昭和3年

上方落語史料集成 昭和3年(1928)1月~4月

昭和31

京都の寄席案内

二十一日より

△新京極富貴 東都講談界の大家神田伯竜及東洋メリー、直造、小春団治、枝鶴、可蝶、芝鶴、馬生、ざこば、助六、三八、源朝、桃太郎にて開演。

△新京極花月 夜万歳大会 小正、正右衛門、康男、当月、川畑連、春子、正春、一春、出羽助、七五三吉、都枝、セメンダル、小松月、照子、菊丸、小夜子、喜楽。

△新京極笑福亭 連夜安来節と諸芸大会。

〈編者註〉この年の京都の吉本専属席は新京極芦辺館改め花月、富貴、笑福亭、中座、千本長久亭、西陣富貴。

昭和21229日 神戸新聞

[広告]楠公西門落語常設館 當る元日初日 元日午後四時二日午後五時開演御祝儀落語(圓吉)落語物まね(都二)落語珍芸(鯛治郎)噺手踊(枝女蔵)百面相(米太郎)落語音曲(歌太楼)曲芸(曹漢傑)落語手踊(枝三郎)落語長唄(美喜)二調(圓子)落語(圓都)人情美談(小伯山)東西名優声色(三福)現代笑話(福圓)歌舞道楽(小和歌、友奴)東京落語(遊三)大切勢獅子(社中)入場料一等九十銭 二等六十銭 三等三十五銭 下足共

<編者註>広告には、「桂枝三郎」の名前があるが、当時桂枝三郎(橋本文枝)は、朝鮮の浪花館に出演している為、この興行には参加しちない模様。

昭和311日 都新聞

[広告]

◎謹賀新年 東京落語協会 柳家小さん 一龍斎貞山 三升家小勝 桂文治…三遊亭圓遊 三遊亭金馬 立川談志…三遊亭小圓朝 五明楼玉輔 三遊亭圓楽 三遊亭圓橘 三升勝團治 柳家金三…三升家勝太郎…

◎謹賀新年 落語睦会 柳亭左楽 雷門助六 春風亭柳枝 林家正蔵 古今亭今輔 春風亭柳橋 桂文楽 桂小文治…

◎謹賀新年 落語協会 柳家三語楼 柳家金語楼…桂残月楼…三升紋弥 三遊亭圓左 橘家圓蔵 金原亭馬生 三遊亭圓生

◎謹賀新年 柳三遊研成社 談洲楼燕枝 桂小南 入船亭扇橋 川上秋月…入船扇三…林家染五郎 雷門三升 橘ノ圓

<編者註>上方に関連のある落語家中心に記載。

昭和311日 京城日報
◇[広告]浪花館/正月元日より東西落語合同大一座/種目と演題 落語音曲(松竹)浪花落語(楽天坊)はなし(すすむ)落語手踊(枝女蔵)落語(重次郎)珍芸(猫三)落語手踊(三木弥)義太夫(東昇)大小奇術(正秀)落語手踊(花圓遊)十八人芸(語楽)落語曲弾(燕路)高級萬歳(喜楽、八重子)落語舞踊(文枝)人情落語(重楼)大切所作事(楽屋総出)
昭和313日 大阪毎日新聞[広告]

3年 004
〈編者註〉おめでたい昭和三年 漫文画十二ケ月(双六形式の漫画広告・上図はその六月分=吉本興行部) 

昭和3112日 大阪毎日新聞[広告]

3年 003

〈編者註〉江戸屋猫八 十一日より連夜南地花月、北新地花月倶楽部、福島延命館に出演。

昭和3112 大阪時事新報

◇伯龍独演会 十五日正午から南地花月に開演長講二席「村井長庵」「侠骨小金井小次郎」。

昭和3116日 神戸又新日報昭和3年1月

[広告]楠公西門落語常設館十六日より幹部交代毎夕五時開演笑福亭福松、講談神田小伯山、真打三遊亭圓遊、其他女道楽小和歌、友奴好評

昭和3121 大阪朝日新聞

◇落語五撰会 二十一日から新町瓢亭で開催。円馬、染丸、春団治、円枝、三木助。

◇江戸家猫八 二十一日から天満、南地、北陽の各花月に出演。

昭和3121 大阪時事新報

<紅梅亭訴訟、吉本側が敗訴>

◇敗訴となつた吉本側控訴す 紅梅亭事件 吉本興行部の吉本泰宝、同人母せい両人から起した大阪南地法善寺紅梅亭主人原田政吉を相手取る営業権所有権妨害排除の訴へは、被害側がこの事件は他に契約不履行の訴訟事件があるのでその対応上起されたものであるとの申し立てが通り、この程吉本側敗訴となり、吉本側は二十日控訴を申し立てた。

昭和3121日 京城日報昭和3年浪花館

[広告]浪花館/二月二十一日より二日間 ラジオでお馴染みの特別演奏会/演題と出演者 落語(兵庫船 法要)桂花若 落語(廓の夜 骨釣)桂花咲 清元(北洲小唄 清心小唄)延小家寿 常盤津(三世相十萬億土ノ段 宗清小夜衣千太郎久八意見ノ段 新古十種ノ内戻橋)常盤太夫 三味 松世志

昭和3129日 神戸新聞

[広告]西門落語常設館 毎夕五時開始/三遊亭圓遊 笑福亭福松 神田小伯山 笑福亭福圓 三遊亭三福 橘ノ圓都 曲芸音曲其他若手競演

[広告]湊川新開地神戸劇場/萬歳界の横綱砂川捨丸 江戸生粋丸一連の曲芸 世界一の怪力夫人ペルトマン嬢(三十八貫)プーシ嬢(四十貫)


昭和321日 大阪毎日新聞

[広告]国宝?名人?変人? 連日満員 引続出演 二月一日より連夜 江戸家猫八

 出演席 松屋町松竹座 天満花月 北新地花月倶楽部 南地花月 玉造三光館

昭和321日 神戸又新日報

[広告]楠公西門落語常設館楠公西門落語常設館二月替出番、圓子ノ二調ニ美喜若奴ノ長唄切リ勧進帳、支那曲芸ノ泰斗李有来一行ハ是レ迄見ザル芸術ノ極致其他落語音曲桂米團冶ノ出演二月上旬出番 三遊亭圓子、桂米團冶、長唄美喜、若奴、支那曲芸ノ極致李有来一行、切り勧進帳 小圓、南天、圓都、福圓外若手、音曲手踊競演毎夕五時

[広告]楠公前八千代座/一日初日=毎日正午十二時開演昼夜通し 全国萬歳諸芸名人會/寿家岩てこ 中村楓■ 橘家菊春 橘家太郎 初春家玉助 菅原家千代丸 浪花亭春子 大倉■賀芳/観覧料 特等席一圓廿銭 一等席 八十銭 大衆席五十銭

昭和329日 大阪時事新報/昭和3210日 大阪朝日新聞

<紅梅亭の復活>

◇紅梅亭復活す 訴訟事件解決 吉本興行部対原田政吉の仮処分問題で休演中の法善寺境内紅梅亭も或る有力なる調停者に依つて愈々和解成立し、吉本興行部の手で従前通り開演する事に話が纏まり近く開場すると。(大阪時事)

◇紅梅亭の復活 仮処分問題で永らく紛争をつゞけていた法善寺境内紅梅亭は、その後調停者によつて和解成立したので吉本興業部の手で近く復活開場することになつた。目下準備中であると。(大阪朝日)

昭和3222日 京城日報

◇一粒選りの名手揃い(本社が読者優待) 今日午後七時から浪花館で開き、京城放送局で招聘した演芸家一行は、いづれも粒選りの事とて、素晴らしい人気を以て迎えられている。落語と珍芸を演じる二代目花咲は、関西でも名負ての変り者。落語界の革命児として名あり。常盤津の常盤太夫並に松世志は、純粋の東京つ子で、常盤太夫は幼い頃から岩沢式佐につき、修行長く、宗元文字太夫を師として折紙つきの名手。松世志は三味を以てはその右に出づるものないという第一人者である。延小家寿は、東京吉原出の粋な咽喉の所有者先代の延寿太夫の三弦弾という。揃いも揃って一粒選りばかり。本社は特に愛読者後援の意味で、一等一圓を八十銭に、二等五十銭という破格の料金で提供する事となつた。

<編者註>二代目桂花咲:本名太刀末蔵。仁輪加師。最初は六代目林家正楽の弟子で、右楽から右郎坊を経て二代目花咲を襲名。後、落語家を廃業して、亭号を一輪亭と改める。

昭和3227日 神戸新聞

落語常設館 西門松本座では三遊亭圓遊の人情話、笑福亭福松の滑稽、神田小伯山の講談「白浪五人男」「祐天の吉松」其他福圓、三福、圓都外若手連の競演、曲芸、音曲等頗る好評で連日満

昭和331日 神戸新聞

[広告]楠公西門落語常設館一日より出番 講談神田小伯山、義太夫竹本染登、糸豊澤新六、落語三遊亭圓子、長唄二調美喜、舞若奴、福圓、圓都、南天、花柳

千代廼座名人 名人伯山、組春、筑風外数名一行の初日満員の盛況にて伯山独特の次郎長が呼物。二日目演題落語小ゑん、日蓮記南玉、落語金三、扇の的筑端梅忠春、渡辺角左衛門伯山、太閤記松鯉、旅順の會合筑風
昭和
337 京都日日新聞

3年 002◇富貴席三覇双 新京極富貴席では今六日より三日間神田伯山、竹本組春、高峰筑風が出演して三覇双をなす。

〈編者註〉三日間の各人の演目は、伯山「清水次郎長」の続読み。竹本組春「寺子屋」「三勝半七」「太十」、高島筑風「小楠公」「高山彦九郎」「川中島」。広告は三月六日付「大阪毎日新聞」

昭和3311日 神戸新聞

落語常設館 米團冶、菊團冶、圓司、花柳、常定連。竹本染登も引続き出演

昭和3316日 大阪時事新報

<紅梅亭、再び開場する>

◇紅梅亭開演 長々と紛擾の為めに休場を続けた千日前名物の寄席紅梅亭も、和解が双方に成立して十五日から吉本興行部直営のもとに開場、第一回は講談落語有名長演会にて染丸、三木助、円馬、春団治、貞山等出演、二十日までにて毎夕五時開演。

◇北新地花月倶楽部 春季特選興行を十五日より五日間開演。貞山、染丸、円馬、春団治、巴家寅子一座出演。

昭和3318 京都日日新聞

◇懲りぬ桂助六 又お目玉頂戴 京都市新京極富貴亭に出演中の桂助六こと日高定吉(四五)は十五日午後八時半ごろ舞台で小野小町の話で卑猥の言辞を弄し五条署興行係に引致された。同人はこれまで再三かゝることがあるので厳罰さる。

昭和3318日 神戸新聞

[広告]楠公西門落語常設館義太夫(竹本染登、豊澤新六)落語(菊團冶、南天、福圓、圓都、花柳、圓司)桂米團冶、外若手音曲手踊女道楽出演

昭和3331日 京城日報

◇浪花館 三月三十一日より東西三人會。柳亭燕路、橘家圓三郎、橋本文枝出演。

[広告]浪花館/三月三十一日より東西落語三人會/出演者 落語(三遊亭楽之助)落語(橘家楽天坊)落語手踊(柳瀧之介)義太夫(豊竹東昇)落語手踊声色(柳亭燕路)落語音曲舞踊(橘家圓三郎)落語舞踊板東流名取(橋本文枝)大切座員総出所作事


昭和34

京都の寄席案内

一日より

△富貴 (落語)右之助、(落語)三八、(落語)光鶴、(落語)しん蔵、(曲独楽)源朝、(落語)助六、
  (落語)桃太郎、(万歳)芳江・鶴春、(音曲噺)円太郎、(曲芸)直造、(東京落語)馬生、(落語)
 枝鶴、(掛合噺)歌蝶・芝鶴、(奇術)操光。

△花月 (落語)枝之助、(運動)李玉川、(万歳)米二・正月、(万歳)ニチ〳〵・大正坊、(曲芸)
 直造、(所作事)岸菊・初菊、(掛合噺)歌蝶・芝鶴、(奇術)操光、(万歳)二三丸・菊丸、(落語)
 助六、(万歳)玉枝・成三郎、(万歳)勇若・虎勇、(女道楽)花菱家連、(万歳)芳江・鶴春、(曲独
 楽)源朝。

△中座 (落語)小太郎、(掛合噺)歌蝶・芝鶴、(女道楽)花菱家連、(万歳)芳一・千代春、(奇術)
 操光、(曲芸)直造、(万歳)ニチ
〳〵・大正坊、(曲独楽)源朝、喜歌劇「寿酒」、旧劇「二十四孝狐
 火」、ボードビル十種。

△笑福亭 万歳諸芸競演大会

昭和341日 神戸新聞

[広告]楠公西門落語常設館毎夕五時より 花團冶、三福、菊團冶、三遊亭遊三、松旭斎天鶴、同天美、同君子外若手数番

楠公西門落語常設館 花團冶は初出演、菊團冶のハイカラダンス、橘太郎の即席問答は猫八ソックリ

昭和344 京都日出新聞

◇芸人の賭博 開帳中に踏込れる  二日午後新京極寄席花月に出演中の大阪市西区九条通り三丁目吉田菊丸事宍戸菊太郎(三二)、同市此花区上福通り二丁目玉子家虎勇事西野利久(三四)、大阪府中河内郡橘大正坊事川村鶴松(三九)、同西成区萩の茶屋李玉川(二五)、若松家太郎こと藤田春一(二六)の五名がカブ賭博中を五条署興行係杉本警部補、木瀬巡査が踏み込んで取押へ目下取調べ中。

昭和3416 神戸新聞

楠公西門落語常設館 毎夕六時開演四月下出番は、落語手踊(笑福亭福松)落語(福圓)美術紙切(南天)落語(圓都)東京落語(春雨家雷蔵)魔術(操光/みさほ)落語物似(太郎)落語手踊(五門楼春輔)

千代ノ座 十七日より萬歳ニコニコ家シゲ丸、三遊亭福助、吉田国丸加入

昭和3417日 大阪毎日新聞

◇海老一死す 江戸曲芸の名物男海老一鉄五郎は神戸市湊川湊座に出演のため湊町二丁目田中方に止宿中、十四日朝心臓麻痺で死亡、享年五十二、葬儀は十六日夢野火葬場で行ふ。

昭和3419日 神戸新聞

落語常設館 新出演奇術ジャクラー操光、みさほの鯉つり等

昭和3422 中外日報

〇落語家の失敗 ある時、これは招かれた座敷で私は例の「碁どろ」を一席やつた。「碁どろ」と云へば話の筋は申上げる迄もないが、夜おそくまで碁をうつてゐるところへ、碁の好きな泥棒が入る。泥棒は大きな包を背負つて碁盤の側に立つて二人の勝負をみてゐるが、たうとう口を出してしまふ。ところが碁に夢中になつてゐる二人は何とも思はず「お前さんは誰だい」と云へば、「へい泥棒です」「あゝ泥棒さんか」と云ひながら尚も碁石をぱちりーツと下げをつけて話を終つた。するとその家の十一二になる坊ちやんが「ふゝム、小さんの碁どろはうまいけれど、あれでは碁盤が少し高過ぎるナ」と云はれた時には全く恐れ入つてしまつた。成程高座の上では右手をやゝ目八分目位にもつて往くが、それでは実際の碁をうつにしては少し高すぎる。実に大へんな尻尾をつかまれたもので、負うた子に教へられて浅瀬を渡るの譬喩の通り、それからは右手を少し下げることにしたが、全くこれは末長に忘れられない有難い失敗談である。(柳家小さん)

上方落語史料集成 昭和3年(1928)5月~8月

昭和351 神戸新聞

◇[広告]落語常設館/五月上出演 清元(吉寿太夫)三味線(吉三)滑稽掛合(伍郎、福太郎)自転車曲乗(田川為雄、同美知尾)百面相(松竹家繁寿)落語連(福圓、圓司、圓都、花柳)其他若手連競演

昭和352日 大阪時事新報

◇紅梅亭 吉本興行部専属万歳秘技競演会 出演者はセメンダル・小松月、玉枝・成三郎、愛子・光晴、楽春・久春、二蝶・芳春、日佐丸・弥多丸、しの武・次郎、カチユシヤ・ラツパ、芳香・芳丸、今男・アチヤコ、大正坊・捨次、ウグヰス・チヤツプリン。余興笛亀、幸治、李玉川。

◇神田伯龍 一日より南地花月、北新地花月倶楽部、松島花月へ出演。得意の世話講談を長演。

昭和3年5月16日 神戸新聞

◇落語常設館 五月十六日より、桂米團冶、珍芸橘のラヂオ、桂文如、奇術明洋一行。

昭和3年5月17日 神戸新聞

◇[広告]楠公西門落語常設館/桂米團冶・橘ノ歌扇・魔術(明洋 フランク一行)珍藝(ラヂオ)落語(文始・圓司)滑稽掛合(伍楼・福太郎)福圓、圓都外若手多数

昭和3522日 大阪朝日新聞

◇吉本未亡人から赤十字社へ寄付 最近大阪南区笠屋町吉本興行部吉本せい氏は亡夫吉兵衛氏の年忌にあたり、大阪赤十字社病院に一万一千円を寄付。


昭和
36

 大阪の寄席案内

一日より

△南地花月、松島花月、北陽花月倶楽部等 結城孫三郎一座特別出演。

十一日より

△南地紅梅亭 第六回花月ピクニツク演芸会。扇枝、枝鶴、小春団治その他。「千日前行進曲」等珍趣向の曲
 目を上演する。

△南地花月、松島花月、北陽花月倶楽部 左楽、三亀松、奇術露国人ら。結城孫三郎一座特別出演。

天満花月 万歳競演大会。

昭和361日 神戸新聞

◇[広告]楠公西門落語常設館 毎夕六時より/三遊亭遊三・北海道正調追分初下(塚田)紙切(南天)落語(圓都)落語物真似(左圓遊)音曲舞(歌扇)落語(福圓)滑稽掛合(伍楼・福太郎)奇術界の泰斗(李有来一行)

昭和3610日 大阪朝日新聞

◇春団治 十一日より東京横浜の吉本直営館へ出演。

昭和3616日 京城日報

◇[広告]浪花館/十六日より演芸大会/落語舞踊(橋本文枝)義太夫(豊竹東昇)落語手踊(柳亭燕路)講談(宮脇華山)外数名出演

昭和3621日よりの出番順(南地花月)

3年 005

〈編者註〉『藝能懇話』十八号(平成198月)より。

昭和3622日 京城日報

◇浪花館 二十三日より落語家の大家柳亭燕路来り。

昭和3623日 京城日報

◇[広告]浪花館/六月二十三日限り 柳亭燕路独演会 午後六時より/大山詣 城木屋 法華とうふ (余興)本調子春雨 二上り梅にも春 三下り夕暮れに お馴染みのけいこ屋

昭和371日 神戸新聞

◇[広告]楠公社西門常設館/毎夕六時開演/東京生粋茶番曲芸丸一社中(小仙・小松・小金)滑稽掛合歌舞手踊(竹廼家連)落語大相撲穴探し(力士毎夜交代)落語手踊(笑福亭福松)落語講談(三遊亭圓司)福圓・圓都其他

◇[広告]湊川新開地神戸劇場/全国名人萬歳大會/河内家鶴春、初音家源丸、砂川政春外数十名出演 昼夜二回開演

昭和3721日よりの出番順(南地花月)

3年 006

〈編者註〉『藝能懇話』十八号(平成198月)より。

昭和373日 神戸新聞

◇落語常設館 交代連。福松、圓司、南天等に、初出演升奴(ますやっこ)、喜雀(きじゃく)、小金、小仙。落語角力あり。

昭和3715日 神戸新聞昭和3年7月15日神戸劇場

◇[広告]湊川新開地神戸劇場 昼夜二回開演/七月十一日より全国萬歳座長大會 花形揃十数組大競演/特別出演 関西落語界大立者 桂春團冶 江戸名物男江戸家猫八

◇[広告]楠公社西門常設館 第二回納涼會/珍曲芸(南天、花柳)軽業一本竹(圓都、ラジオ、福圓)怪談雨夜物語道具入講演亡霊(圓司、圓都)引抜滑稽ダンス(福松、枝三郎)昭和3年7月15日常設館

昭和3717日 神戸新聞

◇落語常設館 福松、圓司の落語、小圓の怪談其他

◇神戸劇場 東西落語界の名物男桂春團冶、江戸家猫八の大競演

昭和38

京都の寄席案内

一日より

△新京極花月 昼夜交替万歳大会。

△新京極富貴 升三、桃太郎、久春楽、春、夏起雲、塩鯛、勝太郎、清子、喬之助、蔵之助、ペンチツク、サモパイ等で大切に余興滑稽二〇加大風呂敷。

△新京極中座 女流浪花節巴うの子出演。

△新京極笑福亭 諸芸大会。

昭和381日 神戸新聞

◇[広告]楠公西門落語常設館/當ル八月一日ヨリ 特別興行納涼大演芸 ◎大魔術と珍芸◎▼新案福原行進曲▼/桂文都 江戸家小猫八 松浪天花 松浪天外 ジャグラ操光 圓都 南天 枝三郎 福之助 圓司 鯛治郎 ラヂオ 花柳 福圓 桂米團治/大切◎滑稽怪談立噺道具入 引抜キ各国名物踊り

昭和3年8月1日神戸

昭和3814日 大阪時事新報

◇南地花月亭改築 法善寺境内の花月亭は十一日から最新の設備に準じた娯楽場としての改築に着手、工事中は臨時納涼演芸会を紅梅亭に開会、主なるプログラムは、改訂千日前行進曲、映画俳優の身振り真似、幹部総出の滑稽玉手箱、大切住吉駕(春団治、蔵之助、円枝、塩鯛外十数名出演)

◇北新地花月倶楽部 十一日から第二回納涼演芸会。長講落語、総出の滑稽玉手箱、映画俳優の身振り、音曲、三亀松(春団治、蔵之助外十数名)の住吉駕、大切怪異の竈(染丸、枝鶴、千橘外数名出演)

昭和38

<桂桃太郎死亡>

●桂桃太郎 本名松下多三郎。明治十三年生。大阪北堀江の生まれ。素人時代は七五三丸と名乗る。二代目三遊亭円馬に入門して新馬、のち桂枝太郎門に移って桃太郎となった。はじめ浪花三友派に属したが、大正元年十月に枝太郎が新京極の笑福亭に拠って京桂派を結成した時、桃太郎も参加し、勉強会の一五会にも積極的に出席して「野崎詣り」「佐々木裁き」「借家怪談」「紙屑屋」など多くのネタを演じた。笑福亭第一の色男を売り物に、海晏寺のヘナチョコ踊りなどをやった。まくらをいっさいふらず落語にはいるのは好感がもてるという新聞の投書もある。大正四年九月に京桂派が解散になると噺家をやめ、祇園でうどん屋を始めた。大正八年頃、反対派から勧誘があり、新京極の富貴を中心に高座に復帰した。反対派が吉本興行に統合されたのちも富貴に出ていたが、昭和三年八月上席を最後に新聞の出番表に出なくなった。
〈参考文献〉橋本礼一「上方噺家列伝」(『藝能懇話』二十一号・平成28年所収)


上方落語史料集成 昭和3年(1928)9月~12月

昭和39

大阪の寄席案内

一日より

△南地花月 改修中休席  

△南地紅梅亭 五郎・紋十郎、小扇、クレバ・栄治、小春団治、扇遊、三木助、枝鶴、呉成錬、小文治、芝
 鶴・歌蝶、円馬、小柳三。  

△北新地花月倶楽部 塩鯛、福団治、芝鶴・歌蝶、円若、円馬、小扇、クレバ・栄治、クレバ、清、蔵之助、五郎、紋十郎、小柳三、円枝、呉成錬、小文治、ベニヂツク、サモパイ。  

△松島花月 小円馬、小柳三、扇枝、ベニヂツク、サモパイ、小文治、文治郎、静代・文男、三木助、小春団
 治、花奴、登吉、扇遊、蔵之助△天満花月 光鶴、円枝、久春、楽春、五郎・紋十郎、政夫・捨市、小春団
 治、円若、勝太郎、一春、出羽助、福団治、小扇、クレバ、清子 、喬之助、文治郎、呉成錬。  

△松屋町松竹座 文治郎、蔵之助、清子、喬之助、ざこば、小柳三、歌蝶・芝鶴、円馬、扇遊、枝鶴、勝太
 郎、次郎、団之助、三木助。  

△玉造三光館 若春、竜光、歌蝶・芝鶴、枝鶴、扇遊、小文治、猫八、ウグヰス・チヤプリン、せき子、幸丸、福団治、塩鯛、一光、蔵之助、円若、久春・楽春、五郎・紋十郎、二蝶・芳春  

△正宗館 万歳競演大会  

△新世界芦辺館 安来節花菱会、江戸屋猫八、万歳。  

△三友倶楽部 安来節と万歳の合同興行。

十一日より

△南地紅梅亭、北花月倶楽部、松島花月 小文治、三亀松、呉成錬、円馬、春団治ら。

△新世界芦辺舘、新町瓢亭、内本町松竹座 江戸屋猫八が出演。

京都の寄席案内

二十日より

△新京極笑福亭 大阪女義太夫竹本綾之助。

昭和391日 大阪時事新報

○東京の桂小文治飛行機で乗込む 落語家ではこれは最初 

大阪に育つた落語家だが、今では東京に腰を下して同地の人気者となつている桂小文治、創作落語の方面に冴えた芸を見せているが、一日から久々で故郷大阪に出演することになつたのを好機に、これも高坐での話の種子とりと、三十一日立川発の朝日旅客機に乗込み、東海道を一気がけ、落語家としては我が国最初の空中乗込みをやつてしまつた。この新人を迎へる吉本興行部では幹部総出で出迎へに出張つて居たが、本人の小文治、怖かつたやら、おもろかつたやら、とにかく体験だけはした筈の実験談を、いづれ航空漫談とでもして高坐に御披露に及ぶことであらう。

昭和391日 都新聞

[広告]落語睦会

◎桂小文治 大阪花月出演 ◎柏枝 枝太郎一行 名古屋文長座出演 廿日帰京

[広告]東京落語協会 ◎小圓朝一行 名古屋文長座出演

昭和2911日 大阪時事新報

◇柳家小三治 東京から来演、十一日から南地花月、北陽花月倶楽部、松島花月、新町瓢亭に出場。

◇神田伯竜 引き続き南地花月、北陽花月倶楽部、松屋町松竹座に出演。

昭和3914日 大阪時事新報

◇桂小文治 久々帰演の同人は二十日まで南地紅梅亭、北の新地花月倶楽部、松島花月へ出演。尚ほ三亀松、呉成錬、円馬、春団治等も同様出演する。

◇江戸屋猫八 十一日から新世界芦辺館、新町瓢亭、内本町松竹座に出演。

昭和3916 神戸新聞

◇[広告]楠公西門落語演芸場 落語と色物の一流幹部連を網羅す/出演者連名次第 桂枝三郎 桂米團冶、橘圓天坊、橘圓都、笑福亭小枝鶴、笑福亭松鶴、立花家花橘、東洋一郎、千葉琴月、白楽亭歌扇、旭堂南陵

昭和3918日  

<七代目桂文治死亡>

七代文治●七代目桂文治 本名平野治良兵衛。嘉永元年生。先祖は紀州藩士北川家。父は人入れ家業。若くして江戸へ奉公に出、二十二歳で帰阪して平野家の養子となった。都雀の名で素人落語をやっていたが、やがて初代桂文団治に入門して米団治(初代)を名乗った。師文団治が明治十九年九月にコレラで死亡した翌年の五月に二代目文団治を襲名した。明治二十六年十月に浪花三友派が結成されたとき、参謀格として参画した。明治三十七年九月に「大阪三友派」を旗揚げし、一年ほど三友派を離脱した以外はずっと三友派の重鎮として一門、一派に睨みをきかし、よく統率した。明治四十一年十一月、ながらく東京へ行ったままになっていた文治の名跡を取戻し、七代目として襲名した。明治末年、宿命のライバルの桂派が寿々女会となり、内部分裂を起こしたとき、敵将の二代目三遊亭円馬をはじめ旧桂派の幹部らを三友派に迎えいれた。消滅してしまった桂派とは対照的に、三友派は明治末年の混乱期を乗り切り、文治一門にあらざれば噺家にあらずという程の権勢を誇った。大正七年五月に引退披露をおこない、ながい噺家人生にピリオドを打った。住所から「上町の師匠」と呼ばれていた。

〈参考文献〉橋本礼一「上方噺家列伝」(『藝能懇話』二十一号・平成28年所収)/『古今東西落語家事典』(平凡社・平成8年)。

昭和3921日 京城日報

◇[広告]浪花館/九月二十一日より ヴアイオリン名人石村松雨来る 長唄合奏、物真似、落語手踊、講談、義太夫、其他色々


昭和
3年10月

 大阪の寄席案内

十一日より

△南地花月 伯竜、春団治、円馬、三木助、三亀松、勝太郎、円枝、枝鶴、福団治、扇枝、小円馬、小春団
 治、扇遊、芝鶴、花蝶其他。【広告参照】

△北陽花月倶楽部 伯竜、山陽の長講、円馬、春団治、三木助、扇遊、三亀松、円枝、五郎、小春団治其他。

△松島花月 山陽、三木助、円馬、春団治、三亀松、塩鯛、扇遊、勝太郎、小春団治、芝鶴、花蝶、清子、喬
 之助其他。

△新町瓢亭 三木助、円馬、円枝、枝鶴、福団治、一光、芝鶴、花蝶、清子、喬之助其他。

△天満花月 伯竜、勝太郎、塩鯛、円枝、扇遊、清子、喬之助其他。

△玉造三光舘 万歳諸芸大会。

△新世界芦辺舘 万歳諸芸大会。

二十一日より

△南地花月 猫八、呉成錬、三木助、九里丸、勝太郎、春団治、円馬、文次郎、五郎、扇遊、千橘、清子、
 喬之助、蔵之助、染丸、馬生、扇枝、芝鶴花蝶。

△北新地花月倶楽部 春団治、円馬、芝鶴花蝶、呉成錬、扇枝、扇遊、千橘、猫八、九里丸、三木助、勝太
 郎、円枝。

△松島花月 蔵之助、扇遊、染丸、五郎、九里丸、春団治、喬之助、清子、円枝、円馬、馬生、文次郎。

△新町瓢亭 三木助、春団治、文次郎、ざこば、千橘、清子喬之助、勝太郎、小円太。

△天満花月、玉造三光館 万歳諸芸大会。

△新世界芦辺館 万歳と民謡大会。

△千日前三友倶楽部 万歳大会。

△千日前南陽館 万歳幹部大会。

京都の寄席案内

一日より

△西陣富貴 休館中であつたが、竹内興行部直営で来る十月一日から東西万歳名人大会で開館。

△新京極笑福亭 大阪女浄瑠璃出演中。

十一日より

△新京極笑福亭 女浄瑠璃。

昭和3102日 大阪毎日新聞[広告]

3年 001

昭和3102日 大阪時事新報

○改築落成 設備に誇る南地花月 新愛進館[旧播重席]と同じく千日前の一流寄席である南地花月、こゝは夏場の不入り時を利用して場内改築を持主の吉本興行部が試みつゝあつたが、一日からは改築記念興行として東京から来た神田伯竜と柳家三語楼の二人、これに大阪側の真打全部が顔を揃へた大一座で開演した。この寄席は改築と同時に和洋管弦楽のボツクスを設備したが、これはおそらく寄席界では全国最初の試みで、ゆく〳〵は松竹座同様に外国仕入れのダンス芸人も出演させる方針らしく、其他諸設備に大いにハイカつて現代的の目新しいところを見せて居る。

昭和31016日 京城日報

◇[広告]浪花館/柳家重楼一行来る/落語音曲(重好)少年音曲(重童)浪花落語(重次楼)萬歳(重兵衛、重好)現代落語珍芸(三木楼)掛合噺(社中)落語手踊(小重)チャプリンツクル奇術…


昭和
311

 大阪の寄席案内

一日より(御大典記念興行)

△南地花月 伯竜、猫八、三亀松、染丸、三木助、円馬、小春団治、千橘、蔵之助、扇遊、九里丸、円枝、クレバ、小扇、枝鶴、塩鯛、円若、武司・聖行、露国奇術ベニチツク、サモパイ。

△北新地花月倶楽部 猫八、伯竜、三亀松、円馬、蔵之助、文治郎、塩鯛、千橘、五郎・紋十郎、扇遊、枝鶴、正武・一声、次郎・団之助其他奉祝新舞踊(小春団治、千橘、小円馬、五郎) 

△松島花月 円馬、猫八、三木助、染丸、喬之助・清子、千橘、馬生、円枝、枝鶴、九里丸、べニチツク・サモパイ、文男・静代、次郎・団之助 

△新町瓢亭 三木助、小春団治、福団治、染丸、九里丸、文治郎、三亀松、五郎、聖行・武司、枝鶴、円若、日左丸・市松、光鶴。 

△玉造三光館、松屋町松竹座、天満花月 奉祝演芸大会。

△千日前南陽館、三友倶楽部 奉祝万歳競演大会。

△新世界芦辺館、九条正宗館 民謡万歳大会

十一日より(御大典記念興行)

△南地花月 春団治、小春団治、三亀松、枝鶴、蔵之助、歌蝶・芝鶴、勝太郎、九里丸、千橘、円枝、馬生、
 おもちや、福団治、升三。

△北陽花月倶楽部 三木助、円若、千橘、春団治、今男・アチヤコ、馬生、三亀松、染丸、小春団治、歌蝶・芝鶴、ざこば、福団治、扇枝、小円太。

△松島花月 染丸、雁玉・十郎、勝太郎、九里丸、三木助、小円太、小春団治、霊心坊、五郎・雪江、扇枝、三亀松、春団治、おもちや、染三、千橘。

△新町瓢亭 蔵之助、正春・春子、福団治、芝鶴・歌蝶、染丸、千橘、武司・重慶、春団治、直造、馬生、枝
 鶴、五郎・雪江、塩鯛。

△天満花月 三亀松、枝鶴、五郎・雪江、ざこば、直造、勝太郎、九里丸、円若、蔵之助、十郎・雁玉、小円
 太、小春団治、花菱家、染八。

△松屋町松竹座 ざこば、重隆・武司、扇枝、升三、円若、塩鯛、市松・日左丸、枝鶴、福団治、花菱家、三木助、勝太郎、光鶴、九里丸、小春団治。

△玉造三光館 諸芸競演大会。

△新世界芦辺館 美人舞踊団。

△千日前三友倶楽部 山本愛太郎一座の民謡大会。

△千日前南陽館 万歳競演大会。

二十一日より

△南地花月 円馬、芝鶴・花蝶、春団治、金語楼、扇遊、小春団治、文治郎、直造、紋十郎・五郎、勝太郎、喬之助・清子、重隆・武司、円枝、アチヤコ・今男、蔵之助、ざこば、升三。

△北陽花月倶楽部 金語楼、直造、紋十郎、円馬、花蝶・芝鶴、春団治、蔵之助、扇遊、小春団治、文治郎、今男・アチヤコ、扇枝、ざこば、喬之助・清子。

△松島花月 勝太郎、重隆・武司、小春団治、蔵之助、喬之助・清子、都枝・七五三、円枝、金語楼、花奴・登吉、円馬、升三、春団治、小円馬、円若。

△新町瓢亭 文治郎、扇遊、雪江・五郎、勝太郎、百合子・光子、円若、円馬、亀鶴、扇枝、小円馬、瓢箪・
 ニチニチ、小円太、塩鯛。

△天満花月 蔵之助、喬之助・清子、福団治、今男・アチヤコ、扇枝、五郎・紋十郎、歌蝶・芝鶴、春団治、百合子・光子、光鶴、直造、染三、文治郎、小円太。

△松屋町松竹座 円枝、ニチニチ・瓢箪、小円馬、文治郎、直造、福団治、勝太郎、ざこば、扇遊、小春団
 治、星花、升三、扇枝。

昭和3111 神戸新聞

◇落語常設館 扇三の東京落語が加入。

<編者註>西門席の番組11月上席は落語舞踊、長唄女道楽、歌澤、浮世節、文人踊、清水次郎長講談等等。演者は不明。

◇[広告]新開地マツモトザ/特別余興萬歳大會と色物/大阪吉本興業部専属

昭和3112日 京城日報

◇御祝典奉祝演芸大会(三日と四日龍山劇場で) 龍山劇場では、今回各演芸家の後援で、三四の両日に渡り、御大典奉祝記念演芸大会を催し、浪花節、高級萬歳、琵琶劇、その他朝鮮人金旭一氏の筑前琵琶演奏等あり、盛んな前人気を呼んでいる。重なるプログラムは左の通り。

浪花節(吉田雲龍)義太夫(素□会)落語(柳亭燕路)筑前琵琶(金旭一)高級萬歳(金丸、角丸)琵琶劇(旭萬会 あやめ倶楽部員)其他手踊長唄小唄等

昭和3113日 京都日日新聞

◇新京極富貴 十一月三日正午より神田伯龍独演会。

昭和3119日 京城日報

◇浪花館 十日より先に同館に出演して好評を博したる三遊亭遊三一行で再び開演。

[広告]浪花館/東京落語の人気王三遊亭遊三 萬歳の旦頭横山エンタツ/滑稽萬歳(九郎 勝子)珍芸(□□)歌舞音曲(金之助)奇術(□嬢)大曲芸(ロイド)女道楽(住之助 歌女)文学萬歳(エンタツ 春□)東京落語(遊三)

昭和31121日 大阪毎日新聞

◇講談名人会 今度天満天神裏門前に出来た講談定席第二宮崎倶楽部で二十一日から昼夜猫遊軒伯知と旭堂南陵出演(入場料三十銭)。

昭和31122日   

<初代桂枝雀死亡>

枝雀 001●初代桂枝雀 本名入江清吉。元治元年生。生家は大阪の足袋屋。喜代丸と名乗って素人落語で活躍したあと、明治十七年、二代目桂文枝(のち文左衛門)に弟子入りし枝雀を名乗った。改名、襲名の多いこの世界では珍しく生涯「枝雀」で通した。あばた面で片目が不自由という容姿だったが、高座は愛嬌たっぷりで、爆笑が絶えず、一席終えた後、「フェー」といった奇声を発してから大津絵節を独特の節で聞かせるなど、桂派の中でも一番の人気者だった。しかし明治末年、桂派が寿々女会となったときに飛び出し、小さな会派を渡り歩いたのち、大正四年正月から桂枝太郎らが京都で組織していた京桂派に加わった。同年九月に同派瓦解後、反対派に席を置き、弟子の二代目小文枝を呼び寄せて同派の発展に大いに寄与した。反対派が吉本興行に統合されて直ぐの大正十四年四月に引退し、布施(現東大阪市)に隠棲して平穏な余生を過ごした。墓所は布施にあるはずだが見つかっていない。

〈参考文献〉橋本礼一「上方噺家列伝」(『藝能懇話』二十一号・平成28年所収)/『古今東西落語家事典』(平凡社・平成8年)。

昭和3121日  神戸新聞

◇西門席 東京の丸一小楽が加入。

昭和312

 大阪の寄席案内

十一日より

△南地花月 春団治、円若、染丸、九里丸、文楽、芝鶴・歌蝶、勝太郎、小春団治、五郎・紋十郎、福団治、一光、三木助、清子・喬之助、枝鶴、馬生、小扇・クレバ、大切余興。

△北陽花月倶楽部 文楽、一光、九里丸、枝鶴、三木助、芝鶴・歌蝶、勝太郎、円枝、今男・アチヤコ、蔵之助、春団治、清子・喬之助、馬生、福団治其他。

△松島花月 三木助、勝太郎、一声・正武、蔵之助、小春団治、十郎・雁玉、出羽助・一春、小円馬、染丸、一光、文楽、歌蝶・芝鶴、一光、枝鶴、円枝其他。

△天満花月 染丸、九里丸、小円馬、馬生、円枝に万歳幹部連 

△松屋町松竹座 文楽、春団治、三木助、馬生、染丸、塩鯛、今男・アチヤコ、芝鶴・歌蝶、五郎・紋十郎
 其他。 

二十一日より忘年演芸大会

△南地花月は春団治、円枝、円若、千橘、蔵の助、小円馬、小春団治、染三の「即席民謡競争」、枝鶴、勝太郎、五郎の「珍妙二人羽織」、蔵の助、千橘、小円馬、志ん蔵の「理想」、円馬、染丸、勝太郎、枝鶴、五郎、扇遊、歌蝶の「忠臣蔵七五三舞台競争」、小春団治主演喬之助、清子、花月舞踊団共演の新舞踊「浮かれの兎」、福団治、一光、おもちやの漫曲技「浮かれ床」、春団治、円枝、塩鯛、福団治、円若、金之助、花次、円若、染三の「浮世車」其他、三木助舞踊、九里丸の珍芸。

△北陽花月倶楽部は円馬、染丸、扇遊、塩鯛、歌蝶、花次、金之助、光鶴の「珍芸□」「浮かれ床」「玉兎」「浮世車」「理想」「忠臣蔵舞台競争」他。 

昭和3128日 京城日報

◇[広告]浪花館/十二月八日より午後六時開演/忘年興行二座合併/落語、手踊り、文化萬歳、掛合噺、柳家連中 お馴染みの女流浪曲天野照子嬢 木戸破格一等五十銭 二等三十銭

昭和3125日 大阪朝日新聞

◇第二宮崎倶楽部 大阪唯一の講談定席として復活、一日より昼夜二回東西長講競演会として南稜は「祐天吉松」「義士討入」、芦山は「佐賀の怪猫」「伊達評定」を読む

昭和31216 神戸新聞

◇西門席 松川家妻奴、神田小伯山が出演。


プロフィール

丸屋竹山人

カテゴリー
  • ライブドアブログ