大正14年

上方落語史料集成 大正14年(1925)1月~3月

大正141

 大阪の寄席案内

<中席・十一日より>

南地紅梅亭 巴家寅子一行二の替り熱田獅子。

南地花月  舞踊五條橋(三木助・五郎)、地方に義太夫と筑前琵琶出演。

天満花月  舞踊神田祭、大切余興滑稽勧進帳・円子外数名出演。

花月倶楽部 巴家寅子一行外余興五條橋(五郎・三木助)。

新町瓢亭  巴家寅子一座に熱田獅子出演。

松島花月  巴家寅子一座に熱田獅子出演。

京都の寄席案内

◇富貴  

一日より三木助、花橘、円太郎、馬鹿八、芝鶴、一郎、三八、三馬、一馬、枝太郎、小円太、助六、雪
  江、福松、桃太郎。

十一日より円馬、円若、文治郎、勝太郎、正光、小文枝、喬之助、文雀。

二十一日より染丸、直造、蔵之助、枝鶴、千橘、塩鯛、おもちや、枝太郎、小南光。

◇笑福亭 

一日より豊竹団司、豊沢小住一行の女義太夫。

 十一日より馬きん、升三、助六、亀の子、亀次郎、小春団治、円笑、夏雲起、雁玉、キネマ、福松、福団
  治。

 二十一日より三八、四郎坊、助六、しん蔵、花菱家、福松、源朝、小円馬。

◇芦辺館 

一日より万歳大会。

 十一日より安来節と諸芸競演会。

 二十一日より安来節の人気者遠藤なほ、岡本おいと合同大一座。

大正1411日 都新聞

[広告]東京落語協會/柳家小さん、一龍斎貞山、三升家小勝、古今亭志ん生、柳家三語楼、桂小南、蝶花郎馬楽、三遊亭金馬、月の家圓鏡、三遊亭圓歌、昇龍斎貞丈、三遊亭ぜん馬、柳家金語楼、三遊亭圓右、立川談志、橘家扇三、柳家小せん、三遊亭圓楽、柳亭市馬、柳家小三治、五明楼玉輔、春亭華柳、古今亭志ん馬、三遊亭圓橘、三遊亭圓洲、古今亭志ん橋、三遊亭翫馬、三升家金勝、柳家小きん、三遊亭龍生、柳家小山三、柳家三好、三遊亭圓右、柳家小半次、月の家三福、桂鯛蔵、桂門三郎、柳家三朝楼、柳家小はん、柳家権太郎、桂紅雀、三升家勝路、柳家語九楼、古今亭志ん七、古今亭武生、五明楼玉の助、柳家歌太郎、柳家三太夫、柳家小團治、柳家三平、三遊亭金魚、三遊亭小金馬、桃太楼團語、三升家三勝、柳家小三太、柳家小傳次、柳家小ゑん、柳家小福、三遊亭花圓遊、三遊亭小圓治、三遊亭橘、柳家金幸、柳家小まん、柳家圓好、やなぎ改め江戸家はじめ、鏡味小仙、桂残月楼…(以下色物省略)

<編者註>上方落語に関連する人は下記の通り。

・橘家扇三:四代目圓蔵の弟子で、才蔵から扇蔵、更に扇三を名乗った。昭和初期迄、神戸の吉原興行に所属していた。

・古今亭志ん馬:本名金川利三郎。二代目染丸の弟子で三喬から染之助。上京した時に、橘之助の目にとまり、立花家染之助で地方巡業。帰京後、三代目志ん生の弟子となり錦生から四代目志ん馬を襲名した。

・桂鯛蔵:本名生駒富太郎。三代目塩鯛の弟子。この頃上京して、八代目正蔵(当時三遊亭圓楽)、五代目今輔(当時柳家小山三)等と「落語革新派」を結成した。二代目鏡味小仙の父親。

・桂紅雀:本名不詳。初代桂枝雀の弟子。

・桂門三郎:本名浅井徳之助。元々は錦影絵師で、桂仁左衛門の弟子となった。一座を組んで、日本国内や大陸にも巡業していた。

・桂残月楼:本名増田繁太郎。講談師。桂家残月の子で、最初小残月を名乗った。

・桃太楼團語:本名小河真之助。戦後、桂梅團治から再び上京して三遊亭百生を名乗った。

大正1412日 大阪朝日新聞

○こども芸人 舞台で睡る子役 京屋のボンチ章景 落語のうさぎとナイフの亀さん 

「蛇は寸にして人を呑む、栴檀は二葉より芳し」といふ言葉があるかと思へば「十で神童、十五で才子、二十過ぐれば唯の人」といふ諺もある。一体どつちが真か、浪華芸苑にそれらの疑問を将来に於ていつか解決してくれるだらうところの名人の卵を求めて歩いた(中略)。

次は浪花情調の濃やかなところを落語の林家染丸の秘蔵弟子、取つて十六うさぎと呼ぶ、十一歳で入門、この節では紅梅亭の前座に物の十分間も喋舌ればお師匠さんからお給金を貰へるペロツとした小間しやくれた風貌、大阪寄席芸人の小さな異彩だ。記者のかけた近頃流行のメンタルテスト、「小学校は」「学校なんか中途で止めました、わて等の社会では大抵小学校を満足に卒業した人はおまへんで」「学校側から入学を喧ましくいつては来なかつたか」「ソラ来ましたとも、そやけど終ひには向ふが根負けしたんだつしやろ」「君は朝日新聞で正ちやんの冒険を読んでいるか」「ヘイ、わて正ちやん大好き先生、正ちやんテあら本当に居ますのんか一ぺん会ひたうおまんな」云々。

続いてこれも同じ寄席渡世の少年曲芸家亀の子亀次郎兄弟、六挺のナイフ取分けと、襷十文字に綾取つて「ハヽハヽハヽハ」とリズム正しく働くところ、陽炎いなづま水の月、観衆たまらず手に汗して「ヤンヤヤンヤ」と打囃せば、舞台の少年此処ぞとばかり、刀上人なく刀下人なきが如く振舞ふ。亀次郎十九歳、亀の子は十五歳、年少にしてアレだけの妙技、さぞかし何事をやらせても如才あるまいとはチト早計だ。舞台でおどけにワイフだのグツドバイだのと英語の片言を話せばとてそれが何んで西洋人と会話の出来る証拠にならう。この兄弟、一昨秋の震災で東京を震ひ出され大阪へ逃げて来た。目下盲人の紋十郎について三味線、笛、太鼓の稽古中だといふが、一心ナイフの曲芸にのめ凝り固つてしまつているためか、他の方面では爾う輝やかしい修業振りが見られぬ模様だ。遮莫(さもあればあれ)、亡父十三代目丸井亀次郎の名を辱しめないだけの技倆を揮ふのにはまだ間もあらう、セツセと励むことだ。

大正1412日 神戸又新日報

[広告]謹賀新年/吉原興行部/神戸市湊川新開地千代之座 同湊川新開地神戸劇場 同三宮神社境内三宮キネマ 同岩屋敏馬敏馬座

大正1417日 名古屋新聞

◇桂圓枝を聞く 由来大阪落語は場当りに聴客を笑わす事を主としてゐる。無論可笑味は落語の全生命であるが、只単に無意味に聴手を滑稽化するというは、落語の意義を没却するものである。真の落語は滑稽味の裡に社会の裏面を風刺したものがあり、又深味がなければならないと思う。圓枝の落語は、可なり人情味はあつたが、大阪落語の通弊である可笑味が主となり深刻さを缺(か)く難である。併し唯聴いて居る丈けでは面白い。此の他に圓坊の盆の曲、四郎坊、金之助の軽口、紙切り、百面相などの愛嬌ものがある。

大正14115日 大阪朝日新聞付録

神戸劇場は十一日より二の替りとして落語、萬歳、小原節、奇術、曲芸、所作事「京人形」等

大正14118日 大阪朝日新聞

◇第三回笑ふ会 杉本笑む氏主催で十八日夜七時から堀江玉家で笑福亭松鶴が寄席で聞けぬ大阪落語を演ずる。会費一円五十銭。

〈編者註〉第四回は二月一日六時半より西区北堀江御池通り二丁目玉家球戯場にて、第五回は四月十二日午後六時半より市電太助橋下車北へ石田方にて、第六回は五月二日午後六時半から堀江廓丸三稽古場にて開催された。出演者四代目笑福亭松鶴。会費一円五十銭。

大正14120日 大阪朝日新聞神戸付録

千代ノ座 七色会は二十一日から喜劇「ダイヤモンド」オケサ踊、所作事「文奴」舊劇「大巧記十段目」等芸題替

大正14121日 名古屋新聞

◇七寶館 本日より東京落語三遊亭圓遊一行。

大正14129日 大阪朝日新聞神戸付録

千代ノ座七色会は一日から一周年記念特別興行

大正142

大阪の寄席案内

八日正午より新町瓢亭にて神田伯龍独演会。演題は「纏」「柳沢栄華の夢」「私が伯龍になるまで」

十一日より十日間毎夕五時より南地花月亭、北新地花月倶楽部、松島花月亭にて吉本泰三歿後一周年記念興行
 を開催。
出演者は神田伯山、伊藤痴遊、吉田奈良丸、柳家小さん、柳亭左楽、永田錦心。

十五日正午より新町瓢亭にて染丸、蔵之助二人会。

京都の寄席案内

◇富貴  

一日より春団治、紋十郎、五郎、遊三、扇遊、円枝、小柳三、桃太郎、清子、喬之助、円笑、天地、景山。

十一日よりざこば、九里丸、三木助、小歌、残月、扇枝、小円太、桃太郎、円笑。

二十一日、二十二日の両日午後五時より吉本泰三歿後一周年記念興行。

◇笑福亭 

一日より三馬、光月、藤男、助六、義弘、菊丸、小枝鶴、三八、文英、文俊、福松、花奴、登吉、枝太郎。

 十一日より花橘、助六、三八、一馬、枝太郎、福松、夏雲昇、一郎。

 二十一日より若手連の演芸会。米団治、勝太郎、福徳、福来、助六、馬琴、文雀、円若、三八、雪江、
  小雪、福松、枝女太、円笑、直造、三治、璃若。

◇芦辺館 

一日よりニコ〳〵大会。

 十一日より神田伯龍独演会。

 十一日より花橘、助六、三八、一馬、枝太郎、福松、夏雲昇、一郎。

二十一日、二十二日の両日午後五時より吉本泰三歿後一周年記念興行。

大正1421日 大阪朝日新聞神戸付録

神戸劇場は一日から安来節萬歳奇術に新舊二輪加と差し加えたもので開演

大正1428日 大阪毎日新聞

◇[広告]吉本泰三歿後一周年記念興行

14年 007

大正14210日 大阪朝日新聞神戸付録

千代ノ座 七色会の替り芸題は笑劇「兄さん」所作事「二人石橋」槍錆七変化諸国名物踊

大正14213日 大阪毎日新聞

◇[広告]吉本泰三歿後一周年記念興行

14年 008

大正14217日 大阪朝日新聞神戸付録

西宮花月席 来る二十一日二十二日の両日、吉田奈良丸及び一若一行の浪花節で開演す

大正14218日 大阪毎日新聞

◇[広告]吉本泰三歿後一周年記念興行

14年 005

大正14220 大阪朝日新聞京都付録

◇[広告]吉本泰三歿後一周年記念興行

14年 006

大正14221日 京都日出新聞

○高座でやる「餅搗き」 卑猥な仕方噺でお叱りを蒙り 桂助六がエヘヘと恐縮 

 落語や浪花節の客が活動写真や芝居に吸取られ追々淋しくなるので、落語家も新しい材料を得るに苦心しているが、夫れでも昔から聞き慣れた噺は何時聞いても客が飽きないと見え、三枚起証だの、三十石だのと古めかしいものが可成りに歓迎されているが、中には卑猥極まる落語で客を引き付ける悪弊もあるので、其筋では風紀取締りの必要から時々寄席へ臨検するが、中々巧妙な方法で合図をして警官の来ている事を出演者に知らせるから、出演者も気を付けて容易にボロを出さず、警官がいないと卑猥極まるものを演じ、去る十六日夜も富貴亭で桂助六が其十八番の「餅つき」と云ふ実に聞くに堪へぬ卑猥な噺をした事を警察へ密告するものがあつたので、同人を二十一日保安課で呼出し、其一席をやらせて、若し風紀上面白からざる節があれば相当処分を為し、場合によりては京都府下で営業を禁止する事になるかも知れぬ。

大正14221日 京都日日新聞

○淫猥落語の取締  京都でも猛烈なのがあり巧みに其筋の眼を逃れる 保安課で適法考慮中 

 落語の中には随分風俗を紊すものがあり、それらの口演を厳禁されている筈であるが、新京極あたりの寄席では其筋の眼を逃れて聴客をそつと喜ばせている。助六、三馬などは其の最も巧みな連中で、殊に助六の「餅つき」に至つては淫猥落語の極致を示したりとの定評があり、五條署又は府保安課の演芸係が何とかして取締らんと苦心しているが、彼等は巧な方法によつて逃れているが、最近警察部長宛に一市民として投書したものあつて、之れが取締りを要求して来たので、保安課では適法を考慮中であるが、同課の演芸係りは云ふ。

 大阪あたりでは楽屋にお多福、鬼の両面があつて、警察官が入場すると鬼の面を出して注意する。京都のは入口から合図をするやうになつている。即ちボタンを押すと演壇に電灯が点るやうになつている。夫れを詰問すると交替の通知だととぼけて平気で真面目な話を始める。誠に困つたものである。       

大正14221日 大阪毎日新聞京都滋賀付録

○赤玉を出すやうなヘンな落語を取締る 変装しても見破る寄席 それを徹底的に取締る

府保安課の演芸取締係は工藤課長等と協議し、落語家の取締を厳重にすることに決定、各警察署にこの旨通達を発した。従来これが取締は頗る困難を極め、京極、西陣等の寄席で最近風教上面白くない落語を夜々なすものがあり、その他公演を禁止した演題を麗々しく掲げてひそかに行ふものありとの投書に接し、保安課員又は所轄署興行係が出張臨検に及ぶと、その夜は違反行為なく、最近はやむなく変装して忍び聞きに出かけても忽ち警官であることも見抜き、始末に了へぬどころか、大阪でよくやる警官臨席の場合は舞台に鬼の面を出し、臨席なき時はお多福の面を出して出演者に知らしめる手段を真似た時代もあつたが、最近京都ではモウ一つ新らしい手を用ひ、卑猥な話を続けている最中に警官がはいつてくると赤玉の電灯を点じて講演者にそれと知らしめるやうな調子で、全く取締に手古摺つているが、この際当局は断乎とした処置に出るらしく、二十一日はその道の危険人物である三代目桂助六に出頭を命じ、兎角問題になる「餅搗」を保安課で一席語らした上、制限を加へる等厳しく処分することになつた。

大正14222日 大阪毎日新聞京都滋賀付録

○三代目助六恐れ入る 保安課で一席語らされて

 府警官部保安課は淫猥落語の取締に着手し、二十一日は午後十時、三代目助六に出頭を命じ、工藤課長や沢村、杉本両取締等立会ひの上、保安課の中央に仮席を設け、先づ第一に「餅搗」を語らし、続いて「故郷へ錦」「お玉牛」の三つをやらしたが、何れも淫猥極まるもので、そのうち故郷へ錦は道徳を破壊するものとして今後は口演を禁止される模様。餅搗も亦同様野卑極まる箇所が多く、大いに制限を付せられ、お玉牛さへ多少の改善を命じたので、助六は恐縮して引下つた。尚保安課は此調子で危険人物の出頭を命じ、着々厳重な取締りをなす筈である。

桂文楽大正14年大正14223日 名古屋新聞

<八代目桂文楽一行・名古屋中央劇場>

[広告]二十三日初日 落語界の大家 桂文楽一行出演/向三日間限り/中央劇場

大正14224日 名古屋新聞

◇中央劇場 東京落語睦会幹部八代目桂文楽は昨日より中央劇場に出勤し、得意の話術を聞かしている。余興には、ハーモニカ吹奏、音曲、手踊、新内、浮世節等粋選りのものあり。入場料は五十銭と三十銭。

大正143

大阪の寄席案内

十五日正午より南地花月にて桂三木助独演会。「猿後家」「淀五郎」「冬の遊び」、舞踊「松の緑」「海晏
 寺」「鎗さび」。

十五日正午より新町瓢亭にて新町会を開催。番組は「天王寺詣」(枝鶴)、「鼠の懸賞」(塩鯛)、「昆布巻芝居」(五郎)、「百年目」(染丸)、「保名」(五郎・三木助)

二十一日より南地紅梅亭にて第四回三覇双を開催。出演者は桂三木助、桂春団治、三遊亭円馬。【下図参照】

京都の寄席案内

◇富貴  

一日より円馬、蔵之助、染丸、亀の子、亀治郎、枝太郎、亀鶴、福松、小南光。

十一日より三木助、春団治、枝雀、馬鹿八、芝鶴、円坊、一声、一馬。

二十一日より円子、九里丸、枝鶴、右円喬、一郎、残月、小円太、枝太郎。

◇笑福亭 

一日より文治郎、夏雲起、升三、小春団治、光鶴、しん蔵、助六、金の助、四郎坊、円笑。

 十一日より円枝、桃太郎、喬之助、清子、三八、亀の子、亀治郎、三馬、助六、福松。

 二十一日より花橘、千橘、雪江、小雪、三八、助六、天地景山、福松、円松、枝女太。

◇芦辺館 

一日より諸芸大会。

 十一日より諸芸大会

 二十一日より安来節と諸芸大会。

大正1431日 大阪朝日新聞神戸付録

神戸劇場は中野興行部と吉原興行部との提携披露として一日より義士廼家中野女優團の公演

千代ノ座は二輪加、国勢安来節、新型芸妓のおけさ踊等

大正1431日 名古屋新聞

◇七寶館 本日より二月振りにて、吉本専属の落語三遊亭遊三に当地初出演の笑福亭枝鶴合同一座で、座員は若手新進のい花形桂福團治、松井源朝、三遊亭花遊三、笑福亭小枝鶴、三遊亭小ゑん等で、更に高級萬歳雁玉、キ子マを加えた色揃い。

大正1439日 大阪朝日新聞神戸付録

千代ノ座は圓天坊の喜劇が滑稽

大正1439日 名古屋新聞

◇因倶楽部 十一日より東京落語協会の幹部三遊亭圓橘一行にて。一座は新進若手揃い。

大正14311日 大阪朝日新聞神戸付録

千代ノ座は十一日より喜劇「峠の茶屋」所作事「浦島龍の都踊」「元禄花見踊」等に芸題替え

大正14312 大阪朝日新聞神戸付録

西宮花月 十二日から京山為風、廣澤福造の浪花節二人会で開演

大正14313日 名古屋新聞

◇因倶楽部 三遊亭圓橘襲名披露興行は、十五年振りの出演に、新進花形を揃え初日以来連日大入。

[広告]大好評御礼/十一日より十七日迄/三遊亭圓橘襲名披露興行/萬松寺因倶楽部

大正14314日 大阪朝日新聞神戸付録

千代ノ座七色会は封印切「梅雨」「金色夜叉」「ホトトギス」「日高川の人形振」等たくさんで大笑わせ

大正14317日 大阪時事新報

〇聖上の御祝典にあやかる銀婚の人々(二十七) 

今も見限られぬ表芸 お茶と生花に余生を委ねて 気楽に暮す菊団治 

「さやう、今年私が四十七になりますから、考へてみると二十代になつて間もなしの頃で、師匠の文治が捜し役になつて方々嫁捜しをしたあげく、只今の米団治を仲人にして四海波静かに輿入れしたのが今の主婦さんなので、その当時から今日までとり立てゝそれ程永い月日とも思ひませなんだが、どうもよく考へてみると今年銀婚式に当つて居ります、でこれややつぱりお目出度いことや、御祝ひでもせうかいなと先日二三心易い方に語つたばかりの処です、しかしたださう思ひついたばかりの事で、真実祝ふとしてもそれは秋の事、その時は金も懸けて平素可愛がつて頂く茶の友達に一服私のお手前で風味のよい所を差し上げやうと考へて居らぬでもありません」

14年 001

菊堂聽円宗匠こと桂菊団治は、高座でお馴染の細い眼をモ一つ細く流してこんな話をして居ります。吉本興行部が主宰する花月派の寄席を退いてから一年半ばかり、それでも三箇月ばかり前までは大八会の寄席に顔を見せていた菊団治も、昨今では全然寄席に出る事は断念して、好きなと云ふよりもこの方が表芸の落語よりも堂に入つているかもしれない=又さう語つている大阪寄席通も時にはありますが=お茶と生花に余生を委ねて、その閑々には学校や御座敷に呼ばれて上品な内にも風刺味のある落語を演ずべく出張して行きます。なまじひに茶の趣味の解せる同人には、高座で有象無象の御機嫌を取り結ぶのよりもけつくは此頃のやうな日暮しが屈託がなくて楽でゞもあるのでせう、といつて菊団治だとて根こそぎ落語を見限つて終ふ程に大悟出来ぬ塵外の人でもないので、その証拠には大阪落語保存会を起して將に消滅せんとしつゝある純粋大阪落語の為に身上以上の努力も捧げて居ります、芸人を亭主に持つて廿五年を別にそれらしい不平も云はずに今日まで家を治めて来てくれ、一人の娘も今日まで大きく育てゝくれた事等を考へると、ともかく私には有難い女房のやうです」とこれは同人の主婦さん感です。(写真は菊団治夫婦)

大正14319日 大阪毎日新聞

○高座の猛者が出揃ひ  「落語喜劇」と銘打つてアツと云はせる趣向 〔けふの娯楽館〕 

十九日の娯楽館は午後一時と三時との二回開演で、吉本興行部幹部連中の総出「今昔浪華の賑ひ」と大名題を据え「桜宮芸競べの場」を演ずる事となつた。これは同幹部連中の新しい試みになる落語の立体化とでも唱ふべきもので、話術で聴かせている高座の落語をそのまゝに喜劇化した「落語喜劇」と命名される頗るの珍芸。看客を腹の底から笑はせねばおかぬと、それぞれ十八日は殆ど徹宵で斬新な趣向を各自考案中である。その配役左の如し。

巡礼弟(春団治)、同兄(花橘)、六部(枝鶴)、つんぼの叔父(文雀)、薩摩の侍(円馬)、同(三木助)、讐持ち(円太郎)、若旦那(小円太)、芸妓(花菱家連)、同(雪江連)、同(喬之 助連)、茶屋の主人(染丸)、幇間(塩鯛)、唖(円枝)、越後獅子の親父(蔵之助)、獅子(遊三)、同(夏雲起連)、同(夏雲昇連)、獅子笛吹き(円子)、関の五本松(五郎・千橘・小春団治・うさぎ・小ゑん・紋十郎・小南光)、かたかた打ち(米団治)、菓子売(文治郎)、独楽屋(源朝)、曲芸屋(直造)

〈編者註〉大毎主催大阪市後援「大大阪博覧会」の余興。

大正14320日 大阪毎日新聞

◇博覧会スケッチ 十九日中の人気を集めて午後一時から吉本興行部の浪花落語家喜劇、実は練達堪能の落語家連の芸づくし大会、高座で馴染顔の人気者がズラリと並んで、芸題は大きく「今昔浪華賑」と出て、仇討ちの男に扮する円太郎、父の仇を探して歩く巡礼の兄弟春団治、花橘、助太刀に出る薩摩の侍円馬、三木助、いづれも本衣装で出る。染丸の茶屋の主人、幇間の塩鯛、唖の円枝、いづれも持つて生れたユーモアをそのまゝ舞台にさらけ出す。花菱家連、雪江連、喬之助連の美しい顔、夏雲起、雲昇の軽業、源朝が鮮かな独楽使ひ、カリ〳〵屋の関の五本松には小春団治、五郎、千橘、うさぎ、小ゑん、紋十郎、小南光など若手が威勢のいゝ江戸前の活惚れを踊つた。

14年 002
            (写真は娯楽館の落語喜劇。三木助、円馬、円太郎ヵ)

大正14321日より

◇紅梅亭第四回三覇双チラシ

14年 010

〈編者註〉「富士正晴記念館所蔵 寄席番組類目録」(富士正晴記念館・平成12年)より転載。

大正14325日 大阪朝日新聞神戸付録

千代ノ座は堀込源太の八木節が受けている

大正14326日 大阪朝日新聞神戸付録

千代ノ座は八木節と扇三の人情噺が呼物

上方落語史料集成 大正14年(1925)4月~6月

大正144

大阪の寄席案内

<上席(一日より)>

南地紅梅亭 江戸っ子会 東京若手の文楽ほか江戸つ子達の大一座。余興として結城孫三郎一座のあやつり
  人形。【下図参照】

南地花月亭 浪華趣味上方会 上方出身の真打が純粋の上方咄を長講。余興に小柳三、小歌出演。
  【下図参照】 

北新地花月倶楽部 東京交代連として桂文楽、結城孫三郎のあやつり人形一座に花月三友合同会の真打連出
  演。

松島花月 桂文楽東京交代連として出演。

新町瓢亭 切席出演の桂家残月は「薩摩の夜嵐」と云ふ現代悲劇物を連夜長講。 

南陽館  花月三友合同会の若手真打連の競演会。 

九条政宗館 昼夜二回全国万歳六座長大会開演。 

千日前三友倶楽部 八千代芳子の安来節一座と万歳座長大会の二座大合同。

新世界芦辺館 遠藤お直の安来節一座へ巴家寅子一座とあやつり人形芝居結城孫三郎一座の三大合同。 

松島文芸館  小原節有名会。 

松屋町松竹座 春季聴く趣味の会 蔵之助、文治郎、円枝、円馬、春団治、枝太郎の長講に桂文楽も出演

二十八日より三日間、南地花月亭にて神田伯山の清水次郎長銅像建設義捐公演。

京都の寄席案内

◇富貴  

一日より遊三、円若、ざこば、直造、五郎、三馬、夏雲昇、扇枝、文雀、福松。

十一日より福松、小文枝、小歌、勝太郎、円馬、金之助、四郎坊、小柳三、円太郎。

二十一日より円松、福松、一声、一馬、塩鯛、千橘、円枝、扇遊、染丸。

◇笑福亭 

一日より米団治、助六、升三、花菱家、三八、小えん、円笑、枝女太、璃若。

 十一日より小南光、桃太郎、しん蔵、枝女太、すゞめ、福松、南天、助六、文治郎。

 二十一日より三八、千橘、三馬、小円馬、一郎、助六、円坊、福松、一馬、一声。

◇芦辺館 

一日より諸芸大会千成会の一行。

 十一日より荒川千成一行。

 二十一日より万歳界の人気男荒川千成一行

大正1441日より

◇紅梅亭江戸っ子会出番順

14年 011

江戸ッ子会 当る四月一日より毎夕正六時開演 

出番じゅん:落語円治、落語染雀、落語舞小円馬、落語右円喬、紙切りおもちや、落語足の芸円坊、奇術正光、講談残月、落語浪花節蔵之助、清元舞静子・喬の助、落語手踊勝太郎、音曲噺円太郎、曲芸一郎、落語文楽、あやつり人形芝居孫三郎一家、落語円馬、音曲をどり小円太、落語二調円子

南地法善寺境内紅梅亭 電話南五七一番

〈編者註〉「富士正晴記念館所蔵 寄席番組類目録」(富士正晴記念館・平成12年)より転載。

大正1441日より

◇南地花月浪華趣味上方会出番順

14年 002

当る四月一日より連夜 此の催は現代かぶれのせぬ純な上方咄しのみを上演致します

舌端より迸り出づ郷土芸術を御鑑賞下さいませ

〈編者註〉『藝能懇話』十八号(平成19年)より転載。

大正1441日 大阪朝日新聞神戸付録

千代ノ座七色会の新芸題は「禁酒デー」「三社祭礼」「五人弁慶」その他松旭斎天旭一行の奇術

大正1445日 京城日報

<笑福亭福圓、文の家かしく一行・朝鮮浪花館>

[広告]明治町 電話二六〇番 浪花館/京阪落語音曲 文の家かしく、笑福亭福圓一行 四月五日より午後六時開演/<出演連名>文の家一筆、笑福亭福太郎、文の家可笑、文の家恋しく、文の家〆蔵、文の家妻奴・友奴、文の家たより、桂呂之助、金銀亭圭馬、滑稽萬歳社中、笑福亭福圓、文の家かしく

大正14412日 京城日報

<江戸家猫八一行・朝鮮京城劇場>

[広告]京城劇場/<演芸出番>落語(猫六)落語手踊(染太郎)落語音曲(□七)安来節(駒次)落語物まね(猫八)二人掛合諸道楽(九州男、ピリケン)音曲問答(猫八)落語まね事(染團治)百種なきわけ(猫八)

大正14414日 大阪朝日新聞神戸付録

千代ノ座 七色会「住吉駕籠」は染五郎、圓天坊、扇三が笑わせている。

大正14415日 京城日報

◇桂小文治来る 東京落語桂小文治一行は、来る十七日から明治町の浪花館に出演する筈であるが、余興としての八木節国定忠治、野球試合ダンス等が呼物だと。

大正14416日 京城日報

<桂小文治一行・朝鮮浪花館>

[広告]明治町 電話二六〇番 浪花館/東京落語睦会幹部 現代的落語舞踊の名手 桂小文治一行来る/當る四月十七日より/落語(治昇)昔話踊(左升)浪花話文人踊(小満治)笑話珍芸(小扇治)落語舞(三郎)ヴアイオリン(松次)長唄流行唄合奏(松子・松□)音曲珍芸どじょうすくい(小文吾)現代落語舞踊(小文治)大喜利余興(滑稽大活劇、八木節総出国定忠治、野球試合並ニダンス、滑稽化物屋敷引抜スットン〳〵踊の五つの滑稽他毎夜余興取替、一座大車輪にて仕勤め候

大正14428日 大阪朝日新聞神戸付録

千代ノ座 七色会美人連と圓天坊、染五郎等が脱線の二輪加を見せる

大正14429日~516日 大阪毎日新聞

○落語家素描(きたるら) 

林家正蔵 下唇が出てゐる女。横目を盛んに使ふ女。ぽかんとして迚も何か考へてる女。につこり笑ふ女。─―凡て話される人間は皆女になつて了ふ。愛すべき正蔵よ! ところで、やあ、やあ、やあ‥‥と連発する掛声が気になるな。君はエロチカルの話種から外れてはいけない。殊に女ばかりのさ。(4月29日)

柳家小さん 落語が行灯趣味であるならその情趣の中によくわれ〳〵を引き入れて呉れるのは君である。君は寂しい。時代に追ひやられて、何処かで吹き晒されている行灯のやうに、君は寂しい。眼の凹んだ顔、猫背の身体、何処か底から呻く声─―。君が高座に上ると、目映(まばゆい)電気も忽ち消え、薄暗い高座の片隅で灯心の火影が幽かにゆらぐ‥‥。君から与へられる此の幻想は実に有難いものゝ一つではないか。(51日)

三升家小勝 君の鼻の奥には、普通の人間の五倍の大きさの穴が通つている。声が口から出ずに鼻から出る。声が外へ出るまでに、三四辺、此大穴の中でみづばなと一しよに宙返りをして出る。「‥‥ほゝ‥‥ね。だからね。‥‥ござんすよね。‥‥何をいやがるんだね。‥‥があすともね。‥‥しやれが出てね。‥‥困るよね。‥‥ほらきたね。‥‥ほんとだね。‥‥どうしようたつて値。‥‥実際ね。‥‥へゝんだね。‥‥等々」。体つきはよぼ〳〵しているが、おまけにチックで正確に分けている。「これでもね。‥‥色気があるんだからね。‥‥何がおかしいんですか。ね、変なところへ気を廻すからね。‥‥困らあね。‥‥昔剱道や柔道でね‥‥」。かくの如し。愛すべき小勝よ!(52日) 

柳家三語楼 君は落語界第一の上手なり。但し政策家として、ポリシイの上手なり。君に接する毎に感ずることあり。それ、行灯の下りいる高座へ上るべからず。といふことなり。君は市立大学の新入生歓迎会の余興としてでるにとゞむべきなり。なんとなれば、深刻。芸術。アトモスフアイア。インスピレエション。強烈、ハート。接触。‥‥エトセトラ。かゝる言葉の連発は、もつとも彼等が、うちようてんになる言葉なればなり。そこにおいて大喝采を博し置かば、いつまでも、現代落語界のオーソリチイ柳家三語楼―として保つこと受け合なり。(55日)

古今亭しん生 君の鼻は正確な槍のやうだ。たいていのはなしかはよく鼻声を出すものだ。ところが君は口をへの字にしめて、のどから声をしぼり出すのである。お客が笑はふが怒らうが、面白がらうが、厭きやうが、そんなことは御構ひなし、自分の思ふまゝ芸のために押し通してゆく「芸人かたぎ」といふことを思はせられる。(58日)

三遊亭右女助 目を、パチ、パチ、パチ、パチ、とさせ。鼻の両端に大きな痙攣をおこさせ、そして紙大砲でも押出すやうに、どかん、どかん、と話し出す。(510日)

三遊亭金馬 君の顔は何かおかしい。君の目は異様だぞ。かにがかんざけをぶつかけられ目を突出した、いやさうではないな、目と平行にあるべき眉が目と直角だ。天に向つて走つている。眉!(513日)

桂文治 恐ろしく長くて黒い顔に驚いてはいけません。実は墨汁の池にすんでいたどぜうであつたと思つて下さい。どういふいんねんか人間の姿に変化して、高座で喋るやうになつたのです。ですから、ふる〳〵〳〵、かく〳〵〳〵、くら〳〵〳〵などゝ、本性をあらはす身ぶり口ぶりが出るのです。

〈編者註〉朝刊の家庭面に掲載されたコラム。しかも東京の噺家ばかりなのも妙といえば妙。

大正145

 大阪の寄席案内

<上席(一日より)>

花月各席 第五回舌戦得点会を開催。競演者は円枝、五郎、蔵之助、枝鶴、千橘、花橘、勝太郎、文治郎。
  【下図参照】

南地紅梅亭 円馬、染丸、遊三、ざこば、円太郎、塩鯛の外に東京交代連として神田ろ山、春風亭小柳枝
  出演

花月倶楽部 神田ろ山、春風亭小柳枝の東京交代連出演

松島花月  東京交代連の春風亭小柳枝、神田ろ山出演。

天満花月、千日前三友倶楽部、九条正宗館、上本町富貴へバンカラ一座来阪。一行の顔触れは新坊、栄三
  郎、かなめ、亀造、はげ亀。

新世界芦辺館 全国万歳座長大会開催

十七日正午より南地法善寺花月にて桂三木助独演会。

二十一日より新町瓢亭にて落語七選会を開催。出演者は染丸、遊三、枝太郎、円枝、春団治、残月、三木助の
 七人。余興連 曲技一郎 清元 清子・喬之助。【下記参照】

京都の寄席案内

◇富貴  

二十一日より円太郎、馬鹿八、芝鶴、小柳枝、紋十郎、五郎、円馬、ざこば、小柳三。

◇笑福亭 

 十一日から十五日まで東都講談界の人気者神田ろ山独演会。

十六日より右円喬、三八、升三、助六、小南光、福松、文治郎、桃太郎。

 二十一日より三八、小春団治、小円馬、南天、円笑、福松、米団治、一声、一馬。
 (入場料十五銭に値下げ)

◇芦辺館(記録なし) 

〈編者註〉二十一日より行なわれた新町瓢亭の落語七選会の番組表に記された各人の演目は以下のとおり。

林家染丸

明石芸妓 牛ほめ 寄合酒 高尾 辻八卦 美久佐野茶屋 浮世根問 口合根問 元犬 鼻ねじ 稽古屋

三遊亭遊三

三味線栗毛 野晒し お節徳三郎上下 源平穴 夢の瀬川 夢金 小言幸兵衛 品川心中 山崎屋 ぜんけ問答
 天災 

桂枝太郎

大丸騒動 後家殺し 親子茶屋 網船 煙草の火 船弁慶 抜け雀 質屋倉 片袖 島原八景 まさ夢 

桂圓枝

男節句 三段平兵衛 らくだ 地口茶屋 宿日酔 子猫 しらめ茶屋 よばれ立ち 親子茶屋 孝子鬼の面 
 釜猫

桂春團治

高津の富 二番煎じ 青菜 あみだ池 金の大黒 長持 竈盗人 打替へ盗人 あんま炬燵 禁酒番所 らくだ

桂家残月

大喧嘩 改心 元の御主人 志士と芸妓 張子の寅 友人に成らう 馬鹿々々々々 おとくさん 猫婆ア 
 銀時計 報恩

桂三木助

鬼あざみ 大和□願 死神 袖がき 神道又七 鰻屋 柳田 捨丸 柴舟 関津富 夢金

大正1451日より

◇南地花月第五回舌戦得点会案内状

14年 012

出番じゆん:落語子造 落語花治 落語小雀 紙細工南天 曲独楽升三 真剣舞景山・天地 大曲技夏雲昇 曲芸一郎 尺八扇遊 落語文治郎 落語舞勝太郎 落語文人踊花橘 落語舞千橘 漫芸馬鹿八・芝鶴 落語枝鶴 落語浪花節蔵之助 落語舞踊紋十郎・五郎 落語円枝

〈編者註〉『藝能懇話』十八号(平成19年)より転載。

大正1451日 名古屋新聞

<桂三木助一行・名古屋七寶館>

◇七寶館 桂三木助、三遊亭圓若、花月亭九里丸等の新進上手揃いの落語一座は、愈々今晩より。本紙切抜持参の方大割引。因みに開場は毎夕。

大正1453日 名古屋新聞

<二代目三升紋弥一行・名古屋御園座>

[広告]明日開演 落語・音曲・掛合噺・長唄曲引大文字屋踊及若柳舞(独楽曲)/二代目三升紋弥 客員女道楽とよ子 外色とり〳〵と花形のみを集めし近来珍しい大一座/毎夕六時開場 御園座三升紋弥大正14年

◇七寶館 桂三木助一行の落語は落語舞踊、圓若の音曲、九里丸の現代落語等色ものを取り揃えて連夜大人気を博してゐる。本紙切抜大割引。

大正1454日 名古屋新聞

◇御園座 本日より三升紋弥一行の色ものを華々しく開演する筈なるが、重なる種目は、長唄曲引(杵屋正六、正朝、正子)落語(桂梅三)曲尺八(琴朝)曲琴(東朝)はなし(小枡)東京噺(圓鶴)掛合噺(次郎坊、太郎坊)女道楽歌舞(桂とよ子)若柳流舞、独楽曲(三升紋弥) 因に開場は毎夕六時なると。入場料は五十銭均一なりと。

大正14517日 大阪朝日新聞神戸付録

千代ノ座 七色会の美人連と巴家寅子の珍芸

大正14524日 京城日報

<春風亭柳好一行・朝鮮浪花館>

[広告]明治町 電話二六〇番 浪花館/五月二十四日より東京落語春風亭柳好来る/<演題>落語音曲(柳扇)落語手踊(柳朝)音曲追分博多節(梅好)落語(好昇)落語曲引(錦枝)落語滑稽舞(柳太郎)天下一美術紙切(才賀)掛合噺(好昇、柳太郎)清元浮世節女道楽(君子、小やな)東京落語(柳好)大切珍芸吹き寄せ(座員)

大正14526日 大阪朝日新聞神戸付録

千代ノ座 七色会「二輪加獅子」で賑わい中野女優團、義士廼家「夫の禁酒」「天と地」


大正
146

 大阪の寄席案内

二十二、三日北新地花月にて、二十四、五紅梅亭にて神田伯山「清水次郎長」独演会。

京都の寄席案内

◇富貴  

一日より文雀、三馬、夏雲昇、塩鯛、千橘、小歌、蔵之助、扇遊、残月。

十一日より円子、一光、残月、文治郎、夏雲起、勝太郎、染丸、景山天地、星花、福松。

二十一日より枝太郎、花橘、直造、円太郎、正光、ざこば、九里丸、遊三。

◇笑福亭 

一日より枝女太、円笑、亀鶴、枝太郎、福松、小円太、桃太郎、円枝。

 十一日より升三、扇枝、福徳、福来、小文枝、三馬、三八、枝女太、円笑、桃太郎。

 二十一日より南天、福松、三馬、三八、右円喬、金之助、四郎坊、助六。

◇芦辺館 

一日より千成会一行。

 十一日より荒川千成の一行

 二十一日より荒川千成一行

大正1461日、大阪放送局(JOBK)のラジオの本放送が開始される。

〈編者註〉新聞にラジオ欄が設けられ、登場した噺家名、演目、放送の日付はそのつどメモしているが、それをすべて紹介していると煩雑を極めるので、ここではいっさい取り上げないこととする。機会があればそれらを一覧表にして発表したいと思っている。

大正1463 大阪毎日新聞京都滋賀付録

◇改作を命ぜられた「坊主茶屋」と「裏向でつち」 枝鶴ほうほうの体で引き下がる 

目下新京極の笑福亭に出ている三遊亭[ママ・笑福亭]枝鶴こと竹内梅之助(四十二)は、二日午後九時、府庁保安課に呼び出され、「坊主茶屋」「裏向でつち」「ひやかし」の三つを口演し検査を受けと、結果「坊主茶屋」「裏向でつち」の二つは改作を命ぜられ、ほう〳〵の態でひき下つた。

大正1465日 名古屋新聞

<林家染丸一行・名古屋七寶館>

◇七寶館の落語 林家染丸は純大阪式の落語で少々あくどい点はあれど浪花情緒を遺憾なく出す。勝太郎の舞踊は軽妙なもので聴客を喜ばせ活術もうまい。海老一直造の曲芸はあくの抜けた鮮やかなもの。その他福来、福徳の掛合噺、小枝鶴の落語など散歩がてらにお誂えのものである。

大正14614日 大阪朝日新聞神戸付録

千代ノ座 七色会の時代劇「澤市」で圓天坊の雁九郎が愛嬌をまき客を呼んでいる

大正14630日 名古屋新聞

<花月若手合同一座・名古屋七寶館>

◇七寶館の落語 七月一日より大阪吉本興行部専属の落語一座。若手新進花形桂扇枝一行に、評判の剣舞天地聖行、景山東湖に落語手踊笑福亭福松、三遊亭小圓馬、桂枝女太、三枡屋枡三、桂鯛六、桂枝吉等に人気者の花月亭九里丸も加わると。本紙読者は例により大割引。

上方落語史料集成 大正14年(1925)7月~9月

大正147

 大阪の寄席案内

<七月二十五日より>

南地花月  納涼落語 円太郎、三木助、染丸、春団治、その他若手幹部出演

南地紅梅亭 落語大角力、毎夜幹部連交代にて勤め各噺の穴を拾いし観客には景品を呈す

北新地花月倶楽部 景品付花組大角力の外春団治、遊三、三木助出演

松島花月  景品付月組大角力、その他残月、三木助、ざこば外若手幹部出演

新町瓢亭  落語角力その他。

千日前南陽館 大改築を加え平場は全部椅子席とし万歳座長大会女道楽安来節を昼夜興行。入場料十銭。

新世界芦辺館 安来節、万歳にわか「嫁おどし肉付面」。一馬、一声、天地、景山、小春団治、扇遊、塩鯛
  一座に琵琶の三木星花を加え「白虎隊」を総出で演ずる。

京都の寄席案内

◇富貴  

一日より小南光、夏雲昇、枝太郎、五郎、紋十郎、蔵之助、円若、春団治。

十一日より三馬、小歌、右円喬、枝鶴、おもちや、小柳三、染丸、探偵実話本郷名代の法衣屋の娘、桂家残
  月連夜長講。

二十一日より九里丸、円枝、小文枝、直造、小円馬、升三、大切余興三遊亭円馬。

◇笑福亭 

一日より円笑、三八、亀鶴、助六、南天、正楽、一郎。

 十一日より一声、一馬、桃太郎、月(ママ)笑、星花、助六、源朝、三八、落語怪談因果物語。

 二十一日より夏雲起、福松、千橘、助六、小円太、円笑、小雀。

◇芦辺館 

一日より千成会一行。

 十一日より荒川千成会一行

 二十一日より千成会一行

〈編者註〉大正14726日付「大阪毎日新聞」に「新町瓢亭は現在の寄席興行法を離れ、座員は総て居付きにて一切懸持ちをなさず、聴者と芸人との親しみを深めんが為の新しき企てとして上演物は落語、即席作歌「関の五本松」、漫画スケツチ「観光団のユーモアー」、負退き落語相撲決勝戦、実際に遭遇した怪談、其他種々の余興あり。別に特別室を設け近代名人落語家の遺物を展観に供すと」とある。

大正1473日 神戸新聞

千代廼座 連日好人気の七色會義士廼家喜劇團中野女優團一行は一日より童話舞踊「平軍盛」時代喜劇「浮世の病」舞踊清元「三社祭」新喜劇「借家怪談 此世の幽霊」と狂言替え

大正1477日 名古屋新聞

◇七寶館の落語を聞く 笑福亭福松の「くしゃみ講釈」は、流石きたえた腕に面白く聞かせ、のぞきからくりの文句など大受けであつた。欲には物が皆一つになりたがる点を注意してほしい。踊りもうまい。扇枝の時事を捉え現代語を使った小話しは大喝采。あれで話に情味が乗ると結構。その他天地聖行の剣舞、三枡家枡三の珍芸、独楽の曲など陰鬱な梅雨空の一夜を愉快に過ごすには誂え向きのものである。

大正14712日 神戸新聞

鏡濱海水浴開場式 ・・・一方場内西側の演舞場は午前十時から開場して、涼しい、肩の凝らぬ演しが引つきりなしの演ぜられる、出演者は落語界の人気者桂梅團冶、橘の太郎、桂文弥の一行で落語、手踊、軽口、新内、其他芸尽しなど次から次へ目先の代わる人々が此処へ集まつて涼しい葭簀張りの下で耳や眼を楽しませるとよい・・・。

大正14718日 大阪朝日新聞

<花菱アチャコ、保安課に召還される>

○みだらな寄席芸人 田舎から入り込んでお灸 

 大阪市内の寄席に出演する芸人でみだらな言葉やいやしい素ぶりをして観衆を笑はし人気とりするものが多いので府保安課興行係は十五日西区方面の各寄席に一斉臨検を行つた結果、九条正宗館で出演中の万歳若松屋正右衛門こと野洲政吉(四十四)、米子(二十二)、花子(二十三)、咲子(十六)、末春こと田川義雄(二十一)、花びしやアチヤコこと藤本清太郎(二十九)、平和ニコニコこと八木常一(四十二)、松島廓内中島席松鶴家八千代こと内藤たき(十九)等が臆面もなくみだらな言葉を連発していたので十七日課に召還取調中である。

近ごろ特にこの種の芸が増加したのは寄席観物場が多くなり、田舎からいろ〳〵のものが入りこみ、安く仕込めるので興行主が歓迎するからである。正宗館に出ているものなども府下南河内方面の農家のもので、河内音頭を稽古したものばかりで日手当十円乃至五十円で寄席のうちで宿泊せしめている。これがまた風紀上取締上なか〳〵困難で、某席の如きは「午前一時以後は戸をあけぬ」と貼り出してある。さうなるとやむなく外泊することになるのでこの対策についても近く取締を行ふはず。

大正14718日 大阪朝日新聞神戸付録

萬國館 十九日から七色会二部と巴家寅子一行

<編者註>三宮萬國館は、元々活動写真館であったが、この頃吉原興行直営館になっていた。

大正14720日 大阪朝日新聞神戸付録

千代ノ座 七色会は二十一日から舊二輪加「稲荷の徳國」他諸芸大会

大正14723日 神戸新聞

千代廼座 納涼七色會は特別加入として巴屋寅子の出演が人気を呼んでいる。

大正14729日 神戸新聞

[広告]明日摩耶山天幕村 晝の部 (正午より)落語【橘楽天坊、】音曲声色【桂枝之助】落語手踊【桂三之助】落語手踊【桂梅太郎】萬歳【玉子家源八、小源丸】落語手踊【桂米三】奇術【一陽斎都一】落語【桂梅團冶】音曲手踊【橘の太郎】浪花節【富士郎花仙】喜劇【座員一同】

大正14731日 神戸新聞

千代廼座 七色會連中は一日より出番替はり國勢安来節は小原振つつみ踊、所作事「楠公後日物語」その他巴家寅子の滑稽義太夫引抜怪談「かさね物語」など

萬國館 七色會第二部連は八月一日より新作金山踊、大島おどり、同座独特の寄合松尽しその他

天幕村と海水浴場 ・・・摩耶山の本社天幕村は此の日晝夜を通じて面白い余興があるといふので朝来上筒井終点から連結自動車の乗場にやつて来る者夥しくそれが晝過ぎ頃になると全く運びきれぬ有様・・・余興では正午から余興が開始され先づ橘楽天坊の落語に桂枝之助の音曲声色、桂三之助、梅太郎などの落語手踊り何れも人気ものだけに大喝采、玉子屋源八、小源丸の萬歳、桂米三の落語手踊、一陽斎都一の奇術等次から次へ演じられ桂梅團冶の落語は肩のこらぬアッサリした読みぶりに大受け、次で橘の太郎の音曲手踊、富士郎、花仙の浪花節座員一同の喜劇で大詰の幕を引いたが此の頃から・・・(後省略)。


大正
148

京都の寄席案内

◇富貴  

一日より三木助、正光、塩鯛、円太郎、三馬、一郎、花菱家連。

十一日より右之助、福団治、助六、清子、喬之助、三八、遊三、文次郎、一光、円子組怪談。

二十一日より枝太郎、扇枝、扇遊、残月。

◇笑福亭 

一日より桃太郎、一声、一馬、助六、ウグイス・チヤツプリン、円笑、枝女太、福松、三治。

 十一日より落語角力、米団治、景山、天地、正寿、アチヤコ、亀鶴、三馬、小えん、三治。

 二十一日より文雀、源朝、福松、桃太郎、小雪、雪江、三八、助六、三馬。

◇芦辺館 

一日より万歳常設場好評に付き引続き昼夜開演 荒川、千成会一行。

 十一日より引続き千成会一行

 二十一日より荒川千成一行。

大正1481日 大阪朝日新聞神戸付録

千代ノ座 本日から我社訪欧飛行記念の為愛読者に割引券を出すことになったが、割引券は本日より十日間毎日演芸欄のあとに刷ってあるからそれを切り抜いて使用して頂きたい。演題は国勢安来節「桃太郎鬼が島退治」小原節「振りつづみ踊」魔術応用「不思議な踊り娘」二輪加「じゃが芋」巴家寅子の滑稽七変化、脱線義太夫、落語、萬歳、女道楽、掛合、諸国名物踊
大正1481日 名古屋新聞

[広告]七寶館/三遊亭圓橘一行

大正1482日 神戸新聞

[広告]摩耶天幕村家族的娯楽大会と境濱の余興(天幕村)【二日午前十一時から】落語桂圓次、物真似一人角力桂枝之助、音曲四つ竹桂扇三、落語一人芝居桂梅太郎、落語手踊桂米三、舞滑稽浄瑠璃桂一團冶、奇術長谷川南洋、滑稽萬歳菅之家千代丸、曽我廼家蝶平、落語音曲桂梅團冶、浪花節京山秋月(境濱)【二日正午から】軽口(福徳、福来)奇術(正勝)落語音曲(歌路)萬歳(○丸、政江)琵琶劇(石童丸、高山彦九郎)

大正14814日 神戸新聞

[広告]境濱と天幕村日曜日の余興(境濱海水浴場)・・・・・落語(桂圓一)手踊(桂梅三)一人角力(桂扇三)落語(桂梅太郎)軽口(圓次郎、圓奴)浄瑠璃(桂文弥)奇術(南洋)手踊(歌昇)浪花節(京山秋月)音曲問答(桂梅團冶)萬歳(小圓、圓丸)(摩耶山天幕村)・・・諸芸大寄せ(芦辺倶楽部一行)落語(桂喜升)奇術(ウワンダー正勝)萬歳(桂小遊楽、同喜楽)曲芸と運動(支那人趙雲貴、趙間忠)

大正14818日 京都日出新聞

○亡くなつた京極の二名物 正玉と琴書 

「おはいりーやーす」の大虎座(今の富士館)に張ボテ鬘の二輪加が京極の人気を背おふていた頃、正玉、馬鹿八の名は京名物の一つとなつていた。水戸黄門記や弥次喜太旅行を毎日曜に続けて大供子供を笑はせていた。其後時勢の変遷に遂に座主の小林は活動に手をそめて二輪加もやめてしまひ、座頭の東玉は娘二人を先斗町の芸者にして素人芝居の振付師となり、馬鹿八は大阪に戻り、楽天地等に出たり又は落語界に軽口をやつたり、多くの連中は軽口を専門にやつていた。勿論変り種もあつて、新蝶が裏寺で待合をやり、昆布巻屋でうろついていた事もある。そう云つた連中と落語家とが聯合して余興屋を引受けていた事もあつた。最も其のうちの人気者、近眼の正玉は帝国館の滑稽弁士として一時弁士界を賑はしたが、永づゞきをせないでしまつた。それにたゞ一人の息子は可成り極道をしたらしく、其上妻帯して一年目に二十一二歳で死んでしまつた。四条辺で出会ふ正玉はその頃からめつきり弱つてしまつて、妻君が花見小路でやつている中よしの御亭で納まつていた。もらつた養女は沢山あつても──舞妓の歌若も其一人──実子を失なつた淋しさは、益々気をくさらし、中風の様な様子もあつたが、遂に六月一日の夜、近くの芸妓のノロケを聞き乍ら心臓麻痺で死んでしまつた。十七日、千本で喜劇界の名物の葬儀は営まれた。年も五十過ぎた計りであつた。横田のフイルムにも一二入つた事がある。

此二輪加の隆盛の頃、関西の講釈界の重鎮山崎琴書は、今の出雲屋の処に琴書亭なる定小屋があつて永い事、講釈の席として存続していたが、これも浪花節の流行する様になつてからは、とんと振はなくなつて、遂に京極から其姿を隠した。が何と云つても興行界の古顔だから今でも覚えている人も多からうし、又いろ〳〵の会の余興にも其老躯を見たものである。本人の得意の出しものでもないが、藤吉長短鎗試合など面白く聞かせてくれた。そうして京極の歴史はよく知つていたが、晩年闘茶に熱心でコツ〳〵手彫等をして楽しんでをつた。フト本月十五日死去したと聞いて、又京極名物が一つ亡くなつたのを淋しく思ふ(時に七十一歳)。宝丹蒐集家山崎翠紅君が琴書の唯一の息である事を知る人は少からう。今日は裏寺で其葬儀が営まれた。十七日 田中緑紅)

大正14819日 神戸新聞

神戸劇場 二十一日より落語怪談桂文弥一行で余興として時代映画を公開する、余興種目は名古屋萬歳山村秀丸、井筒家蝶、新内曲弾鶴賀貴蝶其他落語手踊

千代廼座 二十一日より萬歳大競演會、余興として松旭斎天旭一行の大魔術に梅坊主一行の江戸生粋の深川かつぽれ三河家秀子一行の手踊

大正14822日 神戸新聞

[広告]納涼博の余興軽口(嘉市)安来節(豆子)同(絹枝)三曲萬歳(座中総出)安来節(光奴)追分ハツトセ踊(三河家娘連)少年萬歳(染十郎、染五郎)落語手踊(桂福三郎)江戸生粋深川踊(豊年斎梅坊主一行)娘所作事どんどろ大師(都家峰菊、初菊、久子、峰子)高級萬歳(曽我廼家嘉市、橘家染丸)八木節大正踊(娘連)安来節(芳子)小原節花笠踊(娘連)改良剣舞羅生門(富士廼家染丸、中村むら枝)

大正14827日 大阪朝日新聞神戸付録

神戸劇場 桂文弥一行の落語手踊他幕合には「ベッキイの双子」「千代田の礎」の映画を見せる

大正14829日 神戸新聞

[広告]三十日の日曜日境濱海水浴場 桂梅團冶一行 落語(梅喬)手踊(圓一)一人芝居(扇三)活惚(團冶、梅之助)落語手踊(米三)落語手踊(文弥)萬歳(勝平、千代丸)音曲(梅團冶)喜劇(総出)摩耶山天幕村 浪花會一行 落語音曲(歌路)軽口(喜楽、力太郎)落語手踊(喜升)落語手踊(菊團冶)奇術(正勝)
大正14831日 名古屋新聞

◇七寶館 九月一日より落語界の人気者桂文治郎に、式亭三馬、桂小春團治、桂四郎坊、金之助等の大連にて、残暑の厳しさを笑いで忘れさすと。本紙切抜持参の方は例の如く割引。

<編者註>九月十日迄興行


大正
149

 大阪の寄席案内

<上席(一日より)> 

南地花月亭 円子、残月、国太郎、米団治、久里丸、扇遊、芝鶴、馬鹿八外若手連に東京連小亀連一行  

南地紅梅亭 春団治、遊三、円枝、枝太郎、ざこば、円若、おもちや外若手連に東京連助治郎  

北新地花月倶楽部 円太郎、春団治、残月、九里丸、ヴアヰオリンの石村松雨、曲芸助治郎  

松島花月亭 ざこば、円枝、円太郎、遊三、春団治、石村松雨、一馬、一声外若手連  

新町瓢亭  円枝、円子、残月、春団治、一光、正光、おもちや、石村松雨  

千日前南陽舘 万歳色物大会  

新世界芦辺舘 改築竣工はげ亀、助治郎、新坊、小亀、潮三郎の合同座と安来節の大座と三木助、円馬、清
  昇等出演

<中席(十一日より)> 

南地花月 遊三、ざこば、蔵之助、文治郎、千橘、円枝、枝太郎外若手連に一光の曲芸小亀一座の茶番物言
  ふヴアヰオリンの石村松雨外おもちや扇遊円若等の色物連出演  

北陽花月倶楽部 円子、文治郎、染丸、蔵之助、桃太郎外若手連に色物連小亀一座おもちや石村連助治郎出
  演  

松島花月 染丸、残月、花橘、小文枝、円子、枝鶴、米団治外若手連に芝鶴、馬鹿八、星花、助治郎、九里
  丸の色物連出演  

新町瓢亭 残月、枝鶴、千橘、ざこば、遊三、染丸外若手連に石村松雨、夏雲昇、扇遊、四郎坊、金之助、
  アチヤコ、正寿出演  

天満花月 蔵之助、扇枝、枝太郎、三八、花橘、文治郎、円子、色物九里丸、亀鶴、石村連出演  

京町堀京三倶楽部 米団治、小円馬、円枝、残月、ざこば、千橘、小南光に色物連四郎坊、金の助、九里
  丸、星花、亀鶴、夏雲昇出演  

上本町富貴席 花橘、文雀、円子、円枝、扇枝外若手連に扇遊、小円太、円若、アチヤコ、正寿  

玉造中本倶楽部 千橘、桃太郎、小南光、右円喬、文雀外に色物、円若、升三、四郎坊、金の助、扇遊、
  一光、芝鶴、馬鹿八、小円太出演  

千日前南陽舘 万歳色物大会  

新世界芦辺館 はげ亀、新坊、助次郎、小亀、潮三郎の江戸生粋風流茶番滑稽大神楽に安来節のには安来節
  芸妓の美人揃五十余名の合同大一座に余興三木助、勝太郎の「三社祭」

十一日より十三日まで南地紅梅亭にて、十四日より四日間松島花月にて、十八日より三日間北新地花月倶楽部
 にて伊藤痴遊独演会。

<下席(二十一日より)> 

南地花月 ざこば、勝太郎、春団治、残月、蔵之助、小文枝、塩鯛に松雨、松りう、松栄、助治郎、芝鶴、
  馬鹿八、おもちや、女道楽、喬之助、清子等  

南地紅梅亭 国太郎、文治郎、円馬、千橘、遊三、円枝、染丸、花橘に奇術正光、曲芸直造、一光、尺八滑
  稽舞踊扇遊、支那曲芸夏雲昇等  

北新地花月倶楽部 春団治、残月、勝太郎、円馬、塩鯛、米団治に色物扇遊喬之助、清子、正光、石村松雨
  連等

松島花月  円馬、千橘、文治郎、円太郎、円都、遊三外若手連に色物扇遊、万歳ウグヰスチヤツプリン、
  石村松雨連、助治郎、芝鶴、馬鹿八等  

新町瓢亭  染丸、塩鯛、蔵之助、円枝、花橘、円馬、小円太に色物直造、芝鶴、馬鹿八、夏雲起、正光等  

天満花月  残月、助六、染丸、ざこば、千橘、三馬に色物万歳雁玉、キネマ、女道楽花菱家、軽口四郎
  坊、金之助、天地景山等  

内本町お旅松竹座 遊三、桃太郎、ざこば、米団治、文治郎、助六、円枝に色物福徳福来四郎坊、金之助、
  すゞめ、直造等  

福島延命舘 蔵之助、円枝、円太郎、塩鯛、小円太、染丸、桃太郎、千橘に色物天地景山、雁玉、キネマ、
  四郎坊、金之助、石村松雨連等  

京町堀京三倶楽部 花橘、小円太、遊三、桃太郎、文雀、円太郎に色物芝鶴、馬鹿八、扇遊、ウグヰスチヤ
  ツプリン、升三、助治郎、四郎坊、金之助  
 上本町富貴席 米団治、花橘、小枝鶴、三馬、残月、蔵之助に色物福徳福来、すゞめ、天地景山、直造、南
  天等  

千日前南陽舘 高級万歳及色物大会  

京都の寄席案内

◇富貴  

一日より三八、円都、小文枝、直造、蔵之助、夏雲昇、勝太郎、染丸。

十一日より福松、花菱花、三馬、小春団治、夏雲起、円太郎、助六、一声、一馬、塩鯛、円馬、正光、春
  団治。

二十一日より連夜小南

◇笑福亭 

一日より枝女太、福松、朝日、日の出、助六、升三、小円太、花橘。

 十一日より花月三友合同青年幹部会。

 二十一日より落語万歳合同ニコ〳〵大会

◇芦辺館 

一日より荒川千成会一行

 十一日より関東関西合同万歳大。

 二十一日より万歳大会

大正1491 神戸新聞

◇神戸劇場 桂文弥一行。

千代廼座 七色會は〆太の宙乗り宙返りは観る者をして手に汗を握らせて扇三の人情噺は「柳影月の朧月」はしんみりとしたもの

大正1494日 大阪朝日新聞神戸付録

千代ノ座 七色会〆太の宙返り、扇三の人情噺など

神戸劇場 花外一行の奇術と怪力家ウヲースカル・ケンテハの力技他

大正1494日 名古屋新聞
◇七寶館の落語 桂文治郎の落語は聴て面白い。オツな小唄も交ぜ、若手だけに車輪の高座ぶりは何よりである。これで深味が出来て来ると申分なし。式亭三馬の人情話しはさすがに老功な話術の妙があり、扇子一本が聴客を惹きつけて行く。このほかに四郎坊、金之助のかけ合話し、小春團次、光鶴などくすぐりは多いが笑はずには居られない。

大正1497日 大阪朝日新聞神戸付録

千代ノ座 七色会寅子の音曲江戸茶番、〆太の電気宙返り、天旭の魔術

大正1498日 大阪毎日新聞

◇[広告]新世界芦辺館改築記念興行

14年 001

大正14910日 大阪毎日新聞

○娘義太夫の修業場 名物の播重が復活 東広を上置きとして十四日には蓋を開ける

 大阪の郷土芸術として誇り、名物の一つとして数へられていた千日前の娘義太夫席播重が復活する。あの恋しい播重が女義太夫修業場の金看板を収支償はずと惜くも引下ろしてから早四年だ。大正十一年八月に落語大八会の南地における根城となつて播重席が播重座と改称され、スッカリ看板をかへて面目を一新したのはよいが、間もなく大八会が解散し、それから更に天満の宮崎興行部の経営に移り、依然落語をつゞけていたが、矢張り女義太夫の修業場といふ老舗が邪魔となつて、落語では収支が償はない上に、この頃の不景気がたゝつて持きれなく、三年といふ契約期限が来ると宮崎興行部では直(すぐ)元通り井谷席主に戻して来た。そこで井谷席主も矢張り娘義太夫ののれんで昔を今に花々しく盛返すことにして、目下大急ぎで元通りの寄席に手入れ中だが、この十四日にはもう初日を出すことゝなつた。顔ぶれも昔そのまゝ重鎮竹本東広を上置きに、竹本小仙を御大に、副に竹本末千代、それに老寿、広子といつた若手をも揃へ、その他三味線として豊沢蔦之助を真に、東重、綱之助等の腕達者を配つて、亡びゆく浪華情緒を秋の夜長の道頓堀川にみなぎらせることとなつた。なほ返り咲きの昇之助も播重の復活に、折角松竹に味を見せたが、今更播重が恋しく思案にくれているさうだ。

大正14913日 大阪朝日新聞神戸付録

萬國館 萬歳得点会巴家寅子、松旭斎天地一行

大正14916日 神戸新聞

千代廼座 七色會一行は十六日より大入御礼として橘家太郎、菊春の上へ曲芸運動中華民国人辺永礼一行を加える
大正14916日 名古屋新聞

<名古屋中央劇場改め中座>

◇中央劇場改革 中座と改め 新守座の脚本部にあつた小島富也氏は今回同座を辞し、金輝館の岡崎氏及び某氏後援の下に中央劇場の経営に当る事となり、座名も中座と改め、近く華々しくその披露興行をなすと。飯田芳稲、中川雨之助氏等顧問となり民衆劇場としての諸設備を完備せしむる筈で、先づ観客待遇法、舞台装置、電気照明等に大改善を加えると。

大正14920日 神戸新聞

千代廼座 クロスワードダンスた天旭嬢一行の魔術が大受け

大正14921日 大阪朝日新聞神戸付録

千代ノ座 七色会本日からの替りは「成金踊」「松風村雨須磨物語」長唄所作事「たぬき」橘家太郎菊春の萬歳、辺永礼の曲芸ほか女道楽、落語、珍芸

大正14925日 名古屋新聞

◇七寶館 七寶館は二十五日より東京落語の泰斗三遊亭圓遊一行にて開演す。一座は新進若手花形揃い。

上方落語史料集成 大正14年(1925)10月~12月

大正1410

 大阪の寄席案内

<上席(一日より)>

南地花月 春団治、円馬、枝鶴、五郎、円太郎、花橘、米団治、円枝に東京連桜川長寿外に色物九里丸、
  夏雲昇、正光、直造、円若、升三外  

南地紅梅亭 三木助、染丸、勝太郎、塩鯛、扇遊、円子、小文枝、円都に東京連馬生外に色物一光、おも
  ちや、喬之助、清子、四郎坊、金之助、夏雲起

北新地花月倶楽部 勝太郎、春団治、三木助、染丸、五郎、枝太郎に東京連馬生、長寿外に色物九里丸、
  円若、一光、夏雲昇外若手連出演  

松島花月 円枝、蔵之助、枝太郎、扇遊、勝太郎、春団治に東京連馬生、長寿、外に色物正光、一光、九
  里丸、喬之助、清子外  

新町瓢亭 円馬、枝鶴、円子、円太郎、春団治、塩鯛、右円喬に東京連長寿、馬生外に色物おもちや、直
  造、正光、升三  

天満花月 勝太郎、円太郎、塩鯛、円子、福団治、桃太郎、蔵之助外色物直造、星花、喬之助、清子、お
  もちや、円若、紋十郎  

内本町お旅松竹座 染丸、右円喬、円枝、小円太、枝太郎、円馬、三八、色物升三、花菱家四郎坊、金
  之助、すゞめ等出演  

福島延命舘 円子、扇枝、花橘、桃太郎、円馬、枝鶴、三木助、小春団治、外に色物喬之助、清子、夏雲
  昇、星花、一光  

京町堀京三倶楽部 蔵之助、三八、扇枝、花橘、米団治、小円馬、染丸、枝鶴外に色物四郎坊、金之助、花
  菱外升三、直造、おもちや  

上本町富貴席 塩鯛、小円太、小文枝、小南光、円枝、蔵之助、福団治、円太郎外に色物すゞめ、夏雲起、
  花菱家九里丸  

玉造中本倶楽部 花橘、福団治、米団治、三八、小南光、小円太、円都、小枝鶴外に色物すゞめ、夏雲起、
  四郎坊、金之助、円若、花菱家連

<中席(十一日より)> 

南地花月 染丸、文治郎、三木助、五郎、塩鯛、馬生等  

南地紅梅亭 円馬、遊三、春団治、米団治、円子、千橘、円太郎、枝鶴等  

北新地花月倶楽部 三木助、枝鶴、馬生、春団治、塩鯛、円馬、小南光、千橘等  

松島花月 円子、塩鯛、五郎、円太郎、枝鶴、染丸、米団治等  

新町瓢亭 馬生、千橘、ざこば、遊三、文治郎、三木助、小春団治、文雀等  

天満花月 ざこば、福団治、円子、千橘、円馬、馬生、文雀三木助等  

内本町松竹座 春団治、米団治、円馬、扇枝、文雀、遊三、しん蔵、花治、小枝鶴、福団治等  

上本町延命舘 文治郎、円太郎、染丸、塩鯛、ざこば、右円喬、春団治等  

京町堀京三倶楽部 円太郎、福徳福来、枝鶴、しん蔵、小南幸、染丸、扇枝、文治郎、遊三等  

上本町富貴席 扇枝、小春団治、右円喬、福団治、米団治、円子、紋右衛門等  

新世界芦辺館 出雲芸妓安来節大一座に万歳色物出演   

千日前南陽館 万歳及色物大会  

千日前三友倶楽部 万歳、安来節大会

九条正宗館 安来節大会に万歳色物連出演

<下席(二十一日より)>

南地花月 円枝、円太郎、春団治、五郎、勝太郎等  

南地紅梅亭 残月、花橘、三木助、小文枝、蔵之助、塩鯛、遊三、文雀、ざこば等  

北陽花月倶楽部 春団治、勝太郎、円枝、ざこば、三木助、五郎、紋十郎、残月等  

松島花月 三木助、五郎、紋十郎、花橘、右円喬、助六、勝太郎、花治等  

新町瓢亭 円子、塩鯛、残月、千橘、春団治、円太郎、扇枝、福松等  

天満裏門花月 遊三、助六、蔵之助、ざこば、円枝、小枝鶴、桃太郎等  

内本町松竹座 蔵之助、千橘、桃太郎、円太郎、花橘、三木助、小南光等  

上福島延命館 ざこば、小円太、残月、文雀、桃太郎、遊三、花橘等  

京町堀京三倶楽部 小文枝、円子、遊三、円枝、小円太、春団治、塩鯛、勝太郎等  

上本町富貴席 右円喬、文雀、福松、助六、桃太郎、小春団治、蔵之助、うさぎ等  

玉造中本倶楽部 扇枝、小南光、小春団治、塩鯛、円子、福松、右円喬、染三等  

千日前南陽館 高級万歳と色物大会  

九条正宗館 安来節、万歳、色物大会

三十一日一日両夜五時より堀江賑江亭にて講談落語保存会。出演者は小伯山、楳林、松鶴、一山、南陵。番外
 として三遊亭円遊出演。

京都の寄席案内

◇富貴  

一日より福松、かな棒、芝鶴、千橘、扇遊、文治郎、残月、石村連、遊三。

十一日より小円太、枝太郎、桃太郎、花橘、直造、勝太郎、小文枝、蔵の助、正光、円枝。

二十一日より幹部長講会枝太郎、枝鶴、米団治、文治郎、円馬、染丸、余興一光、九里丸。

三十一日午後六時から柳家小さん独演会(くやみ、碁どろ、うどんや)。

◇笑福亭 

一日より枝女太、愛蔵、円笑、ざこば、三馬、文雀、一馬、一声、助六。

 十一日より花月三友合同諸芸大会。

 二十一日より[落語]小円馬、福団治、三八、三馬。[万歳]千代春・文春、菊丸・末義、艶子・末丸、
  ニコ
〳〵・正右衛門、幸丸・次郎。

◇芦辺館 

一日より浪花節現在奈良丸一行

 十一日より関東関西合同万歳大会

 二十一日より関東関西大合同万歳大会

◇西陣富貴

 二十一日より落語幹部連と万歳大会。[落語]三馬、三八、文治郎、九里丸、染丸、円馬、枝鶴、米団
 治[万歳]正右衛門・ニコ
〳〵、次郎・幸丸、末義・菊丸、文春・千代春、艶子・末丸。

大正14101日 名古屋新聞

◇因倶楽部 東京落語柳亭小左楽一行の落語。今晩より開場。

◇中座 中央劇場改称の中座は新装なりて、愈々本日より小島興行部の手にて経営される。

大正141016 大阪毎日新聞京都滋賀付録

◇[広告]江戸の名物男・世界的珍芸人 猫八/百八種の動物啼き分けに英皇太子「世界名物男の珍鳥」と御称賛/猫八特異の体質解剖研究の為既に大学病院と生き乍ら死体の取引を済ます、是れ将に天下一品/猫八の前に猫八なく、猫八の後に猫八なし/種目落語、手踊、音曲、物まね、二人掛合、当意即妙機知縦横、独特研究即席問答/いよ〳〵十七日より七日間 京都座  

大正141027 大阪毎日新聞京都滋賀付録

◇大津大黒座 二十七日から三日間、江戸名物男の珍芸人猫八の一世一代御名ごり興行開演。呼び物は鳥獣虫百八十種の鳴き分けと懸賞(白米一俵)即席問答。

大正141031日 京都日日新聞

◇伏見太平座 三十日から江戸名物男猫八一座が開演する。同人は三時間に亘り世界の鳥の鳴き声、動物の鳴き声の啼わけ百八種に及ぶ。その他落語手踊、音曲、掛合、扇舞、珍芸の外に、来客の難問題に対して猫八の即席問答あり。懸賞として米反物などを出すといふ。

大正141031日 名古屋新聞

◇七寶館 十一月一日より東京落語当地出身橘家蔵之助一行に、桂米團治を加え、桂南光、笑福亭小枝鶴、桂米蔵、三遊亭鯛一等。


大正
1411

 大阪の寄席案内

<上席(一日より)> 

南地花月 円子、枝鶴、文治郎、勝太郎、小円太、花橘、円枝、千橘、ざこば等及び燕枝来演  

南地紅梅亭 落語講談長演会 出演者三木助、春団治、枝太郎、円馬、染丸、神田ろ山。  

北陽花月倶楽部 落語講談長演会 出演者三木助、春団治、枝太郎、円馬、神田ろ山、談州楼燕枝。  

松島花月 小文枝、枝鶴、千橘、扇枝、勝太郎、花橘、小円太、文雀等  

新町瓢亭 春団治、円枝、勝太郎、小円太、染丸、三木助、扇枝、右円喬、神田ろ山  

天満花月 染丸、文雀、右円喬、円子、枝鶴、千橘  

松屋町お旅内松竹座 右円喬、小円太、文治郎、ざこば、円枝、小円馬、文雀、円子、枝鶴  

上福島延命舘 円馬、千橘、円子、花橘、三馬、文治郎、談州楼燕枝  

京町堀京三倶楽部 勝太郎、花橘、染丸、扇枝、右円喬、ざこば、三馬、文治郎  

上本町二丁目富貴席 ざこば、扇枝、三馬、文雀、小文枝、枝太郎

<中席(十一日より)> 

南地花月 三木助、円枝、染丸、五郎、紋十郎、枝太郎、枝鶴、小文枝、米団治、文治郎、塩鯛、九里
  丸、芝鶴、かな棒等  

南地紅梅亭 円馬、勝太郎、蔵之助、残月、円太郎、花橘、遊三、小円太、談州楼燕枝等  

北新地花月倶楽部 文治郎、円馬、花橘、遊三、五郎、紋十郎、勝太郎、染丸、文雀、燕枝等  

松島花月 残月、五郎、紋十郎、円太郎、塩鯛、円馬、枝太郎等  

新町瓢亭 遊三、枝鶴、残月、文治郎、文雀、蔵之助、円枝、談州楼燕枝等  

天満花月 文治郎、小春団治、三木助、勝太郎、塩鯛、花橘、談州楼燕枝等  

内本町松竹座 染丸、小文枝、勝太郎、枝鶴、円馬、残月、小春団治、三八、花治等

福島延命館 円太郎、遊三、文雀、三木助、染丸、扇遊

京三倶楽部 蔵之助、円枝、三木助、枝鶴

上本町富貴席 米団治、花橘、蔵之助、円枝、円太郎

玉造中本倶楽部 万歳色物大会

千日前南陽館 万歳大会

九条正宗館 安来節、万歳、色物大会

新世界芦辺館 吉本少女舞踊団と安来節、万歳大会  

十四、十五日両日正午より堀江賑江亭にて講談落語保存会。

【初日】高津の富(鶴光)、壷阪(一山)、掛合(次郎坊・太郎坊)、森の石松(小伯山)、浮世床
 (松鶴)、俵星玄蕃(南陵)

【二日目】五人廻し(花丸)、医術の情(楳林)、掛合(初日と同じ)、森の石松(小伯山)、孝行
  燈(松鶴)、碓氷の紅葉(一山)

十五日正午より南地花月亭にて燕枝独演会。演題は「浜野矩随」「塵塚於松」「心眼」「欠伸指南」

京都の寄席案内

◇富貴席 

十一日より福松、桃太郎、金の助、四郎坊、三馬、おもちや、ざこば、春団治、円若、円子。

二十一日から三木助、石村連、円枝、扇遊、蔵之助、小円太、小文枝、新三、福来、福徳。

◇笑福亭 

 十一日より小染、春江、千代政、右円喬、直造、菊丸、助六、日代志、金蝶、おもちや、千橘、扇枝、艶
  子、未丸。

二十一日より花月三友合同若手競演会。

◇芦辺館 

二十一日より関東関西合同万歳大会。

〈編者註〉上席(一日より十日まで)に南地紅梅亭と北新地花月倶楽部で開催された講談落語長演会のうち、新聞により判明した演目は以下の通り(個人別に記載・日付省略)。

ろ山(花月倶楽部・紅梅亭両席)「黒駒の勝蔵と清水の次郎長」

春団治(花月倶楽部)「吉野忠信」「金の大黒」「禁酒関所」「高津の富」「打かへ盗人」「あんま炬燵」、(紅梅亭)「なま貝」」「猫忠」「壷算」「浮世床」「駱駝の葬礼」「牛誉め」「宿替」

三木助(花月倶楽部)「ほうきや娘」「名匠昆寛」「菊江仏壇」「三年酒」「鬼薊」「捨丸」「百年目」、(紅梅亭)「猫忠」「関の津富」「先の仏」

円馬(花月倶楽部)「芝浜」「中村仲蔵」「とうなすや」「桜川」「柳田薪割り」、(紅梅亭)「文七元結」「子別れ」「恋」

枝太郎(花月倶楽部)「ぬけ雀」「大丸屋」「後家殺し」「景清」「質屋倉」「船弁慶」「片棒」、(紅梅亭)「坊主茶屋」「網船」「胴とり」「あん七」「島原八景」「蛸坊主」「じやがん草」

燕枝(花月倶楽部)「梅若礼三郎」「お化け師匠」「阿部彦之進」「悪事千里」「三味線栗毛」

染丸(紅梅亭)「苫ケ島」「鼻ねじ」「明石名所」「辻八卦」「高尾」「味噌蔵」「稲荷車」

大正14115日 大阪毎日新聞京都滋賀付録

◇[広告]満員御礼/当る十一月五日より古今独歩天下一品 猫八独演会/京都西陣劇場 九日限り日延べなし

大正14111518日 大阪朝日新聞

○商売うらおもて 世間のアラで飯を食ふ 落語渡世(上) 芸が身を扶ける不仕合せ

「動くともよもや抜けじや要石商神のあらん限りは」と御詠歌にもなる通り、総じてなりはひの道、稼ぐに追ひ付く貧乏はないはずだが、昔から「世間のアラで飯を食ふ」落語家は、貧乏神と隣合せ、高座で馬鹿をたゝいて□つぱいおマンマを戴く渡世。幸ひ今日は「うらおも亭」が御目どほりに「落語家は一年中の恥曝しの一席毎度替り合ひまして替り栄へのせぬお話も一時の御座興、暫く御免な下さりませう。

下世話に申す芸は身の助けも、ここでは芸が身を助ける不幸とか、寄席の高座に登つて食はんがための身振り声色。その落語家と申すものには、生れ付いた悪性でか、若い時からの放蕩三昧、挙句の果ては食ひ詰めて着のみ着のまゝ裸一貫、身についたものは昔面白半分自慢半分器用でやつた隠芸、それをモトデに思ひつきの寄席芸人、高座で一年中恥を曝すといふのがテイピカル・タイプとなつている。

昔から踊る阿呆に見る阿呆と申しますが、落語の方でも高い所で馬鹿や軽口を喋つてお笑ひを戴いてをりながらも、時折は「話す阿呆に聞く阿呆」と‥‥イヤ嘘にもお客様を阿呆などゝ申しませうものなら、大向から引込めときついお叱りを受けるは必定、阿呆口を申しながらもやはり米櫃の底は気にかゝる。

うつかりと乗つて危ない口車、落語家風情が月千両は聞いてあきれるとお笑ひになりませうが、役者で申せば千両役者、口千両の大看板、まして東京落語となれば一段と高い見識、真打で客一人に付き五銭、取席では十銭という取り前、一晩廻りが五軒として一席二百人と見積つて御覧じ、たとへ前座下座は真打の抱へとしても豪気な収入、それに加へて御座敷や余興さては吹込みと色々の出開帳、雑収入が却つて給料の上を行く。

けれども天地上下はものゝ習ひ、千両落語は百人に一人、真打会二百余名中の十数名、謂はゞ落語の殿様株、以下真打四五百円、中座二百円前後、前座は五十円から百円までが普通の相場、下座はものゝ数ならずと申しても高いところは百両、木の頭チヨンと入れても二十五円也。それでも流石に芸人渡世、ヤレ何席の姐さん、ヤレ彼処の旦那はんと、裏に御贔屓の余得の道があつて見れば、恥を曝すも方便とやら、セチ辛い世の中を面白可笑しく暮せるだけが得である。(1115日)

○商売うらおもて 工場通ひや手内職する 落語渡世(下) 生き木魚の才蔵

笑ふ門には福来ると申す世の中に、毎日皆様に思ふ存分笑つて戴くがこの身のなりはひ、笑ひ本尊福の神、身すぎの苦労はなからうはず、しかしまゝならねばこそ憂世とかお百姓が濁酒に酔うて「豊年ぢや満作ぢや」と踊つていても、やはり骨身に浸みる不景気風、それが笑ひの国へも押しよせてきたとはコリヤ笑ひごとでは御座りませぬわい。

六十銭の木戸銭では客が来ぬ。三十銭の落語よりは十銭の万歳、かうなつては一時間のお座敷で五十円の御祝儀などは昔の夢、哀れ落語家の収入は秋口の気温と掛けて次第に下り、今日この頃は半減の有様である。中には工面の旅巡業などゝ目先きを変へても、窮した算段当らぬ勝ち、中にも頭一つ何円で買はれ行く前座中間と来たら、旅先で日に五十銭の飯代を差引かれ、それで懐が暖まつたら不思議である。だから粥もすゝれぬ前座下座は、已むなく昼間は工場通ひ、家内の手内職で左前の所帯を切り盛りせねばならぬ。

落語の凋落に引き替へて万歳は今が全盛、十銭玉一つで三時間のお慰み、客の集るに不思議はない。この万歳、三河万歳に二輪加を加味した戯れ芸で、太夫は才蔵抱への一組六十円から百五十円といふ相場。殊に才蔵と来たら自分の弟子にポン〳〵と頭を叩かせる生木魚、人権蹂躙だと怒り出した客さへあるとやら。だが才蔵にして見れば、一つ打たれて五厘、二つ打たれて一銭と心の中で算盤置いての儲け仕事、人権尊重で飢ゑに泣かんよりは、たとへ木魚代りでも節季の越せる算段が肝要とある。

お次は女道楽。新内語りや清元は別として、一時流行つた安来節、出雲辺の在所娘を買ひ出して急ごしらへの大一座、それはまだしも、お国訛が似て御座るを重宝に、広島在の百姓娘を雲州女に仕立て出雲正調で売り出した凄い腕の持主もある。

何にまれ名人上手となれば有難いもの、その名人になりたさには犬猫の鳴声までも真似て見る懸命の修業、寄席がハネての帰り道、猫何とかいふ名人が猫の鳴声真似ながらさしかゝつた松原道、ねぼけ烏が阿呆と一声。寄席で馬鹿をほざいている暇にも子は育つ。「俺は大きくなつたら父つちやんよりもえゝ落語家になるのや」などと親の心もしらぬ子の言ひ草が怨めしい。なるほど阿呆と鳴かれても文句はござらぬ。(1118日)


大正
1412

 大阪の寄席案内

<上席(一日より)>

南地花月 趣味の長演会 三木助、枝太郎、春団治、神田伯竜、春日亭清吉出演。  

南地紅梅亭 円太郎、九里丸、ざこば、五郎紋十郎、円枝、残月、蔵之助、円子、桃太郎、米団治、花橘  

北新地花月倶楽部 趣味の長演会 三木助、春団治、米団治、春日亭清吉、神田伯竜出演  

松島花月 春団治、小円太、桃太郎、花橘、遊三、五郎、紋十郎、塩鯛、右円喬、神田伯竜  

玉造三光館 円子、扇枝、小分枝、蔵之助、千橘、花治、春日亭清吉  

新町瓢亭 三木助、枝鶴、残月、ざこば、円子、千橘、扇枝、蔵之助、遊三  

天満花月 残月、米団治、円太郎、千橘、右円喬、塩鯛、五郎紋十郎、円枝  

松屋町お旅松竹座 円枝、蔵之助、塩鯛、右円喬、桃太郎、扇枝、花橘、枝鶴、福団治、枝太郎  

上本町二富貴席 遊三、五郎紋十郎、円枝、塩鯛、小円馬、小文枝、円太郎、志ん蔵、枝鶴   

京町堀京三倶楽部 枝鶴、花橘、千橘、円子、光鶴、円太郎、遊三、小円太、残月、ざこば、扇枝  

上福島延命館 高級万歳及色物大会  

玉造中本倶楽部 安来節堀江殿子一座に色物連出演  

千日前三友倶楽部 安来節出雲芳子及高級万歳出演  

千日前南陽館 高級万歳色物大会  

九条正宗館 山下吉之助高島君江一座の安来節に高級万歳連出演  

新世界芦辺館 花月少女舞踊団の新興舞踊に安来節川上市太郎一座及高級万歳連出演

六日正午より南地紅梅亭にて三遊亭円馬独演会。演題「おしくら」「淀五郎」「素人鰻」「切られ与三郎復
 讐の巻」

六日午後四時より堀江賑江亭にて第五回講談落語保存会を開催。出演者は幸山、花丸、円三郎、一山、次郎
 坊、太郎坊、小伯山、松鶴、楳林

<中席(十一日より)>

南地花月 三遊亭円馬主任にて神田伯竜、桂家小歌、ざこば、染丸、遊三、円子、勝太郎、千橘等出演  

紅梅亭 技芸奨励熱演会 扇枝、花橘、桃太郎、塩鯛、枝鶴、蔵之助、文治郎、円枝等余興として春風亭
  小柳三、石村連出演  

北之新地花月倶楽部 染丸、勝太郎、小文枝、円子、円枝、右円喬、春風亭小柳三、神田伯竜出演  

松島花月 三木助、円馬、文治郎、千橘、ざこば、枝太郎、助六、色物に正光、小歌、小柳三等  

新町瓢亭 円子、円枝、小円太、蔵之助、文治郎、塩鯛、神田伯竜  

天満花月 染丸、三馬、福団治、遊三、三木助、円都、円馬、円枝、枝鶴、色物小柳三、小歌、石村  

松屋町生魂内松竹座 幹部趣味の長演会 枝太郎、遊三、三木助、円枝、円馬、染丸  

上福島延命館 枝鶴、千橘、円子、三馬、小円太、文治郎、蔵之助、花橘、ざこば   

京町堀京三倶楽部 塩鯛、桃太郎、小文枝、小円馬、扇枝、右円喬、三木助、三馬  

玉造三光館 蔵之助、花橘、右円喬、ざこば、遊三、勝太郎、小円太、朝日日左丸、花奴、登吉、夏雲昇等  

上本町富貴席 勝太郎、小円太、助六、塩鯛、花橘、枝鶴、三馬、千橘等

十三日正午より新町瓢亭にて神田伯龍独演会。長講二席と岡本綺堂作「時雨ふる夜」を口演。

二十一日より三日間京三倶楽部にて伊藤痴遊独演会

大正14121日 名古屋新聞

<橋本文枝一行・名古屋七寶館>

◇七寶館 本日より蓄音器界の花形山村豊子一行にて開演。主なる演人物左の如し。

落語踊(桂文弥)娘義太夫(豊竹東昇)高級萬歳(若松正之助、正子)落語舞踊(橋本文枝)三府浮世節(山村豊子)など。

大正14123日 京城日報

[広告]明治町 電話二六〇番 浪花館/柳亭雪之助来る/<出番順>笑喜劇(笑栄会一行)コミック東洋(二龍旭光)高級萬歳(柳亭米丸・笑司)自転車曲芸(田川糸子・旭洋一)落語手踊(三遊亭若遊三)東京落語人情はなし(春錦亭柳橋)女道楽(柳亭雪之助)大切落語劇(座員総出)

大正14125日 名古屋新聞

◇七寶館の山村豊子 レコード吹込みで名声を高めた小唄の名人山村豊子嬢が一日から七寶館の舞台に現れ、得意の美声を聞かせて居る。一座は関西の寄りぬきばかり、東昇の浄るりは関西仕込みとあつて、一寸聞かせる。目先に変つた男女萬歳は徹底的に腹をよじらせる。秦玉章らの支那大運動。橋本文枝の落語手踊りは感心なもの。その他盛り沢山で、寄席気分を味わしてくれるが、流石に山村豊子は声もよければ、筋まわしもよく、一座をぬきん出て居るだけあつて、連日満員つづき、因みに本紙切抜持参の方は割引優待。

大正141214日 神戸新聞

<東京名人会・神戸聚楽館>

名人 聚楽館は十六日から二十日まで柳家三語楼、柳家金語楼の落語、昇龍斎貞丈の講談、加藤渓水の尺八、忘年の名人會三語楼は現代落語界の新人で現代的滑稽の第一人者、金語楼は名人小さんの後継者と自他共に許せるもの、貞丈は高貴のお招きにもあづかる若き上手、典心の愛児である、尺八の渓水は中京管界の名人でまた一種の奇人である

<編者註>名人会の番組下記の通り。

1216日:風呂敷(三語楼)名に残る誉れの仇討ち(貞丈)浮世節(とんぼ、おぼん、小奴)本曲鶴の巣踊り、俗曲端唄都々逸追分小唄民謡数番(渓水)

1217日:當り矢(三語楼)碁ぞろ(金語楼)大石瀬左衛門(貞丈)尺八八本曲(渓水)浮世ぶし手踊(とんぼ、おぼん、小奴)

1218日:團吾兵衛(金語楼)青年時代の秀吉(貞丈)亀太夫(三語楼)尺八三曲数番(加藤渓水)

1219日:二人旅(金語楼)織田大炊(貞丈)釜盗人(三語楼)尺八俗曲(加藤)

1220日:哥澤(寅吉)尺八(加藤)千秋楽穴おとし(金語楼)荒木又衛門(貞丈)うなぎ(三語楼)

大正141221 神戸新聞

千代廼座 二十一日より七色會年忘れ芸づくし大會 少女萬歳、女道楽、小倉船、奇術コミツク、吹寄の舞、中華民国大運動、支那舞踊その他

プロフィール

丸屋竹山人

カテゴリー
  • ライブドアブログ