昭和2年

上方落語史料集成 昭和2年(1927)1月~3月

昭和21

大阪の寄席案内

一月一日より

△南地花月 春団治、円馬、文治郎、五郎、紋十郎、遊三、喬之助、神田ろ山、巴家寅子一座等。

△南地紅梅亭 円子、枝鶴、蔵之助、千橘、馬生、染丸、ざこば等。

△北陽花月倶楽部 ろ山、染丸、喬之助、春団治、円馬、扇枝、五郎、紋十郎、巴家寅子一座、熱田獅子一行等。

△松島花月 円馬、千橘、ろ山、おもちや、三福、ざこば、文治郎、春団治、馬生、巴家寅子一座等。

△新町瓢亭 春団治、三福、五郎、紋十郎、扇枝、円子、枝鶴、遊三、夏起雲、巴家寅子一座。

△天満花月 蔵之助、ざこば、小円馬、五郎、紋十郎、円馬、花菱家連、扇枝、熱田獅子。

△松屋町松竹座 染丸、喬之助、馬生、遊三、蔵之助、春団治、慶司、五郎、アチヤコ、三福、一光

△京町堀京三倶楽部 遊三、扇枝、文治郎、小円馬、染丸、喬之助、九里丸、小春団治、円子、正武・東湖、アチヤコ、慶司、五郎。

△玉造三光舘 円枝、九里丸、小文枝、馬生、アチヤコ、蔵之助、正武・東湖、ざこば。

△上本町富貴、千日前南陽舘、新世界芦辺舘、千日前三友倶楽部、九条正宗舘、市岡パラダイス 各々万歳等の諸芸。

一月二十一日より

△南地花月 円馬、春団治、三木助、千橘、余興は巴家寅子と霊交術など。

△南地紅梅亭 円枝、遊三、染丸、扇枝など。

△北新地花月 春団治、円太郎、千橘、枝鶴、喬之助、清子、巴家寅子ら。

△松島花月 三木助、花橘、河本光月、五郎、慶司など。

△新町瓢亭 染丸、喬之助、清子、円馬、扇枝、九里丸ら。

△天満花月 河本光月、五郎、慶司、福団治、馬生など。

△玉造三光館 遊三、ララー嬢、芳丸・芳香、円枝、芝鶴・歌蝶、春団治、円馬、正光、河本光月、一光、千橘、馬生。

△千日前南陽館 万歳諸芸ニコく大会。

△九条正宗館 万歳諸芸大会─昼夜開催物別余興興国守一派男女の剣戟英国軒ハーレー、熱田獅子今村新丸社中。

昭和2112日 大阪朝日新聞

◇花月ピクニツク公演 十一日から二十日まで午後五時二十分開演。京町堀京三倶楽部で第二回公演。九里丸、しん蔵、枝鶴、扇枝らで「落語」「漫芸」「魔術」「音曲舞踊、珍歌劇」その他舞踊「再春菘種蒔」、オールキヤスト「山海里」。

昭和2112日 神戸新聞

◇演芸 ▲三宮歌舞伎座 林長之助、中村吉十郎らの三派合同劇 ▲聚楽館 五九郎劇 ▲八千代座 新藤劇一派 ▲千代之座 七色會一行の小原節、清元、長唄 ▲西新開地三國館 萬歳の砂川捨丸等の五十余名出演 ▲大正座 吉田一若、吉田奈良栄、京山春駒、湊家扇蝶

昭和2129日 神戸新聞

◇演芸▲千代之座 好評の七色會一行は新加入の若松家正右衛門、高田幸丸、圓蝶、春菊、春花、十郎と五郎等の萬歳軽口義太夫等 ▲西新開地三國館 小原萬龍一行の美人連は相変わらず盛況


昭和
22

大阪の寄席案内

二月一日より

△南地花月 福団治、花橘、東湖・正武、円子、おもちや、馬生、春団治、円馬、扇遊、染丸。

△南地紅梅亭 光鶴、円都、小文枝、一郎、塩鯛、三木助、千橘、円太郎、円枝、歌蝶・芝鶴、蔵之助。

△北新地花月倶楽部 福団治、直蔵、静代・文男、円馬、おもちや、春団治、紋十郎、五郎、扇遊、花橘、
 三木助、寅子連。

△松島花月 花菱家、塩鯛、円若、円枝、小春団治、寅子連、染丸、助八・弥太丸、紋十郎、五郎、直蔵、
 馬生、円子。

△新町瓢亭 紋十郎、五郎、扇遊、円子、小円太、文治郎、円太郎、蔵之助、歌江・国之助、千橘、円若、
 春団治。

△天満花月 小春団治、円馬、花菱家、蔵之助、花橘、一郎、小円太、東湖・正武、三木助、福団治、円太
 郎、マリヤ・ビーケル。

△松屋町松竹座 円枝、繁千代、歌江・国之助、春団治、千橘、花菱家、今男・アチヤコ、円馬、おもちや、染丸、政夫・雁玉、馬生、一郎

△玉造三光館 歌蝶・芝鶴、円若、おもちや、千橘、染丸、馬生、蔵之助、繁千代、直蔵。

△京町堀京三倶楽部 小枝鶴、星花、文治郎、寅子連、円太郎、繁千代、福団治、扇遊、円枝、蝶歌・芝
 鶴、助八・弥太丸、花橘。

△上本町富貴 人形浄瑠璃女文楽桐竹門造一座。

△新世界芦辺館 大衆娯楽大寄‥‥安来節、万歳、奇術、歌劇、桂三木助按舞(花月乙女舞踊演出)。

△千日前三友倶楽部 民謡‥‥漫才大会。

△松島広沢館 男女流浪花節競演大会。

△新世界花月 男女流浪曲大会。

京都の寄席案内

十一日より

△新京極富貴 幹部連長演会。米団治、染丸、三木助、春団治、円馬、外余興数番。

△新京極笑福亭 諸芸競演会。

△新京極芦辺館 万歳大会。日出子・一蝶、おもちや、五郎、慶司、チヤプリン・ウグヒス、東湖・正武、歌江・団之助、嘉市・捨市、秀千代・秀夫

昭和225日 大阪時事新報

◇小さん来演 吉本興行部の「紀元節記念名人会」には落語界の元老柳家小さんも出演する。同人は今度の興行を名残りに高座から隠退すると。

昭和226日 ●初代桂枝太郎死亡
〈編者註〉カテゴリ「初代桂枝太郎」の項参照

昭和2211日 大阪毎日新聞 

<第三回吉本名人紀念興行>

◇名人揃ひの記念興行 吉本興行部で十一日の紀元節から向ふ十日間南の花月、北新地の花月…[原紙破損]…演の第三回記念興行に伊藤痴遊、神田伯山、柳家小さん、豊竹団司、豊沢小住、柳亭左楽、永田錦心、常磐津文字花、結城孫三郎一座などの名人揃ひであるが、小さんはこの記念興行をお名残としていよいよ引退し、文字花の如きは絶えて寄席には出演しなかつた人であり、団司は女義太夫界の頭領株にて呂昇引退後の第一人者であるその他に定評あるその道の第一人者揃ひで、前人気は大したものがあるところから、東清水町の吉本興行部では前売切符を発売したと。

昭和2211日 大阪毎日新聞 

【広告】第三回紀念興行①

昭和2 002

〈編者註〉十一日から十六日までの間で番組が判明したのは以下のとおり。

【十一日】

南地花月、紅梅亭、北新地花月倶楽部:「雨の戸、わがもの」寅小満、「先代萩御殿」孫三郎一座、「子はかすがい」左楽、「琵責」錦心、「明治政史暗黒面」痴遊、「壷坂」団司・小住、「くやみ」小さん、「妹背山」文字花、「祐天吉松」伯山。

【十二日】

南地花月、紅梅亭、北新地花月倶楽部:「恋すてふ、わし国」寅小満、「新吉原揚屋」孫三郎一座、「落語」左楽、「琵琶」錦心、「明治史」痴遊、「酒屋」団司・小住、「落語」小さん、「福島屋」文字花、「祐天吉松」伯山。

【十四日】番組

2年 005

〈編者註〉『藝能懇話』十八号(平成198月)より

【十六日】

南地花月:「十鼠吉五郎」結城孫三郎一座、「湯屋番」左楽、、「琵琶」永田錦心、「鳴戸」団司・小住、「明治政界秘史」伊藤痴遊…[原紙破損]…、連続講談「祐天吉松」神田伯山。

北新地花月倶楽部:「歌沢」寅小満、「落語」小さん、「小夜衣千太郎」常磐津文字花、「祐天吉松」伯山、「琵琶」錦心、「鳥屋の二階」左楽、「鳴戸」団司・小住、「明治政界秘史」痴遊、「木鼠吉五郎」孫三郎一座。

昭和2217日 大阪毎日新聞 

【広告】第三回紀念興行②

昭和2 001

〈編者註〉十七日から二十日までの間で番組が判明したのは以下のとおり。

【十七日】

南地花月と北新地花月倶楽部:「祐天吉松」伯山、「太功記十段目」団司・小住、「落語」小さん、「新むら玉川」寅小満、「琵琶」錦心、

「沼津印籠場」文字花、「鳥屋の二階」(南)「廐火事」(北)左楽、「明治政界秘史」痴遊…[原紙破損]…孫三郎一座

松島花月「明治政界秘史」痴遊、「酒の癖」左楽、「印籠場」文字花、「琵琶」錦心、「天保水滸伝」伯山、「新むら玉川」寅小満、「本蔵下屋敷」孫三郎一座、「落語」柳家小さん。

【十八日】

南地花月と北新地花月倶楽部:「明治政界秘史」伊藤痴遊、「野崎」団司小住、「琵琶永田錦心「祐天吉松」神田伯山、「湯屋の話」(南)「目黒の火薬庫」(北)左楽、「沼津平作腹切」文字花、「落語」小さん、「春は賑ふ、宇治茶」寅小満、「弁慶上使」孫三郎一座。松島花月:「春は賑ふ、宇治茶」寅小満、「琵琶永田錦心「天保水滸伝」神田伯山「平作腹切」文字花、「湯屋番」左楽、「弁慶上使」孫三郎一座、「落語」小さん、「明治政界秘史」伊藤痴遊

昭和2220日 大阪毎日新聞 

【広告】第三回紀念興行③

昭和2 003

〈編者註〉二十一日から二十四日までの間で番組が判明したのは以下のとおり。

【二十一日】

富貴、芦辺館:「祐天吉松」(富貴)「幡随院長兵衛」(芦辺)神田伯山、「恋すてふ、わしが国」歌沢寅小満、「明治政治史の暗黒面」痴遊、「按摩炬燵」小さん、「子は鎹ひ」左楽、「川中島」錦水、「福島屋長庵殺し」文字花、「あやつり人形芝居:先代萩」孫三郎一座


昭和
23

京都の寄席案内

二十一日より

△富貴 右之助、三馬、助六、夏雲昇、塩鯛、桃太郎、おもちや、小円馬、花橘、直造、円馬、清子、喬之
 助、伯竜、亀鶴。

△芦辺館 枝女太、愛子、光晴、嘉市、捨市、直造、久春、楽春、小松月、セメンダル、おもちや、藤男、光月、夏雲昇、花子・末子、亀鶴、一春、出羽助。

△笑福亭 花月三友合同若手一座。

昭和231日より南地花月にて講談落語五撰会

2年 004

<今度の催しは平常あまり上演せぬ「面白いけれど長くて出来ぬ噺」「鳴物が大[仕]掛けの為め出来ぬ噺」等総てに苦心と困難の結晶を久々振りに笑ひ張り、その洗作を腕競べ、繁る浪華の五佳撰>

〈編者註〉『藝能懇話』十八号(平成198月)より

昭和231日 神戸新聞

◇演芸▲千代之座 一日より橘家太郎に菊春を加えた七色會一行で常盤津長唄童話等 ▲大正座 一日より奈良丸、鶴冶、柳雪、暁風、奈良清、文華、鶴圓、團造 ▲西新開地三國館 橘家太郎、菊春一行で開演

昭和236日 大阪朝日新聞

◇長講三人会 六日正午から南地花月亭で蔵之助、染丸、円馬の三人会開催。

昭和2311日より南地花月にて春季特別競演会

2年 001

〈編者註〉『藝能懇話』十八号(平成198月)より

昭和2311日 大阪朝日新聞

◇花月ピクニツク演芸会 十一日から二十日まで(午後五時二十分開演)に紅梅亭で開催する。扇枝、枝鶴、しん蔵、九里丸らが出る。

〈編者註〉出演者は扇枝、枝鶴、しん蔵、九里丸、正光、文蝶、光鶴、小春団治、小円治、小円馬ら。演芸は「時今桔梗旗挙」(本能寺チヤバン)など。

昭和2318日 神戸新聞

◇演芸 ▲千代之座 七色會と華玉章一行。柳枝艶子の萬歳等 ▲湊座 天華一座の奇術▲西新開地三國館 渡辺静枝の正調安来節

昭和2319日 大阪毎日新聞京都滋賀付録

◇富貴亭 廿日正午から神田伯竜独演会。演題は清水治良長伝のうち「代官家斬込み」と黒田騒動の「栗山大膳、毛谷主水紅葉の間暗試合」

昭和2319日 神戸新聞

◇演芸▲小野大黒館 京都めかね會天清、天かの奇術、鶴賀すみ子、福丸の萬歳等

昭和2320日 大阪朝日新聞

◇三木助独演会 二十日正午から南地花月亭で開催。

◇長寿、伯鶴二人会 二十一日正午から南地花月で開催。

昭和2320日 京城日報

◇[広告]浪花館/三月廿日より橘家扇三一行/演題 浪花落語(喜久三)笑話踊(枝女蔵)落語百種(三五郎)高級萬歳(春子、正春)人情笑話(扇三)

昭和2324日 神戸新聞

◇演芸▲小野大黒館 京都めがね會一行本日から萬歳(福丸、梅之助、菊女、すみ子)安来節(愛子)山中踊(娘連)江州音頭(めがね)奇術(天女、天清)等 ▲西新開地三國館 正調安来節の宗家渡辺静枝一行

昭和2327日 京城日報

◇[広告]浪花館/三月二十七日より東京落語橘家扇三一行/演題 浪花落語(喜久三)笑話踊(枝女蔵)落語手踊(橘家楽天坊)女道楽(歌沢芝美初)落語百種珍芸(桂三五郎)高級音曲萬歳(河内家春子、正春)ヴアイオリン義太夫各動物物真似(石村松雨)人情笑話一流踊(橘家扇三)大切余興(座員総出)

昭和2330日 神戸新聞

千代之座 名代の七色會一行駒之助、小奴、小蝶の唄道楽に幸丸、圓蝶、菊春に春千代の萬歳等

上方落語史料集成 昭和2年(1927)4月~6月

昭和24

大阪の寄席案内

十一日より

△南地花月 千橘、扇遊、春団治、小文治、正光、円太郎。

△紅梅亭 三木助、枝鶴、円子。

△北陽花月 春団治、小文治、円枝、喬之助、清子、三木助。

△松島花月 円馬、直造、円枝。

△新町瓢亭 円子、歌蝶、芝鶴、小文治。

二十一日より

△南地花月 九里丸、春団治、円馬、扇遊、ざこば。

△南地紅梅亭 花橘、円太郎、文治郎、染丸。

△北陽花月 蔵之助、小三治、円太郎。

△松島花月 染丸、千橘、蔵之助。

△新町瓢亭 染丸、ざこば、文治郎。

△天満花月 扇遊、円子、直造。

△玉造三光舘 九里丸、円子、扇枝、花橘。

京都の寄席案内

十一日より

△富貴亭 藤之助、一郎、小三次、又次郎、九里丸、染丸、東湖・正武、助六、円生、三八、李玉川、
 福松等。

△笑福亭 花月三友合同若手競演会。

△芦辺館 芳丸・芳香、今男・アチヤコ、日佐丸・朝日、愛子・光晴、政夫・雁玉、嘉市・捨市、団丸・
 喜楽。

昭和241日 都新聞

[東京落語睦會 四月広告] 桂小文治大阪花月出演

[落語協會 四月上席広告] 大阪花月出演 柳家小三治

昭和246日 神戸新聞

小野大黒館 大阪三福會中京花川鉄弥一行の曲技(鉄弥)落語(米太郎)女道楽(梅子)講談(神田小伯山)等引続好評

昭和248日 神戸新聞

小野大黒館 大阪三福會、中京演藝花川鉄弥一行の大合同本日藝題入替 萬歳(鶴奴、テコ丸)八木節踊(娘連)女道楽(梅子)百面相手踊(米太郎)講談(小伯山)曲技(鉄弥)

昭和2410日 神戸新聞

千代之座 七色會一行の舞踊並びに義太夫の掛合、落語、滑稽萬歳、身体運動の曲技、唄道楽等

昭和2421日 都新聞

<橘ノ圓が柳三遊研成社に出演>

[柳三遊研成社四月廿一日より広告]

◎関西圓頂派の頭取橘ノ圓一行加盟 新加入立川ぜん馬

◎新富演芸場 橘圓、綾千代、やなぎ、小燕枝、秋月、長寿、政治郎、燕枝、さくら、旭梢、宮歳、圓十郎、張来貴、福圓遊、柳窓、魚楽、燕之助

◎常磐亭 燕枝、都太夫、小燕枝、朝枝、秋月、川柳、小玉、ラヂオ、小南、柳桜、左喬、粂造、宮歳、政治郎、天光、鶴蔵、栄次郎、百圓、小有来、天来、梅子

◎千住紅梅亭 さくら、圓十郎、ぜん馬、橘圓、ラヂオ、小玉、朝枝、燕之助、柳男、花圓遊、栄次郎、百圓、柳楽、天光、太郎、柳桜

◎動坂亭 小南、綾清、やなぎ、柳楽、左喬、福圓遊、扇橋、かなめ、魚楽、富士松、ぜん馬、燕之助、柳橘、鯉橋、天来、小玉、圓十郎、大正、文喬

◎高砂亭 小南、扇橋、橘圓、ぜん馬、魚楽、柳窓、秋月、福圓遊、旭梢、政治郎、一奴、鶴蔵、百圓、天光、川柳、ラヂオ、小徳、扇太郎、菊蝶

◎向島演芸場 燕枝、川柳、小燕枝、朝枝、柳桜、さくら、大正、富士松要、鶴蔵、太郎、扇橋、左喬、柳窓、花圓遊、栄次郎、燕鏡、春輔

◎平和館 燕枝、やなぎ、旭梢、一奴、太郎、花圓遊、橘圓、柳楽、扇太郎、さくら、福圓遊、魚楽、富士松かなめ、鯉橋、とし松

昭和2417日 京城日報

◇[広告]浪花館/四月十七日より二日間午後六時開演/東京落語界の元老三遊亭圓遊 大阪親友派幹部広田天外 二人會 長講二席づつ講演

昭和2429日 大阪朝日新聞(夕刊)

<紅梅亭休業問題・原田と吉本の紛擾>

○紅梅亭休む 大阪の寄席で有名な千日前法善寺境内の紅梅亭が二十七日突然休業を発表してその道の人を驚かした。これは紅梅亭座主の原田欣吾氏と吉本興行部との間に為替手形差押へのことから紛擾を生じ訴訟沙汰になつたためであると。

昭和2429日 大阪朝日新聞(朝刊)

○寄席紅梅亭の休業問題 両者ともそれぞれの云分 来る十日頃に蓋あけか 

 夕刊所報=席の持主原田欣吾氏と借人の太夫元吉本興行部とが手形差押への紛擾から遂に大阪名物法善寺内の寄席紅梅亭が突然休業するにいたつたいきさつを聞くに、

三月末天王寺阿倍野井上修の名義で原田氏振出の為替手形二千円の仮差抑として吉本興行部から原田氏へ支払ふべき千五百円の名義料差抑へを申請したため、吉本興行部はこれを以て同部の信用毀損であるとの理由で、最初の契約に本づき原田氏に対し貸金の返済を迫り、原田氏はこれに対して二千円の手形はすでに完済の無効手形で、この差押に対し反訴を起したから、これをもつて信用毀損のいはれなしとし、両者間に種々交渉があり、その間感情のもつれがあつたりして、遂に原田氏は自衛のためと称して二十七日島之内署へ休業届をなすと共に紅梅亭を閉ぢたのである。

これに対し吉本興行部では直に信用毀損、営業妨害の告訴を提起した。もと〳〵紅梅亭は吉本興行部が毎月原田氏へ千五百円の名義料を出して借りていたものであつたが、原田氏には多数の負債あり、然もその担保には吉本興行部との間に締結された公正証書がなつているといふので、吉本興行部は少からぬ不安を感じ、遂に最近の手形問題でこの挙に出たものだといひ、又原田氏のいひ分では自家の負債のために吉本に損害をかけたことはない、又吉本と同様の賃貸契約を他と締結したといふことも興行師として吉本との契約期限後の善後策として当然の行為であり、これを以て吉本の権利や信用を毀けたことは毛頭ない、今度の手形にしても全く支払ふ義務のないもので、これを以て直に信用毀損といふ契約を楯にとり貸金返済の申出されては自分として立つて行く途がないので百方懇談をとげたが、聞いてくれないのでやむを得ずこの挙に出たのだ、と両者ともそれ〴〵いひ分をつけているが、やがて黒白は法廷で争はれることになるであらう。なほ紅梅亭は来月十日ごろから千日前南座々主折野氏の手で蓋をあける様子である。

昭和2429日 大阪毎日新聞

○南地の紅梅亭が突然に休業する 出演する芸人や付近の人も驚く  

南地法善寺境内の紅梅亭は廿七日突然「本日より臨時休業」のはり札をして電灯も消してしまつた。大阪名物小便たご横町がうすぐらくなつたので近所の驚きはもとより、通知がなかつたものか、いつものように同亭に出演すべく乗り込んだ染丸などのシカ連に囃子を入れて廿五六人の芸人たちは目をパチクリさせた。

同亭はもと法善寺の所有で、営業権は原田政吉氏が所有していたのを、大正十四年吉本興行部が向ふ三ケ年の契約で譲り受けたもので、その期間中吉本は原田に対し月千五百円の家賃と二百五十円の手当てを支払ふことになつているので、原田はその金を抵当に他から金を借つたのが原因でもん着起り、吉本では「原田に対して今日まで三万五千円も貸してをり、その上契約中にある営業権を他に抵当に入れるなど不信の行為があるから‥‥」との理由で貸金を棒引に向後の家賃月手当てを支給せぬとの通牒を送り、原田側では「借金は自分が払ふが、最初の契約通り家賃と手当ては履行して貰ひたい」と要求し、その談判が破裂して、破裂側は同日内部から鍵をかけたもので、吉本では中塚弁護士に依頼して信用毀損、営業妨害除去の手続をしている。一方原田側では「吉本との契約は破棄されたものと認め、借財はこの際払つてしまふと共に、今後自分の手で営業をして行くつもりで、すでに金主もついている」といつてゴタ〳〵中。こゝ数日中には解決がつきさうにない。

昭和2429日 大阪時事新報

○南地名物紅梅亭 突然昨夜から営業を中止す 家主が差押へをうけて つひに訴訟沙汰 

大阪千日前法善寺内の大阪で代表的寄席としてその名を知られている南地紅梅亭が、二十七日から突然営業を中止した。原因は三友派全盛時代からの同亭経営者で現在も尚名義上の経営人である原田氏と、事実上の経営者である吉本興行部との金銭上の契約実行の点で行違ひが生じ、それが訴訟沙汰にまでなつた結果であると。これに就いて事情通は語る。

 元来紅梅亭の家主は法善寺で、その家賃が今時ほんととは思へぬ程の百三十円と云ふ安価である。そしてこの安い家賃で法善寺から借りているのが原田氏で、同時に名義上の経営者も原田氏となつて居る筈である。然し三友派の衰退、原田氏の営業上の失敗やの為めに生じた三万円ばかりの借金整理の代償として、現今では紅梅亭の経営上の実権は吉本興行部の手に渡つて居り、その代り吉本興行部からは毎月千五百円程の金を原田氏に払ふ契約になつて居て、その内から原田氏は前記法善寺への家賃と同亭使用の電灯料金其他二、三の雑費を払ひ、残金は同氏の所得となつている。それが最近まで実行されて居つたが、今度問題が両者間に起つたとすれば、この毎月払ふことゝなつて居る千五百円の契約證書を抵当に原田氏へ高利で金を貸した金貸しが、回収がうまく行かない所から業をにやし、差押へをやつたことが遠因であらう。


昭和
25

大阪の寄席案内

十一日より

△南地花月 小柳三、円馬、円枝、扇遊、ざこば、染丸。

△北陽花月 円太郎、扇遊、小柳丸、小柳三、円馬。

△新町瓢亭 円若、円枝、小柳丸。

△天満花月 三木助、扇枝、蔵之助。

△京町堀京三倶楽部 枝鶴、円太郎。

△玉造三光舘 万歳大会。

二十一日より

△春風亭柳橋、南地、北陽、松島、天満の花月へ。

△南地倶楽部 大切「三十石夢の通路」を染丸、円枝、円若、ざこば等。

△新町瓢亭 大切「仁王さん」を枝鶴、小円馬等。

昭和253日 大阪時事新報

◇笑福亭里鶴 前名竹枝といふた人で三代目松鶴の息子父の没後は四代目松鶴が預り今日に及んだ人で「古手買」「蛸坊主」等十八番ものである。

昭和2511日 大阪朝日新聞

◇小柳三 十一日から南地、松島、北陽各花月、玉造三光舘に出演。

昭和2511日 都新聞

[東京落語睦會 五月十一日より広告] 春風亭柳橋 大阪花月出演

昭和2521日 京城日報

◇[広告]浪花館/通俗美談 桂家残月一行/落語(三八)落語(圓八)講談(勝春)少年義太夫(小扇)人情笑話(橘家扇三)女道楽(峰奴、芝美初)通俗講談(残月)

昭和2522日 大阪朝日新聞神戸版

演芸界 ▲多聞座 専属喜劇多笑会一派 ▲神戸劇場 百面相、滑稽一人相撲、娘所作事、落語手踊、所作事「春の山」座員総出二輪加「お花とおつや」 ▲大正座 京山幸枝、同恭為、藤川友重、浪花大掾、天光軒満月 ▲湊座 歌舞伎末廣家(松本錦之助、中村末之助)


昭和
26

大阪の寄席案内

一日より

△南地花月 花橘、蔵の助、千橘、扇遊、春団治。

△北陽花月 春団治、文治郎、蔵の助。

△松島花月 花橘、福団治、円太郎。

△新町瓢亭 千橘、ざこば、染丸。

△天満花月 染丸、小円太、文治郎。

△玉造三光舘 円若、円枝、蔵の助。

二十一日より

△南地花月 九里丸、山陽、春団治、三木助、扇遊、円枝。

△北陽花月 春団治、染丸、円馬、枝鶴、九里丸、山陽。

△松島花月 三木助、扇遊、春団治。

△新町瓢亭 円枝、扇枝、円馬、枝鶴。

△天満花月 三木助、円若、直造、小春団治。

△福島延命館 万歳、落語、安来節大会。

昭和269日 大阪朝日新聞

○寄席紅梅亭 つひに破産沙汰 座主原田に対し吉本興行部主人から申請

大阪の寄席で有名な千日前法善寺境内の紅梅亭は座主原田政吉氏と賃借人の太夫元吉本興行部との間に起つた紛議に関し、吉本興行部の主人(吉本泰典の親権者吉本せい子が代理)は清瀬、中塚弁護士を代理人として、原田氏に対し八日大阪区裁判所へ破産の申請をした。その理由によると、

大正十四年十月吉本氏は原田氏に三万五千円を貸し、うち一万五千円は一ケ月三百円づゝ五十ケ月間に、残り二万円は大正十七年十月までの間に皆済すること、万一右支払を一日でも遅滞するか、または借主が他の債務で差押または破産の申請をうけるとか、その他不信用の行為があつたときは、何らの意志表示を要せず弁済期間が来なくても一度に支払ふといふ約束であつたのが、原田は持出した千五百円為替手形につき天王寺区阿倍野町井上修氏より差押をうけ、その他不信用な行為をなし、また本年三月二十九日には原田は申立人(吉本)より受取るべき井上公証役場作成の公正証書により紅梅亭の名義使用料千五百円也の債権に対し井上修より仮差押をうけ、四月二十七日には吉本興行部が現に営業中なる紅梅亭を昼間の隙に乗じ、内部から錠を下して閉鎖し出入を不可能ならしめたのみならず、「臨時休業」の貼札をして該家屋を占拠し、著名の芸人雇入れについても妨害を加へ営業を妨害した。

以上の事実は、契約により被申請人は期限の利益を喪失したわけだから元金を一時に申請人に支払ふべき筋合だが、右元金三万五千円のうち四千八百円を支払つたのみで残金二万二百円は支払はないといふのである。

上方落語史料集成 昭和2年(1927)7月~9月

昭和27

大阪の寄席案内

二十一日より

△南地花月 小円馬、福団治、清子、喬之助、紋十郎・五郎、円若、歌蝶・芝鶴、円馬、千橘、直造、春団
 治、文治郎、扇遊、染丸。

△北陽花月倶楽部 枝鶴、円太郎、清子・喬之助、蔵之助、扇遊、染丸、馬生、東湖・正武、大切余興「飛
 んだ間違ひ」。

△松島花月 塩鯛、おもちや、□枝、春団治、夏起雲、歌蝶・芝鶴、円馬、千橘、芳江・鶴春、蔵之助。

△天満花月 扇遊、蔵之助、しん蔵、染丸、一春・出羽助、小文枝、おもちや、つばめ・瓢箪、政夫・雁
 玉、直造、馬生。

△松屋町松竹座 千橘、金之助、直造、馬生、文次郎、升三、円太郎、円若、清子・喬之助、扇遊。

△福島延命館 小円太、花治、芳江・鶴春、嘉市・捨市、円若、花橘、セメンダル・小松月、とんぼ・雪江、
 納涼喜劇「借家怪談」。

△玉造三光館 つばめ・瓢箪、染三、小円馬、花橘、東湖・正武、塩鯛、芳江・鶴春、扇枝、小円太、
 歌蝶・芝鶴、円馬。

△京町堀京三倶楽部 花橘、文治郎、光鶴、扇遊、次郎・志乃武、小円太、嘉市・捨市、小文枝、升三、
 円太郎。

△新世界芦辺館 万歳安来節大会。

△千日前三友倶楽部 万歳安来節大会。

昭和272日 大阪朝日新聞・京都滋賀版

◇大津梅の屋 一日から五日間桂春団治、桂桃太郎一行の落語。

昭和272日 大阪毎日新聞京都滋賀付録

◇三友劇場 小原花房一座演芸大会の番組は落語、かつぽれ、万歳、小原元禄踊、松づくし、奇術、舞踊花車、鴨緑江節、曲技…小原節(福竜、小春、花房)。

昭和2714日 大阪朝日新聞

〇サンマー・ロータリー談話会 私の鎖夏法 ヒヤリとした話 忘れられぬ夕立 夏なほ寒し債鬼の訪れ 
 落語家 桂春団治
  

昭和2 004浮世を茶にして過ごしたといふのは昔の事で、今日このごろでは落語家なども、決して三分五厘を極め込んでゐるわけにはまゐらなくなりました。

私などは、先づ桁はづれの部類に属するやうにいはれてをりますが‥‥前く幾分人間離れがしているかナと、自分でも気づくこと一再でありません‥‥それでも、しみ〴〵経済界の余波を味はつてをります。「虫歯が痛みまつか」なんて家人に呼びかけられるのは多くの場合であります。それが夏となれば一層はげしうございます。夏枯れは興行界のお定まりではありますが、五月から七月にはいつて、暑さのジリ〳〵と加はるごとに、涼気の増すは私共の懐中なのであります。法善寺の「花月」は東西通じて随一の寄席といはれてをります。この席で夏の夜、一席の落語に満座ドツと笑つて頂いて、さて楽屋に引揚げ、サツと肌を脱抜き、煽風機の風に思ふまま汗をいれる快よさ、こゝへチヤンと寸法を心得た債鬼の一人でも「どうもお暑いことで‥‥」と顔を出さうものなら、涼気自ら湧くことであります。さうして、哀しいことには、一夏に一二回必ずその寒風に見舞はれてゐる私でございます。

昭和27151620日 京都日日新聞 

◇京日読者納涼週間 暑さを笑殺した吉本の余興

第一日:午後一時より吉本一派の選りすぐった演芸大会が催された。余興は、まず小太郎の落語から始まり枝女太、小染の軽口、亀鶴の軽妙なる曲芸、大和家秀夫・秀千代の万歳等迚も面白く、続いて東洋一郎の曲芸、桂桃太郎の落語手踊、立花家市松・松鶴家円之助の万歳で数百の観衆を得心させ、四時半にいたり余興第一回を目出度く終演した。(715

第二日:昨日の余興は午後一時より吉本興行部専属芸人十数名が出演。演技は落語右之助の落語の始まつて桂枝女太、林家小染の軽口、桂三八の落語、立花家扇遊の珍芸、浪花家市松・松鶴家円之助の万歳と大喝采裡の番組は進み十分間休憩後、桃太郎の落語手踊、桂助六の同技に続いて大呼物であつた桜川花子・同末子の掛合万歳に入り、大好評裡に五時十分終演した。(716

第六日:洗練された桃太郎の落語、市松・円の助の興味溢るゝ掛合万歳、軽妙な枝女太の手踊と落語を始め、小染の軽口、一郎の曲芸、秀千代・秀夫の万歳、小太郎の落語等で例によつて大喝采のうちに演技を終了した。(720

〈編者註〉原文そのままではなく演芸部分のみ抄録した。

昭和2723日 京城日報

◇[広告]浪花館/七月二十三日より納涼演芸大会/御祝儀(旭亭喜よし)浪花落語(橘家楽天坊)長唄浮世節(橘家春江)落語音曲(柳家小三太)滑稽萬歳(旭家清楽、清香)歌沢(歌沢芳初)落語手踊珍芸(本券芳廼家内桂呂之助)落語(春錦亭柳□)小女義太夫(当年五歳竹本満里子)三味線(鶴澤勝広)人情笑話(橘家扇三)大切怪談連鎖

昭和2730日 京都日出新聞 

◇夷谷座 砂川捨丸を始め山村豊子、出雲芸者梅香、今奴、お多福、右近、清子などの諸芸名人大会で、当る三十一日より毎日昼夜二回開演。


昭和
28

大阪の寄席案内

一日より

△法善寺の花月 花月幹部連中総出で劍舞拳闘試合、春団治主演の喜劇、三木助の長講其他 

△北陽花月倶楽部 幹部の珍芸競べと喜劇 

△松島花月 高級万歳大会、東京初下りのブル松、加楽、〆奴連加入

十一日より

△南地花月 夏起雲、春団治主演の珍芸おもちや、春団治主演の喜劇、九里丸、染丸、花橘、五郎共演の三
 無性、馬生、一光、蔵之助、千橘、枝鶴其他共演の珍劇。

△北陽花月倶楽部 芝鶴、歌蝶、蔵の助、千橘、小春団治其他の珍芸競べ、馬生の涼しい噺、一光、蔵の
 助、千橘、枝鶴其他共演の珍劇、三木助の長講、春団治主演の喜劇。

△松島花月 高級万歳大会。

△天満花月、福島延命館、玉造三光館 納涼諸芸競演会。

二十一日より

△南地花月 円若、扇遊の「宇都ケ谷峠」蔵の助、千橘の「理想」、春団治らの「片袖」。

△北陽花月 枝鶴、福団治の「借家怪談」五郎、円若らの「宇都ケ谷峠」千橘らの「理想」。

△松島花月 万歳大会。

△新世界芦辺舘 春団治らの「貸倒ドラマ」。

京都の寄席案内

一日より

△富貴席 納涼落語演芸大会。余興に三無性と滑稽怪談で大いに笑はせる。

△笑福亭 落語と万歳の競演会。出席者は新昇、五郎、二蝶、芳春、馬生、直造、桃太郎、枝め太、ざこ
ば、次郎、しのぶ、つばめ、瓢箪、助六、峰菊、初菊連。

△芦辺館 万歳競演。

△中座(新京極) 万歳競演会。

△富貴席(西陣) 落語と万歳。

△長久亭(西陣) 落語と万歳。余興に怪談会。

昭和285日 京都日出新聞 

◇夷谷座 諸芸名人大会は連日満員。

◇三友劇場 大倉壽賀芳一座の万歳大会は独創演芸豊富で喝采を博しているが、五日から高級万歳の泰斗玉子家辰丸と同小春が特別出演する。

〈編者註〉「三友劇場は十一日より斯界の巨星を網羅した第二回高級万歳大会を開演する」(811

昭和2820日 京都日日新聞 

◇伯山独演会 明廿、廿一日の両日午後六時より新京極富貴席で釈界の横綱神田伯山の独演会を催す。


昭和
29

京都の寄席案内

十一日より

△京極富貴 小春団治、花橘、助六、九里丸、三木助、春団治、切余興春団治主演「うらみの片袖」。

十一日正午より五時まで神田伯竜独演会演題「幡随院長兵衛」「河内山と直侍」長講三席

△新京極芦辺館 引続き小原花房、小原小春出演。

△笑福亭 万歳と諸芸大会。

昭和2911日 大阪時事新報

◇柳家小三治 東京から来演、十一日から南地花月、北陽花月倶楽部、松島花月、新町瓢亭に出場。

◇神田伯竜 引き続き南地花月、北陽花月倶楽部、松屋町松竹座に出演。

昭和2918日 大阪時事新報

◇法善寺花月 神田伯竜独演会で次郎長傳「阿部川の血煙」天保六佳選「三千歳と直侍」の長講二席。

上方落語史料集成 昭和2年(1927)10月~12月

昭和210

大阪の寄席案内

二十一日より

△南地花月 円馬、円枝、蔵の助、春団治、扇遊、切余興「明烏」。

△北陽花月 花橘、扇遊、蔵の助、円若、円馬、春団治。

△松島花月 扇枝、春団治、扇遊、花橘、及び万歳。

△新町瓢亭 円馬、紋十郎、五郎、円太郎、円枝。

△天満花月 染丸、扇枝、直造、蔵の助。

昭和2101日 京都日出新聞 

○京の名物を訪ねて(四) 高台寺まで御座れ甘酒呑まそで有名になつた文之助茶屋 

一休庵と背中合せと言ひたいほどの近く──同じく高台寺の畔、円徳院通用門の入口の一構へ、捨床几の三つ四つが無雑作に並べられてあるのは文之助茶屋である。石の上にも三年と云はれているが、文之助が落語界から奇麗に足を洗つての新しい生活を其処に始めてより一昔の十年はとつくの昔に経過して、今日では十数年になり、大正時代に早くも京名物の一つとはなつていた。

東山方面をそゞろ歩きをする人達が手軽い気持で休憩する格好な場所であると同時に茶屋となつた。「高台寺まで御座れ!甘酒のまそ」といふのが文之助茶屋のモツトである。東山の見物に─東山の散歩に─疲れたからだを其処の床几に□□□と落ろし、一杯の「あま酒」に咽喉を潤すとたまらないあま酒の風味がある。余り好物に思つていない人までが雰囲気と環境がいゝためにお代りと来る。いつとはなしに文之助茶屋の名が知られて行つた。

店を開いた当時はとても客などの来るものではなかつた。知己は文之助の顔を見たら、代価だけ支払つて帰れない相当の茶代を置かねばなるまい。それならば円山の「しるこ屋」の方が気がらくでいゝ。いずれにしても客足は向かなかつた。文之助茶屋の筋向ふに三面の大黒天がある。その大黒さんの御加護によるものか、石の上にも三年以上の辛棒がひもあつたのだらう、今日の名物茶屋になつたのは。

昭和2101日 大阪朝日新聞

◇先代九里丸追善会 二日正午から南地花月亭で先代九里丸追善演芸会を開催。三木助、円馬、染丸、春団治ら出演、その他余興。

昭和21011日よりの南地花月出番表

2年 002

〈編者註〉『藝能懇話』十八号(平成198月)より

昭和21014日 大阪朝日新聞

◇伯竜独演会 十五、六両日は北新地花月で、十七、八、九の三日間は南地花月でに毎夕六時から開演、演題は「荒神山の血煙」。

昭和21016日 大阪朝日新聞

◇染丸独演会 十六日正午から南地花月で開催、落語の他に余興芝居「明烏」を出す。

昭和21016日 京都毎日新聞

◇三八叱らる 新京極富貴席落語家桂三八(五十一)は十三日夜落語口演中卑猥な枕言葉をいつて五条署員に科料十円申付らる。

昭和21020日 大阪朝日新聞

◇花月ピクニツク 二十四日午前六時難波駅集合、高野山に登ると。

昭和21025日 京城日報

◇[広告]浪花館/十月十五日より秋季演芸会 柳亭燕路一行/東京落語、萬歳、安来節、大阪落語、三味線曲弾、浪花節、俳優声色、奇術、舞踊、大切座員総出


昭和211

大阪の寄席案内

二十一日より

△南地花月 朝寝坊むらく、円枝、円馬、扇遊、染丸。

△北陽花月 花月ピクニツク第五回公演。

△松島花月 文治郎、蔵之助、扇遊など。

△新町瓢亭 円若、蔵之助、円太郎、文治郎、円馬。

△天満花月 万歳諸芸大会。

昭和2111日 京城日報

◇[広告]浪花館/十一月一日より東京落語柳家重楼一行/諸国穴探し四ツ竹(柳家重太楼)落語珍芸(柳家重次郎)清元女道楽(柳家三□次)落語手踊(桂三木弥)大小奇術(ワンダー正秀)落語手踊(三遊亭花圓遊)東京落語(柳亭燕路)天下一品十八人芸(柳家語楽)人情落語(柳家重楼)大切電気応用怪談劇

昭和21110日 京城日報

<正岡蓉の漫談・朝鮮浪花館>

◇[広告]十一月一日より二日間漫談と新談の夕べ 三人會/漫談(正岡蓉)新内節(富士松□望)新談(桂家水月)余興女道楽(佐倉家峰奴)

<編者註>正岡蓉(容):作家寄席研究家。桂米朝の師として有名。この頃は、大阪の三遊亭圓馬を師事して、各地を漫談で巡業していた模様。
昭和21116 京都日出新聞

<三笑亭芝楽三周忌追善演芸会>

◇故芝楽の三周忌追善演芸 三升会主催で故三笑亭芝楽の三周忌追善演芸会を十九日午後一時から六時まで五条阪喜運寺で開催。会員の出演の外桂三八、三笑亭吾妻、杵屋政千代、同らく、壽、松川愛子の補助出演があると。

昭和2121日 都新聞

<三升勝團治、東京落語協会に加入>

[広告]東京落語協會事務所

◎上野鈴本演芸場 貞山・小勝・馬楽・文治・芝楽改メ圓橘・談志・さん輔・鏡華鏡太・勝團治・常盤津連・玉輔・小せん・〆の家連中・素菊播子・小圓朝・圓遊

◎両国両国座 圓橘・花蝶・馬の助・馬風・曹漢才・喜代駒・ぎん蝶・小仙小金・可楽・談志・馬楽・圓遊・文治・貞山・金馬

◎牛込牛込亭 圓雀・影山翠・圓楽・圓右・胡蝶斎・小仙小金・ぎん蝶・喜代駒喜代志・曹汗才・小圓朝・小せん・柳朝・文治・可楽

◎神田立花亭 小ゑん・金三・圓右・勝奴・天菊信子・常盤津連・小仙小金・紅天一行・圓楽・玉輔・可楽・金馬・文治・小勝・圓遊

◎三田七大黒 勝太郎・小鐡・華遊・玉輔・勝團治・鏡華鏡太・紅天一行・曹汗才・ぎん蝶・小せん・柳朝・談志・金馬・馬楽・小勝

◎巣鴨四丁目武蔵倶楽部 主任小圓朝・さん輔・圓右・金三・圓橘・若手幹部競演會

◎新加入 桂春輔改メ三升春[]團治

勝團治

<編者註>互楽派の機関紙「落語大福帳」によると、桂春輔(本名浅川重太郎)。明治14923日大阪阿波座問屋町生れ。親は金物職人。若い頃から芸事好きで、素人落語連や俄芝居にも出演していた。後京都の二代目桂文之助の弟子で文の家春輔となったが、同じ三友派の末広家扇蝶との揉め事で三友派を離れて、明治403月に互楽派の席に出演、一時六代目林家正楽の弟子で正隆を名乗った事もあったが、再び文の家春輔に戻る。後、初代桂春團治の身内となり、亭号を桂と改めた。互楽派解散後は神戸へ移り人気を博したが、大正119月に大阪の吉本へ加入。しかし直ぐ脱退して神戸吉原の席に出勤。当時の神戸には落語定席はなかった為、昭和212月に上京。小勝の身内となり、三升勝團治と改めた。

昭和21216日 京城日報

◇[広告]浪花館/十二月十六日より謝恩忘年興行/滑稽噺(橘家楽天坊)落語音曲(笑福亭笑三)講談(玉川勝吉)美人舞踊(気まま会政子)東京落語(柳亭燕路)長唄(杵屋五三江、杵屋春江)浪花節(東川錦風)大切大阪仁輪加(凹凸会)

昭和21228日 京城日報

◇浪花館 正月元日より東西落語合同大会。柳家市[]楼、橋本文枝一行。

昭和21226日 大阪朝日新聞神戸版

<神戸に落語定席誕生>

落語の定席神戸に出来る 久しく神戸に落語の定席がなかったが、神戸出身の落語家橘の圓都が興行人となって楠社西門松本座を定席とし来春一日からふたを開ける。場内を改造して落語席空気を出し、正月中は大阪舊三友派を中心に東京から二三人新顔を加え落語(遊三、福圓)手踊、曲芸、講談(小伯山)、声色、女道楽等を興行すると

<編者註>この定席の座主は、落語家の橘ノ圓都であり。当時の事について「わが心の自叙伝」(のじぎく書房」で、下記の様に述べている。

楠公さんの西門にあって不入りを続けていた女浄瑠璃の小屋「松本座」にかけあって、うまく借りることになりました。この小屋はもともとが浄瑠璃の舞台。寄席と比べて、舞台が高すぎます。改装を見積りますと、なんと当時のお金で二千円もかかるといいます。一生懸命です。神戸中の知人をかけめぐり、ようやくあと三百円というところまでこぎつけました。最後に長い間ひいきにしてもらっていた河合さんという方をたずねました。河合さんは商売人「ソロバンはどうです。」とききます。結局その場で「みなから借りた金払ろうてきなはれ。わてが全部出しまひょ」といってくれました。

けれど「わては紳士のつき合いをしている者やから、興行主にはなりません」といい、たまたま小林という碁の先生に「あんたが興行主になっておくなはれ。圓都はんが責任者だす」と決めてしまいました。そのうえ「同じやるなら、どこにも負けない立派なものを」といわれて、日本一の紅梅亭を手本に改造することになりました。その費用が、ざっと一万二千円でした。それでも河合さんは「損しても、わてが散財した思うたらすむ」といってくれました。旗上げは、昭和五年、私も四十六歳の正月に決まりました。

名付けて楠公西門演芸場。さすが、旗上げ前夜の三十一日は眠れたものではありません。さて元日、客足やいかにと案じておりますと、これが大入り。押すな押すなの満席で「はいれん小屋なんぞ、どないするんや」と客が騒いだほどでした。正月の興行経費三千円に対して、実に八千円も売り上げました。給料は百九十円でしたが、この時は千円もらいました。

昭和21229日 神戸新聞

[広告]楠公西門落語常設館 當る元日初日 元日午後四時二日午後五時開演御祝儀落語(圓吉)落語物まね(都二)落語珍芸(鯛治郎)噺手踊(枝女蔵)百面相(米太郎)落語音曲(歌太楼)曲芸(曹漢傑)落語手踊(枝三郎)落語長唄(美喜)二調(圓子)落語(圓都)人情美談(小伯山)東西名優声色(三福)現代笑話(福圓)歌舞道楽(小和歌、友奴)東京落語(遊三)大切勢獅子(社中)入場料一等九十銭 二等六十銭 三等三十五銭 下足共

神戸落語常設館

プロフィール

丸屋竹山人

カテゴリー
  • ライブドアブログ