕枝、圓右、君子、越春、李彩、金馬、内蔵之助、三勝、小幅、萬橘、勝治郎、小正一、歌笑、金時

○神田並木亭 文三、米丸、内蔵之助、三玉、圓幸、圓鏡、稲蔵、圓吉、萬橘、圓兵衛、勝若、ピリケン、小圓左

○下谷金杉寿亭 小さん、富士松喜久太夫、喜昇、桂米丸、才賀、鶴輔、小きん、小金馬、小正一、さん子、妻吉、圓玉、圓幸、圓太郎、ピリケン

○江戸川亭 圓歌、圓太郎、喜久太夫、喜昇、圓菊、歌笑、圓兵衛、歌蝶、圓子、芝鶴、圓鏡、圓幸、圓玉、萬橘

○日本橋木原亭 圓歌、圓鏡、文三、三好、文楽、内蔵之助、圓子、米枝、圓弥、ぎん蝶、勝若、歌笑、小圓蔵、ピリケン

○青山北五新富岳 小勝、富岳、右女助、瀧五郎、歌太郎、一馬、助平、圓松、金時、春子、駒太郎

○人形町鈴本亭 圓蔵、貞山、小さん、小燕枝、さん子、三語楼、圓之助、亀次郎、右女助、花堂、妻吉、才賀、鶴枝、圓條、米丸、圓兵衛、日本太郎

○本所鈴本 金馬、圓之助、日本太郎、式多津、内蔵之助、三勝、李彩、才賀、三玉、小金三、小幅、小正一、金時

初御目見得富士松喜久太夫、三味線喜昇 大阪上り落語声色桂米丸當年八歳少女義太夫君子越春 大阪落語滑稽浪花節橘家内蔵之助本郷若竹、京橋金沢、芝三升、神田立花、両国立花家、浅草並木、神田並木、下谷寿、小石川江戸川、日本橋木原、青山新富岳、人形町鈴本、駒込鈴本、小石川鈴本、本所鈴本

大正6114日 名古屋新聞

富本 御祝儀(梅昇)東の旅(福松)蜀山人(馬石)二つ三つ四つ(梅團次)大名ねぎま曲芸(我團冶)一つ穴及び音曲(文福)西洋奇術(天洋照子)尻捻及音曲扇の舞(團冶)滑稽剣舞(有村)

大正61116 台湾日日新報

<圓都、茶楽一座・台湾朝日座>

朝日座 開演中の落語喜劇は毎夜大入の人気なるが今回東京三遊派落語界の重鎮三遊亭円都加入し滑稽手踊、落語の得意物を演ずる由尚ほ本日よりの替芸題は左の如し …落語手踊大阪落語手踊(三寿次)東京落語手踊(円車)浮世節清元(歌女)笑話手踊(歌助)音曲噺手踊(右朝)人情噺(茶楽)滑稽人情噺手踊(三遊亭円都)

大正61120日 東京朝日新聞

大に苦しがる 今度大阪から来た圓松が売物の影絵は高座で種がなくなると苦しがって蛙だの茸だのを映しはじめるので前へ居る子供が承知せず、「こんなものは俺だって映せライ」

大正61124日 大阪朝日新聞

<三代目桂万光死亡>

落語 001桂万光 浪花三友派の落語家で座頭姿の四つ竹で愛嬌を売りし二代目(ママ)桂万光は二十二日午後九時脳病にて死去したり。享年四十三。前名を雀之助といひ枝雀の門人なり。得意の落語は「せむし茶屋」「饅頭こわい」「蛇眼草」など。

〈編者註〉現在では二代目文枝(文左衛門)の最初の師匠を初代万光とする。伝不祥。二代目が二代目文枝の弟子の上村亀之助(明治38421日歿)。三代目が桂枝雀の弟子で二代目小文枝の実兄にあたるこの万光(本名伊豆徳松)である。しかし新聞が二代目としているように、このころ既に初代万光の存在は忘れられていたのかも知れない。
 写真は雀之助時代の万光(「大福帳」29号・明治39年より)。

大正61126日 大阪時事新報

<二代目万光と三代目万光>

○万光と万光 背虫の話がお譲り 四ツ竹の上手な俤 

 落語家の万光が二十二日の午後九時、四十三のハネ厄を一期として世を去つた。古い落語好きには万光といふよりも雀之助といふ名の方が何んだか親しく聞える。枝雀の弟子の雀三郎、雀之助の兄弟は三友派の若手として一としきり人気を呼んだものだ。その後兄は小文枝を襲ぎ、弟は万光を襲いだ(編者註:兄弟逆)。

先代万光も亦当年の桂派全盛の花を飾つた一人であつた。鼠のやうに痩せた顔、言葉の尻口を短くつめる癖があつた。一休さんと背虫とこの二つは万光の専売として評判が高く、殊に背虫の話で背虫の若旦那の格好をすると見物はワッと笑ふ。「これをすると喜びやはんね」と万光も鼠のやうな顔をしかめて笑つたものだ。

雀之助の万光もこの背虫をよくやつた。この人は言葉の尻口を妙にピンとあげるのが癖だつた。落語も相当に聴かれたが、四ツ竹は器用に弾(う)つた。盲の真似をして弾つて仕舞うと「あゝ痛た」と両眼を牡蛎のやうにしてグルリと剥いていた瞼をさすつて高座を滑べるのが常であつた。花やかな此人の高座もモウ見られなくなつて仕舞つた。四ツ竹の哀音が耳の底にまだ残つているやうである。

大正61130日 大阪朝日新聞

◇三友派の出演者 三友派組合各席に十二月一日より従前の一座に東京より丸一家元の鏡味小仙、同小金、吾妻家小満之助、富士松吾妻太夫、三遊亭円子及び小円朝が出演する。

大正61130日 神戸新聞

千代廼座 来月一日より顔触れは尾半、小半、三郎、太郎、圓天坊、春輔、チャップリン、鶯、呑洲、歌路、一圓、扇蔵、遊三

上方落語史料集成 大正6年(1917)12月

大正61214日 香川新報(高松)

<春風亭柳窓一座・高松常盤館>

◇[広告]東京落語 柳派一派大一座 春風亭柳窓一行/来ル十二月一日 兵庫町常盤館(121

<編者註>柳窓一座の番組、下記の通り

122

小倉船(圓六)掛合噺(圓昇、圓寿)滑稽無学(遊生)天災(圓三)新町ぞめき(花橘)白木屋(今松)記憶術(アヒル)音曲ばなし(文團冶)文七元結(柳窓)

124

中国名所(圓六)掛合はなし(圓昇、圓寿)私生児(遊生)太田道灌(圓三)お玉牛(花橘)近江八景(今松)記憶術紙切り(アヒル)東京音曲(文團冶)写真の恨み(柳窓)

125

西国旅行(圓六)掛合噺(圓昇、圓寿)間抜盗人(遊生)ハチ公の結婚(圓三)目分景清(花橘)湯屋番(今松)記憶術紙切(アヒル)東京音曲(文團冶)代脈(柳窓)

126

桑名の渡(圓六)掛合噺(圓昇、圓寿)浮世床(遊生)書生車(圓三)子誉め(花橘)乾物範(今松)記憶術紙切り(アヒル)東京音曲(文團冶)五八廻し(柳窓)大切余興

◇常盤館覗き 師走の気忙しい折に寄席に入るというは落語にもある筋だ。暖かい二日夜フラフラと三人連れで常盤館に雪崩込む。馬鹿にテカテカ光った圓三の頭が高台で動いていた時だ。どうせ極楽には行けないという事を知ってだろうが、御文章さんを売物にしているが圓三独特ものだ。足芸を見せるステテコも彼の十八番だけある。花橘の新町ぞめき、話は甚だ不都合なもので全く聴くに堪えない。大阪の落語が地方に来ても矢張りコンな事をいつているを可愛想に思う、が声は好い、音曲は一寸聴ける。今松の話もしんみりとしていい処がある。アヒルの記憶術も悪くはないが、手品の種明し支那芸杯が人を煩らわさないで好い。文團冶の音曲はなしは陽気に唄で終止するのが気に入った。馬鹿浄瑠璃でハイカラや千金丹を読んだのは聴いている龍幸や千金丹本舗の主人を揶揄したのではあるまい。兎も角唄は甘いものだ。真打柳窓の人情噺は人を泣かせる。若相な顔をしているが話は巧みなものだ。彼の人情噺には覇気があり熱がありで人を翻弄する。師走の中にも聴くべき落語だ。(124

大正6121日 都新聞

東京寄席演芸會社取引席(十二月上席)

○赤坂鶴梅亭 圓鏡、つばめ、文三、小正一、桂米丸、君子、越春、歌蝶、芝鶴、圓若、金勝、歌笑、柳一、小圓蔵

○浅草並木亭 圓蔵、貞丈、圓鏡、圓歌、右女助、露国美人、政太夫、さん子、式松、幅丸、松子、妻吉、小金馬、三好、助次郎、ピリケン

○神田五軒町並木亭 小勝、圓子、圓窓、谷村緑羊、三好、圓七、瀧五郎、小金三、かん馬、さん子、三勝、米枝

○芝琴平町琴平亭 燕枝、つばめ、圓右、圓鏡、式多津、文吉、富士松喜久太夫、喜昇、萬橘、金時、鶴枝、圓子、圓弥、亀次郎、亀二、燕柳、しん三、正右

○八丁堀朝田亭 さん馬、圓太郎、米丸、圓玉、圓幸、一馬、鶴枝、助平、幅丸、圓兵衛、式多津、亀次郎

○日本橋通木原亭 燕枝、圓窓、小せん、米丸、富士松喜久太夫、喜昇、圓兵衛、圓太郎、圓若、助平、右喜松、圓楽、圓七、三楽、圓玉、小きん

○青山北五新富岳 つばめ、文三、桂米丸、君子、越春、小三冶、日本太郎、柳一、圓條、かん馬、ぎん蝶

○人形町通鈴本 小さん、燕枝、圓歌、小勝、さん馬、露国美人、政太夫、式松、一馬、小圓蔵、圓子、圓太郎、圓玉、三好

○本所石原鈴本 小さん、さん子、まつ子、つま吉、京枝、圓菊、右多作、ピリケン、二三蔵、右女助、三好、鶴枝、圓幸、圓松、幅丸、寿々馬

月桂冠何人?興味ある今月の睦會(十二月上席) 若い有望な者計りを主任として各席で競演して実力の試験を致すと共に技芸の向上発展を計る事に致しました。何卒彼等の前途に光明を与えらるる様御鞭撻賜り度此機に於いて特に御願申上升

○恵智十 柳枝、若圓遊、圓遊、左楽、馬生、遊輔、柳昇、やなぎ、おもちゃ

○神田白梅亭 橘之助、左楽、市兵衛改め談志、柳枝、翫之助、改良長寿、柳昇、若圓右、右楽、柳好、若圓遊

○二洲亭 遊輔、若圓右、圓遊、今輔、翫之助、枝太郎、柏枝、右楽、南窓、扇橋、張鳳山

○横浜新富亭 りう馬、小南、おもちゃ、伯英、李有来、李金来、柳幅、枝六、吟月、紅雀、福楽、小源女、春太楼、かしく、福圓遊

大正6122日 大阪毎日新聞

<宝井馬琴独演会・紅梅亭>

◇宝井馬琴独演会 一日正午より南地紅梅亭にて勢力富五郎二度目切込、中村勘介正宗之由来、川中島車掛り長講三席を、二日は正午より北陽永楽館にて赤尾林蔵高阪村十番斬、宮本武蔵鍋蓋試合、賤ケ岳七本槍の長講三席を何れも宝井馬琴独演にて開催。

〈編者註〉十二月三日付「大阪時事新報」に馬琴の講談評あり(省略)。

大正6122日 都新聞

せい六會 本日正午より神田立花亭にて右女助、米丸、歌蝶、芝鶴、君子、越春出演

大正6122 北国新聞(金沢)

<柳亭小燕枝(六代目林家正蔵)一座・金沢一九席>

一九席 愈々本日より東京落語柳亭小燕枝一座にて花々しく開演すべく番組左の如し

落語余興(才六)昔噺(燕の助)落語音曲(鯉かん)落語(才賀)落語手踊(米蔵)落語音曲噺(勝次郎)人情落語(文楽)掛合手踊(鯉かん、米蔵)滑稽落語(小燕枝)諸芸尽くし(総出)

大正6123日 名古屋新聞

富本 御祝儀(梅昇)伊勢参宮(福松)人情話(馬石)そばとの(梅團冶)一つ穴(文福)星野屋(圓冶)かつぎや(美都)二人掛合忠臣蔵(左遊、右遊)軍人美談(有村)

大正6124日 大阪朝日新聞京都付録

◇芦辺館 一日より出演者左の如し。

 三遊亭小円朝、同円遊、桂菊団治、同小文三、横浜芸妓連常磐家一枝、久枝、国枝、喜久枝、花枝。

大正61279日 香川新報

<東西若手落語家若葉会、春風亭柳窓合同一座・高松常盤館>

◇常盤館 ご贔屓のお礼と称し二座合同にて歳暮落語會というを日延無にて今晩から三日間演ず。連名は左の如し。

橘の圓六、桂花團冶、三遊亭遊生、富士の五郎、三遊亭花圓太、桂小團冶、橘花橘、橘や圓三、桂花丸、水量軒アヒル、古今亭今松、橘の圓之助、桂文團冶、春風亭柳窓。(127

◇常盤館 今晩演目左の如し。

宝の入船(花團冶)小ばなし手踊(五郎)百面相(花圓太)小ばなし舞(小團冶)いかけ屋(花丸)芝居ばなし手踊(圓之助)人情笑話(氏原一)大切穴探し。(129

大正61215日 大阪朝日新聞

◇三友派忘年劇 十五日の夜より南地紅梅亭。大切に忘年劇を従前の幹部全員出演して「医術の進歩」と云ふ一幕の喜劇を演ず。

大正61216日 大阪時事新報

○寄席取締り =私服臨検で厳重な処分= 

寄席の芸人や活動写真館の弁士などが臨監席に警官の姿が見えないと舞台に於て羽目を外していかゞはしい事を饒舌つたり随分危険な言語を弄することがあるので、正服巡査ばかりの臨場では不可ぬとあつて這回(このたび)南署では特に私服巡査を客席に交らせてこれが取締りを厳重にすることゝなつた。そんな事情を知らぬ処から臨監席を横目に睨みながら随分と猥褻な言葉をつかふ芸人がある。翌朝寝耳に水で警察署へ呼び出されて一々猥褻な言葉を指摘されてさん〴〵お眼玉を喰つた上に科料に処せられるのが昨今続々とある。楽天地の日華殿に出演する音曲曲芸喜劇の巴家寅子一座中の寅家小直が一円八十銭の科料を取られたのを始めとし、落語定席の紅梅亭では円枝と花橘、同じく花月亭では菊枝に文昇、同三友倶楽部では染三なんぞ多数であつて、科料処分が重なれば営業停止にまでする方針ださうな。

大正61216日 都新聞

東京寄席演芸会社取引各席本年掉尾の顔揃(広告)

○本郷若竹亭 落語五人男(小勝、米丸、右女助、小燕枝、圓鏡)、記憶術柳一、式多津、余興かる口芝鶴歌蝶

大正61218日 九州日報(博多)

川丈座(博多) 東京落語三遊亭圓左及び博幇連の忘年珍芸會は今十八日より開催の筈なるが、入場料は二十銭均一、今初日の番組左の如し

少年落語(左喜代)無筆(圓童)大盃(南慶)奇術曲芸(天賞)小言幸兵衛並に音曲(駒平)衛生料理(圓柳)義太夫(團京)長吹(杵屋連)獅子の曲(小賞)珍芸(幇間連)船徳(圓左)

大正61219日 大阪朝日新聞

◇忘年展覧会 南区新町通り二丁目三友派の寄席瓢亭主人主催にて、同席の敷地は廓に名高き夕霧を出せし東の扇屋なれば、夕霧時代の遺品を廓内の保存会より集め二十日同席にて展覧する由。

大正61222日 大阪時事新報

<桂文治>

◇文治の引退 来年の四月頃に 浪花三友派の元老として聞えたる桂文治が引退の話はこれまでからあるが、いよ〳〵来春四月に南地演舞場辺で引退記念会を催すさう。又文治の名は一代切りとの約束通り東京へ返すことになつている由。

大正61224日 大阪朝日新聞

◇改名寄席開業 西区新町北通り道者横町福竹亭は此度河徳が興行主となり、舞台其他の内外の改築落成なし、二十四日より開業式に引き続き落語反対派にて開演することとなり、出演者は千橘、紋右衛門、小円太、文雀、枝雀、武左衛門其他数名。

大正61225日 大阪朝日新聞

<大八会の大山孝之(活動弁士)>

◇楽天地忘年劇 従前の一座に説明者の人気もの当時楽天地の支配人大山孝之が加入しての新旧劇新派の一番目は「除夜の鐘」二幕と旧劇「鎌倉三代記」三浦別れの一幕役割の大略左の如し 徳久芳之助(熊谷)三浦之助義村(五味)北条時姫(大山孝之)…

大正61226日 大阪朝日新聞

◇紅梅亭 二十六日より例年の通り忘年落語演芸会。番組は「御祝儀落語」「掛合噺」「茶碗の曲」「お半長右衛門」「海辺の松」「新内節」「医術の進歩」「長講落語」「揚巻助六大門口場」「幇間の失敗」大切来春の干支に因み「馬よせだんまり」

◇反対派忘年会 二十七日各席打上げ、二十八日には同派二百有余名の忘年会を南陽館に催す。来春は新顔五六名加入。

大正61227日 名古屋新聞

富本席 御祝儀(梅昇)富士参り(文馬)人情話(馬石)亀太夫(梅團冶)村彦(文福)西洋奇術(一朝)人参かたり(美都)二人掛合話忠孝美談(有村)

大正61228日 大阪朝日新聞京都付録

◇芦辺館一月一日よりの出演の連中は三木助、内蔵之助、菊団治、かしく、三八の他歌舞音曲の小妻、熱田神楽獅子一行外定連全員。

大正61229日 神戸新聞

<橋本川柳、神戸千代廼座出演>

千代廼座 元日よりの顔触れは、歌路、染五郎、圓歌、一圓、三郎、太郎、尾半、小半、圓天坊、春輔、扇蔵、圓三郎、正楽、圓坊、朝寝坊むらく改め橋本川柳

大正61230日 京城日報

浪花館の落語 浪花館は東京落語春風亭柳窓一座にて元日より三日間昼夜二回興行にて一座中には本年助六一行に加わり居れり歌六、右圓遊等も居る由。圓六、遊生、花柳、右圓遊、歌六、アヒル、文團次、柳窓。

 

プロフィール

丸屋竹山人