大正8年

上方落語史料集成 大正8年(1919)1月2月

大正811

◇新春の寄席(大阪)

❍三友派 法善寺紅梅亭、新町瓢亭、松島文芸館、福島延命館、御霊あやめ館、東紅梅亭。

文団治、米団治、枝鶴、花橘、曲芸福来、福呂、福幸、円馬、円枝、常磐津政太夫、染丸、春団治、奇術正光、遊三

❍反対派 法善寺花月亭、北陽花月亭、新町末広亭、松島花月亭、松竹座、賑江亭、上本町富貴席、三光館、都座、福島花月亭、船場花月亭、北新地永楽館。

紋右衛門、円太郎、枝太郎、枝雀、円、小文枝、千橘、円遊、馬生、寿獅子一座、小満之助等

❍大八会 天満宮崎亭、千日前三友倶楽部。

◇新春の寄席(京都)

❍芦辺館(三友派) 定連の外新伯知の講談、鴬声の琵琶、一円、太郎坊の掛合話、かしく、歌六、川柳等出演。

❍笑福亭(反対派) 枝太郎、円太郎等一派の落語。大宮泰平館 笑福亭一座の交代連出演。

大正811日 山陽新報

大福座 本一日より左の通り開演

落語(小圓)落語物真似踊り(花圓太)落語踊り(博圓)講談(蘭月)落語ステテコ(圓三)芝居噺音曲踊り(梅團冶)落語音曲(京都助)落語舞踊(歌之助)紙切り手品記憶術(仁助)落語十種(正團冶)切勢獅子かっぽれ(楽屋総出)

<編者註>一座の番組、下記の通り。

16月宮殿龍の都(小圓)天下泰平生人形(枝丸)鰻屋正宗(花圓太)明晩丁稚(菊月)狸の茶釜(博圓)稽古屋(圓三)貧乏花見(京都助)植木屋(梅團治)曲芸西洋運動(満金)花見の仇打(正團治)

111小倉船(小圓)恋の間違い(枝丸)金明竹(花圓太)かじか澤(菊月)天神さん(博圓)四の字嫌い(圓三)掛取萬歳(京都助)舞北州(松朝)三十石(梅團冶)十五題即席噺(満金)鉄砲勇助(正團冶)喜劇大丈夫

大正811日 九州日報

◇[広告]謹賀新年/博多川丈/営業 川丈広告部 川丈座興行部 川丈温泉湯 川丈旅館

川丈座 2川丈広告川丈座











<編者註>川丈:福岡市東中州合名会社川丈。社長は長尾丈七(昭和73月没。享年73歳)。二十六歳の頃に、大工餅屋風呂屋等を営み、その後川端町に湯屋を開業した。後旅館も経営し、明治3710月には寄席「川丈座」を開業した。名前の由来は、自身が生まれ育った川端町の「川」と、丈七の「丈」をとって「川丈座」と命名したという。大の芸能通で、多くの有名な真打落語家は必ずここを訪れた。上掲のイラストはブログ「昭和初期福岡市百景」より拝借した。

大正812日 九州日報

◇川丈座 東京落語三遊亭円遊一行、元日より非常の好評、今回顔揃いにて一段の聞き物也。

大正813日 中国新聞

[広告]/東京大阪落語演芸會 桂米團治 外拾名大一座/毎夜六時はじめ/呉市千日前演芸館

大正817 大阪朝日新聞京都付録

○〃寒〃 づぼら者が益々づぼらになつた落語家の修業 寒詣りが雪で解る六日 小寒に入る

 寒修業だっかいな、アタ阿呆らしい、というては済みまへんが、全く今時そんな殊勝なのはおまへんぜ。お古いところは御免を蒙りまして、と高座その侭の挨拶だすが、往昔はソラ随分声が続くようにとか、話振が上手になるようにとかいうてな、寒い寒中に修業を積んだものだす。朝な〳〵吒枳尼天さんで水垢離を取って、何卒早う前座から三番叟に舞い上りますように、看板が大きうなりますようにと祈った者もあれば、まだ明け切らぬ暁に師匠の家の表格子で下駄箱を叩いて、偖代り合いまして代り栄えも仕りませぬ、相も変わりませず他愛もないところを御機嫌に供しますと、冷たい板敷に座って稽古にかゝりまして、一調子張り上げて「コレ喜イ公」と叫ぶなり「コラツ」と表から怒鳴り付けられ、「何じや」と頓狂声を出しますとな、「困るぢゃないか、朝ツぱらから表口へ狂人何か出して騒がして置いては土蔵へでも閉ぢ籠めて置くがよい」と、それが巡査さんだしたといふ滑稽もおます。

席がはねてからの帰り途にでも、霜を踏みながら何でも寒い風に吹き曝されて「牛褒め」の一トくさりを繰りもって「叔父さん、えらい所に悪い節穴がおまンな、えゝ事教えまへうか、秋葉さんのお札張りなはれ、…」というなり、電信柱に鼻つ柱を叩き付けました上に霜に滑つて打ツ倒れ、ふところ手の身体が暫くは起せなんだことも御座います。

その、稽古の喧しい師匠は、竹山人となった先代松鶴さんだしたな。今の三八、円枝、小文三なんぞ、芦辺館が幾代亭時代の二階に寝起して、寒に入ると毎朝打ち連れて通うたものだす。夜が更けますので、朝の早いのは可なり辛いもんだすが、何も修行のこと、互いに励み合わせて出かけますと、師匠の朝は正午が過ぎますので、藤筵の上で時間を待つて、もうよいという頃に手水の湯を取ります、寝床を上げます、そして短いお土産話も三つ位に切つて教わります。出来上ったところで高座にかけますと、師匠がそれを聞いて一言でも違つていますと、まだ不可ぬというてやり直しだす。

稽古の厳しさはとても今時の温さとは違いましたな。寒い夜に薄い蒲団を引ツ被つて、席の二階に冷たう寝たと思いますと、何処やらバタ〳〵と見台を叩く音がするやおまへんか。ハテ夢かと思ふが夢やない、狐狸の悪戯かと鎌首を抬げて見ますと、今の円枝、その頃の枝之助が高座に毛布を被りながら、誰も居ぬのに一席御機嫌を伺うているやおまへんか。感心な前座やと席亭が賞めますと、もう翌晩から夜中寒稽古の競争だす。随分骨の折れたもンでしたぜ。

後に仁左衛門となつた南光はんも自分が苦労して来やはりました丈に厳しい稽古だした。それであの人は寒中に死にやはりましたが、そのお通夜の晩に門人一同は棺の前で深夜に一席宛話しましたが、カタ〳〵やつてゐますと巡査が入つて来られて、オイ安眠妨害だ何をやつとるのかと叱られ、実はかう〳〵でと申上げて、「静かにしろ」で許されましたやうな始末。

これを考へますと今の前座などは真打連が夜遊びするのや、女に相手になる真似ばかり覚えて、稽古の修業のといふものは薩張りやりまへん。去年も殊勝に寒詣りに行くとて出ましたから、気が付いたか、えらいと思うていましたが、伏見稲荷のお山へ出かけた六人連、席を出るなり降り出した雪が、五條の電車停留場まで行く間に可なり降り積つたと見ますと、件の連中「これではお山廻りは難かしい」と急に足の向きを代へて宮川町へシケ込み、遂に翌朝雪は消えても連中は何処へ溶けたか顔も見せなんだといふ有様。寒まいりがこの不信心だすもの、修行は推して知るべしで御座います。そして言ひ草が「お眷属さんに訛まれた」

大正817日 名古屋新聞

興行案内▲音羽座 落語▲富本 元日より雷門助六一座▲春木座 雷門助六一派

大正817日 九州日報

◇川丈座 東京落語三遊亭円遊一行相変らずの大入りなり。今六日目の番組左の如し。

太鼓腹(右円遊)音曲及眼力術(絹川)親子茶屋(かほる)音曲都々逸(円輔)成田小僧(円遊)

<編者註>円遊一行は20日迄興行。

大正8110 神戸又新日報

◇千代之座 十一日より左の顔ぶれなり 圓天坊、春輔、圓三郎、扇蔵、危険術東洋一郎、大正鉄身斎、女道楽登美嬢、東家小満之助、三木助、常盤津政太夫、岸澤式佐。

大正8110日 名古屋新聞

富本と音羽座 助六一行の落語 本日の出し物は 落語(ぼたん)同(助三)同(寿楽)同(松竹)同(雷蔵)奇術(一旭)義太夫(佳春)手踊(六松)落語(柳窓)をどり(大勢)落語振事(助六)琵琶(筑統)音曲噺(三猿)

大正8111日 大阪朝日新聞

◇浪花三友派は十一日の出番替より従前の一座に常磐津文字花が出演。南地紅梅亭、新町瓢亭、松島文芸館の同派三席に毎夜出演。

大正8114日 神戸又新日報

◇千代之座 圓三郎、春輔、扇蔵、圓天坊、其他の定連に女道楽小満之助、登美嬢、三木助、政太夫、式佐を加入し特に三木助の七福神手踊りが呼びものにて連日満員。

大正8115日 大阪朝日新聞

◇落語大八会 …[原紙破損]…とする大八会は目下落語始め二十五種の演芸を集め、総座員は一百二十五名、市内の寄席松屋町南陽館外十三箇所に連日出勤させる事と…[原紙破損]…。

大正8116日 名古屋新聞

富本席 本日の出番 落語(文馬)昔噺(笑朝)落語(松竹)娘義太夫(住登)落語(寿楽)落語(六松)音曲(助三)手品(富登喜夫)笑話(雷蔵)ハイカラ義太夫(楽太夫)落語(柳窓)音曲(三猿)落語手踊(助六)

大正8118日 神戸又新日報

<桂三木助独演会・神戸千代ノ座>

◇千代之座 十九日正午より三木助独演会開催、番組は左の如し。

人形買、三村次郎兵衛、名人昆観、常盤津松島所作事(三木助)吉原雀(小満之助)

大正8121日 大阪朝日新聞

◇三友派の文字花 同派に出演中の常磐津文字花は二十一日の同派の出番替より南地紅梅亭、新町瓢亭、福島延命館の三席に出演す。語り物は左の如し。

(二十一日)大盛彦七(二十二日)梅川忠兵衛新口村(二十三日)山姥(二十四日)福島屋(二十五日)忠臣蔵二段目

大正8年1月27日 北国毎日新聞

◇圓窓来る 東京落語界の新進の名ある橘屋圓窓一行は近く當一九席へ乗込み二月一日頃より花々しく開場の筈なるが、一座中には舞踊界の人気者源一馬も加わりつつあると。尚圓窓は落語研究会においても最近非常の人気を博しつつある上當地へは初お目見なれば旁旁(かたがた)同好者の期待に値すべしと。

大正8127日 九州日報

<博多周辺の演芸場>

◇演芸界 △九州劇場 松旭斎天勝一行 ◇川丈座 ダイヤモンド雪子一座初日以来好評続きなるが、今六日目の主なる語り物左の如し。探偵実話(常波)落語松竹梅(宝槌)大石東下り並都々逸磯節(雪子) △寿座 電気館 世界館 活動写真 △常盤座(小倉) 喜劇曽我廼家五童開館 △迎陽館(小倉) 活動写真 △喜楽館(小倉) 活動写真 △小倉倶楽部 改築の為休館

大正8131日 大阪毎日新聞

◇北陽永楽館 二月一日より東京有楽座風の高等演芸場となし毎月名人会式の演芸会にて開演すべく、一日夜よりは東京より錦心流琵琶の田村稲水、声色歌舞伎会の幹部井上兼夫、音羽家小喜久、成駒家栄三郎、人情噺の柳亭左楽、音曲噺の悟楽斎三猿来阪し、旭堂南陵等と共に出演。

大正8131日 大阪朝日新聞

◇浪花三友派は一日より各組合席にて従前の一座に東京より長唄弦曲、ヴアイオリン合奏の杵屋勘三郎、同勘右衛門、尺八小金井庫の助、杵屋花弥、音曲春の家駒の助、杵屋花弥、音曲春の家駒の助、橘一円、桂太郎防、琵琶高峰筑統、奇術大正鉄身斎、東洋一郎。

〈編者註〉『藝能懇話』五号(平成四年)に二月一日よりの松島文芸館の出番順(下図)が載る。

8年 003

大正8131日 神戸又新日報

◇千代之座 二月興行の顔ぶれは左の如し。

圓天坊、春輔、圓三郎、正楽、扇蔵、若呂光、呂光、登美嬢、三木助、文團冶

大正821日 大阪朝日新聞

◇落語反対派 一日より南地、松島の両花月亭と生玉御旅所の松竹座には従前の一座に東京より柳亭左楽、田村稲水、歌舞伎会の一派が出演する。

大正821 大阪朝日新聞京都付録

◇芦辺館 一日より左記交代連出演。

東京女流家元常磐津文字花、奇術ジヤグラー光一一行、林家染丸外定連、大切余興浪花三友派独有話劇。

大正821日 名古屋新聞

音羽座 本日より交代連として大阪より橘家橘太郎を招き東京よりは新講談松林松風、及び昇天斎一旭の千里眼並に催眠術という目先の変りたるところ大喜利には助六一派の落語劇本日の番組は 落語(文馬、文吉、松竹、助三、柳窓、寿楽)義太夫(楽太夫)落語(助六)講談(松風)落語(橘太郎)人情噺し(雷蔵)

大正821日 九州日報

◇川丈座 東京落語界の人気者春風亭小柳枝一行睦会は、昨日東京より直行乗込み、本日より開演の由にて、初日の番組は左の如し。

無筆(枝女好)寿限無(桃枝)代脈(さん枝)義太夫息子(小柳三)曲芸(マストン)音曲噺(柳)百川(柳橋)新内明烏及浮世節(和佐之助、遊之助)物まね(柳丸)好晒(小柳枝)

<編者註>小柳枝一行は10日迄。

大正824日 大阪毎日新聞

<柳亭左楽、田村稲水二人会・南地花月亭>

◇演芸二人会 四日正午より南地法善寺花月亭にて柳亭左楽、田村稲水二人会を開催。余興として東京声色歌舞伎会連中出演、落語宮戸川、人情噺名ある人(左楽)、琵琶常陸丸、鉢の木(稲水)、新派「女の生命」中座総出、旧派「勧進帳」浪花座総出(声色掛合歌舞伎会連中)。

大正878日 京城日報

[広告]御待兼ねの浪花三友派落語一行 諸芸大會 余興種々 當七月七日より/浪花館

[広告]明治町 電話二六〇番 浪花館/納涼興行諸芸大會/當る七月七日より開演/落語(笑福亭笑太郎)軽口笑話(社中)落語音曲(橘家橘六)筑前琵琶(富尾旭風嬢)落語音曲(笑福亭笑三)浪花節(橘錦平)落語手踊(桂春松)娘義太夫(豊竹喬之助)相撲甚句危険術(絹川團右衛門)落語歌舞(桂枝三郎)余興茶番(楽屋連中)

大正829日 大阪朝日新聞

<柳亭左楽独演会・南地花月亭>

◇左楽独演会 九日正午より南地花月亭に於て開演「ずつこけ」「凱旋」「桜痴居士の情話」など。

大正8211 台湾日日新報

朝日座 既報の如…[原紙破損]…カド一座の奇術を開演する事隣たるが一座の奇術は全然欧風を採用し学理を加味し科学応用頗る斬新なるものあり嘗て伏見宮邸に於て天覧を賜はりし光栄を得たる一座にて殊に一行中には音曲の名人と推賞さるゝ英人ジヨンベル、滑稽家として名を得し東洋チヤツプリン自転車曲乗の名手神谷雷外等もあり…

<編者註>この一座は、奇術師天長斎ミカドが座長で、ジョンベール、東洋チャップリン、自転車曲乗りの神谷雷外などの一座。

大正825日 北国毎日新聞

<三遊亭圓窓(五代目圓生)一座・金沢一九席>

◇一九席 圓窓一座の東京落語

昔話(小金)落語(咲蔵)落語と盆の曲(勝若)娘義太夫(末龍)少年音曲(金時)笑話手踊(小圓蔵)滑稽噺(燕花)剣舞と踊り(一馬)落語(圓窓)掛合手踊(小圓蔵、一馬)

大正8214日 大阪朝日新聞

◇落語反対派は十五日の出番替りより従前の東京連は居残り、其上に講談神田伯山が来阪して南地法善寺及び松島の各花月亭と北陽永楽館の三席に出勤する。

大正8215日 大阪朝日新聞

<左楽、伯山二人会・南地花月亭>

◇左楽、伯山二人会 十五日正午より南地法善寺花月亭にて柳亭左楽と神田伯山の二人会を開く。

番組は小猿七之助(伯山)、間抜男と子別れ三席の人情噺(左楽)。

〈編者註〉二十三日(南地花月亭正午より)にも行なわれ、左楽は夢の瀬川、伯山は夕立勘五郎を演じている。

大正8215日 名古屋新聞

音羽座小南一座[広告]大福引特別興行/此度御客様の御勤めに依り出演者一同結束し古に因み新しく一派を樹て金柳派と命名し、記念興行として御客様へ洩れなく大福品を差上升/品目 勧業債券、時計、毛布、布團、反物、其他沢山/助六一座外に交替連出演/本日より一週間/定席音羽座 電話一八五七番

音羽座 助六一派は今回金柳派と命名して十五日より特別記念興行として大福引を行い入場者に勧業債券時計を始め毛布等の景品を呈すと本日の番組は、落語(枝六)手踊(助三)落語(六松)落語(寿楽)同(雷蔵)同(柳窓)落語振事(橘太郎)改良義太夫(楽太夫)をどり(社中)奇術(一旭)新講談(松風)笑話(松竹)義太夫(住登)振事落語(助六)

大正8216日 大阪毎日新聞

<神田伯山独演会・南地花月亭>

◇伯山独演会 十六日正午より南地法善寺花月亭にて侠客もの三席長講の外左の如し。

 乃木将軍(神田伯英)稲間常五郎三席、伊達政宗一席(神田伯山)。

大正8223 大阪朝日新聞京都付録

◇伏見常盤舘 二十日より三友派落語遊三、新造、川柳の一行にて、大切余興「二人羽織」。

大正8224 大阪朝日新聞京都付録

○「当世商売往来」 茶気満にも商策 冒頭に振りかける自家広告 本文抜の余興で胡麻化す落語家  

浮世三分五厘の茶にして暮す他愛もない業体の呆気者にもまた世間並の慾もあれば商売柄の懸引もあるが可笑し。喜劇修行の曽我廼家の車夫が大金拐帯の実演を見せたのもそれなれば、幇間が時間消しの花合戦に引つ立てられたるも七分の慾が手伝うたる春の夜の興ぞかし。

安い蒲鉾同様小さい身を板の上に一世乗せて一本の扇子を唯これ身上に、お話は他愛もないお陽気なのが結構でげすと客のいふこと自分が述べて、相も変らずお古いところをと昔ながらに些の進歩も改良の跡も見せぬ落語家にもこれまた時勢に合はす調子もあれば自家広告に費す苦心もある‥‥エー「子別れ」の御注文でげすか‥‥と切り出す啖呵も江戸前の歯切至極粋に聞ゆれども、実のところ東の都を喰詰めて上方落の世渡り師匠の膝下から遠く離れた気楽さに、誰に頼んで許されたか勝手に名乗る「何代目」を肩書の大名題、素性知れては狭い肩身を真打の大看板に眩ませて‥‥子は三界の首桎梏と申しまするが、また子宝とも申します、斯くばかり偽り多き世の中に子の可愛さは真実なりけりで、子供程可愛いものはありやせん‥‥とこれが何処を押してか不孝者の口より出るから真実以て滑稽である‥‥子別れは誠によくこのお子達に対する人情を現はしたお噂で、此間も手前懸命にやつて居りますと、高座の直ぐ前でげした、若い御夫婦連の奥さんは手巾で、旦那さんは風呂敷でポロリ〳〵と湧き出す涙を御夫婦互み交りに拭うていられるのに、やつている手前が可笑しくて困つたことがありやす。

それよりまだ驚いたのは北海道巡業の際でげしたナ。席亭の主人が先妻を追ひ出して若い後妻を引き入れていましたが、先妻には子供がある為未練が去らず、毎夜のやうに木戸を払つた客となつて席を通うてまいります。そのある夜のこと、手前得意の子別れを一席御機嫌に供しましたが、話の進むに従うて二階ではその先妻が声をあげて泣きやす、階下ではその亭主が眼に手を当てるといふ騒ぎ。遂にその夜の内に後妻は追ひ出され、先妻が元の鞘に納まつた事実談が後妻(ござ)います。全く落語の徳でげすな。

座偖「子別れ」の本文に入るのでげが、何うやらお後の用意が出来ました様子。お話はこれ迄に致し何か余興に立上りまして‥‥と広告の冒頭にお茶を濁して、落語家と称しながら肝心の本文に入らず、洒落にもならぬ踊りの一手に低級な客の相手を強要し、自ら落語の真価を堕落させても、前受けばかりを気にするを、これをこれ落語家の「当世商売気質」とはいふ。

大正8224日 京城日報

<桂枝三郎(四代目文枝)一座・朝鮮浪花館>大正8年224

[広告]お待兼の大阪落語の形桂枝三郎 女義太夫大立物豊竹東昇/愈々今晩より演出仕候/浪花館

<編者註>豊竹東昇は、枝三郎の妻。枝三郎は、15日の広告に載っているが、実際は24日より出演。

大正8227日 大阪毎日新聞

<神田伯英独演会・平野町花月亭>

◇伯美(ママ)独演会 二十六日午後六時より平野町花月亭にて開会、補助として神田伯山出演。野狐三次、左甚五郎、吃の又平、柳橋情話桜家梅吉(伯美)、侠客清水の次良長(伯山)

大正8227日 神戸又新日報

◇千代之座 特別興行として来月一日より左の顔ぶれ。

圓天坊、春輔、圓三郎、扇蔵、正楽、登美嬢、春の家駒之助、三木助、圓、馬生

上方落語史料集成 大正8年(1919)3月4月

大正831日 大阪毎日新聞

◇浪花三友派 一日より各組合の重なる席に従前落語一座に東京より三桝家小勝、三遊亭円子、奇術ジヤグラ光一、長唄杵屋勘三郎、勘左衛門。

◇東京有名会 三月一日より錦心流琵琶宗家永田錦心、通俗講談の伊藤痴遊、人情噺の春風亭柳朝、並に余興としてハイカラ義太夫住友楽太夫、江戸生粋茶番湊家小亀一行数名東京より来阪して北陽永楽館を本陣とし南地、松島両花月亭に出演すべし。

〈編者註〉伊藤痴遊は三月中に南地花月亭、永楽館で数日独演会を開催している(詳細省略)。

大正832日 大阪朝日新聞

◇琵琶春季大会 二日正午より北陽花月亭にて永田錦心ら出演。

大正832日 名古屋新聞

富本席 本日より三遊亭門左衛門外二三名を新加入す、本日の番組左の如し 明石巡り(六松)あんま小僧(助三)狸のけさ(松竹)西洋奇術(登喜夫)たぎやう(寿楽)野晒(朝之助)付馬(柳雨)ハイカラ義太夫(楽太夫)子別れ(雷蔵)星野屋(門左衛門)新講談(松風)初天神(柳窓)

音羽座 金柳派中京落語助六一派にて本日の出し物は 新講談(松風)落語(柳窓)落語(寿楽)落語振事(助六)

大正834 台湾日日新報

<春風亭枝太郎一座・台湾栄座>

睦派落語来る 予て噂さの東京落語睦派連一行は愈々本日入港信濃丸にて十余名渡台の筈なるが一行は柳家枝太郎を始め丸一政二郎同とし松、歌沢寅栄病気の為め同人の代り清元小やな加はり、春風亭柳好、堀井家小花、春風亭年枝外二名にて近日中栄座にて開演の筈なるが真打枝太郎は故左楽の息子分となり元うさぎと云ひたるもの落語、音曲、手踊等何れにも達者にて大人気者、又た丸一政二郎は例の鏡味仙太郎の派にてこれも人気者にて清元小やなは既に定評あるもの、其他一行中なかなかの腕利揃ひの由なれば見巧者の歓迎を受くる事なるべし

<編者註>一座は、35より開演。

大正835 京都日出新聞

◇琵琶落語合同会 高島旭森会主催となり四日夜岡崎公会堂に於て筑前琵琶落語合同を開き高島旭森氏及旭正、旭洋並に立川銀丸等の落語家出席すと。

大正836日 大阪朝日新聞

◇錦心と痴遊 北陽永楽館にて開演中有名会の出演者永田錦心と伊藤痴遊は五日夜より各得意のものを両人とも選んで連夜出す事とせり。

大正839日 神戸又新日報

<橘ノ圓独演会・神戸千代ノ座>

◇千代之座 九日正午より圓独演会にて開演、余興に碁盤手踊、常盤津山姥を出すと。

<編者中>番組は下記の通り。(39 神戸又新日報)

東の旅(染五郎)鳥屋引導(圓天坊)文七元結(圓)仁宇(圓)三味線栗毛(圓)常盤津山姥

大正8310 大阪朝日新聞京都付録

◇大津大黒座 十一日より三友派円枝、文之助連中の落語開演。

大正8312日 大阪朝日新聞

◇三友派 南地紅梅亭始め組合各席に十一日より東京新講談大島伯鶴が出演、及び好評の三桝家小勝も引続き出演す。

大正8312日 山陽新報

<春風亭小柳枝一座・岡山大福座>

◇大福座 東京若手落語春風亭小柳枝一行今晩の出し物は 無筆(枝女好)問答(桃枝)一分茶番(さん枝)初天神丼に音曲(小柳三)曲芸ウンドヂ(マストン)羽□□手踊り(柳橋)音曲(柳)物真似一人芝居(柳丸)明烏道行浮世節(和の助・遊の助)松竹梅(小柳枝)大切掛取はなし

大正8312日 九州日報

◇柳亭左楽 東京落語界の重鎮柳亭左楽は、雀家翫之助、日本太郎、翁家馬之助、柳亭右楽、都家歌六、柳家政次郎外五名と共に大一座を組織し、今十二日東京出発。博多川丈座に乗込み、来る十四、五日頃初日にて、花々しく開演する由。

大正8315日 大阪毎日新聞

◇三桝家会 十四、十五両日南地花月亭、十六日北新地花月亭にて午前十一時より三桝家紋右衛門一家の演芸会あり、同門弟悉く出演す。其主なる番組は 落語鳥屋坊主(紋二郎)、地獄めぐり(紋之助)、いかけや(紋兵衛)、片袖(紋右衛門)、浮世節曲弾(紋十郎)、舞清元北州(紋右衛門)、浮世節曲弾(紋十郎)、舞清元北州(紋右衛門)、曲独楽(桝三)、紅かん吹寄せ(紋右衛門・紋十郎)、補助清元新曲助六(喬之助)

大正8315 大阪朝日新聞京都付録

◇笑福亭 十五日正午より伊藤痴遊独演会あり。演題は「朝鮮事件総捲り」「原内閣と普通選挙」「国民党と六人組の裏面」「清川八郎の最後」

大正8315日 九州日報

◇川丈座 東京落語左楽一行、愈々今晩より開演。番組は左の如し。

弥次郎(笑楽)替り目音曲(左鶴)錦の袈裟(楓枝)女郎の文(右楽)浮世床並に音曲(歌六)稽古屋並に踊り(翫之助)明烏(馬之助)百人芸(太郎)大神楽(政次郎、とし松)色と欲(左楽)

<編者註>馬之助(後の八代目桂文楽)の番組は、16日野ざらし、17日因果塚、18日火事息子、20日玉子の幇間、21日八九升

大正8316 神戸又新日報

<圓、馬生、三木助三人会・神戸千代ノ座>

◇千代之座 十六日三人会を開く。

一休湊川問答(圓)淀五郎(三木助)お経身売(馬生)所作事(三木助)

大正8318日 大阪朝日新聞

<桂米紫、桂塩鯛と改名する>

◇改名披露会 米紫改め桂塩鯛の披露会十七日夜瓢亭にて。

8年 001

〈編者註〉三月十六日、紅梅亭で桂塩鯛襲名披露臨時日曜会が行われている(<紅梅亭(三友派)の日曜会>の欄参照)。また京都は五月十一日に芦辺館で披露会が行われた。『藝能懇話』五号(平成四年)に襲名披露会の摺物(上図)が載る。「またひと枝よき枝ふりや梅の花」(文団治)、「冬の梅咲くや香のあたゝまり」(米紫改塩鯛)、「美しく交る中や冬つばき」(桂米団治・林家染丸・桂春団治)らの句が添えられている。

大正8319日 名古屋新聞

演芸界▲音羽座 彼岸興行として、助六一派の落語劇を開演し一同大車輪なれば大入満員なる可く、第一「浮ぶ瀬」第二「茶の湯」第三「しいちゃん」第四「景清」第五「橋弁慶」第六「三軒長屋」第七「文七元結」▲富本席 本日より大阪女義太夫大関竹本末虎一座にて花々しく開演

大正8320 大阪朝日新聞京都付録

◇笑福亭 二十一日よりの交代連は初お目見得の春風亭柳朝の外左の如し。

 枝太郎、張少春、小円太、勝太郎、直造、古堂、琴月、文雀、半玉、花団治、団司、星花、金之助

大正8322 大阪朝日新聞京都付録

◇笑福亭 二十三日正午より伊藤痴遊の独演会あり。演題は「講和大使の性質」「憲法発布二十年」

大正8324 大阪朝日新聞京都付録

◇伏見常盤館 二十一日より桂文団治一行の落語開演。

大正8330 京都日出新聞

◇芦辺倶楽部 三十日(日曜)正午より中央乃木会京都委員部後援寄付大演芸会を開催。三八、小ぼん、文之助、かしく、内蔵之助、枝鶴、文団治、ジヤグラー、残月常連の外特に乃木会講師西岡小羊氏出席講演すと。会費五十銭の由。

大正8330日 名古屋新聞

富本席 四月一日より金柳派にて出し物は 磯あわび(寿楽)西洋奇術(登喜夫)桃太郎(助三)一分茶番(朝之助)のざらし(美都)味噌蔵(六松)忠臣蔵(松竹)講談(松風)

大正8331日 九州日報

◇川丈座 東京落語三遊亭円遊一行のお名残興行として開演。

大正841

◇浪華落語反対派出番順 南地花月亭

大正8年 002

春めいて長閑な頃となりました。毎夜〳〵打続て大入満員も御贔負の余光と篤く御礼申します。偖此たびは東京表より交代連としてお目先の変りしもの多数を迎へ従来の幹部連と共に互ひに鎬を削る烈しき懸命の舞台振りを春宵一刻千金の頃より相はじめ申します。

出番順:お馴染の熱田名物寿獅子社中、久方ぶりの出演東京人情噺土橋亭りう馬、錦心流薩摩琵琶初の御目見得榎本芝水、初の御目見得上調子岸沢豊蔵・三味線岸沢九蔵・常磐津駒太夫・常磐津染太夫、東京講談界の権威、初の出演神田伯龍、初の御目もじ江戸名物神代里神楽一行数名、外従前通り幹部全員出演

浪華落語反対派 南地花月亭 電話南四三八・四一一九番 吉本興行部

〈編者註〉『藝能懇話』十八号(平成19年)より転載。

大正841日 大阪朝日新聞

◇浪花三友派は一日より南地紅梅亭、新町瓢亭、其他組合各席に従前の幹部一座の上に左の演芸者を差加へる事とせり。

 清元喜志太夫、同芳寿太夫、三味線同志喜佐、同喜三代の外、琵琶高峰筑統、長唄杵屋勘 三郎、同勘左衛門は引続き出演。久々の出演者は桂三木助、三遊亭円馬。

大正841日 大阪毎日新聞

<永楽館、花月倶楽部と改称する>

◇永楽館改称 北新地永楽館は愈々内部の修繕落成せしを機とし名称を花月倶楽部と改め四月一日より披露興行を開演。その顔触は、人情噺(土橋亭竜馬)、講談(神田伯竜)、錦心流琵琶(榎本走水)、舞踊(西川古位吉)、常磐津(駒太夫其他)、余興(東京及び熱田神楽社中)。

大正841日 九州日報

◇川丈座 東京落語三遊亭円遊一行の九州お名残興行は入場料大勉強を以て、愈々本日より開演の筈にて、今初日の番組左の如し。

熊の皮(清遊)四の字嫌い、弥次郎(遊太郎)小噺音曲手踊(小柳)廓ぞめき(三輔)日高川付名古屋甚句(美根由、美根松)源平穴さがし(右円遊)寄合酒(かほる)音曲浮世節(円輔)素人車(円遊)大切楽屋総掛け合

大正843日 大阪毎日新聞

◇文芸展覧会 三越呉服店では四月一日から柳桜をこきまぜて、浪華文芸展覧会なるものを催している。見返り柳の新町大門に見立てた入口を這入ると、花見幕を引廻らしたお夏、高麗橋の片櫓を背景に、越後屋の昔を偲ばせて他所行連れのお染久松、蜆川沿ひの離座敷に人待顔の小春、病上りの夕霧、はては樽屋おせんの情事から、淀君、業平、王仁の故事までありとあらゆる浪華の物語を風俗人形で大に郷土趣味を発揮させる一方、大阪の数奇者連秘蔵の近松、西鶴、義太夫、鐘成、耳鳥斎、秋成等の文芸資料を参考品として陳列している。それから会期中は米団治、染丸、円枝などが三十石や住吉駕、野崎参りとガタ〵〳見台を叩きながら得意の純上方落語をお耳に達する筈になつている。

大正843日 名古屋新聞

音羽座 東京落語合併金柳派一座本日の出し物 御祝儀(文馬)西行(雨柳)青織(助三)雨守弁当箱(寿楽)金の大黒(雷蔵)付馬(朝之助)裏むき(美都)市兵衛(松竹)なめる金(六松)長命(松風)星野屋(助六)

富本席 かるわざ(文馬)東の旅(助三)七度狐(雷蔵)百人坊主(雨柳)播州名所(松竹)明石巡り(六松)三十石(助六)紙屑屋(美都)野晒(朝之助)講談(松風)

大正847日 九州日報

◇川丈座 東京落語柳亭左楽一座お名残り興行、今五日間の番組は、曽我兄弟(左楽、都六)百人芸(次郎)野ざらし(馬の助)音曲(翫の助)八代目(左楽)

大正8413日 大阪朝日新聞

<伯龍、駒太夫二人会・南地花月亭>

◇十三日正午十二時より南地法善寺花月亭にて講談神田伯竜、常磐津駒太夫の二人会あり。

其の番組は式三番叟、釣女、戻り橋(駒太夫)、越之海勇蔵、小猿七之助(伯竜)。

大正8413日 山陽新報

<柳亭左楽一座・岡山大福座>

柳亭左楽 東京落語睦会の幹部柳亭左楽は若手真打連数名を加え愈々十四日より大福座に於て開演すべく初日の色寄せ順序左の如し 初天神(楓枝)近江八景(右楽)掛取萬歳(歌六)野晒し(馬の助)浮れ三番(翫の助)太神楽(政太郎・とし松)珍芸並に独劇(太郎)子別れ(左楽)大切芸づくし(楽屋総出)

<編者註>馬の助(八代目文楽)、16日の番組は「王子の太鼓」

大正8417日 名古屋新聞

富本席 本日の番組左の如し 絵葉書屋(助三)萬金丹(六松)大久保(松竹)小便徳利(雨柳)小野小町(雷蔵)鰍ケ澤(朝之助)碁どろ(美都)講談(松風)権兵衛狸(助六)ずいこけ(寿楽)

音羽座 連日大入満員の金柳派助六一派の落語本日の番組左の如し 落語(南楽、美都)落語音曲(朝之助)落語ものまね(助三)落語(雷蔵、寿楽)落語振事(雨柳)笑話(松竹)落語をどり(六松)落語振事(助六)

大正8418 大阪朝日新聞京都付録・京都日出新聞

◇落語家の運動会 浪華落語反対派の太夫元岡田政太郎発起となり二十日記念動物園に京阪間にある同派落語家の春季大運動会を催す由。当日大阪にある会員は京阪電車にて午前九時四十分四条停車場に着し、新京極の同派新築席富貴に足揃ひの上京都の会員と合同し、運動会場に向ひ模擬店を開き種々の競技を為し、記念撮影のうえ随時解散の筈なりと。(京都付録)

◇珍奇妙な反対派運動会 浪花落語反対派にては恒例とあつて、来る二十日岡崎公園京都市記念動物園に於て春季大運動会を催し、左の通り珍奇妙な競技を行ふ由。

 色くらべ(五色旗取)、弥次喜多(二人三脚)、御出席(提灯競争)、満員中見(盲目追旗取)、好人気(鰻握り)、お半長(追走)、出番割(鴨追)、大当り(杓子掬)、水場多忙(盆掬)、楽屋入(提灯)、掛持(障害物)、大入(旗取)。(京都日出)

大正8419日 大阪朝日新聞

<三遊亭円右来阪、反対派の席に出る>

◇円右来る 二十日より南地花月亭及び北の新地花月倶楽部は従前の伯竜、黒う馬、常磐津駒太夫外数名一座に十日間三遊亭円右出勤し、松島花月亭も二十一日より開演。

大正8420 京都日出新聞

◇手荒い落語家 出方を斬る =大連の大山席で 十五日夕方大連市内寄席大山席に於て落語家坊太郎が同席使用支那人毛鳳明を殺害せんとした珍事あり。

〈編者註〉坊太郎事六鹿市司が酒に酔って毛に斬りつけたのを同僚の円松がとめに入り軽症ですんだが、坊太郎は逮捕されたという話。

大正8421日 九州日報

◇川丈座 三友派落語三遊亭円子一行、久しぶりにて前人気頗る盛んなり。一行は今晩より向う一週間開演の筈にて、初日の番組は左の如くなるが、大切に長唄出囃子の「勧進帳」を出す由。

替り目(歌六)浮世床(小文三)稽古屋(かしく)源平の穴(川柳)芝居風呂(円子)長唄鶴亀(妻奴)

大正8422日 九州日報

◇川丈座 三友派落語三遊亭円子昨日初日より好評あり。今二日目の番組左の如し。

音曲ばなし(歌六)紙屑屋(かしく)湯屋番(川柳)長唄筑摩川(妻奴)引越し(小文三)お見立(円子)切所作事羽衣の松(総出)

<編者註>圓子一座の番組は、下記の通り。

423日:音曲ばなし(歌六)掛萬(かしく)夢金(川柳)問答(小文三)五光(円子)切落語喜劇(総出)

424日:音曲(歌六)立切れ(かしく)小言幸兵衛(川柳)親子茶屋(小文三)西行(圓子)

425日:子ほめ(とん馬)たらちめ手踊(都枝)昆布巻芝居(文如)五月幟音曲(歌六)改良ぜんざい手踊(かしく)夢金(川柳)馬の田楽(小文三)鰍ケ沢長唄(円子)浮世節(妻奴)大切所作事三保松原羽衣天女舞(総出)

426日:二階ぞめき音曲(歌六)ドクトル手踊(かしく)義理女房(川柳)眼鏡屋盗人(小文三)七段目(圓子)長唄浮世節(妻奴)切所作事天女舞

大正8427日 大阪朝日新聞

<三遊亭円右独演会・南地花月亭>

◇円右独演会 二十六、二十七両日南地花月亭席にて正午より円右の独演会を開催。

上方落語史料集成 大正8年(1919)5月6月

大正851 神戸又新日報

◇千代之座 本日より左の一行にて開演。

圓天坊、春輔、正楽、扇三、若呂光、呂光、登美嬢、馬生、残月、遊三、余興少女オペラ團歌劇俄

大正851日 九州日報

◇川丈座 安来節家元渡辺お糸一行の演芸会は、今一日より向う五日間開演の由、重なる番組は、浪花節(京山愛吉)落語(三遊亭円光)安来節(森広保)手踊(花の家玉子、かよ子)腹上の芸(伊藤清)安来節及鰌すくい(花の家小糸、お品、渡辺お糸、富田徳之助)

<編者註>安来節一行は5日迄

大正852日 大阪毎日新聞

◇神田伯山 神田芦山、音曲噺翁家翫之助、大隈柳丈、かつぽれ梅坊主一行、出雲より本場の男鰌掬ひ数名来阪、一日より北新地花月倶楽部、南地、松島両花月亭に出演、伯山は花月倶楽部に限り毎夜得意の「野狐三次」を口演すべしと。

大正852日 大阪毎日新聞

<吉本興行部、松島・堀江両広沢館を買収し、浪花節の興行に乗り出す>

◇広沢館 吉本興行部にては今回松島、堀江両広沢館を買収し内外の構造を改め一日より吉田一若、岡本鶴治其他浪界若手揃ひにて開演の筈。

大正853日 大阪朝日新聞

◇落語三友派交代連 各席交代連は一日より潮来風流あやめ踊(中村家芸妓連)、鶴崎流新派琵琶(村上桂州)、落語手踊盆の曲(橘家円坊)、東京落語手踊(橘円)。

大正854日 大阪朝日新聞

<三遊亭円遊独演会・南地花月亭>

◇円遊独演会 四日正午十二時より南地花月亭にて開演、野ざらし、三人片輪、文七元結、札所の霊験、余興常磐津乗合船(円遊)。

大正856日 名古屋新聞

音羽座 金柳派助六一派の外に東京交替連中として柳亭左鶴、曲芸マストン等外二三名差加えて大盛況

富本席 色気まくら並に手踊(六松)掛取萬歳(雨柳)素人車(雷蔵)こびかめ並に手踊(朝之助)疝気の虫並に音曲(美都)山岡角兵衛並に振事(助六)新講談(松風)曲芸(マストン)

大正856日 九州日報

<古今亭今輔一座・博多川丈座>

◇川丈座 昨秋来東京落語事務所と提携し、毎月一流落語家を聘し来りしが、本年上半期最後の興行として、今六日より睦会の古今亭今輔一座を聘して開演。初日の番組左の如し。

三十石(今咲)大皿の曲(今之助)道灌(今朝)花見の仇討(寿輔)芝居風呂(今之助)苦学生(秋月)小言幸兵衛(円七)御坐奉る(玉輔)西洋手品(ピリケン)囃子長屋(今輔)

<編者註>今輔一行は15日迄

大正858日 山陽新報

<三遊亭圓遊一座・岡山大福座>

大福座 三遊亭圓遊一行初日の番組は 浪花落語舞子踊り(桂之輔)五本扇の曲(三遊亭圓雀)落語(三遊亭清遊)源兵衛、名古屋甚句(女連岡本美根松・岡本美根由)落語手踊(三遊亭圓輔)笑話手踊り(桂市馬)音曲手踊り(春風亭小柳嬢)昔噺手踊り(三遊亭遊太郎)人情笑話滑稽手踊り(三遊亭右圓遊)滑稽落語(三遊亭圓遊)大切諸芸いろいろ

大正859 京都日出新聞

◇四十年記念の催し物 愈九日に挙行の運動会と変装競争 市内巡回マラソン競争と芦辺館社中の変装競争 各商店等より寄贈の商品山の如し

(前略)変装競争 愈午後新京極芦辺館出勤の各落語家にて演ぜられ、其競争に出勤するは何れも落語界一流の人気者を網羅したるもので、其顔触れは右写真(下図)の三人を中心に鶴蔵、亀蔵、桂州、玉団次、枝雁、枝女太、扇太郎、若橘、文之助等は斬新にして奇抜なる趣向を凝らして観覧者の炯眼を免れんとします。

8年 006

 多数出場 其他一座の連中は全部出勤応援すべく、爾(そ)こで諸君は前記変装者の中染丸、三八、塩鯛の三人の中を捕へて審判所へ連行されたる第一着より順次三等迄本社より景品を贈呈するものにて  鶴蔵、亀蔵、桂州、玉団次、枝雁、枝女太、扇太郎、若橘、文之助等の応援変装者を捕え来られても之れは受賞の圏内には入りませんが、特に此人々を捕え来れれたる諸君には本社の手拭一筋宛に芦辺館の招待券一葉を添えて贈呈します。

  捉えた人 正変装者三名の中を捕えられた諸君には本社賞品の外高島屋、大丸、南座等より寄贈の副賞品沢山取添えて贈呈する事になつて居ます。変装競争の時間は九日午後二時より三時迄の間と規定し、場所は円山公園全体(双林寺公園前を含む)にて、審判所は夜桜に南手平助茶屋に設けてあります。正変装者は何れもお馴染の人気者のみなるが、念の為め写真を掲出して置きましたから精々入念に御見極めなさるべく、是れは実に本社が記念祝賀に当つて読者諸君と共に悦びを共にせんとする唯一の大運動会であると信じます。(後略)

大正8510日 大阪朝日新聞

◇長唄富士田りうの出演 浪花三友派落語南地紅梅亭其他組合席に十一日より東京長唄女流の家元富士田音蔵の妹柳糸会のりう子一行は数名を引連れ連夜出演する。

〈編者註〉『藝能懇話』五号(平成四年)に五月十一日よりの松島文芸館の出番順(下図)が載る。

8年 002

大正8510 京都日出新聞

◇変装競争の苦心惨憺たる悲劇 畢生の異装を凝す 芦辺館連中を見る

九日午後の芦辺館連中の変装競争は先づ第二時より開始され正変装者林家染丸、桂三八、桂塩鯛の外鶴蔵、亀蔵、桂州、玉団治、枝雁、枝女太、扇太郎、若橘、文之助の各連中各畢生の扮装を凝らして出勤したるに、開始後約廿分の二時廿分にして西七条江上仁平氏が洋服姿の桂三八を捕えて第一受賞の桂冠を贏ち得たるが、此人大に旺盛なる人にて賞品は後で貰ひます次のを捕えて来ますとて出て行く。夫れから十分後の二時廿分桂塩鯛が本社運動部選手の風俗を其侭出勤し、西堀川中立売上る岡本二郎氏の為めに捕らえたるが、熱心なる群衆の中には夕刊に所載の肖像を手にして、中には各変装者の自宅を出づるより既に尾行するものありて、鵜の目鷹の目見逃さじと迂鷺付く人あり。(後略:染丸は朝風呂に行く時から尾行され、ついに変装する間もなく会場に入ったところで捕まえられるという珍事もおこっている)。

大正8511 神戸又新日報

<桂家残月独演会・神戸千代ノ座

◇千代之座 本日残月独演会開催 演題は竹田宮殿下御仁徳長講三席、伊藤博文公、堀部安兵衛其他

大正8512 京都日出新聞

◇日出新聞四十年祝賀投書家懇親会の記 発起人村上信一郎記。

突如として起る太皷の乱声は会衆の心機を一転せしめ芦辺館連中の落語劇「越後獅子」は演ぜらる。之は旧式のボテ鬘物なるが、却つて嬉しく、三八君の鮓屋は例に依つて軽妙、染丸君の獅子舞の太皷はその十八番と覚しく、塩鯛君の獅子舞の子方亦侮り難き演技振にて、越後獅子の文句を巧に応用して酔態の滑稽を述べ、菜種咲ける田園に於ける喜劇ともいふべく、観者は何れも大笑ひなりき。

大正8513 京都日出新聞

<桂米紫、桂塩鯛を襲名する>

◇塩鯛改名披露会 十一日芦辺館で開催 

 新京極芦辺館にて久々の日曜会を兼ねて桂塩鯛の襲名披露を遣つたが、贔負客で二時過ぎ既に満員の盛況、先づ芽出度い。お馴染連中の素噺、物真似、鶴蔵亀蔵の軽口に、次で米紫改め塩鯛の襲名口上があつた。中央に大阪より来援せる桂文団治と兄分の林家染丸が上手に、下手に桂塩鯛、何れも紋付袴の正装で居並ぶ。染丸より襲名の挨拶があつて、師匠文団治は襲名の経路及名跡の起因を述べる。此塩鯛と云ふ名は名人と云はれた初代文団治が丁度目の落窪つた頬骨の立つた顎のスボつた塩鯛の様な格好であつた処から、此人が高座に顕はれると看客から塩鯛〳〵と連呼して、遂に之が仇名となつて何処へ行つても塩鯛で通る様になつた。夫れで別に落語家の名ではないが、今の文団治が隠退してセメテ此名を生かさうと家元文枝(ママ・文治の間違い)にも相談して居つたのを、今度染丸等の奔走で米紫に此名を与へる事になつたとの事で、之れからは此ピンと締まつた塩味で其淡彩を見せるであらう。続いて染丸と文団治が老熟せる一席を勤め、切は例の本社投書家諸君懇親会席上にて演じたる三八、染丸、塩鯛の三人の落語歌劇越後獅子なぞの余興があつて塩鯛の改名に花を添えた。

〈編者註〉大阪では三月十七日、瓢亭で襲名披露があった。

大正8515日 大阪朝日新聞

<神田伯山独演会・南地花月亭>

◇伯山独演会 十五、十六両日正午より南地花月亭席にて東京講談伯山の独演会。十五日は大瀬牛五郎三席、柳沢夢物語、十六日は小猿七之助三席と田沼主殿頭。

〈編者註〉二十一日より十日間、当地名残りとして北新地花月倶楽部で長演会を開演している。

大正8516日 名古屋新聞

音羽座 新派萬歳喜劇の鈴木源十郎、石川貫一合同にて大盛況

富本席 音曲はなし(左鶴)松竹梅(寿楽)太鼓針(雨柳)肝つぶし(雷蔵)有馬小便(美都)新講談(松風)曲芸(マストン)

<編者註>この頃、音羽座は、助六一座が離れ、落語定席でなくなっている。

大正8517日 神戸又新日報

<神田伯山独演会・神戸千代ノ座>

◇千代之座 十八日午後一時より神田伯山独演会を開催、演題左の如し。

近世武勇伝(西尾魯山)清水次郎長の内大瀬半五郎長講三席、最明寺時頼(神田伯山)

大正8521

◇紅梅亭・瓢亭・延命館・あやめ館・文芸館・堺寿館出番表

8年 004

〈編者註〉『藝能懇話』五号(平成4年)より転載。

大正8522日 大阪朝日新聞

<橘家円蔵、一龍斎貞山が来阪、三友派の席に出る>

◇三友派落語出演者 二十一日の出演者は特別興行として東京より一竜斎貞山及び橘家円蔵を加へ南地紅梅亭始め組合席に出勤す。顔触れ左の如し。

 米団治、花橘、蔵之助、円坊、松鶴、円蔵、染丸、円馬、貞山、円枝、文団治、余興には蘆雁、蘆八出演。

大正8524日 神戸又新日報

<三遊亭遊三独演会・神戸千代ノ座>

◇千代之座 にても二十五日三遊亭遊三独演会あり、小言幸兵衛、山崎屋、宗悦殺し、双蝶にて余興は新内

大正8526日 大阪朝日新聞

<吉本興行部、新世界花月亭を浪花節常設館とする>

◇親友派の新席 松島、堀江の両広沢館を買収せし吉本興行部にては更に新世界花月亭を親友派浪花節常設館として二十五日より鶴治、一若、菊路、東天、一右衛門、扇蝶、鶴円等を出演させる事となれり。

大正8526日 山陽新報

<古今亭今輔一座・岡山大福座>

大福座 古今亭今輔一座今五日目の出し物左の如し。 大仏の目並に扇舞(今の助)性の車並に御題噺(秋月)寝床並に踊り(圓七)大工調べ(玉輔)奇術(ピリケン)いかけ松(今輔)

大正8527日 大阪朝日新聞

<柳家小せん死亡>

◇柳家小せん 失明せる天才落語家柳家小せん事鈴木万次郎(三十七年)は永らく病床に在りしが二十六日午前八時二十分、浅草の自宅に於て心臓麻痺にて永眠せり。同人は明治十六年浅草に生れ、十五歳の時故四代目麗々亭柳橋の門に入り、十七歳の時三遊亭小さんの門人となり遍く鬼才を認めらるゝに至れり。(東京電話)

大正8530 台湾日日新報

<伊藤痴遊、台湾に来る>

痴遊独演会 本島興行界に貢献せんとして設置されたる西村楽天営業部は其の第一歩として伊藤痴遊本日来台開演の事に既報せしが各日独演会開催日は左の如く決定せる由五月三十一日、六月一日、二日、三日、四日、五日(台北栄座)七日、八日、九日(台南戎座)十日(□□座)十一日、十二日(打狗亭)十三日、十四日(嘉義座)十五日、十六日、十七日(台中座)十八日(新竹座予定)二十日、二十一日、二十二日(基隆座)

大正8531日 大阪朝日新聞

◇三友派出演者 一日より南地紅梅亭他の三友派組合各席の出演者は従前の外に東京より曲芸丸一社中鏡味小仙、小松小金の一座、女道楽春の家浪子、清子、花子、富子、春子の一座及び三遊亭円子も出勤する。猶同派は三十一日午前十時より総勢二百五十名の春季園遊会を住吉公園に於て催し、当日同派の市内各席は臨時休業す。

大正8531 京都日出新聞

◇三友派園遊会 浪花落語三友派にては三十一日午前一時より晴雨を不論、大阪府下住吉公園に於て吉例春季園遊会を開催する筈にて大阪紅梅亭、京都芦辺館を初め同派に属する各席並に出勤の落語家は元より、茶子其他数百人の同勢は何れも仮装にて華々しく練込み種々の余興を催す由。因に当地芦辺館は同日一日休演の上六月一日より向ふ十日間、東京落語江戸ツ子会を開催。橘家円蔵が久々出演する由。

大正8531 京都日出新聞

<橘家円蔵、京都芦辺館に出演>

◇芦辺館 六月一日より向ふ十日間、特別興行として橘家円蔵出演。

大正8531日 神戸又新日報

◇千代之座 六月の顔ぶれ左の如し。

圓天坊、春輔、正楽、扇三、若呂光、呂光、登美嬢、馬琴、米團冶、馬生、圓馬

大正861日 大阪朝日新聞

<江戸ッ子会・花月亭各席>

◇江戸ツ兒会 一日より南地、松島両花月亭及び北陽花月倶楽部にて江戸ツ兒会を開演。出演者は東京の交代連林家正蔵、橘家万橘、講談桃川若燕、常磐津和佐太夫、麒麟太夫、茶番其他、一日は正午より南地花月亭にて若燕の独演会を開演。

大正861日 神戸又新日報

<落語日曜会・神戸千代ノ座>

◇千代之座 本日正午より第十回日曜會を開催、番組は左の如し。

花ねじ(染五郎)書きおき違い(圓歌)人形買い(圓天坊)袈裟茶屋(春輔)吉野花山(正楽)夢金(扇三)五人廻し(馬琴)百年目(米團冶)松竹梅(馬生)余興(團幸、小半、登美嬢)

大正861日 名古屋新聞

富本席 掛取萬歳(朝之助)源平穴探し(寿楽)昔々(六松)かじか澤(雷蔵)西洋奇術(操海)あわびのし(助六)

大正863日 北国新聞

一九席 本日より東京落語大一座にて花々しく開演する由

落語(歌太郎)滑稽噺(小徳)手品曲芸(明光)落語手踊(植之助)掛合手踊(おさん、さん笑)笑話音曲(圓路)剣舞手踊(一馬)滑稽落語(歌笑)諸芸吹き寄せ(大一座)

大正866 京都日出新聞

<芦辺館で円蔵を聴く>

◇江戸つ子会 芦辺館の円蔵 

芦辺館は今度特別興行江戸児会とあつて久し降の円蔵が懸つた。此外川柳、歌六、円坊、蔵之助に、初お目見得の三語楼など兎も角替はり在(あ)ひまして変り栄のした顔触は先づ嬉しい。

四日夜チヨイ覗すると、早川柳、歌六の出番は済んで、上方で馴染の深い当年の人気者円坊が得意の蝙蝠か何かで一シキリお客の頤を触いた恰度跡愈(いよいよ)馬顔先生円蔵の黒い顔が高座に顕はれる。歯切の好い江戸前の冒頭(まくら)宜敷く、早速に「吉原籠り」の本文に入つた。堅蔵の若旦那が町内の源兵衛、太兵衛に連れられて初めて吉原通ひをするといふ平凡な経緯だが、五人廻しや何かとは却つて珍らしい落語、物固い若旦が軟化して落になる迄の吉原情緒が滅法面白く、殊に二人の悪友が五月の鯉の吹流し式にペラペラ無駄口を利く所は枯れたもの、老巧なもの、独特の軽妙な調子! 是計りは他に真似手がなさそうなり。そして枯れては居るが艶のある所は何処迄も円蔵の身上ならむ。流石に円右、小さんと共に東京落語界三頭目の一人、イヤナニ最近内務省の国民文芸協会主催の招待会に此処宗教家なみに召されて民衆教化を依嘱されたつて、そんな事はどうでも可し。此男の好い所は東京落語家によくある妙に渋がル悪癖がない所が第一嬉しい。

次は上方帰化人の蔵之助、十八番の浪花節は当夜演らなかつたが、此男の落語もだんだん鰭が付いて来たようだ。扨其跡は新落語と銘打つた初お目見得の三語楼が、前名は何と言ふのか知らないが、目尻のデレリと下がつた頭のテカテカした若い男、其クセ厭に英語や現代語?を交へて前置の莫迦に長い極めて取止のない冒頭を述べては、二言目には東京ではなんかと妙に江戸児がる悪どさ、何処が新しいのやらアツチでは可成売出しておるのか知らないが上方では恐縮物なり。斯うしてみると矢張り円蔵はヌケて居るテ。(鯉)

〈編者註〉反対派、三友派同時に「江戸ッ子会」を開催している。この時期両派は東京から有力な噺家の招聘合戦を演じており、新聞もその情報ばかりで大阪の噺家の影が薄い。

大正868日 神戸又新日報

<三遊亭圓馬独演会・神戸千代ノ座>

◇千代之座 本日正午より圓馬独演会を開く、演題左の如し。

櫻風呂、子別れ上中下、高田馬場長講講演、余興登美嬢出演

大正8611

浪華落語反対派出番順 南地花月亭

大正8年 001

當る六月十一日より出番順

落語六の助、落語花治、尺八手踊扇遊、落語舞踊勝太郎、東京落語正蔵、音曲噺万橘、落語舞踊五郎、常磐津寿久造・金造・麒麟太夫・和佐太夫、新講談長講若燕、落語振事紋十郎・紋右衛門、東京滑稽茶番岩てこ一行、落語枝雀、本場出雲鰌すくい八重垣組、音曲噺円太郎

浪華落語反対派 南地花月亭 吉本興行部 電話南四三八・四一一九番 

〈編者註〉『藝能懇話』十八号(平成19年)より転載。 

大正8618日 大阪朝日新聞

◇慈善演芸会 十九日、二十日午後六時より中之島公会堂にてリーデル女史経営熊本回春病院寄付の慈善演芸会開演す。入場料一円、学生五十銭にて、出演者の主なる者左の如し。

 三越少年音楽隊、曲芸(海老一社中)、講談(桃川若燕)、尺八(中尾都山)、舞踊(浅井豊・村内静枝)、琵琶(田村稲水)、講談(桂家残月)、奇術、ダンス(松旭斎百合子一座)、読心術(山田学殿)

大正8622 京都日出新聞

◇芦辺館  二十一日より出演者替はり。

枝雁、文之助、三八、子遊、川柳、円枝、遊三等の他吾妻、団朝の新内等。

大正8622日 北国新聞

<三遊亭圓遊一座・金沢一九席>

一九席 本日より東京三遊亭圓遊大一座にて開演の由

昔噺手踊(遊太郎)落語音曲(清遊)源氏節名古屋甚句(美根由、美根松)笑話文人踊(三輔)滑稽落語(金朝)音曲手踊(小柳嬢)音曲噺(圓輔)滑稽落語(圓遊)謎問答ステテコ踊(総出)

大正8623日 大阪朝日新聞

<桂三蝶、三代目桂扇枝を襲名する>

◇扇枝披露会 反対派の新幹部桂三朝は今回桂扇枝を襲名し、其披露会を二十二日昼夜南地花月亭にて開催。当日は春団治、小文三、浪花節組合より巖輔、恭平、其他東京連も出演す。

〈編者註〉新聞記事は桂三朝とあるが、三蝶と記されている場合が多い。

大正8627日 香川新報

<金原亭馬生一座・丸亀戎座>

◇丸亀戎座 東京大阪合併落語金原亭馬生一行、愈々二十七日本日町廻りをなし初日開演せり。座長金原亭馬生は東京落語界の泰斗にして、大阪に永らく大好評にて、今回七年ぶりに神戸湊川新開地千代廼座に出演したるを幸いに、千代廼座連中総引越しにて戎座に来れるものにて、前景気の頗るよく、因みに本日の演物左の通。

落語伊勢参宮(みの留)、落語小噺(一郎)、落語百人一首(梅喬)、落語手踊(三郎)、源平穴踊(歌路)、掛取音曲手踊(太郎)、落語天神山音曲手踊(染五郎)、落語住吉駕籠(圓天坊)、人情噺甚五郎大黒(馬生)、珍芸滑稽物真似音曲(英国人ジョンベール)

大正8628日 大阪朝日新聞

◇天満天神宮崎亭 二十八日三遊亭門左衛門一派にて珍芸会を開演。

大正8630日 神戸又新日報

◇千代之座 七月一日より特別興行にて開演、顔ぶれ左の如し。

圓天坊、春輔、正楽、扇三、登美嬢、若呂光、呂光、染五郎、新加入は万橘、美遊、丸一、鏡味、小金、小松、小仙、貞山

上方落語史料集成 大正8年(1919)7月8月

大正871日 大阪朝日新聞

◇浪花三友派 南地紅梅亭始め組合席は従前の一座に東京より少年曲芸丸井亀之助、同亀の子、長唄ヴアイオリン杵屋勘三郎、同勘左衛門にて、紅梅亭及び天満宮崎亭には読心術山田学殿が出席する。

大正871 京都日出新聞

◇芦辺館  一日よりの出演者左の如し。

三遊亭小円朝、林家染丸、桂円枝、文の家かしく、橘桂州、少女名物踊春の家一行、大切余興三十石すくい踊。

大正871日 北国新聞

<桂三木助独演会・金沢一九席>

◇一九席 本日より東京落語桂三木助独演会にて花々しく開演すべく番組は左の如し。

落語手踊(紋六)笑話人形買、人情落語淀五郎、舞振事手踊(三木助)教育美談乃木うどん(小残月)滑稽落語尻餅(三木助)手踊槍錆丸橋忠弥(三木助)

<編者註>独演会の番組、下記の通り。

73滑稽落語住吉駕籠、人情落語抜け雀、舞振事手踊(長唄)勧進帳(歌沢)わしが思い(浮世節)海晏寺(手踊)奴さん(以上三木助)故竹田宮殿下(小残月)三十石(三木助)手踊槍さび酒井太鼓、櫓八鈴ケ森(三木助)

74御祝儀清元(楽屋連)笑話口入屋、人情落語帯久、舞振事手踊(三木助)常盤津(松島)鎌倉(波の上)歌沢(西行)手踊(深川)広瀬武夫(小残月)義太夫天狗、やりさび、め組の喧嘩(三木助)

75御祝儀清元(楽屋連)笑話崇徳院、人情落語立切れ、舞振事手踊(三木助)清元山姥、常盤津勢獅子、歌沢淀、手踊かつぽれ、七大名□茶の湯(小残月)滑稽笑話鍬形、大切浮世節立山、やりさび紅葉山、碁盤忠□(三木助)

78御祝儀清元(楽屋連)初天神、関の津宮、舞振事手踊、歌沢二上り西行、浮世節潮来、清元喜撰(三木助)、軍人と易者(小残月)紙屑屋、大切手踊やりさび仁木刃傷、幡随院長兵衛(三木助)

大正872 京都日出新聞・73 大阪毎日新聞京都滋賀付録

<反対派太夫元岡田政太郎、新京極に富貴席を新築する>

◇富貴館開場式 -伊藤痴遊の挨拶- 
 新京極蛸薬師下る東側に新築したる落語富貴館にては、一日午後二時より開場式を挙行し、来賓百余名に及び、式は岡田館主及び出演者伊藤痴遊、紋右衛門、枝太郎、枝雀等列席の上、痴遊館主に代つて開場の挨拶をなし、引続き余興に移り、薄暮散会したるが、同館は新京極中稀に見る凝つたる建築をなし居れり。(日出)

◇富貴席落成式 いよ〳〵本日から開場

 浪花落語反対派の太夫元岡田政太郎氏は新京極蛸薬師下る東側に同派の新席富貴亭を新築中であつたが、今回落成したので一日午後三時から新築落成式を挙行した。約八十坪の地面を一杯に取つた木の香高き総桧普請で、而も京阪に多数の席を支配する経験から割り出した理想的の新席で、諸般の設備完成し、天井の大型扇風器を始め数個の扇風器を取付けてある。当日午後三時半、岡田氏は東京で同派の牛耳を執つてる痴遊伊藤仁太郎氏を始め同派の幹部七名を率いて舞台に現れ、伊藤氏は席主に代つて同席新築は岡田氏が各地に理想的落語席を遺すの意志に於て資金を惜まず建設したもので斯界に貢献する処大なるものあり、この意志を貫徹せしむべく外部から十分の御後援を乞うとの挨拶を述べ、それから落語、舞踊、琵琶、音曲等数番の余興があつて五時過ぎ散会したが、愈々今三日目から柿落し興行として花々敷開場する筈。(滋賀付録)

大正873日 大阪朝日新聞

◇反対派落語 一日より同派各席組合は幹部連の外金原亭馬琴、長唄新調会連中、春風亭りう朝の怪談噺、囃大文字屋連中の鰌すくひ。

大正873 京都日出新聞

◇富貴館  紋右衛門、枝太郎等にて三日開場。

大正878 大阪朝日新聞京都付録

◇富貴席 新築の落語反対派富貴席の出演者は七日より左の如し。

 紋右衛門、紋十郎、枝雀、円太郎、文治郎、小高、高蝶、小円太、桃太郎、小南光、張少春、夏雲外、福円、金之助、華咲、若吉、梅八、枝右衛門、円三郎。

大正878日 名古屋新聞

富本席 紺屋高尾(雷蔵)山岡角兵衛(朝之助)子別れ(美都)星野屋(松竹)新講談(松風)

大正878日 京城日報

[広告]御待兼ねの浪花三友派落語一行 諸芸大會 余興種々 當七月七日より/浪花館

[広告]明治町 電話二六〇番 浪花館/納涼興行諸芸大會/當る七月七日より開演/落語(笑福亭笑太郎)軽口笑話(社中)落語音曲(橘家橘六)筑前琵琶(富尾旭風嬢)落語音曲(笑福亭笑三)浪花節(橘錦平)落語手踊(桂春松)娘義太夫(豊竹喬之助)相撲甚句危険術(絹川團右衛門)落語歌舞(桂枝三郎)余興茶番(楽屋連中)

大正8711日 大阪朝日新聞

◇山田読心術 三友派南地紅梅亭と松屋町正寿舘の二席は従前一座の上に十一日より山田学殿の読心術の実験上場す。

大正8711 大阪朝日新聞京都付録

◇笑福亭十一日よりの出演者は左の如し。

円寿、八百蔵、小文吾、勝路、茶楽、林占田、張有利、太郎、三猿、桃太郎、星花、馬琴、寿美栄、小寿美、美子、福円、東京長唄新調会、怪談。

大正8712 大阪朝日新聞京都付録

◇富貴席 十一日よりの出演者左の如し。

 竹馬、円三郎、枝右衛門、円治、柳丈、万橘、花団治、五郎、十郎、円歌、勝太郎、直蔵、枝太郎、千橘、福助、喬之助、円遊。

大正8712日 神戸又新日報

◇千代之座 十三日正午より貞山独演会を開く、番組左の如し。

柳生二階笠、潮田主水、逸貞蔵、余興丸一の曲芸

大正8715日 北国新聞

<三木助圓馬二人会・金沢一九席>

一九席 本日より東京落語三遊亭圓馬、桂三木助合同一座

笑話手踊(木馬)噺滑稽音曲珍芸(都枝)滑稽落語扇舞(とん馬)教育美談(小残月)滑稽人情落語舞踊(三木助)滑稽人情落語咲分(圓馬)大切掛合手踊沢山(三木助、圓馬)

大正8715日 大阪朝日新聞

◇三友派交代連 十五日より南地紅梅亭、新町瓢亭、福島第二延命館、松島文芸館の組合席に従前の一座に本場安来節の高黒、米枝、万平、清次及び東京人情噺三遊亭小円朝が出演して「牡丹灯籠」を口演。

大正8715 大阪朝日新聞京都付録

◇芦辺館 十五日より左記出演。

講談(一竜斎貞山)、余興三十石(染丸)、鰌掬ひ(連中)、女道楽(東京春の家一行)外全員。

大正8715日 名古屋新聞

小南[広告]納涼大演芸會/本日より交替連として、東京睦會幹部桂小南大一座を相招き、電気応用所作事を大道具大仕掛けにて御覧入候其外 助六一派出演仕候/助六興行部 大須門前文長座 富沢町富本席 伏見町音羽座

富本席 東京睦會幹部桂小南一座は本日より花々しく開演因みに番組は小言幸兵衛(朝之助)よいよいそば(小文)お花半七(雷蔵)人力俥夫並扇舞(小南)太鼓針(紅若)清國人奇術(金来)振事(助六)

音羽座 納涼大演芸會開催、東京より睦會の幹事桂小南大一座を招き助六一派相加わりての大車輪、番組左の如し 落語(桂馬、雷蔵)笑話振事(美都)新講談(松風)落語振事(南枝)芝居噺振事(小南)

大正8716日 名古屋新聞

富本席 好評の小南、助六合同本日の番組は 夢金(小南)昔々(紅若)新講談(松風)魔術(李金来)振事(助六)大切(楽屋総出)

大正8717日 北国新聞

◇一九席覗き 人気者の桂三木助は左近時代からの馴染みである。三代目圓馬と共に、一九席へ又の見参に人並の花を咲かせている。小残月の扇の手は洗練されたもの。とん馬の落語は耳新しくもないが、足芸は確かに上手なもの。傘の使い分けは見ていて気持が涼しくなった。三木助は大丸屋騒動に不死身の兄だと器用に落として嫌味のない話し口、暑い時節には尚更結構である。踊のしっかりしていて、軽いのに一流の味を出している。圓馬は鰻屋に情味たっぷりを偲ばせ、大切の掛合踊は満場の拍手を浴びて、いよいよ油が乗って居た。納涼がてらに見逃し否、聞き逃がすことの出来ぬ一座である。(一記者)

大正8719 大阪朝日新聞京都付録

◇富貴席 二十日正午より伊藤痴遊の独演会を催す。演題左の如し(省略)。但し政談なれば婦人小児は入場拒絶。二十一日より五日間は毎日午後五時より笑福亭に出演す。

〈編者註〉二十六日より五日間富貴席にて、三十一日笑福亭と富貴席にて独演会(演題省略)。

大正8723 山陽新報

<桂小南一座・岡山大福座>

大福座 桂小南一座にて二十三日より開演すべきが初日出し物左の如し

入込噺(与太郎)笑話物真似(小若)昔噺音曲(小ゑん)落語独劇(南枝)大阪噺音曲(紅雀)情話手踊(桂馬)大阪噺舞踊(小文)支那奇術運動曲芸(李金来)芝居噺独特扇舞手踊(小南)大切所作事常盤津勢獅子(小文小南)

大正8727日 大阪朝日新聞

◇伊藤痴遊の講談 二十七日正午より南地法善寺花月亭にて痴遊の講談会あり。

大正8727日 京都日出新聞

◇寄席に等級表を掲示する 京都興業会の試み 

 京極通に於ける笑福亭、福真亭、勢国館、芦辺館、富貴席杯の各寄席にては木戸銭を支払て入場したる上場内に於て更に座席の区別ありて上場へ行かんとするには又代金を支払はざるべからず事となるより、不馴れの客に対しては大いに誤解を招く動機となり、興業協会も成立せる今日之れ等の区別を明かにして観客に不快の念を抱かしめざる様取締の必要を感じ、二十五日午後一時より北岡署長は各席亭を招き其弊害を懇説し、宜敷く劇場の如く一、二、三等の等級を付して各価格を掲示し、場席は観客の自由に選択する様取謀らふ事を協議したるが、何れも之れを妥当なる方策なりとして、弥八月一日より各等級の値段書を掲示する事となりたり。

大正8731日 大阪朝日新聞

◇浪花三友派 一日より納涼演芸会として南地紅梅亭及び福島延命館にて全員出演して落語、歌舞、茶番、連鎖活動、染色、都々逸、相撲、安来ぶし、八笑人、掛合噺、新内、大切怪談噺あり。

大正8731日 神戸又新日報

◇千代之座 来月一日より左の顔ぶれ 圓天坊、春輔、扇三、萬橘、若呂光、呂光、馬生、丸一社中、桂小南。

大正881日 大阪朝日新聞

◇納涼演芸会 南地北陽両花月亭の両席は一日より同派の幹部で得意の演芸会を催す。大切は落語連鎖劇「恋の染色」を見せる。

大正881 大阪朝日新聞京都付録

◇芦辺館 一日より納涼演芸会。交代連は三遊亭円子、橘家円坊、桂小文三、杵屋勘三郎、同勘左衛門。余興道具入五人廻し、大切怪談「村井長庵お絹殺し」引抜平和万歳獅々一座。

大正881日 香川新報

<橘家圓次郎一座(大八会)・丸亀新町座>

◇新町座涼み興行 八月一日午後六時落語圓頂派橘圓次郎一座開演す。請負元高木興行部。出演順

落語(圓一郎)、落語(梅之助)、滑稽手踊(□楽)、少女落語手踊(梅千代)、歴史笑話(蘭月)、落語竹琴四ッ竹(梅枝)、落語(小圓枝)、天下珍品一人角力(枝輔)、中入笑話(正團冶)、落語扇舞盆踊(小助六)、笑話舞踊(圓次郎)

大正883 大阪毎日新聞京都滋賀付録

◇新京極の落語反対派では毎月第一、第三の日曜日に限り正午から開場することとなつたが、今三日の出演者は正一、紋右衛門、紋十郎、福来、福徳、扇枝、五郎、円笑、張小春、夏雲昇、文治郎、小円太、四郎坊、正玉、茶好、雀、円三郎、扇太郎、小文吾。

大正883日 山陽新報

<圓遊、三木助、残月三人会・岡山大福座>

大福座 初日満員の京阪落語三人会三遊亭圓遊、桂三木助、桂家残月一行は毎日午後六時より開演すべく三日目出し物左の如し染ぞの曲(圓遊)狐小抦扇舞手踊(三木助)伊藤公爵(残月)

<編者註>84の番組は、宮戸川十八番すててこ(圓遊)抜け雀扇舞手踊(三木助)太兵衛さん(残月)

大正8810日 京都日出新聞

◇芦辺館の涼み噺 余興が怪談 

 一両日前の夜新京極をブラツキの揚句、久し振に芦辺館に飛込んだ。

高座は恰度愛嬌者の「三八」の出番で、例のキー公といふ人物が景気付に酒の糟を平らげて呑ダクレを装ひ友達の家を廻る古いお噂だつたが、此男持前の愛嬌で面白く聴かす。

続いて東京落語の「川柳」の碁泥棒も一寸灰汁が抜けて居た。

その次が「小文三」、ネチ〳〵した調子で唐物屋泥棒の眼鏡覗きの一席、まだ〳〵味は出ないが此男の落語もだん〳〵鰭が付いて来るやうだ。折角勉強して故文三(おやな)の名跡を恥しめないやうにすべし。立上つての「私しが国さ」の踊が流石十八番物。

そのあとが杵屋勘三郎兄弟の長唄で、三味線の曲弾きやバイオリン合奏など変つた所が御意に叶つて御客様大喜びの体。

続いて真打格の「円子」が出て得意の芝居風呂で雛枯れた声を振り絞り大分メートルを上げたが、此男の落語は一向香(かんば)しくなし。矢張り例の二調が其身上なり。勘左衛門合手に越後獅子は一寸面白く聴かれた。其の次が往年の人気者「円坊」の衛生料理、本人精々新しがる、要するに落語界の誰しもが一しきり当てた官営芸妓から換骨脱胎したものだが、先づ好く出来てる方。盆を使つての活惚も他に類がない鮮やかさなので是は大受け。

却説(さて)大切に楽屋総出の怪談劇とあつて、芝居気の多い円子が村井長庵に扮し本水使用でお絹殺をみせる寸法、笑ひながら殺場を見る所が愛嬌ならむ。何しろ無人ながらそれだけ皆が勉強しているのが嬉しい。(鯉)

大正8811日 大阪朝日新聞

◇楽天地 …落語は桂春団治一座出演。

大正8812日 大阪朝日新聞

◇三友派落語  十一日より南地紅梅亭にて演芸の大会を開く。番組は落語、都々逸相撲、連鎖落語「土橋万歳」、長唄曲引、鹿児島芸妓踊り、大切怪談引ぬき寿獅子。

大正8812日 神戸又新日報

◇千代之座 本日より東京落語界の真打古今亭今輔を出すなり。

大正8814 山陽新報

<春風亭柳枝一座・岡山大福座>

大福座 東京落語春風亭柳枝一座の初日十四日番組左の如し 昔噺(喜久丸)音曲昔噺(玉枝)落し噺(桃枝)落語並に独劇(千枝)掛合噺(民丸大丸)音曲物真似(小柳三)物真似一人芝居(柳丸)落語扇舞(柏枝)住吉踊深川(三人掛合)神代楽曲芸(大丸民之助大次郎)人情笑話(柳枝)大切楽屋総出珍芸

大正8814 大阪朝日新聞京都付録

◇明日に迫る労働者デー 暑苦しい此炎天下汗塗れとなつて日も足らぬ有様で稼で居る労働者をして真に一日の快楽を叫ばしめるため松竹合名会社は京都の各興行会と協議の結果新京極の劇場及寄席活動写真館及南座を解放することとした。そして其日を睦の日会と命名して十五日愈々挙行することに決し…招待券一万五千九百枚は既にそれ〴〵京極の劇場及寄席は何れも昼夜一回開放…[市内各工場従業員を招待した]。

〈編者註〉新京極各興行席は昼席のみを開放し、夜席は通常通りの営業とした。

大正8815 大阪朝日新聞京都付録

◇笑福亭 十五日より出演の連中左の如し。

 扇太郎、小雀、太郎、円笑、白魚、小南光、円歌、桃太郎、五郎、十郎、福円、かしく、千橘、二人羽織、直造、枝雀。

◇富貴席 十五日より納涼興行として東京より神田伯山、柳亭左楽、桜川長寿が出演、三人会を催す由。尚補助として反対派幹部連出演。

大正8815日 名古屋新聞

富本席 本日の番組、左記の如し。

しらみ茶屋(六松)大久保彦左(松竹)絵葉書屋(寿楽)文七元結(朝之助)竹の子(美都)権兵衛狸(六助)土橋萬歳(助六)新講談(松風)親子酒(雷蔵)

大正8816日 大阪朝日新聞

◇南地紅梅亭 十五日より納涼演芸会を催す。演芸の種目は落語連鎖、女連の都々逸角力、常磐津、支那人運動舞踊種々。

大正8816 大阪毎日新聞

◇空中博中元デー …十五日反対派諸芸大会 自転車行列で賑々しく繰込 中元デーの第一日たる十五日(雨天なれば十七日)正午本社より浪花落語反対派連中揃浴衣にて十数台の自動車を列ね空中博へ繰込み、公会堂に於て一行総出の大演芸会あり…。

〈編者註〉天王寺公園空中文明博覧会の余興。

大正8816日 京城日報

[広告]明治町 電話二六〇番 浪花館/京阪落語桂都雀一行/當る十六日より毎日夜七時開演/落語音曲(三遊亭花之助)昔ばなし(桂都女助)掛合噺(桜家玉良七、桜家五良八)落語歌舞(桂都太郎)人情噺(桂文朝)落語音曲ステテコ(桂小都雀)落語曲芸(三枡家文弥)落語滑稽浄瑠璃(橘家圓若)長唄二調(柳家都栄子)落語珍芸音曲(三遊亭一圓)人情笑話西川流振事(桂都若)大切喜劇(座員総出)

大正8821日 大阪朝日新聞

◇紅梅亭は廿一日芸題を取替へ落語手踊、掛合噺、新内節、都々逸、雪月花、安来節、鹿児島踊、菊江仏壇、長唄杵屋連、大切怪談引抜鰌掬ひ。

大正8824 大阪毎日新聞

◇三人会 二十四日正午より南地花月亭にて開催。演題は「天保水滸伝二度目斬込」神田伯山、落語「宮戸川」柳亭左楽、俳優声色操りダンス桜川長寿。

大正8831 大阪朝日新聞京都付録

◇江戸子会 芦辺館は三十一日昼に橘家円蔵独演会を催し、同夜以後の出演者は円蔵の他円坊、小円蔵、一馬、桂州、円玉、蔵之助なりと。

大正8831 神戸又新日報

◇千代之座 一日より特別興行として定連の上へ左記幹部連差加える。

團朝、吾妻、猫八、残月、米團冶、圓歌、三木助

上方落語史料集成 大正8年(1919)9月10月

大正891日 大阪朝日新聞

◇三友派落語出演者 同派南地紅梅亭、新町瓢亭、松島文芸館、福島延命館、御霊あやめ館、堺宿院寿館の組合は従前の幹部出演者の外に鹿児島踊勝子、静子、秀子、東京丸一鏡味、小松小仙、女道楽、柳家雪栄、同すみ栄が出演する。

大正891 大阪朝日新聞京都付録

◇笑福亭 一日より左の通り出演。

 勝治、小文吾、枝右衛門、文太郎、紀島、福松、文雀、右楽、円若、枝太郎、福徳、福来、文昇、菊団治。

〈編者註〉文昇、菊団治は記憶術を演じる。

◇富貴席 一日よりの出演者左の如し。

 円三郎、白魚、雀輔、円太、文昇、円歌、馬琴、扇遊、文の助、子供曲芸、三輔、勝太郎、円太郎、熱田獅々。

大正891日 都新聞

<神戸吉原派が東京進出>

◇広告 東西合同演芸会社案内出演順

◆京橋金沢亭 圓都、圓光、小圓遊、圓天坊、馬生、都枝、一光、幅丸、登美嬢、文楽、染五郎、談志、小残月、太郎、橘ノ圓

◆神田入道館 圓之輔、太郎、とん馬、小残月、染五郎、歌路、市馬、圓都、馬生、都枝、圓、登美嬢、圓天坊、一圓/小半、圓子

◆上野鈴本亭 さん好、一光、都枝、登美嬢、小残月、圓天坊、圓子、越山、市馬、一圓/小半、馬生、小團冶、小三冶、新朝、おも茶

◆人形町鈴本亭 楽枝、扇馬、幅丸、文楽、越山、とん馬、太郎、談志、圓、圓天坊、一光、小圓遊、圓子、助平、登美嬢、馬生

◆本郷鈴本亭 しん吾、國輔、花輔、染五郎、圓子、助平、扇橋、橘太郎、小燕枝、小團冶、鯉之助、圓都、燕柳、一光、圓之輔、文楽

◆牛込有町柳水亭 扇橋、燕柳、歌路、市馬、圓之輔、さん好、一圓/小半、三郎、龍宝、橘馬、花輔、幅丸、橘太郎、とん馬、小圓遊

◆江戸川鈴本亭 鯉橋、三郎、小燕枝、一圓/小半、小團冶、扇馬、橘馬、燕柳、さん好、橘太郎、圓之輔、龍若、鯉之助、圓都、幅丸

◆八丁堀朝田亭 友楽、明一、新朝、正楽、おも茶、小圓遊、圓光、梅喬、文楽、歌路、小残月、鯉橋、扇橋、有村、染五郎、談志

◆石原鈴本亭 梅喬、鯉之助、圓車、談志、伯英、明一、正楽、有村、小三冶、おも茶、とん馬、太郎、圓光、市馬、歌路、小燕枝

◆浅草公園万世館 龍若、有村、橘太郎、圓、小三冶、鯉之助、助平、伯英、圓車、正楽、扇馬、小燕枝、さん好、圓光、都枝、燕柳

<編者中>「東西合同演芸会社」は、8月に、東京の「演芸誠睦會」が神戸の「吉原興行部」と提携して組織された。神戸の芸人だけでなく、三友派の芸人も多数出演している。12月には、「誠睦会」「吉原組」の2派に分裂し、翌年の1月に、吉原組は、「東西演芸会」と改称。

大正892日 大阪朝日新聞

<談州楼燕枝来阪、反対派の席に出る>

◇反対派九月興行 南北新地花月亭始め各組合席の出演者は従前の幹部連の外東京より談州楼燕枝、講談神田伯竜及桂枝雀、三桝家紋左衛門、歌舞伎声会連中も引続き出演する。

大正8910日 大阪朝日新聞

◇浪花三友派は十一日の出番変更より幹部連の外東京より滑稽落語橘家円蔵が組合席に出演する。

大正8915日 大阪朝日新聞

<神田伯龍独演会・南地花月亭>

◇南地花月亭独演会 十五日正午より南地花月亭に出演の為め来阪中の神田伯竜、独演会を催す。演題は「鼠小僧次郎吉」と「関東五人男」及び「最後の武田信玄」。

大正8915日 都新聞

◇広告 東西合同演芸会社案内出演順

◆神田入道館 花輔、橘太郎、市馬、都枝、吉奴/圓子、圓都、染五郎、登美嬢、一光、圓、長寿、三木助、一圓/小半、馬生

◆上野鈴本亭 太郎、圓車、圓之輔、とん馬、談志、越山、三木助、一圓/小半、登美嬢、茶風林/ウグイス、染五郎、小残月、吉奴/圓子

◆京橋金沢亭 春吉、文楽、圓天坊、茶風林/ウグイス、市馬、小残月、長寿、吉奴/圓子、花輔、馬生、歌路、都枝、圓都、三木助

◆深川櫻館 梅喬、さん好、歌路、文楽、綾香/素雪、扇橋、圓都、伯鯉、一光、吉奴/圓子、とん馬、圓光、一圓/小半

◆人形町鈴本亭 楽枝、三郎、登美嬢、正楽、三木助、圓天坊、馬生、談志、染五郎、岩てこ、伯英、圓之輔、長寿、圓

◆本郷鈴本亭 扇馬、談志、馬生、圓車、圓光、圓之輔、小圓遊、助平、小残月、小三冶、登美嬢、(大切怪談)明一/國輔/おもちゃ/新朝  其の他席省略

<編者註>この中で、神戸吉原派の芸人は、円、円都(円歌)、染五郎、三木助、小半、一円、太郎、正楽、小残月、とん馬、円子、歌路、梅喬、円天坊など関西の芸人がほとんどで、円歌(本名池田豊次郎)はこの時の様子を、「わが心の自叙伝(五)」(のじぎく文庫 昭和488月発行)で記している。

 米騒動のあった翌年の大正八年、吉原氏が東京で興行しました。大看板の談洲楼燕枝に金原亭馬生、三遊亭円子に円歌、師匠の橘ノ円といった顔ぶれに加えられたのです。上京しますと、燕枝が私を呼んで、改まって「お願いがあります。」という。燕枝は「私の隣にいる人が三遊亭円歌です。あなたは橘家円歌。亭号はちごうても名は同じ。ややこしいので、ひとつ名前を改めてくれませんか。」といいます。この時、同席した師匠の円が新しく名付けてくれた名が、今の橘ノ円都という名前でした。私は、たしか三十五歳になっておりました。神戸に帰って、千代之座で改名披露をしましたが、当時すでに引退していた六代目円都が、「お前なら円都を継いでくれていい」と喜んでくれたものです。

大正8916日 大阪朝日新聞

<京町堀文芸館、京三倶楽部と改称する>

◇京三倶楽部 京町堀三丁目文芸館は今度京三倶楽部と改め、三遊亭門左衛門一座にて十五日より開場。同人は十八番の七変化、独特の音曲振り事を見せる。

大正9916日 京城日報

[広告]日本チャプリン出演/京阪落語合同一座/浪花館

[広告]明治町 電話二六〇番 浪花館/京阪落語大一座日本チャプリン 當る九月十五日午後六時開演/昔ばなし(桂都女助)落語音曲歌舞(桂都太郎)人情噺(桂文朝)落語音曲ステテコ(桂小都雀)西洋舞(メーリ嬢)落語音曲歌舞(桂春松)長唄二調舞(柳家都美子)落語音曲滑稽浄瑠璃(橘の圓若)落語珍芸百種(三遊亭一圓)落語扇子舞(桂枝三郎)娘義太夫(豊竹東昇)人情笑話振事(桂都雀)奇術曲芸滑稽親玉(日本チャプリン)/本興行は芸術の粋を為めし大一座、殊に日本チャプリンの滑稽は抱腹絶頂

大正8920 大阪朝日新聞京都付録

<談州楼燕枝独演会・京都富貴亭>

◇富貴亭 二十日正午より談州楼燕枝の独演会を催し、得意の落語、人情噺を四席演ず。

〈編者註〉二十一日正午よりの燕枝独演会の演題は 落語将棋殿様、搗屋無限、人情噺梅若礼三郎、おさん茂兵衛

大正8921日 北国新聞

<橘家圓蔵一座・金沢一九席>

一九席 愈々本日より東京落語橘家圓蔵一座にて花々しく開演すべく五日間日延べなしの由

笑話余興(橘弥)音曲噺(朝之助)落語物真似(圓玉)滑稽落語手踊(小圓蔵)滑稽落語(圓蔵)剣舞手踊(一馬)滑稽落語(圓蔵)掛合手踊(小圓蔵、一馬)

大正8923日 大阪朝日新聞

◇反対派出番替 南北両花月亭寄席にて従来幹部連の外日本太郎、東京落語柳亭右楽、少年曲芸丸井亀之助、同亀の子が出演。

大正8924 大阪朝日新聞京都付録

<神田伯龍独演会・京都富貴亭>

◇富貴亭 二十四日正午より神田伯竜独演会を開く。演題は「幡随院長兵衛」「小猿七之助」「豪将武田信玄最後」。補助として歌舞伎声色会と紋十郎出演。

大正8926日 大阪朝日新聞

◇神代舞楽開演 北陽花月倶楽部にて史的神代舞楽を二十五日より開演する…。

大正8930日 名古屋新聞

富本席 笑福亭福圓一座にて開演

新講談(松風)滑稽義太夫(楽太夫)のざらし(朝之助)干物箱(春森)櫻湯(雀助)五人廻し(升三)素人車(福圓)

<編者註>福圓一座の番組は下記の通り。尚、福圓のその他の演題は、20日「一目上り」21「大久保」22「鰍澤」23「電話の散財」24「大意外」25「権兵衛狸」27「猫忠」28「ねずみ」30「浄瑠璃息子」31「星野屋」

103日:新講談(松風)ハイカラ義太夫(楽太夫)掛取萬歳(朝之助)紙屑屋(春松)星野屋(雀助)駒の曲芸(升三)電話の散財(福圓)

104日:干物箱(朝之助)らんぼう医者(春松)鳥屋坊主(雀助)駒の曲芸(升三)まくら(福圓)

107日:りん廻し(朝之助)首屋(春松)めしや土棒(春松)駒の曲芸(升三)お国なまり(福圓)

108日:桃太郎(朝之助)一分茶番(春松)味噌蔵(雀助)駒の曲芸(升三)忠臣蔵(福圓)

109日:野晒(朝之助)紙屑屋(春松)有馬小便(雀助)駒の曲芸(升三)六尺棒(福圓)

1010日:高砂屋(朝之助)くやみ(春松)陰陽まくら(雀助)駒の曲芸(升三)稽古屋(福圓)

1011日:掛取萬歳(朝之助)集合酒(春松)天災(雀助)駒の曲芸(升三)夢金(福圓)

1013日:あくび指南(朝之助)山岡角兵衛(春松)大田道灌(雀助)駒の曲芸(升三)疝気の虫(福圓)

1014日:干物箱(朝之助)電気まくら(松幸)こひかめ(雀助)駒の曲芸(升三)めがね屋(福圓)

1015日:地雷屋(朝之助)浮世床(春松)高尾(雀助)駒の曲芸(升三)二番目(福圓)

1017日:二番目(朝之助)はり葉狐(春松)X光線(雀助)駒の曲芸(升三)浮世床(福圓)

1019日:伊勢参り(松竹)大國や(文福)新講談(松風)勘定板(朝之助)ハイカラ義太夫(楽太夫)曽我圓丸(春松)太鼓針(雀助)駒の曲芸(升三)丁稚(福圓)

大正8101日 大阪朝日新聞

◇浪花三友派 一日より同派組合各席の出演者を取替。南地紅梅亭其他に出演する幹部連中の外東京講談小金井芦州(是は紅梅、松島文芸、福島延命の三席)其他出雲名物安来節の渡辺糸、原銭鉄一行、鹿児島踊月の家勝子一行、其他滑稽掛合噺橘一円、信濃家小半。

◇反対派の十月 南地、北陽両花月亭には従来の幹部の外金原亭馬生、三遊亭円左、久々三桝家紋左衛門も出演する。

大正8101 京都日出新聞

◇芦辺館  一日より出演順左の通り。

桂小文三、笑福亭枝鶴、三遊亭しん蔵、桂家吾妻、団朝、三遊亭とん馬、橘一馬、三遊亭遊三。

大正8101日 神戸又新日報

◇千代之座 一日より左の顔ぶれなりと。

歌路、都枝、橘太郎、右圓遊、圓輔、扇三、幅丸、小三冶、登美嬢、曲芸丸井亀二、丸井亀次郎、米團次、馬生

大正8101日 山陽新報

大福座 東京大阪合併落語橘家圓叟一座愈々一日より開演初日番組左の如し

落語(入込)落語(圓寿)落語顔芸(露好)東京落語(菊楽)東京落語(圓菊)落語(輔力)落語音曲珍芸(三猿)清元(若吉)浮世節手踊(梅八)東京落語(圓叟)

大正8102 大阪朝日新聞京都付録

◇反対派出番 笑福亭及び富貴亭の一日よりの交代連左の如し。

△笑福亭 白魚、残月、喬之助、福助、三輔、枝太郎、小円太、文之助、扇枝、夏雲昇、円か、桃太郎、円治、枝右衛門、勝路、八百三。

△富貴亭 柳朝、枝雀、千橘、円好、文之家連、円笑、直造、小南光、寿々女、団勝、小文吾、京ト助、扇太郎、円三郎。

大正8105 京都日出新聞

◇富貴席 五日昼席開演。出演者左之通り。

 柳朝、枝雀、千橘、五郎、円好、文之家連、円笑、直造、小南光、寿々女、団勝、小文吾、京都助、扇太郎、円三郎。

大正81011日 大阪朝日新聞

<小金井芦州来阪、三友派の席に出る>

◇浪花三友派 同組合席南地紅梅亭、新町瓢亭、御霊あやめ舘の三席に前一座の外東京講談小金井芦州の出演。

8年 005

〈編者註〉「富士正晴記念館所蔵 寄席番組類目録」(富士正晴記念館・平成12年)に紅梅亭の十月十一日よりの出番順(上図)が載る。

大正81011日 大阪朝日新聞

<金原亭馬生独演会・南地花月亭>

◇南地花月亭席 十二日正午より金原亭馬生の独演会。演題は小言幸兵衛と子別れ、おせつ徳三郎、余興は東京落語取合声色。

大正81011 大阪朝日新聞京都付録

◇十一日より左記交代連出演。

△笑福亭 張有利、文治郎、勝太郎、菊団治、文雀、円若、馬琴、扇遊、円笑、文昇、福松、文太郎、扇太郎、枝右衛門、小文吾。

△富貴亭 林占田、円太郎、半玉、茶好、三輔、若竹、清子、円遊、かしく、文之助、円歌、記島、柳丈、京都助、円三郎、八百造。

大正91011日 京城日報

[広告]明治町 電話二六〇番 浪花館/當る十一日より毎日午後六時開演/東京落語研究會幹部春風亭柳窓喜劇桔梗家連合同一行/落語宝船(桂笑太郎)落語音曲(笑福亭笑三)落語手踊(桂枝丸)娘義太夫(豊竹住登)落語ステテコ(桂春松)落語音曲(三遊亭圓輔)人情笑話扇子舞(桂枝三郎)東京落語(春風亭柳窓)大切喜劇(桔梗家連)

大正81012 大阪朝日新聞京都付録

<桂家残月、春風亭柳朝二人会・京都富貴亭>

◇富貴亭 十二日正午より桂家残月、春風亭柳朝の二人会を開演す。演題左の如し。

三本樹の名妓、伊藤公と賊(桂家残月)、人情噺旗本五人男、滑稽九段目(春風亭柳朝)

大正81015日 神戸又新日報

◇千代之座 十五日より三木助出演、其他の顔ぶれは、米團次、扇三、右圓遊、圓輔、小三冶、福丸、馬生、余興亀次郎、亀二の曲芸

大正81028日 山陽新報

<雷門助六一座・岡山大福座>

大福座 初日好人気の東京落語雷門助六一座二日目語物左の如し

落語音曲(美都)落語(雷蔵)名古屋名物源氏節(美家吉、美根の助、小美家)落語扇舞(助六)大切余興楽屋総出

大正81030日 神戸又新日報

◇千代之座 三十一日より出番変りの上左の如し 歌路、都枝、右圓遊、扇三、女道楽、小燕朝、燕朝、登美嬢、圓都、小半、一圓、門左衛門、花橘、三木助、圓

大正81031日 大阪朝日新聞

<三遊亭円馬会・南地花月亭>

◇円馬会 三十一日正午より南地花月亭にて三遊亭円馬会を催す。出演者は染丸、遊三の外円馬が十八番ものをならべ、大切一座の総掛合労働演説会。猶一日より各同組合席に立花家播之助出演す。

◇反対派落語 三十一日より南地花月亭にて若手連の演芸会開演。又松島南地両花月亭、改築中の永楽館改め花月倶楽部及び長池花月亭には三十一日より幹部連の外神田伯山其他若手にて開演。

〈編者註〉長池花月亭とは北陽花月亭のこと。北区北新地長池にあった。三友派の永楽館に対抗するため大正六年に開館したが、永楽館が反対派に買収され、花月倶楽部として南地花月亭とともに反対派の中心席となったため昭和初期に閉館した。

大正81031 京都日出新聞

◇芦辺館 一日より交代連。

林家染丸、杵屋勘三郎、勘左衛門、高峯筑風、大切余興落語歌劇月宮殿染丸、三八外連中。

◇笑福亭 卅一日より交代連。

  文之家連、五郎、円歌、柳朝、琴遊、三輔、千橘、文之助、星花、小南光、団勝、柳丈、福松、輔力、露好、歌遊、勝路、八百三。

◇富貴席  卅一日より交代連左の如し。因に当日は昼席有りと。

紋右衛門、カウレトハヤシ、残月、喬之助、福助、福来、福徳、馬琴、門三郎、円叟、夏昇雲、雀輔、文太郎、円治、梅八、若吉、茶楽、枝右衛門、小文吾、円三郎、金馬。

大正81031日 北国新聞

<二代目柳家つばめ一座・金沢一九席>

愈々本日より東京落語柳家つばめ一座にて開演の筈

御祝儀(清元社中)落語(小三郎)笑話声色(小山三)滑稽落語(圓楽)音楽噺(歌六)滑稽落語(馬楽)鳥獣物真似(猫八)滑稽落語(つば女)軽口掛合噺(小芝鶴、芝女寿)

<編者註>十一月五日に掲載された「一九のつば女」という芸評を見ると、小芝鶴は蒲団廻し、芝女寿はボロ布に絵を書く芸をした模様

上方落語史料集成 大正8年(1919)11月12月

大正8111日 神戸又新日報

◇生田前戎座 本日より出番順左の如し。 宗之助、圓丈、梅幸、橘太郎、扇三、花橘、圓都、歌路、右圓遊、三木助、都枝、女道楽、門左衛門、登美嬢、圓

大正8113日 名古屋新聞

富本席 ぶんぼう花見(牡丹)よいよいそば(六松)宮戸川(助三)明烏(都楽)新講談(松風)集合酒(美都)紙屑屋(権助)稽古屋(助六)西行法師(松竹)野晒(朝之助)鰍ケ澤(雷蔵)

大正8119 大阪朝日新聞京都付録

◇富貴亭 九日の日曜日昼席は忠臣義士会当派幹部三人会左記各々得意の読物。

 安兵衛で御座るヨ(桂家残月)、変装の大根売(金原亭馬琴)、あしたまたるゝ橋上(春風亭柳朝)

大正81112日 大阪毎日新聞

◇南地紅梅亭 其他三友派各席は十一日より安来節富田安楽一行、奇術天長斎ミカド、東京浮世節立花家橘之助等を差加ふ。

大正81115日 大阪朝日新聞

<神田伯山独演会・南地花月亭>

◇伯山独演会 十五六両日正午より南地花月亭にて神田伯山独演会。十五日の演題は小猿七之助化物伊勢屋と岸柳島、十六日は清水次郎長の内森の石松と光圀公。

大正81118日、19日 神戸新聞 神戸又新日報

<橘ノ圓都改名披露会>

◇円都改名披露 当地お馴染の落語家橘家円歌は、今回円都と改名したるより、十八日、十九日、二十日の三日間、新開地千代之座にて改名披露会を開き、当日は円都連の切り落しありと。

◇圓歌の改名 新開地千代之座出勤の橘家圓歌は今回、橘の圓都と改名せし為め、昨日より二十日迄改名披露を行う。(神戸又新日報 19日)

大正81121 大阪朝日新聞京都付録

◇笑福亭 二十一日よりの交代連。

東京講釈界泰斗神田伯山独演会長講三席。夜補助として伯山高弟伯治出演。

◇富貴亭 二十一日より交代連。

 天賞、小天賞、呑州、枝雀、太郎坊、四郎坊、かしく、文之助、妻奴、伊達奴、円笑、小円太、扇張、小高、高蝶、扇雀、はな咲、林占田、円菊、歌遊、勝路、円三郎。

大正81121日 京城日報

◇浪花館 明二十一日より替り興行は、東京落語歌舞音曲笑話圓頂派の花形橘圓次郎の大一座にて開演の筈なるが、一行は内地各地至る処に好評を博したる新顔のみにて、若手人気者揃いがたっぷりと高座を勤むる由。

大正81122日 京城日報

[広告]明治町 電話二六〇番 浪花館/落語特別興行/圓頂派橘圓次郎大一座/昔ばなし(橘圓一郎)落語手踊(桂梅之助)滑稽手品手踊(橘市楽)笑話手踊(桂枝之助)通俗講談(大森蘭月)音曲ばなし(桂小圓枝)落語扇舞(雷門小助六)人情ばなし(林家正團次)珍芸一人角力、笑話舞踊り(橘圓次郎)/一行二十一日より開演仕候

大正81125日 神戸新聞

◇聚楽館 本日より向う六日間開演の「東京名流名人会」一行は、前景気頗る良好なり。本日の読物左の如し。

曲芸(海老一社中)琵琶(加藤北斎)落語(桂かん治)講談「高田馬場十八番斬り」(桃川如燕)琵琶「小楠公」(高峯筑風)落語(柳家三語楼)明烏夢淡雪(加賀太夫、宮古太夫)浄瑠璃「野崎」(竹本綾之助、二三龍)三人滑稽(海老一、海老蔵社中)

大正81130日 大阪朝日新聞

◇三友派落語 一日より従前一座の外に奇術天長斎ミカド一座、掛合噺信濃家小半、橘一円一座、大切余興として三遊亭円馬外総一座で源治店の茶番。

大正81130日 大阪毎日新聞

◇[広告]楽天地 十一月三十日初日 (各種演目中に)「粋を集めた大八会 諸芸大寄せ 入れ替り立替り御機嫌を伺ひ升」

大正8121 大阪朝日新聞京都付録

◇芦辺館 一日よりの交代連。

松鶴、吾妻、団朝、子遊、円枝、柳昇、源一馬、三八外全員。大切余興三枚起證松鶴外一座。

大正8121日 名古屋新聞

富本席 本日より初代林家正蔵當年百三歳現今の落語界の大名人出演す 御祝儀(牡丹)笑話(助三)落語(寿楽)昔ばなし(都楽)動物物真似(権助)面白はなし(松竹)ハイカラ義太夫(楽太夫)人情ばなし(雷蔵)滑稽落語(助六)人情噺(正蔵)

大正8122日 大阪朝日新聞

◇反対派落語 松島花月亭と北陽花月倶楽部は従来の幹部連の外、東京の幇間桜川長寿と人情噺三遊亭円州、滑稽掛合太郎坊、四郎坊も出勤する。

大正81211日 大阪朝日新聞

<二代目三遊亭円馬(円翁)建碑式・紅葉寺>寿法寺のブログより 圓翁の墓

◇円翁の碑 円馬改め故円翁のため当代円馬と弟の円発起にて上本町九丁目紅葉寺へ碑を設らへ一周忌法要を兼ね十一日建碑式を行ふ。<編者註>写真は、「寿法寺」のブログより

大正81214日 名古屋新聞

東京名人 十六日より拾八日迄萬松寺帝國座にて臨時特別興行として左記名人連出席午後五時開演すべしと

浪花節(春白亭清吉)講談(田辺南龍)落語(三遊亭圓窓)新講談(村山鳥連)同(野口復堂)落語(三遊亭圓右)新内(富士松島之助)

大正81216日 名古屋新聞

東京名流名人 帝国座に於ける同今十六日(午後五時開演)初日の番組は浪花節安兵衛声入(春日亭清吉)新内此糸蘭蝶(富士松島之助)落語お見立(三遊亭正右)新講談任侠船長(村山鳥連)落語富久(三遊亭圓窓)新講談松平伯耆守(野口復堂)新講談嘉永馬術の誉(田辺小南龍)講談長短槍仕合(田辺南龍)首提灯(三遊亭圓右)

大正81219日 神戸又新日報

◇千代之座 二十一日より交代出演、三木助、橘の圓、余興役割定九郎(圓天坊)弥一兵衛(米昇)弥五郎(圓歌)春郷(圓天坊)猪(春輔)おかる(文如)勘平(小半)母かや(歌路)

大正81220日 大阪朝日新聞

◇忘年演芸会 浪花三友派南地紅梅亭は二十一日より一座の得意の演芸にて忘年の催し。演題は音曲手踊り、奇術、掛合噺、長唄(杵屋連中)、五人廻し、長講落語、労働演説、茶番忠臣蔵大序より七段目引抜元禄踊り。

大正81221日 大阪朝日新聞

◇忘年演芸会 落語反対派南地花月亭、二十一日より忘年演芸会開催。奇術曲芸掛合噺、喜劇「おぼろ月夜」、長講落語、軽業、都々逸角力、清元等。

大正81224 大阪朝日新聞京都付録

<第二富貴亭新築落成>

◇第二富貴亭 大宮寺の内の落語席西陣館は今度新築落成し、第二富貴席と改称、反対派の岡田政太郎氏経営し、二十三日落成式を挙げたるが、二十六日より三日間毎日午後五時より開演の筈。

大正81230日 京城日報

[広告]明治町 電話二六〇番 浪花館/京阪大合同落語大演芸會/大正九年一月元日より/落語宝典(三遊亭福太郎)落語音曲(笑福亭笑三)落語歌舞(桂枝丸)落語ステテコ(桂春松)落語音曲(桂小圓枝)落語歌舞音曲(柳家春之助)娘義太夫(豊竹東昇)落語歌舞(桂枝三郎)人情噺(春風亭柳窓)落語曲芸歌舞(雷門小助六)落語音曲(三遊亭圓輔)落語音曲歌舞(桂花丸)落語人情噺(三遊亭遊橋)大切余興七福神松竹梅(社中総出)



 

【参考資料】

<紅梅亭(三友派)の日曜会・独演会>

一月十九日

出演者:玉輔、枝鶴、花橘、蔵之助、文団次、染丸、遊三、松鶴、円馬。余興ウワンダー正光一行の奇術。

一月二十六日(常磐津文字花会)

語り物:金藤次下の巻と伊勢音頭油屋十人斬まで。補助として三友派の桂家染丸、三遊亭遊三の両名出演。

二月十六日

出演者:枝鶴、円枝、春団治、米団治、蔵の助、染丸、円馬、松鶴。余興杵屋勘三郎、勘右衛門の長唄吉
 原雀。

二月二十三日(三代目三遊亭円馬独演会)

番組:「粗忽の使者」「動物園」「お染の仇討」「唐茄子屋」。余興は鶴賀吾妻、円朝の新内節。

三月九日

番組:島めぐり(染雀)、牛ほめ(染八)、崇徳院(米紫)、馬の尾(蔵の助)、なき浜(米団治)、小金の煮物(遊三)、鶴満寺(染丸)、三国誌(小勝)、蜆売(文団治)、余興杵屋勘三郎・勘左衛門の勧進帳、ヴアイオリン合奏。

三月十六日(桂塩鯛襲名披露臨時日曜会)

出演者:同一座の幹部連の外東京より乗り込出演中の三桝家小勝と講談大島伯鶴が補助として出演。

三月二十三日(三升家小勝独演会)

 番組:長講四席「二十四孝」「三国志」「鰻屋」「一両損」。

四月二十七日(大島伯鶴独演会)

演題:「堀部安兵衛」「快男児亀井能登守」。その他勘三郎、勘左衛門の余興。

五月四日(三遊亭円馬・立花家花橘二人会)

 番組:御祝儀落語(三友派社中)、嫁入(花橘)、鰍か沢(円馬)、余興手踊・傘の曲(とん馬)、芝居噺・
 網七(花橘)、落語連鎖・出刃包丁(円馬)

〈編者註〉「富士正晴記念館所蔵 寄席番組類目録」(富士正晴記念館・平成12年)にこの時の番組表が載る。

8年 005no

五月二十五日(一龍斎貞山・橘家円蔵二人会)

演題:貞山は因果小町、円蔵は妾馬と五人廻し。

六月八日

番組:盲目景清(竹枝)、りんき独楽(枝鶴)、人形買(円枝)、市助酒(文団次)、百年目(染丸)、肉付の面(遊三)、借家怪談(松鶴)、余興(丸一社中鏡小金一行)、各国名物踊(東京春の家一行)

六月二十九日(臨時日曜会)

出演者:円坊、蔵之助、三悟楼、円馬、読心術山田学殿、余興曲芸丸一小仙・小松・小金等。

七月六日(桂文三三回忌追善会)

出演者:桂小文三の主催にて家元桂文治補助となり、落語は同派の幹部連出勤する外補助員として東京丸一社中の鏡味小金、小松小仙、講談は一竜斎貞山が出勤して義士伝を演ず。

十月十二日(小金井芦州独演会)

演題:柳田堪忍袋と大久保三軒家、血染めの木履、玄治店。余興渡辺糸八一派安来節と鰌掬ひ。

十月二十六日

出演者:米花、米之助、塩鯛、蔵之助、染丸、円馬(小言幸兵衛)、松鶴(後家馬子)、遊三、文団治
 (泣塩)等。余興狂言一円、小半出演。

十一月十六日(立花会・立花家橘之助後援)

出演者:蔵之助、円枝、円坊、米団次、円馬、染丸、遊三、松鶴、円子、橘之助。大切滑稽勧進帳(連中
 総出)。

十一月二十三日

出演者:竹枝、枝鶴、円馬、円枝、蔵の助、染丸、文団治、遊三、松鶴。余興信濃家小半と橘一円の軽口。

十二月七日(円翁追善演芸会)

演題:滑稽掛合「藤十郎の恋」、故円翁得意の落語「塩原多助」円馬、「五人廻し」川柳、花橘等。

<京都芦辺館(三友派)の日曜会・独演会>

一月二十六日(三遊亭円馬独演会)

番組:前講(座員)、大岡政談一両損、新作・ひつじ、小倉船、文七元結上下二席(円馬)。会費四十銭。

二月九日(常磐津文字花会)

 語り物:「忠臣蔵」二段目、「伊勢音頭油屋」十人斬迄。補助は林家染丸外座員。

二月十六日

 番組:御祝儀(小南光)、浮世根問(枝女太)、景清(円之助)、錦の下帯(かしく)、盗人の挨拶(三八)、余興大奇術(ジヤーグラー光一)、富久(川柳)天神山(花橘)、双蝶々(遊三)

三月九日

番組:鳥屋坊主(小南光)、商売根問(蔵造)、景清(扇太郎)、あたご山(かしく)、牛の丸薬(三八)、筑前琵琶常陸丸(高峰筑峰)、胴切り(円枝)、名人源五郎(川柳)、余興玉手箱(一座)。会費三十銭。

三月十六日(桂家残月独演会)

演題:「竹田宮殿下御美徳」「堀部安兵衛の間者」「乃木将軍逸話」、外に座員落語の数席。会費三十銭。

四月二十日(大島伯鶴独演会)

演題:「堀部安兵衛」「忠僕直助」の二席。中入は一座総出の喜劇「キユーピーさん」外落語数番あり。

六月一日(橘家円蔵独演会)

演題:無学者、松山鏡、五人廻し、妾馬等。とん子、円坊、蔵之助等補助に出演。会費五十銭。

六月八日(橘家円蔵・柳家三語楼二人会)

演題:探偵うどん(円坊)、官営芸妓、長命(三語楼)、みいら取り、首丁ちん(円蔵)。会費五十銭。

六月二十二日

番組:旅の賑(小万光)、明日飛脚(都枝)、二人くせ(扇太郎)、こんにやく問答(柏枝)、番頭の失敗(枝雁)、盗人の挨拶(三八)、余興千両幟(吾妻・団朝)、大福餅(川柳)、小猫(円枝)、肉付の面
(遊三)

八月三十一日(橘家円蔵独演会)演目不詳。

九月七日(橘家円蔵独演会)演目不詳。

九月十四日(三遊亭円馬独演会)

演題:妾馬と淀五郎、子別れ上下。余興小仙の曲芸。

九月二十八日

番組:高宮川(璃若)、延陽伯(鹿蔵)、蛸芝居(枝女太)、かつぎや(小はん)、赤子茶屋(三八)、後の塩原(川柳)、余興曲芸(小仙)、講釈(小枝鶴)、百年目(花橘)、寝床(文団治)

十月五日(三遊亭遊三独演会)

演題:三味線栗毛、小言幸兵衛(遊三)、中入余興梅野由兵衛(吾妻・団朝)、おせつ徳三郎、孝女仇討上下
 (遊三)

十月二十六日(せんたく会

番組:御祝儀(鯛次)、浮世根問(竜造)、本能寺(子遊)、辻八郎(染八)、偽せ息子(枝雁)、不思議のバリ〳〵(文如)、中入剱舞(一馬)、百物語(三八)、鼠小僧(川柳)、二番せんじ(円枝)

十一月九日(五人会)

番組:ショノ玉(染丸)、悋気の見本(蔵之助)、山崎屋(遊三)、二日酔(円枝)、妾馬(円馬)。大切労
 働大演説会(前記五人出演)。会費五十銭。

十一月十六日

番組:前席(鯛次)、商売根問(蔵造)、生貝(染八)、五人廻し(せん馬)、腰抜博奕(三八)、おはや与兵衛(川柳)、長唄吉原雀(杵屋勘三郎・同勘左衛門、合奏野崎)、二人書生(蔵之助)、宿屋仇(枝鶴)、みゝじか〳〵(文団治)

十二月七日(春風亭柳昇独演)

演題:元犬、子別れ(上下)、らくだ、輸卒(柳昇)。中入新内節吾妻、団朝。

〈編者註〉独演会が日曜会(臨時日曜会)として開催されているのかどうか、新聞記事も各紙曖昧で区別がつかない。とりあえず日曜日の昼に紅梅亭及び芦辺館で開催されたものはすべてここに掲げた。

プロフィール

丸屋竹山人

カテゴリー
  • ライブドアブログ