大正13年

上方落語史料集成 大正13年(1924)1月~3月

大正131

大阪の寄席案内

一日より三日間正午より南地花月亭にて伊藤痴遊独演会を開催。

一日より北新地花月、紅梅亭、松島花月へ談州楼燕枝歌沢寅小満立花家橘之助、柳家小さんが出演。

十五日正午より紅梅亭にて林家染丸独演会。番組は鍬形、鶴満寺(染丸)、沼津(常磐津文字花)。【下図
 参照】

二十日正午より南地花月亭にて神田白龍独演会。演題は「秋田屋騒動」「浮夕巽羽織中裏」「頼朝の旗上げ」

 京都の寄席案内

◇富貴 二十六日から柳家小さん出演。初日の演題はおしくらと意地競べ。

〈編者註〉京都富貴の柳家小さんの二十七日の演題は代り目と笠碁、二十八日は馬の田楽と碁どろ、二十九日は粗忽の使者、〆込み、三十一日はくやみと小言幸兵衛。

大正1311日 京城日報

<笑福亭福圓一行・朝鮮浪花館>

[広告]明治町 電話二六〇番 浪花館/當ル一月一日ヨリ 京阪落語若手揃大一座 浪花反対派幹部笑福亭福圓一行来る/御祝儀三遊亭福遊 噺桂千枝 落語笑福亭笑三 落語手踊桂呂之助 笑話林家卯三郎 落語音曲桂花丸 落語やりさび一遊亭一圓遊 落語珍語笑福亭梅香 東京落語橘家圓好 女道楽笑の家福子 三府浮世節橘の歌奴 落語笑福亭福圓 大切余興楽屋連中総出

大正13110日 大阪朝日新聞神戸付録

西宮花月 十一日より浪花節大会。東家楽友、都亭清太夫、吉川燕玉、旭市子、龍甲斎虎丸

大正13110日 名古屋新聞

<三遊亭圓馬一行・名古屋七寶館>

◇七寶館 一月十日より圓馬、圓若、花團次等の落語。

大正13111日 神戸新聞

敏馬座 岩屋の同座は十一日より大阪花月三友合同落語にて開演三木助、染丸、小圓太、圓都、春輔、枝鶴、圓坊、遊三、小高、小蝶、金之助、四郎坊

千代廼座 三宮御代廼座十一日より出番左の如し圓都、春輔、小高、高蝶、圓坊、小南光、金之助、四郎坊、小はん、染丸、一郎、三木助、枝鶴、遊三、鶴亀

大正13111日 名古屋新聞

<立花家橘之助一行・名古屋因倶楽部>

◇因倶楽部 一月十一日より橘家千橘、浮世節の家元立花家橘之助一行で特別興行

大正13115

◇林家染丸独演会チラシ

13年 1

林家染丸独演会 来る一月十五日正午より開演 花月三友合同会後援 南地紅梅亭に於て

落語演題鶴満寺 林家染丸口演 常磐津演題沼津 補助出演常磐津文字花 落語演題鍬潟 林家染丸口演 

〈編者註〉「富士正晴記念館所蔵 寄席番組類目録」(富士正晴記念館・平成12年)より転載。

大正13115日 名古屋新聞

◇因倶楽部 一月十五日より、東京落語舞踊名人三遊亭圓橘、立花家橘之助一行で十五日より昼夜二回口演。一行には蜃気楼龍玉も加わっている。

大正13116日 名古屋新聞

<三遊亭右女助一行・名古屋末広座>

[広告]本日より開演 東京落語三遊亭右女助一行 平場及二階全部四十五銭/末広座

大正13117日 名古屋新聞

◇末広座 昨夕五時から開場した東京落語三遊亭右女助一行は、既に定評あり。中々の盛況を呈し舞踊、女道楽、尺八と陽気に高座を勤めて好人気。平場及二階四十五銭。

大正13121日 神戸新聞

千代廼座 二十一日より出番替り花月三友落語連出演 東市、圓丈、雀三郎、染五郎、圓都、梅團冶、春輔、白魚、花菱家連、米團冶、小圓太、文次郎、亀造直造、蔵之助、紋十郎、圓歌、夏雲忠一行

大正13122日 大阪朝日新聞神戸付録

西宮花月は東西合同の浪花節。米若、悪兵衛、龍、青龍、龍車、梅若、奈良英、奈良太郎、盛丸、福造


大正
132

 大阪の寄席案内

二月一日より福島延命館、内本町松竹座、御霊あやめ館へお名残特別興行として柳家小さん、歌沢寅小満、立
 花家橘之助、談州楼燕枝が出演。

 京都の寄席案内

◇富貴     二十一日より円笑、円双、助六、小円太、米団治、ざこば、夏雲起、塩鯛、円枝。

◇笑福亭 二十一日より枝女多、一奴、福松、升三、馬琴、福徳、福来、三馬、鶴亀、枝雁。

◇芦辺館 二十一日より安木節渡辺静枝一行。

大正1321日 名古屋新聞

<三遊亭圓子一行・名古屋七寶館>

◇七寶館 東西落語大一座にて。顔ぶれは鼓の三遊亭圓子、信濃家小半、式亭三馬、桂菊團次、支那人の萬歳等にて本日より。

大正1325日 名古屋新聞

◇七寶館の落語 大須七寶館の三遊亭圓子一座の落語は若手の人気者揃いで、小半の落語舞踊、雁子、春子の萬歳、支那人の曲芸、三馬の人情落語、圓子の落語と鼓は頗る評判よく春の夜の聴物には最も適当なもの。

大正13210日 京城日報

<三遊亭圓遊一行・朝鮮浪花館>

[広告]明治町 電話二六〇番 浪花館/二月十日午後六時より東京落語歌舞 三遊亭圓遊来る/御祝儀宝の入船(三遊亭遊造)東京落語(三遊亭遊枝)落語音曲(三遊亭若圓遊)曲芸(茶目坊)落語手踊(桂三八)落語現代物まね(三遊亭遊楽)落語手踊(雷門三升)人情噺・滑稽笑話・家元ステテコ踊・三府音曲(三遊亭圓遊)

大正13215 大阪朝日新聞・大阪毎日新聞・大阪時事新報/216 京都日新聞217 京都日出新聞

<吉本泰三死亡>

13年 013◇吉本泰三氏 吉本興業部の吉本泰三氏は心臓麻痺で急死した。葬儀は二十日午後一時四天王寺本坊で執行する。(大阪朝日)

◇吉本泰三氏 寄席の松竹と唄はれた吉本興行部の吉本泰三氏は十三日心臓麻痺で死去した、氏は落語のみでなく浪花節その他殆ど寄席の全権を収めた形で東京、横浜、名古屋辺迄手を延ばし、更にキネマ界にも乗出す計画を建てゝいた。行年三十九。二十日日午後一時四天王寺本坊で本葬を営む由。(大阪毎日)

◇吉本泰三氏 吉本興行主吉本泰三氏は十三日午後六時心臓麻痺で急死した。亨年三十九。同氏は故岡田政太郎氏が落語三友派に対して起した浪花反対派を後援したのが興行界に足を入れた最初で、其後市内に存在する主な寄席を買収して其の手に入れるは勿論、東京、横浜、名古屋其他の都会にまで直営及特約席を設け、寄席興行界に一勢力を占めて居た。最近其の仕事を令弟正之助に一任し、自分はキネマ界に乗出さうと計画しつゝあつた折柄である。葬儀は二十日午後一時から四天王寺本坊で行ふ由。(大阪時事)

◇吉本泰三氏死去 吉本興行部の吉本泰三氏は京都大阪を始め東京横浜名古屋岐阜岡山博多へ直営及特約館を設け寄席興行界に空前の大王国を建設し更にキネマ界に乗り出し大なる企画のもとに第二の飛躍に移らんとせし折柄忽然として逝く行年卅九病因は心臓麻痺で葬儀は来る廿日午後一時大阪四天王寺本坊に於て執行すると。(京都日日)

◇吉本泰三氏死去 落語三友派に対し浪華反対派を故岡田政太郎が起した時後援したのを興行界に一歩を入れた最初として市内樞要の寄席を片ツ端より買収して東京横浜名古屋岐阜岡山博多へ直営及特約席を設け逐次其範囲を拡大し落語、浪花節、安木節等殆んど其全権を収め寄席興行界に空前の大王国を建設した同氏は先般其舎弟林正之助に一切を挙げて一任し更にキネマ界に向つて第二の飛躍に移らんとした矢先に忽然として逝いた行年三十九病因は心臓麻痺葬儀は廿日午後一時四天王寺本坊に執行する。(京都日出)

◇死亡広告 

吉本泰三儀予而病気之処養生不相叶、去十三日午後六時永眠致候に付御通知に代へ此段辱知諸君に謹告仕候。追而葬儀は来二十日午後一時四天王寺本坊に於て寺式相営み申候

妻セイ 嗣子泰典 弟出来幸三郎 弟林正之助 親戚林豊次郎 総代原田政橘 友人総代木村清一郎 前田鶴吉 竹内藤吉 法学博士清瀬一郎 岡田政雄飯沼梅吉 栗岡篤。

大正13217日 神戸新聞

<千代廼座改装、七色会デビュー>

千代廼座 内部改造椅子席を設け十五日より昼夜通し七色一行で開演 安来節、八木節、軽口、奇術、曲芸、落語、珍芸、八百屋と云う仁輪加、椅子席は四十銭なり。

<編者註>七色会は、吉原興行所属の芸人集団の事で、後に染五郎、圓天坊も参加する。尚、この月より千代廼座は落語定席でなくなり、吉本の芸人も出演しなくなる。

大正13221日 京都日出新聞

 えんげい其日其日(三)

  京情緒の漂ふ新京極の寄席 色もの競演の芦辺館のぞき

◆寄席は京都が自慢していゝものゝ一つ、必ずしも全部がさうではないが、先づ新京極の富貴、芦辺館など、寄席と云へば燻(くすぼ)つたやうな陰気な、そして雑然とした長屋の一角の如く考へている地方人をいつも驚異せしめる。志賀直哉氏や長田幹彦氏や森暁紅氏など寄席好きな東京の文士連中は、あの壮麗に近い構造と娯楽気分のしつくり漂つた京の寄席情緒を忘れ難いものゝ一つとしている。その寄席の持つ贅沢さが妙にお上品振りたがる京都人の癖と嗜好に投じて、この両館初め笑福亭とも毎夜千客万来とある。

◆三館とも既に出番は替はつているが、筆者が芦辺館を覗いた時は女流競演会と銘打つて蕾、満開、姥咲きと、風情とり〴〵の花くらべ、それに紋十郎、小円馬、助六の落語を交へて、悴か無悴か「何事ぞ花見る人の長刀」を大小鎧通しまで雲かとぞ見ゆる花霞のあい間〳〵にこそ□抜きそばめける柳家小ゆき□芸名を云つただけで花顔柳腰□羞花の形容詞を連想せられさうだ。さて高座の粧ひしげ〳〵見奉つて、なる程と六点七分の胸算用、しやうかせまいかと二の足踏むに勿体なき美声の持主、円ぽちやの頬、年に似合はず愛くるしく、眼元にこぼるゝ笑ひの波を惜し気もなく聴客に浴びせて、細く透き通つた玉の声惚々と、仇なる端唄、都々逸の巧な事、一等受けているのに「声に惚た」とぞめく者もないのは客の人柄か、「顔に似合はぬ」と心で感じ入つての事か、そこまで詮索するにはチトわれ等が忙しすぎる。

◆小円馬の「船漕ぎ」、嫌味のない男ッ振りが女客に好かれるかどうかは余計な事だが、恁(こ)うした新しいものは得意らしく、甚だ軽妙だと感じて、しんみりした人情物は向くまいと、一長一短の相殺論をやつている隣席の囁き。玉清家玉子と、玉ころかしやを親に持つたやうな美しいのが丹花の唇まめ〳〵しく玉を転ばすやうな新内「夕霧伊左衛門」。文の家吉奴、妻奴の残んの色香失せやらぬところが顔よりも芸と云つた達者な舞、唄、三味。それと反対に紫紺地の派手な振袖、萌黄色の繻子の肩衣、白簪こそさゝね水の垂れるやうな結ひ立ての蝶々髷、厚化粧に口紅、芸よりは此の美しさをと竹本文俊が花も羞らふ初々しい「どんどろ大師」のさわり、梅桜桃李一時に開いて、寿し詰の聴客陶然と酔はされたるが如くフラ〳〵のところへ、例の助六、濃茶の対衣裳にテカ〳〵の坊主頭のつそり高座へ運んで「おーい八よう」と首を締められた家鴨のやうな奇声を張上げて斜(しゃ)に構へたところ、愛嬌があり過ぎて色気がなく、百花一時に梢を辞したる心地して、相顧みた聴客同志、最(も)う何時どず。

大正13222日 京都日出新聞

 えんげい其日其日(四)

  お上品な富貴 流石は京都一の名に背かぬ

◆真向きに木戸口を突き合している同じ寄席でも富貴に転じると芦辺館とは又自ら異つた気分が漂つている。この席が新築されてから最(も)う可成りの年が経つが、流石にその当時贅美を凝らして京洛の寄席心酔者を驚かした高尚振りは今も面影を伝へて京都一の名を擅にしている。「楽泰平」と木堂翁の書きなぐつた木額の題字は誰が見ても上手くないことは確(たしか)だが、網代の総張りに檜材、欄間の御殿風まで頗る手がこんでいて、どこか茶室めいた趣があるのも京の客には如何にも好まれさうな構造である。ゆつたりと落着いて、情味の豊かな人情噺でも聴く時、この寄席の持つノーブルな構造が其気分に潤ひあらしめる上に、寡(すくな)からぬエフエクトを齎している事を感じる。

◆こゝの木戸を潜る客が悉くそんな自己陶酔を感じているかどうかは知らないが、打見たところ如何にも寄席気分、落語気分の雰囲気に静かに浸らうとする聴客を大部分見受ける。勿論小屋が上等で木戸銭の廉くないところは、それがよし寄席風情であつても自然客筋がこの頃馬鹿に人気の悪い特権階級めくのは当然で、破目をはづして笑ひ転げたいところも、フフンと鼻の先だけで無理矢理我慢して、乙う取済ましたお上品振つた態度も癪といへば癪だが、そこまで神経質に一々煩はされるにも及ぶまい。兎に角こゝは中京辺の旦那階級が多く、祇甲鴨涯の仇つぽいところも噺と云へば「あて富貴やないと厭どすえ」と先づ旦ツクに寄席選擇の自由権を与へぬ(と)いふ渇仰振、聊か書く事がお太皷めいたが、とまれ気持のいゝ寄席である事に間違ひはない。

◆併し高座は出番が代つても目と鼻の芦辺館とも笑福亭とも大同小異で、富貴に染丸が居れば芦辺館にも演(で)る。笑福亭の文次郎が富貴にも顔を出すといつたやうに、大抵は二館乃至三館掛持ちの徹底した楽屋経済を発揮している。が同じ掛持でも富貴だけは落語によつてどの出番も統一している。行つた夜は席主吉本泰蔵(ママ)氏の大阪に於ける本葬の都合で一日早く楽にするといふ終演日。福松、三八、花橘、円太郎、円若、染丸などの顔触れ。紋十郎が検校禿頭光沢とでも呼びたい五郎老人の古風な地で踊るところが扇雀の所作を見ているやうだと、褒貶何れと定めるに迷ふ一美形の囁き、按ずるにその嫌味なところがといふ意味かも知れず。

◆勿論三桝家紋十郎たるもの、扇雀と比較されては光栄でもあるまいが……江戸前のきび〳〵したところは円若、円太郎の音曲あり。染丸が真をとつてみつちりと「菖蒲節句の人形買」でたんのうさせる頃には、同人の常套語を借りて云へば「大分だあさん方もお里心がおつき遊ばし」て、生欠伸噛みしめる聴客の頗る気がなさゝう、肉体美揃ひのお茶子と動かぬ掛時計が余計に眼につくといふので落ち合ひがつきさうもなし。

大正13226日 京都日出新聞

 えんげい其日其日(六)

  一番プロめく笑福亭の落語 看板にいつはり

◆新京極に於ける三館鼎立の落語席中笑福亭は富貴、芦辺に比して、その色彩が聊かプロ(編者註:プロレタリア)めいている。建物も一番お粗末である。此處は一時安来節の定席のやうな観があつて、美人連の陽気な高座で人気を呼び、さうでないまでも必ず四五の女性を交えて彩り華やかに定連を迎へていたが、二十一日から交代の出演順は花月連の落語許りで、表看板が相変らず赤い蹴出しの艷めかしい鰌掬ひであるに拘はらず、高座は全く色彩といふものから遠ざかつた殺風景極まるもので、その方が実があつても此處の華やかな光景に慣らされた御定連には頗る物足らなさゝうである。

◆一夜楽屋の連中が大分手薄になつた頃ほいから覗くと、勘定場の命令で二階に案内された。京の寄席で二階の気分を味はふのはその夜が初めてなので、勘定場のその命令に心から感謝したものだが、大分目の疲れた畳の上へ薄つぺらな座蒲団を頂戴して、一順二階を見廻すと、筆者の外にはどこか見覚えのある五条署の巡査が唯一マントの中で腕を組んでポツネンと退屈顔をしてござる。もと〳〵二階のすいているのを見てくれとの席主の肚裡(はら)だらうなどゝ、察しの悪い筆者気付かう筈は無かつたが、さて二階に上つて前の欄(てすり)に顎をもつけて見ると、どうしても桟敷や追込場の客が眼につく。追込場は流石に一杯の大入りで頗る活気がある。

◆赤い毛氈を敷き並べた両側の雛壇はもつと客を詰めてもいゝと思はれた。南に五人、北に三人、お互ひに周囲が淋しいので、味方を求めるやうに見上げる、見下す、そして眺めて周囲をうそ〳〵見廻す。甚だ以て自己を憐れみたいやうな心細くも又噴き出したいやうな滑稽な興味を感じる。併しやつぱり劇場や寄席の豊かな気分は肩々相摩す観衆の密度から生まれると思つて、最(も)う一度唯(た)つた二人切りの別待遇を受けた自分に沁々(しみじみ)感謝した。高座では恰度(ちょうど)馬琴の東京落語「武士気質」に油の乗つてる最中で、歯切れのいゝ噺しッ振りに手堅く進めてゆく。次が花月の人気者福徳・福来のかる口で、掛合噺は案外裡につんでいても、急所々々の滑稽味にきやつ〳〵と笑はす。

◆三馬は筆者には暫く振りだが、あの「塩原太助」などの人情噺で聴客を満足させた底深い妙味は一段円熟して巧いものだと思ふ。亀鶴の足芸は二斗余りも容量のある大壺を足の先で縦横無尽にあしらふところが実に冒険的で、気の弱い女客など身を竦めてハラ〳〵する。ざこばが追ひ出しを承はつて笑ひ顔を残して聴客は狭い木戸へ、俄に顔の相好を硬直に改めて何喰はぬ顔で出るまでは見届けず、此席の入口から上り口までが特別に長いのを念の為に見通つて程よい頃に引揚げた。

大正13229日 大阪朝日新聞神戸付録

千代ノ座の七色会は一日より昼夜夜通しにて所作事忠臣蔵三段目に、例の獅子をあしらい其他諸芸つくし


大正
133

大阪の寄席案内

一日より南地花月亭へ枝鶴、残月、勝太郎、蔵之助らが出演。【下図参照】

十一日より南地紅梅亭、北新地花月、新町瓢亭、松島花月へ三遊亭円右、小円右、港家小亀、桜川寿呂久が出
 演。

十六日正午より南地紅梅亭にて三遊亭円右独演会。

二十一日より紅梅亭にて東西落語競演会を開催。出演者は円枝、残月、枝太郎、燕枝、春団治、円馬、余興小
 亀

二十一日より南地花月亭へ小文枝、円若、勝太郎、橘の助、ざこば、蔵之助等が出演。

二十一日より松島花月へ米団治、扇遊、文治郎、吉奴、妻奴、直造、残月等が出演。

 京都の寄席案内

◇富貴  

一日より春団治、燕枝、直造、円枝、かしく、橘之助、菊団治、桃太郎外数名。

十一日より円馬、扇枝、扇遊、小文枝、残月、桃太郎、星花、茶好、半玉、柳丈外数名。

十六日正午より三遊亭円馬独演会(三人旅、なぎや、文七元結上下)。

二十一日より円太郎、紋十郎、五郎、亀の子・亀治郎、遊三、染丸、おもちや、文雀、清子、喬之助、福
  松、小枝鶴。

◇笑福亭 

一日より枝太郎、三馬、春玉、雁玉、曹漢忠、文治郎、しん蔵、円窓、源朝、枝女太、一奴外数名。

 十一日より蔵之助、三八、天地、景山、小円馬、福松、円笑、白魚、小春団治、枝女太、一奴、切余興白虎
  隊数十名出演。

 二十一日よりすゞめ、枝雁、正楽、福松、円坊、三八、金の助、四郎坊、三馬、夏少春、花橘。

◇芦辺館 

一日より安来節花形山崎汲子萬歳界名物男荒川鶴春合同一座。七日より四日間三遊亭円右外数名が出演。

 十一日より東京講談界の元老神田伯竜出演演題野狐三次、新吉原百人斬、武芸流祖録。

 二十一日より女流演芸会。

大正1331日より

◇南地花月亭出番順

13年 012

〈編者註〉『藝能懇話』十八号(平成19年)より転載。

大正1331日 名古屋新聞

<桂三木助一行・名古屋七寶館>

◇七寶館 本日より桂三木助一行の落語

大正1332日 名古屋新聞

◇七寶館 桂三木助の巧みな舞踊と軽妙な滑稽は、相変らず前受よく、天地聖行、景山重隆の剣舞も他と趣きを異にした処で喝采を博し、その他の一座も皆面白く大評判。本紙切抜持参の方は大割引。

<編者註>七寶館の割引券は、一等七十銭の処五十銭、二等五十銭の処三十銭。

大正13316日 大阪朝日新聞

◇慰安演芸会 本社の印刷、営業両従業員の家族慰安会を昨十五日午後五時より本社楼上大広間に開いた。神田伯竜の講談、蔵之助の落語、喬之助の清元、鹿島旭渚の筑前琵琶、金春號の手品、竹本錣太夫の浄瑠璃(白石噺)等あり、終りに活動写真を映写した、十六十七日両夜も引続き開催、浄瑠璃だけ豊竹つばめ太夫、竹本越名太夫(壷阪かけ合)竹本米太夫(帯屋の段)が代り、その他は同じ顔ぶれである。

大正13325日 名古屋新聞

<柳家小さん一行・名古屋七寶館>

[広告]柳家小さん一行/七寶館

大正13330日 名古屋新聞

<古今亭今輔一行・名古屋因倶楽部>

◇因倶楽部 落語一日より古今亭今輔一行で、軽妙に滑稽を聴かすと。

大正13331日 京城日報

<八代目桂文治一行・朝鮮浪花館>

[広告]お待兼の翁家さん馬改め桂文治 愈々四月一日より/浪花館

◇桂文治の落語 震災後東京に生れた東京落語協会の翁家さん馬改め桂文治一行十数名は、今度満鉄の後援で大通を振り出しに、満州初めて興行を続けて三十日入城し、一日を初日に、明治町浪花館で花々しく興行するが、文治は東京の落後界でも第一人者として知られた者で、その他一行は何れも斯界に名を知られた達者揃いである。

上方落語史料集成 大正13年(1924)4月~6月

大正134

 大阪の寄席案内

五日、六日の両日、南地花月、紅梅亭にて三代目桂文団治引退披露会を開催。春団治、染丸、蔵之助、小さ
 ん、円若、円馬、円子、三木助、松鶴等応援出演。

二十七日正午より新町瓢亭にて第四回神田伯龍独演会を開催。読物は「続河内山宗俊」「孝行鉄」菊地寛氏原
 作「恩讐の彼方へ」

 京都の寄席案内

◇富貴  

一日より燕枝、円子、李有来、李徳仙、三木助、枝鶴、吉奴、妻奴、三馬、小半、ざこば、源朝、桃太郎。

十一日より枝太郎、小円太、枝雀、蔵之助、おもちや、小はん、一声、一馬、升三、円笑。

 二十一日より春団治、円馬、塩鯛、夏少春、ウグイス・チヤツプリン、三馬、三八、南天、枝女太外数名。

二十七日正午より円馬独演会(妾馬、かんしやく、堪忍袋、桜風呂)。

◇笑福亭 

一日より一郎、米団治、福徳、福来、小南光、玉子、福団治、小春団治、円笑、枝雁、喜劇熊野鳥。

 十一日より円子、文治郎、夏雲起、馬琴、三八、福松、白魚、助六、升三。

 二十一日より残月、扇枝、亀鶴、花団治、文英、文俊、桃太郎、小高連、円笑、かしく。

◇芦辺館 

一日より南天、小春団治、一郎、福徳、福来、福東、玉子。

 十一日より安来節万歳山崎政子合同一座に。

 二十一日より神田伯龍独演会。

◇西陣富貴 

一日より小太郎、小半、枝鶴、一郎、小南光、米団治、李有来、円枝、燕枝、小春団治、源朝、福団治、玉
  子、ざこば、福徳、福左、三馬。

 十一日より小太郎、白魚、馬琴、三八、夏雲起、文治郎、おもちや、蔵の助、枝雀、小円太、枝太郎、升
  三、小はん、一声、一馬、助六。

 二十一日より(不詳)。

大正1341日 京城日報

<八代目桂文治一行・朝鮮浪花館>

[広告]當る四月一日より東京落語翁家さん馬改め桂文治一行/東京笑話(桂市助)落語道灌(桂治□)ポンチ(桂□珠子)落語手踊(桂文太郎)落語百面相(桂市兵衛)奇術曲芸(ピリケン)講談(神田伯英)東京現代落語(桂文七)浮世節手踊(立花家□若)東京芝居噺滑稽落語(桂文治)

大正1342日 大阪朝日新聞

<三代目桂文団治引退>

○定九郎が祟つて高座から退く 桂文団治

 可哀相に桂文団治は喉頭癌ができてもう高座へは上れなくなつた。扇子一本と舌三寸で暮らしていた身だけに声が出なくなつたのは一しほ哀れが深い。生れ付ての道楽者、好きな道から二十四の時立川三玉斎の門に入り、後年桂文治に師事したが三十一歳で真打となつた。師匠の文治や曽呂利新左衛門、笑福亭福松などゝ三友派を組織したのが三十年も前のこと。

△本名を前田七三郎といひ、本年六十八歳だから四十数年の久しい舞台を捨てる訳だ。妻女おちせとの間に丁度一ダースの子供がある。時時「オイ行けへんか」とわが子を色里へ連れだしたものだ。

△十八番物は蜆売、鴻池の犬、紙屑撰り、鹿政談などで、何方かというと人情味のかゝつた東京人に好かれる話ふりだつた。松鶴や染丸のやうな「見ていても十分や二十分間は飽きの来ぬ顔」とは異つて、小芋のやうな顔の下に福々しい顔がいつもにこ〳〵していた。

△昨秋の十月興行を最後とし、その上せねばよいのに年末芦辺劇場の落語家芝居に定九郎をやつたのが原因で、ます〳〵病勢が昂まり、昨今ではヒーヒー呼吸の音が聞えるのみである。後家殺しで有名な春団治を始め米団治、花橘、塩鯛、梅団治などは皆その弟子である。

大正1348日 名古屋新聞
<江戸家猫八独演会・名古屋御園座>

◇[広告]今晩開演 猫八独演會/落語手踊(林家染團治)清元(立花家寿々女)舞踊(橘圓雀)萬歳(吉田寿嬢・池田歳男) 第一席(落語饂飩屋)第二席(音曲と懸賞問答)第三席(百種物真似)以上三席猫八口演/御園座

猫八[広告]


大正1349日 名古屋新聞

◇御園座猫八独演会 他に類のない名物芸人猫八の告別独演会は八日より開場した。全市の評判となり居る事とて座席の申込多く、花柳界の人気は大変なものであった。二日目の九日は演芸をとり替え、猫八は「落語物真似」「即席問答」「百種物まね」の外特に世間に定評ある長唄「勧進帳」に口笛の能管を入れて賑やかに演じ、立上つて猫八独演新派劇「ホトトギス」山科汽車の別れを汽車の物まね入りで大脱線の滑稽味を発揮するとの事。

大正1349日  

<三代目桂文団治死亡>

三代目文団治 001●三代目桂文団治 本名前田七三郎。411日付「大阪毎日新聞」「大阪朝日新聞」「大阪時事新報」が文団治の死亡を報じている。その後に出た関連記事と併せて掲載しておく。

◇落語家文団治 九日夜八時半、三代目桂文団治が死亡した。無論これは死んだ文吾などのやうな名人とはいへなかつたが、古い大阪落語を正しく継承している意味の楽屋名人として定評のあつた人である。行年六十九。病気は喉頭癌で、さる六日に紅梅亭でその引退披露をすましたばかりであつた。

 略歴は二十二の年立川三玉斎の門に入り三吉と名のり、後初代文団治の門に入り米朝、米団治を経て四十二年に三代目文団治となつた。最後の高座は昨年五月の南地花月の「泣塩」であつた。尚同人は総身に刺青をしているので有名であつた。(大阪毎日)

◇桂文団治 喉頭癌を患つていた浪花落語界の耆宿三代目桂文団治こと前田七三郎は昨夜八時三十五分大阪市南区畳屋町で逝つた。

 同人については過日(編者註:四月二日)披露したが、南区御池橋東詰に生れた生粋の大阪ツ兒、生れついての落語好き、七八歳の頃には近所の大宝湯といふ風呂屋へ出かけ番台に坐り込んで扇子をパチ〳〵

語りだすので大評判になつたものだ。二十四歳で先代の桂文団治(後の桂文治)に弟子入りしてから亨年六十八歳まで四十幾年の永い舞台生活だつた。去る五日は南地花月で、翌日は紅梅亭で華々しく引退興行をなし、染丸と残月が口上を述べたが、その席上今昔の感にたへかねた彼は思はず泣き崩れて聴衆の涙を誘つた。

九日も例の通り朝風呂に入り午後八時頃に夕食をたべたが、それから三時間ほどして眠るが如く息を引取つた。十一日朝十一時阿倍野で密葬を行ひ上京中の吉本興行部の林氏が帰阪の上本葬を執行すると。(大阪朝日)

◇桂文団治逝く 大阪落語界の古老桂文団治は九日夜に死んだ。同人は本年六十八歳。昨秋頃から咽頭癌の為に高座を退いてブラ〳〵して居た。九日は午前中には入浴に行くなど病勢に平素と変つた所も見えなかつたが、午後になつて急変したのださうだ。

同人はかねて死期の遠くないのを知つて、同人の芸人生活史上では思ひ出の多い南地紅梅亭と北陽花月倶楽部(もとの永楽館)とで先日昼席に引退披露演芸会を催し、その際には現今浪花落語界の流行児は殆んど顔を揃へて居た。これでも了解出来るやうに、文団治の斯界に於ける勢力はかなりに強かつたが、それも一つは若年から同人が持続した如何にも芸人らしいその派手な気性の賜である。噺振りは余り上手な方ではないが、下手なりに固つた内に同人一流の皮肉味が在つて一寸捨てられぬ所があり、又如何にも大阪落語らしい面影も深いものであつた。

医師からは早くから今日ある事を予告されて居たが、病勢を亢進させたのは昨年末千日前芦辺倶楽部で催した落語家芝居に我から進むで出演し、定九郎を勤め、師走の寒空に薄衣で長時間舞台に倒れて居た結果である。同人の本名は前田七三郎。葬儀は十一日午前十一時阿倍野斎場にて仏式にて行ふ由。(大阪時事)

大正13417日 都新聞

桂文団治死亡 大阪の桂文団治が死亡した。去年の冬から喉頭癌にかゝつていたので、やがて高座へは出られなくなる運命に捉へられていた。吉本興行部の吉本泰三さんは春団治、染丸に旨をふくませて引退をすゝめさせた。處がその吉本の方が先に死んでしまつたのでその儘となつていた。病気が喉頭癌だとはすこしも知らぬ文団治は相変らず高座をつとめていたが、吉本興行部の当主林正之助さんが主治医から文団治の余命は十数日だと聞くと、急に文団治引退披露を今月五、六の二日間、大阪南地の花月、紅梅亭の二ヶ所で花々しくやつてやつた。一門が揃ひの裃で高座へ並び、染丸の介添、残月の口上といふ役割、その時最う文団治は口がきけなくなつていた。東京方は小さん、橘之助、燕枝が出演して花を添へてやつた。亡くなつたのは十一日夜で、年は六十八歳。(都)

大正13419日 大阪毎日新聞

◇[死亡広告]桂文団治儀本葬式、来二十二日正十二時南地法善寺ニ於テ相営可申候間、此段謹告仕候也

桂文団治 遺族 門弟一同 花月三友合同吉本興行部 大正十三年四月十九日

大正13422日 大阪毎日新聞

◇三代目桂文団治 本葬は二十二日正十二時南地法善寺に於て花月葬を行ひ、併て境内にある落語塚の供養もなす由。


大正
135

大阪の寄席案内

一日より紅梅亭へ桜川長寿、立花家橘之助、木村歌蝶・芝鶴が出演。【下図参照】

十一日より各席へ柳家左楽が出演。桜川長寿、立花家橘之助は引続き出演。

十七日北新地花月倶楽部、十八日南地花月亭にて正午より信濃家小半改め立花家千橘襲名披露会を開催。口上は橘之助、三木助、円馬、花橘が勤める。

二十五日正午より新町瓢亭にて神田伯龍独演会を開催。演目は「河内山」の内大口寮、「清水次郎長」の内大瀬半五郎、谷崎潤一郎作「お国と五平」

 京都の寄席案内

◇富貴 

 一日より染丸、小柳三、遊三、花橘、馬琴、おもちや、うさぎ、源朝外数名。

 十一日より三木助、円若、円枝、円太郎、扇遊、夏雲起、小春団治、福松。

 十一日(日曜)正午より円枝、三馬二人会。

二十一日より燕枝、歌蝶、芝鶴、枝鶴、蔵之助、橘の助、残月、紋十郎、五郎、伊達子、新六、李有来。

◇笑福亭 

一日より李有来、李徳仙、文治郎、芳丸、金時、小文枝、枝太郎、一郎、円坊、花菱家。

 十一日よりざこば、金の助、四郎坊、円都、景山、天地、三馬、しん蔵、助六、白魚、円笑。

 二十一日より福徳・福来、助六、米団治、すゞめ、三馬、福松、玉子、文雀、枝雁。

◇芦辺館 

一日より福徳・福来、三馬、桃太郎、小円馬、三八、円笑、助六外数名。

 十一日より神田ろ山独演会。

 二十一日より安来節諸芸大会。

◇西陣富貴

 二十一日より東京落語三馬、助六、燕枝等一行。

大正1351日より

◇南地紅梅亭出番替りチラシ

13年 001

当ル五月一日ヨリ毎夕六時開演 出番替り 南地法善寺紅梅亭 原田直営 電話南五七一番

喜劇と仁輪加界の人気者 木村歌蝶・木村芝鶴/東京新ばし幇間・震災後始めての御目通り・相変らずの御ひゐきを 桜川長寿/浮世節女流の家元 おなじみ立花家橘之助

出番順:御祝儀落語円治、落語小春団治、落語染雀、東京音曲噺円太郎、落語ざこば、曲芸直造、落語二調円子、うきよ節橘之助、落語円枝、落語舞紋十郎・五郎、東京人情噺円馬、滑稽歌蝶・芝鶴、落語浪花節蔵之助、落語枝雀、声色漫芸長寿、落語舞三木助

〈編者註〉「富士正晴記念館所蔵 寄席番組類目録」(富士正晴記念館・平成12年)より転載。

大正1353日 京城日報

<笑福亭福圓一行・朝鮮浪花館>

[広告]明治町 電話二六〇番 浪花館/當る五月二日より特別興行/今春御厚情に預りしお馴染の京阪落語笑福亭福圓一行/並に特別余興として歌舞伎□□ 五段返し 入場料大勉強 特等の外他五十銭均一

大正13510日 神戸新聞

千代之座 當地初めての秋田音頭を上演する外推量節踊滑稽堀川猿廻しその他で十一日から開演

大正13513日 名古屋新聞

◇七寶館 大須七寶館は十一日より東京落語談洲楼燕枝一行で開演。あくの抜けた滑稽は近頃にない好聴物として大人気である。本紙切抜持参の方は入場料大割引。

大正13515日 名古屋新聞
<江戸家猫八独演会・名古屋末広座>

[広告]昨日御園座の告別興行以来惜しまれて三度名古屋に入る古今東西に唯一人の大天才 江戸の名物男猫八/明日開演向四日間 末広座

◇末広座の猫八一行 猫八は最初御園座丈け出演の予定であつたが、劇場の都合で一週間の興行が打てず、その日残りを因倶楽部で開けたが、これは又入れものが小さく、直ぐ満員となり、折角のお客に無駄足を踏ませる勢いを見て、八方から開演の交渉はあつたが、そうそう同じ名古屋で開演は面白くないも、之れ限り廃業する事とて折角の贔屓にそむくは遺憾と、十五日からは末広座で開演す。初日の番組は、落語(染太郎)清元(寿々女)文化奇術(阿達正一)舞踊(圓雀)新作落語物まね(猫八)萬歳(寿嬢、歳男)懸賞問答・音曲(猫八)落語舞踊(染團治)百種物まね(猫八)その他染團治と圓雀の掛合手踊、問答の懸賞は白米三俵の外□の夜の秀逸に出す五円の賞金も五人まで殖すと、入場料は九十五銭、七十五銭、五十銭。

大正13523日 名古屋新聞

◇[広告]落語界の巨匠 舞踊界の名手 橘ノ圓/二十五日より毎夕五時/末広座

大正13525日 名古屋新聞

◇末広座 橘の圓一行の落語は廿五日より開演。入場料五十銭均一で初晩の番組左の如し。

落語(圓升)落語(圓勝)音曲(圓徳)珍芸(圓太)なぞなぞ(社中)文人踊(圓三)講談(小金井芦洲)珍芸(圓光)落語舞(かほる)少年落語(博圓)落語振り事(圓)大切所作事

大正13529日 神戸新聞

千代之座 三十一日より御大典奉祝踊と季節柄の蛍踊り越後獅子、仁輪加、文化住吉踊り、雲雀の滑稽ダンス、足利音頭、八木節、小原節、安来節、鰌すくい等目新しく開演

大正13531日 名古屋新聞

◇七寶館の落語 大須七寶館(しっぽうかん)は六月一日より特別大興行として東京落語新進花形二代目三遊亭遊三一行で開場。一座は腕達者揃いの当地初お目見得の桂塩六、桂圓都、桂塩鯛、高級萬歳、芳丸、金時、新内女道楽小高連に御馴染の人気者扇遊及び三遊亭小圓馬が加わつた大一座、本紙切抜持参者は木戸割引。


大正136

大阪の寄席案内

四日より七日まで南地花月、八日より十日まで北新地花月倶楽部にて神田伯山独演会を開催。

 京都の寄席案内

◇富貴 

一日より花月三友合同会幹部十分会。小はん、三八、清子・喬之助、三馬、枝雀、星花、小文枝、一声・一馬、扇枝、亀の子・亀次郎、円子外数名。

 十一日より幹部長講会。三馬、文治郎、三木助、円枝、遊三、春団治。

 二十一日より染丸、小円太、花橘、一馬、円太郎、塩鯛、桃太郎、李有林。

◇笑福亭 

一日より枝女太、夏少春一行、桃太郎、升三、玉輔、雁玉、小南光、円坊、小文枝。

十一日より南天、円笑、枝雀、金之助、四郎坊、助六、直造、勝太郎、九里丸。

 二十一日よりざこば、小円馬、雪枝、小雪、福団治、枝太郎、福徳、福来、助天、源朝、三八

◇芦辺館

 一日より京都講談界の名人坂本富岳独演会。

 十一日より安来節諸芸大会。

◇西陣富貴 

一日より落語演芸十分会。小南光、亀の子・亀治郎、円坊、清子、喬之助、小はん、桃太郎、夏少春、枝雀。

大正1361日 名古屋新聞

◇七寶館 三遊亭遊三一行の落語は愈々今晩より、一座は腕達者者揃い。初晩の番組、左の如し。

小倉船(鯛六)子誉め(染八)新内女道楽(小高連)山崎や(圓都)七段目手踊(小圓馬)高級萬歳(芳丸、金時)お玉牛(塩鯛)尺八手踊(扇遊)成田小僧(遊三)

◇末広座 本日午後六時より諸芸名流大会を開き、落語、講談、琵琶、尺八、ハーモニカ、奇術等で、春雨家雷蔵、三遊亭金朝、加藤渓水、田諸南鱗、松旭斎登喜夫、前田聖水、江戸屋光駒等が出演す。入場料は三十五銭均一。

大正1364日 大阪毎日新聞

<神田伯山独演会>

◇神田伯山独演会 数年振りにて催す同会は清水次郎長の続読をなす由。其開催順序は四日より七日迄四日間南地花月亭、八日より十日迄三日間北新地花月倶楽部、毎夜六時開演にて、因に吉本興行部は此独演会愛好者の為め特に優待座席券指定権付の回数券を発行すると。申込は笠屋町吉本興行部へ。

大正1365日 香川新報

◇大和座 六日初日を出す東京落語三遊組合総理三遊亭圓満一行演芸種目は、

入込御祝儀(圓童)滑稽試合(社中)手踊珍芸(志ん丸)落語手踊(小橋)落語音曲(文喬)落語ステテコ踊(飛鶴)東京落語舞(圓弥)浪花落語(しん鏡)尺八合奏(秀子格月)東京時事人情劇(圓満)

大正1367 大阪毎日新聞

◇伯山独演会 南地花月に開催の同会は愈々今明の両夜限りにて、殊に今晩は昨夜の続講で決死の一団が荒神山で大奮闘の無慮三時間以上に渉るもの。

大正1367日 神戸新聞

千代之座 八日より巴家寅子一行新加入、江戸生粋の滑稽を演ずる外、勢獅子、木遣音頭等

大正13610 大阪毎日新聞

○伯山の長講 斯界の人気者神田伯山は地震災話以来の大阪入りで、南地花月に得意の「清水の次郎長」をやり、三日間で九時間の大講釈、サビのある音声、音吐朗々といふ訳ではない、又流水の如き達弁能弁といふではないが、落ち目になつた長吉が助けを各地の親分に求めるが、中でも吉五郎を訪ねる条は人物の躍如たる処を聴かした如く、出る人物〳〵の個性を巧みに話分けた。尚伯山は八日から三日間北陽花月倶楽部で同じく毎夜長講三時間出演、演題は「清水次郎長」の内「大瀬半五郎」である

大正13619 中外日報

<名人柳家小さんと三遊亭円右を論ず>

○ある芸術境(下)藤秀璻 

芸術の気品とか香味とか言へば柳家小さんの洗練された話を聞きたいといふことも、私の東京に出て来た期待の一つであつた。私はこの二月頃、地方を巡業して行つた小さんの一行と円右の一行とを久しぶりで聞くことが出来た。それはほんとうに久しぶりだつた。円右はそれでも五六年前に一度名人会の一行とともに私の地方を通つて行つたのであまり変つていなかつたが、小さんの老人になつているのには驚いた。小さんの芸は円熟とか枯淡とかいふやうな境地を超へてたしかに一種の神境に入つている。だが、小さんの芸術を大きな劇場などで聞くのは間違ひだ。それに年をとつた小さんその人にとつても気の毒だ、さうその時考へずには居られなかつた。どうしても小ぢんまりした寄席で、出来るならばバラツクでもいゝから東京のどこかの寄席で一度小さんを聞きたいと私は考へていた。私は本郷の旅館の一隅にころがりながら、色々の新聞をとりよせて、演芸欄を丹念にさがしたが、到頭小さんの所在が分らなかつた。東京にいるのか地方に行つているのか、それさへさつぱり分らなかつた。私は結局小さんをあきらめねばならなかつた。さうしてその夜神田の蓮雀町の白梅亭へ出かけて行つた。白梅には枝太郎といふ人がかゝつていた。私は何だか淋しくもの足りなかつた。白梅にはその夜左楽とか川柳とかいふ人々の名も見えていたが、何れはちよつとすけに来て二十分ばかりも喋つて何処かへ回つて行つた後らしい様子だつた。私は子供だましのやうな曲芸や手品や、声や節廻しはいゝがさつぱり垢ぬけのしないやすぎ節などを聞かされて満足して帰らねばならなかつた。小さんや円右などの二三人を除いたあとの落語の世界を考へてもどうも私には何の興味をも引かれさうにも思はれない。円右などはよく今の若い話し家は勉強が足りないといふやうなことを言つていた。だが勉強ばかりで小さんや円右が生まれやうとは思はれない。勉強、血のしたゝるやうな永い修業、それに一番大切なことは何といつてもその人の天禀だ。円右は近い中に二代目の円朝を襲名するさうである。彼れのあとにはひよつとしたら三代目の円朝が生れ出るかも知れない。だが、小さんのあとにはもう一人小さんが出やうとは思はれない。──私はその夜帰りの電車に乗つて釣革にぶらさがりながら、さういふことを考へていた。小さんの年とつた姿が痛ましく私の頭に思ひ浮かべられていた。(一九二四、五月)

大正13626日 名古屋新聞
<江戸家猫八独演会・名古屋京枡座

◇猫八京枡座 不思議の人気を得た例の猫八。五十日振りに名古屋へ呼戻され、廿四、五日の両夜大黒座で相変らず盛況をとったが、廿六日から三日間京枡座に転じ、廿九、三十日の両夜は熱田蓮座を以て愈々名古屋の最終をなすと。初晩の番組は左の如し。

落語(染太郎)琵琶常陸丸(小林筑峰)奇術(阿達荘一)新作落語物真似(猫八)萬歳(寿嬢、歳男)即席問答(猫八)落語舞踊(染團治)物真似(猫八)

上方落語史料集成 大正13年(1924)7月~9月

大正137

 大阪の寄席案内

二十六、七日午後六時より堀江賑江亭にて神田伯龍独演会を開催。演題は二十六日「闇の丑松」「小夜双紙」菊池寛作「義民甚兵衛」、二十七日「業平小僧金五郎」「小夜衣草紙」「日蓮と西郷」

 京都の寄席案内

◇富貴   一日より枝雀、小柳三、残月、三八、扇遊、円馬、円若。

◇笑福亭 一日よりチヤツプリン・ウグイス、小南光、花菱家、三馬、桃太郎、助六、枝雁。

◇芦辺館 一日より安来節と諸芸大会。

大正1371日 神戸新聞

千代之座 一日より大島節踊を初め巴滑稽小原節、安来節など全部納涼的ななものと差替え

大正1371日 名古屋新聞

◇七寶館の橘之助 特別興行として東京落語界の大看板三府浮世節の家元立花家橘之助に新進の真打桂文治郎、金原亭馬きん、桂圓笑、舌切亭すずめ、桂團治、笑福亭光鶴、桂鯛六、芦の家亀鶴、娘義太夫文英、文俊の大連にて今夜より開場。時節柄木戸銭も値上げせず大車輪にて演出す。

大正13718日 名古屋新聞

◇因倶楽部 十八日午後六時より中京演芸新聞一周年記念演芸大会にて、浄るり、筑前琵琶、落語、音曲、手踊等。

大正13721日 名古屋新聞

◇七寶館の怪談落語 本日より臨時納涼興行として当地の人気者三遊亭圓子一座にて。一座は若手揃い大陽気の座組にて、笑福亭福松、柳家小はん、橘家圓坊、高級萬歳雁玉、玉助、三遊亭圓松、桂文六等にて、大切り落語怪談にて一種変つた処を見せ大車輪にて演ず。本紙切抜持参の方は木戸大割引。

大正13726日 神戸新聞

二十七日日曜日の余興 ◎天神濱 安来節、手踊、落語つづみ會一行 ◎東明  落語、手踊、曲芸桂文三郎、桂常山合同一座、喜劇桂勇會一行

<編者註>桂常山は、素人落語家で神戸新聞の社員

大正13730日 神戸新聞

千代之座 一日より納涼興行として安来節新舞踊、極内ダンス、義太夫のほか余興芸づくし、新潟名物オケサ樽たたき踊、落語、連鎖仁輪加子ほめ、蛸芝居など盛り沢山。

大正13730日 名古屋新聞

◇近松屋門左衛門来る 東京三遊派の幹部近松屋門左衛門は、若手数名の美人達を引連れて、八月一日より末広座に御目見得し、舞踊に所作事に色とりどりの面白味を見せ、それに七色名流美人花競べという奇抜な余興を見すと。入場料は四十銭均一。


大正138

大阪の寄席案内

<納涼興行(八月十一日より)>

南地花月 殉職美談伊藤巡査(一馬・千橘・蔵之助・塩鯛)、滑稽怪談片袖(春団治・花橘)

紅梅亭 拝外風刺ハゲツルーリ(芝鶴・円若・馬鹿八・小さん)、四谷怪談(円子・円坊・文雀)

松島花月 殉職美談捕縄の誉。

花月倶楽部 怪談尼寺(染丸・円枝外数名)

 新町瓢亭:拝外風刺ハゲツルーリ。

 京都の寄席案内

◇富貴  

一日より璃若、枝女太、右之助、三八、文英、小はん、小円太、文次郎、円子、夏小春、枝雀、三木助。

 十一日より直造、勝太郎、久里丸、落語大相撲、円太郎、大切落語怪談。

 二十一日より遊三、一郎、紋十郎、五郎、残月、福徳、福来、ざこば、馬琴、源朝、助六。

◇笑福亭 

一日より枝女太、三次、円笑、桃太郎、文次郎、しん蔵、正楽、小はん、漕漢忠、円坊、助六、夏小春、米
  団治。

 十一日より枝鶴、小文枝、小円馬、升三、福松、三八。

 二十一日より清子・喬の助、星花、雪枝、小雪、文英、文俊、桃太郎、玉子、福松、花菱家。

◇芦辺館 

一日より(不詳)。/十一日より安来節合同大一座。/二十一日より諸芸大会

大正13816日 神戸新聞

[広告]藪入りと両浴場余興天神濱 十六日(昼)軽口萬歳手踊落語橘家橘三郎一行(夜)曲芸俄萬歳手踊扇友會一行


大正
139

大阪の寄席案内

一日より紅梅亭、松島花月、新町瓢亭、北新地花月倶楽部へ桂文楽、神田伯龍が出演。【下図参照】

一日より南地花月は幹部総出の大会

一日より京三倶楽部は大切に累物語(枝鶴、千橘、円若主演)。

一日より上本町富貴は大切に怪談戸田川(円子ほか)。

一日より中本倶楽部は若手競演会を開催。余興はおこん殺し。

一日より新町瓢亭は大切に二つ結び(芝鶴、馬鹿八、小柳三主演)。

十四日正午より新町瓢亭にて伯龍会を開催。演題は「逸見貞蔵」「蜆売り」「天一坊と伊賀之介」

二十一日正午より南地花月亭にて文楽、伯龍二人会。

二十三日正午より南地花月亭にて伯龍会を開催。

 京都の寄席案内

◇富貴  

一日より夏雲起、春団治、円馬、一馬、円枝、円太郎、枝太郎、大切余興怪談落語芝居片袖。

 十一日より染丸、小柳三、三木助、塩鯛、橘の助、米団治。

 二十一日より蔵の助、久里丸、文治郎、円子、正光、枝雀、桃太郎、一馬。

◇笑福亭 

一日より助六、玉輔・雁玉、花橘、桃太郎、円笑、三八、金之助・四郎坊、福松。

 十一日より芳丸・金時、小はん、玉子、福松、小南光、夏少春、文雀。

 二十一日より扇枝、小円太、三八、三馬、文英、文俊、李有来、李□□。

◇芦辺館 

一日より万歳大会/十一日より諸芸大会/二十一日より神田伯竜独演会。

大正1391日より

◇南地紅梅亭出演順チラシ

13年 002

記念すべき大震災の一周年 当九月一日より連夜 静止黙想 

恐ろしき大震災の一周年に当り東京落語睦会及東京講談組合より救援謝恩のため来阪出演 

桂文楽 神田伯龍 久方振りに再度の御目見得 立花家橘之助

出演順:落語新昇、落語染雀、落語と即席噺扇枝、足芸亀鶴、落語二調円子、尺八曲奏扇遊、落語枝雀、東京落語文楽、うきよぶし橘之助、講談伯龍、落語文治郎、曲芸一郎、落語舞勝太郎、落語ざこば

〈編者註〉「富士正晴記念館所蔵 寄席番組類目録」(富士正晴記念館・平成12年)より転載。

大正13911日 京都日出新聞

◇演芸戸籍しらべ 高座から舞台へ仕上げた鶴蔵…今日松竹の重宝俳優として人気のある中村鶴蔵が落語家の伜で甞て高座に替はり合まして一席お若輩のお噂を…とおしやべりをして居たことまでは当人も口を噤んで云はぬから一向世間に知られて居まい。鶴蔵の父は四代目桂才賀の弟子で楽賀と云つた落語家であつた。其関係で鶴蔵も五歳の時から桂小栄と名乗つて高座に上り、廻らぬ舌のおちやつぴいを売物にしていた・…鶴蔵の父栄賀の兄桐ケ谷長次郎は…二代目林家正蔵の弟子となり林蝶と名乗つたが…此男は今日九十歳になんなんとする高齢ながら矍鑠として本所業平の活動写真館の囃子方を勤めて居る…。

大正13911日 名古屋新聞

◇七寶館の落語 本日より落語界の達弁者桂ざこば、当地出身斯界の花形橘家蔵之助一行にて開演。本紙切抜き持参の方は七十銭の処五十銭、二等五十銭の処三十銭に大割引。初晩の番組左の如し。

小倉船(鯛六)稽古屋(染八)曲芸(亀鶴)船弁慶(小枝鶴)掛合落語(福来、福徳)可穴(圓坊)宿がえ(ざこば)曲芸(支那人)百川(蔵之助)大切総出

大正13914日 名古屋新聞

◇七寶館の落語 桂ざこばは大阪落語家中でも知られた達弁、英語をまぜたマクラや早口に喋舌りまくる処は笑わずにいられない。橘家蔵之助は例の皮肉を加えた滑稽、ざこばとはその行き方を異にして亦腹を抱さすが、得意の滑稽浪花節をやらぬは物足りない。その他に花團治が高座馴れした腕で大阪情緒をよく味あわせ尚亀鶴の足芸、支那人の茶碗廻しの曲芸の鮮やかさなど、秋の一夜を楽しく過ごすにはお誂へ向きである。

大正139161819日 大阪毎日新聞/91823日 大阪朝日新聞

<江戸家猫八独演会・新世界国技館>

◇猫八来る 鳥獣虫の啼声や新作落語即席問答に江戸芸界の名物男となつている江戸家猫八は、来る十八日から五日間国技館で其の独演会をやると。(大阪毎日916

13年 008

◇猫八の引退 名物芸人の江戸家猫八が珍らしくも来阪して十八日から五日間、新世界の国技館で得意の鳥獣虫の啼分けや新作落語及芸道奨励の懸賞付即席問答等を演ずる事となり、同人一行は東海道線が不通となつたため乗込みが予定より一日遅れ、十八日正午大阪駅着で来阪する事になつた。尚猫八は今回の来阪巡業を以つて引退する筈であると。(大阪毎日918

〈編者註〉以下は同日同紙に載った猫八独演会の広告。

13年 009

◇大評判の猫八 国技館で告別興行

 江戸の名物芸人として知られた江戸家猫八が十八日から五日間新世界の国技館で引退告別の興行をやると云ふので評判が高い。この猫八には面白い奇抜な、又後世に輝くやうな話が沢山ある。

 世界の珍鳥 英太子の御賞讃 

 嘗て英国の皇太子殿下が我が摂政宮殿下と御同列で猫八の鳥声や虫の音を御聴になり、其妙技に感じられ、畏れ多くも猫八の側近くへ来られて『汝は世界の珍鳥』であると仰せられた。その時猫八は余りの嬉しさに何と御礼申上げてよいか言葉が出なかつたと云ふ事である。斯様に鳥獣虫の啼分けが上手で、しかもそれ等の喜怒哀楽の声を巧みに現はすので、東京帝国大学医科大学の博士連が何處か猫八の体質に変つた所があるのではないかと、死んだ後に解剖させて呉と頼んだ。猫八は死んだら痛くないでせうからと既に死体の取引を契約した。

 天下御免の悪たれ口と皮肉

 愛嬌と笑に富んだ猫八の悪たれ口は正に天下御免である。江戸弁の小気味よい錆声でお客様へ随分無礼な事を言ふ。三階辺から槍を入れると益々油が乗つて縦横無尽に天下御免の悪たれ口を吐く。痛烈骨を刺すやうに皮肉も混つて思はず感心すると共に無暗と面白くなる。又猫八は鳥や虫や獣の声を真似る許りではなく、よく人の音声を似せて聴衆を感心させる。人が人の声をまねるのは当り前のやうに思ふかも知れぬが、之が仲々むつかしい。猫八のは真似るのでなく其人になつてしまふので、小さんの「碁どろ」「うどんや」を聞いたが、実際小さんその人を其處に見るやうで、之だけでも一等一円二十銭は安い。

 十八日から五日間国技館で

 十八日から毎夜国技館で此猫八の特技が聴かれる。殊に「即席問答」と云ふ之亦猫八得意の面白い一席がある。お客が面倒な問を発するのを機智頓才で即答する。お客は躍起となつて乗り出して行く。今度の国技館ではこの即答が出来ないやうな秀逸な問を出した人には白米一俵を贈呈する事になつているが、猫八奨励として実に面白い企(くわだて)である。尚今度の国技館には猫八の外に特別出演として曲芸の鉄弥、高峰宗家の師範代筑峰女史、掛合音曲池田歳雄、寿嬢、文化奇術の阿達、御馴染の染団治の花形が出る。(大阪朝日918

◇国技館の猫八 国技館に於ける二日目出し物は落語「飛行機」ものまね(猫八)、落語手踊(染団治)、懸賞問答並に音曲(猫八)、文化奇術、百種啼分けお好み次第(猫八)。尚猫八は右番組の外特に「長唄勧進帳」を物真似の能管入りで聴かせ、更に立上つて山科別れの一声に汽車の物真似を入れ、浪子と武男の汽車の別れに大脱線の可笑味を発揮するさうだ。開場時間は五時に繰上げ。(大阪毎日919

◇国技館の猫八 独演会は二十二日限り打上げて神戸八千代座へ出演。千秋楽の番組は落語「籠の鳥」「十二支の啼分け」等。(大阪朝日923

大正13925日 神戸新聞

<猫八一行・神戸八千代座>

猫八好評 江戸の名物芸人猫八は昨夜から楠公前八千代座で引退告別独演會をやる番組は 落語(小はん)掛合音曲(吉田寿嬢、池田歳雄)文化奇術(阿達荘一)落語手踊(林家染團冶)落語並みに物真似(猫八)高峰琵琶(小林筑峰女史)懸賞猫八問答及び音曲(猫八)曲芸(花川鉄弥)百種啼分けお好み次第(猫八)

上方落語史料集成 大正13年(1924)10月~12月

大正1310

大阪の寄席案内

一日より紅梅亭、花月倶楽部、松島花月へ柳家小さんが出演。【下図参照】

十一日より南地花月、松島花月、新町瓢亭、花月倶楽部へ桂小文治が出演。

十一日より紅梅亭、松島花月、花月倶楽部へ結城孫三郎あやつり人形一座が出演。【下図参照】

十一日正午より南地花月にて柳家小さん独演会。「ずつこけ」「高砂屋」「粗忽者」「笠碁」

十二日正午より紅梅亭にて三遊亭円馬独演会。「三人旅」「景清」「素人鰻屋」「左甚五郎竹の水仙、三井の
 大黒」

十九日正午より新町瓢亭にて神田伯龍独演会。演題は「め組喧嘩」「小猿七之助の三宅島」「天一坊」

三十一日午前十一時より南地花月亭にて立花家橘之助引退披露興行。

 京都の寄席案内

◇富貴  

一日よりさこば、円若、遊三、枝鶴、芝鶴・馬鹿八、残月。

 五日より三日間、柳家小さん独演会。(笠碁、うどんや、猫久、子別れの中、堀の内、小言幸兵衛)。

十一日より春団治、扇遊、燕枝、塩鯛、小文枝、一郎、三八。

 二十一日より三木助、勝太郎、円枝、金の助、四郎坊、染丸、小はん、枝太郎。

◇笑福亭 

一日より枝太郎、三馬、福松、ウグイス・チヤツプリン、直造、小春団治、枝女太 。

 十一日より花橘、一馬、一声、助六、三馬、福徳・福来、馬琴、スズメ

 二十一日より天地、景山、円太郎、雁玉、玉輔、三八、おもちや、しん蔵、助六、雪枝。

◇芦辺館 

一日より諸芸大会/十一日より諸芸大会/二十一日より諸芸大会。

大正13101日より

◇南地紅梅亭柳家小さん特別興行チラシ

13年 003

特別興行 柳家小さん 十月一日ヨリ四日間限り 毎夕正六時開演 秋…ゆつたりとした夜、此名人の超芸術の真髄に触るゝも又その時機を得た事と存じます。

殊に今回ハ滞阪期短く僅かに『四日間』限りの出演に付、是非御鑑賞の程待ち入り候。

出番順:落語里鶴、落語枝之助、落語花団治、滑稽掛合四郎坊・金の助、東京噺馬琴、落語塩鯛、紙截の細工おもちや、落語二調円子、落語小文枝、声色小柳三、東京落語燕枝、音曲橘之助、東京落語小さん、剣舞手踊一声・一馬、落語文人踊花橘、二十噺円馬

南地法善寺内紅梅亭 原田直営 電話南五七一番

〈編者註〉「富士正晴記念館所蔵 寄席番組類目録」(富士正晴記念館・平成12年)より転載。

大正13101日 名古屋新聞

◇七寶館 本日より舞踊の名手として知られた桂三木助一座で、一行には、桂扇枝、曲芸の東洋一郎、女道楽柳家雪江、小雪等の色物揃いで開場。

大正13103日 大阪毎日新聞

◇江戸家猫八は一日から大阪南地演舞場で再演。番組は落語(小はん)、音曲万歳(寿嬢・歳男)、文化奇術(荘一)、落語手踊(染団治)、落語らくだ及び物まね(猫八)、琵琶(女史)、懸賞問答並に音曲(猫八)、曲芸(鉄弥)、百種啼分け(猫八)

〈編者註〉毎夕四時開場。十月五日まで。

大正13103日 名古屋新聞

◇三木助の名人昆寛 三木助は初晩「名人昆寛」を話した。人情味も豊かにシンミリと面白く聴かす。併しまた多くの人物が一つになるような欠点は免れぬ。之れは彼の得意とする軽妙な踊りで補い得て、聴衆を満足させた。一座の顔ぶれは最初の予定と大分変更し、九里丸、小半改め千橘、少年曲芸の子、亀次郎等のお馴染人気者が揃っている。扇枝はシツカリした腕に、品物を借りての即席話しも巧みもの。九里丸は例の小道具話しに流行の「籠の鳥」を持ち出し受けさす。小半改め千橘は落語に舞踊と車輪に其座を勤める。些細の事だが、初晩マクラの中に「丸キのパンのようだ」という言葉があつた。「丸キ」は大阪方面ならねば通用せぬ。他地方で通らぬ言葉は注意し、その土地〳〵に合う様に心がけねば若手売出しの名折れになるよ。

大正13109日 名古屋新聞

◇七寶館 現代落語界の泰斗柳家小さん一行は頗る好人気であるが、九日、十日の両日限り絶対日延べせぬと。

大正131011日 大阪毎日新聞

◇[広告]郷土を浪華に…人気を東都に馳せ今回久方振りにて故郷へ錦を着て帰りました現代化せる落語の創始桂小文治/国粋芸術として現在日本に唯一の至芸糸あやつり人形の権威結城孫三郎 今回十数名の座員を引連れ久方振り上阪/出演の各席順不同 南地花月 新町瓢亭 北新地花月倶楽部 松島花月 南地紅梅亭

13年 010

大正131011日より

◇南地紅梅亭柳家結城孫三郎一座チラシ

13年 004

十一日ヨリ毎夕六時開演 国粋芸術と謳はるゝ結城一座の完膚なき極技を看られよ……

あやつり人形芝居 結城孫三郎一座

師の霊腕に糸操られなば土偶も『生の衝動』を受け、微妙なる動作は恰かも生けるが如く、然かも名優も企及し得ぬ崇高なる芸術味を含まれて居ます。我結城孫三郎は十数代を経た伝統的の名家で御座います。現今、日本には唯一の国宝的至芸でありますから何卒お見遁しなきやうお願ひ申します

出番順:落語染八、落語せんば、足の曲芸亀鶴、落語里鶴、落語小南光、大曲技夏雲起、落語枝鶴、新奇術正光一行、東京音曲噺円太郎、落語円枝、声色小柳三、滑稽落語ざこば、人情噺円馬、人形芝居孫三郎、落語舞勝太郎、落語染丸

南地法善寺内紅梅亭 原田直営 電話南五七一番

〈編者註〉「富士正晴記念館所蔵 寄席番組類目録」(富士正晴記念館・平成12年)より転載。

大正131024日 都新聞

○大阪から 桂小文治

◆八年振りで故郷に帰り、出演して見ますと、先づ寄席の客がガラリ変つたのに驚かされました。所謂上方式の他愛ない擽ぐり位ではお客はとんと喜んでくれません。落語の聞き方は男子よりご婦人の方がうまいやうに思はれます。

◆関東の震災で家財を失つた私は毎日高座の上で「ほんまに同情するぜ」の言葉をあびています。神田伯龍君も十九日に新町の瓢亭で独演会をやりました。例の江戸家猫八君は北区の去る劇場で「猫八のあとに猫八なし」の大看板で相変らずヅバ〳〵と毒口を叩いています。

◆橘家橘之助さんが愈々引退する事になりまして、三十一日、一日の二日間花月亭専属の寄席で引退興行をいたす事になつています。

大正131030日 大阪朝日新聞

◇講談定席 堀江賑江亭は三十一日夜から旭堂南陵を主任として講談定席とすることになつた。

大正131031日 大阪時事新報

○講談席の復活 十年振で再起する純大阪の講談

 大阪には講談席が無いのが普通と考へて居る人が現今では多いかも知れない、然し大阪にも講談席が栄えた時代が今から考へてそんなにも古くない前にあつた。それが何時とはなしに衰微して、尤もこれにはよい講釈師が生れなかつたと云ふ大きい理由もあつたが、南地の法善寺の講談席がどうにかして大阪講談界の末路を示しつゝあつたのも今では七八年の昔のこと。

 此の席も廃業してしまつた。こゝ四五年間は殆ど大阪には席らしい席は何処にも見当らなかつた、所が「歴史は繰り返す」、この真理から講談界のみが除外される事も無いと見え、最近大阪では講談熱が復活し、盛んに東京から講釈師が来阪する現状に刺戟されてか、又大阪でも講談専門の席が設けられることになつた。場所は北堀江御池通りの賑江亭、出演者は大阪生え抜きの釈師として只一人残つて居る旭堂南陵を中心に東京から迎へた若手連である。因に開場は三十一日の筈

大正131031日 神戸新聞

千代之座 三十一日より七色會の足利音頭、小原三曲、大島節の外清元喜撰五段返し七変化勧進帳仮面のゴリラ等

大正131031日 名古屋新聞

◇因倶楽部 東京大阪より各種の芸人を招き中京睦会なるものを組織し、諸芸競枝会を十一月一日より休みなしで開演す。

◇七寶館 十一月一日より落語界の重鎮舞踊の名人桂枝太郎一座にて開演。座員には東京落語の花形春風亭小柳三を初め桂文雀、女道楽二代目桂家小歌、橘の圓都、人気者の四郎坊、金之助、枝女太、己代松、斯界、文六等の若手新顔。


大正1311

大阪の寄席案内

一日紅梅亭、二日花月倶楽部にて午前十一時より立花家橘之助引退披露興行。

十一日より南地紅梅亭、北陽花月倶楽部、松島花月にて聴く趣味の会を開会。出演者は春団治、燕枝、桂枝
 雀、枝太郎、円馬、三木助、円枝、文治郎、大島伯鶴、湊家小亀。

十六日から三日間松島花月、十九、二十日両日京三倶楽部、二十一日より五日間紅梅亭、二十六より北新地花
 月倶楽部にて伊藤痴遊独演会。

十八日より北新地花月倶楽部、南地紅梅亭、新町瓢亭へ大島伯鶴が出演。

 京都の寄席案内

◇富貴  

一日より助六、小円馬、ウグイス・チヤツプリン、三馬、文治郎、蔵の助、五郎、枝雀、亀次郎、亀の子、円馬外数名。

六日より十日まで国粋芸術糸あやつり人形芝居結城孫三郎一行。

 十一日より五日間、伊藤痴遊独演会演題。

 十六日より円子、ざこば、花橘、直造、残月、九里丸、扇枝、円坊。

二十一日より染丸、勝太郎、小亀連、遊三、小文枝、正光、枝太郎、喬の助、清子。

◇笑福亭 

一日より福松、円笑、南天、桃太郎、三八、夏雲起、升三。

 十一日より円坊、末丸、艶子、助六、馬琴、亀鶴、光鶴、小南光、福徳、福来。

 二十一日より塩鯛、奈美江、一郎、桃太郎、三八、三馬、曹漢忠。

◇芦辺館 

一日より安来節、女流浪花節、万歳合同大会。

 十一日より円子、花橘、直造、さこば、くり丸、扇枝、星花、福松。

 十六日より万歳大会。

二十一日より猫遊軒伯知独演会連夜長講三席。

大正13111日 大阪毎日新聞

<立花家橘之助引退披露興行>

◇立花家橘之助の隠退披露興行 今三十一日南地花月、十一月一日南地紅梅亭、十一月二日北新地花月倶楽部に於て花月三友合同会の全員出席し開催す。何れも正十一時より開演。

大正13115日 名古屋新聞

◇因倶楽部 中京睦会諸芸大会は連夜大人気。入場料は十五銭均一で、梅香を加え、即席問答の景品も呈すと。

大正131110日 神戸新聞

千代之座 十一日よりの七色は、関の五本松、替歌濱節踊、珍芸大一座、三枚起請所作事お駒才三引抜累ケ淵

大正131130日 名古屋新聞

◇七寶館の圓馬一座 七寶館は一日より東京落語の大幹部三遊亭圓馬、蓄音器にてお馴染の立花家花橘、式亭三馬、若手人気者立花家千橘、曲芸の東洋一郎、三遊亭小圓馬等へ清元の名手立花家喬之助、美人の踊り立花家清子を加えし大一座にて開場。本紙読者は例により大割引。


大正1312

大阪の寄席案内

一日午後六時より松島日の出席にて旭堂南陵独演会。演目は「祐天吉松」「赤穂義士伝」を長講。

六日正午より新町瓢亭にて神田伯龍独演会。演題は「松山と鼠小僧」祐天吉松の内「福門村常五郎」「天一坊
 続講」

十一日より紅梅亭にて三木助、春団治、伯龍の落語と講談。【下図参照】

十一日より南地花月の忘年興行は新作「京人形」と滑稽「忠臣蔵七段返し」【下図参照】

十一日より北新地花月倶楽部の余興は「浪華気質住吉駕」、伯龍が出演。

十一日より新町瓢亭の忘年興行は滑稽「吉田屋」

 京都の寄席案内

◇富貴 

 一日より春団治、小柳三、米団治、一馬、円太郎、枝鶴、小歌、枝太郎。

 十一日より円子、文治郎、亀の子、亀治郎、円坊、円枝、一馬、三馬、ざこば、おもちや。

 二十一日より残月、小柳三、直造、馬琴、久里丸、助六、小歌、福松。

◇笑福亭 

一日より小円太、小枝鶴、四郎坊、金の助、桜洲、助六、花団治、福松、南天、円笑。

 十一日より助六、すゞめ、曹漢忠、三八、桃太郎、円都、源朝、福松。

 二十一日より扇枝、三馬、福徳、福来、枝太郎、天地、景山、正楽、枝女太。

◇芦辺館 

一日より連夜、神田伯龍独演会長講三席/十一日より安来節/二十一日より安来節諸芸大会。

大正13121日 名古屋新聞

<名古屋落語問屋一行・名古屋因倶楽部>

◇因倶楽部 中京睦会演芸問屋は従来の一座へ若手花形数名が加入して出演の筈、因に出演順は、

手踊(福ノ家福助)音曲(三遊亭圓太郎)落語(古今亭さん輔)手踊(福ノ家小福)萬歳(福ノ家福平、玉ノ家源丸)落語手踊(柳家小重吾)足芸(福ノ家徳太郎)落語物まね(春柳むろく)落語問答(笑福亭梅香)三府浮世節(吾妻家小政)人情話し物まね(桂善次)扇盆踊(三遊亭圓鶴)新内浮世節(富士松島光)曲芸(吾妻家住太郎)藤間流所作事(福ノ家福太郎)

大正13125日 神戸新聞

八千代座 六、七日の両日東京諸芸家元の競演大を開演する、初日の番組は 常盤津式三番(文賀太夫)講談木村長門守(神田伯龍)長唄綱の鼓の段(芳村伊四郎)清元鞍馬獅子(富元豊後)常盤津山姥(文賀太夫)落語五人廻し(三升家小勝)長唄□□帯(芳村伊四郎)

大正13125日 名古屋新聞

<立花家橘之助引退披露興行・名古屋七寶館>橘之助引退興行

◇橘之助引退披露 浮世節の家元でならした初代立花家橘之助の引退披露興行は、愈々五、六、七の三日間七寶館に催す。一座は目下同館に出勤中の圓馬、三馬、花橘、千橘、小圓馬等で、橘之助は初晩の「たぬき」を出して鮮やかな撥捌きを聴かすと。

◇[広告]特別興行/引退披露 立花家橘之助 三遊亭圓馬/七寶館

大正13129日 名古屋新聞

◇柳家おさん名披露 富沢町偕楽亭の弟御梅沢福太郎さんは素人落語として知られて居り、その芸は既に玄人の域に達している。今度東京の大師匠柳家小さんから柳家おさんの名を貰い、その披露落語会を八日午後六時より入江町五月に催す。出演者は当人おさんの外に目下七寶館に出ている圓馬、喬之助、清子、東洋一郎、橘之助等である。

大正131211日より

◇南地紅梅亭落語講談三覇雙チラシ

13年 005

〈編者註〉「富士正晴記念館所蔵 寄席番組類目録」(富士正晴記念館・平成12年)より転載。

大正131211日より

◇南地花月亭吉例忘年興行チラシ

13年 011

〈編者註〉『藝能懇話』十八号(平成19年)より転載。

大正131211日 名古屋新聞

<小勝、貞山二人会・名古屋末広座>

◇[広告]本日初日 名人顔合せの二人會 初日読物 素人鰻・甚五郎(三升家小勝)橋場長吉・潮田主水(一龍斎貞山)/當興行五日間 特一等二等三等一圓五十銭/毎夕五時半 末広座

小勝貞山二人會


大正
131217日 京都日出新聞

<初代豊年斎梅坊主>

読者と演芸

【問】京都座の梅坊主のこと知らせてください。(ヒイキ)

【答】頗る簡単なる御問合せでご返答をいたし兼ねますが、梅坊主に就て一寸御披露いたしますれば、時代の推移とでもいふのか、純粋の江戸の物なるかつぽれも漸くその影を淡(うす)めてきた際、初代豊年斎梅坊主事太平坊老の為に今度結城桂陵、岡村柿紅其他の諸氏が発起で梅坊主一世一代を十月十八九の両日、帝国ホテル演芸場で催す事になつた。初代の忰に二代目梅坊主はいるが、活惚よりも興行師にぬけて行く人物らしい──梅坊主は本名を松本梅吉といふて、安政元年の江戸生れ。七十一歳の今日まで浮世を茶にして躍り暮した男。

そも〳〵活惚は初め住吉踊と称して神田橋本町の願人坊主がヘンな扮(こし)らへで市中を踊り歩いたのが濫觴で、大阪二○加に較べて猥褻な擽ぐりが少く、かつぽれは軽口、物真似、身振りだけで客を笑はせていた。願人坊主が衰へてからは別嬪の浅草連といふのが、これに三味線を加へ、萬燈をたてゝ市中を踊り廻り、存外大評判になつた。後両国広小路、浅草見附、筋違ひ、山下久保町の原、采女の原などで辻行をやり出した。

明治八年、一般の広場興行が矢釜しくなつたので、同時にかつぽれも寄席の高座に現れるやうになつた。当時寄席は三遊連の全盛時代だつたが、活惚れが掛ると一溜(ひとたまり)もなく圧倒されてしまつた。当時の連中は初坊主、重吉、萬吉、ケシ面の藤吉、亀吉、二人豊吉、猫豊などで、これが活惚れの抑(そもそも)の元祖といはれている。皆歿してしまつてたつた一人残つた猫豊は明治二十五年頃からチヨッタの豊事入船家豊治、一ツ目事一松、ジャガ事梅松、木魚事福松、ぶた事金丸、河童事国松、シャモジ事瀧松など特色のある男子連を集めて浅草公園で朝の九時から夜の十時までおつ通しで滑稽たわけの限りを尽していた。歌舞伎座で団十郎、芝翫、菊五郎が活惚を出した時、その振り付を猫豊に頼んだが、しかし踊りは兎も角としてあの一派の軽妙な鉢巻だけはどうしても出来なかつたといふ。 

この連中の演(だ)し物は踊りでかつぽれ、深川、豊年、住吉、大津絵、桃太郎、棒尽しなど、茶番もので地獄巡り、道成寺、日高川、忠臣蔵、膝栗毛、桂川、宝蔵破り、梅ケ枝、出家遊び、化地蔵等が重で、二人羽織などはずつと後の産物である。当今でも色の黒い一鉄の声と節とはたつた一つしかない謂はゞ活惚界の国宝ともいへる代物だ。ホテル演芸場の太平坊一世一代には歌右衛門、菊五郎も肩を入れている。

〈編者註〉梅坊主一座は十二月十五日から二十一日まで京都座で公演した。

大正131220日 神戸新聞

神戸劇場 渡辺静江一行は寿賀芳野、萬歳、一光の曲芸、橘三郎の落語、お歌女の音曲あり

千代之座 十二月二十一日から七色會忘年興行七名物踊、深川、足利、大洗、大島、小原、盛岡、安来の各異りたる踊

大正131223日 京城日報

<橘ノ圓一行・朝鮮浪花館>

[広告]明治町 電話二六〇番 浪花館/當る一月元日より東京名流落語大一座 橘ノ圓一行来る/<演題>落語(圓十九)落語手踊(圓近)落語音曲手踊(百圓)落語音曲手踊(圓堂)狂劇(社中)落語文人踊(圓三)落語即席噺(燕之助)落語珍芸(圓十郎)鳥虫物まね(権助)落語手踊(圓天坊)人情噺舞踊(圓)

大正131225日 名古屋新聞

◇新春の七寶館 一月一日より吉例之落語大一座にて斯界の重鎮桂圓枝が筆頭として、東京落語の達弁者金原亭馬琴、高級萬歳チャプリン、ウグイス、日本一の剣舞と定評ある天地聖行、景山重隆に笑福亭圓笑、落語舞踊は桂小春團治、林家染八、笑福亭光鶴、桂鯛六、桂枝の助、金原亭馬丈、橘家圓六等の大連。

大正131227日 神戸新聞

<新開地多聞座再築>

多聞座落成 今春焼失した湊川新開地多聞座は同じ場所に再築することとなり七月以来起工中であつたが十二月十日工事竣工新装なつたので二十五日午後一座から新築落成式を挙行した。建物は全部鉄筋コンクリート、高さ六十一尺表側五階、本建三階で観覧席は土間椅子席、二階が桟敷、椅子席、三階椅子席で定員九百余名を収容し得、工費二十五萬圓、尚付属として食堂休憩室等の設けがある。こけら落し興行は三番叟、安来節、喜劇で今日から開演の筈

大正131227日 名古屋新聞

◇因倶楽部 元日より演芸問屋にて花々しく開場。

大正131228日 神戸新聞

千代之座 七色會の初春興行は午前九時打込み御祝義三番叟、松の名所、カツポレ、文化安来と大正小原の対照、滑稽二人羽織、所作事三段返し、廓萬歳、引抜ドンツク、踊二わ加金の生る木黄金ケ嶋引抜小原獅子踊

プロフィール

丸屋竹山人

カテゴリー
  • ライブドアブログ