大正12年

上方落語史料集成 大正12年(1923)1月~3月

大正121

大阪の寄席案内

六、七両日正午より天満裏門花月亭にて桂家残月独演会を開演。
演題は「皇室美談」「乃木将軍」「出世大閤記」の三長講。余興に滑稽掛合福来、福徳出演。

大正1211日 都新聞

[広告]俳句入船會 桂一奴、橋[]ノ一圓、浮世戸平、笑福亭鶴蔵、春風亭柳生、柳亭小燕枝、三遊亭圓洲、桂残月楼、橋家扇三、立川扇太郎、以時庵入船亭扇橋

大正12111日発行 「演芸タイムス」7

◎寄席巡礼 風来山人

◇紅梅亭

二階に陣取る。寒さと雨のため、正月には珍しく寂しい頭数。丁度枝鶴が出る。近頃、進境著しい。苦労して来た芸だから、細心の心遣いとこれからの勉強で、頭の光り出す頃には立派な師匠となること請合。次が吉例の熱田神楽。文治郎、枝雀、三木助、鉄五郎みな風邪でダウン。円枝、九里丸が代演。円枝出るや、「首つり、首つり」と喧しく客席から声がかかる。九里丸は短い舌がその進路を妨げているが、あの苦心と熱心とで、ともかくも二十分の高座を繋ぐのは感心である。松鶴、円馬は悪からうはずはなく、殊に円馬の『笑茸』は誠に結構であった。休演者続出で不快であったが、お蔭ですっかり嬉しくなって寄席を出た。(一月八日)

◇南地花月・三友倶楽部・北新地花月倶楽部

扇遊が太功記十段目と銘打ってハイカラ剣舞を、ケレンたっぷりに演っている。相変わらずの大受け。次が枝鶴の『芝居穴』。まず良い出来。巴家寅子の脱線義太夫。五郎の嬉しそうな高座を聴いてから、隣の紅梅亭に入った。染丸が『百年目』を演っている。ゆったりと充分に聴かせたのは嬉しい。鉄五郎一座の茶番。粋なものですが、海老一一座として鳴らした生粋の江戸気分をもはや伺うことが出来ぬのが寂しい。小文枝のあっさりした短いのを二つ三つ聴いて座を立つ。

帰途、三友倶楽部を覗く。君子という美人が高いよく通る声で大向こうを喜ばせていた。ここの気分はまた格別なものがある。

北の新地の花月倶楽部に入る。丁度ざこばの賑やかな高座の最中。後に扇遊がでる。「蝿だ、蝿だ」とお客が騒ぎ立てる。大阪の客は自分たちの見たいものしか

演らせない傾向がある。これでは演者が育たない。同じものばかり演っているのを叱る程の度量はなきか。円太郎の『掛取り』、花橘の『恋の辻占』。共に車で廻る師匠です。今年はしっかり頼みます。

◎初春の北陽花月倶楽部 芦風

七時前だというのに満員の盛況。高座は海老一直造が飄逸な芸を見せた後に春団治が上がる。無筆がちらしを持ち回るという噺。警句たくさんに満場を笑わせる。なんといっても人気者だ。円子は『芝居風呂』から例の二丁で充分ご機嫌を取り結んで下りる。松鶴が出る。『恵方詣』の噺をたっぷりやる。この人の噺を聞いていると浪花の古い因習や故実が自然に客の耳を立てさせる。落語もこうなれば立派な芸術だ。鉄五郎一座は滑稽味の中にまじめを加えて場内に春の気分を充満させた。文治郎が『素人義太夫』で聴衆の腹の皮をよらせる。紋右衛門は小話の後で鶴亀を踊る。申し分のない出来栄え。この人の振りごとは批評するだけ野暮だが、地方の紋十郎も蓋し一品。染丸の『三十石』はその当時の有様が目の前に髣髴として現れてくる。その手腕には全く敬服する。何を聞いてもまずいと思ったことはないが、特に今晩の『三十石』はよかった。三木助が『佐々木政談』で実のある噺を面白く聞かせ、余興に乗合船を踊って下りる。夏雲起一行の猛烈な身体曲技のあと、五郎、円馬、獅子舞と続くのだが、円子の出演時分から満場立錐の余地もなく、入口の戸を取って幕を張ったのだが、それでもすぐに一杯になる。ただそのため木戸口から寒い風が盛んに吹き込み、火鉢は売らず、とても辛抱しきれないので表へ出た。

〈編者註〉「演芸タイムス」は大正111111日より月3回(のち2回)、吉本興行部が各席で配付するために作成した小冊子で、発行兼編集人は八木安平である。いつまで続いたかは不明。現在17冊(内大正12年が14冊)の存在が確認されている。しかし個人蔵で原本を見るのはむずかしく、編者も各冊の目次を知るのみである。ただ『藝能懇話』九号(平成7年)、十号(平成8年)にその一部が紹介されている。原文のままではなく、読みやすいように仮名遣い等一部書き改められているが、リアルタイムでの客席からの「演芸評」はなんとも捨てがたく、そのまま孫引させていただいた。なお、同ブログの日付は「演芸タイムス」の発行日とした。

大正12112日 大阪朝日新聞

◇[広告]吉本興行部京阪神の直営及び特約席(全部)

12年 013

連夜満員御礼 吉本興行部京阪神所在の直営特約席の全部は 今十一日より一斉に民衆娯楽の本旨に準じ、此際入場料金の低價を断行し、平素の御眷顧に酬ひ申候

南地花月 南地紅梅亭 北陽花月倶楽部 松島花月 新町瓢亭 天満花月 北陽花月 京町堀京三倶楽部 御霊あやめ館 福島花月 天満館 北野青竜館 松島広沢館 堀江花月 千日前三友倶楽部 千日前南陽館 新世界花月 新世界芦辺館 上本町富貴 玉造中本倶楽部 内本町松竹座 堀江賑江亭 天王寺河堀亭 三軒家與楽亭 福島延命館 京都富貴 京極笑福亭 京極芦辺館 西陣富貴 千本長久亭 大宮泰平館 堀川春日亭 神戸美[]代の座 神戸御代の座

大正12113日 神戸新聞

千代の座 一月中旬の出番は圓蔵、圓馬を大看板に左記の新顔が出演する

雀輔、小枝鶴、花遊三、扇枝、文雀、圓枝、圓蔵、圓馬、軽口(金之助四郎坊)、浮世節(ゆき江)等

<編者註>圓蔵は、圓若の誤りと思われる。

大正12114 京都日出新聞

◇芦辺館 女義太夫。

〈編者註〉その年、新聞に出る芦辺館の案内はすべて女義太夫席である。この頃落語席より女義太夫席に転じていたようである。したがってずっと芦辺館で行われていた日曜会も途絶したようである。

大正12114日 名古屋新聞

<三遊亭圓子一行・名古屋七寶館>

◇七寶館の落語 七寶館は本日より東京落語にて開場。顔ぶれは彼の名手三遊亭圓子を筆頭に青年新進の金原亭馬きん、音曲桂やの字、剣舞天地景山を始め桂花治、橘家しん蔵等の色もの揃いに大切は名古屋初見得の博多二輪か引ぬき勢獅子という替つた処を御目にかけると。

大正12121日発行 「演芸タイムス」8

◎松島花月覗き 風来山人

寅子が細君の地で踊りに踊る。しかし次の演者がなかなか来ない。とうとう繋ぎきれなくなってせんばが一寸顔を出す。紋右衛門が休みのため紋十郎一人で高座を勤める。トッチリトンと一本糸の曲弾きをやったが、いずれも結構なもの。染丸の『電話の散財』、道楽隠居が活き活きとしているところ、この人ならではと云うべきでしょう。蔵之助は独自の話し口を持った噺家だが、今日の『金の大黒』はちょうどその壷にはまったもので、味わいがあってよかった。余興の浪花節は定評のあるところ。鉄五郎一座の茶番はとにかく面白い。小文枝の『ひやかし』は注文を受けたもの。本人の得意のものなのでしょう。枝鶴の『猿回し』は、風邪でのどを痛めており、初めは失望しましたが、何時ともなく調子を戻し、複雑な噺を無難にやっていったのは感心感心。夏少春一行の曲芸は昨秋より進歩の跡あり。五郎の『正月丁稚』、この人の噺には敬服することが出来ません。適当な先輩に計って一工夫あってほしい。舞踊に力を尽すことも必要と思われる。文団治の『素人浄瑠璃』、別の時に花月倶楽部で『勘五郎忠節談』という堅い噺を聞いて、正式に修業を積んだ人はさすがにその一言一句の無駄もなく、感にうたれたものだが、今夜の噺も嬉しく聞いた。

大正12121日 神戸新聞

千代廼座 二十一日より枝鶴、扇遊等を大看板に左記の通り出番交代

梅團冶、圓窓、南天(紙きり)、圓都、圓坊、枝太郎、軽口(半玉、茶好)、小圓馬、枝鶴、扇遊、染丸、李玉川(奇術)

大正12128日 大阪時事新報/131日 大阪毎日新聞

<三升家紋右衛門が噺家を引退し、舞踊家若柳吉升となる>

〇紋右衛門が踊師匠になる 若柳吉升の名で 

 大阪落語界の一方の花形で知られた三升家紋右衛門が、今度落語界を引退し、踊師匠専門となり、若柳吉升の名で将来はこの方面にのみ力をそゝぐ事となつた。紋右衛門は生粋の大阪の、然もその中心の島の内つ児で、代々紋屋で、小さい時分に山村友五郎に舞を習ひ、後に瀬山某について又瀬山流を習つたが、好き道からとう〳〵落語家になつて、先代文団治即ち今の文治の弟子となり、小団次と名乗つて紅梅亭に出ていたが、後に東京に赴いた節、若柳吉蔵の門に入り若柳流の舞踊を習つて吉弥といふ名を貰ひ、数年を経て又吉升と改め、帰阪後も矢張落語家として花月亭に出ていたが、今度引退して清水町の宅で若柳流指南の名札をゝかぐることゝなつた。紋右衛門はまだ四十の坂を越して間のない男ざかり、これから舞踊で道を拓いて行かうとする。

 近々その引退披露の舞踊会を当地で催すつもりらしい。(大阪時事)

○紋右衛門改め若柳吉升 振付師となる 

 大丸の紋屋の伜から落語界へ入つて二十年、斯界の人気者で押通して来た三升家紋右衛門は今回落語界から身を退き踊の師匠になる。

  同人は高座でも落語よりは踊を売物にし、早く若柳吉蔵の門に入つて名取りとなつていたが、今度いよ〳〵若柳吉升と改名し、引退記念のため近畿から北陸方面へ巡業し、四月で高座を打切り、五月新町で催さるゝ若柳吉蔵の第二回舞踊会に出演披露して、茲に愈々振付師としての新生涯に入る筈である。(大阪毎日)

〈編者註〉三日南地花月、四日紅梅亭、七日瓢亭、十日北陽花月倶楽部、十二日賑江亭にて、その後十五日から福井、武生、金沢、名古屋と廻り、三月一日から東京、横浜で、四月一日から神戸で、十一日より京都で引退披露をした。

大正12131日 大阪朝日新聞

<落語「三人廻し」が口演禁止となる>

○卑猥な落語 「三人廻し」禁止 大阪市南区笠屋町落語家橘家円太郎こと斎藤徳太郎(五十八年)は、二十四日夜西区松島寄席花月亭で「三人廻し」と称する卑猥な落語を演じたので九条署に召喚戒告を加へられたが、府保安課では同落語を今後一切封じることゝなり、全文を謄写して奈良、和歌山、京都、兵庫の各警察部に送つた。

大正122

大阪の寄席案内

十五日より各席に三遊亭円右、柳家小さんが出演する。

二十五日正午より南地花月亭にて、橋本川柳改め式亭三馬襲名披露会を開催。

大正1221日 神戸新聞

千代廼座 一日より桂家残月、松井源蔵、三遊亭圓太郎を大看板に梅團冶、染五郎、圓都、春輔、小はん、菊團冶、亀鶴等出演

大正1221日 名古屋新聞

<桂三木助一行・名古屋七寶館>

◇七寶館の落語 大須七寶館では本日より、落語界若手の大立者桂三木助一行に、音曲三遊亭圓若を加えた大一座で開演す。其の顔ぶれは、桂春造、橘家小太郎、桂鯛六、桂里鶴、佃家白魚、信濃家小半、花月亭九里丸、三遊亭圓好、夏雲昇、夏雲起

九里丸の珍芸、夏雲昇、夏雲起の曲芸運動は亦呼び物の一つであると。

[広告]本日より十四日間 落語桂三木助/大須七寶館

大正1127日 名古屋新聞

◇七寶館の落語 小半の落語は余りに卑猥過ぎる。若手の売出しとしては注意すべし。圓若の音曲は相変らず渋い美しい咽喉で聴衆を喜ばす。三木助の落語はイヤ味のない軽い滑稽で能く笑わせ、踊りのうまい。踊りもうまい。九里丸の珍芸は人を馬鹿にしたような他愛もないもので、大受け。夏雲起一行の曲芸は観る人をして手に汗を握らせた。

大正12211日発行 「演芸タイムス」10

◎松竹座覗き 心持の宜い寄席 芦風

すこぶる感じの良い席で居心地がより。正楽が『子誉め』を能弁にやって下りる。勝太郎が『磯の鮑』のあと六佳選を踊る。将来のあるこの人、近頃誠に不感服だ。助力・梅香の掛合、助力の一人相撲ですこぶる貧弱。仁鶴の『野晒』、良い口調であるが鼻へかかるのが疵。勘右衛門・勘三郎父子の吾妻八景、ただ弾いていると云うだけ。春団治が出る。『按摩の炬燵』をたっぷりやる。一流の持ち味は遺憾なく聴客の腹を抱えさせて下りる。星花の琵琶、那須の与一。後段に至ってやや声量を欠いたが結構なもの。但し、その後の琵琶の都々逸はいただけない。品よく博多節など願いたいもの。塩鯛の『安産』は当夜第一の出来栄。生れた子供の身体を気遣うあたり、思わずホロリとさせる。この呼吸を忘れぬことだ。妻奴・吉奴の長唄のあと、立ち上がって吉奴が喜撰を舞う。楽屋で御亭主のかしくが鐘をいれる。喬之助が陰で上調子を弾く。踊りよりこの三味線に聞きほれてしまう。後は割愛して外に出た。

この席は高座と客席の具合が如何にも上品にしんみりと落ち着いた気分があり、申し分ない。高座の色どりも良く、出演者の真面目な努力によって頗る面白く聴かれたことを感謝する。

大正12214日 神戸新聞

千代廼座 今日は國葬当日に付休業十五日より左記新顔が出演すると

梅團冶、圓弥、南光[]、琵琶(筑銃)、春輔、人情噺(圓好)、曲芸手踊(白魚)、文團冶、長唄(勘三郎、勘左衛門)、春團冶、身体運動(夏雲清、夏雲忠)

大正12216日 大阪朝日新聞

12年 00812年 009◇[広告]吉本興行部の努力は遂に名人の来阪を促し、茲に御同好の各位に平素の御愛顧に酬ゆる事とせり。

三遊亭円右 柳家小さん 滞在期短し 是非此機に!! 
十五日より六日間限り毎夕五時

大正12220日 大阪毎日新聞

◇[広告]愈々二名人の退期迫る!! 小さん・円右 連夜満員御礼申上候 1920の両夜限り

再演期ハ未知数ナリ 余ス處僅カ二日間也 此絶好機ヲ逸セズ 是非御来□ヲ待ツ 南地紅梅亭 北新地花月倶楽部

〈編者註〉十五日午前十一時二十分大阪着。吉本興行部員、各席表方、三友花月合同幹部らが出迎え、数台の自動車に分乗して旅館ます屋に着く。大阪都新聞の写真班が先着して撮影する。同夜より南地紅梅亭、新町瓢亭、松島花月、北新地花月倶楽部へ出演。十五日紅梅亭の出し物は小さんが「小言幸兵衛」、円右が「唐茄子屋」、花月倶楽部は小さんが「小言幸兵衛」、円右が「素人芝居針医の本蔵」。十八日正午より南地花月亭にて円右、小さん二人会。演目は「高砂屋」「あくび指南」(円右)、「業平文治」(小さん)。

 二十一、二十二日は神戸、二十三日から京都、二十六日に名古屋へ向かい二日間興行、月末に帰京した。

大正12221日発行 「演芸タイムス」11

◎小さん・円右 花月倶楽部 芦風

本日(編者註:十五日)より小さん、円右出演につき、午後七時には立錐の余地なき大入り。勝太郎の『栗餅』、文治郎の『百年目』は例のごとく、次に初御目見えの寅小満の歌沢で新むらと吾がもの。一馬の剣舞が終わると、いよいよお待ち兼ねの円右が上がる。小話の枕をふってる内にいつか噺は『素人芝居針医の本蔵』へ入っていく。相変わらず元気な調子、活殺自在にその人を顕す。話中に九代目松助、歌右衛門の声色まで入れて満場大喝采。芸人に年のないのを証拠立てた。円枝が例によって『首つり』を出す。懸命に勤めるも、出番順が悪くて気の毒だ。このような時は糸物か曲芸が無難。円若が充分に『散財騒ぎ』をやって下りた後、もう一人のお待ち兼ね、小さんの登場。『小言幸兵衛』は折り紙付きのもの。当夜は風邪で大分のどを痛め、かなりはしょってやっていた。心中になっての常磐津も調子が悪く、ほんの一くさりだけ、苦しい高座であったがまずは喝采裡の内に下りる。

大正12221日 神戸新聞

<小さん、圓右二人會・神戸千代之座・御代之座>

小さんと圓右 二十一、二十二日の両日新開地千代の座、三宮御代の座に開催する小さん圓右の二人会は絶対に日延べをせぬ。初日は、(千代の座)にう(小さん)らくだ(圓右)(御代の座)唐茄子屋(圓右)猫久(小さん)

大正12224 大阪朝日新聞京都付録

◇富貴亭 二十三日より三日間、円右、小さん二人会を開演。

〈編者註〉演目は以下の通り。

 二十三日:円右「宗悦殺し」「三枚起請」、小さん「小言幸兵衛」「づゝこけ」。

 二十五日:(昼)円右「とうなすや」「九段目」、小さん「こしようくやみ」「笠碁」

        (夜)円右「千切伊勢屋」「芝浜」「鍋ぞうり」、小さん「そこつ長屋」「いひわけ座頭」

 なお二十四日は正午より紅梅亭にて円右、小さん二人会を開催している。演目は「子別れ上」「小言幸兵衛」(小さん)、「子別れ下」「文七元結」(円右)。

大正12224日 名古屋新聞

<小さん、圓右二人會・名古屋七寶館>

◇小さん、圓右来る 当代落語界の名人柳家小さん、三遊亭圓右は大阪方面から帰途来る廿六、七日限り大須七寶館に出演し、得意のもの二席づつを口演すと。ご両人名人合同出演は実に珍しく人気を呼ぶ事であろう。

大正12225日 大阪朝日新聞

◇式亭三馬襲名披露会 二十五日正午より南地花月亭に於て三遊亭円馬門下橋本川柳の三馬襲名披露会開催、花月三友合同会幹部出演。

〈編者註〉京都では二月十八日に富貴亭で披露会を開催している。

大正12226日 神戸新聞

千代廼座 二十三日から春輔、梅團冶、圓都、奇術紙切南天、小春團冶、落語音曲小圓太、文次郎、剣舞人情噺圓朝、かる口四郎坊金之助、文團冶、身体運動李玉川

大正12226日 名古屋新聞

[広告]廿六、七日二日間限り 柳家小さん 三遊亭圓右 各二席宛開演/大須七寶館

大正123

 大阪の寄席案内

一日より北新地花月倶楽部に桂文楽が出演。

一日より南地花月に海老一鉄五郎、巴家寅子合同一座が出演。

十一日より北陽花月亭、紅梅亭外各席へ糸操り人形結城孫三郎一座、桂文楽、成駒家栄三郎、紀伊国家一翁が
  出演。

十八日正午より南地花月亭にて結城孫三郎一座、海老一鉄五郎、海老蔵、巴家寅子、桂文楽にて特芸会を開
 催。

  京都の寄席案内

十一日より富貴へ春造、枝雁、右之助、道子、初子、枝女太、花菱家三馬、福松、星花、枝太郎、枝雀、清
 子、喬之助、三八、円坊、春団治が出演。

十一日より笑福亭にて当派女流大会。歌橘、小太郎、枝女太、三馬、枝雁、ゆき江、道子、初子、円笑、花菱
 家小高、星花、円歌、伊達吉、吉和歌、清子、喬之助、助六が出演。

二十一日より富貴へ残月、花橘、文団治、桃太郎、福松、小円太、円笑、小南光、夏少春等に東京から文楽、
 栄三郎、翁等交替で開演。

二十一日より笑福亭へ芦辺館で好人気を博した東京大阪合同花形女義太夫一行が出演。

大正1231日発行 「演芸タイムス」12

◎桂文楽を聴く 邁進生

 通客の盛んな喝采に迎えられ八時頃久しぶりに彼の愛嬌ある姿を見た。当夜は文楽十八番の内寝床を約四十分間に亘り一流の歯切れの佳い口調で充分演じたので満場大喝采の出来栄えであった。実際現今の東京睦会若手真打の内将来を属目するのは此人と正蔵位の所で、取り分け此の人の話には少しの無駄もないのが何より頼もしい。数年後の大看板は期して待つべきものと言えよう。円右、小さんの元老株が帰った跡に斯様な有望の若手名手を迎えて飽くまで芸術本位に聴客に満足を与える花月興行部の努力ある営業政策には感服せざるを得ない。好漢桂文楽よ、明け烏に厩火事に按摩の炬燵、干物にその他数ある十八番物に十分手腕を発揮して、浪花落語界の若手連中に多少なりとも覚醒を与えてもらいたい事を切望する。

大正1231日 大阪朝日新聞神戸付録

◇千代之座は、本日から圓馬、米團治の大看板に左の連中が出演する。

春輔、かる口(助力、梅香)、圓都、講談小伯山、しん蔵、文雀、琵琶星花、圓馬、塩鯛、珍芸(久里丸)、米團治

橋本文枝扇舞大正1233日 名古屋新聞

[広告]落語三遊亭圓歌一行/大須七寶館

大正1236日 京城日報

<橋本文枝(四代目文枝)一行・朝鮮浪花館>

[広告]明治町 電話二六〇番 浪花館/當る三月六日より大阪三遊派若手大一座/落語(橋本小枝)落語音曲(朝寝坊夢丸)安来節(出雲勝子)落語手踊曲芸(橘家圓三)少年落語手踊(橘家博圓)落語音曲(桂文歌)娘浄瑠璃(豊竹東昇)笑話文人踊名人(鶴亀淀助)落語扇舞(橋本文枝)

<編者註>14日迄興行。写真は橋本文枝(「文枝代々」大阪芸能懇話会より)

大正1237日 名古屋新聞

[広告]三月八日より 東京落語三遊亭圓治一行/萬松寺第二ハルキ座

大正12311日発行 「演芸タイムス」13

◎中席の北陽花月倶楽部 

 雨にもかかわらず大入満員。三木助の『お文さん』、期待以上の出来に儲け物をした思い。幼児からこの世界で育ってきた人で、近年一層確りした腕を表している。ただその噺の中に「どうしまして」とか「どうします」という江戸のアクセントがみられるが、それが何だか中途半端で、江戸口調ならそれらしくもっと強く、はっきりとやってもらいたいと常々思っておったが、今夜はその弊害もなく、誠に気持ちよく聴けた。常に生粋の噺で行く所にこの人の将来を属目する価値がある。また立ち上がっての踊りも軽率に流れないのが喜ばしい。
 歌舞伎会のあとへ染丸が上がる。久しぶりに『鍬潟』を聴く。最近東京から来た友人がこの噺を聴いて、「円窓がよくやる十八番物だが、染丸と云ふ人はまた特殊な味を持っている」と語ったが、それも道理、円窓はこの人からネタをもらつたのだから、その本家本元の噺が悪かろう筈がなく、相撲部屋に弟子入りしてからの三尺何寸の小男の奮闘ぶりが髣髴としてくる。錆びた感じの相撲甚句も結構、稽古帰りの様子など言い尽くせぬ味がある。
 次が遠来の戦士桂文楽、出し物は『厩火事』。来阪以来三回聴いて、この人の進境を認め得る。当夜の髪結の細君が如何にもその人らしく現れており、必ず将来を成す人たるを信ず。結城孫三郎一座の操人形、今宵は佐倉義民伝渡し場。数本の糸を操ってかくまで人形を活かす技巧にはただ感服あるのみ。勝太郎、残月は割愛して出る。四高座、一時間半。珍しく揃った好い出来栄えにすっかり嬉しく、雨の新地のぬかるみを電車へと急いだ。

大正12311日 大阪朝日新聞神戸付録

◇千代之座は、本日から圓都、春輔、二鶴に出番交替。かる口(小半、茶好)、人情噺(馬琴)、小半、圓枝、独楽源朝、小文枝、遊三、運動(夏雲清)

大正12321日 神戸新聞

千代廼座 廿一日より枝鶴を大看板に左の通り番組交代。梅團冶、春輔、小圓馬、扇枝、三馬、運助、一郎、枝鶴

大正12327日 京城日報

[広告]明治町 電話二六〇番 浪花館/當る三月二十七日より東京落語三遊亭頭取三遊亭圓遊一行/落語圓□ 落語音曲遊丈 落語音曲小染 滑稽落語扇太郎 落語手踊遊楽 女道楽歌奴 落語音曲一圓遊 人情噺一流ステテコ圓遊

上方落語史料集成 大正12年(1923)4月~6月

大正124

 大阪の寄席案内

一日より紅梅亭、花月倶楽部、松島花月、新町瓢亭へ柳家三語楼、三遊亭小円朝、三遊亭金馬、蝶花楼馬楽、
 柳家三平が出演。【下図参照】

六日より都座、天満花月、北新地花月倶楽部、御霊あやめ館にて桂家残月が、敬弔の意を表し「北白川宮殿下
 御逸事」を講演。

十一日より紅梅亭、花月倶楽部、松島花月、新町瓢亭にて江戸っ子会を開催。出演者は古今亭今輔、三語楼、
 小円朝、金馬、馬楽、三平に加え、関西在住の円馬、三木助、円若、円歌らが出演。

二十九日北新地花月倶楽部、三十日南地花月亭にて伊藤痴遊のアメリカ視察講演会。「移民問題の真相」「布
 哇視察の一端」など。

三十日午後五時より北新地花月倶楽部にて長演会を開催。出演者は円太郎、枝太郎、染丸、残月、円馬、春団
 治、松鶴等。

  京都の寄席案内

一日より富貴亭へ東京睦会より古今亭今輔が出演。出番順は以下の通り。

 三次、右之助、柳丈、小春団治、しん蔵、正楽、李正川、三八、助六、(四郎坊・金之助)、米団治、(吉
 奴・妻奴)、今輔、文次郎、直造、円馬。尚明後三日は昼席正十二時開演。

一日より笑福亭へ富貴にて高評を博した海老一海老造、巴家寅子、海老一鉄五郎三人合併一座が出演。明後三日は昼席正午十二時開演。

八日(日曜)正午時より富貴亭にて古今亭今輔独演会開演。演題:お見立、力士谷風傳、猫怪談、囃子長屋。

十一日より富貴亭は三升家紋右衛門隠退披露興行にて開演。

十一日より笑福亭は安来節にて開演。

十一日より芦辺館へ操り人形の結城孫三郎一座が出演。

二十一日より富貴亭へ小円朝、三平、金馬、つばめ、馬楽らが出演。なお千本長久亭、大宮西陣富貴、仏光寺
 泰平館を掛持ち。

二十一日より笑福亭は安来節、芦辺館女義太夫

大正1241より

◇東京演芸会社幹部大挙来阪出演チラシ・紅梅亭

12年 003

三遊亭小円朝:名人円朝、歿後に於ける、大江戸の俤を偲ぶ人情噺の第一人者!

柳家三平:三月の新作落語会に創作を発表して推奨せられた新進描写落語の天才

三遊亭金馬:老巧なる、滑稽、円熟せる話術は一頭地を抜く会社幹部の一異彩

蝶花楼馬楽:故人馬楽の長所を巧みに取り入れ、然も抱腹笑倒裡に巧みに世相を諷刺する 若手落語家の流行児!

柳家三語楼:現代式落語!新熟語を最も巧みに活用し、奇想独特の快弁は縦横に、痛烈骨を徹するを生命とする、所謂三語楼式落語!

〈編者註〉「富士正晴記念館所蔵 寄席番組類目録」(富士正晴記念館・平成12年)より転載。

大正1241日 神戸新聞

千代廼座 一日より十日間三枡家紋右衛門引退披露で重なる主演者は、文團冶、さんば、枝太郎、大切所作事、蔵之助、紋右衛門、紋十郎

大正1241日 都新聞

大正12年4月1日都新聞<花月合同一座、東京の演芸会社各席へ出演>

[広告]當四月一日夜より演芸会社/東京大阪合同特別興行
(大阪の部)勝太郎、九里丸、桃太郎、扇枝、福團治、圓枝、夏少美
 夏少女、夏少来、夏少春
(東京の部)素行、橘之助、小仙、李彩、貞吉、馬生、鯉かん、市
 馬、圓橘、文治
(補助)小さん、小勝/若竹亭 立花亭 立花家 並木亭

大正1245日 神戸新聞

<東京名人会・神戸聚楽館>

聚楽館 愈々本日より「東京名人会」にて午後五時開場、出演者は東都に於ける人気者ばかりで人気は割れるようだが本日の番組は、落語(圓八)義太夫合邦(重朝、重八)落語とうなすや(小圓右)新内明烏(加賀太夫、宮古太夫)講談忠臣二度の清書(貞山)落語(三語楼)歌澤玉川わしが国さ(寅右衛門、寅秀)高峰琵琶川中島(筑風)

<編者註>名人会の番組下記の通り。

47日:落語(圓八)義太夫酒屋(重朝、重八)落語笠碁(三語楼)歌澤かれ野淀の川瀬(寅右衛門、寅秀)落語子はかすがい(小圓右)新内三勝半七(加賀太夫、宮古太夫)義士伝三浦次郎右衛門(貞山)小橋楠公(筑風)

48日:落語(圓八)義太夫市蔵(重朝重八)落語和洋語(三語楼)歌澤海安寺(寅右衛門、寅秀)落語日蓮御利益(小圓右)琵琶常陸丸(筑風)講談柳生二蓋笠(貞山)新内市子の口よせ(加賀太夫、宮古太夫)

49日:落語(圓八)義太夫太十(重朝、重八)落語専売妓(三語楼)歌澤春えき年の瀬(寅右衛門、寅秀)落語宮戸川お花半七(小圓右)新内明烏(加賀太夫、宮古太夫)琵琶村上喜劇(筑風)勝田新右衛門(貞山)

大正1249 京都日出新聞 

○日曜閑話 摩天楼主人 京都の寄席 

記者は種々の演芸ものゝ中で、寄席をきくことが割合に好きだ。それで、どこへ行つても、よく寄席へ出かける。蓋しそこの出しものは割合に素朴で、罪のないものであるのも一つの理由だが、そこへ行くと、土地の風習から好尚、趣味と云つたやうなものが、朧気にも窺ひ知られるのも一つの理由だ。

京都に来てから日も浅いが、従つて寄席へ入つた数もまだ五六度にすぎないが、先づ失望したのは落語の土台[が]なつて居ないことだ。尤も一流の寄席がどこで、一流の落語家が誰々だかも知らぬ記者だから、概論的に大きな口の利けた義理でもないが。

京都の落語を聞いて、先づ奇怪に思はれるのは講談師式に机を控(ひかえ)ることゝ、最も耳に障るのは、拍子木と張団扇との調子の馬鹿に急ピッチで騒がしいことだ。これは関西ではあり触れたことかも知れないが、東京では絶対にない珍芸だ。

尤も、東京出らしい落語家の時には、東京式の扇子一本で、衝立やうなものはなく、又京都式のでも真打に近づくに従つて、その騒々しさの度も幾分づゝ少くなつては来るやうだが、それも五十歩百歩と云ふ位のところだ。

迂闊な記者は、当世流行の八木節、安来節と云ふやうなものを未だ聞いたことがないので、一夜新京極の某館に入つて見たが、あの単調な、野卑な安来節の歌謡が、入れ代り立ち代る女歌手の、鍛錬されざる生の奇声を通じて、十四五番も聞かされるのには流石にウンザリした。

そこには鈴木主水の新宿通ひを仕組んだ長い八木節があり、女連の鰌すくひがあり、勇壮活発なる鴨緑江節と云ふのがあり、浪花節があり、茶番があり、落語があり、正に百化乱瞞、、百鬼夜行の状態である。これに配するに、観客(けんぶつ)からのべつに発せられる野卑な批評と奇声とを以てするに及びて、金上更に泥を塗るの凄観を呈し来る。万事を上品な京都にあつて、こゝばかりは別天地だ。

ところへ二月の末つかた、東京から円右、小さんの両名人が富貴亭へ来たから、これぞ東西併せ聴くの好機会とあつて早速出かけて見る。

何分二十年来親しみ来つた両名人のことだから、出しもの殊に十八番となると大抵はダブるのだが、そこは名人の名什で、何度聞いてもその度に新味は津々としてわき起つて来るから妙だ。

円右は例の講談もどきの人情噺、小さんは柳派生粋の落語、二人共二席づゝで、其晩の小さんの一つの如きは、何遍聞いたかわからぬ例の「粗忽長屋」であつたが、あの田舎じみた風体で、身振り一つするでもなしに、本の扇子一本で描き出すあの滑稽千万な場面は、幾度聞いても常に新しい。驚くべき芸の力だ。

もう一つは「言訳座頭」。落語研究会あたりでなければ滅多に聞かされぬ大物であるが、軒別に節季の借金の言訳をして歩く座頭の智恵の使ひ分けと、言訳される方の店や主人の気分や気性など、目のあらち見るやうに鮮かに描き出されて、些の隙間もない。

その席には京都での真打格もスケに出て居り、前座ドコは可なり多数居たやうだつたが、たゞもう騒々しく生温いだけで、東京では真打らしくも扱はれて居ない小円右(円右の伜)の、殊にその晩の拙かつた話にさへも、比べられ得るものは一つも聞けなかつた。

あゝ云ふ騒々しい話に比べると小さん一行の中の虎駒婆さんの、どこ迄も渋い感じのする哥澤を、あの冴えきつた糸と共に聞かされて居るのが、わからぬながらいかにも落ちついた、清々しい気持ちにならされることをしみ〴〵思つた。

大正12410日 京城日報

[広告]明治町 電話二六〇番 浪花館/十日より十六日迄東京落語午後六時開演/落語手踊柳亭燕□ 落語ものまね燕玉 落語手踊入船扇□ 落語音曲橘家小圓冶 落語盆の曲独角力瀧川□□ 曲芸と運動□□林 古今人情噺入船扇橋 奇術と手品松旭斎天□嬢 落語と曲引小燕枝

大正12411日発行 「演芸タイムス」16

◎紅梅亭覗き 落語山人

金馬の『子は鎹』、時間の関係か、端折ってさらさら進んでいく。その分深みに乏しいが、老巧な味わいは窺える。小文枝の『住吉籠』は登場人物に変化もなく、頂けなかった。近頃この人に昔日の人気の面影を見いだけない。まだ老衰する歳でもあるまい。是非発奮を祈る。馬楽の『意趣返し』は如何にも気持ちよいもの。軽妙な江戸前の味を充分持っている。円若の音曲は例によって巧妙。ただ恨むらくは音曲をもって立つ人、せめて歌詞なりと新味を加えられぬものか。松鶴が『野崎詣』をだす。純浪花情緒を伝えて遺憾なく、その頃の風俗を目前に写し出す。実に得難き斯界の長老たり。これあるが故に徒に新しき噺をと言えぬのである。小円朝の『中村仲蔵』定九郎型の読み切りをやる。渋い持ち味に壮年より不遇にある人、幾分衰退の色あるも是非がない。噺が進むにつれ、仲蔵と師匠の落ち着いた対話などに円朝畑の人情噺の味が出ていて、ほろりとさせたのは流石である。春団治の『首売り』は感心出来ぬ。この人の芸に荒みがみえるとは近頃識者の間によく聞く言葉。一考を希望する。一馬の剣舞は例のごとく、徒に納まってくどくどしく文句を並べるのは厭な気がする。三語楼が『首斬り』をやる。純江戸前で大受けであった。(四月七日)

◎花月倶楽部に東京連を聴く 里風生

東京演芸会社の幹部を迎えて浪花落語会に活気の漲るを覚える。入った時、ちょうど花治が高座に上がっていた。長くへたりを勤めて修業中の将来のある人、『鰻屋』を懸命にやる。東京の三升家小勝が得意とするもの。元より及びもつかないが、前半の出来はなかなか良い。鰻を握ってからの工夫に、小勝の親指を出して行く様の巧みさを身につけて欲しい。一馬は本能寺を舞って、三平と代わる。三語楼門下の逸材。爛熟せる肉体の所有者云々といった熟語を並べる話し口にも不自然を覚えぬ。これで軟らかみがでれば申し分ない。子供を扱った小話にも新人としての味を匂わせて『喜撰小僧』をやる。花橘の『抜雀』、明晰な言葉は関西落語界の随一。長く東京で修業した賜物であろう。懸命に演じて金馬とかわる。『文違い』をだす。円熟、老巧のきわみ、到底若い人の真似難き所。扇遊が追分、安来節、槍錆を吹いて、例の『蝿』をやる。満場おおいに沸く。新落語の開拓者三語楼『癖百態』。何となく重い口調で、「原始時代の…」「と云うことは営業者の用意周到なる…」「滑稽を分泌する…」等、今までの落語の高座では考えられぬ言辞を弄して滑稽味を出していく。本題に入って枕以上の面白みがないのが不満だが、新落語の泰斗、第一人者たるの面目躍如たるものがあった。五郎の『親子茶屋』、この人得意のもの。近頃逐次臭みがぬけてきたのは喜ばしい。妙に言葉を廻すのが玉に瑕。踊りは結構。馬楽の『大工調べ』、歯切れの良い江戸っ子を活かして行く所、気持ちのよいもの。噺に深みもあり、将来が楽しみな人だ。小円朝は『江島屋怪談』をだす。三遊派において故人円喬、円右と共に立派な経歴を持ちながら、人情噺がその渋さゆえに現代に容れられず、不遇にある。評するに忍びない。切り春団治を割愛して出る。この夜、東京演芸会社重役今村次郎氏、夫人同伴で立ち寄られ、二階席より五郎の『親子茶屋』を聞いて帰られた。

大正12411日 神戸新聞

千代廼座 十一日より左記の通り出番交代 圓都、梅團冶、春輔、小春團冶、圓太郎、文次郎、花橘、残月、夏雲起、夏雲忠

大正12年4月15日都新聞大正12415日 都新聞

[広告]當る四月十五日夜より演芸会社
東京大阪演芸大會 本郷若竹亭 神田立花亭 両国立花家 浅草並木亭
(大阪ノ部)扇枝、九里丸、福團治、圓枝
(東京ノ部)李彩、小團京、石村松□、圓橘、素行、橘之助、圓右、馬
 生、小勝、文治、小さん

大正12415日 名古屋新聞

<橘家蔵之助一行・名古屋七寶館>

◇七寶館の落語 本日より十日間春季特別興行として当地出身の橘家蔵之助、盆舞の橘家圓坊、女道楽柳家ゆきゑ、小雪。曲芸東洋一郎、三郎一行の色もの揃いで開演す。

大正12421日 神戸新聞

千代廼座 二十一日より三木助、米團冶、馬琴、文雀、小圓太などが御目通りす

大正125

大阪の寄席案内

一日正午より南地花月亭にて伊藤痴遊のアメリカ視察講演会。

一日より紅梅亭外の席へ春風亭華柳、小柳丸、天心(柴笛)、小岩(音曲)、梅枝(音曲落語)が出演。

十一日より北新地花月倶楽部、紅梅亭、新町瓢亭にて第一回花月三友幹部長講会を開催。

出演者:春団治、三木助、円馬、松鶴、枝太郎、染丸、文団治、神田ろ山(続講清水治郎長)。余興夏小春
 一行が出演。

十三日正午より紅梅亭にて臨時日曜会を開催。【下図参照】

二十一日より天満花月亭にて切に余興落語劇「宇都宮峠座頭殺し」一場を上演。露の五郎三役早替にて出演。

大正1251日発行 「演芸タイムス」17

◎第一回長講会を聴く 里風子

懸案となっていた長講会が実施された(編者註:四月三十日花月倶楽部にて)。宵は扇遊、一馬が賑やかに過ぎ、円太郎が上がる。『懸け取り』は定評のあるもの。音曲を交えた噺にはさすがと思わせる味を持っている。狂歌、端歌、芝居、萬歳までやる。三十六分。枝太郎の『土橋萬歳』、少しの隙もなく運ばれて行く。茶屋のくだり殊に結構。陰の三味線をよく生かしている。殺し場もよい。月並みと言われても切りは「ここにお道楽を止めると云ふ…」と言った所で切ったらどうかと思う。三十五分。染丸は『鬼薊清吉』の前の方、生い立ちのごく渋いものを懸命にやる。中入りは夏雲起一行の曲芸、ホッと一息入れて、残月の『北白川宮殿下の逸話』、極めて上品で、美文家の小品を読んでいるといった趣。春団治の『駱駝の葬式』、一流の持ち味で笑わせる。面白い後半を省略されたのは残念。円馬の『唐茄子屋』も肝腎の所を残されてしまった。斯界の秀才と言われた人、殊に円右畑のものは充分腕に入っている筈。近頃寄席でこの人の腕一杯の噺を聴けないのを物足りなく思う。しかし過般の江戸っ子会に於ては、数回聴き、さすがと頷くことが出来た。この人は余りに才があり過ぎるのではないか。松鶴は時間の都合で割愛した。珍しい顔ぶれと力演とに酔って、気分よく帰る。

◎東京連を聴く

◇紅梅亭

春団治の『宿替』より聴く。この人の持ち味にて終始笑わせ通す。釘を打ちつつの独り言に「お前は後家を立てる気でも、端で放っておかないだろう。後家は後家で後家専門の奴があるで」で拍手が起こる。すっかり後家さんで売ったこの人ならでは。天心の音曲に続いて小柳枝の『桜風呂』、すっかり進境を示して立派な出来栄、「嬉しうござんす番頭さん」で客席に転び落ちて笑わせる。この後で聴衆にお題をもらって滑稽問答、「そばにあっても豆腐とは」遠くにあっても蕎麦屋というが如し等数番を手際よくやって交代。客席は大いに沸く。円枝は例によっての『首釣り』。東京に一月行って力をつけたように聴かれた。柳丸の珍芸は顔を見ているだけで充分。華柳は『夢の瀬川』、久しぶりで聴いて流石に重みの加わりしを覚える。渋い音調の早口の所が幾分分かりがたい聴衆があるらしいのを惜しむ。染丸の『三十石』、注文に応じて大勉強である。渋い船頭歌は何度聴いても結構なもの。聴衆総てを三十石船に乗っているかのような気分にさせる。情趣深く、浪花落語に有名なこの噺。先ず染丸の外に出るものはいないであろう。一郎、三郎の曲芸で賑やかに打ち出す。

◇花月倶楽部

五郎が素噺で下りた後へ上がった華柳の『転宅』から聴く。泥棒の枕によい味を見せる。夏少春一行の曲芸に続いて文団治が上がる。『風の神送り』は面白く聴くことが出来た。つなぎに立ち上がって槍錆を踊る。さすが良い味が見えて観衆大喜び。柴笛の天心は追分を吹いて梅枝に代わる。時間の都合で早速唄って江戸前の鰌掬いで下りる。小岩の音曲、糸に確りした腕を見せている。小柳枝の『粗忽長屋』は申し分なき出来。二人のそそっかしやが巧みに現れていた。円枝が『いびき茶屋』で笑わせて、大切にうつる。毎夜替わりの珍芸比べ。今夜は小柳枝、梅枝、小岩、桃枝、華好が出てお題噺。ラムネ瓶、帽子など二十種程の品物を分配してそれぞれの役どころをやっていく。華好、小岩が墨を塗られる。無事にパスした梅枝が小柳枝に横やりをいれて一筆塗られるも面白く、大向こうは大喜び。立ち上がって賑やかに踊って打ち出し。

◎林家染丸十八番

 総投票数千六四十九票。一位「三十石」二百五十一票、二位「電話の散財」二百四十七票、三位「鍬潟」百七十四票。(以下野崎詣り、百年目、猿廻し、ざこ八、裏の裏、先の仏、住吉籠、鶴満寺、懸取と続く)

〈編者註〉『演芸タイムス』12号で「浪花落語界に於て定評ある林家染丸の話題のうちお聴きになって最も得意のものと思われた題を端書に書いて本社宛御投票下さい」と読者に呼びかけたもの。この結果について染丸自身の談話が『演芸タイムス』19号に掲載されている。

◆三十石は大阪落語として有名なものでございまして、初代の文枝が得意と致し、多くの逸話を残して居ります。ついで先代円笑(二代目松鶴)が是で名を成し、円笑から桂では南光、三友派で文治がよく演じました。近代では小文枝さんが自分のものとして演じて来られましたので、私は小文枝さんが三友派を去られた後に余興にやりましたのが始めで、その後時々演じ来たったので、今回三十石が私の十八番として当選せられたとは予想もしない所でございました。船歌は広島在から出た船頭の唄ふものなので、その訛を出す為に苦心をする次第で、また唄の所が最も力を要します。

◆電話は現在引退して京都興大寺[高台寺]で文の助茶屋といふ甘酒屋を開業して洒脱な余生を送っております、かしくさんの実父、文の家文の助さんが演じて居りましたものを、部分的に私の独創を加えて演じておりますが、近頃は時間の関係で充分演じ得ないので残念に思って居ります。

◆鍬潟は師匠三代目松鶴がよく演じて居りましたもので、次いで南光さんも得意として居られました。私としては三題のうちで最も力を要する話でございまして、また自身よい心持ちで演じて居ります。

大正1251日 神戸新聞

千代廼座 一日より圓都、雀三郎、染五郎、夏雲起、夏雲清、菊團冶、圓叟、三八、妻奴、吉奴、塩鯛、圓若、枝鶴、圓馬

大正1254日 大阪時事新報

〇洞尾吹三の上方見物(廿二) 楽天 (前略:空席の目立つ文楽座を出たあと)「‥‥寄席でも見やう」「ウムそりや面白い、まだ時間がある、直(すぐ)出掛けやう」。ハヤ立ち掛ける丁野には人形芝居の趣味が判らないと見える。電車が千日前へ行つて雑踏を押分て法善寺横町の花月亭を覗く。こゝは大入満員で坐る席がない。人の尻と膝に挟まつてる煙草盆を除けて貰つてやッと跼くまる。高座の落語家は猥褻な事をペラ〳〵喋る、お客は他愛もなくゲラ〳〵笑ふ、丁野は純粋の大阪弁を早口で喋られるので何を云ふのかサツパリ判らぬと、人いきれで蒸暑い額の汗を拭いてキヨトンとして居る。

〈編者註〉楽天は日本画家、漫画家の北沢楽天。

大正1257 京都日新聞

◇「三人廻し」禁止 西陣京極長久亭で五日夜九時頃、出演の橘円太郎事斎藤徳太郎(五五)の落語「三人廻し」と題するは風俗を紊す事甚だしいので、臨検の西陣署福井興行係は其場に禁止を命じたが、府保安課へ通知の上、時爾今右落語は絶対禁止される模様である。

大正1258日 神戸新聞

戎座 八日より落語音曲手踊東京大阪若手連一座。米枝、小福、徳太郎、花楽、小金吾、錦馬、福太郎、鯛蔵

大正12511日 神戸新聞

千代廼座 今十一日から三友派反対派を打って一丸とした幹部の顔揃えで開場する。染五郎、圓都、三郎、一郎、清子、喬之助、花團冶、李玉川、圓坊、扇枝、桃太郎、蔵之助、ざこば

大正12513

◇紅梅亭臨時日曜会案内状

12年 004

臨時落語日曜会/各位様益々御清適之條奉大賀候。扨て今回御贔屓様の御勧めに随ひ久方振りにて五月十三日正午より紅梅亭に於て開催仕候間、何卒御知己御誘合され賑々敷御光来の程奉希上候 敬白/花月三友合同会

出演者(次第不同)林家染三郎、笑福亭二鶴、笑福亭小枝鶴、笑福亭枝鶴、桂小文枝、桂円枝、笑福亭松鶴、橘家円太郎、源一馬、桂枝太郎、林家染丸、桂枝雀、三遊亭円馬、桂三木助

〈編者註〉「富士正晴記念館所蔵 寄席番組類目録」(富士正晴記念館・平成12年)より転載。なお五月十九日付「大阪時事新報」に「二十日正午より南地紅梅亭で臨時落語日曜会(花月、三友合同)がある」とあり、何かの都合で一週間延びた可能性もある。

大正12515日 名古屋新聞

<桂家残月一行・名古屋七寶館>

[広告]本日より落語大一座 桂家残月 翁家三馬 笑福亭圓歌 林家正楽/大須七寶館

◇七寶館の落語 本日より特別興行として桂家残月、翁家三馬、笑福亭圓歌、林家正楽、花月亭九里丸、支那人夏雲清、夏雲忠一行の色物揃いで開演し、残月は仏国に於て不慮の御災難に罹らせ給いし北白川宮殿下の御逸話を口演すると。

大正12522日 神戸新聞

千代の座 五月下旬の出番は染丸を筆頭に左記の連中がお目見得をする。三枝、米三、東市、圓寿、雀三郎、染五郎、圓都、女道楽(花菱家連)、春輔、米團冶、かる口(四郎坊、金之助)、圓歌、升三、染丸

大正12527日 名古屋新聞

<三遊亭右女助一行・名古屋末広座>

◇末広座 今夜より東京落語三遊亭右女助一行で開演。一行は若手の人気者に尺八の花堂、女道楽等の色物揃いで平場と二階は四十五銭均一。

大正12527日 京城日報

[広告]明治町 電話二六〇番 浪花館/東京大阪落語舌戦會 五月二十七日より/落語桂千枝 落語笑福亭勝三 落語手踊橘歌之助 落語舞踊桜川とん八 美術紙切海老一鉄之助 落語手踊桜川三八 落語珍芸桂小團治 落語桂花丸 長唄浮世節橘歌奴 落語三遊亭一圓遊 大切座員総出

大正12531日 徳島毎日新聞

<桂三木助一座・徳島稲荷座>

◇[広告]稲荷座花月三友合同落語 初日六月一日開演落語(桂團冶)落語一人男(桂助力)落語即席(笑福亭梅香)支那曲芸(李玉川)落語(笑福亭里鶴)軽口掛合噺(助力、梅香)落語手踊(桂花團冶)女道楽(花菱家お蝶、同蝶之助、同蝶吉)落語手踊(桂菊團冶)コミック曲技(東洋一郎)落語舞踊(桂三木助)

大正126

大阪の寄席案内

一日より新町瓢亭、松島花月、北新地花月倶楽部へ雷門助六、しん橋、五郎、鏡華・鏡太が出演。

花月倶楽部の大切に助六(権九郎)、勝太郎(牛若伝次)、五郎(白玉)、しん橋(お化け屋)にて和製喜
 歌劇「白玉と権九郎」を勤む。

一日より紅梅亭へ三遊亭円子(落語二調)、雷門助六(音曲噺手踊)、鏡華・鏡太(曲芸)が出演。

一日より京三倶楽部にて大切余興として蔵之助、円若、枝鶴、文雀、小はん、福団治、雀輔等出演して演説会
 を催す。

一日より松島花月亭にて大切余興に「三十石」を演ずる。出演者小文枝、円枝。

一日より天満都席、福島延命館にて大切余興「座頭殺し」、露の五郎の早替り。

二日紅梅亭、三日南地花月、十日花月倶楽部にて初代染丸五十回忌追福と二代目染丸襲名十周年記念大演芸会
 を開催。

十一日より松島花月、瓢亭、紅梅亭、北新地花月倶楽部へ三升家小勝が出演。また海老一鉄五郎一座も各席へ
 出演。

十五日より松島花月、北陽花月、新世界芦辺館へ波蘭滑稽音楽演芸団(男女六名)が出演。

大正1261日発行 「演芸タイムス」19

◎花月倶楽部の一宵 風来坊

東京睦会の雷門助六一行を迎えての花月倶楽部の六月上席を聴く。円子のあとへ春団治が出て『棒屋』の前半をやる。この人独特の不得要領な会話で終始笑わせ通す。鏡華・鏡太の曲芸、何れも十才を出ぬ少年少女の確りとした技は推賞に値する。楽屋から愛児を心配気に見守っていた母親も、客席の拍手にほっと一息。円太郎、注文により『懸取り』。定評のあるもの、油が乗っている。枝鶴の『高津の富』、得意のものなれば無難に演じてしん橋に代わる。『くっしゃみ講釈』を達者にやる。元来が達者な舌の持ち主なれば、こういう軽い噺はかえって上滑りになり、深い味わいが薄れる。くっしゃみの所で急ぎ過ぎたは時間の関係か。九里丸の珍芸、長らくの上京で、しかも会社派における他流試合の効果は確かに出て、いよいよ独自の味を現してきた。まず軽い洒落な科白を吐いて、例の宮島琵琶、続いて独創の珍品を並べて滑稽数番、とにかく一家を成すに至る素質の現れ来ったことを認める。助六の『稽古屋』、簡単に進めながら堅実な腕を見せていく所は流石。終って立ち上がり甚句を踊る。睦会の人ならではと申すべきか。残月が『北白川宮殿下の逸話』、金枝玉葉菊の露と題した十講の内の一席を、持ち前の上品な弁舌で聴かせる。実に結構なものであった。

◎染丸記念演芸会

 初代林家染丸去りて五十回の歳を数ふるを記念する為、また現二代染丸襲名十周年を併せ記念する為、特に六月二日南地紅梅亭、三日南地花月、十日北陽花月倶楽部に於て、花月三友合同幹部総出の応援により充実せる記念会を開催す。十日花月倶楽部に於ける同演芸会は特に東京連助六一行も加はりて、三馬、扇枝、蔵の助、小文枝、勝太郎、円枝、残月、鉄五郎一座、文団治、染丸、遊三、春団治、円子等空前の幹部揃ひにて正午より開演の筈。

大正1261日 神戸新聞

千代廼座 一日より三遊亭遊三を筆頭に左の顔触れが出演。米三、三枝、東市、圓寿、圓都、雀三郎、染五郎、春輔、南天(紙切)、馬琴、小春團冶、文團冶、福篤福来(掛合)、遊三

大正1261日 名古屋新聞

<立花家花橘一行・名古屋七寶館>

◇七寶館の落語 本日より開演の落語は達者揃いで、その顔ぶれは、ツバメのレコードで評判を取り居る立花家花橘を始め、当地の人気者信濃家小半、神田小伯山、橘家圓好、桂枝右衛門、松井源朝等の大一座へ巴家寅子を加えて、大切には大道具大仕掛の怪談話しを御覧に入れると。

大正1263日 神戸新聞

戎座 落語大会の出演は、染六、長三郎、かる口、珍芸しん吾、文喬、女道楽等

大正12611日 大阪朝日新聞神戸付録

◇千代之座、十一日から左の顔ぶれで出演。

東市、三枝、圓童、染五郎、雀三郎、梅團治、夏雲起、圓都、春團治、直造、正楽、小圓馬、春輔、吉奴、妻奴、圓馬

[広告]西の宮花月新築開場

12年 002
新築開場 益々御健勝に渉せられ恭悦至極に存じ上ます。此度左記の所へ民衆的娯楽場を建設致し「名」を「西宮花月」と称し、花々敷開場致す事となりました。是非御来場の栄を賜り度く紙上にて御案内申上ます。/御招待日 十一日、十二日両日 正午より五時迄/當ル十一日ヨリ連夜/文の家吉奴・妻奴、笑門亭福徳・福来、三枡家枡三、海老一直造、桂文雀、文の家かしく、桂塩鯛、桂家残月、桂春團治/高等演芸場 西の宮花月(東口亭留所半丁西)

大正12615 大阪毎日新聞京都滋賀付録

◇[広告]五色会第弐団一行 昼拾弐時開幕 大好評 安来節若手揃 諸芸 掛合噺、変装早変、万歳、墨付出雲拳銭太鼓、女道楽、落語、気合術、深川踊八木節踊、東狂獅子、鰌掬、鴨緑江踊、ニコ〳〵運動、一輪車曲乗/新京極勢国館

大正12616日 京城日報

[広告]電話龍山三一番 京龍座/来る六月十四日より 落語舞踊音曲大會/當六月十四日初日開演の落語舞踊大會は浪花落語會の幹部桂花丸、東京落語三遊亭幹部三遊亭一圓遊を始め落語會の若手揃いにて、各地開演大好評を博す。今回當館に開演致し候。是非一夜御来場の上其直値を□められん事を乞う。入場料大破格の大割引、一等五十銭、二等三十銭、三等十銭

大正12621日 神戸新聞

千代廼座 二十一日よりの出番 東市、鶴二、圓寿、雀三郎、染五郎、圓都、梅香助力、梅團冶、春輔、九里丸、塩鯛、三木助、扇枝、夏雲起、ざこば

大正12621日 名古屋新聞

<桂米團治一行・名古屋七寶館>

[広告]廿一日より 落語一座 源一馬 橘家小圓太 桂米團治/七寶館

◇七寶館の落語 本日より大阪落語の大立者桂米團治、東京音曲手踊橘家小圓太、当地の人気者剣舞舞踊の源一馬に橘家圓窓、竹の家すずめ、佃家白魚等の大一座で開場。

大正12622日 神戸新聞

<圓右貞山二人会・神戸聚楽館>

二人会 聚楽館本日より、「貞山圓右二人会」にて六時開演、毎夜長講二席づゝ読むが本日は人情話「真景累ケ淵」「文七元結」圓右「近江文冶」「大徳寺線香場」貞山の外追分博士とも謂われている村田弥六翁が特に出演して正調の追分節を聴かす由

上方落語史料集成 大正12年(1923)7月~9月

大正127

大阪の寄席案内

十一日より花月各席にて納涼演芸会を開催。

紅梅亭:小文枝主演の三十石。三吉、円枝、塩鯛等が出演。

 花月倶楽部:芝居(演題不明)。文団治、花橘、円坊、五郎、福団治、小春団治等が出演。

新世界芦辺館:三遊亭円子の怪談・本水使用の村井長庵一幕を上演。信濃家小半、しん蔵、菊団治、円弥、
  李玉川、田鶴等が出演。

北陽花月:芝居噺浪七腹切りの段を上演。五郎、文団治、花橘、円坊等が出演。  

新町瓢亭:喜劇(演題不明)。染丸、遊三、枝鶴、小円馬、小枝鶴、うさぎ等が出演。

 松屋町松竹座:小伯山主演の怪談。円好、枝右衛門、花遊三、春松らが出演。

大正1271日 神戸新聞

千代廼座 一日より枝鶴、文冶郎、圓太郎、道子と初子の長唄、圓若、米團冶、天地景山の剣舞

大正1272日 

<曽呂利新左衛門死亡>

曽呂利 001大正1273日 大阪朝日新聞

◇一時大阪落語界の名物として知られていた曽呂利新左衛門(本名猪里重次郎)は明治四十三年落語界を引退後は漁仙と号し、好きな東絵などを描いて風流三昧の日を送つていたが、二日午前三時半、大阪南区千年町の自宅で老衰病のため死去した。亨年八十一。

新地の生まれ。幼時からの落語好きで、これがため十八の時親から勘当を喰ひ幇間になつたこともあり、慶応三年初めて笑福亭松鶴の弟子となり、次いで桂文枝について稽古し、南地法善寺の泉熊席(今の紅梅亭)に出演、後曽呂利新左衛門と改名し、瓢逸洒脱な話しぶりを以て知られていた。天性頗る楽天的な男で、臨終の際も皮肉な洒落などを言つて枕辺にある妻女や弟子などを笑はせて往生した。

大正12734日 大阪朝日新聞

死んだ曽呂利新左衛門の滑稽物語 啞やら聾やら盲やら 勘当されたり破門されたり 

 元治元年四月の何日、大阪南地法善寺は泉熊席(今の紅梅亭)で張扇を叩き始めた松竹と名乗る落語家があつた。ヌッと高席へ顔をつき出すなり「やめ〳〵」「置いてくれ」と客の悪口、散々に野次り飛ばされて折角の落語「乙女狐」も中途でやめて引下がつてしまつたが、これが二日に死んだ曽呂利新左衛門の初舞台であつた。親は新町の悉皆屋渡世であつたが、息子は桁はずれの落語狂、方々で狂態を演じ、たうとう勘当され、堀江から観八と名乗つて幇間に出た。そして座敷の真中で火を焚いたり盃洗の中へ小便をしたりして席主に撲られ、そのために観八の旦那が怒つて角力二人をつれてそのお茶屋を壊しにかゝつたといふやうな逸話を残してやめてしまつた。そして前段の泉熊席で初代笑福亭松鶴の弟子となつたのであるが、道楽が祟つて啞者(おし)になつたり聾(つんぼ)になつたり、口を資本の商売が出来なくなり、遂に師匠から名前を取上げられ破門された。それから芸妓の屋形で居候したり、田舎を廻つたりして散々苦労したが、間もなく明治三年頃帰阪して座摩神社の丹長の席に梅香と名乗つて扇を叩き出し、俄、役者の声色、指かげ絵、足踊などをやり、調子外れの馬鹿声で歌をうたひお茶を濁していたが、案外客受けが良くつて、真打に迄出生した。怪談の「幽霊」を代役して相手と舞台で摑みあひをおつ始め、お客が仲裁にはいつたりしたやうな珍劇を演じていたが、間もなく又諸国を流浪して、その後文の助と改め桂文枝の弟子に入つたが、明治七年文枝が死んだ前後に又もや道楽から失明してしまつて五六年席をやめ、横浜の独逸人の医者が女道楽から失敗したのだと診断したので憤慨して打すてゝおいたが、やがて自然に眼があいて、又席に出た。そして上京して新場の小安親分の許に居候したり、その他色々苦労をしたが、十九年京都に帰つて久保田米僊の門に入り絵を習つて、始めて曽呂利新左衛門と改名し、下手な話を囃子に合せて高座で絵を画くことによつて誤魔化していた。以来三友派が起つた当時から次第に頭を持ち上げ、落語界の重鎮となつたが、明治四十三年遂に引退して、晩年を悠々として筆墨の間に送つた。雅号を漁仙といひ、茶人の間には珍重されていた。(つゞく)(73

死んだ曽呂利新左衛門の滑稽物語 曽呂利〳〵と極楽?へ 珍妙会社はりぼてやと珍辻占

明治四十三年四月の頃、合資会社張りぼて屋といふ珍妙な会社が目論見られた。これは芝居流の席貸しを営業の目的とする会社で、舞台一面を檜造りの廻り舞台として、舞台鼻八間、奥行十二間の大広間、道具は残らず張ぼてで、お客の注文によつて金襖、塗勾欄の御殿仕立、或ひは破れ障子に破れ畳の大世話場、茶屋場でも茶の間でもお心任せの建道具、天井を硝子で張つめ、雪月花を坐(い)ながらに眺める仕掛け、宮場の道具、紅白の幕、太鼓、小鼓、摺鐘、笛と何でもござれの騒ぎ設備、お客が大名遊びでも乞食遊びでもお好み次第に出来るやうにとすべてを張ぼて造りでやるといふ古今珍無類の貸席、工費は一万五千円、電車の近いことろで建てるとまで素晴らしい評判が持上つた。これこそはかの曽呂利新左衛門老後の思出(おもいで)と、一生の智恵を絞つて考へ出した妙計であつたが、遂にそれなけり、只の噺に終り、たうとう張ぼてやはその形を見せなかつた。

明治十九年頃コレラが大流行した時に新左衛門は丁度京都に居たが、何を思ひついたか、裃姿で三宝の上に沢山な守り札をつみ上げ、大提燈をつり下げて「これは豊臣秀吉公時代から伝はつたコレラのお守りだ」と売出したものだ。毎日門前人の市をなす程の大繁昌、一つ残らず売つて了つたが、お守りの正体といふのが「待人来る」「思ひ込んだが因果ぢやほどに」と、とてつもない文句入りの辻占であつたといふ珍談もある。

又新しいことでは大正三年六月二十六日「香奠保存会」といふ妙なものを催した。それは大正五十七年、百二十五歳まで生きのびるつもりでいた漁仙老が洒落か欲か「生葬式」といふのをやつて、死んだ後の香奠を先取りしやうといふ方寸で、生玉寺町は隆専寺、東西諸画伯から寄進した画を百幅程もならべ「千円以上一手入札苦しからず」と香奠をせしめるつもり、当人は一段高いところでクリ〳〵坊主になり、賃借の鼠色無紋の単衣に同じ色の裃をつけ端坐し、三箇寺の各僧が真面目くさつた読経もすみ、焼香もすんでから「今日只今篤と皆様の御心底を見とゞけまして、有難い仕合せにござります」と亡者が叮嚀に挨拶をして散会したといふ、怪体な会をやつてあつといはした。その時弟子の川上音二郎が石塔を寄進する、松年画伯が「片よらば右も左も皆地獄、曽呂利〳〵と真中を行け」と駄句つて餞けたなど、何れも茶目振りを発揮したものだつたが、十年たゝずして新左衛門の漁仙は遂にほんたうにその隆専寺に永眠してしまつた。

知友には名士多く、交友は皆厚く遇した。殊に東京から来た芸人は厚く世話したもので、後年新左衛門が上京した時は沢山の人々が「師匠々々」と御機嫌を伺つた。飽く迄世を馬鹿にして暮したが、又哲学を研究していたといふから妙である。

今の後家のつね子は曽呂利が五十、つね子の勝吉が二十五の年結婚して共に稼いだ。女好きでこの方にも随分逸話が多く、常に「永遊好色」といふ額を楣間にかけていた。漁仙の血を汲む三男六女、その悉くが腹違ひであるといふ程恐ろしい発展振りで、酒井市議の愛妾であつた大和屋の菊葉などその娘である。後とりの桃太郎といふのも今は戎橋の喜久屋の番頭で納まつているが、実際は翁の孫にあたり、我当の門に入つて片岡我太郎と名乗り、相当売れた子供役者であつたこともあつた。「あなたは総理大臣、私は曽呂利大臣」と狂歌で故大隈侯と知つたり、業平寺に石碑を建てたり、奇行逸話は中々尽きない。只一つ曽呂利の仕残した仕事は「八十五になれば妾を持つて諸国遍路の旅に上りたい」といつていた、それが心残りであつたらう。

七日、隆専寺の本葬当日は当地の落語家が寄つて一つ賑やかに囃しを入れて棺の前で故人の霊を慰めるといふ。告別式は七日一時から三時迄。(74

大正1275日 大阪朝日新聞

◇[死亡広告]猪里漁仙儀 曽呂利新左衛門こと十年以前假葬儀挙行致しましたが、老衰のため去る二日午前三時八十一の高齢を以て永眠仕候間、此段辱知諸賢に謹告仕候。追而七月七日午後一時より三時迄、南区中寺町源正寺坂角隆専寺に於て本葬相営申候間、随時御焼香被下度候。猶故魚仙遺志により香儀供花放鳥の儀固く御辞退申上候。大正十二年七月。

南区千年町 妻猪里タネ 男栄次郎 男桃太郎 友人総代阪口祐三郎 花月三友合同会 

大正1278日 大阪朝日新聞

散財気分の浮かれ葬式 

「葬らひを隆専寺にしやれかうべ、チリテツトンも花の許にて」百貫といふ人が狂歌を餞けた──漁仙俗名曽呂利新左衛門こと転誉法輪漁仙居士の本葬は七日午後二時から大阪南区生玉寺町隆専寺で執行された。

 本堂のわきの川上音次郎が建てた大きな碑前に硝子箱に収められた新左衛門の俤をそのまゝのしやれかうべが安置され、自作「野晒らしや皆月花の夢のあと」の石碑と向ひあつている。一方境内には時ならぬ造花の桜が満開で、紅白のだんだら幕を引廻し、ところ〴〵に緋毛氈を敷きならべ、美しい女達が甘酒やしるこの御接待をする。

白服の上に真赤な甚平を羽織り、頭に青坊主の鬘を被つた茶坊主が遺墨展観の広間に案内する。白扇を使ひながら染丸、文団治、蔵之助その他の落語家や我童など役者の顔も見え、談笑する間を紅裙が右往左往する。まるで何處かの園遊会のやうな有様であつた。やがて式典が行はれ、その後で三友、花月の連中が囃鳴物の音賑(にぎわ)しく、舞ふたり踊つたり、地下の故人を慰めた。

大正1274日 京城日報

[広告]明治町 電話二六〇番 浪花館/七月四日より大阪落語花月連笑福亭松光一行/落語手踊(橘乃太郎)落語手踊(桂文丈)音曲四竹(笑福亭小圓冶)清元舞踊(三枡家紋三郎)東京落語(三遊亭一圓)笑話振事(橘家勝三郎)即席噺(桂文之助)透視術(大川斎蘭女史)人情噺(笑福亭松光)
大正1278日 香川新報

<三遊亭圓遊一座・琴平金丸座>

◇金丸座(琴平) 六日から日本落語組合頭取三遊亭圓遊一座が落語演芸曲芸舞踊等を演じ大入を占めて居る。

大正12711日 神戸新聞

千代廼座 七月中旬の出番連名左の通り 東市、三枝、圓寿、雀三郎、梅團冶、圓叟、春輔、小圓太、圓都、杵屋連、蔵之助、金之助四郎坊、残月

大正12711日 名古屋新聞

<桂枝太郎一行・名古屋七寶館>

◇七寶館の落語 本日より十日間桂枝太郎に、音曲話し三遊亭圓若を始め金原亭馬きん、剣舞の天地聖行、景山重隆、笑福亭梅香、桂助力、大隈柳丈等の大連で開演す。

大正12714 日本興行新聞

<大八会の播重座を覗く>

◇千日前播重 関西唯一の色物席として連夜五時より浪花落語大八会の幹部連が雁首を並べるの大車輪振、十一日より出番替りとあつて五時よりパチ〳〵張扇をたゝいて人気者の玉輔がお客を呼んでいる。ニコニコと夢丸、相変らず12年 014頭の張合で客を喜ばすと、次はジゴマ式の様な眼玉の男、これは曲芸の時三郎、此の先生、球の使ひ分けも器用なもの。人情話の名人福円がシャくんだ如(よう)な顔をして聴衆を緊張さす。交代したのが例の杵屋の家元正六正子の親子、サエた糸音、二階の方から拍手起る。次は大八会大幹部一名後家殺しといふ人気者の三桝家小紋、鶯の谷渡り、美音の持主で、此の一声で追つ掛け廻されるといふ。時、女義界で呂昇を向ふへ廻して戦つたも苦しいが、何処かに聴き所のある語り振り、此女の糸は吉和歌を望みたい。次は華やかな天花天外の奇術、何時見ても嫌味のない芸、顔からして喜劇か落語に出来上つている。順路、おち付いた話し振り、夫(それ)が大八会の頭株と受け取れる。次は英国人ジヨンベール、之れは又御器用な事、とても日本人はおはずかしくて同高座へ上れぬ位、都々逸、浄るり、殊にヴァイオリン、綺麗なお手際。次は門左衛門、此の人の舞踊は好いのか知らんが、記者はヘンに思はれる。それから音曲でも妙なクセがある。要するに此の人の独創だらうが、此の人の之れ以上の芸は記者には見られんだろうと思ふ。大切は余興となつて玉輔、梅枝、円也、小文字、染三なんかゞ愚にもつかぬ事でまぜ返してハネ。(写真は同紙728日付に載った桂玉輔。「浪華落語大八会の人気者」とある)

〈編者註〉以下の広告は日本興行新聞(編者蔵)に出た大八会の広告をまとめたもの。千日前播重座、和泉町正寿館、天満裏門宮崎亭の三席が中心であったことがわかる。

12年 00212年 1


















大正
12715 京都日新聞

◇新京極中座 連夜左の種目で演芸大会を開いている。

 落語、音曲、手踊、本場安来節、三河萬歳、軽口、大阪萬歳、女道楽、新講談、鰌すくひ、怪談実験。

大正12717日 神戸新聞

千代廼座 花橘は得意の喉で繊巧な音曲に人気をさらい勘三郎と勘左衛門の長唄は綺麗な撥捌きに満場を唸らせている。尚納涼興行として並等三十銭、特等一圓に値下げ

大正12721日 神戸新聞

千代廼座 二十一日よりの出番は常連の外左の顔触が出演する。

小圓馬、茶好半玉、圓枝、小文枝、扇遊、遊三

大正12731日 大阪時事新報

◇吉本吉田の提携 色物の外に演劇もやる 

 大阪落語界の吉本興行部では更に大きな劇場と聯絡を取り、又時には色物の外に演劇にも手を染めようと企て、過日吉田興行部の吉田氏と吉本興行部の吉本氏と会見し、将来を契り、両者提携の第一歩として三十一日から九条八千代座で吉本の専属のおろく、おいとの出雲節を興行し、次には天勝の奇術をかけ、行く〳〵は演劇をも吉田興行部と呼応して興行することゝなつたさうである。

〈編者註〉吉田は二代目吉田卯之助(初代は明治四十四年死亡)、吉本は吉本泰三。この提携後、七月三十一より吉本専属の安来節を九条八千代座で上演した。また八月八日より九条八千代座で、八月十五日より天満八千代座で松旭斎天勝一座の奇術を上演している。

大正128

大阪の寄席案内

<納涼興行>

南地花月:女流演芸会三十石夢の通路、娘都々逸墨塗り、新創案極内ダンス、怪談、深川活惚れ総踊。小
  文枝、小伯山他出演。

紅梅亭:東西八景怪談、三人相手違ひ、江戸生粋滑稽茶番の裏。

花月倶楽部:東西八景落語角力(取組毎日替)三人相手違ひ、茶番裏の裏、浪劇国定忠治。

瓢亭:怪談、滑稽の裏の裏、三人場所違外連中総出。

松島花月:勘違い怪談引抜電気踊「獅子の狂乱」。

京三倶楽部:落語大角力(取組毎日替)。

<納涼興行・二の替り>

南北花月:「決闘」春団治・小円太・枝鶴外数名、博多狂言円子外数名、花橘の「掛合」、浪劇「国定忠
  次」蔵之助・勝太郎・小半等。

紅梅亭:「身替り仁王」遊三・円枝・福団治外数名、「武士と盗賊」文団治・春団治外数名、円馬の「落語
  長演」、「油屋十人斬」染丸・花橘・五郎等。

花月倶楽部:「越後獅子」染丸・花橘・五郎、「落語角力」取組毎日替り、「身替り仁王」遊三・円枝外
  数名、「四谷怪談」円子等。

瓢亭:「武士と盗賊」文団治等、浪劇「袖なし塚」蔵之助等。

松島花月:遠藤お直の安来節。

京三倶楽部:花月女流団、大切に極内ダンス(少女団にて)

新世界芦辺館:出雲ろく、出雲いと等の一行及び福知山音頭

三友倶楽部:川上市太郎一行の安来節。

<納涼興行・三の替り>

南地花月:芝居「身替り仁王」(春団治・枝鶴・小円馬・団丸・染八・若春・花遊三)、浪花節芝居「両国
  のいかけ松」(蔵之助・勝太郎・扇遊・紋十郎・茶好・半玉・四郎坊・金の助・春蔵)、お題の墨塗り
  (総出)

紅梅亭:快闘講談連鎖「清水次郎長」(三木助・五郎・小半・円叟)、粋劇「忠臣蔵」五・六(染丸・円
  枝・円若・文団治・うさぎ等)

花月倶楽部:落語相撲(米団治ほか取組毎日替り)、粋劇忠臣蔵五・六(染丸・円枝・円若・文団治)、
  怪談(小伯山・円好・枝右衛門・円弥等)

松島花月:粋劇「忠臣蔵」五・六(染丸外数名)、快闘講談連鎖「清水次郎長」(三木助一座)

松竹座:浪花節芝居「両国のいかけ松」(蔵之助一座)、落語相撲(文雀・金笑その他毎夜替り)。

京三倶楽部:浪花節芝居「両国のいかけ松」(蔵之助一座)

福島延命館:女流演芸会、大切極内ダンス。

新世界芦辺館:安来節遠藤お直一座。応援として春団治、枝鶴の「真抜男」の実演。

瓢亭、天満花月:落語相撲。

大正1281日 神戸新聞

御代廼座 一日より納涼特別興行として小原節萬龍美人團三十余名にて開演

千代廼座 一日より出番替り 圓寿、三枝、雀三郎、圓都、染五郎、梅團冶、新蔵、春輔、直造、圓坊、正楽、升三、扇枝、圓馬

大正1286日 京城日報

[広告]電話龍山三一番 京龍座/當る八月六日より開演 三周年記念特別大興行(日延べなし四日間限)/出雲芸妓安来節渡辺小奴桜家千□合同大一行/女流名古屋萬歳井上八重子、東京落語曲芸名人三遊亭圓雀、女道楽立花家圓嬢、奈良丸高弟吉田桃太郎、滑稽の親玉初春亭玉助、太鼓曲打吉田日吉、浪曲吉田松月、尺八旭天江、尺八琴曲浪花家義男 番組多数の為午後六時より必ず開演致します成可早くから御越し下さい

大正12811日 神戸新聞

千代廼座 昨日より出番替り染五郎、圓都、梅團冶、春輔、亀鶴、怪談(小伯山、圓好、枝右衛門)、余興喜劇(三木助、九里丸、外定連)

御代廼座 昨日より安来節萬歳大会捨丸ライオン一座で開演

大正12812日 名古屋新聞

<橘ノ圓一行・名古屋七寶館>

◇七寶館の落語 七寶館は本日から東京落語圓頂派家元橘の圓一行にて開演す。

大正12813日 神戸新聞

戎座 十三日初日で落語曲芸新内その他の一座が出演している

大正12815日 香川新報

<橘の圓次郎一座・琴平金陵座>

金陵座(琴平) 十六日午後七時から長唄舞踊演奏会を開いて芳村杵屋連の長唄鳴物と円次郎の舞踊あり

大正12818日 大阪朝日新聞神戸付録

◇生田前戎座は十八日より、圓天坊、圓入道の独演会。

大正12821日発行 「演芸タイムス」26

◎新世界芦辺館の「真抜男」

幕が開くと、十人余りの男女が賑やかな音頭に合わせ、赤提灯の下で踊っている。やがて一人去り二人去りて、遊女小照も帰ろうとした時、出歯吉とバッタリ出合う。ここから落語の筋を巧みに取捨して三場に仕組み、大詰の心中の場では出歯吉の春団治が存分に滑稽を演じる。また東西屋の枝鶴とからんでの意趣返しの亡霊の場での両人の大活躍に、お客の喜ぶこと喜ぶこと。団丸、染八、若春、花遊三、みなおもしろく、誠に結構。欲を言えば、小円馬の小照にもう少し色気があれば申し分なし。暑さも忘れて、立錐の余地なき大入り満員。楽屋に陣取る林営業部長のしたり顔や思うべし。最後に、この舞台装置に懸命の努力を惜しまなかった花治の労を多としたい。今回の成功の隠れた功労者である。

大正12821日 大阪朝日新聞神戸付録

12年 001[広告]西宮花月

本日より出番替り若手連の顔揃 毎夕六時開演/花橘、圓歌、福團治、文次郎、小圓太、松旭斎、吉奴、妻奴、小ゆき、ゆき江、玉子、小高連の外若手人気者多数出演、尚大切余興として滑稽團子山と仁王さんを上演。小圓太、文次郎、福團治外連中総出。/西宮花月 電話西宮四〇八番
大正
12831日 大阪朝日新聞神戸付録
◇生田前戎座は、三十一日より落語珍芸として文の家都枝久々の出演に、補助として圓天坊、圓童、長之助その他。

大正1291 関東大震災がおこる

 

大正1291日 神戸新聞

千代廼座 一日より出番替り。東市、鯛丈、圓寿、三枝、雀三郎、梅團冶、染五郎、圓都、春輔、すずめ、圓枝、掛合噺(金之助、四郎坊)、圓坊、枝鶴、圓若、余興俄借家怪談

大正1291日 名古屋新聞

<三遊亭遊三一行・名古屋七寶館>

◇七寶館の落語 一日より当地二年振りの東京落語の大家二代目三遊亭遊三、若手新進の橘家勝太郎、桂圓笑、花月亭九里丸、笑福亭梅香、笑福亭里鶴等の大一座で、十日迄開演

大正1292日 京城日報

[広告]明治町 電話二六〇番 浪花館/三十一日より特別興行京阪落語大一座 都家歌六一行/落語歌丸 落語千枝 笑話笑鶴 昔噺文弥 落語現代踊蔵造 落語音曲花丸 落語舞踊一圓遊 長唄舞歌奴 落語歌舞歌六 大切余興総出

大正1294 京都日出新

◇中座 罹災民救援慈善興行で百芸競演会を開き麦団治、水月、門三郎、右近、扇太郎、ふく、三木松等出演右の外、支那人劉俊連一行の大強力運動真剣勝負奇術。

大正1296 京都日出新聞

<橋本文枝一行・大津大黒座>

◇大津大黒座 四日より久々振りにて落語橋本文枝一行にて開場。

大正12916日 大阪朝日新聞

○寄席は奇麗に全滅 死人のなかつたのは奇蹟  

東京講談界の巨頭神田伯山が東京義捐のつもりか、儲けるつもりか判らぬが、青物屋を始め、三十円で仕入れたものを売つて七円損をした─こんな消息を齎して、その弟子伯竜は十五日大阪へ逃げて来た。吉本興行部の青山君も打合せのため帰つて来たが、その消息を総合すると、

 あれだけ沢山の興行ものが集つている浅草で、小屋の中で死んだものが一人もなかつたのは奇蹟のやうだ。尤も時間が早かつたからで、これがもう二三時間も後からであつたら大変であつたらう。講釈の席も□潰のところが多いが、これまた時間が早かつたので助かつた。しかしその後の火の手にはスッカリやられ、東京の寄席といふ寄席は全滅した。落語の方で残つたのは僅かに牛込の演芸館と四谷の「喜よし」だけ。講釈の方は一つも残らず、凡そ五十余軒が参つてしまつた。大阪からは約三十名ばかり九月一日から出る筈になつていたのを十一日に延期した。お蔭で一人も遭難しなかつたが、東京では先代柳桜の息子他二三名行方不明のものが出来た外、去年の暮大枚五万円をかけて新築し、天晴落語家随一の美邸と誇つた下谷の左楽の邸始め、連中の家は大半災火を被つた。

大阪吉本興行部ではこれらの人を救援するため十七日数名を東上させることになつているが、今後暫くはとても東京ではやれないから、大阪へ来るといふもの続出し、既に吉本の方へ内交渉を開始している幹部も多数ある。吉本の方では出来るだけこつちで引受けるべく手配中で、さうなれば大阪の寄席も芝居同様、随分名人上手の鉢合はせが行なはれ、心細い前座などはこの際吹飛ばされてしまひさうだが、同時にこれまで手薄で困つていた地方の小屋へドシ〳〵幹部連中を送れることになるだらうと。

○ヨタの多い 震災報告や 落語を取締る  

関東震災の視察談や報告演説会等の催しが最近随所で開かれる。殊に寄席等では浪花節、講談、落語と云つたやうなものまでが震災を中心としたものになつて来た。これ等の中には全く真面目なものもあるが、なかには聴衆の興味と好奇心とを惹くため、故意に事実を誇張したり、ウッカリ流言蜚語に似たことを喋舌つたりするものもあるので、大阪府警察部では曩に発令した取締法によりこれ等に対して取締を励行することゝなり、各署にこれが通牒を発したが、興行者の最も多い島之内署では十四日管内の興行者芸人を集めこの趣旨を訓諭した。

大正12918日 大阪毎日新聞

○嵐に悩む船中を賑はせた落語家連 ボツ〳〵大阪へ流れ込む 孝行振を見せた桂文治 

 大阪商船あんです丸は避難民二百五十名を乗せて十七日午後四時大阪築港に入つた。荒天四日の航海に皆疲れ果てゝいたが、中に四人連の落語家がいて毎夜船中を賑したさうだ。それは六代目桂文治の長男坊桂左文治と立花家米三、桂雀三の三人である。左文治君は小波模様の「睦」の文字を染抜いた法被一枚で「はなしにもならない恐ろしいことでした」と落語家だけに洒落まじりで寄席や落語界の消息を語る。

 東京の寄席は殆ど全部焼けて了ひました。私共の睦派では四谷のきよし、駒込の動坂亭が焼残つたのみです。柳家三語楼の駒込の家は無難でしたが三遊亭円右、講談師の貞山、柳家小さん、三升家小勝等は皆焼出され、七代目桂文治は褌一つで危く命拾ひをしたと云つていました。震災時大阪へ来ていた左楽の家も全焼ださうです。その他春風亭柳枝、華柳等睦派の幹部連は何れも家は焼かれましたが、命だけは皆助かつています。遊んでいて生活に困らない人は別として、その他はボツ〳〵関西へ流れて来るでせう。皆の顔が揃つた上で何とか話し合うて稼ぐ途を考へたいと思つています。

と左文治君は最後に「父の墓だけは壊れないで残つていました」と六代目文治の戒名の写しを腹かけの丼から出して孝行振りを見せた。尚この船には琉球の娘さん二十三人も乗合せていた。

大正12920日 大阪毎日新聞

○哀れ都落ちする俳優芸人 …江戸趣味の落語は滅亡 

 次に東京名物の寄席はこれが又市内に約二百五十の席亭と落語家、講談師、音曲、手踊、奇術を通じて六百人の芸人があつたが、現在ではこれも殆ど全滅のありさま。古今亭今輔の如きは逸早く東京を去り北陸筋をうろつき廻つて漸く豊橋で足がゝりを得たとか、小さんの連中も北海道に出かける準備をしたとか伝へられている。尤もこの世界は江戸っ子肌が多くて籍を上方に移すやうなことは断じてしない。自分達の芸は贅六には解らないと頑張つてはいるが、大勢はどうすることも出来ず、遅かれ早かれ生活を地方に求めることゝなり、純江戸趣味の落語はこれを機として惜くも滅びて行くものと見られている…。

大正12920日 京城日報

[広告]電話龍山三一番 京龍座/當る九月二十日より開演 京阪落語大會/落語桂登雀 落語桂千枝 落語桂文弥 落語手踊とん八 落語現在踊蔵造 落語手踊三八 落語音曲花丸 長唄舞歌奴 落語舞踊一圓遊 大切引抜喜劇かつぽれ座員総出/入場料破格大勉強 一等五十銭 二等三十銭 二階全部無料下足として十銭

大正12922日 徳島毎日新聞

撫養朝日座 安来節出雲芸妓合同玉子家辰一行の正調安来節は二十五日初日

正調安来節、鴨緑江ふじ踊、大阪落語、磯ふじ踊、二人軽口掛合噺、三曲萬歳、江州音頭、出雲二輪加、関の五本松おどり、どじょう掬い、名古屋萬歳

大正12929日 京城日報

<橘ノ圓一行・朝鮮浪花館>

[広告]明治町 電話二六〇番 浪花館/當る九月廿九日より東京名流落語橘の家元落語舞踊の名人 橘の圓一行大一座来る/出演順 昔噺橘の圓太 落語音曲橘の圓勝 かる口社中 講談小金井一葉 落語扇舞橘の圓之助 落語音曲笑福亭歌遊 落語手踊松の家□好 清元浄瑠璃松□家若吉 浮世節手踊梅八 落語振事橘の圓 大切座員総出芸づくし

大正12930日 大阪朝日新聞

◇震災義捐演芸会 大阪都新聞主催で関東方面震災義捐演芸会を催す。第一回として罹災者の神田伯山一行が三十日午後六時から中央公会堂で「大瀬半五郎」と震災遭難講談をする。会費は二円と一円。

上方落語史料集成 大正12年(1923)10月~12月

大正1210

 大阪の寄席案内

一日より三日間、北新地花月倶楽部と紅梅亭にて伯山、小さん二人会。

 伯山が「清水次郎長」を連夜連講し小さんは「子別れ(上)」

四日より十日まで北新地花月倶楽部と紅梅亭へ小さんとろ山が出演。

二十一日正午より南地花月亭にて小さん独演会を開催。「胡椒のくやみ」「子別れ(上)」「にらみ返し」

二十八日正午より西の宮花月にて小さん長演会を開催。演題碁どろ、小言幸兵衛(小さん)余興奇談(寅小
 満)講談次郎長(ろ山)

二十八日正午より南地花月亭にて三遊亭右女助後援会を開催。助演春団治、ろ山、小さん。右女助は避難箱根
 物語を語る。

三十一日正午より南北花月亭にて神田伯竜独演会。演題は「雪の夜の花川戸」「侠客逸見貞蔵」「黒田騒動の
 内、楓の間」

 京都の寄席案内

十一日より富貴亭へ右の助、枝雁、小円、円笑、柳丈、小円馬、翫馬、源嬢、小せん、一声、円楽、九里丸、
 寅こま、小さん、一郎が出演。

 小さんの語り物は(十三日)三人旅、道具屋(十四日)堀の内、うどんや(十五日)代り目、笠碁(十六日)無筆、富久(十
 七日)たぬき、按摩炬燵(十八日)子別れ、大工調(十九日)千早振、碁どろ(二十日)高砂屋、にらみ返し。

十一日より笑福亭は花月三友合同会若手競演会にて開演。

十一日より芦辺館は花月三友女流競演会にて開演。

二十一日、富貴にて第二回幹部会を開催。番組はあわびのし(枝太郎)、足上り(文団治)、唖の魚釣(円枝)、成田小
 僧
遊三)、辻占茶屋枝雀)、松山鏡蔵之助)、なさぬ仲(文治郎)、芝居風呂円子

大正12101日 神戸新聞

戎座 本日より落語連にて出番左の如し 福松、小福、小金吾、徳太郎、富士松、鳥光、鯛蔵、藤間福太郎、扇歌

大正12101日 名古屋新聞

◇因倶楽部 十月一日より開場する落語家連は、春風亭柳桜、立花家圓二郎、三遊亭圓鳶、柳家小半治、柳家小柳治等の出演で入場料大勉強

大正12102日 大阪朝日新聞神戸付録

◇三宮御代之座は、一日より寿美廼家大一座の正調安来節。

◇西宮花月 一日より替り。

竹雀、文蝶、玉山、文雀、夏少春一行、五郎、圓太郎、春團治、しん蔵、三八、扇遊、蔵之助

大正12102日 名古屋新聞

<桂三木助、三遊亭圓歌一行・名古屋七寶館>

◇七寶館 一日より三遊亭圓歌、桂三木助の落語で開演。

大正12930日 大阪毎日新聞

◇[広告]吉本興行部の齎らせる!二大収穫!十八番物競演

神田伯山 柳家小さん二人会

北新地花月倶楽部 南地紅梅亭

空前にして又絶後の特別興行・期日十月一日二日三日 三日間限・毎夕六時

大正12103日 大阪朝日新聞

◇[広告]愈々今明両夜限り是非此機会を逸せずに!

満員御礼 伯山・小さん二人会 北新地花月倶楽部 南地紅梅亭

今晩御好みに依り伯山十八番の中白眉 大瀬半五郎/小さんの代表的話題  高砂屋

大正12105日 大阪毎日新聞

◇[広告]急告 小さん・ろ山 北新地花月倶楽部 南地紅梅亭

一門救難の為め小さん師のみ更に十日迄演続仕候間、同師の存意御汲み取りの上是非

期間 四日より十日まで連夜 入場料金は前例を破り此際低価断行仕候

12年 00612年 00512年 002













大正
12107日 大阪時事新報

〇大阪に返咲く講談界 大阪で三箇所ほどの定席 毎日交替で一流株が来る 

 大阪にも以前は数箇所に講談の定席があつた。それが追々に落語の席と変つたり、他の店となつて仕舞ひ、生玉お旅の南陵亭が最後迄踏止まつていたが、これもとう〳〵廃業した。大阪の講談師も相当に聴けるのがあつたが、或は老死し或に商売替へをして、病気勝ちの旭堂南陵が学校だの其他の集まりへ招かれる程度。さうして大阪の講談席へ月月に来ていた東京の一流講談師は転じて落語の席へ交つて出演するように改まつたが、今度の震災を機とし、大阪の吉本興行と相談の末、吉本の持席のうち松島、新町、堀江、天満方面で三四軒を提供し、それへ東京の講談組合から毎月交々一流の講談師を中心とせる一座を送り、大阪に衰へた講談の定席を再建することに為るさうだ。然し場合によつては吉本から若干の落語或は色ものを派して講談の間へ挿み、見物の気を変へる興行法をとるかも知れぬ。

大正121014日 大阪朝日新聞神戸付録

◇千代之座、御代之座は、十四日より花月三友派にて左の顔ぶれ。

東市、鯛丈、圓寿、雀三郎、三枝、圓都、染五郎、梅團治、春輔、圓坊、白魚、文治郎、夏雲起一行、ざこば、亀の子一行、三木助

大正121020日 大阪朝日新聞神戸付録

<柳家小さん一行・神戸千代之座・御代之座>

◇新開地千代之座、三宮御代之座は、二十一日より柳家小さん一行の江戸ツ児会特別興行。その顔ぶれは、小さん、寅こまん、小せん、翫馬、圓楽、染丸、圓若、源女、直造、李彩、小圓馬、その他常連

<編者註>小さんの演目は下記の通り。

1021日:千代之座(猫久)御代之座(とうなす屋)

1025日:千代之座(千早ふる)御代之座(言分座頭)

1026日:千代之座(小言幸兵衛)御代之座(うどん屋)

1027日:千代之座(粗忽者)御代之座(高砂や)

1028日:千代之座(らくだ)御代之座(小言幸兵衛)

1029日:千代之座(言訳座頭)御代之座(千早ふる)

大正121026日 名古屋新聞

◇萬松寺因倶楽部 東京落語睦部、柳亭佐楽、都家歌六、桂才賀等出演

大正121029 京都日新聞

◇東西無駄話(四) 三題ばなし 今日の落語の起源は、昔茶人や粋人が集まつて茶でも啜りながら、線香が一分二分と燃えて行く間に何か纏まつたお話を作り上げる、それが落語の濫觴だといはれている。「オヤ吐月峰が転がつた」「ハイふきませう」なぞといつた風で、「お隣に壁ができたぜ」「ヘエ(塀)」といつたやうな軽い洒落から始まつたのである。落語家が職業的になつて高座で話をするやうになつても、此の風習が伝はつて、聴衆から題を出すと、それを即席で落語に纏める。聴衆から三題出した奴を一つの語に纏めるのを三題話といつて、初代の朝寝坊むらくなどは三題話の天才で、極めて鮮かな手際を見せたものであつた。或る晩の三題話に、お客から題が出た、初めが「日本橋」で次が「銀行」お終ひが[賤ヶ嶽の三本鎗」といふのであつた。賤ヶ嶽の七本鎗といふのはあるが、三本鎗といふのはない、四本足りない、こんなのが本当の難題といふもので、如何に此の難題を話に纏めるかと聴衆は目を見張つて待つていた。むらくは軈て話を初めた。「賤ヶ岳七本槍の内小西、片桐、福島の三人は日本橋に銀行を始めましたが、小西は両人に対ひ…イヤ片桐、福島両君、銀行を創めたが、どうも旨く行かないで困つたものだ。「ナゼ」、ナゼツて四本(資本)が足りない」と鮮かに落した。

大正121031日 大阪朝日新聞神戸付録

◇御代之座は本日より渡辺静江一行の安来節で正午開場。

大正121031日 名古屋新聞

<小さん・圓右一行・名古屋七寶館>

[広告]十一月一日より 日本一の落語 柳家小さん一行 毎夜二席づつ口演/七寶館

◇七寶館 本日より落語界の名人柳家小さん一行で開場。小さんは毎夜二席宛口演す。一座の顔ぶれは、歌沢寅小満、柳家小せん、三遊亭翫馬、桂文省、曲芸直蔵、柳家小きん、小ゑん、小はん、松井源女等。

大正1211

 大阪の寄席案内

一日から紅梅亭、北新地花月倶楽部、松島花月、新町瓢亭へ談州楼燕枝、神田伯龍、民国奇術の李彩、三遊亭
 円楽等が出演。

四日正午より南地花月亭にて伯龍・ろ山二人会。演題は「夕立勘五郎」(ろ山)、「小金井小次郎」「天一坊
 の召捕」(伯龍)。

十一日より紅梅亭、北新地花月倶楽部、松島花月、新町瓢亭へ談洲楼燕枝、三遊亭円楽が出演。

十一日正午より南地花月亭にて伊藤痴遊独演会。

十一日より三日間、紅梅亭にて伊藤痴遊独演会。

十一日より北新地花月倶楽部にて六佳撰会を開催。十四日の番組は小猿七之助(ろ山)、盗人の仲裁(枝
 雀)、土橋万歳(枝太郎)、黒田騒動(伯鶴)、らくだの葬礼(春団治)、おさん茂兵衛(燕枝)

十四日より三日間、北新地花月倶楽部にて伊藤痴遊独演会。

十七日より三日間、松島千代崎橋花月亭にて伊藤痴遊独演会。

十九、二十日の両日、京町堀京三倶楽部にて伊藤痴遊独演会。

 京都の寄席案内

七日より四日間、芦辺館にて伊藤痴遊独演会。

十八日正午より富貴にて神田ろ山独演会を開催。

〈編者註〉痴遊の演題で判明しているのは以下の通り。

南地花月亭:「恐ろしき震災の三日間」「偉い女と変な女」「震災から生れた山本内閣」

紅梅亭:「大正二年最初の山本内閣」「文豪頼山陽」「相馬騒動と後藤新平」「山本内閣倒れて大隈内閣の成立及び瓦解」「大隈重信と伊藤博
 文の女争ひ」「幕末に於ける会津藩」

北新地花月倶楽部:「大正二年最初の山本内閣」「頼山陽と川上東山」「相馬家の内訌と内相後藤新平」「山本内閣倒れて大隈内閣の成立及瓦解」「大隈と伊藤博文の女争ひ」「幕末に於ける会津藩」「震災中に成立せる山本内閣」「大西郷の功績」「後藤と田の背後に控ゆる伊東巳代次」

松島千代崎橋花月亭:「震災中に成立せる山本内閣」「偉い女と変な女」「江藤新平の最期」「政友会内訌の真相」「偉人高杉晋作」「相馬騒動と
 後藤新平」

京町堀京三倶楽部:「大同団結の思ひ出で」「恐ろしいき三日間の震災に直面して」「警部長時代の田健次郎」

新京極芦辺館:「震災から生れた山本内閣」「犬養木堂と山本権兵衛」「政友会内訌の真相」

大正12113日 大阪朝日新聞神戸付録

◇西宮花月一日より出番替り。

落語(春造、文蝶、梅團治、圓好、枝鶴、文治郎)、踊(しん蔵、小春團治、三木助)、曲芸(源朝、鶴亀)、掛合噺(金之助、段次郎坊)長唄(勘三郎、勘三左衛門)

大正12114 京都日新聞

◇東西無駄話(七) 落語と公爵 最近に於ける落語界の大立者といへば先づ死んだ三遊亭円朝で講談界の大立者は松林伯円であらうが、故山懸公がまだ内務卿山懸伯の頃、伯円がお伴をして沖縄県を巡視されたことがあつた。…出迎への官吏が、「どなた様で…」と問ふたので、伯円は済まし込んで「松林伯…」と大きく云つて…円を小さい声で口の中で云つたところ、官吏は山懸伯と同爵の松林伯も御同道だと、大評判になつた。山懸伯は…余り悪戯をしてはいけないとお叱りになると、伯円は一向平気なもので「閣下、これからは伯爵より一段上の松林コウシヤク…シと名乗りませうか」とやつたので、遉の山懸伯もその天才的奇智を三嘆したそうだ。

大正121117日 香川新報

◇金丸座(琴平) 十五日からニコニコ演芸会を開いて奇術曲芸歌舞音曲を演じて居る。

大正121121日 名古屋新聞

<桂春團治一行・名古屋七寶館>

◇七寶館 本日より関西の人気者桂春團治一行の落語で開演。一座は、橘家[]圓枝、桂福松[團治]、桂小春團治、東洋一郎、大隈柳丈等の大連。


大正1212

大阪の寄席案内

一、二の両日、京町堀京三倶楽部にて伊藤痴遊独演会。

二日正午より南地花月亭にて伊藤痴遊独演会。

六日より十日まで北新地花月倶楽部、松島花月、紅梅亭にて名人会を開催。伯山、寅小満、円右、橘之助、小
 さんが出演。

九日正午より南地花月亭にて神田伯鶴、山陽兄弟会。補助伯山。演題は快男子甲斐勇吉(山陽)、河内山宗
 俊(伯鶴)、荒神山の血煙(伯山)

十一日より南地花月亭にて余興に「三枚起請」(春団治、枝鶴ら)、二人羽織を出す。

二十一日より千日前芦辺劇場にて花月三友合同落語家芝居。

二十二日より連夜、南北花月亭、松島花月、福島延命館、南地紅梅亭、新町瓢亭、上本町富貴、北新地花月
 倶楽部、天満花月にて吉例忘年演芸会を開催。花月三友合同会の幹部出演。

京都の寄席案内

一日より五日まで富貴にて三名人会を開催。柳家小さん、立花家橘之助、神田伯山、補導歌沢寅小満。

十二日より大津大黒座は東京三遊派落語三遊亭円左衛門一行にて開演。

〈編者註〉痴遊の演題で判明しているのは以下の通り。

京町堀京三倶楽部:「山縣有朋と奇兵隊」「三浦将軍と朝鮮」「後藤新平の背後に在る伊藤己代治」

南地花月亭:「犬養遞相と山本首相」「政友会内の真相」「後藤象次郎と大政奉還」

また名人会初日の紅梅亭の演目はくやみ(小さん)、おかめ団子(円右)、浮世節曲弾(橘之助)、清水治郎長(伯山)、歌沢淀の川瀬(寅小満)。九日の演目は紅梅亭が碁どろ(小さん)、唐茄子屋(円右)、次郎長(伯山)、北新地花月倶楽部がくやみ(小さん)、唐茄子屋(円右)、次郎長(伯山)。

大正12122日 徳島毎日新聞

<三遊亭圓歌花月合同一座・徳島稲荷座>

◇[広告]稲荷座花月三友派合同落語 初日十二月一日午後五時開演桂春蔵、桂遊橋、桂文冶、佃家白魚、三遊亭花遊三、桂雀助、夏雲忠、夏雲清、橘家小圓太、桂桃太郎、笑門亭福来、笑門亭福徳、東京下り大真打三遊亭圓歌

<編者註>三日の広告では、桂春蔵が桂左雀、白魚が桂扇柳に変更されていた。文冶は多分間違いと思われる。

大正12123日 徳島毎日新聞

稲荷座の落語(三遊亭圓歌一行) …花遊三は近頃メッキリ腕を上げ、艶っぽい話ぶりで嫌な感じがせず、「掛取」の一齣をアッサリと従来のと少しく品を替えて片付けたのは気持ちよく耳に響いた。手踊り「奴さん」はスッキリとして手に入ったもの。雀輔はお爺さんだけに何処迄も素で通し「胴取」をオットリと筋を運び普通なら騒々しい後半段を渋く喋った処は老巧なもの…。

<編者註>外、小圓太、桃太郎、福来福徳の評あるが省略。

大正12124日 大阪朝日新聞神戸付録

◇三宮御代之座は三日より花月三友落語連にて、出番は、雀三郎、鯛丈、春輔、三枝、梅團治、残月、圓都、染五郎、花橘、圓太郎、升三、小文枝、夏小春

大正12126日 大阪朝日新聞

◇[広告]絶対権威の名人会/斯かる大顔合は真に空前にして又絶後なり

 伯山 寅小満 円右 橘之助 小さん

会期十二月六日より同月十日迄(五日間限り)

北新地花月倶楽部 松島千代崎橋花月 南地法善寺紅梅亭

大正12127日 徳島毎日新聞

三遊亭圓歌の怪談噺 大道具大仕掛 久しぶりの落語というので人気を呼んでいる稲荷座の花月三友合同大落語は六日より三遊亭圓歌が独特の怪談噺真景カサネガ淵を大道具仕掛にて口演すると

大正121220日 大阪朝日新聞

<花月三友合同落語家芝居・千日前芦辺劇場>

◇[広告]花月三友合同会 落語家芝居

当る十二月廿一日より二部興行 昼=午前十一時半=夜午後五時半 南地芦辺劇場

昼ノ部 一曾我対面、一鈴ヶ森 一太功記十段目、一天下茶屋、一大切かつぽれ

夜ノ部 一忠臣蔵五段目・六段目・七段目、一二十四孝、一沼津、一千本桜道行

12年 001

〈編者註〉主な役割は以下の通り。

昼の部

第一、曾我対面

序詞(久里丸) 工藤祐経(小文枝)、朝比奈三郎(文雀)、五郎時致(枝鶴)、十郎祐成(文治郎)、鬼王新左衛門(扇枝)、近江子藤太(直造)、八幡三郎(扇遊)、大磯の虎(小円馬)、化粧坂少将(小春団治)、大藤内成景(小半)、犬坊丸(升三)、大名(円坊・染八・里鶴・花遊三)

第二、鈴ケ森

幡随院長兵衛(燕枝)、平井権八(勝太郎)、飛脚甲助(三木助)、雲助頭(蔵之助)、雲助(文団治・円子・円馬・円太郎・遊三・小半・花橘・円枝・円若・升三・福団治・小南光・小円太・塩鯛・小伯山・円坊・一郎・南天)

第三、太功記十段目

許嫁初菊(春団治)、女房操(五郎)、母皐月(茶好)、武智十次郎(染丸)、武智光秀(円馬)、加藤正清(小伯山)、羽柴久吉(花橘)、軍卒(花遊三・里鶴・染八・南天)

第四、天下茶屋

早瀬伊織(遊三)、東間三郎右衛門(円子)、安達元右衛門(三木助)、人形屋幸右衛門(燕枝)、奴腕助(文団治)、弟早瀬源次郎(小半)、万才太夫(小円馬)、同才造(小春団治)、唖武士(円枝)、寒念仏(円若)、非人(小文枝・枝鶴・文雀・文治郎・扇枝・直造・扇遊・花遊三・円坊・小枝鶴・里鶴・染八)

大切、かつぽれ

 舞踊(かしく・五郎・勝太郎・小半・小春団治・小円馬・升三・一馬・三木助・福団治)

 地方(喬の助・妻奴・清子・吉奴・雪江・お蝶・蝶吉・星花・玉子)

夜の部

第一、忠臣蔵五段目

序詞(久里丸) 早野勘平(小文枝)、千崎弥五郎(勝太郎)、斧定九郎(文団治)、百姓与市兵衛(茶好)、猪(小春団治)

第二、忠臣蔵六段目

 早野勘平(五郎)、原郷右衛門(燕枝)、千崎弥五郎(一馬)、母親おかや(円若)、一文字屋お才(塩鯛)、善六(蔵之助)、女房おかる(小半)、猟師(三木助・染丸・春団治)

第三、忠臣蔵七段目

 大星由良之助(円子)、おかる(勝太郎)、寺岡平右衛門(三木助)、矢間重太郎(春団治)、竹森唯七(小文枝)、千崎弥五郎(一馬)、大星力弥(小春団治)、一力の亭主(小伯山)、仲居(小円馬)、斧丸太夫(蔵之助)、鷺坂伴内(福団治)、太鼓持(花遊三・茶好・染八・升三)、仲居(南天・里鶴・うさぎ)

第四、二十四孝・御殿

 武田勝頼(円太郎)、息女八重垣姫(染丸)、上杉謙信(燕枝)、腰元濡衣(三木助)、白須賀六郎(小半)、原小文次(五郎)

第五、沼津

 雲助平作(春団治)、呉服屋重兵衛(燕枝)、娘およね(勝太郎)、荷持安兵衛(円若)、池添孫八(小伯山)、茶店の娘(うさぎ)、仕出し(染八・里鶴)

大切、千本桜道行

 狐忠信(かしく)、静御前(小半)、鼓の藤太(三木助)、捕手(五郎)

<編者註>なお上掲の歌舞伎番付は「上方はなし」三十一集(昭和1311月)掲載されたもの。

大正12128日 神戸新聞

◇千代之座 十一日より三日間圓右、小さん、燕枝、橘之助、寅小満、伯龍一行の名人会

大正12129日 名古屋新聞

<橋本文枝一行・名古屋中央劇場>

◇歌舞演芸團 中央劇場では明日より歌舞演芸團で開場。一行は、橋本六[]枝、桂文歌、豊竹東昇、橘家傳圓等で、浄瑠璃、安来節、舞踊、落語等をとりかえ引かえ御覧に入れると。

大正121210日 大阪時事新報

〇年々氓び行く娘義太夫の定席 

百余年の歴史を有つた唯一の道場天満の南歌久も女流浪花節の席と変る 

 大阪名物娘義太夫の修業場として南では千日前播重席、北では天満の南歌久と、肩いれ党から大騒ぎをされたのも今は昔、その播重席が時勢の波に捲かれて娘義太夫席としての経営を見限つた後も、こゝばかりはふみ止まつて、全盛だつた二昔ばかり前の名残を語るかのやうに昔通りの女義太夫の定小屋として興行を続けて居た南歌久席も、何時とはなしに甲板を娘義太夫から女流浪花節に掛け換へて居る。

南歌久の歴史は古い。今年夏女流浪花節の小屋として現今の宮崎氏の経営に移るまでの四代百余年間は、世の歩みとは没交渉に、あの天満天神裏のあの小屋を娘義太夫の修業場として過ぎて来たので、其創立の家柄から云へばさしもの播重席もはるかに後身なのださうだ。

斯んな次第で大阪女義会の栄枯盛衰の歩みの跡は大小残らず南歌久の小屋一つぱいに籠つて、一度あの小屋に行つた者なら誰でも感づく一種独特のムードを造出(つくりだ)して居た。此のムードの中に育つて娘義太夫の全盛期を子供心に覚えて居る。

席主の松本儀助氏には何としても南歌久を娘義太夫以外の芸人の壇場には変へたくなかつた。そして近年では民衆趣味から除かれ勝なこの義太夫興行を損をしながらも続けて来た同氏は「肝腎の私が頭を患つたものですからあの小屋を宮崎さんに譲ることにしました。私としましては娘義太夫の道場として最後まで続けたかつたのですが、明治以来こゝ十年ばかり前までの娘義太夫で名を唄はれた連中は一人残らずあの小屋で一度は修業したものです。その頃は太夫連の稽古の意気込みもちがひ、御客様も今程世智辛くなくドシ〳〵祝儀をはづむだもので、今考へても華美なものでした。然し今では世間も変り、太夫にもよいのが無くなりましたから、再び昔の全盛は見られないと思ひます。其の当時よく語つた人は今では席に出るのをいやがつて大概は連中を作つて師匠になつて居ります。又そうでないものは旅を廻つて大阪に居つきません」と語つている。

斯くして都会から場末に、場末から田舎にと追ひやられて、この娘義太夫も遂に氓びてしまふ芸人の一つであらう。

大正121212日 名古屋新聞

◇中央劇場 橋本文枝一行の落語は一寸と上手揃いで、橘家圓三、桂しん鏡など陽気に見物を笑わせ、桂文歌の音曲話し、安来節は美しい咽喉を聴かせて大喝采。文枝はシンミリと落語を味わせ、美しい東昇の浄るりはよき色どりとなり、冬の一夜を楽しく過ごすよきもの。入場料は五十銭均一。

大正121213日 名古屋新聞

<小さん・圓右一行・名古屋七寶館>

◇七寶館 明十四日より東京名人會にて。小さん、圓右は毎夜二席づつ口演すと。初日の出し物は、たらちめ(小三郎)お見立(右之助)居残り(小きん)馬の田楽(小さん)五人廻し(圓右)歌沢(寅小満)講談(伯龍)浮世ぶし(橘之助)百川(小さん)宗悦(圓右)

大正121228日 神戸新聞

千代廼座と御代之座 二十八日より忘年特別興行として小原節、出雲節に、橘圓天坊、都枝等四十余名の大一座でお目見得

大正121228日 大阪朝日新聞神戸付録

◇岩屋敏馬(いるめ)座は、新築落成し、二十八日まで吉田奈良丸、福造其の他の浪花節

プロフィール

丸屋竹山人

カテゴリー
  • ライブドアブログ