大正7年

上方落語史料集成 大正7年(1918)1月2月

大正711

◇新年の寄席(大阪)

❍三友派 法善寺紅梅亭、内本町紅梅亭、御霊あやめ館、松島文芸館、新町瓢亭、北新地永楽館、福島延命館。

❍反対派 法善寺花月亭、天満花月亭、新世界花月亭、上本町富貴亭、松屋町松竹座、平野町此花館、松島花月亭、新町福竹亭、堀江賑江亭、北陽(北新地)花月亭 。

❍大八会 千日前三友倶楽部、天満宮崎亭、新世界朝陽館。 

◇新年の寄席(京都)

❍三友派 芦辺館(交代連三木助、蔵之助、菊団治、かしく、三八、小妻、熱田神楽獅子一行外定連)、西陣
 館。

❍反対派 笑福亭(円太郎、枝太郎一派の落語)、西陣長久亭、大宮太平館、第一富士の家、第二富士の家。

◇紅梅亭新春交代連挨拶状

7月 003 1
7月 003

(表)新春交代連/初の御目見得 東京常磐津竹遊門下岸沢式多津・岸沢文吉/初の御目見得 東京女道楽藤間小若連一行/おなじみ音曲ばなし入船鯉かん/吉例寿獅子熱田神楽社中/外数名 なほ當派幹部若手連全員従前の通り出演/浪花三友派演芸場 法善寺紅梅亭 電南五七一番・六三二一番

(裏)御年中は御愛顧を忝ふし難有御礼申上候。尚相変らず御見捨なく御引立のほど奉希上候。連中一同/謹賀
 新年 浪花三友派南地紅梅亭

◇瓢亭出番順

7年 006

當る午歳一月元日より連夜正五時開演/出番順 落語春治、落語小枝鶴、落語玉団治、落語団の助、落語小文三、東京落語歌六、落語二調妻奴・円子、落語光鶴、常磐津岸沢式多津・岸沢文吉、滑稽落語春団治、落語文治、歌舞音曲藤間小若連一行、音曲噺鯉かん、落語文人踊花橘、新内吾妻太夫、落語松鶴、寿獅子熱田神楽社中/浪花三友派 しん町瓢亭/電話新町五一八番 

〈編者註〉「紅梅亭新春交代連挨拶状」は「富士正晴記念館所蔵 寄席番組類目録」(富士正晴記念館・平成12年)より、「瓢亭出番順」は『藝能懇話』四号(平成三年)より拝借した。なお大正六年十二月三十一日付「大阪朝日新聞」の新春寄席案内に「法善寺紅梅亭従前の一座に東京より常磐津式多津同文吉、藤間連一座、音曲鯉かん、熱田神楽獅々加はる」とあり、また大正七年は午歳であることから両方ともこの年のものと推定した。

大正711 神戸新聞

◇遊覧案内 ・・・▲神戸劇場 京山若丸、浪花大□、桃中軒桃子一行の浪花節▲大正座 雑居亭とも浪花節にて吉田小奈良、京山吾市、花の家芳雄、京山愛造一行出演▲千代之座御代之座戎座とも圓三郎、春輔一座の落語にて掛持ち▲中道亭 越榮、春吉、勝之助、圓久、勝春の娘浄瑠璃▲松本座 若千代、春駒、小東等の娘浄瑠璃・・・。

大正7134日 大阪朝日新聞

○笑はせる職業(一)近頃の落語家(上) 

大阪丈で三百人=給料併せて一万円=ボリとは何=木戸八文=赤串が二文=高座に銭箱  

「あんた何着てお行きる? お召? ほいたら私も彼(あ)の着衣(べべ)着て行こ」と綺羅を飾つて、ハンケチを忘れない様にワザ〳〵芝居へ泣きに行く人の気も知れないが、木戸三十五銭、桟敷二十五銭を絞られてまで寄席へ出掛け、「しやうむない〳〵」といひ乍ら「あは、あは」笑つている人もある。しやうむなければ笑はなくとも好いのに、烈しいのになるとお腹を痛く涙を出してまでしやうむながつている所に好い味があるのであらう。屠蘇の酔の醒めぬ中は兎角笑噺が肝要、人を笑はせて嬶や子供を養つている商売人の事を少し書いて。

大阪の落語の席で飯を喰つている連中が紅梅亭や永楽館などの三友派で落語家八十五人、色物(音曲其他の余興)で二十五人、花月亭などの反対派が合計百人余、大八会にも一寸百人、総計三百人はいるから驚く。文左衛門、曽呂利が隠れ、文枝、文三、文吾、松光が死んで大阪の落語界も追々淋しくなつて行くが、それでも之れだけの有象無象がいるのだから天下泰平といはねばならぬ。

反対派の好い連中はもと皆三友派にいたが、金で引張られて仕舞ひ、大八会は又反対派から生捕らうとし三つ巴の浅猿しい競争となつている。

此給料、三友派の五千円弱、反対派の二千五六百円、大八会の二千余円、合せて一万円は真実かどうか知らぬが、新米の「茶汲み」の月俸は初手で五円、「真打」「大真打」あたりで二百円乃至二百五十円は大方そんなものであらう。三友派にすれば川柳、圓馬、圓子、松鶴、文團治辺が二百円乃至二百五十円の格だといふ。

大阪の噺は全部で五百七八十、別に小話が五六百もあつたが、今は老人はとにかく、一人で五十も覚えている若い落語家は数へる程しかないといふから情ない。大阪の落語といへば船場辺の丸持商人、小商人、俳優、芸妓、妾、師匠、幇間、与力、蔵邸の侍、極道息子、番頭丁稚などの大阪らしい色彩を遺憾なく写し出した頗る立派な話が多いが、知らぬ間に亡びて、落語よりも却つて色物が受けるのは惜しい事である。好い落語は亡びて行くが、文久頃の上席木戸八文が入場料三十五銭、桟敷は別に二十五銭と騰つて来た。面白いのは昔の木戸銭払方である。八文といふのは通しの木戸銭で、是は普通の竹串を引替に渡し、別に一寸立見といつた格で二文で赤紙のついた竹串といふのがあつた。之をチヨン髷に挟んで中へはいる。下手な落語家なら赤串を一本で数人聴けるが、大真打になると一人で二三回位ボリといふのをやる。高座に銭箱が置いてあつて、カチンと相図の拍子で話の最中でも之を以てお茶子が銭を集めて廻るのがボリである。赤串はその度に二文とられる。(13

○笑はせる職業(二)近頃の落語家(下) 

落語の数を知らぬ=薄利多売に及ぶ=亡び行く落語家=曰くつきの祝儀=楽屋へ無心に 

昔の名人でもよく同じ話をしたが、それは客の注文上止むを得ぬに出たので、幾度話しても其代り飽かせる事はなかつた。今の落語家は話の数を知らぬために繰返すので「又か」と客は欠伸する。そこで此の十一月、紅梅亭で一箇月中試めしに各自毎日必ず変つた落語をさせて見た。一座が十五人で一月間であつたから一人で三十の落語、全体で四百五十の別種の話が出た事になるが、是以上はどうか判らぬ。

落語家の階級にも色々ある。始めポツと出の奴さんは「茶汲み」といつて高座の先輩や楽屋の小使見たいな事をする。次に「前叩き」になつて始めて高座へあがる──といふと大層好いが、客に聞かせるためではない。毎日五時半頃まだ一人も客の来ない自分に高座へ出て無暗に見台を叩き乍ら畳に向つてペラ〳〵饒舌るのである。落語は大抵例の「東の旅」「西の旅」から「地獄八景」だの「百人坊主」だので、之を矢鱈に饒舌る。表を通る人がつい見台の音に釣られてはいつて来る。一人でも客が来るともうお役目御免で、好い加減にドン〳〵楽屋へ逃げ込んで仕舞ふ。

「前叩き」から「前座」になると先づちよいと落語家といふ名がつく。前座から「中座」(三つ目乃至四つ目)「格真打」「真打」終りのどつさりなどが「大真打」といふ事になる。

彼等の受持時間は上席で普通が二十分、真打が三十分といふ。大抵時間よりは手つとり早く片付けてどん〳〵掛持に出る。大八会などでは一人の受持五分間で活動のフイルムよりも素早く薄利多売に及ぶ。落語を三分一ばかり知つていても十分お茶を濁せるのは上席でも何処でも同じ事で、好い落語や落語家が亡びて行くのも当然である。

掛持は普通一日四回、前掲の月俸は無論この総計。「茶汲み」や「前叩き」は一箇月で同派の各席に居候して廻る。掛持先は市内ばかりでなく京都辺まで毎晩の如く掛持する。夜の京阪電車などに一寸したインバネスを着込んで、身上は是一つといふ衣裳を入れた手提鞄(ケース)を大切さうに膝の上に乗せて、黒い眼鏡なんかをかけている人相の好くない男がいたら、掏摸(すり)でなければ落語家である。昔の掛持は皆駕籠に乗つたものだが、明治二年初めて俥で南から天満へ掛持したのが曽呂利新左衛門であつた。毎日沿道は見物の人の山を作つたといふのは当人の自慢話だが、但し余り女は出て見なかつたさうである。

今でも時々落語家に敬意を表しに来る厄介な女が随分ある。贔屓先の奥様でもない女から五円も祝儀を貰へば大抵曰くつきださうで、桟敷へ挨拶に出掛けると「暇なら何処(どこ)ぞへ御飯でもたべに行きまほ」といふ事になる。中にはあべこべに御飯代を支払はされたり楽屋に無心に来られたりしては却つて訛(だま)される連中が多いといふから心細い。(14

大正714日 大阪時事新報

<午歳に因んだ大阪落語>

◇馬の田楽 桂文団治に大阪種の落語を聴く 

 天保庵と名乗り畳屋町の小庵に時に風流を楽む桂文団治を訪うて大阪落語で馬に因んだのはいくつほどありますかと問へば、「さうですな、十ばかりはありませう」と指を折つて数へて見る。曰く鷹奴、馬の田楽、廐の火事、小栗の碁盤乗り、付け馬、籠馬、尻馬、馬士茶屋、曰く何と成程可なり沢山ある。

馬の田楽は如何にも生酔の写生に話術の妙味がある。あまりやらぬ鷹奴は面白いがサゲが少し品が好くない。その外のもそれ〴〵に可笑しいが今茲に馬の田楽と鷹奴との二つを記して見る。

馬の背へ味噌桶を積んで馬士(まご)がやつて来た。馬をつないで用達している間に近所の腕白どもがやつて来て馬の腹の下を通つたら偉いとか、馬の尻尾を一本引抜いたら義経はんにしてやるとかいふ。無茶な子供がとう〳〵馬の尻尾を引く。馬驚いてかけ出して行方が知れなくなる。馬士が出て来て探し廻り、生酔に今背中へ味噌をつけた馬が走つて来ないかと問へば、生酔が眼を据ゑて「俺はまだ馬の田楽を喰つたことがない」といふのがサゲになつている。

鷹奴は殿様が将軍家から富士越しといふ名鷹を拝領し御帰国あつて鷹狩、鶴とこの鷹が相戦つて急流の向ふ岸へ落ちる。誰も急流を越す者がない。そこへ博奕で素寒貧(すかんぴん)となつて折助がきて流へ飛込み鷹と鶴とを持て戻り殿様の御機嫌にかなふ。折助はきつと金の褒美を貰へると喜んでいると殿様は馬をくれた。仕方がないから毎夜馬にのつて素見(ひやかし)に行く云々の筋である。

大阪落語はこれ位だらうが、東京は柳の馬場の強情盲人、三味線栗毛のガラッ八などいろ〳〵とあるやうだ。

大正714 山陽新報(岡山)

<近松屋門左衛門一座・岡山大福座>

◇大福座 東西合同落語三ツ扇会は連日札止の景況なるが、四日目の出番左の如し。

子石船(雀圓)新町橋(掛合)越後屋(小圓子)やぐら(花圓太)道成寺(小ゑん)殿野江(権助)一生がい(五郎)お花半七(茶楽)立ちきれ(小文都)三軒茶屋(圓鹿)穴煙鉢(信太郎)宗論(門左衛門)大切どじょうすくい引抜鶴亀三番

大正717日 九州日報(博多)

<助六円左合同一座・博多川丈座>

◇川丈座(博多) 東京落語雷門助六三遊亭圓左一座は初日以来大入満員なり。今七日目の番組左の如し。

小言幸兵衛(寿楽)浮世節(和佐八)曲芸(茶目松、茶目助)三軒長屋(圓左)西洋運動(森田)花見の仇討(助六)切獅子の曲手踊

大正7111日 大阪朝日新聞京都付録

○新春の興行(三)芦辺館  

新春の表飾りが他の興行席に比べ高尚にまた粋に能く整ふているのは落語席芦辺館である。元来高尚と粋とは容易に相伴ふものではない。何につけ彼ににつけこれを伴はす事は頗る至難の業、夫にも拘らず同館の表飾りは確かにこれを実現して居る。

舞台に現はるゝ落語家中には京阪者と東京者との別あり、見台を控える者と見台を控えないものとの二派ある。其処には幾代時代若くは芦辺館の改称当時とは別段変りはない様だが、変つたのは落語家のお顔触れ、次では客筋も亦以前とはズツト変り、大声を発して演し物の注文を競ふものもなく、一つは落語家に顔馴染となる定連の少いからでもあらうが、又一つには同じ噺を幾回となく繰返し〳〵聴く人物のなくなつた故でもあらう。ダカラ聴衆は頗る静かで、而して余念なく噺に耳を傾く。此は落語家に取り頗る演り難い事かと察す。

入り代り立代りいろ〳〵雁首さし代り夫々ご機嫌伺ふうち、女にすれば定めてと思ふ南枝、羽織法衣の尼姿は振にも目づかいにも溢るゝ程情がある。この人落語家となるよりか何故俳優とならなかつたと思はす。〆吉といふ縮れ毛の蝶々髷、三味を携へ舞台に現はる。清元と浮世節が専門らしい。二ツ三ツ都々逸を唄つて後は「京都名所ご案内」と唄ひ出す万歳の替歌にお茶を濁し、続いて浅黄羽織の男舞、起居から総てが未だ一向舞台馴れないも道理、〆吉はこの一日から舞台に出たもの、曾て先斗町で芸妓を働いていた東京生れのおつま、おつまの過ぎし世渡りには随分味な苦労がある。殊に近状に於ては此舞台に出演の已むなき事情が潜んでいるとか。

三八もこの一日からの出演。羽織の定紋蛇の目は二三分形小さくなつた。けれども身体はドツシリ太つて益(ますます)光が増し、枕に噺した手を切つた女房の電車事故、古い形でも新しう作する利巧さ、アヽ云ふ噺しはツイ客を釣込み喝采を呼ぶ。

熱田神楽獅子の石童丸は振は兎も角声美くしく、苅萱に扮する獅子は一生懸命振細かく悲哀溢れ、獅子の目から熱い涙がホロリ出さうだ。大皷の男二人共熱心に五体が固結している。何は偖措き一座の熱心を迎へて遣らねばなるまい。

菊団治が「ヒステリーの女房」噺は垢抜けのした船遊び、後は山高帽子に小倉袴の一寸田紳「琉球へおジヤルなら‥‥」の一踊りに舞台から転び落る杯、落語家も亦辛い哉だ。

大正7115日 大阪時事新報

<第一回三友派落語青年会・延命館>

◇落語青年会 十五日正午より上福島延命館にて第一回を催す。 

 二人旅(米花)、島めぐり(春枝)、寄合酒(春松)、みかん売(春治)、野崎詣(小米喬)、武士の魂(米紫)、余興掛合噺(文作・鶴光・万十)、口入屋(団之助)、親子茶屋(枝女太)、大切寿獅子(熱田神楽連中)。

大正7年1月11日 京城日報

◇浪花館 東京落語春風亭柳窓一行にて開演中なるが、一行中の水量軒アヒルが十一日より落語大阪天王寺名所を演ずる外、余興も日々差替べく又入場料も値下げすべしという。

大正7119日 神戸新聞

<橋本川柳独演会・神戸千代廼座>

◇千代之座 二十日正午より川柳独演会を開く當日番組左の如し。

伊勢参宮(米之助)高野山(染五郎)いしくらべ(川柳)間違い(小半、一圓)女ケ島(川柳)勧進帳(春輔、圓天坊、圓三郎、扇蔵)淀五郎(川柳)稽古屋手踊(川柳)

大正7128日 東京朝日新聞

◇後で考える 大阪から来た紙切のおもちゃも最初演芸会社よりの筈も睦會に引張られて了ったので、会社側は少し奮発して此方で出せばよかったは何ぼおもちゃでもそうは捻(ひね)くられまい。

大正7131日 大阪時事新報

<五代目柳亭左楽が来阪、反対派の席に出る>

◇落語反対派 二月一日より東京より左楽、楓枝等出演。南地花月亭、上本町富貴亭、北陽(北新地)花月亭その他組合席へ。

大正7131日 京都日出新聞

◇落語家福寿は盗人  盗まれたは円笑と茶子  

本月廿日の午後六時頃の事、河原町四条上る落語家笑福亭円笑事河合亀太郎の留守宅へ表戸の錠前を捻ぢ切つて賊忍び入り、七子三ツ柏五ツ紋羽織、鼠縮緬、同五ツ紋の羽織、茶縮緬の同羽織、黒縮緬の同着物、黄八丈袷、先代平袴其他大島の綿入れ等、合計廿点、時価三百零九円余の物を窃取せられたる事を帰宅後発見、さしも喋る商売柄でも開いた口が塞がらぬ程驚天して物も云へず、毎度高座にかける盗人の頓間さを反対に味はふて見た頓間さを泣面かゝへて五條署へ届出でたるに、杉本刑事部長、岩井、小阪、松尾、日原の各刑事は現場に臨検し細密に取調べたる結果、同家に「おてい」と呼ぶ狆を飼居たるに、近所の人の曰く、誰か知らぬが夕刻に頻りに吠立て居たる狆に対し「おてヨ、おてヨ」と二声三声呼びかけたれば夫れなり鳴き止みし由を聞き、偖は此家へ屡々出入する者の所為と目星を付け段々詮議するに、以前円笑の弟子にて福寿と称し笑福亭の下足番より落語家に引上げ貰ひたる通称芳公事岡崎町池の内岡田芳太郎(二十七年)と云ふ窃盗前科三犯を有せる者あり。(中略)取調ぶるに師匠の宅へ忍び込んだる他、廿四日夜も笑福亭へ忍び入りお茶子の井枝ひさ(二十八年)が大事の大事の良人に与へんとインバネス一着を廿四日に買ひ、明日良人の処へ持ち行きて悦ぶ顔を見んものと楽い夢に憧憬(あこ)がれて居る中に盗み取り、猶十二月廿八日には宮川町松原下る大川端の貸座敷若竹事磯貝末吉方で暫時客より預かり置き台所の水屋の棚へ乗せ置きたる十八形金時計金鎖付一箇時価六十円を窃取し、之れ等は全部前記(古物商)岩井方へ売却したるが、二三の引解(ひきとけ)無代にて貰ひたる処より岩井清次郎も臓品収受及臓品牙保罪に依つて五條署へ引致されたり。

大正7131日 神戸又新日報

◇千代廼座 奇術正光を余興として、来月は左の顔触れ。

文團治、圓遊、小半、圓三郎、春輔、圓天坊、圓歌、染五郎、扇紫[]、来[]之助、都枝

大正721日 大阪時事新報

<四代目橘家円蔵が来阪、三友派の席に出る>

◇円蔵その他 二月一日より浪花三友派へ東京の円蔵、常磐津娘連、長唄舞踊柳家さん子、まつ子、安吉、琵琶水也田呑洲等出演。又同派の法善寺紅梅亭にては一日より関東関西落語長講会と号して東京方は円蔵、川柳、遊三、鯉かん、大阪方は染丸、金枝、松鶴、文治、春団治、余興には左記の常磐津娘連、長唄歌舞の女連、呑洲琵琶等を演ずと。

大正721日 大阪朝日新聞京都付録

◇芦辺館 一日よりの出演者は米団治、花橘の外、音曲手踊(門左衛門)、歌舞音曲(燕朝、小燕朝)、清元浮れぶし(〆吉)、少女浄瑠璃(竹本君子、三味線越春)外定連全員。

大正721日 神戸新聞

◇神戸劇場 萬歳一座は非常なる盛況にて瀧子の剣舞は喝采なり。

◇大和座 従来の萬歳一行に本日より奇術天洋、天月、登美子、萬歳芳丸を差加える。

大正721日 山陽新報(岡山)

<助六円左合同一座・岡山大福座>

◇大福座 今一日より雷門助六、三遊亭圓左一座の落語にて開演。

笑話手踊(三遊亭左喜代)落語(雷門ぼたん)笑話すててこ(立花家圓三)落語声色(雷門助三)落語手踊(三遊亭圓柳)音曲噺(雷門小助六)落語(喜久亭寿楽)義太夫(竹本團京)浮世節(稲葉家和佐八)皿の曲(雷門茶目松茶目助)人情噺(三遊亭圓左)笑話扇の舞(雷門助六)所作事七変化早替り切落語喜劇

大正728日 香川新報(高松)

<助六円左合同一座・高松常盤館>

◇常盤館 来る十一日東京落語名人会雷門助六一行、もたれ三遊亭圓左、女道楽稲妻家和佐八、竹本團京等にて開演其連名左の如し。

左喜代、ぼたん、圓三、南陵、圓柳、助三、寿楽、團京、和佐八、三遊亭圓左、柳派雷門助六。

大正729日 京城日報

◇浪花館 毎夜六時より開演京阪落語若手一座語楽会。今晩より東家淡月氏応援として出演。

落語(遊玉)落語滑稽浪花節(笑三)落語手踊(遊生)落語音曲(花輔)落語(右圓遊)手踊浪花節(淡月)落語手踊(歌六)大切喜劇(総出)

大正721012日 大阪時事新報

<橘家円蔵独演会・紅梅亭>

◇円蔵独演会 南地紅梅亭にては十日正午より東京落語家橘家円蔵の独演会を開く由にて、その番組は左の如し。 

 御祝儀近江八景(円弥)、一ト目上り(円玉)、余興常磐津夕霧伊左衛門吉田屋の段(岸沢己弥・美知子・式多き)三人旅首提灯(円蔵)

<円蔵独演会を聴く>

◇十日の日曜の正午から紅梅亭で円蔵独演会が催された。円弥の近江八景、円玉の一と目上りの前があつて円蔵が高座へ現はれた。

始めは三人旅。大阪で伊勢詣などいふ類の道中の笑ひ草、耳馴れた落語だが昔の旅の写生文を見る如き感じのする処が命。流石に此人の達者な話振に一層の光りを添へた。 

次は極楽道。善光寺如来の縁起に始まり御血脈の為め極楽行が殖え地獄が淋れるので、閻魔の命をうけ石川五右衛門が血脈を盗み、それを頂くとその御利益で極楽の方へ行つて仕舞ふといふ筋。円蔵は舌の達者なことゝ言ひ草に江戸ツ子の歯切れの好い面白さがある。この話の前半の如き言ひ草の可笑しさでグン〳〵客を釣つて行く。

次は余興として東京初音連の岸沢式巳弥等のお園六三の道行。式巳弥といふ女の喉は寄席芸人に成り切つて節廻しにも味を聴かせたが、調子づいてくると手にした扇で拍子を取つたりするので行儀が悪かつた。

追出しは円蔵十八番の首提灯。例によつてうまいには違ひないが、武士が何だか散髪の書生坊のやうに聞こえたのが気になつた。(藍微塵)(212

大正7210日 大阪時事新報

<柳亭左楽独演会・南北花月亭>

◇左楽独演会 十日正午より北陽(北新地)花月亭にて独演会を催す番組は左の如し。 

 二人おかる、逸見十郎太、東京寄席会社の内幕、子別れ。舞踊(補助紋右衛門)。

又十一日より南地花月亭にての番組は左の如し。 

 包刀間男、桜痴居士の逸話、東京寄席会社の内幕、五人廻し。舞踊(補助紋右衛門)。

大正7215日 大阪朝日新聞京都付録

◇芦辺館 十五日から三日間毎夕六時開演にて東京落語家円蔵が出演する筈。尚染丸も交代で出演するといふ。

大正7223日 京都日出新聞

◇京都倶楽部例会 二十三日午後六時半より京都倶楽部例会開催余興として新京極芦辺館連の出演あり、番組左の如し。

 落語(円松)、落語(扇太郎)、手踊(若橘)、落語(枝雁)、東京噺(夢輔)、音曲踊(門左衛門)、落語(正団治)、落語踊(花橘)、落語(文之助)、少女上るり(君子・越春)

大正7224日 大阪朝日新聞神戸付録

◇千代之座は今二十四日落語日曜会を開く 兵庫船(米之助)三人旅(染五郎)軽口武士の遊び(小半、一圓)地震加藤(春輔)崇徳院(圓天坊)立切れ線香(圓三郎)吉野花山(正楽)三葵天下記録(扇蔵)文七元結(圓遊)五人裁き(文團冶)

大正7228日 大阪朝日新聞

<伊藤痴遊が来阪、反対派の席へ出る

◇落語反対派 南地法善寺花月亭始め各組合の交代連は前一座に伊藤痴遊、雀家翫之助、春風亭小柳枝にて、新加入の円枝、円遊、枝三郎も出演。

〈編者註〉伊藤痴遊の三月四日から三十日までの演題と出演席は以下の通り。なお痴遊の宿泊所は日本橋北詰東入る岸沢屋旅館

四日:高杉晋作と吉田松陰(南地花月亭)、獄中の陸奥宗光(北陽花月亭)、星了と伊藤内閣(上町富貴席) 

五日:高杉晋作筑前入り(南地花月亭)、陸奥宗光と農相(北陽花月亭)、山県内相と自由党(上町富貴席)

六日:征長軍の高杉晋作(南地花月亭)、陸奥宗光の命名(北陽花月亭)、頭山満と松方正義(松島花月亭)

七日:乃木将軍(南地花月亭)、陸奥宗光(北陽花月亭)、井上馨(松島花月亭)

八日:乃木将軍(南地花月亭)、陸奥宗光(北陽花月亭)、山本権兵衛(松島花月亭)

十日:乃木将軍の馬蹄組(南地花月亭)、陸奥宗光と大鳥圭介(北陽花月亭)、松島花月亭は伊藤博文と伊東
    巳代治(松島花月亭)

明治遷都の裏面、天下の糸平、桜田事件と安藤対馬守(北陽花月亭・正午より独演会)

十一日:乃木将軍の旅順(南地花月亭)、陸奥宗光と小村寿太郎(北陽花月亭)、大隈重伸と来島恒喜(松屋
     町松竹座)

十二日:乃木将軍と旅順攻囲戦(南地花月亭)、大鳥公使と大院君の王城入り(北陽花月亭)、頭山満と松方
     正義(松屋町松竹座)

十三日:乃木将軍の夫妻の殉死(南地花月亭)、袁世凱の夜逃と日清開戦(北陽花月亭)、山本権兵衛(松屋
     町松竹座)

十四日:奇骨中井桜洲山人(南地花月亭)、下関講和談判(北陽花月亭)、佐久間象山(松屋町松竹座)

十五日:田逓相の昔(南地花月亭)、日清講和旅順還付の顛末(北陽花月亭)、後藤象次郎と大江卓(松屋町
     松竹座)

山岡、西郷駿府城の会見、井上馨遭難後日譚、憲政党内閣の瓦解(南地花月亭・正午より独演会)

十六日:小村寿太郎と侠商魚武(南地花月亭)、山本権兵衛と広瀬武夫(北陽花月亭)

十七日:憲法発布当日の悲劇(南地花月亭)、浅田大将夫妻(北陽花月亭)、頭山満と松方正義(堀江賑江
     亭)

十八日:森文相暗殺事件(南地花月亭)、後藤象次郎と大江卓(北陽花月亭)、大久保利通と中井桜洲(堀江
     賑江亭)

十九日:三浦将軍(南地花月亭)、森文相暗殺事件(北陽花月亭)、木戸孝允と女(堀江賑江亭)

二十日:三浦将軍と朝鮮王妃事件(南地花月亭)、憲法発布当日の悲劇(北陽花月亭)、陸奥宗光と女(堀江
     賑江亭)

二十一日:怪物頭山満(南地花月亭)、島津斉彬と西郷南洲(北陽花月亭)、田逓相の昔(福島花月亭) 

星了除名の議会、頼山陽と川上東山、後藤新平と板垣退助(南地花月亭・正午より独演会)

二十二日:伊藤博文と伊東巳代治(南地花月亭)、島津久光と南洲(北陽花月亭)、憲法発布当日の悲劇(福
      島花月亭)

二十三日:山本権兵衛と広瀬武夫(南地花月亭)、安政の疑獄と南州(北陽花月亭)、大久保利通と中井桜
      州(福島花月亭)

二十四日:星了(南地花月亭)、流罪中の西郷(北陽花月亭)、井上馨遭難後日譚(福島花月亭)

二十五日:陸奥宗光(南地花月亭)、薩長聯合西郷南州(北陽花月亭)、小村寿太郎の伝(福島花月亭)

二十六日:伊東巳代治出世譚(南地花月亭)、田逓相の昔(玉造三光館)

二十七日:後藤象次郎と大江卓(南地花月亭)、伊東巳代治出世譚(天満花月亭)、大久保利通と中井桜洲
      (玉造三光館)

二十八日:桐野利秋と大井憲太郎(南地花月亭)、乃木将軍と聯隊旗問題(天満花月亭)、憲法発布の当日
      (玉造三光館)

二十九日:大隈重信と来島恒喜(南地花月亭)、乃木将軍と夫人静子(天満花月亭)、井上馨遭難後日譚
      (玉造三光館)

三十日:板垣退助と後藤新平(南地花月亭)、大隈重信と爆弾事件(天満花月亭)、小村寿太郎と侠商魚武
     (玉造三光館)

大正7228日 大阪時事新報

<一龍斎貞山・富士松加賀太夫が来阪、三友派の席に出る>

◇浪花三友派 三月一日より東京一竜斎貞山の講談義士伝と富士松加賀太夫、同宮古太夫の富士松浄るり。

7月 002 1

當る三月一日より連負全部出演 貞山加賀太夫の外に交代連数名

義士伝長講(出演時間十時より)一龍斎貞山 おなじみ久方ぶりの出演

富士松節 家元富士松加賀太夫・富士松宮古太夫 東京音楽学校専属技芸員

浪花三友派芸場 紅梅亭 電話南南五七一・六三二一番

〈編者註〉上掲の案内状は「富士正晴記念館所蔵 寄席番組類目録」(富士正晴記念館・平成12年)より拝借した。

二人の語りものは以下の通り。加賀太夫は十四日まで出演。

三日:義士倉橋伝助の伝(貞山)富士松節は弥次喜多赤坂並木(加賀太夫)

四日:義士岡島弥十右衛門の伝(貞山)富士松節は三勝半七美濃屋の内(加賀太夫)

五日:義士神崎与五郎(貞山)累の身売(加賀太夫)

六日:義士勝田新左衛門の伝(貞山)富士松節蘭蝶(加賀太夫)

七日:義士横川勘平(貞山)富士松節はおこま才三白木屋(加賀太夫

八日:義士大高源吾(貞山)富士松節は千両幟(加賀太夫)

九日:義士寺坂吉右衛門(貞山)富士松節は五右衛門寄合(加賀太夫)

十日:義士二度目の清書(貞山)富士松節は弥二喜太市子の口寄(加賀太夫)

十一日:義士三村次郎右衛門富士松節はお国六三福島屋

十二日:貞山は義士猿橋左門富士松節加賀太夫は佐倉宗五郎住家

十三日:貞山の講演は義士岡野金右衛門富士松節はお花半七井筒屋

十四日:義士不破数右衛門(貞山)富士松節弥次喜太一の谷組打(加賀太夫)

十五日:義士神崎与五郎の出立   十六日:倉橋伝助

十八日:義士大石妻子の別れ    十九日:柳生二階笠

二十日:義士伝岡島八十右衛門   二十一日:義士伝堀部安兵衛生立

二十二日:義士伝瀬田主水     二十三日:小山田庄左衛門

二十四日:千葉三郎右衛門     二十五日:相馬大作

二十六日:梅川忠兵衛の実録    二十七日:佐倉義民伝

二十八日:義士伝の勢揃      二十九日:討入

大正7227日 京城日報

[広告]/浪花館/従来の一座へ今回更に座長として召聘せし東京落語界の重鎮三遊亭圓都、今晩より出演。落語(遊玉)落語音曲(笑三)落語手踊(遊生)落語音曲(花輔)手踊(三輔)落語(右圓遊)落語手踊(歌六)落語音曲(圓都)大切喜劇(総出)

上方落語史料集成 大正7年(1918)3月4月

大正731

反対派出演順及び全員乱表
  

7年 004

當る三月一日より連夜出演順

落語円右、落語小雀、曲芸直造、音曲踊小円太、落語枝太郎、東京落語円遊、落語円枝、落語枝雀、落語舞円、東京落語小柳枝、落語小文枝、東京落語踊翫の助、人情噺馬生、落語舞五郎、通俗講談(一時間講演)痴遊、大奇術張貴田一行

(今回の特別大興行に限り入場料直上げ)

全員乱表

大阪連

桂枝雀、桂文次郎、桂花団治、桂文我、桂小文枝、桂枝太郎、露の五郎、桂三輔、笑福亭円笑、笑福亭福松郎、桂文昇、笑福亭福円、桂桃太郎、桂小南光、笑福亭円歌、桂金の助、三升家紋兵衛、桂三朝、桂円治、桂雀輔、笑福亭梅鶴、桂文喬、橘の円次郎、桂門三郎、舌切亭すゞめ、浮世亭登喜丸、桂小文吾、桂菊枝、桂都枝、橘の円徳、三升家紋の丞、桂円枝、桂枝三郎、桂枝雁、三升家紋六、桂小雀、桂錦馬、桂枝右衛門、桂八百蔵、桂輔丸、桂金笑、桂福雀、桂璃玉、橘の円玉、桂輔力、桂京都助、桂笑朝、橘家小円次、桂米治、笑福亭円二郎、桂輔三郎、桂笑円、笑福亭円寿、桂花治、桂三笑、桂燕雀、三升家紋二郎、桂新昇、桂文丈、桂寿雀、桂扇三郎

東京連

立花家千橘、橘の円、橘家円太郎、三升家紋十郎、三升家紋右衛門、金原亭馬生、三遊亭円遊、三遊亭円若、橘家小円太、立花家円好、三遊亭円司、雷門歌六、立花家右近、鹿野武左衛門、立花家才蔵

□連

立花家喬の助、立花家喬光、桐家福助、桐家福寿、富士松小高、富士松喬蝶、立花家友吉、桐家福太郎、立花家吉次郎、鶴賀呂光、鶴賀若呂光、竹本団勝、竹本春初、三木星花、千葉琴月、花柳満月、世□花月

別表

桂太郎坊、初春亭馬鹿八、初春亭馬鹿六、桂次郎坊、桂扇雀、笑門亭福来、笑門亭福徳、橘家右衛門、橘家左衛門、海老一直造、古堂鈴郎、一陽斉正一、三升家枡三、三升家紋一郎、春風胡蝶、佃家白魚、丸の内明道、海老一円八、天地聖行、坂本清夢、斎藤重隆、虎江竹□、立花家扇遊

全員の外東京柳三遊睦会連中

『出演者多数 (以下不明) 出番替り』

〈編者註〉『藝能懇話』四号(平成三年)に三月一日よりの反対派出番順及び全員乱表(上図)が載る。なおこれを大正七年と推定したのは上掲二月二十八日付「大阪朝日新聞」による。

大正731日 大阪朝日新聞京都付録

◇芦辺館 一日よりの出演者は舞踊東京柳家連、東京滝川鯉かん、桂小文三、橘家内蔵之助、新内吾妻団朝外定連。

大正7310日 大阪朝日新聞神戸付録・神戸又新日報

<雷門助六独演会・神戸千代廼座>

◇千代之座の助六独演会の番組は 伊勢参宮神の賑(米之助)電車の意見(圓三)常盤津伊賀越(利佐八)宮戸川(寿楽)太鼓腹(助六)奇術魔のルーム(正光)写真の仇討(助六)扇舞曲鞠(小助六、助六)

大正7313 山陽新報

<三代目橘家圓三郎一座・岡山大福座>

◇大福座 落語三日目の語物左の如し。

兵庫船(橘弥)伊勢参り(春三)ないもの買い(米三郎)掛合噺(社中)前田犬千代琵琶(都枝)材木丁稚(太郎)現今の芸界(歌路)辻占茶屋(染五郎)煙草盆(みどり)子猫(正楽)音曲集(三郎、太郎、歌路)景清(圓天坊)お文さま(圓三郎)大切総出踊

大正7315日 京都日出新聞

◇京都倶楽部余興 十六日午後七時より例会を開き余興として新京極芦辺館連の落語あるべし、出演者は左の如し。

 小万光、正団治、枝雁、小残月、夢輔、三八、鯉かん、内蔵之助。

大正7317日 神戸又新日報

◇千代之座 十七日正午より日曜会(第二回)を開催。演しものは左の如し。

伊勢参宮(米之助)歌合(圓三)甲府イ(寿楽)へーつい幽霊(春輔)雪の子別れ(扇蔵)百年目(圓枝)軽口(小半、一圓)五月幟(助六)

大正7318日 山陽新報

<笑福亭福團治>

◇山陽座 落語笑福亭福團冶、浪花節京山若春合同大一座にて今十八日より開演。入場料は十銭均一なりと。

大正7321日 大阪時事新報

<橋本川柳独演会・あやめ館>

◇川柳独演会 二十一日正午より平野町御霊社内あやめ館にて癇癪、つるつる、文七元結上下等。

大正7331日 神戸又新日報

◇千代ノ座 四月一日より圓三郎、圓天坊の定連へ、春輔、しん蔵、馬琴、小文三、門左衛門、圓子、妻奴を加える。

大正741日 大阪時事新報

◇浪花三友派 一日より高峰筑風、ウワンダー正光一行の奇術、東京落語家柳家三語楼、薩摩琵琶牧野光葉の四名を差加へ新らしい処を見せる由。

大正741日 大阪朝日新聞京都付録

◇芦辺館 一日よりの出演者は貞丈、円枝、扇蔵、正楽、春輔、稲子、稲八外若手定連。

大正741日 神戸又新日報

◇生田前戎座 本月は左の顔触れ

都枝、歌路、染五郎、圓歌、圓天坊、春輔、しん蔵、かる口、圓三郎、扇蔵、正楽、門左衛門、馬琴、小文三、妻奴、圓子

大正742日 大阪時事新報

<七代目土橋亭里う馬が来阪、反対派の席に出る>

◇浪花反対派は一日よりりう馬、今輔の東京連と東京戻りの紋右衛門等にて南北両花月亭其他規合席出演。

大正747日 大阪毎日新聞

◇堺大浜に於る本社大園遊会 従業諸員の労苦を慰めんが為め本社は昨六日(第二日は今七日)堺大浜なる大桟橋上に一大園遊会を開設し…大規模の遊宴を催せり。

〈編者註〉余興として六日は三友派、七日は大八会の芸人が出演した。

六日(三友派):円子、染丸、川柳、米団治、春団治、遊三、しん橋、蔵之助、花橘、かしく、円坊、妻 奴、小文、米紫、光かく、玉団治、橘松、太郎、子遊、鶴蔵、染八、竹枝、新蔵、枝女太、春枝、米花、小米喬、ワンダー正光一行其他五十余名。

七日(大八会):小紅女、張慶山、遊次、遊楽、錦之丞、万三、万治、古川、紀島、坂本、五郎、十郎、天若、天学、枝輔、梅枝、張有亭、蒋賢忠、小紋、信太郎、右朝、時三郎、大吉、登美 嬢、はじめ、すみ子、すゑ、こま、梅喬、染三等。

大正747日 大阪朝日新聞

<古今亭今輔独演会・南地花月亭>

◇今輔独演会 七日正午より法善寺花月亭にて、浮世舟恋の二道、三人かたわ、虱茶屋。

大正7411日 大阪毎日新聞京都滋賀付録417日 京都日出新聞

<伊藤痴遊独演会・笑福亭>

◇笑福亭は本日より伊藤痴遊出演。(滋賀付録)

〈編者註〉読み物は以下の通り。

三浦将軍・朝鮮王妃事件(十一日)、井上馨遭難後日談(十三日)、大隈重信と爆烈弾(十四日)、旅順還付の解雇・豪快天下の糸平・西比利亜出兵問題の表裏(十五日昼席)、佐久間象山の最後(十六日)、斎藤修一郎(十七日)、藤田組疑獄の顛末「生ける屍」(十八日)、大江卓と新平民(十九日)、星了除名会議、山岡鉄舟西郷南洲駿府城の会見、憲政擁護運動の裏面(二十日昼席・日曜独演会)、陸奥宗光と女(二十日夜席)。

なお、十五日付「大阪毎日新聞京都滋賀付録」に「笑福亭の伊藤痴遊今晩の読みものは憲法発布当日の悲劇なるが、本日は十五日の大紋日なるを以て特に正午より時局講演として旅順還付の解雇、豪快天下の糸平、西比利亜出兵問題の表裏の三題にて舌端火を吐くが如き痛快なる獅子吼をなすよし」の記事が、また二十日付「京都日出新聞」に「廿日(土曜)の昼間を利用して最後の一大獅子吼を試みんとす/伊藤痴遊独演会/星除名の議会、山岡西郷駿府城会見、隠れたる事実政権擁護運動の表裏/廿日正午より開演/反対派太夫元直営京極笑福亭」の広告が出る。

<笑福亭の伊藤痴遊を聴く>

◇痴遊独演会 目下新京極笑福亭に出勤中の名物男痴遊伊藤仁太郎の独演会が十五日午後催された。出し物は一、旅順還付の回顧、二、豪快天下の糸平、三、西比利亜(シベリア)出兵問題の表裏等長講三席。名けて「痴遊時局講演会」を大きく出した所、白痴(こけ)脅しと云へば夫れ迄だが、こゝが又他の芸人とは選を異にした所謂痴遊式を発揮したんだと善解してをこう。

却説(さて)東京では兎に角、地方では従来余り恁(こ)うした小さな寄席へ出なかつた痴遊君、殊に京都へは久し振なのに妙に感興を唆られ、遅れ走せに会場に懸付けウント詰つた傍聴席?に割込んだ時は先生既に一席済ませた跡で、今や得意の読み物「豪快天下の糸平」を講演最中。例の調子で以て「何しろ其大和屋が浜切つての生糸問屋なんだから平八君の運が向いてきたネ」などから「其大和屋が見込んで両替屋を出させたのが後年天下の糸平になる端緒だ」と、此信州の一農家に生れた田中平八なる青年の立身の経路を痛快に物語つて、さながら天下の糸平を友達扱にして聴衆を煙に巻く所に此人独特の妙味が溢れ、先づ痴遊健在なり矣を偲ばせた。

物語中には有名な富貴楼の女将お倉も出づれば伊藤、井上、陸奥等の顕官も飛出し面白い明治維新側面史を織成す所が何時もながら痴遊式新講談の特長でもあり又生命がある所だ。此呼吸は一寸外に真似手のない芸である。殊に井上候と糸平の大喧嘩を伊藤公が仲裁して遂に肝胆相照す仲となる辺りは三人三様に人物が活躍して大喝采だつた。痛快味に富んだ此人の話術が愈々洗練されて老熟し行くやうで、兎に角風刺と諧謔と愛嬌は痴遊の本領、講談師見てきた如(よ)うな嘘も此人の口から聴くと頗る自然化せられるから妙!。

第三、西伯利亜出兵問題の表裏は所謂通俗政談とでも評すべき物。蛭子然たる顔に頤髭をシゴイて、先生出兵否認論者の立場から大いに時事を論じ盛んにメートルを上げる所が味噌、之は痴遊君の道楽だつた。期待した程もなかつたが外交調査会の内容を素つ破抜く辺は平素犬養君に接近してをるだけ有繋(さすが)に面白く聴かれた。尤も犬養擁護の気味あるは止むを得ないものゝ、此の点は東京府市会議員の肩書ある政治家としての伊藤仁太郎君なら通るが、遊芸稼人の鑑札に縛られてをる新講談師痴遊ではさてどうあらうか。なぞ云ふものゝ、四時間以上もぶつ通しに長講三席の読み切りは矢張り此の人ならでは‥‥痴遊の講談は依然として何人の追随を免さない古今独歩、天下一品、連日の大入りに君は得意らしい。(鯉) (日出)

大正7415日 大阪時事新報

<土橋亭りう馬独演会・南地花月亭>

◇南地花月亭 十五日正午より開かれるりう馬の独演会出し物は「め組の喧嘩」上下、「文七元結」、補助紋右衛門。

大正7417日 京城日報

<林家木鶴一座・朝鮮浪花館>

◇浪花館 本日より京阪落語登喜會一行にて開演。今回内地至る処で好評を博せる落語登喜會一行若手大一座を招聘。

落語(しん玉)滑稽掛合(社中)落語手踊(圓弥)物真似顔芸(遊窓)落語手踊(歌之助)落語(しん鏡)少年落語音曲手踊(小團次)中入當一派十八番の電気応用所作事寿獅子(社中)落語音曲(花丸)落語手踊(木鶴)大切喜劇

大正7418日 九州日報(博多)

◇川丈座(博多) 東京落語三遊亭圓遊一行本日乗込み明十九日より開場の筈にて一行の顔触れ左の如し。

清遊、花遊、巴丈、長之助、扇橋、小むらく、文團次、遊朝、美代吉、圓遊

大正7418日 香川新報(高松)

<橘家圓坊、桂三輔一座・高松常盤館>

◇[広告]三友派反対派合併落語大一座 橘家圓坊、桂三輔一行/當ル四月十八日ヨリ/兵庫町 常盤館

〈編者註〉圓坊、三輔一座の番組は、下記の通り。

420日:御祝儀(三遊亭圓吉)池田牛買(梅喬)春雨茶屋(鶴之助)御文様(圓松)新町ぞめき(三路)掛合噺(社中)宮戸川お花半七(圓坊)坂夢(三輔)大切所作事。

424日:御祝儀(圓吉)百人坊主(梅喬)遊山船(鶴之助)権助芝居(圓松)親子酒(三路)こんにゃく問答(圓坊)どうらんの幸助(三輔)大切所作

 事。

425日:御祝儀(圓吉)寄合酒(梅喬)お玉牛(鶴之助)磯の鮑(圓松)按摩七平(三路)妾馬(圓坊)軒付け(三輔)大切所作事。

大正7421日 九州日報

<東京圓遊一座・博多川丈座>

◇川丈座(博多) 東京落語三遊亭圓遊三年振りの来博とあって、馴染連の声援高く人気盛大なり。今三日目の番組左の如し。

山崎屋(小むらく)相撲見物(文團次)浮世節並に追分(美代吉)素人俥(圓遊)切滑稽所作事(総出)

大正7421日 

◇浪華落語反対派出演順 南地花月亭

大正7年 004

當る四月二十一日より連夜正五時開演/浪華落語反対派 出演順:落語六三郎、落語小雀、落語紋一郎、落語速席噺三朝、曲芸直造、落語手踊菊団治、音曲円若、落語文治郎、清元舞踊喬光・喬之助、落語枝太郎、東京落語円遊、落語舞踊五郎、音曲噺円太郎、落語声色若柳流振事紋十郎・紋右衛門、落語枝雀、落語舞円、身体曲芸張家中・張貴田

南地法善寺内南地花月亭 吉本興行部(電南四三八・四一一九)

〈編者註〉『藝能懇話』十八号(平成19年)より転載。

大正7423日 大阪時事新報

<大八会の歌笑>

◇落語家に罰 千日前大八会落語定席三友倶楽部に出演する歌笑は、二十一日夜高座にて猥褻なる都々逸を唄ひし廉を以て南署にて厳しき処分を行はれたり。

大正7425日 大阪朝日新聞神戸付録

◇千代之座は来る二十八日に第四回日曜會を開く。

鳥屋引導(米之助)龍宮界(染五郎)欧州動乱(門左衛門)浮れ屑選り(かしく)佐々木信濃守(圓三郎)満中會(小文三)駱駝の葬礼(圓枝)五光(圓子)余興長唄勧進帳(かしく、妻奴、圓子)

大正7428日 大阪時事新報

<常磐津文字花が来阪、三友派の席に出る>

◇常磐津文字花 来月一日より浪花三友派紅梅亭、永楽館其他へ出演すべく東京より常磐津文字花来阪す。

〈編者註〉常磐津文字花は一日から三十日まで連日紅梅亭、永楽館、瓢亭の三席に出演。出し物は各席別々のときと三席同じものの時がある。また同じ出し物を何度も繰り返している。新聞の案内にでた出し物は以下の通り(同じ出し物は一度だけ記す)。

 忠臣蔵七ツ目、小夜衣仙太郎、妹背山御殿、太田道潅、福島屋、伊賀越沼津平作の内、金藤治、伊勢音頭の油屋、朝顔日記、恵方万歳乗り合船、大森彦七、山姥、影清、お染久松、戻り橋、紅葉狩、御祝儀老松(三十日)。

大正7429日 大阪朝日新聞

◇噺家連の賭博 南区河原町二丁目反対派噺家右近事滝口照吉(三十八年)方にて、同派の三朝事田原芳三郎(三十八年)、曲芸師清水正治(二十七年)、同派書記松井善造(五十三年)の四名が車座になり、二十七日午後二時賭博開帳の現場を難波署刑事に踏込まれ一網打尽逮捕せらる。

大正7429日 大阪朝日新聞

<二代目談洲楼燕枝が来阪、反対派の席に出る>

◇反対派の五月は南地花月亭外組合席に東京より燕枝、助六、今輔が出演す。

上方落語史料集成 大正7年(1918)5月6月

大正751

◇紅梅亭出番順

7年 005

當ル五月一日ヨリ出番順/落語米丸、落語枝女太、落語玉団治、落語春輔、落語小文三、新内吾妻・団朝、落語文団治、清元小若、落語円枝、落語染丸、常磐津文字花、東京人情噺遊三、落語春団治、東京落語円鏡、落語二調妻奴・円子/南地法善寺内紅梅亭/電話南五七一・六三二一番

〈編者註〉『藝能懇話』四号(平成3年)より転載。

大正751日 大阪時事新報

◇浪花三友派 五月は常磐津文字花の外に円鏡、三語楼、小若等東京より来る。

大正751日 大阪時事新報

<桂文治の引退と三代目円馬襲名の事>

◇此頃の落語界 文治の引退と円馬の名 

落語界はいづれとも東京の真打株を呼ぶことに努めている。三友派、反対派と互ひに興行戦をつゞくること茲に久しい。

此頃の落語界消息の二三を挙げて見る、三友派の老将たる文治の引退の噂は大分前からあつたが、愈々五月下旬、南地演舞場で花々敷く引退披露を催す筈。それには来阪中の片岡仁左衛門も出で、得意の義太夫を演るとのこと。引退後はその文治の名は暫くその侭にして置くとの話。何んでも先達東京の小さんが来た時、あの名は自分が預つていた一代切りの約束で名乗らせた名だとかいつていたやうだ。

川柳はいよ〳〵円馬の名をつぎ、五月上旬東京有楽座で披露落語会を催す。さうして当地の円馬はやがて円翁といふ名に改めるさうだ。

大正751 山陽新報(岡山)

<三輔・円坊合同一座・岡山大福座>

◇大福座 一日より東京大阪合同桂三助、橘家圓坊一座の落語にて開演。入場料十九銭。

<編者註>三輔、圓坊一座の番組、下記の通り。

52:雪隠穴(雀之助)小倉船(圓吉)牛ほめ(歌助)桜ノ宮(梅喬)おせつ(歌門)三人片輪(圓松)井戸盗人(三路)せんき虫(圓坊)お染風(三助)

54:太田道灌(可昇)寄合酒(梅喬)四字嫌い(雀之助)こんにゃく問答(圓松)音曲(三路)五人廻し(圓坊)天王寺参り(三輔)

55:道具屋(歌昇)近江八景(梅喬)延陽伯(雀之助)素人車(圓松)音曲(三路)小言幸兵衛(圓坊)新町ぞめき(三輔)大切喜劇

57:釜盗人(歌昇)虱茶屋(梅喬)高尾(雀之助)お文様(圓松)音曲はなし(三路)改良芸妓(圓坊)三十石(三輔)

大正755日 大阪時事新報

<談洲楼燕枝独演会・南地花月亭>

◇談洲楼燕枝独演会 南地花月亭に於ける五日の読物は「搗屋無限」「将棋の殿様」「村中仲造立身談」「おさん茂兵衛実録」。

大正755日 神戸新聞

◇戎座 本日より出番左の如し。

南喬、米昇、圓天坊、蔵人、圓三郎、染五郎、蔵之助、正光、正楽、日本チャップリン、歌路、義太夫、扇蔵

大正756日 大阪朝日新聞

<二代目立花家花橘、電車から落ちる>

◇落語家電車より落つ 大阪市西区北堀江通三丁目落語家菱川市太郎(三十五)が、五日午後八時頃、阪堺線竜神停留場より大浜発恵美須町行第四十号電車『車掌細川徳松(二十三年)運転手井上小一(二十二年)』に運転台より乗車したるに、運転手は発車後之を拒絶したるため、同停留場北側三間半の高所より墜落し前歯三本を折りし外重傷を負ひたり。

〈編者註〉二代目花橘(本名菱川一太郎)は明治17年生れ。初代春団治に次いで大量のレコード吹き込みを残した人。

大正758日 京都日出新聞

<笑福亭の三升家紋右衛門を見る>

◇紋右衛門 紋右衛門と云ふ名を久し振りに見てつい笑福亭を覗いて見ると、丁度枝雀の出番で軽い口調で二度の仕返しを面白可笑しく喋べり続けて満堂の腹の皮を撚らして居る。例の化物長屋、按摩が来る迄に時間で交替。次が一寸唆られ気分に待ち設けた紋右衛門である。盲人紋十郎を相手に出放題の弾き放題を軽う受けては踊り消化(こな)す、兎角高座芸人と云ふ者は嫌やに気取つて又はヲドケたりするもので、シックリ真面目に踊らないものであるが、紋には夫れがない。唯神妙に熱心に勤める。爾(そ)して江戸振りの一寸景気の好い処を見せる。舞台が狭いので頗る踊りにく相(そう)なのは気の毒であるが、割合悠(ゆ)つたりと行くので普通の高座芸人の夫れの如(よう)に下卑ないのが結構である。

大正751112日 大阪朝日新聞

<桂文治引退披露会>

◇桂文治の隠退 久しく落語三友派の主席なりし桂文治は高座の引退を披露して、今後同派の顧問を託され、その披露会を十一、十二の両日南地紅梅亭にて昼夜開く事となり、出演者は現在の三友派一座の上へ、東京より橘家円蔵、同円三及び丸一社中来阪し目下東京巡業中の桂米丸も帰阪する由。(511

◇円蔵と文字花 南地紅梅亭の桂文治引退披露会における(両人の)演題は十一日夜首提灯(円蔵)、伊勢音頭(文字花)、十二日夜妾馬(円蔵)、お光狂乱(文字花)。(512

〈編者註〉『藝能懇話』四号(平成三年)に文治引退披露会の刷物(文治得意の三十石に因んだ図)が(下図)が載る。

7年 007

「花鳥のなかを引きゆく綱手かな 家元桂文治/文治翁舞台引退を祝して 長閑さを歌て引くなり昇り船 桂文団治」

大正7512日 大阪時事新報

<談洲楼燕枝独演会・北陽(北新地)花月亭>

◇花月亭 十二日正午より北新地花月亭にて開演の燕枝夜演会の読物は「巌柳島」「女丈夫」「子殺し地蔵因縁」「梅若礼三郎」。

大正7515日 大阪朝日新聞

<今輔・燕枝二人会・南地花月亭>

◇二人高座 十五日正午より反対派南地花月亭にて東京連の二人高座を開演す。落語の演題は鞠子三人旅とはやし長屋(今輔)、毛氈芝居と髪結新三、弥太五郎源七(燕枝)。

大正7521

◇浪華落語反対派出演順 南地花月亭

大正7年 003

浪華落語反対派出演順 當る五月二十一日より連夜/法善寺内南地花月亭・電噺南四三八番・四一一九番・吉本興行部

出演順:落語紋太郎、落語六三郎、落語小雀、奇術正一、東京落語寿楽、落語手踊菊団治、音曲踊千橘、合奏琴月・古堂、東京人情噺馬生、落語枝雀、清元浮世ぶし喬之助、東京落語舞踊助六、落語枝太郎、落語声色若柳流振事紋十郎・紋右衛門、落語小文枝、東京落語円遊、曲芸張家中・張貴田

〈編者註〉『藝能懇話』十八号(平成19年)より転載。 

大正7526 大阪毎日新聞京都滋賀付録

<今輔・燕枝二人会・新京極笑福亭>

◇[広告]今廿六日 正午開演 今輔・燕枝二人会/三人かたわ・噺長屋 古今亭今輔、搗屋無限・梅若礼三郎 談州楼燕枝/愈々本月限りお名残り/反対派太夫元直営 新京極笑福亭

大正7528日 京都日出新聞

◇京電慰労会 京都電気鉄道…廿七日から四日間北野倶楽部で慰安会を開催。

〈編者註〉第一日目の二十七日に反対派の円次郎、扇遊、若呂光、喬之助、海老一直造その他が出演する。

大正7529日 大阪時事新報

◇高座で卑猥 千日前楽天地の朝陽殿に出演する落語家鯉玉は廿七日夜高座にて猥褻極まる行為を演ぜるを、折柄出張中の南署警官に発見され厳罰に処せられたり。

大正7530日 大阪朝日新聞

<三遊亭円右が来阪、三友派の席に出る>

◇三友派落語出演者 同派の紅梅亭、永楽館、瓢亭其他三箇所の組合席には六月一日より従前一座の外東京より三遊亭円右、同右女助、講談旭堂南陵、丸一小仙一行が出演する。

大正7531日 大阪朝日新聞

<三遊亭円右独演会・紅梅亭>

◇三友派の催し 三十一日の夜は各席にて趣向の興行をなす事とし、南地紅梅亭にては三遊亭円右の独演会を開く。新町瓢亭にては同派一座の美曾加会を催し、出演者は円子、遊三、染丸、文団次、米団治が出演す。

大正761

浪華落語反対派特別大興行出番順 南地花月亭

大正7年 002

浪華落語反対派特別大興行/當る六月一日より連夜開演/(六月東京交代連)新ばし幇間桜川長寿おなじみ、講談界の覇王神田伯山長講壱時間、好評につき雷門助六引続き出演/南地法善寺花月亭 電話南四三八番・四一一九番

出番順:落語紋太郎、落語六三郎、落語小雀、曲芸直造、落語即席噺三朝、身体運動張家中・張貴田、落語舞踊五郎、音曲円若、落語枝太郎、東京人情噺馬生、落語枝雀、落語声色若柳流の振事紋十郎・紋右衛門、講談伯山、声色歌舞操りダンス長寿、東京噺舞踊助六、江戸生粋滑稽茶番歌六・六松・寿楽

〈編者註〉『藝能懇話』十八号(平成19年)より転載。

大正763日 大阪毎日新聞

◇法善寺花月亭及び其他の反対派各席にては六月興行として従来の一座に東京より神田伯山が加はる事となれり。

大正763日 大阪朝日新聞

<紅梅亭の円右を聴く>

◇円右独演会 三十一日の夜南地紅梅亭で円右の独演会を聴く。唐なす屋は冒頭で散々つ腹皮肉をならべてお客様を手前へ〳〵へと引きつけてかゝる手際がうまかつた。三枚起請は軽い出来、余興に右め助の仕込の大砲を挟んで切に芝居噺の宗悦殺し、お得意の小話しを二つ三つ置いて、お別れに団蔵と歌右衛門と松助の声色で大に発揮していた。

〈編者註〉円右独演会は以下の日程でこのあと三回行われた。

二日正午より永楽館。演目は「五人廻し」「文七元結」「双蝶々雪の別れ」

九日正午より紅梅亭。演目は「粟田口」「三人片輪」「伊勢屋」「火事息子」

十二日正午より新町瓢亭:演目は「浜野立志伝」「万歳の遊び」「雪の瀬川」「妾馬」

大正766日 大阪朝日新聞

◇南地紅梅亭に出勤の旭堂南陵は義士伝の内中山安兵衛出立の講演好評にて引続き連夜討入迄演続ける。

大正769日 大阪朝日新聞

◇珍芸会 九日正午より南地花月亭にて桜川長寿、雷門助六の珍芸会。

大正769日 香川新報(高松)

<橘ノ圓一座・高松常盤館>

◇[広告]東京落語 橘乃圓一座/當ル六月十二日ヨリ/兵庫町常盤館

〈編者註〉圓一座の番組は、下記の通り。

618日:兵庫舟(枝右衛門)桜の花見踊(圓之助)磯の鮑舞(右近)莨の出所(正一)袈裟御前(圓好)尺八と丼廻し手踊(白魚)魂津ふじ(圓冶)転宅音曲踊(花團冶)水呑と玉呑曲芸(清国人)子は鎹(圓)大切所作事。

619日:地獄八景(枝右衛門)子供の心(圓之助)大と小(右近)危険術(清国人)芝居穴探し(圓好)丼廻し手踊(白魚)売薬紙(圓冶)百年目(花團冶)奇術空中金魚釣(正一)大仏餅(圓)大切所作事。

621

日:合酒(枝右衛門)小倉舟踊(圓之助)天しき踊(右近)奇術金魚釣り(正一)浮世根問(圓冶)丼廻し手踊(白魚)愛宕山(圓好)紙屑屋(花團冶)曲芸(清国人)天災(圓)大切余興。

大正769日 京城日報

[広告]明治町 電話二六〇番 浪花館/六月九日より開演/京阪落語語楽會一行/落語(小遊)落語踊り(遊玉)落語滑稽浪花節(笑三)落語手踊(遊生)落語音曲(花輔)落語手踊(右圓遊)大切喜劇(総出)/今回も亦々入場料大勉強

大正7611日 大阪朝日新聞

<伊藤痴遊再び来阪、反対派の席へ出る>

◇北陽花月亭は十一日より長寿、助六の外伊藤痴遊、橘円太郎其他従前の一座。

〈編者註〉伊藤痴遊の演目は以下の通り(判明した分のみ)

二十日:陸奥宗光(南地花月亭)、大隈条約(北陽花月亭)、陸奥と下関条約(松竹座)

 二十二日:日清戦争前の浪人の活動(南地花月亭)、乃木将軍と聯隊旗問題(北陽花月亭)

二十三日:陸奥宗光と下関条約、天下の糸平、維新遷都の真相(南地花月亭)

 二十四日:陸奥宗光と大鳥圭介(南地花月亭)、乃木大将と桂小五郎(北陽花月亭)、陸奥宗光の外相就任(松島花月亭)

二十六日:陸奥宗光と日清開戦(南地花月亭)、乃木将軍と旅順の開戦(北陽花月亭)、林有造と岡本枡之助(松島花月亭)

二十七日:陸奥の下関条約(南地花月亭)、乃木将軍殉死(北陽花月亭)、宗光と大鳥圭介(松島花月亭)

 二十八日:伊藤巳代治下関条約(南地花月亭)、伊藤巳代治当世物語(北陽花月亭)、陸奥宗光と小村寿太郎(松島花月亭)

 三十日:憲政擁護、品川談判、三度目の流罪(南地花月亭)

〈編者註〉七月一日付「大阪朝日新聞」に「愈々退阪告別的掉尾の伊藤痴遊独演会題:憲政擁護運動裏面西郷隆盛勝海舟品川談判、西郷隆盛三度目の流罪/来る三十日正午十時開演 南地法善寺境内花月亭」の広告が出る。

大正7611日 大阪朝日新聞京都付録

◇[広告]拾壱日ヨリ交代出演連 三升家紋右衛門枝雀、都若、福松、初春、団勝、門三郎、三朝、星花、桃太郎、小円太、福来、福篤、琴月、古堂、直造/反対派太夫元直営 新京極笑福亭

大正7614日 大阪朝日新聞

<三代目柳家小さんが来阪、三友派の席に出る>

◇三友派の落語 同派の組合各席に出勤せし三遊亭円右は十五日限りにて東京に帰り、引違うて東京より小さんが乗り込出勤す。

大正7614日 京城日報

◇浪花館 京阪落語語楽会一行にて開演したるが、一座はいづれも当地には再び来ることあるもののみなれば、喝采を博すべし。

大正7615日 京都日出新聞

◇京都倶楽部例会 十五日午後七時より例会を開き余興として落語小万光、枝雁、三八、善馬、円丸、子遊、福来、金坊、銀坊等あるべし。

◇無期囚懺悔談 大兇悪を働きたる石井谷蔵と云ふが無期懲役に処せられて三井集治監に苦役中、改悛の情顕著なるものありて特赦の恩命に浴し出獄したるが、自から過去の運命の空恐ろしく、セメテ此懺悔談を社会に伝へて、一は自らの罪を滅ぼし、一は社会風教上の訓戒ともならんかと、十五日より十日間芦辺館にて実□談を試むると云ふ。

大正7618日 九州日報(博多)

◇川丈座(博多) 本日より一週間東京落語三遊亭圓遊一行のお名残興行。今初日の番組左の如し。

高砂屋(清遊)音曲(花遊)ズンゴケ(圓菊)因果塚(小むらく)掛万(圓雀)先代萩(巴丈、長之助)吾妻男(遊朝)流星(圓輔)島田傳八(楽天)追分(美代吉)花見小僧(圓遊)

大正7620日 九州日報

◇川丈座(博多) 東京落語三遊亭圓遊一座は本日より三遊派若手圓平加わりたり。今晩の番組左の如し。

馬鹿しか(遊朝)音曲噺(圓輔)新講談(楽天)桃太郎(圓平)追分(美代吉)地獄巡り(圓遊)

大正7621日 大阪朝日新聞京都付録

◇[広告]二十一日より交代連 金原亭馬生雷門助六桝三、千橘、張少春、夏雲昇、菊団治小南光、三人少女、扇遊、福円、円笑、歌六、橘太郎、六松/反対派太夫元直営 新京極笑福亭

大正7621日 山陽新報

<橘ノ円一座・岡山大福座>

◇山陽座 二十一日より笑福亭福團冶、浪花節戸川浪六、講談砂川鉄丸等にえ開演

◇大福座 落語圓一行二十一日初日の番組左の如し 野崎参り(枝右衛門)虫眼鏡(左近)片袖(圓之助)三十石(正一)池上戻り(圓好)字芸無(白魚)ちしゃ医者(花團冶)曲芸(張家中・張貴月)東京落語忠孝並に仕舞(圓)

大正7622日 大阪朝日新聞

<柳家小さん独演会・三友派各席>

◇柳家小さん独演会 二十三日正午より北陽花月亭席にて小さんの独演会を開く。演題は高砂屋、そこつ、笠碁、富久。

〈編者註〉小さん独演会のこの後の日程と演題は以下の通り。

二十五日南地紅梅亭:演題は廐火事、小言幸兵衛、こしよう、らくだ。余興は同人の常磐津。

二十七日北陽永楽館:演題はうどんや、天災、二階ぞめき、にらみかへし。余興鏡味小金、小仙と三遊亭右女助。

二十八日新町瓢亭:演題は子別れの上の巻、二階ぞめき、〆込、御神酒徳利。余興常磐津式三番叟を小さんが勤める。

二十九日南地紅梅亭:演題は妾の馬、熊の皮、碁泥棒、猫久。

上方落語史料集成 大正7年(1918)7月8月

大正771日 大阪朝日新聞

◇落語三友派 七月一日より従前一座の上に東京より三遊亭円歌、同円窓、講談邑井吉瓶と鏡味小仙、小金は引続き出演する。

大正771日 大阪朝日新聞京都付録

◇芦辺館 一日より桂文治引退披露興行を開演。出演者は  文治、円子、妻奴、かしく、米団治外定連全員尚大切余興博多狂言あり。

大正774日 大阪朝日新聞京都付録

◇[広告]一日・交代連 橘家円太郎、桂枝太郎白魚、扇雀、四郎坊、五郎、円若、紋兵衛、円歌、文雀、苦竹、清子、輔力雀、紋之丞、円二郎、文輔反対派太夫元直営 新京極笑福亭 

大正774日 九州日報

大正7年7月4日広告(九州日報)[広告]/おすずみ興行 落語歌舞 いよいよ今晩より連夜開演/久々に来博した京阪にて有名な盆の曲舞 橘家圓坊 人気のよい落語界の花形 桂三輔/中州川丈座にて

◇川丈座(博多) 今四日初日にて京阪落語音曲一座を以て開演。初日の番組左の如し。

人情ばなし(馬の助)清元浮世節(桃太郎)滑稽落語(松竹)落語活動写真(円松)音曲ばなし(三路)落語盆踊(円坊)笑話文人踊り(三輔)切喜劇所作事

<編者註>三輔、円坊一座の番組は、下記の通り

75日:竹琴(馬の助)浮世節(松竹)寄合酒(桃太郎)玉の越指活動(円松)音曲(三路)三十石文人踊り(三輔)官営医者(円坊)

76日:浮世節(桃太郎)鼻ねじ(雀の助)人情話(馬の助)親子茶屋(松竹)ちふみきた(円松)音曲(三路)野崎参り(三輔)親起誓盆踊り(円坊)

77日:うそ付(馬の助)稽古屋(雀の助)口入屋(松竹)浮世床(円松)音曲(三路)手踊(三輔)宮戸川盆踊(円坊)

79日:おとぎ噺(馬の助)近日息子(松竹)素人車(円松)音曲(三路)高砂屋(三輔)妾馬(円坊)

大正775日 大阪朝日新聞

◇納涼興行 三友派落語組合各席にては従前の一座の上に五日より女道楽三河家秀子一行十名を差加へ、南地紅梅亭、北陽永楽館、松島文芸館に出演させる。

大正776日 京都日出新聞

◇滑稽七条と四条 博多俄連の大縮尻 此朔日から新京極の芦辺館に掛つた三遊亭しん蔵一行の博多俄連、変つた所を呼物にオット今の新しい言葉で云ふと郷土芸術とかを売物に遥々海越へ山越へ九州三界から京に乗込んだ迄は可いが、元より京の地は初めてで云ふ迄もなく不案内と来てをる。所が目下芦辺館の連中は伏見の常盤、七条大宮の藤の家を掛け持ちときてをるので、此一行も次から次へと汗ダク〳〵で追つ走り廻る訳だが、数日前の夜此一行が初めて常盤を打つて次の藤の家へ乗込む段になり市電に乗つて(後略:七条大宮を四条大宮と聞き間違えられて、反対派の太平館に飛び込んだという失敗談)。

大正776日 神戸新聞

◇境濱海水浴場開場披露會 我社主催須磨境濱海水浴場は開場以来、日一日と来場者を加え賑い立つているが、本社では愈々明七日を以て、花々しい海水浴場開場披露會を挙行し各種の余興を催して来場者に興を添える筈である。・・・・・・・次いで余興場には午前九時からお馴染の落語連、圓三郎、扇蔵、春輔、圓天坊、米昇、圓歌、正楽、正團次、門左衛門、染五郎、春松、歌路、都枝などの大一座と呂光、若呂光両人の新内、手踊、一圓、小半の軽口、チャップリン、ウグイスの滑稽、ワンダー正光得意の奇術、それに東京素噺の上手馬琴の出演など、風涼しい余興場は例に依つて大入り満員を見るであろう。・・・・。

大正778日 神戸新聞

◇本社主催海水浴場開場披露會 …余興開始のシャギリが入ると、モウ身動きならぬほどの満員で、白い扇子がチラチラと美しい。能舞台そのままの上品な舞台には、お馴染の落語家連が立替り入代つて御機嫌を伺う。扇松、圓郎、春三、小米喬、三太郎など、何れも可笑味タツプリで引退ると、人気者の春輔が真黒い顔を突出して、得意の「滑稽講釈」を弁じ立てる。小残月の「千人結び」は閑院宮妃殿下の御仁悲物語というべき高尚な話で大喝采、次いでチャップリン、ウグイスの萬歳、春松の音曲、圓歌の落語などいづれもお腹の皮を撚らせて余興場大景気である。三升が落語と自慢の踊りで大當てると、太郎三郎が相舞いの「汐汲み」で、涼しい舞振りを御覧に入れ、歌路、染五郎、門左衛門亦何れもヤンヤで引退る。次いでワンダー正光の奇術は「不思議の帽子」と「飛行時計」でアツといはせ、一圓小半の軽口から立上つての滑稽舞、美人若呂光の舞では、茶目の一圓が飛込んで興を添へ、それから圓天坊の落語、謎かけに都枝の滑稽琵琶、太郎三郎の鰌掬いと、面白い見物や聴物が続々現れ、最後に圓三郎、扇蔵の十八番、胸の透くやうな「槍錆」から奉書試合までキツパリした型と呼吸の合つた所で大盛況。・・・・・・。

大正7711日 京城日報

[広告]明治町 電話二六〇番 浪花館/當る七月十日より開演/京阪落語語楽會一行/お馴染の當語楽會一座へ更に若手数名出演致し賑々敷御機嫌相うかがひ可申何卒御来館の程奉懇願候/語楽會主演順 落語物まね(遊玉)落語手踊(圓一)落語音曲(笑三)落語手踊(遊生)落語音曲(花輔)落語手踊(木鶴)落語音曲(花丸)人情落語(圓洲)大切喜劇(総出)/入場料は特に従来通り大勉強

大正7712日 大阪毎日新聞

◇浜寺海水浴場披露会

〈編者註〉大阪毎日新聞主催で十四に開催。余興として公会堂にて午前と午後の二回、曾我廼家十郎一座の喜劇、海岸特設余興場にて午前より日没まで三友派連中及び東京客員連総出の諸芸大会が行われた。丸一鏡味社中の曲芸茶番、三遊亭円窓、円歌の珍芸会、東京女道楽三河家秀子一行の現代踊、林家染丸、桂文団治その他の喜劇猿廻しをはじめ、円子、花橘、新蔵、玉輔、円枝、小文、円丸、文作、蔵之助、染八、子遊、白馬、米団治、鶴蔵、万十、かしく、小枝鶴、円輔、竹枝、染丸、遊三、枝女太、文我、染之助、残月、三木助、小はん、松鶴、とん馬、米花、光鶴、妻奴、文団治、吾妻、団朝、お染、久松、陽永山、福楽、小仙、小金、円窓、円歌、秀子一行が出演。

大正7715日 大阪朝日新聞

◇三友派各席の演芸 例年の通り十五日より同派の納涼夏季各席の開場は、南地紅梅亭は落語は林家染丸外一座の落語、連鎖滑稽早替りを余興として大切三河家秀子一行のハツトセ踊り。北陽永楽館は納涼演芸会として三遊亭円歌、桂円枝一座に余興一座の連鎖落語道具入其他各席は三遊亭円窓、水也田呑州余興丸一社中及びハツトセ踊。

大正7721日 大阪朝日新聞京都付録

◇[広告]今廿一日より出演 三升家紋右衛門文輔、円二郎、輔力、門三郎、柳三、三朝、星花、円可、扇遊、福徳、福来、文二郎、琴月、古堂大切怪談 円笑、桃太郎反対派太夫元直営 新京極笑福亭

大正7722日 神戸新聞

◇賑わい立つた境濱 昨日の境濱海水浴場は土用に入っての第二日、折柄日曜の余興デーで、おまけに興味の深い寶探しがあるというので、朝から海水浴へ出掛ける人々夥しく兵電兵庫終点は一方ならぬ混雑を呈した・・・・・・・続いて瀧子の真正剣舞、歌路の音曲、圓歌の話、染五郎の踊から春輔が気の利いた小話で喝采を引浚へ、圓天坊の話から、圓三郎の舞「六歌仙」は相変らず巧いもの、次いで扇蔵の「槍錆」に圓三郎も加わりて十八番の「奉書試合」を見せ、都枝の滑稽琵琶と鰌掬いでワッといわすと一郎三郎太郎三少年の踊りがあつて、小半の滑稽「活惚」で大喝采裡に打ち出したのは午後五時であつた。

大正7722日 九州日報

◇川丈座 青年落語研究会本日七時より開場。入場料廿銭均一、初日の重なる番組左の如し。

一ト目上り(円吉)弥次郎(楽之助)鉄砲勇介(小むらく)音曲噺(三路)寄合酒(松竹)成田小僧(円松)正直車夫(楽天)紙屑屋(三輔)三人片輪及手踊(円平)

<編者註>三輔一座の番組は、下記の通り。

724日:三軒長屋(小むらく)音曲はなし(三路)孝女の敵討ち(楽天)雲天(円松)お花半七(円平)新町ぞめき(三輔)

726日:西行(小むらく)音曲はなし(三路)暗影(円松)太鼓腹(円平)稽古屋(三輔)

727日:寿限無(小むらく)音曲ばなし(三路)寄合酒(松竹)指影(円松)お半半七(円平)あみだ池(三輔)

728日:芝浜(小むらく)音曲ばなし(三路)指影(円松)三軒長屋(円平)太鼓腹(三輔)

大正7729日 神戸又新日報

◇千代ノ座 八月一日より三周年記念特別興行にて、左の顔触れなりと。

扇蔵、若呂光、春輔、圓三郎、馬琴、正楽、花橘、春團次、余興豊年斎梅坊主、三河屋秀子

大正7730 神戸又新日報

◇三宮御代ノ座 千代ノ座の掛持にて出演者左の如し。

馬琴、圓天坊、春輔、小文三、圓三郎、正楽、扇蔵、若呂光、呂光、三猿、しん橋、花橘、米團治、余興(梅坊主、三河屋秀子)

大正7730 山陽新報

◇吾妻座(西大寺) 八月一日より東京落語の大達者三遊亭圓遊一行にて開演。三日限りにて日延べなしと。

大正781日 大阪毎日新聞

◇納涼演芸会 八月一日より紅梅亭、永楽館にて開催番組は御祝儀落語、滑稽掛合、奇術曲芸、長講落語、都々逸角力、新内茶番、落語立噺らくだ、新講談道具入、猿芝居、舞手踊、落語立噺成金、仙台名物ハツトセ節、大喜利怪談大道具入。

大正782日 神戸又新日報

◇生田前戎座 夏期特別興行として、左の顔触れ。

圓天坊、春輔、圓三郎、若呂光、三猿、しん橋、小文三、花橘、三河屋秀子、女連、春團治

大正787日 京都日出新聞

<千歳米坡死亡>

◇千歳米坡 芸界の珍物千歳米坡は予ての心臓病が昂じて去月中より東京日本橋久松町岩佐病院に入院加療中だつたが去る二日午後八時遂に六十四歳を一期として死去した。彼女は確かに変り者であつた。其前半生の華やかな生活は一片の艶史として時人の間に喧伝され、随分粋な噂の種を蒔き散らしたものだ。甞て政界の奇才故光明寺三郎君と情意投合し、磊落豪宕な光明寺は彼の女を立派な令夫人に仕立てゝ宮中に於ける天長節の御宴に同伴したなど有名な話で当時随分世間を騒がせたものだ。それだけ彼の女としても此時代は得意の絶頂だつたらう。光明寺との関係から其親友西園寺候爵の知遇をも得た。併し明治二十九年以来の後半世は人も知る如く実に不遇だつた。各所の演芸館又は寄席の高座に万年新造の姿を現して、昔忘れぬ落し差しなどゝ得意の槍錆に昔の栄華を夢見、僅に世人の記憶をつないで居たが、それも一時、最近は年と病に勝てず身体も人気も次第に衰へ、去歳全く芸壇を引退したのであつた。儚なかりし米坡の一生よ! 彼女の一生は美人の運命の何物かを物語つたローマンスだつた。葬儀は四日正午上野桜木町の自宅出棺、浅草永住町密蔵院で営まれたそうだ。

大正7810日 香川新報(高松)

<東西若手落語家一座・高松常盤館>

◇[広告]東京浪華落語 若手揃大一座 神戸千代の派連中 橘家圓三郎一行/當ル八月十三日ヨリ/兵庫町常盤館 写真あり

〈編者註〉一座の番組は下記の通り。

814日:東の旅(扇松)兵庫舟(小米喬)やれやれ豆腐(一郎)材木丁稚音曲(三郎)前刀付ケ曲芸(却枝)八百屋ロマンス音曲(歌路)稽古屋手踊(太郎)辻占茶屋(染五郎)三人番頭(圓歌)抜雀手踊(圓三郎)

815

日:西の旅(扇松)野崎参り(小米喬)乱暴医者(一郎)子誉め音曲(三郎)浄瑠璃息子滑稽琵琶曲(却枝)年末の奇人(歌路)江戸原盆音曲手踊(太郎)赤子茶屋手踊(染五郎)書置き違い(圓歌)音曲手踊(三郎、太郎、歌路)芸妓の誠手踊(圓三郎)大切余興。

大正7814日 京城日報大正9年814

[広告]納涼特別興行/今十四日より開演/東京大阪合同落語大一座/長唄杵屋勘左衛門、杵屋勘三郎出演 近来珍しき大一座にて余興沢山/入場料破格金二十銭均一 但し特等の外/浪花館

[広告]明治町 電話二六〇番 浪花館/八月十四日より開演 東京大阪合同大一座/盆の曲手踊の橘家圓坊 長唄家元の杵屋勘左衛門、同勘三郎外若手数名大一座へお馴染の語楽會一行も加わり賑々敷開演致候/落語(坊太郎)落語四つ竹手踊(雀之助)落語(笑三)落語手踊(遊生)落語(松□)音曲手踊(圓花)落語(花丸)長唄ヴァイオリン三味線曲引(勘左衛門、勘三郎)舞踊(木鶴)人情落語(圓洲)新作笑話盆の舞(圓坊)大切余興(総出)

大正7830日 神戸又新日報

◇千代ノ座 一日より盆替りの特別興行として、左の顔触れ。

圓天坊、春輔、圓三郎、正楽、扇蔵、呂光、若呂光、謹吾、花橘、遊三、余興三河屋秀子、豊年斎梅坊主一座(梅公、梅々、小つる、梅太郎)

大正7831日 大阪朝日新聞

◇反対派落語 九月一日より南地花月亭外各組合席には従前一座に東京より柳亭左楽、日本太郎、橘家勝太郎、常磐津豊造、麟太夫出演。

◇浪花三友派 落語組合各席は一日より従前一座に川柳改三代目三遊亭円馬、桂春団治、桂三木助、余興連日本チヤツプリン、梅の家ウイグス、常磐津千代番出演。

上方落語史料集成 大正7年(1918)9月10月

大正791

◇浪華落語反対派出番順 南地花月亭

大正7年 005

當ル九月一日ヨリ連夜 浪華落語反対派/常磐津麒麟太夫・豊蔵、五代目柳亭左楽、橘家勝太郎・日本太郎

出番順:落語紋太郎、落語円玉、落語小雀、曲芸市太郎、尺八踊白魚、音曲小円太、落語舞踊勝太郎、落語枝太郎、滑稽掛合茶好・半玉、落語舞踊五郎、常磐津豊蔵・麒麟太夫、東京落語舞円、東京人情噺左楽、元祖一人活劇太郎、落語声色若柳流振事紋十郎・紋右衛門、身体運動張家中・張貴田

南地法善寺花月亭 電話南四三八番・四一一九番
〈編者註〉『藝能懇話』十八号(平成19年)より転載。

大正791日 神戸又新日報

◇戎座 一日より盆替り特別興行。圓天坊、春輔、圓三郎、正楽、扇蔵、呂光、若呂光、謹吾、花橘、三河屋秀子、豊年斎梅坊主

大正792日 大阪朝日新聞神戸付録

<姫路の演芸>

◇演芸だより ▲姫路山陽座は来る三日より天勝一行奇術にて開演 ▲楽天座は一日より女浪花節小奈良にて開場

大正792日 九州日報

<橘家円蔵一座・博多川丈座>

◇川丈座 橘家円蔵一行昨夜の初日は満員の盛況を呈したり。明三日目番組左の如し。

道かん(咲蔵)ろくろ首(歌奴)天災(円幸)小言幸兵衛(小円蔵)音曲追分(円若)弥次郎、五人廻し(円蔵)

<編者註>小円蔵は後の六代目円生(本名山崎松尾)。円蔵一座の主な番組は下記の通り。

93日:たらちめ(咲蔵)女郎の文(歌奴)穴探し(円幸)湯屋番(小円蔵)音曲(円若)八笑人・松山鏡(円蔵)

99日:道かん(咲蔵)四人癖(歌奴)瀬川(円幸)引越しの夢(小円蔵)音曲(円若)田能久、五人廻し(円蔵)

大正7914日 大阪朝日新聞

<橋本川柳、三代目三遊亭円馬を襲名、二代目円馬は円翁と改名する>

◇円馬の襲名披露会 浪花三友派に出勤せし橋本川柳は此度三代目円馬に襲名なし、二代目円馬は同時円翁と改名して十四日夜間、十五日昼間の二回、南地紅梅亭にて両人の改名披露会を催す。当日は阪地及び京都、神戸地方に居る三友派の幹部連は出演する事と極り、余興の演芸も沢山ある筈。

〈編者註〉『藝能懇話』四号(平成三年)に改名披露演芸会案内状が(下図)が載る。

7年 008

秋冷の砌益々御清福の段奉賀候。扨て私事円馬、襲名以来永らく御愛顧を蒙り居り候處、今回自分芸名を橋本川柳へ三代目を相継がせ候事に相成り、自分は三遊亭円翁と改め、今迄通り舞台相勤め申し候次第、何卒私同様に倍旧の御厚情に預り度御願い申し上げ候。 二代目円馬改め三遊亭円翁

私事此度三代目円馬襲名仕り候は是皆各位様の御眷愛、御引立ての賜と深く御礼申し上げ候。未だ未熟なる私儀、万事御援助下され、円翁師同様の御引立ての程伏して希い上げ奉り候。先ず御挨拶まで斯くの如くに御座候。 橋本川柳改め三代目三遊亭円馬

當ル九月十四日(夜間)十五日(昼間)於浪花三友派紅梅亭 電話南五七一・六三二一 改名披露演芸会開催

大正7914日 京都日出新聞

<桂枝太郎の内縁の妻が死亡>

◇老妓鶴路 先斗町の老妓で同廓に少からざる功労を遺した林鶴路(五十七歳)は久しき前より腸癌を患ひ、十二日午前三時死去せり。(中略)葬儀は十三日午後一時五條坂袋中庵にて執行されたるが、内縁の良人桂枝太郎が京都落語界に重きを為ものだけに諸方面より造花生花の寄贈も多く、大阪辺よりも芸人及び鴨涯の老若妓等の会葬もありて中々盛んなりき。

大正7915日 大阪朝日新聞

<柳亭左楽独演会・南地花月亭>

◇左楽独演会 十五日正午十二時より南地花月亭にて東京より目下来阪出演中なる柳亭左楽の落語独演会を開催。左楽は東京落語三席を口演し、余興として男女舞踊会連中日本太郎出演。

 珍芸(日本太郎)、常磐津「乗合船」(麒麟太夫・豊造)、常磐津所作事第一「三人上戸」(五郎・福寿・福助)、第二「子宝」(円・勝太郎・円遊太夫・妻造)、落語「猫に小判」「間抜な男」「人の情」(左楽)

大正7919日 大阪朝日新聞

◇浪花三友派出番 三友派落語組合南地紅梅亭始め各席は毎月頭に其席の出演者を取替来りしが、今後毎月一日、十一日、二十一日に出番を取替る事となし、二十一日よりの一座は東京講談一竜斎貞山が出席し、各組合席にて十八番の義士伝をば演する事となれり。

◇紅梅亭出番順(絵葉書)

7月 002

當る九月二十一日より連夜/おなじみ一龍斎貞山/東京講談界の泰斗 義士伝長講出演

出番順/御祝儀落語米花、落語染八、落語竹枝、落語円枝、落語手踊かしく、落語文団治、常磐津うかれ節千代香、落語米紫、落語長唄二調妻奴・円子、落語染丸、義士伝講談貞山、落語春団治、東京落語円馬、落語滑稽浪花節蔵の助、落語松鶴/毎月一日十一日二十一日(出番替)/なん地紅梅亭 電南五七一・六三二一

〈編者註〉上掲の出番順は「富士正晴記念館所蔵 寄席番組類目録」(富士正晴記念館・平成12年)より拝借した。

大正7922日 大阪毎日新聞京都滋賀付録

◇[広告]弐拾壱日より秋期特別大興行東京幹部連出演小文枝歌橘 勝太郎円六福来麒麟太夫橘太郎高蝶枝□斎藤小高左楽天地花団治日本太郎円若張貴川

/新京極笑福亭

大正7922日 京城日報大正7年9月22日

[広告]今晩より開演/京阪合同落語一座/三遊亭美都、桂三輔、余興お馴染の浪界花形竹川馬生出演/浪花館

[広告]明治町 電話二六〇番 浪花館/九月二十二日より開演 京阪落語若手大一座/落語(三遊亭圓太)落語手踊(笑福亭笑三)落語指の活動(三遊亭圓松)奇術浪花節(ジャグラー操嬢)落語(笑福亭松竹)落語音曲手踊(桂花丸)奇術(ジャグラー操光)落語(三遊亭圓洲)落語手踊(桂三輔)落語手踊(三遊亭美都)

<編者註>1013日頃迄興行。

大正7923日 大阪朝日新聞

◇落語反対派出番替 同派組合各席は二十二日より一座の出演者を取替、円、馬生、円太郎、紋右衛門等幹部連は各席に出演し、南地花月亭及び新世界にては五郎、福寿が常磐津所作事「三人上戸」を余興として見せる。

大正7924日 大阪朝日新聞京都付録

◇[広告]正午ヨリ午後五時間迄/左楽独演会 演題 猫に小判 剱丁間男/余興として常盤津乗合舟 麒麟太夫・珍芸日本太郎/本日限お名残 花柳界名物男左楽新京極笑福亭

大正7925日 大阪朝日新聞神戸付録

◇御影龍美座は二十五日より神戸千代之座引越の落語。

大正7926日 九州日報

<橘家円蔵十八番会>

◇川丈座 東京落語橘家円蔵十八番会は本日より三日間毎夜六時より開演。

道具屋(咲蔵)菅原息子(歌奴)干物箱(円幸)錦の袈裟(小円蔵)二上り追分(円若)なめる、文七元結(円蔵)

大正7929日 大阪朝日新聞

<一龍斎貞山独演会・紅梅亭>

◇貞山独演会 三友派出勤の一竜斎貞山は二十九日の日曜正午より南地紅梅亭にて独演会を催す。演題は三日月小僧正吉、潮田主水、左小刀幽霊額、義士討入より引揚迄。

大正7930日 大阪朝日新聞

◇十月の反対派 来月より同派市内花月亭各席にては東京より古今亭今輔、土橋亭りう馬外海老一の息子チヤツプリンの新顔二三名を加へ、尚東京出演中の枝雀、千橘、喬之助、地方巡業中の小文枝を帰阪させ出演させる。

大正7930日 神戸又新日報

◇千代ノ座 一日より圓三郎、圓天坊、春輔、扇蔵、しん蔵、かしく、米團治、妻奴、圓子、圓子の余興

大正7101日 大阪朝日新聞

◇三友派各席の十月 一日より組合各席の出演者は従前の一座に東京より橘家円蔵、女道楽富士松呂光、若呂光及び梅坊主一座の出勤。同派の組合は南地紅梅亭、福島延命館、新町瓢亭、御霊のあやめ舘、文芸館。

大正7106日 大阪朝日新聞

<橘家円蔵独演会・紅梅亭>

◇三友派円蔵独演会 南地紅梅亭にて六日正午より来阪中の橘家円蔵の独演会催す。其演題は嘘ツキ弥次郎、第二五人廻し、第三首丁ちん、第四明烏、中入余興は円幸、円若出演。

大正71011日 大阪朝日新聞京都付録

<橘家円蔵長講会・芦辺館>

◇芦辺館 過日大阪各席に出演中なりし東京落語橘家円蔵は十一日より三日間長講二席連夜口演す。尚交代連として左記の順番にて出演す。

 蔵三、扇太郎、枝女太、円之助、枝雁、善馬、文之助、円幸、円若、蔵之助、円蔵、松鶴、円蔵、福楽。

大正71013日 大阪毎日新聞

<三友派の永楽館が反対派に買収される>

◇花月亭の出番替 市内各花月亭にては十一日より出番替となり、東京より来阪中の今輔、りう馬は廿日迄引続き出演し、なほ北新地永楽館を買収したる為め同地の花月亭に全力を尽し幹部悉く新顔のみの出番となし、永楽館も近く新規模にて開館の由。

大正71022日 大阪朝日新聞

◇昇進試演会 二十一日より十日間、落語反対派北の新地花月亭にて連夜第一回幹部昇進試演会を催し、各自得意の落語其他の技芸を競演させ補助として同派の幹部数名が出演する。

大正71027日 大阪朝日新聞京都付録

<三遊亭善馬、二代目川柳を襲名する>

◇芦辺館 三代目円馬の門人善馬は今回二代目川柳を襲名せしかば二十七日正午より改名披露会を催す。出演連は 蔵三、扇太郎、枝女太、文如、枝雁、三八、歌六、吾妻、団朝、円幸、円枝、蔵之助、染丸、染三、三木助、松鶴、文団治、切円馬。

大正71029日 大阪毎日新聞京都滋賀付録

◇(福知山)平吉座 大阪三友派桂円天坊、林家正楽一座の落語は連日好人気にて日延。

大正71029日 大阪朝日新聞神戸付録

<三遊亭圓遊一座・姫路楽天座>

◇楽天座は二十七日より東京落語三遊亭圓遊、因みに同座は本興行をお名残にして十一月より日活直営活動写真館となる。

大正71030日 大阪毎日新聞

◇浪花三友派 三十日堺大浜において同派の秋期運動会を催すため紅梅亭その他の各席休業の由。猶三十一日より同派の交替連は常磐津政太夫、幾松)、滑稽掛合(橘一円、小半)女連(鶴賀若呂光)音曲掛合(早川芳丸、若松家錦)

大正71030日 大阪朝日新聞

<神田伯山独演会・北新地花月倶楽部>

◇伯山独演会 東京講談神田伯山は三十日正午より北の新地花月亭席にて独演会を開く。読物は本人得意の開運出世の水呑一席と野狐三次三席。

大正71031日 九州日報

◇旭座(門司) 東京落語橘家円次一行若手真打連は昨夜より開演中。

上方落語史料集成 大正7年(1918)11月12月

大正7112日 九州日報

<春風亭柳枝一座・博多川丈座>

◇川丈座 東京落語春風亭柳枝一行、愈々本日より初日開場。其の番組左の如し。

寿限無(喜久枝)たらちめ(枝六)狸の釜(桃枝)獅子の曲(柳仙)三味線曲引(ぎん蝶)小言幸兵衛(伯枝)諸国調子しらべ(枝太郎)子宝(柳枝)

大正71110日 山陽新報

<三遊亭円遊一座・岡山大福座>

◇大福座 十日より東京落語二代目三遊亭圓遊一座にて開演。

大正71114日 神戸新聞

<東京名人会・神戸聚楽館>

◇聚楽館 東京名人會の二日目の番組左の如し 長唄楠公(音蔵、己太郎)舞北洲(静枝)人情噺唐茄子屋(圓右)琵琶小楠公(筑風)講談愛国芸者(伯鶴)浄瑠璃新口村(朝太夫、松太郎)清元明烏(喜久太夫、須三郎)

大正7111日 大阪朝日新聞

<永楽館、吉本興行部の席として開館する>

◇永楽館開館 北の新地永楽館は吉本興行部直営の下に千日前女義太夫定席播重と協同し、一日より連夜女義太夫修養場の定席として開業。

◇反対派出番替 落語反対派南地、北陽、松島の各花月亭は三十一日より従前の一座に東京より神田伯山、桜川長寿、水也田呑州(琵琶新講談)出演し、呑州は乃木会の後援にて乃木将軍の伝記を口演する。

〈編者註〉「吉本興行部」と書かれた最初の記事。大正六年五月には「芦辺合名会社」とあり、この間に社名を変更している。はっきりとした月日は不明。

大正7111日 大阪朝日新聞神戸付録

◇生田前戎座は本月中左の顔ぶれにて出演する由。南喬、圓丈、米昇、三郎、蔵八、歌路、春輔、正團冶、公楽、圓馬、圓歌、たき子、芳子、二三子、花子、千代子、扇蔵、小残月、馬琴、圓天坊

大正7113日 大阪朝日新聞

<神田伯山独演会・花月亭各席>

◇伯山独演会 神田伯山は三日(日曜)正午より南地花月亭にて独演会を開き伯山十講の中次の長講を演ず。「長短槍の試合」(小白山)、清水治郎長の内「大瀬半五郎」長講三席、水戸黄門一席(伯山)。

〈編者註〉十五日、十六日にも開催されている。

十五日(南地花月亭):読物は清水次郎長荒神山の喧嘩三席と榊沢弥太郎一席読切。

十六日(天満裏門花月亭);読物は使客森の石松三席と佐野鉢の木一席。

大正7116日 神戸又新日報・神戸新聞

<三代目圓馬独演会・神戸千代ノ座>

◇圓馬独演会 川柳が三代目三遊亭圓馬襲名の披露独演会を十日正午千代之座に開くと出し物左の如し。(神戸又新日報)

◇圓馬川柳独演会 橋本川柳は今回三代目三遊亭圓馬を襲名し十日正午千代廼座に襲名独演会を開く。番組は「寝床」「三人浦島」「櫻川五郎蔵」「文七元結」にて、圓子が口上を述べ妻奴の糸にて長唄二調を演ずる。(神戸新聞)

寝床、二人浦島、□川五郎蔵、文七元結

大正71115日 大阪朝日新聞

<伯鶴・円右・筑風三人会・紅梅亭>

◇東京知名の三人会 十五、六の両日正午より南地紅梅亭にて開演する三人会は東京講談伯鶴と落語三遊亭円右、琵琶高峰筑風の三人が出演する由。

大正71116日 大阪朝日新聞

<笑福亭光鶴、二代目笑福亭枝鶴と改名する>

◇改名披露 三友派の笑福亭松鶴の門人光鶴は今度師の前名二代目枝鶴と改名なし、十六日は御霊あやめ館、午後五時より十七日は正午より南地紅梅亭の両席にて改名披露会を開演する由にて、両日の出演者は、三友派連は現在の当地の出演者は更なり、京都、神戸地方より幹部連の落語は出演する。

〈編者註〉のちの五代目笑福亭松鶴。『藝能懇話』四号(平成三年)に改名披露演芸会案内状が(下図)が載る。

7年 003

時下益々御清福の段奉賀候。陳者今度門下光鶴へ二代目枝鶴名儀、御ひいきの御勧めもあり相つがせ候事に相成り、何卒私同様御引立ての程希い上げ奉り候。 笑福亭松鶴

今度師の許しをうけ二代目枝鶴と改名いたす事に相成り、何卒御愛顧御引立ての程御願い申し上げ候。 光鶴改め二代目笑福亭枝鶴

枝鶴改名披露演芸会、左記の通り開催仕り候間、御誘い合され賑々敷御来場の程希い上げ奉り候。 浪花三友派

来る十一月十六日午後五時より御霊あやめ館 十七日正午より南地紅梅亭出演

三友派連乱表

文団治、円子、妻奴、とん馬、三木助、米団治、吾妻、団朝、円翁、万寿、春枝、染の助、残月、染丸、花助、枝鶴、三八、遊三、文太郎、小はん、団輔、米花、寿笑、蔵三、小枝鶴、升枝、寿子、花橘、円枝、金坊、銀坊、鶴蔵、久松、染八、雀三郎、寿吉、鶴光、米之助、春団治、文我、玉団治、しん橋、川柳、円馬、小文、染雀、かしく、円坊、文作、歌六、扇太郎、子遊、文如、新蔵、玉輔、米紫、伯馬、文の助、団平、福楽、小万光、枝女太

大正71117日 大阪朝日新聞

◇長寿珍芸会 反対派落語各席へ出演中の東京新橋幇間桜川長寿は神田伯山の補助にて十七日(日曜)正午より北の新地花月亭にて珍芸会を開催。出物は木村長門守(小伯山)、お座敷珍芸(長寿・桐家女連)、音曲曲弾(紋十郎)、菅原車曵一幕(長寿)、小猿七之助(伯山)、声色百種(長寿・紋十郎)。

大正71130日 京都日出新聞

◇芦辺館の盗難 犯人は下足番 二十八日午後三時ころ新京極蛸薬師芦辺館主原田正吉方二階居間六畳の間に在りし手提金庫内の現金九十九円五十銭を何者かに窃取され、又同日午後八時ころ蛸薬師同境内に於ける同芦辺館炊事場に賊忍び、万套外五点(時価五十三円)を窃取されたるが、犯人と覚しきは本月十一日雇入れたる下足番自称福岡県遠賀郡水巻村字下二梅吉の弟入江栄(十九年)の所為と覚しく、恰も三時頃より姿を晦ましたるものなりと。

大正7121日 大阪毎日新聞

<平野町此花館が吉本興行部の経営となり船場花月亭と改称する>

◇船場花月亭 平野町此花館は十二月一日より吉本興行部経営のもとに船場花月亭と改称し、千日前娘義太夫定席集奇亭閉場の為め一日夜より竹本団路、豊沢仙平其他十数名出演すべし。

大正7121日 大阪朝日新聞

◇三友派新顔 一日より常磐津上総屋お蝶、獅子の曲鏡仙太郎、落語声色橘家円三。

大正7121日 大阪朝日新聞京都付録

◇芦辺館 一日よりの交代連は常磐津政太夫、岸沢式松、笑福亭枝鶴、桂三木助外定連。

大正7121日 大阪朝日新聞

<伊藤痴遊独演会・永楽館>

◇痴遊独演会 北陽永楽館にては一日夜より十日間、日延なしにて伊藤痴遊独演会を開く。

〈編者註〉一日から十日までの演目は以下の通り。

一日:講和大使としての人物評論、青年時代の西園寺侯、大村益次郎伝。

二日:寺内内閣から原内閣まで、豪商天下の絲平、ウイルヘルナ二世とナポレオン三世。

三日:日本帝国が欧州戦に参加せる常時の内情、稀世の吏才斎藤脩一郎、大隈内閣から寺内内閣に至るまで。

四日:米騒動と仲小路農相、副島種臣と芸者小浜、山本権兵衛の海軍事件。

五日:(不詳)

六日:木戸孝允と女、山本権兵衛と桂太郎。

七、八両日 南地法善寺境内花月亭にて。演目不詳。

九日:大隈重信と山県有朋、星了遭難の前後。

八日:昔の米騒動と田健治郎、富田屋お雄と井上馨、大隈重信と薩長政治家。

大正71213 山陽新報

<米團治一座・岡山大福座>

大福座 東京大阪落語米團次、時三郎一座にて十三日より開演。番組は左の如し。

はなし(米吉)はなし(時之助)落語音曲(文喬)落語盆の曲滑稽踊(紋六)新浮世節(奴)内手踊り(小美津八)東京落語(茶楽)落語手踊(米之助)東京曲芸(時三郎)落語人情噺(米團次)

<編者註>米團冶一座は二十日まで興行。

大正71218日 

<二代目三遊亭円馬死亡>

二代目円馬 001●二代目三遊亭円馬 本名竹沢斧太郎。安政元年生。江戸生まれ。明治十七年、二代目三遊亭円馬を襲名。明治二十四年に大阪へ乗り込み、その後定住した。二代目桂文枝(のち文左衛門)が率いる桂派に所属し、文枝をよく助けたが、三代目文三との折り合いが悪く、一時弟の橘ノ円の円頂派に入って地方巡業に出た。その後桂派に復帰し、文左衛門隠退後の桂派の中心となったが、桂派が寿々女会と改称したとき一派を率いて三友派へ移籍した。大正七年十月、橋本川柳に三代目を譲り、円翁と改名した。三遊亭円朝直伝の「牡丹灯籠」「塩原多助」「安中草三」などの人情噺を演じ、名人の誉れ高く、大真打として大阪人の誇りとなった。また「五人廻し」を得意とし、円馬が高座に上ると客席から「五人廻し」と声がかかった。円頂派で巡業していた時、弟の円が「五人廻し」を演じたあと、その不出来を詫び、円馬がもう一度「五人廻し」をやり直したというエピソードがある。気管支カタルで療養していたが、十八日午前一時三十分に永眠した。葬儀は二十日午後一時、空堀通三丁目の自宅出棺、上本町九丁目紅葉寺にて営まれた。翌年、一周忌法要のとき、三代目円馬と弟の円が発起人となり、円翁の碑が紅葉寺に建立された。

〈参考文献〉『古今東西落語家事典』(平凡社・平成8年)。

大正71219日  

<三代目桂文都死亡>

三代目文都 001●三代目桂文都 本名梅川五兵衛。生年不詳。初め桂派で修業し、のち三友派に属した。その間ずいぶんと名前を変えたが、明治三十六年二月に三代目桂文都を襲名している。その後また改名したが、明治三十八年秋に復帰してからは文都で通した。三代目桂文三、四代目桂文吾と共に三名人と謳われた。大正三年七月十五日より十六日間、法善寺の紅梅亭で開催された「文三・文吾・文都三人会」は評判をよび、場所を京都に移し、八月一日から十五日間、新京極芦辺館でも開催された。三人それぞれが得意の噺を思い存分競ったこの三人会は上方落語史上に残る空前絶後の出来事だった。文都は人情噺や茶屋噺を得意とし、「子別れ」「雁風呂」「三枚起請」「菊江仏壇」「立ち切れ線香」「冬の遊び」等を演じた。なかでも「立ち切れ線香」は絶品で、聴くものみな涙したという。しかし晩年は深酒が祟って中風を患い、高座が勤められなくなった。大正五年十月十五日、春団治、染丸、文団治、円馬、文三らが出席して桂文都引退披露臨時日曜会が紅梅亭で開催された。

大正71219日 九州日報

<三遊亭円遊一座・門司旭座>

旭座(門司) 東京落語三遊亭円遊一行真打連、今十九日午後九時より開演。

大正71222日 大阪朝日新聞

三友派忘年会 浪花三友派にては二十二日より南地紅梅亭及び福島延命館に於て例年の如く忘年温習会を催す。出物は御祝儀落語、音曲手踊、曲芸、新内、立噺上使八景、神代節、立噺でば吉、軽業、落語 連鎖文七元結、不動さん等。

常磐津宝集会 来る二十二日正午より新町瓢亭に於て常磐津宝集家金之助の宝集会を催す。三友派より円子、春団治、三木助、かしく等応援として出演。反対派忘年会 二十一日より七日間南地、北陽の両花月亭にて忘年演芸会を催す。出演者は身体大運動(支那人十名)、振事百種(紋右衛門・紋十郎)、滑稽二人羽織(勝太郎・桃太郎・福円)、娘都々逸、大相撲(力士小円太・円若・文治郎・勝太郎・千橘・其他呼出喬之助・行司円太郎)、-芝居噺(円・枝三郎・枝太郎・五郎・円遊)、滑稽浄瑠璃(円太郎・枝雀)、お好み舞踊(総出)。

大正71227日 神戸又新日報

千代ノ座 元日より左の顔触れ。

圓天坊、圓三郎、正楽、扇蔵、若呂光、呂光、蔵の助、圓枝、登美嬢

大正71227日 九州日報

川丈座 明春初興行として東京落語の人気者三遊亭円遊一行本日乗込み、三十一日花々しき町廻りの上、一月元日より開演の筈也。一座の顔ぶれ左の如くにて、元東京力士絹川團右衛門は「危険術」というを見せる由。

円遊、右円遊、円輔、かほる、楽天、歌之助、探、美代吉、市楽、清遊、絹川團右衛門

大正71228日 神戸又新日報

姫路楽天座、映画館になる>

姫路楽天座 既報改築中の処、愈々日活経営の常設活動写真館に革(あら)ため、二十六日より開演したり。

大正71230日 京城日報

[広告]明治町 電話二六〇番 浪花館/一月元日正六時開演/東京落語研究會幹事金原亭馬生一座/落語(三遊亭遊玉)落語(橘家坊太郎)落語(桂千成)落語音曲(橘家春松)落語音曲手踊(桂花丸)落語歌舞(三遊亭紋六)落語人情噺(三遊亭圓洲)西洋奇術(ジャングラー操老)新作落語元祖盆舞(橘家圓坊)長唄百種三味線曲引(杵屋勘左衛門、杵屋勘三郎)落語(金原亭馬生)

<編者註>129日頃迄興行。


参考資料】

<大阪紅梅亭(三友派)の日曜会>

一月十三日

 番組:馬の田楽(円枝)三味線栗毛(遊三)鬼薊(染丸)芝居噺寿春駒(文団治)伊勢参宮お 杉お玉(松鶴)芝浜(川柳)余興常磐津夕霧伊左衛門吉田屋(式多津、文吉)

〈編者註〉一月十五日付「大阪時事新報」に日曜会の実見記が載る。

「初の日曜会 十三日紅梅亭の昼席 

 明けて初めての落語日曜会が月の十三日の正午から南地は法善寺の紅梅亭で開かれました。

鳥渡覗いた印象少しを記して見ます。南手中段の桟敷には此頃浪花座の所作で招かれて来ている岸沢式佐が新町の連中と共に来ていました。式多津の為めの後援の意味も含まれているのでせう。高座では米紫が「牛誉め」をやつていました。人間に愛嬌のある男です。今のうちにシッカリ身を入れて勉強すればものになりませう。入れ代つて円枝が「馬の田楽」、午年だからとて二三馬に因んだ落語があつてこれもその一つです。「馬の田楽」は気の利いた話です。子供が悪戯をする処と慌てた馬子と二つの山があります。円枝も車輪にやつていましたが、前半は今一と息、子供が又しても大人口調になりました。後半の馬子は上出来でした。次は東京下りの遊三の「三味線栗毛」でした。少し収まりすぎたやうな感じもしますが、シットリとよく聴かせました。此日聴物のうちでは上々吉の部でした。染丸の「鬼薊」はもと〳〵講釈種、例の清吉の生立ちの一節の落語式に直した文吾畑のもの。老巧だけに染丸は可なりにやつてはいましたが、得意の畑のものではありません。文団治の芝居話「春駒」は本筋に入つてよりも冒頭の楽屋の間の方が面白く聴きました。芝居話は此人として中位の事でした。」

二月十七日

番組:春の旅路(枝女太)、船弁慶(米紫)、竈幽霊(桂円枝)、子は鎹(遊三)、高津富(春団治)、茶
 の湯(川柳)、植木屋幸右衛門(松鶴)。

三月十日

番組:次の御用日(松鶴)、唐茄子屋(川柳)。

四月十四日

番組:米団治、色懴悔(川柳)、孝子伝(松鶴)、夢の瀬川(遊三)、蜆売(文団治)、常陸丸(高峰筑
 風)。

六月十六日

 出演者:玉輔、光鶴、円枝、内蔵の助、文団次、染丸、遊三、松鶴、余興鏡味小金・小仙。

九月二十二日(臨時日曜会)

番組:佐々木裁判(文団治)、勧進帳(円子)、猫忠(春団治)、甚五郎(円馬)、悋気の独楽(松鶴)。

十二月八日

番組:旅の賑ひ(春枝)、浮世根問(染八)、四季の茶屋(米紫)、暁の魚釣(円枝)、山崎屋(遊三)、袈裟茶屋(春団治)、寿獅子(丸一仙太郎一行)、鬼薊(染丸)、風の神送り(文団治)、唐茄子屋(円馬)、余興など。

<京都芦辺館(三友派)の日曜会>

一月十三日

番組:瘤弁慶(雀之助)、春風船(枝雁)、唖の魚釣り(正団治)、腰抜賭博(三八)、義士伝の内勝田新左衛門(馬琴)、中入余興阿波の鳴戸巡礼歌(寿獅子一行)、善悪二葉松(夢助)、虱茶屋(菊団治)、和泉屋与兵衛(三木助)

一月二十日

番組:八五郎坊主(扇太郎)、ひねりや(橘松)、蔵丁稚(正団治)、禁酒関所(三八)、夢金(馬琴)、吹替息子(菊団治)、吃の又平(夢助)、立きれ線香(三木助)、大切余興忠臣蔵三段目(寿獅子日の出社中)。

〈編者註〉会費二十銭。

一月二十七日

番組:三十石(円之助)、太公望(正団治)、両国八景(夢助)、中入余興記憶術(菊団治・三八)、義士伝
 三村治良右衛門薪割・落語百年目(三木助)

〈編者註〉会費二十五銭。

二月十日

 番組:御祝儀(蔵造)、篤学者(扇太郎)、出替り(枝雁)、長持娘(正団治)、神田児(夢助)、中入棟木の由来(君子・越春)、猫忠(花橘)、しゞみ売(米団治)

〈編者註〉会費二十銭。

二月二十四日(林家染丸独演会)

番組:前席(扇太郎・染八)、先の仏・鍬形・百年目(染丸)。余興君子、越春の浄瑠璃、座員総出の喜劇。

〈編者註〉会費三十銭。

三月十日

番組:御祝儀東の旅(雀之助)、無学者(円之助)、首売(枝雁)、閑院の宮(小残月)、桜の宮(三八)、名人鏡の内浜野矩随(夢助)、乗合万歳(柳家連)、替り目(鯉かん)、二人書生(蔵之助)、たか奴(文之助)

四月七日

番組:前席(円六・正団治)、加賀騒動織田大炊(貞丈)、鬼の面(円枝)、柳田角之進堪忍袋(貞丈)、余
 興滑稽掛合(稲子・稲八)

五月十九日

番組:小倉舟(円六)、風の神(扇太郎)、虎言修行(正団治)、高尾(枝雁)、義士伝の内勝田新左衛門(小残月)、わさび茶屋(三八)、舞喜撰(小文)、御神酒徳利(馬琴)、性は善(光鶴)、三軒長屋(善馬)

五月二十六日

番組:御祝儀(小南光)、屑買 上(扇太郎)、同 下(枝雁)、袈裟茶屋(歌六)、熊野馬(三八)、粟餅(馬琴)、無書おくる(小文)、遊女幾代(善馬)、新猫(光鶴)

六月九日(七代目桂文治引退披露臨時日曜会)

 番組:落語(三八、かしく、花橘)、舞(小文)、落語(米団治)、引退披露(文治、□□、円子、文之助、文団治)、東京噺(遊三)、落語(染丸、文団治)、大切博多狂言(円子外連中)

九月八日(二百五十回)

番組:児誉め(蔵造)、黄金の大黒(扇太郎)、貝野村(玉輔)、たいこ腹(小枝鶴)、梅若礼三郎(善馬)、余興新内累身売の段(吾妻)、殿集め(内蔵之助)、宿屋の仇討(松鶴)、曲芸(福来)

九月十五日(せんだく会)

番組:御祝儀(小万光)、みかんや(扇太郎)、高砂屋(文太郎)、蔵丁稚(枝雁)、茶瓶ねずり(三八)、中入新口村(吾妻太夫)、唐茄子屋(善馬)、猫忠(円枝)、大切余興幽霊失敗(お染・久松・鶴松)

〈編者註〉落語せんだく会・会費十五銭。

九月二十二日

番組:御祝儀(小万光)、旅の賑(蔵造)、おせつ徳三郎(若団治)、浮世床(鶴蔵)、広瀬幸助(三八)、角兵衛獅々の産(しん橋)、中入神崎与五郎(お染・久松)、欲の熊鷹(光鶴)、宇都宮文屋殺し(善馬)、莨の火(三木助)

十月六日

番組:大津駅(蔵造)、八五郎坊主(枝女太)、調理天狗(玉輔)、八笑人(三八)、船弁慶(米紫)、中入余興あかね染長吉殺し(吾妻・団朝)、吉野花山(花橘)、お粂松五郎(川柳)、市助酒(文団治)

十月十三日(橘家円蔵独演会)

番組:巌流島・品川心中・花見酒・松山鏡(円蔵)、余興(橘家円幸・円若)。

〈編者註〉入場料三十五銭。

十一月十日(第一回落語芦辺会)

番組:旅の賑(小万光)、浮世根問(蔵造)、遊さん船(春枝)、明烏(伯馬)、唖の魚釣(扇太郎)、おな〳〵(歌六)、鍬形(枝雁)、中入余興滑稽掛合(銀坊、金坊)、親子茶屋(枝女太)、のぞき医者(小枝鶴)、鬼あざみ(三八)

十一月二十四日(染丸・文団治二人会)

番組:片袖、鬼あざみ清吉(染丸)、芝居噺綱七、流行性感冒退治(文団治)、大切余興墨付即席娘都々逸
 (一座総出)。

十二月一日(桂三木助独演会)

 番組:長講四席。余興「乗合船」三木助、政太夫の常磐津に式松の舞。

十二月八日(枝鶴改名披露日曜会)

 枝鶴改名披露落語日曜会

 私事此度同好諸氏の御勧めと師の許しを得て二代目笑福亭枝鶴襲名致するに相成、其御挨拶旁々披露会を開催
 仕候間、当日は賑々敷御来場の程偏に奉希上 候 光鶴改め二代目枝鶴

 番組:鳥屋坊主(枝女太)、阿弥陀ケ池(鶴蔵)、ほうそう息子(玉輔)、蔵丁稚(文如)、桃太郎(三八)、しやくり裁判(松鶴)、改名披露挨拶、常磐津忠臣蔵二段目(政太夫・式松)、四天王寺(枝鶴)、雁風呂(三木助)。会費三十銭。

プロフィール

丸屋竹山人

カテゴリー
  • ライブドアブログ