大正11年

上方落語史料集成 大正11年(1922)1月~2月

大正111月 

 大阪の寄席案内

◇三友派

一日より紅梅亭へ枝鶴、かしく、花橘、染丸らが出演。【下図参照】

二十九日正午より紅梅亭に小金井芦州独演会。

◇吉本花月派

 十五日正午より南地花月亭にて第一回大阪落語保存会を開催。

 京都の寄席案内 

◇三友派

一日より福笑、福之助、三次、小染、柏枝、花州、扇太郎、蔵造、枝女太、桂洲、小はん、円笑、小文字、
  福円、福松、川柳、円歌、三八、一馬、塩鯛等出演。余興二人羽織(扇太郎、蔵造、枝女太等)、大切
  「桃太郎」引抜「旭光照波」。  

◇吉本花月派

一日より各席へ松蔵、円太郎、勝太郎、旭松、市蔵、桃太郎、小円太、枝太郎、朝日家連、馬琴、菊子、助
  六、半玉、茶好、麦団治、雪枝、右円遊、南天、円弥、右之助、枝太郎等出演。

十一日より小文枝、千橘、米団治、助六、扇枝、少年落語桂小春団治、筑前琵琶星花、少女長唄清子・若
  竹、杵屋連、東京歌舞伎声色会長楽・春楽等が出演。

二十一日より三升家紋右衛門・紋十郎、三遊亭円遊、三遊亭円若、桂家残月、橘歌之助、三升家小鍋(珍
  芸)、立花家扇遊、軽口の半助・玉助、花菱家女連一行の女道楽、木村マリニー一行の国際的大魔術が出
  演。

大正1111日より

◇南地紅梅亭出番順

11年211年











〈編者註〉「富士正晴記念館所蔵 寄席番組類目録」(富士正晴記念館・平成
12年)より転載。左が表、右が裏。

大正1111日 神戸新聞

千代之座 出演者は春輔、圓都、染五郎、小半、歌路、正楽、圓瓢、おかめわかめ、寅子、三木助、圓馬

大正1114日 大阪朝日新聞

○民衆芸術の閻魔帳(下)値踏の落語  

△「ヘイ明けましてお芽出度う御座います」と扇子片手に高座に上り、鍔目の合はぬ落し噺にお客の笑を買ふ落語家渡世にも近代的な風が吹く。

△今大阪では三友亭[三友派]、花月派、大八会の三派が市内近在三十数箇所の寄席で連日連夜鎬を削つて競争しているが、此の分裂の濫觴(はじまり)は先年桂文三の没後一抹の乱れが落語界を襲うて以来のことで、爾来師弟の情義は薄らぎ、稽古よりも先づ金をと云ふイヤな思想が根を広げ出した。昔は席主が真打一枚を抱へると一行の顔振れはその門弟で拵へ、給金は夫々師匠が定めて分配してやつたものを、現今は人気本位で席元が落語家一名宛の値踏をする。噺は下手でも人気のある者は給金が高い。従つて其の場逃れ的の浮ッ調子な落語が多くなつて、深味といふものが全然なくなり、踊の上手な者は直ぐ立つて舞ひ、声の良い者は安来節のひとつも唄つて、精々二十分の受持時間(昔は一名に一時間以上も割当てられた)を胡麻化せばそれで済む。今日落語の行詰も根ざす所はこの辺にあるらしい。

△落語家もあれで阿呆では出来ない稼業である。「知識」はなくとも「智恵」は要る。愛嬌七分に口先三分、チャント高座に坐るや否や先づ聴衆の心を掴んで了ふことが大切で、ウッカリやり損なつたが最後もう終りまで取返しがつかない。放蕩三昧の揚句の果、身を斯の道に陥す粋な中年の男でも是れだけの修業にザッと十年は掛るといふ。それで本当に饒舌れるのは四十五六歳までといふから落語家の寿命も案外短い。文団治が明けて六十四、枝太郎が五十七、松鶴が五十三で、何れも峠を通り過ごしているが、今日の若手連で是等の元老を凌駕する程の実力を有する者はないといふから心細い。

△収入は一晩三席を掛け持ちして入込み(前座)で月三四十円どころ、一流の領袖株で最高五百円にはなる。然し総ての芸人がさうであるやうに、落語家も亦「儲けて使ふ」よりは「使つて置いてから儲ける」主義でなければ人気が引立たたないから手許はいつも不如意であると、所得税不服申立理由のやうなことを云ふ者もある。

大正1115日 京城日報

<橘ノ圓一行・朝鮮浪花館>

[広告]明治町 電話二六〇番 浪花館/東京各流落語大一座 落語舞踊の名人橘ノ圓来演 外に若手花形数十名出演/落語楽天坊 落語手踊圓昇 少年落語圓童豆 珍芸社中 女流落語左近 落語舞圓雀 落語音曲手踊春輔 落語圓天坊 曲芸萬治 落語舞踊圓 大切余興社中

大正1117日 大阪毎日新聞

◇こども新年会 七日午後一時より三越呉服店屋上で吉例により開催。管弦楽三越音楽隊、子供狂言京都茂山社中、手品ウワンダー正光、曲芸丸一時三郎等。

大正1117日 九州日報

◇川丈座(博多) 落語橘の圓次郎一行好評、今七日番組は左の通り。

女天下(圓三)掛取(圓松)音曲手踊(博圓)鹿政談(圓次郎)物真似(ジョンベール)

大正1117日 京城日報

◇浪花館 六日の番組は、落語(楽天坊)笑話手踊(圓昇)少年落語音曲(圓童豆)珍芸(社中)女流落語手踊(左近)高尾(圓雀)たらちめ音曲手踊(春輔)不動坊(圓天坊)曲芸(萬治)穴どろ(圓)大切余興(社中)

大正1118日 京城日報

◇浪花館 八日の番組は、笑話手踊(圓昇)少年落語音曲(圓童豆)珍芸(社中)女流落語手踊(左近)うぶ湯稲荷(圓雀)山崎屋音曲(春輔)木挽茶屋(圓天坊)曲芸(萬治)子別れ(圓)大切余興(社中)

大正11111日 九州日報

◇川丈座(博多) 橘圓次郎一行新加入者にて好評。本日の番組は左の如くで、尚来る十二日迄日延べした。

十徳(圓三)松竹梅(圓松)改良ぜんざい(かほる)音曲手踊(博圓)鹿政談(圓次郎)音曲珍芸(ジョンベール)切電気応用所作事(一座)

大正11112日 京城日報

◇浪花館 宮まがくれ手踊(圓雀)法華とうふ手踊音曲(春輔)くしゃみ講釈(圓天坊)曲芸(萬治)ぼたんどうろ(圓)

大正11113日 九州日報

◇川丈座(博多) 今十三日より大阪政岡演芸團(落語、安来節、萬歳、浪花節)にて今初日の番組左の如くである。

落語手踊り(花遊)安来節(節子、□子)浪花節(照月)落語音曲(遊圓次)安来節(照子、繁子)滑稽萬歳(静夫、小春)

大正11113日 京城日報

◇浪花館 あんまごたつ踊(圓雀)居残り(春輔)源平玉(圓天坊)曲芸(萬治)塩原多助(圓)

大正11115日 京城日報

◇浪花館 市助酒(圓雀)三枚起請手踊(春輔)猫の忠信(圓天坊)曲芸(萬治)美人の生埋(圓)

大正11115日 神戸又新日報

千代之座 十五日より交代連出番 小半、歌路、梅團冶、染五郎、圓都、春輔、正楽、妻奴、かしく、夏雲起一行、三遊亭遊三、林家染丸

大正11119 京都日日新聞

<芦辺館改修計画・京極興行株式会社と合併> 

◇芦辺館も改修 三遊派[三友派]の高等演芸場である芦辺館はいよいよ二月中で改修に着手して、内容外観ともに面目一新して充実した演芸ばかりを見せるべく目下準備中である。同館は今後京極興行株式会社に合併する事となり、原田君は同会社の重役となつて、一面には太夫元を兼ねる事になる。即ち鈴木君と原田君との握手となつた訳である。現在の定連に大阪の新顔を加えた興行は先づ二月一ぱいと見てよからう。三月上旬に改築を終ると同時に花々しい斬新な興行法によつて落語界のレコードを破る傾向らしい。…新しい容れ物の出来る事は大に喜ぶべく、出演者も時代と併行して奮闘することが当世向であらう…。

大正11121 京都日出新聞 

◇笑福亭 安来節にて昼夜二回興行。

〈編者註〉笑福亭はこの年ほとんど安来節をかけている。

大正11123日 神戸新聞

<桂米昇、二代目桂梅團治襲名>

千代之座 出勤の落語家桂米昇は今回二代目桂梅團冶を襲名し昨今両日は披露をしてゐるが連中多く盛況

大正11126 京都日新聞

○京極演芸株式会社組織 劇場賃貸其他 

 各種演芸興行、劇場の賃貸其他付帯事業の経営を目的とする資本金三十万円未払ひの京極演芸株式会社は、新京極相生劇場事務所内に設立事務所を置き、近く発起人会を開いて同会社株式二百株以上に所有者中から取締役三名及び監査役二名を選任する筈である。会社存立期間を二十ケ年とし、株式は一万五千株(一株廿円)であるが、株券は悉く記名式で、十株券、三十株券の二種に定め、毎年二月八月に定時総会を開催して、毎期純益金中から其の二十分の一以上を法定積立金十分の一以内を役員奨励金に充て、残額を株主に配当すべく、又純益金の一部を配当準備積立金、資本金償却積立金に充て、或は次期に繰越すことがある。発起人に氏名は左の如し。

  大阪市南区島の内吉本吉兵衛、京都市木屋町四条上る竹内藤吉、大阪市東区内安堂寺町一丁目岡田栄太郎、京都市蛸薬師通河原町西入岡田政雄、同東洞院通上数珠屋町上る藤田嘉市、同間の町通七条下る松久又次郎、府下紀伊郡竹田村小山伊兵衛、同蛸薬師通河原町西入る古沢文七、同東寺四ツ塚町田中源之助

大正11126 京都日新聞

◇机上偶語 鬼仏庵(三一〇) 岡崎に花の栄旅館と云ふ新店が出来た。曽我廼家花菱が恋女房の二蝶と差し向ひで浮世離れのした新所帯、比叡颪が吹雪交りに吹く廿三日の小夜更けて極楽蜻蛉の一団が集まつた。三八、川柳、京亭、一華、金魚、□斎、少将、五郎、鬼仏…言ひたい事を云つて、食ひたいものを食つて、飲みたいものを思ふ存分飲む、そこに階級もなければ礼儀をも捨てた無礼講、飲む程に語る程に、時計はいつの間にか三時を打つていた…。

大正11127日 山陽新報

◇大福座 東京落語圓司一行五名にて二十五日より開演し、入場料は五十銭と四十銭。

大正11129日 大阪朝日新聞

◇新川柳 高座・酒

 笑ふのを高座へ近く遠慮する  南北

 間囃子高座暫く所帯じみ    同

 高座から桟敷へ丈の洒落を言ひ   

 現れた高座松鶴の笑ひ様    同

〈編者註〉酒の川柳は省略。

大正11129日 九州日報

◇川丈座(博多) 連夜好評の政岡演芸團一行、今三日目の番組は左の如し

安来節(玉之助、照子、君子、繁子)かる口(春駒、金蝶)落語手踊(小春)萬歳(政岡、奴)鴨緑江踊(金之助、政子)浪花節(照月)鰌すくい(座員総出)音曲噺(遊圓治)落語音曲(歌遊)真正剣舞(政岡)

大正112月 

  大阪の寄席案内

◇三友派

一日より各席へ笑福亭円歌、源一馬、信濃家小半等が出演。

十五日から各席へ東京落語橋本川柳、かしく、吉奴、妻奴その他出演。

◇吉本花月派

 二月一日より各席にて江戸ツ子会開会。海老一鉄五郎、木村マリニー(読心術)、三遊亭円右、小円右等出
    演。【下図参照】

五日正午より北新地花月亭にて三遊亭円右独演会。

五日正午より南地花月亭にて伊藤痴遊独演会。

五日午後六時より京三倶楽部にて伊藤痴遊独演会。 

十一日より各席へ四代目柳枝改め華柳、春風亭小柳枝等出演。

十二日正午より南地花月亭にて第二回落語保存会開催。出演者は枝雀、桃太郎、文団治、花団治、扇枝、春
  団治、小柳枝。

十九日正午より南地花月亭にて華柳、小柳枝親子会開催。演題は「そこつの針」「家見舞」(小柳枝)、
  「子別れ」「法華長屋」(華柳)

 京都の寄席案内 

◇吉本花月派

十一日より各席へ三遊亭円歌、橘家小円太、桂米団治、桂ざこば、桂桃太郎、桂助六、東湖聖行の剣舞、半
  助・玉助の軽口、久々御見得の松井源朝、清子・、若竹の新内手踊、ニコニコ・富春の万歳が出演。

十九日(日曜日)正午より新京極富貴席にて花月連第二回鹿声会を開催。演題以下の通り。会費五十銭。

 鍬形(桂枝鴈)、口入屋(桂助六)、子はかすがい(桂桃太郎)、仕込の大砲(桂ざこば)、小女仇うち
  (三遊亭円歌)

二十一日より各席へ小文枝、円若、扇枝、馬きん、桃太郎、軽口四郎坊・扇雀、身体運動の天賞・小賞、琵
  琶の星花、喬之助・喬子の外熱田名物寿獅子等が出演。

大正112月 神戸新聞

千代廼座 初御目見得の歌の家美代二が地で三木助が神田祭を踊るのが好評(213日)

千代之座 昨日より出演したる花橘と蔵之助は既に売込みし名前とて非常に客受けもよく蔵之助の落語は叩き込んだ腕に懸命の撚りをかけ地合のなき人とてホロリとさしてゐる(216日)

千代廼座 花橘の芝居噺は全く堂に入ったもので評判よく蔵之助の余興浪花節は玄人肌の旨さもあり、春輔の落語は神戸式を発揮したる頗る賑やか(224日)

大正1121日より

◇北新地花月倶楽部出演順

11年 00111年 2











【二つ折表面・左】如月興行 北新地花月倶楽部 江戸ッ子会

定評ある読心術の奇術 木村靖子・マリニー一行数名/東京落語の大家三遊亭円右 久方の御目見得、東京睦会の幹部三遊亭小円右 久々にて/江戸名物生粋茶番海老一鉄五郎一行

【二つ折裏面・右】當ル二月一日より出演順

落語歌雀、落語新昇、落語米治、落語さん好、落語手踊歌の助、東京人情噺円歌、音曲円若、教育美談残月、海老一鉄五郎一行、音曲踊小円太、落語声色振事紋十郎・紋右衛門、東京落語馬きん、清元喬の助、東京音曲噺円太郎、落語舞勝太郎、東京落語円右、曲独楽源朝

11年 003〈編者註〉『藝能懇話』第八号(平成6年)より転載。

大正1121日 大阪朝日新聞神戸付録

◇千代之座の一日より左の顔ぶれ。

三枝、梅團治、圓都、小半、正楽、春輔、三八、川柳、美代二、三木助、大切所作事神田祭(美代二、小半、三木助)

大正1122日 大阪毎日新聞

◇[広告]南地・松島・北新地各花月出演

當ル二月一日ヨリ連夜 江戸ッ子会

江戸名物海老一鉄五郎 読心術木村マリニー 若手真打三遊亭小円右 落語名人三遊亭円右 外幹部全員出演

大正1126 京都日新聞 

<芦辺館の林家染丸>

◇染丸と宝恵籠 初午と節分と宝恵籠と染丸の四つは二月の芦辺館では吉例となつて仕舞ふた。

去年の正月に切腹しそこなつた染丸は、恋女に腹を切らして冥途に旅立たせた加減か、五日の日曜会には先の仏と鶴満寺を演ずるとは先の仏に追善の下心と見たは僻目か。丁度去年の二月には生円楼の牛肉うどんや稲荷山の粕汁接待で一座した事がある。女十九で止めさすと云つた愚作の鴨緑江節も「かたみこそ今は仇なれ之れなくば」となつて仕舞ふた。泥濘の節分を花々しう宝恵籠に乗つて各遊郭を練り廻つて気勢を添えた上、可愛らしい張子の狗の人形を笹に付けて戸毎に配布した。六日夜の初午前夜には稲荷の己さんには山腹林家で粕汁の接待、笑ふ門には福来るの目出たい計画、梅の花にも魁する落語界の人気男、花やかな事、花やかな事。

大正1129日 大阪毎日新聞

○封じ物になる落語 其筋と噺家の懇談  

大阪の落語家は三友、反対、大八会三派を通じ約六百人あるが、演劇、活動写真等に比しその筋の取締の手が緩慢なので、兎角風俗を害する言語動作が多く、大阪府保安課では徹底的に落語界の取締をなすことゝし、既に各署長に宛てゝ通達を発したが、彼等は従来卑猥な言葉を平気で饒舌る癖があるので、保安課では十五六日頃市内の主なる寄席の持主および重だつた落語家百余名を招致して懇談会を開き、栗原文学士から落語取締に関する当局の方針を訓示し、一方落語家の言ひ分も聴取し、懇談を重ねる筈である。同時に従来の落語中で卑猥に亘るものは双方協定の上以後「封じ物」にする筈である。

大正1129日 大阪毎日新聞

<四代目橘家円蔵死亡>

◇三遊亭の重鎮橘家円蔵(五十一)は先頃来瘤癌で東京府下北品川歩行新宿の自宅療養中気管支炎を併発、八日午前九時死去した。円蔵、本名は松本英吉、二十四の時四代目三遊亭円生の門に入り三生と名乗り、明治二十七年、今の名に改めたのである。(東京電話)

大正11213 京都日新聞 

<四代目橘家円蔵を偲ぶ>

◇机上偶語 鬼仏庵(三二七) 
11年 004落語界の名人として珍重されていた橘家円蔵は七日長逝した。京都の最後の舞台は慥(たしか)去年の九月てあつたと思ふ。九月二十九日、それは二八会が丸山也阿彌で開かれた日で、同夜円蔵クンが帰東すると云ふので、何う云ふ縁であつたやら、也阿彌から自動車で駅に駆つけ、発車二分間前に車窓で円蔵クンと握手した。同業の三味、公紀クンも一緒であつた。円蔵の雇主であつた京亭クンは落語家が偶然にも東京に帰るとき、新聞社の人と握手する事は珍らしいと云つた事を記憶している。その珍らしい事をしたと云はれた円蔵クンは冥途の寄席へ出勤してもうこの世では見られない。「五人廻し」や「品川心中」「芝居のあら」など、骨を刺す様な落語はもう再び聴く事が出来なくなつたかと思へば如何にも残念なと思ふ。更に、何と思つて円蔵クンを駅に見送つたのか、今で思へばこれも前世の因縁であつたのかとも思つている…。

大正11215日 神戸新聞

千代廼座 今十五日より従来の三木助、寅子等が新加入して三友派幹部の立花家花橘、橘家蔵之助が出演し、尚大喜利余興には信濃家小半、桂三木助が乗合船を踊って賑やかに打ち出す

大正11215日 名古屋新聞

<三遊亭圓遊一行・名古屋御園座>

◇御園座 三遊亭圓遊に、橘家小圓太、桂文次郎等一座の落語で開演中。

大正11217 京都日新聞 

◇芦辺館は本月末から改築に着手して三月上旬に花々しく返り咲する。工費一万円とかだから見返す様にならう。

大正11217日 神戸新聞

生田前戎座 本日よりの出番替 梅喬、吉太郎、歌路、三蔵、梅團冶、三枝、三木助、蔵之助、春輔、小半、美代吉、正楽、寅子一行、圓都、花橘

大正11218日 神戸新聞

千代廼座 十八日より大喜利の余興「靭猿」に変更し三木助小半が得意の舞踊と蔵之助の余興にやる浪花節は殊の外喝采

大正11218日 名古屋新聞

◇御園座(圓遊一行の落語) 圓遊に大阪の文治郎が看板。落語は可なり演るが、御園座というダダ広い場所丈に、演るものも浮(うわ)ッ調子な陽気な物を選みシンミリした落語は聴けない。が、声色、芸足、音曲、女道楽などと色ものタップリで此種を喜ぶ連中には受けている。

大正1122021 京都日新聞 

<京都日日新聞読者招待大演芸会>

〈編者註〉十八、九両日、綾小路富小路西入富楽館にて京都日日新聞読者招待大演芸会が行われた。昼夜二回。昼の部は演芸会。夜の部は活動写真。十八日と十九日の昼の部の実見記は以下の通り。

❍演芸大会第一日(十八日)の盛況 …満堂の見物は続いて芦辺館連の演芸に聞惚している。福之助君の「寄合酒」、三次君の「大和めぐり」と手踊、小染君の「後家殺し」、蔵造君の「手踊」は大喝采である。二鶴君の手踊も亦軽妙。福松君の落語は老巧と云ふべく、踊になると聴衆は常連になつた積りで「逢ひたさに」を注文したりする。桂州君の乗合琵琶は滑稽に、端唄、はやり唄に大受だ。喜劇二人羽織は福円、枝女太、扇太郎、蔵造の四君が抱腹絶倒に、笑はずにはいられぬ天下一品とも云ふべき面白味を見せ、満場は唯湧くが如くであつた。次で円歌君の歌舞音曲は君一流の軽妙さを見せてアツと云はせ、枝鶴君の老巧ぶりには感嘆の声を放つた。最後に喜劇「性は善」では枝女太、枝鶴、福円、扇太郎の四人がそれ〴〵得意の特長を見せて最後迄見物を立たしめなかつたのは感心の外はない。これにて昼の部は打出し…。(220

❍演芸大会第二日(十九日)の盛況 …福笑君の「旅」、福之助君の「ものゝ間違ひ」と手踊、三次君の「八軒長屋」とすてゝこ、次には小染君と枝女太君の頭けりで満場の腹をかゝへさせ、桂州君の琵琶は例の如く大受け、二鶴君の手踊は堂に入つて軽い。福松君の落語は真打の重味を見せた。喜劇「二人羽織」は三八君が老爺になつて滑稽味を見せ、扇太郎君と蔵造君は大に笑はせる。一馬君の剣舞は豪壮で痛快、大切喜劇「性は善」は前日の枝鶴君の代役を三八君が勤めてヅバぬけた滑稽味を見せて五時十分昼の部終了…。(221

大正11221日 京城日報

[広告]明治町 電話二六〇番 浪花館/當る廿一日より落語安来節萬歳大一座/天中軒照月、花の家美代子、同繁子、同照子、同春子、同節子、笑福亭歌遊、三遊亭遊圓次、桂小春、花の家〆子、同笛子、同時子、同秋子、同玉之助、政岡静夫

大正11222 大阪朝日新聞京都付録

<落語家芝居(京都三友派連)・新京極中座>

◇中座 …二十二日からは芦辺館の三遊派[三友派]連中引越し江戸生粋梅坊主一行と合併して大演芸会を催す。毎日午後四時開場。重なる番組は 

落語(福笑、福之助、三次、小染)、三人道化(蔵造、扇太郎、枝女太)、落語手踊(二鶴)、琵琶(桂州)、落語(麦団治)、茶劇(梅坊主一行)、歌舞(秀菊、秀勝、秀竜、秀子)、喜劇脱線(福円、福松、二鶴、小染、麦団治、一馬)、音曲噺(円歌)、落語(枝鶴)、深川かつぽれ住吉踊(梅二、一鉄、梅太郎、梅坊主)、大切落語芝居「二十四孝十種香」八重垣姫(一馬、三八)、勝頼(円歌)、濡衣(枝鶴)、謙信(円笑)、小文治(福円)、六郎(福松)

〈編者註〉二十二日から二十八日まで七日間。同日広告には大切落語芝居の役割は「八重垣姫(枝鶴)、勝頼(円歌)、濡衣(福円)、謙信(円笑)、六郎(一馬)、小文治(福円)」とある。毎日配役が変っていたのかも知れない。なお大正11227付「大阪毎日新聞京都滋賀付録」に実見記が載る。

<鹿芝居を観る>

◇鹿芝居 十三年ぶりとかで京極中座で鹿芝居をやつている。綺麗首を揃へただけに「十種香」とはふるつている。

円歌の勝頼はアノ奥眼に白く塗つたのだからまるで縫ぐるみの犬のやうな顔で、例によつて気味の悪い声で尻こそばゆくなるが、形は不思議によい。何か取得のあるもの。

一馬の濡衣は当世で一ばんモノになつているが、肩つきがいかついのでやつぱり劔舞をやり出し兼ねないすさまじさだ。

枝鶴の八重垣姫は見物に背を見せて回向している間が身上。顔を見物にむけるとチョッと場をどよめかすのは珍面の徳。首を左右に振りながら手を互(たがい)ちがひに動かす丈けで、声は思ひ切つて悪く、調子はあどけない。何よりも真面目なのが一ばんいゝ。

 注進の出までに失敬する。決して見るに堪へぬ訳でなく、終電車を心配して…。

大正11225日 九州日報

<橘圓次郎一行・博多川丈座>

◇川丈座(博多) 東京落語橘圓次郎一行、九州巡業のお名残として廿五日より四日間入場料五十銭均一で開演。初日の主なる番組左の如し。

寄合酒(かほる)素人俥(圓三)少年落語(博圓)音曲珍芸(ジョンベール)薪割並に振事(圓次郎)切電気応用所作事(一座)

大正11228日 大阪朝日新聞神戸付録

◇千代之座一日より従来の三木助、正楽、春輔等の外に笑福亭福松が加入し、色ものとして君春と隈龍の義太夫、東京春本家芸妓連の各種名物踊、東京たぬき家の音曲滑稽茶番、中国民國人の危険奇術等を加えると。

上方落語史料集成 大正11年(1922)3月~4月

大正113月 

大阪の寄席案内

◇三友派

一日より紅梅亭、瓢亭、あやめ館の三席へ人情噺三遊亭小円朝、身体運動夏起雲一行、操り人形結城孫三郎
  一座が出演。

 十二日より紅梅亭にて三遊亭小円朝独演。演題「塩原多助」「皮財布」「牡丹灯籠」。余興茶番(枝鶴、円
  歌、花橘等)

二十一日より各席へ講談の邑井貞吉、音曲茶番狸家連一行が出演。

三十、三十一日午後六時より紅梅亭にて柳家小さん、一竜斎貞山二人会。余興百面相鶴枝、歌沢小満。

三十日:らくだ、猫久(小さん)、大高源吾、三村次郎右衛門(貞山)、余興鶴枝百面相、寅子満歌沢。

三十一日:夜うどん、胡椒の悔み(小さん)、天野屋利兵衛、義士討入から引揚(貞山)、余興同上。

◇吉本花月派

 一日より南地、松島、北新地花月へ春風亭柳枝、同小柳枝、神田伯山が出演。

 五日正午より南地花月亭にて神田伯山独演会。「大瀬半五郎」「武家譚」

 十一日より南地、松島、北陽花月亭へ尺八の加藤渓水、柳橋幇間桜川長寿。柳枝は引き続き出演。

 十一、十二の両日正午より京町堀京三倶楽部にて伊藤痴遊独演会。

十九日正午より南地花月亭にて落語保存会開演。

向付け(枝雀)、大工裁判(柳枝)、百年目(米団治)、軍人の妻(ざこば)、余興桜川長寿、加藤渓水
  (尺八)

京都の寄席案内  

◇三友派 

一日より芦辺館修築落成特別興行。

十一日より芦辺館へ福円、福松、三八、一馬、川柳、邑井貞吉、歌路、花橘、とん馬、染丸が出演。大切余
  興として目下四条南座で大好評の世話情浮名横櫛。役割は与三郎(一馬)、お富(とん馬)、蝙蝠安
  (染丸)。

二十日より福笑、福之助、若橘、扇之助、柏枝、蔵造、枝女太、桂州、福円、麦団治、川柳、円歌、三八、
  初お目見栄春本連(清子・花子・政子・時子・小政・美代吉)、福松、小円朝、一馬、団笑。

◇吉本花月派

一日より各席へ立花家円太郎、桂枝雀、橘家勝太郎、桂文治郎、橘家小円太、桂枝太郎、桂助六、三遊亭円
  遊の幹部連、その他曲芸の直造、軽口の福徳・福来、長唄の初子・道子が出演。国際的大魔術読心術木村
  マリニー師特別出演。

十一日より各席へ桂春団治、桂文団治、三遊亭円歌、桂枝雀、立花家扇遊、橘の歌之助、杵屋連の長唄、清
  子若竹の清元、女道楽の歌奴、関西漫歳ニコ
〳〵・
富春の外春風亭小柳、海老一鉄五郎一行等初お目見
  得。

十九日(日曜日)正午より新京極富貴席にて落語鹿声会を開催。出演順は以下の通り。会費五十銭。

 伊勢参宮(小太郎)、ロクロ首(歌雀)、蜜柑売(梅香)、湯屋番(歌之助)、軒付け(文雀)、尺八手
  踊(扇遊)、出世の書状(円歌)、らくだの葬式(春団治)、植木屋三蔵(文団治)

二十一日より三升家紋右衛門・紋十郎、三遊亭円若、桂ざこば、桂米団治、桂扇枝、桂桃太郎、桂菊団治、
  三升家小鍋、海老一鉄五郎一行の外、尺八の加藤渓水(初御目見得)、奇術の一陽斎正一が出席。

大正113月 神戸新聞

千代廼座 本日より出演する東京春本家芸妓連は一行八名にて相馬踊桶狭踊オイトコ踊松前踊等各国の名物踊にお客に受けさせ東京たぬき家は東京各席にて非常の好評を博したる一行にて長唄常盤津清元の吹寄せは一行独特の売物(31日)

◇千代廼座 三月の出番は非常に目先が変りをる事とて盛況を続けているが君春と隈龍の義太夫は好評にて久々の御目見得とて評判よく、亀代子、隋振声の危険術は思い切ったる大冒険にて年少の亀代子が大喝采をあび、滑稽運動も又大喝采である(33日)

千代廼座 笑福亭福松は久々の御目見得とて評判よく軽妙なるその高座振りに多大の感興を与え東京たぬき家連の滑稽茶番は先月迄出演したる寅子とは又別趣味の面白味がある(37日)

千代廼座 東京春本家芸妓連の名所名物踊は中華民国人の冒険運動と奇術が斬新で好評を博してゐる(314日)

大正1131 京都日出新聞・京都日新聞 

<芦辺館修築落成特別興行>

◇芦辺館 京極興行株式会社の手に新経営となり改築中なりしが愈一日より特別興行として講談邑井貞吉、巴家寅子一行、林家染丸等加入。

出演順 麦団治、桂洲、枝女太、歌路、円笑、美代路、福円、とん馬、三八、巴家連、川柳、染丸、一馬、貞吉、大切操三番叟等。(京都日出)

◇新装して見参する芦辺館は外観は勿論のことその内容に至るまで一新する意気込み、いよ〳〵三月一日から蓋を開ける。桧造りの破風で一寸京極通りでは見られない壮観。東京から邑井貞吉を招き、従来の定連へとん馬、女連、六日から染丸が来るとの事である。(京都日日)

大正1131 京都日新聞滋賀付録

◇大津市大黒座 三月一日より東京梅坊主一行の演芸大会を開催。初日正午より花々敷く市中町廻りをなし午後五時開場。

追分節米山甚句(三河家芳子)、茶劇深川かつぽれ(梅太郎・元禄)、諸国名物踊(秀菊・秀勝・秀とら)、浪花節(三河家円昇)、音曲(花の家福平)、都々逸新内(秀染・秀福)浮世節(秀竜)、茶劇深川かつぽれ(梅二・一鉄)、茶劇深川かつぽれ(梅坊主)

大正1131日 名古屋新聞

11年 001<林家染丸一行・名古屋末広座>

◇末広座の落語 大阪落語三友派一行は本日午後五時から開場。入場料は、一圓、七十銭、四十銭。重なる出しものは、景清(染五郎)川中島(筑流)浮れの屑より(かしく)奇術(正光)品川情死(蔵之助)音曲手踊(吉好、小奴、妻奴)大晦日浮れの掛取(染丸)

[広告]本日より五時開演/大阪落語三友派 橘家蔵之助、林家染丸外十数名出演/末広座

<編者註>33日迄興行

大正1132日 大阪毎日新聞

◇[広告]三月一日ヨリ連夜 東京落語睦会幹部 春風亭柳枝 皆さんお待ち兼ねの東都講談界の名人 神田伯山 南地・松島・北新地花月

大正1135日 京城日報

<三遊亭門左衛門一行・朝鮮浪花館>

[広告]東京落語歌舞音曲女道楽三遊亭門左衛門 五日より開演 浪花館

大正11310日 神戸新聞

千代廼座 名所名物踊を売物とする女道楽東京春本家芸妓連は愈々十一日より出演。福松も合同して出演

大正11317日 九州日報

<小さん、貞山一行・博多川丈座>

◇川丈座(博多) 同好者に久しく期待された小さん、貞山一行は、いよいよ十七日午後六時より開演。一座は既に定評ある百面相の鶴枝、歌沢寅小満、若手真打の圓楽、小圓蔵、小半治等の腕揃いであるから連夜好評。初日の番組左の如くである。

道灌(小太郎)熊の皮(若蔵)神代(小圓蔵)音曲声色(小半治)三人旅(圓楽)歌沢玉川宇治茶(寅小満)大石山科決別より寺坂の注進迄(貞山)百面相(鶴枝)うどんや(小さん)

<編者註>小さん一行の番組は、下記の通り。

318日:無学者(小圓蔵)代り目(小半治)問答(圓楽)歌沢萬歳我がもの(寅小満)百面相(鶴枝)三村薪割(貞山)碁どろ(小さん)

320日:お七の十(小圓蔵)音曲噺(小半治)真田小僧(圓楽)活人形(鶴枝)歌沢(寅小満)義士勢揃いより討入迄(貞山)言訳座頭、こしょうの悔み(小さん)

大正11321日 大阪朝日新聞神戸付録

◇千代之座は二十一日より歌の家美代二と巴家寅子が御目見得する。尚目下九州巡業中の途にある柳家小さん及び貞山の一行が近々久々に出演する筈だと。

大正11321日 名古屋新聞

<三遊亭圓遊一行・名古屋第二ハルキ座>

[広告]東京落語界之泰斗 三遊亭圓遊/當四月廿一日五時開演/萬松寺 第二ハルキ座

大正11324 大阪毎日新聞京都滋賀付録326 京都日新聞・京都日出新聞

<芦辺館を覗く・春本連と小円朝>

◇「春本連」 春本といへば美人の淵叢赤阪の春本を聯想させる。この春本の名の前触によつてヒヨツコリ舞台に現れたのは白粉斑の瞽女が黒撥を以てペコ〳〵三味線の拍子を合はせているのに先づ度肝をぬかせる。「追分」「米山」といゝ加減に大漁気分をたゞよはせる時、楽屋から六人のまだ春をしらぬ小娘連が友禅モスの半玉姿で現れて気分を転換させる。銚子や常陸の土浦あたりでよく見る散財気分だ。松崎天民、田山花袋なら手を拍て喜ばう。相馬踊、鴨緑江踊、おけさ踊─何がな踊。都離れた気分。蓋し珍品たるを失はぬ。(新京極芦辺館の夜)(毎日滋賀付録

◇小円朝と春本連 定連の噂はヌキにして芦辺館へは二十一日から人情噺の泰斗、小円朝と春本連が来ている。春本連と聞けば美人揃と思つていると緞帳が上ると、一人の皷目が追分節のやうなものを謳ふ。これが春本連かと思つていると、両袖から飛び出した少女、花子、時子、清子、勝子、政子、小政と何れも十六七の花盛り、顔の美しいのが花子と政子である。相馬踊、おけさ踊、新鴨緑江、ハトセ踊など、都会のものは一寸驚くが若い女丈けに流石に前は受ける。新鴨緑江節などはお座敷芸としては一寸面白い。小円朝の人情噺は流石に円朝直伝丈けあつてシンミリと聴かせる。私の聞いた晩は「孝子お蝶の仇討」であつたが、京都の人にはカタいとは思はれたが、また噛みしめると渋味のあるはなし。ともあれこの人の「牡丹灯籠」は是非とも聞きたいものだが、何時頃やるのか発表するがよい。(京都日日)

◇春本連と小円朝 久し振に芦辺館へ飛込む。高座は人気者の「三八」が独特の愛嬌を振つてる最中、「葬もいろいろ出来ました、山縣サンが国葬で、大隈サンが民葬、エライ事ですナ、尤も落語家仲間にもミツ葬はありますが…此調子やと飛行家が死なれたら焼いて粉にして大砲で空中に打ち揚げますやらう、空葬や言うてナ、イヤそれは空想ですけど…」喃漢と飛ばし、専売のマクラで精々新しがつて居る。頭が赤いだけに話も明るい。矢張り此館の中堅なり。番付を見ると近代逸話落語と思ひ切つて大きく出てをる。なるほど三八式で却て嬉しい。

次に現れたは今度の呼物「春本少女連」とあつて政子、清子を初め総勢すぐつて六少女が半玉姿で相馬踊から、オイトコ、桶狭、松前から、ズツト新しい所では例の鴨緑江までノベツ踊り捲くる。一寸一昔前の浅草娘なんとやらを聯想させるが、華やかで罪がなく、江戸と田舎の気分をチヤンポンにしたような所は現代向かも知れない。何にしても色物としては珍しい。各所名物踊と云ふそうな。

次に「福松」の純上方式の落語の跡を受て久々お目見得の「小円朝」、何時故円朝の名を襲ぐともなく此人の小円朝時代も久しいものだが、流石に人情噺は枯れたもので当込のない話振は捨て難い。それから「一馬」の剣舞と舞踊があつて、「円笑」が上方話しのシックリした所でトリを承はり、切は余興で華やかに打出した。(鯉)(京都日出)

大正11325日 大阪朝日新聞神戸付録

◇千代之座には来る二十七日より小さん一行が出演する顔ぶれは、柳家小さん、一龍斎貞山、歌沢寅小満、松柳亭鶴枝、三遊亭圓楽、柳家小半治、橘家小圓蔵外数名。

大正11326 都新聞

<林家染丸の上京>

◇林家染丸 大阪落語同人は久々にて上京、一日より会社派各席へ。

◇染丸試演会 三十日夜神田立花家に「辻八卦」「猿廻し」「鶴満寺」「三十石」を口演。

大正11327日 神戸新聞

千代廼座 今廿七日より出演する柳家小さん一行は前景気よく今回は東京出演の日取り関係上廿九日迄三日間の出演なれば毎夜各自の得意のもの計りを演ずべく初日の番組は、

高砂(三遊亭圓楽)箒屋娘(桂三木助)百面相(松柳亭鶴枝)歌澤淀の川瀬、玉川(歌澤寅古満)義士伝(一龍斎貞山)らくだ(柳家小さん)

スキャン0004

大正11328 京都日新聞 

<桂三八の時局落語>

◇よせのききがき サ夫人と海軍縮 芦辺館の人気もの桂三八が時局ものゝ新らしいのを新作した。曰く「世の中が段々六ケしくなつて来まして、今度米国からサンガー夫人と云ふのがやつて来て、産児制限の講演をすると云ふので、当局者は非常に騒いでいる様で御座いますが、御承知の通り昨年来ワシントン会議におきましても軍備縮少問題が八釜しう論議されまして、海軍の如きは十対六と云ふ風に制限され、戦艦陸奥の死活問題なども八釜しく云はれました如く、サンガー婦人の産児制限も決して、子供を産むなと云ふのでなく、子供を不生産的に産むな、よい子を産めと云ふて奨励するのであります、これを煎じつめて見ますと、純然たる海軍軍縮ではありますまいか」と、ソコは落語家式に極めてアツサリとやつていますが、成る程これは煎じつめて見ると海軍縮少に相違ないので、お客さんも思はず大笑ひをしている。落語家も段々六ケしくなる。

大正11331日 大阪毎日新聞

◇支那芸人の掏摸 落語家春団治の門下奇術師支那人林福昌(十九)は、皇后陛下住吉行啓の当日、二十八日朝から堺筋の市電車内で数件の掏摸を働き、入質遊興に費消したこと発覚、島之内署で引致取調べると、この支那人は京阪神にかけて常に電車内で掏摸を働いていること判明し、引続き取調中。

大正11331日 神戸新聞

千代廼座 四月一日より出演する新顔は左記の通りにして巴家寅子は好評の為、引続き出演すべしと

落語笑福亭圓笑、講談巴井貞吉、落語金原亭馬生、落語三遊亭圓馬、女道楽紀の國家連

大正114月 

大阪の寄席案内

◇三友派

 一日より各席へ三升家小勝出演。

 九日正午より紅梅亭にて三升家小勝の独演会。演題は「道具屋」「竹の水仙」「小粒」「角力の出世」の四席。中入余興は滑稽「二人羽織」(林鶴、福円。かしく)

十五十六日午後一時より紅梅亭にて東京声色試演会を開催。余興小勝の落語。

二十一日より各席へ笑福亭円歌、東京声色花の家宗一郎・緑助・幸次郎、金原亭馬生が出演。

◇吉本花月派

 一日より各席へ談州楼燕枝、柳家枝太郎、古松家鶴輔、海老一鉄五郎、アイヌ一行(追分節・熊祭)が出
  演。【下図参照】

十一日より各席へバンカラ一行が加入。談州楼燕枝、百面相の古松家鶴輔、柳家枝太郎等も引続き出演。

 十六日正午より南地花月亭にて談州楼燕枝独演会。「秋刀魚の殿様」「欠伸指南」「富久」「中村仲蔵」。

京都の寄席案内

◇三友派 

 一日より桂円枝、三遊亭とん馬、奇術曲芸亀代、随振声、たぬき家連金時、吉奴、きらく、静太郎、静奴、外常連全員。

◇吉本花月派

 一日より各席へ橘家円太郎、橘家勝太郎、桂小文枝、桂枝太郎、橘家小円太、桂助六、桂小南光、金原亭馬琴、橘家円窓、天地・景山の劔舞、宇治乃家茶好・半玉の軽口、コミツクジヤツク一郎・旭勝等が出演。

 二日、三日の両日正午より新京極富貴席にて花月連第五回鹿声会を開催。小文枝、小円太、枝太郎、馬琴、
  助六等出演。

九日正午より新京極富貴席にて談洲楼燕枝独演会。演題は「将棋の殿様」「星野屋」「子殺し地蔵」「中村
  中蔵」

十一日より各席へ枝太郎、五郎、枝雀、円遊、文次郎、助六、花団治、小文字、琵琶の星花が出演。その他
  曲芸、軽口、曲独楽。

 二十一日より各席へ桃太郎、文雀、助六、歌之助、少年落語家小春団治、浪花節虎口竹定、少女道楽文子、
文丸両女、松井源朝の曲独楽、柳亭長楽の歌舞伎声色、柳家枝太郎、談州楼燕枝、百面相鶴輔等出演。

大正114月 神戸新聞

千代廼座 本月の出番は組合せが面白く、馬生はキビキビと啖呵を切ってお客を喜ばし圓馬は重い口に軽い滑稽と運びの旨さに感心させ寅子が有頂天になってふざけるかと思えば女道楽が静かに騒いで恍け而も貞吉の講談がありて非常に好評を博して居る(48日)

千代廼座 十一日より交代出演する新顔は東京の春風亭柳朝と関西に於て芸のといわれている笑福亭松鶴は久々に出勤すると。(411日)

神戸劇場 十一日より大阪落語花月連橘家圓太郎、桂春團次、読心術マリテ其他十数名の名人連にて開演。(411日)

大正1141日より

◇北新地花月倶楽部出演順

11年 005211年 005











【二つ折表面・左】(表面の半分・表紙)出番順 北新地花月倶楽部 電話北六九九番 吉本興行部(図版省略)/
(表面の半分)當ル四月一日より連夜

落語文一、落語歌雀、落語米治、落語小文字、かけ合噺扇雀・四郎坊、落語手踊歌の助、大正笑話文雀、生粋茶番鉄五郎、東京落語枝太郎、落語春団治、声色噺振事紋十郎・紋右衛門、お伽百面相鶴輔、東京人情噺燕枝、音曲円若、教育美譚残月、大切アイヌ団一行男女十数名

【二つ折裏面・右】東京人情噺の泰斗談洲楼燕枝 久々にて/お伽百面相古松家鶴輔 おなじみ/江戸名物生粋茶番海老一鉄五郎、海老一小鉄・団八・鉄三・三郎/東京落語睦会幹部柳家枝太郎 初の御目見得

熊祭 滅び行く……民族!彼等……アイヌ種族が崇高なる祭典にして日高アイヌの誇りとする世に名高き熊祭り……此祭典に使用すべき諸調度は平取アイヌ酋長が世伝の珍什……出演アイヌは男女十数名……見よ!稀に行ふ……勇敢なる原始民族が叫ぶ悲にして壮なる熊狩の凱旋式とも称すべき此古典的の熊祭りを。

〈編者註〉『藝能懇話』第八号(平成6年)より転載。

大正114月1日 大阪毎日新聞

◇[広告]南地・松島・北新地各花月出演

當ル四月一日より連夜 

寒風は吹き止んでいよ〳〵寄席の季節に入つてまいりました。

当派は四月大興行として常々御愛顧の余沢に生々してゐる幹部連の上に東京より落語界の大名代談洲楼燕枝、若手音曲の流行児柳家枝太郎、お伽百面相古松家鶴輔を迎え、東京生粋の滑稽男海老一鉄五郎は巡業より帰阪し、尚北海の一名物追分節、熊祭を売物とするアイヌ人の一行を差加へて御機嫌を伺ひますから賑々しく御来場の程御願申します。

大正1141日 大阪時事新報

<小さん・貞山二人会を聴く・紅梅亭>

○小さんと貞山 長崎から戻つたとか云つて東京落語の小さんと新講談の貞山とが大阪へ立寄り、三月三十日三十一日の両夜、南地法善寺の紅梅亭で二人会を催した。若干の出物の中で小さんの猫久と貞山の大高源吾とを聴く。小さんの味は古拙にある。貞山の味は軽俊と云ひ度い。二者ともに長所がある代り短所もある。二者の長所は多くの人の称揚するところ、又世に定評のあるところ、今茲では一二苦言を呈して更に完きが上に完かれと希つて置く。

猫久の武士の言葉が頗る熟していない。小さんの話術老巧を以てして尚ほ生硬な耳ざはりがした。貞山には軽快があつて重厚がない。それでも好いが、何となく気取る事、脂が強過ぎる事である。それに子葉の師匠の「テントク」を又しても「セントク」といふ。これは心得て置いて貰ひたい。(藍)

大正1141日 都新聞[広告]

落語 005

大正1141日より

◇林家染丸東京出演挨拶状

11年 055

時は桜花爛漫の侯益々御静福の条奉大賀候。陳者当る四月一日より御地演芸会社の各席へ御ヒイキ様の御勧めに任せ連夜出演、上方落語趣味御賛笑を得たく先年有楽座出演以来久方振の出席に付、何卒御援助賜り候得ば幸甚の至りに御座候。先は御挨拶迄如斯御座候

新石町立花亭 両国立花家 於各席出演  浪花三友派 林家染丸

〈編者註〉「富士正晴記念館所蔵 寄席番組類目録」(富士正晴記念館・平成12年)より転載。

大正1144 神戸新聞

[広告]四月一日より連夜出演 御馴染定連の外新加入者連 好評に付引続 巴家寅子、東京講談界の明星 邑井貞吉、久々御目見得 金原亭馬生、東京落語界泰斗 三遊亭圓馬東京女道楽 綾子芳村小國〆廼家〆太三の宮境内御代の座 電話三宮一七三五 湊川新開地千代の座 電話本二七四

スキャン0006

大正1147日 九州日報

<橘ノ圓一行・博多川丈座>

◇川丈座 東京落語橘ノ圓一行、今七日より開演する。番組左の如し。

少年落語(圓童豆)居残佐平次(春輔)大黒頭巾(圓天坊)曲芸(萬治)三味線栗毛(圓)

<編者註>圓一行の番組下記の通り。

49日:寝床(春輔)鼻ねじ(圓天坊)四の字嫌い(圓)

410日:首の仕替え(春輔)くしゃみ講釈(圓天坊)文七元結(圓)

411日:小言幸兵衛(春輔)三十石(圓天坊)塩原太助(圓)

412日:千早振る(春輔)祝熨(圓天坊)一休問答(圓)

大正11413日 京城日報

<三遊亭圓馬一行・朝鮮浪花館>

[広告]

明治町 電話二六〇番 浪花館/四月十三日午後六時開演 東京歌舞劇協會来演/落語(文作)落語(圓路)柳橋芸妓連(綾子、小國、〆太郎、〆奴、〆龍、〆太、たま子)講談(邑井貞吉)落語(三遊亭圓馬)

大正11414日 都新聞

◇林家染丸 十六日正午両国立花家に独演会。

落語 003

大正11416日 都新聞

林家染丸 十五日夜から両国立花家を真打席として本郷若竹、京橋金沢、神田立花亭を助席として出演し、二十九日夜限りにて帰阪。

大正11415日 神戸新聞

<伊藤痴遊独演会・神戸千代廼座>

[広告]湊川新開地千代廼座明十六日(日曜日)十二時開場伊藤痴遊独演会開演スキャン0005

伊藤痴遊来る 新講談の泰斗伊藤痴遊は今十五日より新開地千代廼座及び三宮御代廼座へ出勤し千代廼座では毎夜九時から長講二席を講演する。初日の演題左の如く尚十六日は正午より千代廼座で独演会を開催。「佐賀藩の士風と大隈」「星亨の役人振り」以上千代廼座。「原敬の東京遊学」御代廼座。
〈編者註〉痴遊は二十二日「小村寿太郎の窮迫時代」、三十日「星亨浮名の議会」「議会に於ける懲罰事犯の今昔」の長講二席。三十日にて打上げ

大正11414日   

<二代目立花家千橘死亡>

二代目千橘●二代目立花家千橘 本名中村常次郎。明治六年生。明治三十四年に大阪へ来て、藤明派、桂派の音曲師として活躍、その後草創期の反対派(のち吉本興行部)に参加し、電気入りの鰌すくいで人気を得た。愛嬌のある丸顔から豆狸(まめだ)の愛称で親しまれた。当ブログ「芸界総まくり」<豆狸千橘>を参照。大正11416日付「大阪朝日新聞」に死亡広告と死亡記事が出ている。

大正11416日 大阪朝日新聞

[死亡広告]永ラク御愛顧ヲ蒙リシ立花家千橘コト予テ病気療養中薬石効ナク今十四日遂ニ死去此段泣告仕候 追テ本葬ハ来ル二十五日正十二時南地法善寺ニ於テ永年ノ勤務ニ酬ユル為メ特ニ派葬ヲ以テ寺式執行可仕候 花月本家 吉本興行部

立花家千橘 落語花月派の愛嬌男立花家千橘は兼て胃癌を病んで鳥潟病院に療養中であつたが、効なく十四日遂に死去した。亨年五十。

 彼は故三遊亭円橘の門下で、去る明治三十年大阪に来り当時の藤明派に出勤したのが始で、其後桂派に移つたが同派の没落後は専ら花月派に入りて、爾来十数年得意の音曲と鰌掬で名を知られた。吉本興行部は来る二十五日南地法善寺で派葬を執行すると。辞世「濁る世の鰌を掬ひし我なれば今は仏のすくひ待つのみ」。

大正11420日 九州日報

[広告]東京落語演芸會/講談界の人気者邑井貞吉 東京落語界の重鎮三遊亭圓馬 柳橋芸妓連長唄清元(花武蔵家〆太・〆太郎・〆龍 花村家たま子) 芳村綾子・小國/廿一日より三日間 川丈座

大正11422日 大阪毎日新聞

○「落語」といふ民衆芸術を 面白く無くする会議 
  府保安課興行係が大阪の落語家や席主を招集して 

 大阪府保安課興行係では近日中に市内の落語家の幹部および主なる席主百余名を招集し、府会議室で膝突合せて落語の選択と取締につき協議研究する筈である。従来比較的緩やかであつた落語家に対する府の苛酷な取締令が実施されてからモウ一年を経過したが、落語家中には相変らず処分されるものが少くないので、先づ現在大阪で饒舌られている話其ものにつき一々指導することに決し、先頃から落語家と席主に交渉諸般の調査を行つた。

調査は先づ現在演ぜられている話と昔からあるもので演ぜられぬ話に大別し、更に「雀の籠抜」といつた風の何人にも差支へないものと判断のつくものと、「後家殺し」の如く何人も風俗を紊す不良のものと判定の出来るもの、およびその中間にあつて演者が採否に惑ふものゝ三種に区別するにあつて、既に終了したので今回の会合はこれを議題とし、先づ栗原興行係主任から取締方針を説明した後、取締官側と落語家側の双方からそれ〴〵注文と言ひ分を吐露し、大いに研究を重ね、次で前記の中性の題を一々実地口演せしめ、筋の訂正から語句の修正まで微細に指導し、併せて落語の新生命についても研究を重ねる筈である。

会議は三日に亘り反対派、三友派、大八会の順序で各所属落語家の幹部と席主を一纏めとして会合の筈である。現在大阪で演ぜられている話は四百位であるが、落語家各自の持合せる話は案外少く、甚しきは三つ題を持つだけで楽々と飯を喰つているのさへあるさうでからして、芸人と取締官との会合は今回が始めての計画であり、定めし珍奇な場面や滑稽が演出されるであらうと注目されている。

大正11422日 神戸新聞

千代廼座 二十一日東都落語界に名を馳せている三枡家小勝が久々で出演している。

大正11422日 九州日報

<三遊亭圓馬一行・博多川丈座>

◇川丈座 三遊亭圓馬、邑井貞吉一行の東京演芸会昨日乗込み町廻りの上初日を出したが、前人気旺盛だった丈けに初日早々盛況を呈した。圓馬も貞吉も同好者の勧めにより、毎夜二席宛出演するという大車輪に、一段の好評である。今二日目の番組左の如くである。

浮世節(美代次、吉奴)正直車夫(貞吉)長唄勧進帳(綾子、小國)桜風呂(圓馬)清元喜撰(〆太、玉子)甲斐勇吉(貞吉)文七元結(圓馬)

<編者註>423日千秋楽の番組は、清元忍逢春雲解(〆龍、〆太)長唄踊り近江のお兼(綾子、小國)甲斐勇吉(貞吉)文七元結上下(圓馬)元禄花見踊(芸妓連)大正11年3月

[広告]

東京名人會初日番組/四月廿二日・三・四の三日間/昔はなし(三遊亭圓八)大田道灌(三遊亭遊雀)小言幸兵衛(三遊亭遊輔)名人長次(三遊亭圓右)堀川猿廻し(竹本委綾之助)忠僕直助(大島伯鶴)勧進帳(芳村孝次郎、杵屋和吉)/一等お客様へレート化粧品一箱進呈上 九州劇場

大正11425日 都新聞
<林家染丸の裏の裏>

○夜半の稲荷祭 来賓の吉井勇君、余興は上方種の裏の裏

落語 004伊井蓉峰に誘はれて上方から出京している落語家の林家染丸が二十日の夜半に催された藤井六輔宅の稲荷祭に顔を出した。藤井の母者人は、染丸さんと聞いて子供かと思つていましたら、まあ〳〵と顔を見て驚いて挨拶をする。染丸ヘラ〳〵と笑つて、さればでごわります、小さんさんと聞くと金五郎の深間の名ですから、綺麗な方かと思ふとあの通り、私もまあその顔でヘヽヽヽ。

来会者は花柳章太郎、藤村秀夫、小堀誠、松葉文雄、河島、石川それに鈴木春浦老、吉井勇君、瀬戸英一君といふ左利の面々、亭主の六輔は勿論の酒好きとて底抜けの飲みくらべをやつた。そこで染丸は一席の余興といふのが、

若旦那が春先に茶屋遊びも最(も)う飽きた、一つ野遊びをしやうと幇間の茂八と芸子十八人をつれて浅妻へ行く。一同を先にやつて若旦那は子持ちの女乞食の顔立がいゝので、その亭主に逢ひ、一円やるから一時間ばかり女房を借(か)せ、旨くいつたら羽織をやるからと遂に承諾させる。若旦那は浅妻へ来て羽織を脱ぎ、茂八にも脱がせる。そこへ女乞食が茂八の女房だと乗り込み、三年前から苦労をさせて薄情者め、此の子はお前の子ぢや、ようまあ似ている事をと、子をつきつける。若旦那はヤレソレ感心な女だ、さあ〳〵二度目の三々九度だと、酌は私がすると寝耳に水の茂八を捉へて盃をさせる。女乞食は腹が空つたとて二三人前の弁当を食ると、若旦那が茂八に羽織をやれといふ。茂八が困つていると、女乞食は羽織をくれねば動かぬといふので遂々(とうとう)やつて帰す。その後で、あの女を知つているか茂八と聞くと、知りませんといふ。知らぬも道理ぢや、あれは調伏(いたづら)だと種を始めて明かし、お前も阿呆や、羽織をとられてと笑ふと、茂八が、いやあの羽織は貴方のを渡して置きましたといふのがサゲで「裏の裏」といふ上方落語であつたが、流石の六輔もちと茂八に似ているので、ホイ上方にも俺がいるとサ。(写真は林家染丸)


上方落語史料集成 大正11年(1922)5月~6月

大正115月 

大阪の寄席案内

◇三友派

一日よりの各席へ桂三木助、神田伯英、三遊亭金馬、笑福亭円笑、東都声色歌舞伎会連中、林家染丸出演。

 十一日より各席へ江戸家猫八(物真似)、桂三八、三遊亭金馬、三遊亭円馬が出演。

 二十一日正午より南地紅梅亭にて三遊亭小円馬名披露落語演芸会。【下図参照】

◇吉本花月派

 一日より各席へ東京の今輔、小左楽、大丸・民次郎・大次郎の曲芸、物真似の信楽、海老一が出演。

 十四日正午より南地花月亭にて伊藤痴遊独演会。

十六日より二十日まで福島花月亭にて伊藤痴遊独演会。

京都の寄席案内

◇三友派

 十一日より芦辺館にて伊藤痴遊独演会。

◇吉本花月派

 一日より各席へ桂文団治、桂春団治、三遊亭円歌、桂桃太郎、桂助六、読心術マリニー・木村靖子嬢出演。

十一日より各席へ桂小文枝、橘家円太郎、桂米団治、桂枝太郎、橘家小円太、桂扇枝、桂助六、橘家円好、
  杵屋の長唄、三木星花の琵琶、海老一鉄五郎一行の江戸生粋茶番が出演。

大正115月 神戸新聞

千代廼座 猫八の鳥や動物の物真似は非常に好評を受け圓馬の噺は地合に得も言われぬ旨味と情合ありてホロリとさせ中々に評判よしと(55日)

千代廼座 圓馬と圓枝の噺は客受け其の他新加入連や春輔小半等の座付連が高座を賑わし盛況だと(59日)

千代廼座 三木助は久々とて評判よく、蔵の助の滑稽浪花節は大受け、更に声色歌舞伎会の一行は割るるが如きがさいと感激を受ける(513日)

千代廼座 声色歌舞伎会が人気に投じ連夜盛況を呈し春輔、正蔵、圓都等の座付連が懸命に高座を勤め賑やかだと(518日)

千代廼座 文の家連の女道楽一行は花柳界より非常に歓迎され神田伯英の講談も評判よく三木助、蔵之助、声色歌舞伎会亦好評だと(522日)

大正1151日 大阪朝日新聞神戸付録

◇千代之座は一日より音曲声色の専門江戸家猫八に、圓馬、圓枝の外、色ものとしてかしく、吉奴、妻奴及び夏雲起一行の曲芸。

大正1151日 香川新報

<金原亭馬生一座・高松大和座>

◇大和座 一日より東京落語音曲舞踊名人若手選択抜花形揃にて花々しく開演す。演芸種目及び登場者左の通り。

落語(桂梅喬)笑話(金原亭三次)落語舞(三遊亭三枝)落語手踊(五明楼春輔)現代落語音曲手踊(桂歌路)落語百面相(柳亭小はん)江戸生粋の滑稽音曲掛合(巴家小奴、同小□、同寅子)人情噺(金原亭馬生)大切巴家一派独特の珍芸。

大正1151日 九州日報

◇[広告]新築落成/愈々五月四日より開場 昼夜二回/大井新太郎一派大連鎖劇/東中州 博多劇場

大正11510日 神戸新聞

千代廼座 十一日よりの新顔は桂三木助、講談の神田伯英、舞は東都名優声色歌舞伎会花の家連一行、尚危険運動夏雲起、女道楽文の家連は好評つづき引続き出演すると

大正11510日 九州日報

<笑福亭福圓一行・博多川丈座>

◇川丈座(博多) 京都芦辺館引越し京阪落語、橘家[笑福亭]福圓、源一馬一行乗込み十一日より開演する。重なる顔ぶれは左の如し。

團八、麦團治、狸、二鶴、枝女太、歌遊、蔵造、小染、三次

<編者註>福圓一行の番組は下記の通り。

511日:名奉行(扇太郎)掛合噺(狸、麦團治)親子茶屋(枝女太)関の春風(福圓)舞踊乃木大将(一馬)切深川踊(総出)

512日・夏祭(麦團次、狸)天下一(枝女太)曲芸(團八)長崎奉行(福圓)剣舞(一馬)喜劇

513日:住吉籠(枝女太)掛合噺(麦團治、狸)曲芸(團八)剣舞及舞踊(一馬)改良しる粉(福圓)切落語喜劇

514日:軽口(麦團治、狸)十徳(枝女太)曲芸(團八)お茶□□(福圓)剣舞(一馬)

大正11511 京都日新聞

◇芦辺館 十一日から伊藤痴遊独演会を開く。

〈編者註〉十一日から十五日まで毎夜六時半から長講四時間。演目は中井桜州と原敬、陸奥宗光と原敬、内閣改造問題、山県有朋の死と生前の功など。五月十四日付「京都日日新聞」に「伊藤痴遊来 新講談界の第一人者伊藤痴遊が十一日から五日間芦辺館に来た。内閣改造問題、其他時局も彼の為めにはパンの種を蒔いたものと見るはチト失礼か。聞くべし聞くべし痴遊の講談」とある。

大正11514日 京城日報馬生九州

<金原亭馬生一行・朝鮮浪花館>

[広告]東京落語重鎮金原亭馬生 音曲界の名人巴家寅子 外拾数名 當る十四日より開演 浪花館

[広告]明治町 電話二六〇番 浪花館/お待兼の東京落語音曲舞踊名人會来る/音曲界の名人巴家寅子 鯛次、梅香、三枝、春輔、歌路、小はん、巴家小奴、同小染、同寅子、金原亭馬生 外十二名大一座/當る五月十四日より

<編者註>27日迄興行。

大正11519 京都日新聞

◇遊三と歌路 芦辺館はいやみの遊三がしんみりとした処を聞かせるのと、毛色変つたはなしぶりではあるが歌路の軽くして花やかな舞台も悪くない。今迄やつて好評であつた大切余興も何か一つはやつてほしい。盛沢山はお客に快感を与へるから。

大正11521日より

◇三遊亭小円馬名弘め落語演芸会・紅梅亭


11年 056511年 056211年 05621














11年 056111年 0561111年 056














大正十一年五月二十一日正午後二時より開催 小円馬名弘め落語演芸会 番組 於紅梅亭

補助 浪花三友派社中 京都芦辺館社中 神戸千代の座社中

番組 御祝儀落語 林家染三郎 笑福亭二鶴 落語食道楽 笑福亭小枝鶴 東京落語官営芸者 橘家円坊 落語崇徳院 笑福亭枝鶴 落語吹戻し 橋本川柳 滑稽落語いびき茶屋 桂円枝 人情落語芝浜 三遊亭金馬 芝居噺大当り蛸の狂言 立花家花橘 東京落語りんきの見本 橘家蔵之助 落語鬼あざみ 林家染丸 

改名披露口上 三遊亭小円馬 桂円枝 三遊亭円馬

余興 寿乗合船恵方万歳 三遊亭円馬 三遊亭小円馬 文の家かしく 桂三木助 地方文の家妻奴

当日正午より開演仕候間御はや〴〵と御光来の程奉願上候
〈編者註〉一冊。「富士正晴記念館所蔵 寄席番組類目録」(富士正晴記念館・平成
12年)より転載。

大正11521 京都日新聞

◇富貴の競争 反対派の富貴席では十日目毎に顔触れを更えるのが当席の特色と、大に競争ぶりを示している。更(か)えぬのを特色にしてある芦辺と面白いコントラストを作つている。馴染あるもよし、なきもよし。そこは鐘と撞木とどちらがなるか、鐘と撞木の間が鳴ると云ふ頗るデリケートな、余韻の存する処である。

大正11525日 九州日報

◇馬生来博 東京落語界の人気者馬生は久々振りに来博し、来る二十七日より博多川丈座で花々しく開演する。一行の重なる顔ぶれは左の如きである。

巴家寅子、小奴、小染、小はん、歌路、春輔、三枝

大正11527日 九州日報馬生2

[広告]今晩より江戸生粋演芸/音曲珍芸界人気者巴家寅子一派 東京落語の重鎮金原亭馬生/川丈座

◇川丈座(博多) 東京落語界の重鎮金原亭馬生一行は、前人気旺盛裡に愈々今廿七日午後六時より開演する。今初日の重なる番組は左の如くである。

稽古屋(春輔)替り目(小はん)源平穴探し(歌路)滑稽義太夫(寅子)村松薪割(馬生)塩原□別れ(巴家連)

528日:道具屋(春輔)道灌(小はん)仕末の極意(歌路)滑稽音曲(寅子)舌三寸(馬生)新不如帰(巴家連)

大正11531日 神戸新聞

千代廼座 六月の出演者顔触れは圓都、春輔、正楽、歌路、小半の座付連に新加入として曲芸丸一、小松、福丸の外橘家圓坊、桂三八、三遊亭遊三等久々にて出演すと

大正116月 

大阪の寄席案内

◇三友派

一日より各席へ落語(福松)、音曲噺(円歌)、長唄手踊(吉奴、妻奴)、落語手踊(かしく)、歌舞伎
  声色(円三)、東京落語(円窓改橘家円蔵)常磐津連中が出演。

十一日より紅梅亭にて当流江戸ッ子会を催し、馬生、遊三、伯英、円馬、三木助、余興巴家寅子、猫八が
  出演。

 十一日正午より紅梅亭にて故四代目円蔵追福記念落語演芸会。【下記参照】

 二十一日より江戸家猫八(動物物真似)、丸一・福丸・小松(曲芸)、橘家円三郎(声色)、金原亭馬生
(東京人情噺)が出演。

◇吉本花月派

一日より各席へ六代目雷門助六、神田ろ山、かつぽれ梅坊主一行が出演。東京、横浜へ出勤中のざこば、
  文治郎、露の五郎が帰阪し出演。

十一日より引続き助六、神田ろ山、梅坊主が出演。余興は徳島名物馬鹿踊。

 十八日正午より南地花月亭にて助六、ろ山二人会。演題は夕立勘五郎(ろ山)、七枚起請、万歳女郎買
  (助六)。

京都の寄席案内

◇三友派

 一日より桂三木助、とん馬改め小円馬、金原亭馬生、神田伯英、三遊亭円馬、巴家寅子一行、台湾芸妓の一
  行が出演。

十一日より五代目円蔵、蔵之助、円三、円坊、小はん、小伯鶴等純粋の江戸ッ子が出演。

二十一日より福笑、三次、柏枝、歌遊、桂川(琵琶)、円笑、福松、三八、一馬、川柳、円歌、滑稽茶番狸
  (麦団治)が出演。余興に滑稽二人羽織(扇太郎、蔵造、枝太郎)、落語相撲(歌遊、朝団治、蔵造、扇
  太郎、枝太郎、行司福円)を演ずる。

◇吉本花月派

 十一日より三十坊、右之助、枝雁、半助、玉助、若円、助六、星花、枝雀、馬琴、喬子、喬之助、五郎、
  円太郎、小亀一行、文団治、小円太、枝太郎が出演。

十一日より笑福亭と長久亭へ小太郎、柳支、初子、道子、雪江、団勝、喬子・喬之助、奈良江、若竹、清
  子、星花、花菱家、伊達吉、吉和歌、歌好、助六、ヘラ
〳〵踊りが出演。

大正116 神戸新聞

千代廼座 遊三は久々の御目見得とて評判よく圓坊も歓迎を受け、お盆の衣紋流しは喝采だと。(64日)

大正1165日 名古屋新聞

[広告]東西落語合同 三枡家紋右衛門/毎夕五時より/御園座

大正1166日 京城日報

<上方圓遊一行・朝鮮浪花館>

[広告]明治町 電話二六〇番 浪花館/當る六月六日より東京落語若手花形音曲手踊大一座来る/東遊、寿々丸、一圓、小奴、小染、鈴蘭、小若洲、勝圓遊、飛鶴、いろ奴、歌奴、三遊亭圓遊

大正11611日より

◇四代目円蔵追福紀念落語演芸会

当地おなじみ深かりし円蔵師の追善を期とし、門下等主催紀念演芸会開催仕候次第、何卒御同情を以て賑々敷御来場の程奉希上候 浪花三友派

番組:鳥屋坊主 染三郎、地獄八景 染雀、無学者 小はん、かべ金 円幸、悔み 塩鯛、妾馬 円坊、天王寺詣り 枝鶴、風神 蔵之助、茶漬幽霊 福松、三人片輪 遊三、口上 御礼御挨拶 染丸・円三・蔵之助・花橘・円坊・円蔵、先の仏 染丸、淀五郎 円馬、赤子茶屋 円枝、文七元結 円蔵、大切余興 蔵之助・染丸・円馬・円三・円枝・円蔵・福松・円幸・枝鶴・円坊・塩鯛・遊三

来る六月十一日正午より開演 南地紅梅亭に於て 会費金一円五十銭 外一切不申受候

〈編者註〉『藝能懇話』第八号(平成6年)より転記。

大正1165 大阪朝日新聞京都付録

<芦辺館を覗く>

◇見たり聞たり 芦辺館の雁首が全く変つて終つた。伯英の講談「姿海老の由来」は今昔吉原の実況を穿ち、末広狸と麦団治との「忠臣蔵三」の掛合噺は古いながらも臍を転覆。とん馬改め小円馬の落語「癖」は少々ダレたが「芸者の生活」は軽妙。馬生の「横綱」噺は巧に耳を引き、巴家一派の「音曲茶番」と「塩原多助」は騒々しい裡に興味が深い。円馬の東京噺「指南所」は老熟、猫八の「動物似声」は一寸真似人が無からう。三木助の「百日の怪火」はチト喃い様だが踊は達者。

大正11611日 神戸新聞

◇千代廼座 十一日より開催の上方落語会に出演の顔触れは染丸、圓枝、塩鯛、三八、かしく、枝鶴に春輔、正楽が加わり色物として吉奴、妻奴が加入

大正11611日 名古屋新聞

<笑福亭福圓一座・名古屋歌舞伎座>

◇歌舞伎座 明日より関西三友派落語界花形笑福亭福圓、東京噺の春本川柳、剣舞源一馬一行。

大正1162124日 大阪毎日新聞/62428日 大阪朝日新聞

<落語の検閲・塩鯛が府会議事堂で実演>

○府会議事堂で 落語の実演 

大阪府保安課主催の落語家懇談会は二十三日午前十一時から府会議事堂で開催に決した。当日は落語家と席主側から百五十名の代表者と市内各署の興行係五十名が会合し、劈頭藤沼警察部長から取締上につき訓示があつてから取締る側と取締られる側が膝を突合せて従来の取締に就ての希望や不平を並べたうへ取締に触れさうな落語五席と番外数番を実演し、それにつき栗原興行係主任から批評を加へ取締上の大体の基準を示す筈である。

今日までこの種の会合が催されなかつた為めに、実際無理のない要求だと思はるゝことさへ取締者側の耳に入る機会が少なかつたが、今回の会合により演者側の希望も十分に聞く筈である。(大阪毎日621

○文句のつく落語の見本 大阪府会議事堂に俄造りの高座をしつらへて並べ立てた 官民共同で改造の相談  

落語を時代に適するやう改善しやうとの趣意で大阪府保安課が二十三日正午から府会議事堂で官民合同の落語懇談会が催された。三友派、大八会、花月連の代表者に席主代表者とそれに市内各署の興行取締委員を加へ百五十名が舞台着の紋付や厳めしい官服でゴツチヤに議事堂を埋ると、藤沼警察部長は大金保安課長、栗原興行主人其他と共に臨席し、「我々の仕事は昔も今も変りはないが、その取締は時代に適応するやうに改善して行かねばならぬ」と前提し、取締に関し腹蔵なき意見を交換しませうとグツと砕けて挨拶し、それから演つてよいやら悪いやらで迷つている落語を口演することとなり、先づ塩鯛が「昔の通りやつたら迚もあほらしうてやれまヘンが、コレならまあ風紀とやらを紊しはしまへんやろと思ひまんので」俄造りの高座(議長席)へ上つて「貧乏の餅搗」を口演し、続いて円枝の「いびき茶屋」、文雀の「お玉牛」、春団治の「青葉」、米若の「口入屋」、枝鶴の「泥棒の仲裁」、扇枝の「植木や」と演じつゞけ、それから万歳の実演があり、これに対し栗原文学士から其筋として好ましくない点、改作すべき点を指摘説明し、それに対して落語者側からも注文が出て種々懇談を重ね、「この辺なら差支ない」といふ基準を協定し、午後四時散会した。今後もかうした会合は継続し、取締る側と取締らるゝ側と協調して民衆娯楽の改善に努める筈である。(大阪毎日624

○落語の検閲 府議事堂で実演 議長席が高座  

上方情緒として古来からありきたりの落語、何度聞いても飽ないといふ落語、これ等は何れもその種本の検閲といふものがなく、ただ演者が持前の顔容(かおつき)と口先とによつて遣つて来たので、なかには風俗取締上面白からぬものもあり、未成年の男女の耳にいれたくないものもあるので、先般大阪府保安課では興行取締規則の一部を改め、落語の種本も検閲することになつたが、何分その種類が多いために容易に行へないので、今回大阪市内落語興行従事者を一堂に集め、代表的落語を聴取し、悪い箇所に注意を与へることになり、二十三日正午から府議事堂で落語実地検閲の幕を開けた。

11年 568

 参加者は三友、大八、吉本興行部の三団体に属して居る落語家幹部約五十名、市内各署の興行主任二十余名、警察部からは藤沼部長、大金保安課長、栗原主任警部が出席した。民衆教化といふ点から藤沼部長の一場の希望演説があつて、すぐに「貧乏の餅つき」と題し、三友派の塩鯛から落語を始めた。

しかつめらしい議事堂で赤毛氈に扇子パチ〳〵、「ごわります」の珍光壇を演出した。引続き「いびき茶屋」円枝、「お玉うし」文雀、「青菜」春団治、「口入屋」米若、「泥棒の仲裁」枝鶴、「植木屋」扇枝等が変りましてと順々に演壇に坐つたが、終つて該落語に対する係官からの注意箇所や批評、研究等が行はれ、四時打出し。=写真は塩鯛の実演振り=(大阪朝日624

○卑猥な大阪の落語 禁ぜられた口演のいろいろ 『性』に関する露骨な表現が悪い  

二十三日大阪府議事堂で開いた府保安課の実地落語検閲に就いては、その後興行課主任栗原文学士が調査研究中であつたが、大体から見ると公演して差支ないものもあるが、部分的に考察して行くと大分改作しなけらばならぬものが多い。上方落語はどちらかと云へば落語の内容そのものよりも落語家の言葉の調子が主となつているやうにも思はれる。特徴としては卑猥な言葉の多いことと、筋書が頗る低級であること等である

 この間実地検閲された「貧乏の餅搗」は、年の暮に近所が餅を搗くのに貧乏な家は餅が搗けぬといふので、形だけを餅搗をやらうと云ふので、女房の臀を叩く場所を肩か又は他の場所に変つて遣ることになつた。「いびき茶屋」、これは青楼に於ける廻し部屋の情景を描写したもので、風俗を紊す最も甚しいものとして全然口演禁止にたつた。勿論これが禁止になれば「五人廻し」なども亦今後聞けなくなる訳である。「お玉うし」は娘に懸想して夜間娘の寝所を襲ふ所を親達が知つて娘の代りに牛を寝かして置くといふ筋書であるが、前半は差支へないとしても、いよいよ寝所に忍込んでからの文句は風教を害すること尠からぬのでこれも禁止同様の運命になつた。その他「口入屋」「仲裁泥棒」「植木屋」等は一部に訂正を加へることに決したが、どうやら全体に亙つて観ると骨抜きにされたものが多く、今後これ等の低級なために笑ふと云つた類のものは全然聞くことが出来なくなつた。例へば「夫婦喧嘩」の話しなども亭主が昔女房の娘時代に追ひ駆け廻つたことを女房が口穢く罵る場所などは一切口演することが出来なくなつたから、口演者の方も聴者をして笑はせるには非常に難しい訳だ。

栗原氏は語る──上方落語は殆ど性に関するものが加味されてないものはない。それが頗る露骨な言葉で口演されるのだからその点を十分注意するやうにして貰ひたい。どちらかと云へばこの露骨な言葉、云ひかへると大阪弁なるものが上方落語の特徴であつて又欠点であると思ふ。漸次落語界が衰へゆくので興行者側もよい作者や研究係を置くやうになつた傾向が見えて来た。尚興行者側の希望もあるのと隔月に一回実地検閲を行ふことになつた。落語のみならず今後は浪花節、講談等も実地検閲をやる考へである。(大阪朝日628

大正11621日 神戸新聞

千代廼座 二十一日より落語江戸っ子会開催、顔触れは春輔、小圓馬、伯英、寅子一行、蔵之助、三木助、圓馬、圓蔵

大正11626日 九州日報

◇川丈座(博多) 満鮮巡業中の東京落語三遊亭圓遊帰京の途次、御名残興行として、今二十六日入場料五十銭均一を以て四日間開演。初日の主なる番組左の如くである。

大正しるこ(小奴)時世歌(鈴蘭)音曲噺(い圓遊)小言幸兵衛(歌奴)芝浜(圓遊)

上方落語史料集成 大正11年(1922)7月~9月

大正117月 

大阪の寄席案内

◇三友派

一日より紅梅亭へ一龍斎貞山独演会。長講三席(「逸見貞蔵」続き読み)。補助として丸一鏡味小仙社中と
  浪花三友派連中出演。

 十一日より納涼落語演芸会。怪談(染丸、円枝、かしく、染八、妻奴、吉奴)を上演。

◇吉本花月派

一日より各席にて東西落語大相撲を開催。幹部連交代出演。

一日より松島花月にて千家くま一行の安来節。

一日より新世界芦辺舘にてお国自慢演芸会。出演者は女流安来節井上寿、中村福奴、山崎おかる合同大一
  座、江戸生粋茶番湊家小亀一行、久々の阿波徳島名物馬鹿踊富田町芸妓連一行数名出演。

十一日より松屋町松の座にて千家くま一行の安来節、湊家小亀一座。

京都の寄席案内

◇三友派 

 一日より芦辺館にて柳家小さん独演会。 

 十一日より各席にて納涼演芸会開演。落語、落語相撲、茶劇、怪談引抜手踊等。

 二十一日より各席へ三次、小染、歌遊、曲芸団八、落語相撲(小染・蔵造・歌遊・扇太郎・柏枝・行司円
 笑)、ヴアイオリン(鈴蘭)、剣舞(一馬)、落語相撲(福松・三八・川柳・麦団次・円歌・行司福
 円)、大喜利絹川団右衛門。

◇吉本花月派

一日より各席へ亀鶴、紋右衛門、紋十郎、円若、枝太郎、雷門助六、旭勝一郎、小枝鶴、円歌、米団治、
  木鶴、枝右衛門、右之助、金之助、四郎坊、旭勝が出演。

十一日より各席へ桂文団治、桂春団治、橘家小円太、桂家残月、三升家小鍋、桂桃太郎、桂助六、桝三、金
  原亭馬琴、軽口茶好、半玉、桂福団治、李玉川、団丸、右之助、花治等が出演。大切余興として住吉駕・
  桂春団治、桂文団治外座員一同。

二十一日より木村マリニー、橘家円太郎、立花家扇遊、桂文治郎、海老一直造、桂枝雀、橘歌之助、桂助
  六、松井源朝、桂枝太郎、桂春団次、桂寿々免、虎口竹定、マの治外数名が出演。

大正1171 京都日出新聞

<柳家小さん独演会・芦辺館>

◇芦辺館 小さん独演会は愈一日からで連日後援会の組見に景気を添へるさうだ。

〈編者註〉小さんとの寅小満の演目は以下の通り。一日、二日は不詳。

三日:富久、唐茄子屋。

四日:歌沢時雨降る、わしくに(寅小満)、粗忽長屋、子別上(小さん)

五日:歌沢一と声上り下り(寅小満)、碁どろ、高砂屋(小さん) 

「柳家小さん独演会は五日限りの処、各後援会連より特に希望あつて十日迄日延べする事となつた」
 (京都日出
75

六日:歌沢新、むら春雨(寅小満)、生酔、三人旅(小さん)

七日:歌沢粋な浮世、秋の夜(寅小満)、駱駝、無筆(小さん)

八日:歌沢くぜつ、綱上(寅小満)、摩蚊帳、富久(小さん)

九日:歌沢色粂、宇治茶(寅小満)、千早振、大工調(小さん)

 十日:歌沢うすゞみ、年の瀬(寅小満)、釜どろ、意地くらべ(小さん)

大正11717 京都日出新聞

<芦辺館引越の納涼怪談会・新京極中座>

◇中座 芦辺館引越の納涼怪談会は一日初日、午後六時開演。重なる役割左の如し。

 助産婦(三八)、女学生繁子(枝女太)、伯父宇兵衛(狸)、親方水野口音吉(春団治)、会社員(福円)、亡霊(小染)、下女(若橘)、若旦那(一里)、番頭(福円)、口演(川柳)(71

◇中座 芦辺館引越納涼怪談会は七日から喜劇「スグトル」、旧喜劇「混線劇」、大切怪談「雨夜の送り火」江戸本所七不思議で、役割は浅尾鉢山、体操病(三八)、市川団五郎、院長美名元、旗本川辺(一馬)、中村牛車、原医学士(福円)、お弓(円歌)、五島伊太郎、長兵衛(川柳)、巡礼娘(小円馬)、実川温若、看護婦喜多子(枝女太)、笑狂病、太夫元五島(狸)(77) 

大正1171日 神戸新聞

千代廼座 一日より圓馬、三木助、巴家、夏雲起一行

大正11710 京都日新聞

◇[広告]伊藤痴遊氏独演会  三友劇場で十日から十四日迄。

大正11710 京都日新聞・京都日出新聞

<柳家小さん、一龍斎貞山二人会・南座>

◇南座 小さん貞山二人会は十一日から開演する事となつたが、両名を初め東都落語界の花形橘家小円蔵、歌沢の寅小満、鏡味小仙一行の大神楽等、夏向きの演芸計りが選まれてある。開場は毎夕六時。(京都日日)

◇南座 小さん貞山二人会は愈十一日から開演する事となつたが、今回は特に場内に納涼設備を整えると。一行は小さん貞山の両名を初め東都落語界の花形橘家小円蔵、寅派の歌沢で夙に其名を知られたる寅小満、鏡味小仙一行の太神楽等夏向きの淡々とした演芸計りが選まれてある開場は毎夕六時。(京都日出)

〈編者註〉四日限り日延べなし。桟敷(御一名)金二円場(御一名)金一円二階三等(御一名)金六拾銭。二人の演題は以下の通り。

 初 日(十一日):妾馬、子別れ(小さん)、前原伊助、二度目清書貞山

二日目(十二日):高砂屋、小言幸兵衛(小さん)、片岡源五右衛門、三村次郎右衛門(貞山)、歌沢川竹、夜の雨(寅小満)

三日目(十三日):挨拶(小円蔵)、笠碁、らくだ(小さん)、大高源吾、倉橋伝助(貞山)、曲芸(小仙)、哥沢濡れぬ先、淀の川瀬(寅小満)

四日目(十四日):前講(小円蔵)、うどんや、猫久(小さん)、横川勘平、義士勢揃ひより討入迄(貞山)、曲芸(小仙)、粋な浮世、上り下り(寅小満)

大正11713 京都日出新聞大阪朝日新聞京都付録

<南座の小さん・貞山二人会を聴く> 

小さんと貞山  夏の南座 
 柳家小さんと一竜斎貞山、落語と講談の合同、とにかく珍な献立で十一日から四日間南座で二人会が催された。初日の夜小さんシセウは「妾馬」と「子別れ」を、貞山は義士伝「二度目の清書」と「前原伊助」と何れも得意の物を演じた。

小さんの老巧、枯れた中に何処か潤のある話し振は確に独歩だ。此人も随分老た。然し老江戸ツ子芸人に間々見出す、妙に渋がつたりイヤに通振とといつた癖が微塵気もなく、それで居て江戸ツ子らしい、落語家らしい味の溢れてをる自然の芸風は嬉しい。是が此人の生命である。唯声が低いので斯うした大劇場では稍々徹底し兼ねるのは遺憾だつた。

貞山は調子の好い人である。旨いか旨くないかは別問題として此調子の好い点に先ず聴衆は惹き付けられるから妙である。二度目の清書で平右衛門が討入りの物語をするイキは此人ならではの独特の妙味であつた。それに会話がクドクなく、読物は古いが読方に新生面を開いてをるのは流石だつた。此外助演の丸一小仙のワンボール、ツーステツキの曲伎、寅小満女が寅派の哥沢、小円蔵の故円蔵張の落語等も一座のイロドリとして見遁し難い。(鱗六)(京都日出)

◇南座の納涼興行では流石に浴衣がけの客がいる

寅小満の歌沢「一声」と「我もの」は延んびりした歌ひ口、低い声量ではあるが隅から隅までズツと通つた。況して高い糸の調子は遥か向ふの木戸外までも聴えたゞらう。

小仙一行の曲芸球と皿はさらさら怪しい種仕掛のあるではなく、真の熟練から生み出した芸当、舞台は広いし天井は高し、満場大喝采確に大当り。

貞山の「二度目の清書」と「義士伝前原伊助」は元々雲、奈良、小円等とは畑が違ふだけに聴衆の気受大に好し、殊に弁舌爽やさはこの人の大得意。

小さんの「妾馬」と「子別れ」は落付いたうちにも始終滑稽味を含み聴衆の耳を引付く。其処がこの人の身上ではあるが、何分開け放つた広い場所とて一層声量の貧弱を感ぜしむ。当人も亦こゝに意を配つてか前者に比し後者はグツと気張る。(京都付録)

大正11714 京都日出新聞 

◇読者と演芸 

【問】南座の柳家小さんと三遊亭円右とはいづれが巧いのですか。(落語好) 

【答】小さんは柳派の棟梁、円右は三遊派の頭目で、小さんは落語にかけてはその右に出づるものなく、円右は人情噺にかけては彼を凌ぐものはありません。謂はゞ両人は東西の横綱です。  

【問】柳家小さんが常盤津を唄ふさうですが、ほんとうですか。(かつらや) 

【答】小さんは元来常盤津の太夫であつたので落語をやりながらそれを挟みます。それにこの方でもたしかになみ〳〵ならぬ技倆を有して、殊に美音なのが特徴です。

大正11720日 神戸新聞

<伊藤痴遊独演会・神戸千代廼座>

千代廼座 廿一日より十日間午後五時より伊藤痴遊独演会

大正118月

 大阪の寄席案内

一日より紅梅亭にて納涼演芸会。落語、芝居噺、新奇術、都々逸、落語角力(行司蔵之助、染丸)、滑稽茶
  番ペケレンス等。

大正1181日 香川新報

<橘ノ圓一座・高松高松劇場>

◇高松劇場 東京名流落語家元橘ノ圓一行来高八月一日より高松劇場で開演す。一座連名左の通り。

手踊(楽天坊)手踊(圓明)落語(圓也)珍芸(社中)少年落語(圓童豆)清元(立花家小ゑん)音曲(小圓左)手踊(かほる)落語(圓天坊)人情落語(橘の圓)大切所作事総出。

大正1183日 神戸新聞

千代廼座 一日より納涼興行として左記の如く出演

桑五郎、歌路、圓都、春輔、小半、正楽、女道楽、吉奴、妻奴、文の家かしく、三遊亭圓馬、巴家寅子、大切座員総出滑稽「玄冶店」

大正1186日 名古屋新聞

<三遊亭右女助一行・名古屋末広座>

◇末広座 東京落語協会幹部三遊亭右女助一行は、明七日午後六時より開演す。入場料は、平場二階全部四十銭均一にて。一座の顔ぶれは、右中、右楽、柳童、圓都、胡蝶斎、圓七、左喜子、喜久子、痴楽、花堂、右女助

<編者註>右女助:元々は大阪の人で、圓右の弟子で右女助を名乗り、大正十五年に四代目古今亭今輔を襲名した。右女助一行の番組は下記の通り。

88日:奇術(右楽斎)棒屋(柳童)實尾伝(丹[]都)獅子の曲(胡蝶斎)宗論(圓七)長唄(左寿子)花見小僧(痴遊)尺八(花堂)八問答(右女助)即席(総出)

810日:高尾(圓都)獅子の曲(胡蝶斎)料理屋(圓七)吾妻八景(枝女寿等)かもじ(痴楽)天人戯曲(花堂)へっつい盗人(右女助)

大正11810日 神戸新聞

千代廼座 春輔、正楽、小半、歌路、吉奴、妻奴、かしく、身体運動夏雲起一行、桂三木助、大喜利余興数番

大正11810日 山陽新報

◇大福座 九日より開演し、出雲本場安来節音曲の名人出雲福太郎一行に、杵築儉番芸妓連数名加入、午後六時より開演する。

大正11812日 神戸新聞

[広告]境濱海水浴場明日の余興昼間(神戸菊水家第一巡業部の軽口、浪花節、落語、萬歳、手踊、曲芸、安来節、にわか、出演者十九人)夜間(仕掛花火打揚、活動写真上映)

<編者註>神戸菊水家は諸芸集団で、主な者は、

菊水家笑蝶、同岩丸、福枡家千ヤン馬、菊水家楠枝、曽我の家瓢之助、吾妻四郎、桂奴之助

大正11813日 サンデー毎日

[広告]ツバメ印ニットーレコード 落語界の花形 花橘落語集/親子茶屋 紙屑屋 ろくろ首 天狗さし お日さんの宿 舞子の濱 ランボー医者 酒のかす 菅原息子 須磨名所 偽浦島 浮れの稽古屋上の巻 同下の巻 たらちめ 涼み舟 宿がへ 滑稽怪談尼寺 滑稽二輪 味噌 書割盗人 丁稚芝居 大晦日 近日息子 貸家札

スキャン0005

大正11819 京都日新聞 

<吉本花月派が三友派を合併する①>

○落語家の連衡 芦辺派と吉本派が握手した 

都喜蝶や三蝶の昔は知らず、落語の中心は京都は零で、矢張り大阪の支配下に属して居るが、此社会にも種々の暗闘や経緯が蟠(わだか)まつて、桂派に対抗した三友派が起り、又之に反抗する反対派が生れたり、一方が消えると一方が抬頭し消長常ならざりし以前は兎に角、今の処では三友派と反対派が互に相拮抗し、三友派は芦辺館各席に、反対派各席は花月連と称し吉本一派の各席を根拠として角突合ひに余念なく、之れが延びて京都にも芦辺館と真向ひに富貴亭を置いて鎬を削つて居た。

処が近頃双方斯の如く睨み合うふ事の不利益を悟つた。芦辺派、吉本派の握手となり、今日となり遂に打つて一丸とした五十万円の会社組織となつて終ふた。従つて双方に出勤して居た鹿連中も平等に此会社の雇はれ人となると共に、恁(こ)うなると双方七分五厘党の角の取れた連中とて融和する事も早く、大阪京都の各席を互に代り合つて御機嫌を取る事になる訳で、落語家自身には従来御都合主義で転がり合つて居たそれが出来なくなる不便もあらうが、席亭は至極堅固に経営が出来る訳である。

大正11826日 大阪毎日新聞

<吉本花月派が三友派を合併する②>

○寄席の合同と向上 長いあひだ相敵視した三友派と花月派との合併 

 大阪の寄席は古い老舗株の浪花三友派と近年大いに勢力を張つた花月派と、それに雑物の大八会とがあつて、この三派が大阪の寄席並に娯楽場約六十箇所をそれ〴〵占有し、別に三友花月の両派は京都、神戸、堺の各市に自派の牙城を構へ鎬を削つていたが、三友花月両派は双方とも競争倒れで真剣味のない芸人に高給を貪られるのがオチとなり、寄席好きからもだん〳〵飽かれてくるので、両派ともに今迄の遣方を改めようと考へ出した矢先、大阪警察部で寄席演芸の向上に世話を焼くなどのことがあつて、両派妥協の機運が動き出し、遂に酒井猪太郎氏の肝煎で長い間敵視した三友花月両派がめでたく手打をした。

それで涼風の吹く九月から両派合同の興行となり、やがて時機を見て東京方面を打つて一団とした大きな演芸株式会社を組織し、劇以外の諸演芸を東西合併して一括する計画だといふ。

 現在では三友派は東京の演芸会社と提携し、花月は睦派と手を引いているのだが、今回後は自然にこの系統も融和される。そして合同の利益を寄席の改善費に当てゝ、重立つた寄席を順次改造するさうで、現に三友派の本拠地紅梅亭は一部分を椅子席として、舞台も拡げて新(あらた)な型に改めているとのことだ。

大正11829日 大阪毎日新聞

<大八会は千日前播重座を借り受ける>

○大阪の一名物「播重」が没落した 落語界競争の煽りをくつて 

 娘義太夫修業場の金看板に大阪名物の一として永らく威勢を張つていた大阪南区千日前の播重座も近来の不景気風にゲツソリ客足がへつて来て、席主の井谷も青息吐息の折柄、一方落語の三友派と花月連が既報の通り合同することになり、従つて今まで少なくとも三つ巴でいた大八会も何がな対抗策を講ぜねばならぬとあつて、花月や三友派の法善寺横町より地の利を得ている播重座を買収して積極的に競争することに腹を極め、その交渉にかゝると、思案投首の播重座では条件次第とあり、結局敷金二万円、家賃二千数百円といふことで芽出度契約が整ひ、いよ〳〵義太夫は来る二十九日限りで閉場して、来月から大八会がこゝに根城を構へて目覚しく奮闘することゝなつたが、この事二十七日突然申渡されたタレ義太連は、利欲一方の席主の態度を今更聞えませぬとうらんで見ても後の祭で始まらず、突然の解雇がどうのかうのと労働問題やら失業問題で騒いでいるが、兎に角落語界競争の煽りを喰つてタレ義太唯一の定席播重座が滅亡に及んだのは惜しいことである。

大正11831日 神戸新聞

千代廼座 九月一日より反対派三友派吉原系合同の第一回興行にて其の出演者連名

顔芸(升三)清元(喬之助)浪花落語(文治郎)読心術奇術(靖子マクリー)浪花落語手踊(五郎)東京落語手踊(圓太郎)大阪落語(小文枝)曲芸(旭勝一郎)東京落語(圓遊)

大正119月

 大阪の寄席案内

一日より吉本興行部が三友派を合併、各席にて合同興行を行う。【下図参照】

〈編者註〉大正1191日より昭和412月までの吉本興業が作成した各席の出番表(一日、十一日、二十一日の月三回)が存在する。(下図は大正1321日よりの出番表)

11年 001

ご覧のごとく、これを見れば大阪、京都の寄席案内は一目瞭然なのだが、個人蔵であり、また分量的にもとてもすべて掲載するのは不可能である。忸怩たる思いではあるが、寄席案内は従来のように新聞記事に掲載されたもののみで作成していく。なお『藝能懇話』十八号(平成19年)、十九号(平成20年)にこの出番表より「南地花月」だけを抜き出し、「法善寺の花月」として特集されている。この出番表がどんなものかの一端を知ることができるのでぜひ参照されたい。

大正1191日より

◇花月連三友派大合同・新町瓢亭

11年 570

皆様の厚き御引立に日と共に益々発展を遂げ、今般三友派及び神戸吉原派を合同し、東京の事業も着々進展し、今日にては実に全国を通じ五十有余の営業場と五百余名の演芸者を抱擁し、茲に東京、横浜、名古屋、京都、大阪、神戸、中国、九州を従断せる一大落語系を完成致候。其枢系を大阪に定め、将来及現在に於て当興行部宿年の抱負たる趣味の催し五人会、特選会、種々の組合に依る面白き出番は時々随所に開催可致候。同好御贔屓各位の御期待に満足し得る様計画中に有之候、右計画の一端を具し御挨拶に代申候。

出番順(省略)新町瓢亭 電話新町五一八番 吉本興行部

〈編者註〉『藝能懇話』第八号(平成6年)より転載。

大正1191日 花月連三友派連合同連名(落語系図)51

桂文團治 桂枝雀 桂枝太郎 笑福亭圓笑 笑福亭松鶴 林家染丸 桂ざこば 桂三木助 桂米團治 桂春團治 桂小文枝/桂圓枝 立花家花橘 桂塩鯛 桂三八 文の家かしく 桂文次郎 桂文雀 笑福亭枝鶴 桂桃太郎 桂小南光 桂梅團治 桂花團治 桂菊團治 露乃五郎 桂扇枝 桂助六 笑福亭圓歌 桂團丸 桂雀輔 笑福亭小枝鶴 三遊亭花遊三 桂輔力 林家染五郎 橘乃圓都 桂枝雁 笑福亭里鶴 信濃家小半 桂雀三郎 桂三枝 桂枝女太 舌切亭すずめ 林家染八 桂枝右衛門 笑福亭光鶴 桂小春團治 笑福亭圓寿 桂福團治 立花家一奴 林家うさぎ 三遊亭小ゑん

(席前座はやし)14

花治、鯛六、タキ、キン(南地花月)染雀、小橘、トミ、ヒナ(紅梅亭)小雀、左雀、テル、ハナ(北陽花月)せんば、枝の助、キヌ、ヨネ(松島花月)米蔵、文々、ヨネ、ノブ(新町瓢亭)政右衛門、東團治、コマ、トラ(京三倶楽部)金笑、京ミツ(松屋町松竹座)文作、ハル(福島延命館)

(東京連)22

橘家圓太郎 三遊亭圓子 三遊亭圓馬 三遊亭遊三 桂家残月 笑福亭福松/橘家蔵之助 三遊亭圓若 立花家圓好 金原亭馬琴 橘家圓坊 橘家小圓太 式亭三馬 小左楽改め橘家勝太郎 神田小伯山 橘家圓司 大隈柳丈 三遊亭しん蔵 三遊亭小圓馬 柳家小はん 三遊亭小圓

大正1191日 神戸新聞

<三友派、吉本、吉原三派の合同>

握手した落語家連、睨み合いが解けた 従来関西の落語界は反対派所謂花月派の吉興行部、三友派及び神戸の吉原系の三系統によって分割され鎬を削って競争し互いに芸人の争奪や席亭の奪い合いに血眼となった結果、従らに芸人の給料が鰻上りとなり嘗て前例のなかった芸人の前貸て金などが出来て不況のこの頃況して夏枯の時節には痛く打撃を受けることになり算盤の桁まで外して無意味な競争を続けつつあったが最近各派でもその愚に気がつき愈々合同の気運が促進され花月派と吉原派が握手した。三友派は是れ迄吉原系によって営業上多大の救助を受けていたので吉本系と吉原系が合体すれば所謂三派の合同は出来る訳である。其処で大阪全部は吉本系が営業権を握り、東京神戸は吉原系が営業権を握る事となり九月からは神戸の千代廼座、御代廼座などへも反対派の連中が出演することとなり今後は高座を賑わす事となったと

大正1191日 名古屋新聞

◇大須七寶館 東京落語談派桜[談洲楼]燕枝一行は一日より開演。

大正1192日 大阪朝日新聞

○落語も値下 従来鎬を削つて競争していた大阪落語の三友派と花月反対派とが合併し一日から握手記念の興行をしたが、時勢の進歩に遅れぬためこれまで九十二銭の木戸を一日夜からは四十銭として大いに節約振りを見せている。

大正1193日より

◇花月派と合同に就て御挨拶・南地紅梅亭

11年 054

大合同 當る九月三日より連夜

花月派と合同に就て御挨拶申上候

古き歴史を有して居ります吾関西落語界は種々波瀾曲折を重ねて今日に及びました。斯道の発展上甚だ憂慮に耐へざる事と存じます。今回各方面の円満なる諒解を得、こゝに当派と合同せし次第、尚一層斯界の向上に専念し渾身努力を尽す覚悟で御座います。何卒一層の御愛顧奉願上候

出演順(省略)南地紅梅亭 電話南五七一・六三二一番 原田直営

〈編者註〉「富士正晴記念館所蔵 寄席番組類目録」(富士正晴記念館・平成12年)より転載。

大正1193日 大阪毎日新聞

◇[広告]時代の要求に順応せる壮挙

11年 569

全国に渉り五十余箇所の営業場を有し関西落語界の指導向上に資し、其間絶えず中枢演芸場として最高権威たる当部は、時代の叫び、節約に拠る普及的民衆娯楽の本旨に準じ、社会奉仕の一端にと茲に此由緒ある当席花月を奉仕的興行に提供するすべく、時恰も成立せし花月連、三友連の二大勢力合同で記念として茲に此意義ある壮挙を断行する次第であります。何卒吾吉本興行部の微意を諒とせられ、尚直営席各花月及特約席も新組織に拠る出番にて花々しく開演致します。倍旧の御声援あらんことを此機会に於て特に御願ひ致します。敬白

奉仕的破天荒の入場料四十銭 法善寺境内 南地花月亭 吉本興行部

大正1198日 神戸新聞

千代廼座 文治郎、圓太郎などの久しぶりの連中の出演とて非常の好況を呈し珍面立花家喬之助亦久々に御目見得して清元の江戸情緒を美しき咽喉で聞かせて大喝采

大正11910日 京城日報

[広告]明治町 電話二六〇番 浪花館/初日演芸番組 東京落語並に百面相(春風亭枝丸)東京落語並に音曲色々(春風亭年枝)東京落語(春風亭さん枝)曲独楽並に手踊り(春風亭枝左松)声色物真似並に春風亭小柳□)清元並に浮世節(春風小やな)音曲噺並に手踊(雀家翫之助)東京落語(春風亭柳好)

大正11911日 神戸新聞

千代廼座 十一日からの出番は、女道楽(歌吉、歌奴)人情噺(馬琴)軽口(福来、福篤)落語手踊(勝太郎)落語(文團冶、ざこば)長唄(勘三郎、勘三衛門)東京落語(小圓太)大切怪談(圓歌)

大正11920日 九州日報

◇川丈座 久し振りの落語で期待された東京落語の人気者雀家翫之助、春風亭柳好一行は、愈々廿日より三日間花々しく開演仕り、入場料は時勢柄大勉強にて五十銭均一。初日の番組は左の如しである。

掛萬(年枝)宮古川(光枝)曲独楽並手踊り(枝太松)素人俥並に声色(小柳三)清元浮世節(小やな)植木屋並に木曽節踊(翫之助)桜風呂(柳好)

大正11921日 神戸新聞

千代廼座 今廿一日から左記の顔触れが交替出演すと

梅團冶、圓都、白魚、米團冶、小半、文雀、半玉、茶好、歌之助、春團冶、圓若、残月

大正11923日 大阪毎日新聞

◇「女文楽」で播重一座の再挙 大阪落語界合同のあふりを喰つてだしぬけに没落の運命に陥つた南地千日前播重の女義太夫一座は、多年売込んだ老舗とて方々から引受手が現れ、中にも落語の吉本興行部と千日前楽天地興行部とが競争で取合となつたが、結局両方とも纏らず、最後に呂昇の定席で知られた松屋町の松の座が一手で引受け…二十四五日から…蓋を開ける運びとなつた。

大正11928日 京城日報

<伊藤痴遊独演会・朝鮮浪花館>

[広告]明治町 電話二六〇番 浪花館/當る廿八日より五日間限り/有名なる新講談伊藤痴遊師来る

上方落語史料集成 大正11年(1922)10月~12月

大正1110月 

大阪の寄席案内

 一日南地花月亭にて三升家小鍋が亡父の一周忌追善会及び久里丸襲名披露会を開催。

十五日正午より結城孫三郎一座にて葛の葉狐狩より子別れ迄、塩原多助等。応援に春団治出演。

京都の寄席案内

二十一日より芦辺館へ里若、朝団治、一奴、枝め太、柳丈、華山、福松、筑流、菊団治、川柳、歌若、歌
  奴、米団治、かしく、団子が出演。

大正11101日 大阪朝日新聞神戸付録

◇千代之座の一日からの顔ぶれは、梅團治、菊團治、圓都、女道楽(若竹、清子)、圓窓、圓枝、直造、枝太郎、圓遊、遊三

大正11101日 九州日報

◇川丈座(博多) 東京落語三遊亭小圓右一行、贔屓連の後援会もあり好人気旺盛である。愈々今一日より開演。初日の番組は左の如し。

八笑人(柳勢)弥次郎(柳童)逆さ獅子の曲(胡蝶斎)長唄勧進帳(枝女寿、喜久子、喜久助)三人片輪(圓雀)尺八の曲(花堂)唐茄子屋(小圓右)

大正11107日 京城日報

[広告]明治町 電話二六〇番 浪花館/當る七日より初御目見得 笑楽會大一座来る/江戸生粋滑稽の親玉二人道化落語手踊剣舞西川流所作事かぼちゃ手踊ダンス胡蝶踊大阪二○加□仏大奇術外十数種身長二尺一寸のかぼちゃちゃんまの手踊は二度と見られません。つるや昇□、團八、一若、團子、久十郎、團玉、扇枝、團枝、山川十九夫、かぼちゃちゃんま、湊家ちどり外数名。ダンス大奇魔術、松旭斎天女、天光、天星

大正111011日 神戸新聞

千代廼座 十一日より助力、筑銃、染五郎、圓坊、花團冶、圓朝、染丸、やの冶、芝鶴、圓子など出演

大正111015日 大阪朝日新聞

◇紅梅亭の操り 浄瑠璃操人形の始祖近松門左衛門翁の記念祭が諸方に宣伝せられているに際し、南地紅梅亭でも操人形振り結城孫三郎一座の特技演芸会を十五日正午から開演する。出物は近松とは切つても切れぬ関係ある竹田出雲の「芦屋道満大内鑑」葛の葉狐狩りより子別れまでと「塩原多助経済鑑」、応援として人気物の春団治が馳せ加はる。

大正111016日 京城日報

<橘ノ圓一行・朝鮮浪花館>

[広告]明治町 電話二六〇番 浪花館/當る十六日より御馴染の東京落語 □の家元落語舞踊の名人橘の圓一行/落語手踊楽天坊、落語手踊圓明、落語手踊圓昇、現代珍芸社中、少年落語音曲踊圓童豆、清元浮世節浄瑠璃小ゑん、落語音曲小圓左、滑稽落語圓天坊、落語手踊かほる、曲芸数種萬治、人情落語舞踊橘の圓/花柳山村両派新手歌沢舞等毎夜沢山相勤め候、大切に珍芸を御覧に入候

大正111017日 神戸新聞

千代廼座 染丸の滑稽講談は得も言われぬ甘味ありて評判よく、やの冶の声色も素敵だと

大正111021日 神戸新聞

千代廼座 御代廼座 二十一日より久々松鶴を筆頭に左記の顔触が出演する

木鶴、圓弥、すずめ、圓都、亀鶴、小圓馬、春輔、蔵之助、九里丸、桃太郎、小天賞天賞、松鶴

大正111028日 香川新報

金丸座(琴平) 二十六日から花月會一行が落語其他の諸芸大會を演じて居る

大正111029日 名古屋新聞

◇大須七寶館 十一月一日より大阪落語界の泰斗桂文團次一行にて開演す。一座は講談神田伯英、読心術マニー、夢の家小半、橘家圓窓等の腕揃い。

<編者註>十一日迄興行。

大正1111月 

大阪の寄席案内

 一日より紅梅亭へ海老一鉄五郎一座、神田伯龍、三升家紋右衛門、同紋十郎、柳亭左楽らが出演。

 一日より南地花月亭と松屋町松竹座にて第一回舌戦得点会を開催。【下図参照】

十一日より紅梅亭にて花月三友合同幹部連競演会。柳亭左楽出演。

十一日より南地花月亭へ巴家寅子・海老一鉄五郎合同一座、神田伯龍が出演。【下図参照】

十一日より北新地花月倶楽部にて第二回舌戦得点会を開催。【下図参照】

 十九日正午より南地花月亭にて柳亭左楽独演会。乃木将軍、広瀬中佐、四万円の芸妓めぐり合いの三席。

京都の寄席案内

 一日より笑福亭へ操り人形の結城孫三郎が出演。

 一日より新京極富貴亭にて舌戦得点会を開催。

大正11111日より

◇第一回舌戦得点会

11年 574

御願ひ 若手新進の落語家の中から……未来の大家を建設して下さい

「建設」…「改造」…と…か総て世の中は変つて参りました。何時も変り栄へも致しませんのが吾々社会で……と相変らずお若輩の御話でお茶を濁して計り居つては御贔屓様に見放される……と自覚致しました。己れに眼醒ますと同時に自分の歩んで行く可き道に気が付きました………。サア……そこで御願ひ致し度いのです。

御入場料金四十銭 御声援の鞭撻と御指導の道しるべ 此意味で左記演者の技芸得点競技を催します。

投票に拠り御批判を待つ六撰人 桂扇枝 立花家花橘 桂塩鯛 桂文治郎 笑福亭枝鶴 橘家勝太郎

出演順:落語小雀、落語里鶴、奇術李玉川、曲独楽源朝、落語舞三木助、音曲踊やの治、東京落語円馬、珍芸九里丸、落語即席扇枝、落語文人踊花橘、清元手踊喬子・喬の助、落語塩鯛、落語文治郎、音曲踊寅子、落語枝鶴、落語舞勝太郎、落語春団治

投票に就ての要旨(省略)

日と時 当ル十一月一日より十日間毎夕六時開演 場所 南地法善寺境内花月亭(電南四三八番)

〈編者註〉『藝能懇話』第八号(平成6年)より転載。

大正11111日 大阪毎日新

◇[広告]六名が得意の話題に先途を競ふ 最も興味ある「芸」の投票を 左記の二箇所で催します

指導奨励 舌戦得点会/会期 自十一月一日至同月十日(十日間)夜六時より 

松屋町御旅境内 松竹座/南地法善寺花月亭

(いろは順)立花家花橘・橘家勝太郎・桂文治郎・笑福亭枝鶴・桂塩鯛・桂扇枝 

大正11117日 大阪朝日新聞

◇[広告](投票用紙は御入場の際御渡し致します)

緊張せる演技は白熱的佳境に入り、貴き一票の行使は争覇の鞭撻となる

第一回舌戦得点会 競演者 花橘・勝太郎・塩鯛・文二郎・枝鶴・扇枝

期日は迫れり 締切十日夜 会場 南地法善寺花月亭 生玉御旅境内松竹座

大正111110日 大阪毎日新聞

◇[広告]連夜満員御礼申上候/指導奨励 舌戦得点会/会場狭隘にて定員に限り有之、満員の際は入場を御断り致す場合有之候間、可成早々の御入場を希望致候/締切期日 十一月十日夜/南地法善寺花月亭

〈編者註〉南地花月亭の投票結果は一位文治郎(1694票)、二位枝鶴(1576票)、三位勝太郎(870票)、四位花橘(219票)、五位扇枝(196票)。松屋町松竹座の投票結果は花橘が一番だったようだが詳細は不詳。この舌戦得点会は好評であったのでメンバーを一部変更して十一日から北新地花月倶楽部で開催された。なお京都でも新京極富貴亭にて実施されている。

11年 57811年 57511年 576














大正
11111日 大阪朝日新聞神戸付録

◇千代之座は、一日より、福松、琵琶都々逸星花、ざこば等が出演。

大正11111 大阪朝日新聞京都付録

◇笑福亭 大阪の文楽と同様江戸の誇りとしていた歴史ある人形芝居江戸葺屋町芝居街の結城座は維新の変遷で中絶したが、八代目の正孫結城孫三郎は江戸民衆芸術の為め再興を思ひ立ち既に妙技を鍛へつゝあるが、今回この一行を招聘して大江戸気分を偲ぶべく、一日から連衣操人形を開演する事になつた。演し物は「本朝二十四孝」「塩原多助」「鈴ヶ森」。尚出演連名は三遊亭小円馬、笑福亭円歌の外、前記結城孫三郎一座の小絃遊、糸孫三、一糸等である。

大正11111 大阪朝日新聞京都付録114 京都日新聞 

<新京極富貴亭にて舌戦得点会>

◇富貴亭 一日から十日間「指導奨励舌戦得点会」と云ふを催す。入場者の投票に依り批評を待つ選者に桂三八、笑福亭円歌、桂桃太郎、橋本川柳、桂助六の五名。出演順は歌橘、右の助、五明楼、雀輔、南天、残月、三八、円歌、桃太郎、夏起雲、川柳、助六、遊三。(京都付録)

○落語舌戦得点会 新京極富貴亭で一日から十日までの出番中、三八、円歌、桃太郎、川柳、助六の五人に対し舌戦得点会と云ふを設けて一般聴衆より投票を求める事となつた。目的は落語が兎角野鄙に流れ、ソヽリ一方の前受専門で、シンミリした味ひが無くなつた。斯くては一九や京傳、三馬乃至半九辺りが拵へた人情噺を含んだ纏つた名作が漸次廃れて行く、夫れを惜んで真面目な真打を作りたいと云ふ趣向である。

一日の晩の五人も自ら持ち味前の味を発揮して腕に撚(より)…否舌に馬力をかけて満員の聴衆を喜ばせて居たが、偖(さて)昔の名人上手と云はれた域に到達する迄にはしょう尠からず径庭がある様で、少くともソヽリに馴れた聴衆の方から改良して行く必要もあらう。ソシテ落語家自身の改良も勿論喫緊なるものである。お笑ひと云ふよりシンミリした味…落着いた可笑味…を研究する事が必要だろう。

近い処で東京の円朝の弟子の円馬(先々代か)、大阪の文枝は兎に角、其四代目を継いだ小文枝辺りを聴くと、決してゲラ〳〵見物を笑はせはしないでシンと場内の静まつて居る中に噺が運んで、而して見物を倦まさなかつた。其の呼吸は今の人には欠けて居る。ソシテ小噺より名のある噺に骨を折る事が肝要だ。(京都日日)

〈編者註〉十日締め切りの得票結果は以下の通り。

一位笑福亭円歌(1586票)、二位桂助六(1914票)、三位桂三八(判読不可)、四位橋本川柳(417票)、五位桂桃太郎(389)。

大正11114日 九州日報

◇川丈座 東京落語柏枝一行本日より開演。初日の番組は左の如くである。

稽古屋(小しん)舞踊(福太郎)宮古川(銀馬)寄合酒(鯛蔵)替り目(柏枝)

大正111111日より

◇南地花月亭十一月十一日よりの出番表

11年 579

太神楽曲芸界に覇を競ひし両花形の提携は、昔を今に返り咲き、間髪を入れざる意気の投合は、得意の人滑稽は愈抱腹絶倒

巴家寅子 海老一三郎 海老一鉄童 海老一小鉄 海老一鉄五郎

東都声色歌舞伎会柳亭春楽 講談界の寵児神田伯龍

出番順 落語鯛六 落語里鶴 落語小雀 奇術正一 落語盆と玉円坊 音曲手をどりやの治 大正笑話文雀 剣舞天地・景山 落語舞桃太郎 身体曲技夏雲起 落語文団治 太神楽音曲曲芸寅子・鉄五郎 講談伯龍 落語舞勝太郎 声色春楽 新講談残月 落語枝鶴 曲独楽源朝

法善寺境内南地花月亭 吉本興行部 電話南四三八番・四一一九番

〈編者註〉『藝能懇話』十八号(平成19年)より転載。

大正111111日より

◇第二回指導奨励舌戦得点会

11年 001

〈編者註〉『藝能懇話』第八号(平成6年)より転載。

大正111114日 大阪朝日新聞
◇[広告](投票用紙は御入場の際御渡し致します)

11年 577

第一回得点会は白熱的盛況裡に了し更に第二戦に入る。貴き各位の一票は争覇の鞭撻となる

第二回舌戦得点会 競演者 花橘・勝太郎・馬琴・文二郎・枝鶴・扇枝

日時十一月自十一日至二十日(毎夕五時開演)

会場 北新地花月倶楽部 電北六九九番/主催吉本興行部 後援大阪日日新聞社

〈編者註〉第二回目の投票結果は一位枝鶴(800票)、二位勝太郎(792票)、三位扇枝(522票)、四位文治郎(425票)、五位花橘(308票)、六位馬琴(270票)。主催者の吉本興行部は第一回の南地花月亭と二回目の花月倶楽部の合計で上位三名──枝鶴、文治郎、勝太郎──に賞品を贈呈した。

 またこの企画の後援者である大阪日日新聞社は独自で一般読者から葉書で人気投票を実施した。
11年 573
 その結果一位花橘(
9615票)、二位枝鶴(5361票)、三位文治郎(3085
票)、四位勝太郎(249□票)、五位円枝(1383票)、六位馬琴(47□票)であった。

大正111112日 大阪毎日新聞

◇[広告]復活せる権威ある太神楽 当派幹部連総出演の外新に‥‥

11年 580

 皆様お待ち下さいました、此花形合同に拠り海老一一座を復活させました、寅子が懸命の撥冴せえ、□鉄五郎が洒脱せる滑稽と舞踊と相挨つて近頃に無き興味ある一座で御座います。

巴家寅子・海老一鉄五郎合同一座

本月の交代連として講談界の寵児 神田伯龍 

當十一月十一日夜ヨリ 毎夕五時開演 南地花月亭

宣伝の為に特に普通の入場料 金五十銭

大正111113日 九州日報

◇川丈座 東京落語橘ノ圓一行十三日花々しく町廻りの上、午後六時より開演。初日の主なる番組左の如し。

清元神田祭り(小ゑん)羽織の女郎買(小圓左)盆の曲踊(かほる)曲芸(萬治)唖者の魚釣り(圓天坊)三味線栗毛(圓)

<編者註>圓一行の番組は下記の通り。

1114日:清元浮世節(小ゑん)りん廻し(小圓左)子誉め(かほる)曲芸(萬治)くしゃみ講釈(圓天坊)大仏餅(圓)

1115日:清元浮世節(小ゑん)小言幸兵衛(小圓左)寄合酒(かほる)味噌蔵(圓天坊)曲芸(萬治)三村薪割(圓)

1116日:眼鏡屋泥棒(小圓左)景清(圓天坊)天災(圓)

1117日:お花半七(小圓左)初天神(圓天坊)お題目(圓)

大正111118日  

<四代目林家木鶴死亡>

●四代目林家木鶴 本名田中定吉。生年不詳。桂仁左衛門(明治四十四年没)の門下で仁太郎を名乗る。師の死後、五代目林家正三の門に移って五代目小正三となり、大正八年頃に四代目林家木鶴を襲名した。桂派が瓦解したあと互楽派に参加したが、これも間もなく瓦解し、反対派へ移った。草創期の反対派は色物中心で、落語の修業には不向きであったが、大正四年に法善寺花月が出来、吉本興行部へと発展をとげていく。しかしその出番の中に小正三(木鶴)の名前は見当たらず、大正九年の「反対派名簿」にも載っていない。端席か地方回りをして、名をなさぬまま生涯を終えたようである。

〈参考文献〉橋本礼一「上方噺家列伝」(『藝能懇話』二十一号・平成28年所収)。

大正111128日 大阪毎日新聞

○興行物の弊害を 取除き取締を統一する為 二十八日に七箇条お協議する

大阪府保安課では府下における興行物取締に関する各警察署の処置を統一する一方、興行界の弊害を除去する目的で二十八日巡査教習所に大阪、堺その他各署の興行主任者を招集し、左の事項を協議する。

(一)従来の組見の弊害を如何にして取締るか。

(二)活動写真の見習弁士に対する処置を如何にするか。

(三)寄席芸人の鑑札に対する処置を如何にするか。

(四)慈善興行の際、主催者が欠損を装うて収益を慈善に投ぜざる場合の取締方法如何。

(五)興行者が一部の人と結託して引幕贈物等を強要する弊害を除く方法如何。

(六)興行開演時間前観客が木戸口に行列を作る弊風に対し交通取締上の処置を如何にするか。

(七)座布団茶代小物等を押売する者に対する取締方法如何。

而して以上各項の協議が纏つた上は直に「励行デー」を設定して決議を活用し追て府令として発布する方針であると。

大正1112月 

大阪の寄席案内

 一日より紅梅亭へ巴家寅子、海老一鉄五郎一行が出演。

三日正午より南地花月亭にて神田伯龍独演会。小金井小次郎・小猿七之助・徳川天一坊の三席。

十五日より紅梅亭にて連夜、花月三友合同連出演で忘年演芸会開催。春団治、染丸、円馬、円枝、遊三、
  円枝、松鶴など出演。

二十二日より紅梅亭にて大切「雪月花」を大一座にて演ず。

大正11121日 名古屋新聞

<三遊亭圓馬一行・名古屋七寶館>

[広告]特別興行 當る一日より毎夜 久々の御目見得/東京落語大會/三遊亭圓馬、三遊亭圓枝、源一馬外十数名出演/大須寶生座

◇寶生座の落語 一日より東京落語界三遊亭圓馬一行に人気者の源一馬、三遊亭圓枝、音曲桂やの字、尺八扇遊等を加えた一座にて開演。

大正11122日 徳島毎日新聞

[広告]十二月一日より當初日大入/三遊亭圓歌のお目見得/久方ぶりで花月三友の真打揃 皆様お誘ひでお早く/桂春蔵 桂遊橋 桂文治[] 佃家白魚 三遊亭花遊三 桂雀助 夏雲起 夏雲清 橘小圓太 桂桃太郎 笑門亭福来 笑門亭福徳 東京下り大真打三遊亭圓歌/稲荷座

大正111213日 大阪朝日新聞

◇伊藤痴遊独演会 十三日午後六時より中央公会堂で長講二席(維新前後の女性、徳川慶喜大阪城出立)を独演する。主催は大阪時事新報社、会費一円(五百名限り)五十銭の二種。

大正111214 京都日新聞 

◇桃太郎の賭博 新京極勢国館に出勤落語家桃太郎事松下大三郎が、市内宮川町四丁目貸座敷業今西すゑ方で、同人を始め山脇ちゆうといふ老婆と共に八々賭博を開帳した事件は京都区検事局大黒検事代理係で取調中、十三日何れも微罪不起訴となつた。

 

【参考資料】

<紅梅亭(三友派)日曜会>

一月十五日(第百七十六回)

一月二十二日(臨時日曜会)

出演者:三木助、円馬。

二月十九日

番組:春の旅行(光鶴)、浮世根問(小枝鶴)、愛宕山(塩鯛)、逆葬式(円枝)、馬の尾(蔵の助)、須磨(松鶴)、文屋殺(川柳)、鶴満寺(染丸)、孝女仇討(遊三)

三月十九日

番組:竜の都(染三郎)、野崎詣(里鶴)、太鼓腹(小枝鶴)、けさ茶屋(塩鯛)、天神山(花橘)、鼻捻じ(松鶴)、心眼(小円朝)、余興茶番(巴家寅子)、鬼の面(円枝)、清原□松黄金の焚物(遊三)

五月十四日

出演者:円枝、蔵之助、染丸、金馬、松鶴、円馬、小半、猫八等。

<芦辺館(三友派)日曜会・独演会>

一月八日(第二百七十三回)

番組:正月丁稚(扇太郎)、高砂や(柏枝)、元犬(福枝)、三枚起誓(三八)、剣舞(一馬)、関津富(福     
 円)、裏のうら(塩鯛)、堪忍袋(川柳)

一月二十二日

番組:小倉舟(福之助)、猪々買(小染)、新らしい女(枝女太)、廓の情話(円瓢)、黄金の大黒(福円)、巌流島(川柳)、浮世ぶし手踊り(おかめ・小かめ)、鬼さゞみ(三八)、西行(円坊)、鴻池の犬(福松)

一月二十九日(三八、川柳、一馬三人会)
 
番組:御祝儀(三次)、播州めぐり(小染)、天災(柏枝)落語犬の目、お文さん(三八)、東京噺文七元
 結上・下(川柳)、劔舞飛雨児島高徳(一馬)

二月五日(かしく、染丸二人会)

番組:癇弁慶(三次)、龍の都(小染)、画根問(染五郎)、あたご詣り(かしく)、先の仏(染丸)天下一浮れの屑より(かしく)鶴満寺(梅丸)、余興長唄舞(妻奴・吉奴・かしく)

五月七日(三遊亭遊三の独演会)

番組:前席(福笑)、落語(朝団治、歌遊)、おせつ徳三郎、文七元結(遊三)、掛合茶番(狸・麦団治)、
 三人片輪、肉付の面(遊三)

六月四日(三木助、馬生、円馬三人会)

番組:落語(春輔、小円馬)、鰻屋(円馬)、ざれ八(三木助)、義士銘々伝(馬生)、巴滑稽(寅子)、大
 切槍さび(三木助、円馬)

六月二十五日(故円蔵追福二代目円蔵後継演芸会)

出演者:三友派幹部全部、故円蔵門下全部。

七月九日(臨時日曜会)

番組:熨斗の由来(朝団治)、六段目(馬の助)、居残り左平次(小きん)、水仙(三平)、高尾(小円蔵)、睨み返(小さん)

〈編者註〉九月に三友派は吉本興行部に合併された。事実上三友派は消滅し、長い歴史を誇った三友派の日曜会も大阪、京都ともここに終わりを告げたのである。

プロフィール

丸屋竹山人

カテゴリー
  • ライブドアブログ