昭和12年

上方落語史料集成 昭和12年(1937年)1月~6月

昭和121

大阪の寄席案内

一日より

△南地花月・花月倶楽部 小円馬、龍光、文治郎、芳男、一郎、左楽・右楽、春団治、幸児・静児、伯龍、今男・アチャコ、松鶴、静代・文雄、九里丸、虎丸、結城一座、夢声、エノスケ・エンタツ、三木助、五郎・雪江。【広告参照】

十一日より

△南地花月 小雀、正光、文治郎、右楽・左楽、林芳男、九里丸、三木助、太郎・菊春、石田一松、春風亭柳枝、エンタツ・エノスケ、結城孫三郎一座、神田伯龍、雁玉・十郎、春団治、アチヤコ・今男。【寄席ビラ参照】

△北新地花月倶楽部 円枝、牧野狂児郎、雁玉・十郎、竜光、柳枝、アチヤコ・今男、九里丸、円馬、石田一松、春団治、エンタツ・エノスケ、結城孫三郎一座、神田伯龍、文雄・静代。

二十一日より

△南地花月<漫才大会>  美津子・小松月、歳男・今若、竹幸・出羽助、左楽、右楽、正光、芳奴・庫吉、玉枝・成三郎、九里丸、静代・文雄、八千代・千代八、奴、喜蝶、菊春・太郎、石田一松、十郎・雁玉、五郎・雪江、エンタツ・エノスケ。

△北新地花月倶楽部 円枝、竜光、小円馬、今若・歳男、蔵之助、雪江・五郎、松鶴、石田一松、雁玉・十郎、林芳男、エンタツ・エノスケ、三木助、九里丸、円枝、奴・喜蝶。

京都の寄席案内

一日より

△新京極富貴 三八、三馬、小松月・美津子、円枝、徳川夢声、円若、円馬、菊春・太郎、芳男、柳枝・一駒、春団治、石田一松、神田伯龍、雁玉・十郎。

【広告参照】 

十一日より

△新京極富貴 柳枝・一駒、春風亭柳枝、九里丸、寺島玉章一行、三木助、雪江・五郎、松鶴、小円馬、歌楽・妙子、神田伯龍、三好・末子、蔵之助、おもちや、三馬、三八。

二十一日より

△新京極富貴 文雄・静代、春団治、右楽・左楽、結城孫三郎一座、円馬、幸児・静児、春風亭柳枝、文治郎、出羽助・竹幸、柳枝・一駒、馬生、武司・義忠、牧野狂児郎(新作漫談)、三馬、三八、右之助。

昭和1211日 大阪朝日新聞[広告]

12年 001

昭和1211 京都日出新聞[広告]

12年 002

昭和1211 神戸新聞

[広告]吉田奈良丸出演/大正座/湊川新開地 電話湊川四〇九三

◇[広告]千代之座 二葉館 湊座 萬國館 娯楽館/神戸吉原興行部

◇[広告]吉本興業合名會社

グラフィックス3

昭和121 神戸千代之座本席出番表

梅之助、つゆ子 花の家福丸、富奴 平野ノボル、あき子 照夫、芳夫 菅原家千代政、千代子 幸三、うの子 春次 珠児、節子 エンコウ、花枝 唄之家成太郎、田鶴子 山田家千代次(一人高座) 永台、五月 五條家文若、静子 伊村一瓢、末春 桂かん治、都家駒蔵 富士廼家蝶八、ちどり 林家染羽、同染右衛門 桂木東声、小柳 西条凡児、同芸児 端唄美代司、端唄とんこ 隅田川ちどり、中村種二 石川歌柳、女猫 吾妻家ぼら、国春 五條家菊二、平和ニコニコ 中井染丸、河内家兼子 秋山道楽、桜本国雄

<編者註>「凡児無法録」(戸田学)より抜粋。当時漫才中心の千代之座の貴重な出番表記録。朝九時から夜十一時まで、一日三回公演。木戸は、通常三十銭で、正月は、三十銭から四十銭。

昭和1218日 大阪朝日新聞

○笑ひのバラエテイ あすから朝日会館で 「吉例・初春笑ひのバラエテイ」が九日から十二日まで四日間、毎夕六時半より本社記念事業団主催で朝日会館に開かれる。吉本興業が最高の顔触れを揃へての砲列陣。出演者は万歳(立美末子、三好)、時事小唄(石田一松)、落語(桂三木助)、講談(神田伯龍)、操り人形(結城孫三郎一座)、漫談(徳川夢声)、万歳(林田五郎、柳家雪江)、同(都家静代、都家文雄)、同(千歳家今男、花菱アチヤコ)、同(杉浦エノスケ、横山エンタツ)。入場料一円二十銭、七十銭。

昭和12111より南地花月プログラム

11~13年 005

〈編者註〉『藝能懇話』十九号(平成20年)より転載。

昭和12124 大阪時事新報

〇浪花座の二月は珍趣向 吉本連中で珍追善劇  
 吉本興業東西合同珍無類大歌舞伎にて一日初日を開ける。出しものは雁治郎追善の意味を籠めて上場する「対面」や「近八」等大もの揃ひである。

 第一「寿曽我対面」は松鶴の工藤、三木助の十郎、五郎の五郎、小円馬の虎等、第二は本家本元伯龍(七五郎)ろ山(石松)で「森の石松」三場、第三「近江源氏先陣館」は円馬の盛綱、三木助の和田兵衛、蔵之助の微妙、十郎の篝火、染丸の時政等、第四「碁太平記白石噺」揚屋をエンタツの宮城野、九里丸のしのぶと云ふ超名コンビに雁玉の宗六などにて、又第五「旅路の花婿」は伯龍の勘平、芳男のおかる、それに春団治の伴内の外幹部連が花四天で登場する。


昭和
122

大阪の寄席案内

一日より

△南地花月 小雀、竜光、庫吉・芳奴、馬生、幸児・静児、円馬、雁玉・十郎、雪江・五郎、九里丸、春団治、エンタツ・エノスケ、神田伯龍、石田一松、右楽・左楽、松鶴、文雄・静代。

△北新地花月倶楽部 蔓亀、おもちゃ、出羽助・竹幸、石田一松、千代八・八千代、円若、松鶴、右楽・左楽、林芳男、洋々・繁子、武司・義忠、末子・三好、染丸、とり三・なり駒。

十一日より

△南地花月 小雀、竜光、静代・文雄、林芳男、五郎・雪江、春団治、九里丸、神田ろ山、十郎・雁玉、竹本三蝶・豊竹仙平(女義太夫)、三木助、エンタツ・エノスケ、木村友衛(浪花節)、金語楼、幸児・静児。【広告参照】

△北新地花月倶楽部 雪江・五郎、神田ろ山、エンタツ・エノスケ、竹本三蝶・豊竹仙平、金語楼、木村友衛、文雄・静代、円馬、幸児・静児、三木助、太郎・菊春、松鶴、九里丸、円枝。

二十一日より

△南地花月 小雀、一郎、円枝、十郎・雁玉、蔵之助、菊春・太郎、正光、春団治、繁子・洋々、林芳男、エンタツ・エノスケ、九里丸、松鶴、三亀松、静代・文雄、三木助、今男・アチャコ。

△北新地花月倶楽部 おもちや、三亀松、松鶴、雁玉・十郎、林芳男、洋々・繁子、一郎、太郎・菊春、円馬、九里丸、エンタツ・エノスケ、小円馬、今若・歳男、春団治。

京都の寄席案内

一日より

△新京極富貴 金語楼、ろ山、ラツキー・セヴン、正光、馬生、柳枝・一駒、一郎、太郎・菊春、三馬、今若・歳男、三八、小松月・美津子、勝美・幸若、右之助。【広告参照】 

十一日より

△新京極富貴 右之助、三馬、武忠・義忠、三八、都枝・七五三、馬生、牧野狂児郎、小松月・美津子、小円馬、円若、蔵之助、奴・喜蝶、芳男、九里丸、松鶴、アチヤコ・今男。

二十一日より

△新京極富貴 染丸、房春・鶴江、文治郎、三亀松、三木助、竜光、奴・喜蝶、円枝、成三郎・玉枝、扇
 遊、春団治、雪江・五郎。

昭和1221 京都日出新聞[広告]

12年 004

昭和12129 大阪毎日新聞[広告]

12年 003


昭和
12
21日~10日 落語家芝居 浪花座

実川延若丈総指導 嵐吉三郎丈補導

【第一】壽曾我対面 一幕

工藤左衛門祐経  中村松鶴   小林朝比奈    市川春団治

梶原平三景時   中村雁玉   梶原平次景高   片岡九里丸

曾我五郎時致   松本五郎   曾我十郎祐成   市川三木助

大磯の虎     守田小円馬  化粧坂の少将   林芳男

近江小藤太成家  坂東円枝   八幡三郎氏行   沢村エノスケ

大名一      片岡染丸   大名二      嵐文治郎

大名三      中村十郎   大名四      坂東狂児郎

鬼王新左衛門   大谷文雄   

【第二】森の石松 三場 

1、小松村用水堀脇 2、七五郎の家 3、村はづれの竹藪

森の石松     神田ろ山   小松村の七五郎  神田伯龍

都鳥吉兵衛    嵐蔵之助   七五郎の女房お関 花月梅花

乾分伊賀蔵    坂東狂児郎  外に保下田の乾分、都鳥の乾分大勢

【第三】近江源氏先陣館 盛綱首実検の場

佐々木盛綱    尾上円馬   北条時政     片岡染丸

母微妙      嵐蔵之助   和田兵衛     市川三木助

女房早瀬     松本雪江   高綱女房篝火   中村十郎

佐々木小四郎   森鈴子    同小三郎     一条千鶴子

早見藤太     守田小円馬  最上八郎     大谷文雄

竹のした孫八   坂東円枝   古郡新左衛門   嵐文治郎

外に軍卒大勢

【第四】碁太平記白石噺 揚屋の場

信夫       片岡九里丸   宮城野      沢村エンタツ

宮柴       中村十郎    宮里       松本五郎

禿しげり     一条千鶴子   大黒屋惣六    中村雁玉

【第五】旅路の花聟 一幕

腰元おかる    林芳男     早野勘平     神田伯龍

鷺坂伴内     市川春団治

花四天 片岡染丸 守田小円馬 嵐文治郎 市川三木助 中村雁玉 

実川円若 坂東円枝 片岡九里丸 中村十郎 嵐蔵之助

【観劇料】特等席一円八十銭 一等椅子席一円銭 二等席一円 三階大衆席五十銭。

〈編者註〉プログラムより作成。                                    
昭和1224 大阪時事新報

浪花座の珍歌舞伎 吉本芸人連の大馬力劇集 

一日初日昼夜二回興行で十日まで吉本興業提供の「落語、講談、漫談、漫才連のお芝居」と銘打つた大歌舞伎‥‥第一「寿曽我対面」(一幕)、第二「森の石松」(三場)、第三「近江源氏先陣館」(一幕)、第四「碁太平記白石噺」(一場)、第五「旅路の花婿」(一幕)‥‥プログラムに刷つた御挨拶が「皆様、これこそホントウに年に一年しか見られない笑ひの豪華趣向です、この顔触れでこの芝居‥‥吉本興業が誇る天下無類の珍歌舞伎は、全く一九三七年中の話のタネです」

第一の「寿曽我対面」は松鶴の工藤、三木助の十郎、五郎の五郎(漫才の五郎が一生懸命)。

第二「森の石松」は大家さんの若旦那伯龍と、町内の頭梁ろ山の演し物。ろ山の森の石松に伯龍の小松村の七五郎、それに葬礼屋の親方蔵之助が芸達者だと云ふので都鳥の吉兵衛をつき合つている。立廻り物も勇ましくていゝが、両シン役とも科白が滅入り込むところ、この次は「筆屋幸兵衛」などを演してみるのもよからうと思はせられる。両人とも科白の味は坐つてやる講談を立つてやるだけで、各々が高座で持つ味は充分に躍動さしている。普段一人で何役も受持つているので、一役しか受持たぬ芝居は間がのびていて妙‥‥。

 第三の「盛綱首実検の場」は円馬の盛綱に和田兵衛が三木助、母微妙が蔵之助、女房早瀬が雪江、篝火が十郎、最上八郎が文雄、早見藤太が小円馬、エロス座の森鈴子が小四郎‥‥目をひくのは十郎の篝火と小円馬の早見藤太、鈴子の小四郎は一寸大きいが慣れているだけに拍手を買つている。盛綱は三木助がやりたかつたらう。

第四「白石噺揚屋の段」は九里丸の信夫にエンタツの宮城野、それに宮柴(十郎)宮里(五郎)大黒屋宗六(雁玉)と漫才三巨頭が出演。エンタツと九里丸の女形コンビが大向うを笑はせる。

第五の「旅路の花婿」は林芳男のおかるに伯龍の勘平で踊る。芳男が綺麗で気持ちよさそうに踊つている。春団治が鷺坂。

〈編者註〉「上方はなし」第十一集(昭和123月)に工藤祐経に扮した笑福亭松鶴の写真が出ている。また同誌に中井浩水が「松鶴の工藤」、梅乃家忠兵衛が「松鶴君の祐経」を寄稿している。

昭和12210 大阪毎日新聞[広告]

12年 006

〈編者註〉南地花月と花月倶楽部の合同のプログラムである。

昭和12210 大阪時事新報

◇寄席たより 南地法善寺境内花月と北の新地花月倶楽部の十一日よりの新番組は毎夕四時半開演で東西各芸の代表を精り「名流争覇の夕」と銘打ち、東京より新落語の柳家金語楼、浪曲木村派の立物木村友衛、任侠伝を得意とする神田ろ山、これに女義界の名人竹本三蝶が加はり三味線は豊竹仙平等稀らしい顔合せに大阪吉本の幹部連が競演する。 

昭和12214 京都日出新聞

◇落語研究会 今月の落語研究会は例会の第一日曜日が大阪浪花座で開催した珍歌舞伎に同人が出演していたので、今月に限り第二日曜日の十四日正午から新京極富貴に開演する。その番組は 牛ほめ(右之助)、延陽伯(文治郎)、金の大黒(蔵之助)、賽銭箱(三八)、軍隊式(小円馬)、住吉駕(染丸)、吹き戻し(三馬)、宿屋敵(松鶴)。

昭和12224 大阪時事新報

◇南地法善寺境内花月と北の新地花月倶楽部の下旬からの替り新番組は、落語漫才等の競演で、笑ひと趣味の豪華陣であるが、東京からは久々で柳家三亀松が来演し、過般やつとお詫びの叶つたアチヤコ、今男のコンビも四十日振りで出演する。

〈編者註〉アチャコ・今男は吉本に無断で内職していたのがバレたらしい。(時事118)。


昭和
123

大阪の寄席案内

一日より

△南地花月 牧野狂児郎、若草・一郎、九里丸、洋々・繁子、蔵之助、川柳・花蝶、三木助、太郎・菊春、竜光、三蝶・仙平(女義太夫)、林芳男、雪江・五郎、小文治、三亀松、春団治、エンタツ・エノスケ。

△北新地花月倶楽部 春団治、三好・末子、円枝、雪江・五郎、九里丸、林芳男、三亀松、雁玉・十郎、蔵之助、エンタツ・エノスケ、三蝶・仙平(女義太夫)、幸児・静児、小文治、アチヤコ・今男。

三十一日より

△南地花月 太郎・菊春、三木助、石田一松、エンタツ・エノスケ、春団治、右楽・左楽、松鶴、市松・芳子、竜光、アチヤコ・今男、林芳男、夢若・光晴、円枝、雪江・五郎、東洋一郎、円若。

△北新地花月倶楽部 アチヤコ・今男、春団治、右楽・左楽、寺島玉章、茶目、徳王一行、三木助、石田一松、エンタツ・エノスケ、円枝、太郎・菊春、松鶴、市松・芳子、馬生、扇遊、染丸。

京都の寄席案内

一日より

△新京極富貴 ラツキー・セヴン、三木助、九里丸、文雄・静代、円馬、舞踊女連、松鶴、出羽助・竹幸、小文治、二郎、馬生、円若、三八、三馬、右之助 。

十一日より

△新京極富貴 右之助、三馬、三八、ラツキー・セヴン、文治郎、三好・末子、蔵之助、庫吉・芳奴、竹本三蝶・豊沢仙平、舞踊競争、林芳男、川柳・花蝶、春団治、染団治・雅子。

二十一日より

△新京極富貴 右之助、柳正・柳太郎、三八、三馬、団之助・ボテ丸、染丸、小松月・美津子、馬生、歌楽・妙子、舞踊競争、円枝、太郎・菊春、夢若・光晴、円若、三木助、市松・芳子。

昭和1234 京都日出新聞

<三遊亭円若>

◇寄席風聞 吉本興業での音曲で端唄の名手三遊亭円若が一日から富貴の高座に上つている。生来地味型、柳家三亀松のやうに三味線がなく物まねなどの芸はないが絃にのる声は実にカレた渋味を持つて聞く人を感嘆させるが、惜しいことには一寸眼にクセがあり、男前に列せられぬ難があり、若い廓雀の噂にこそのらないが、その代り一度掴んだフアンはメツタに離さぬ咽喉のよさを持つている。なかに新しい流行唄などまねずにむかしのまゝのよいところを聞かしてほしいとは円若を知るフアンの願ひださうである。

昭和12321 大阪時事新報

◇落語研究会 三月の落語研究会は二十一日正午開演で北の新地花月倶楽部に開催し、その番組は絵根問(染八)、尼買(円枝)、心中屋(小円馬)、菊江仏壇(文治郎)、お花半七(蔵之助)、鶴満寺(染丸)、花扇子(円馬)、ふたなり(春団治)。

昭和12330 大阪時事新報

◇寄席たより 南地法善寺境内花月と北の新地花月倶楽部の四月出番は三十一日より毎夕四時半開演。在満皇軍の慰問を了へて四十五日振りで帰阪した石田一松、秋山右楽、左楽ら吉本笑ひの慰問隊が打ち揃つて報告出演。一行は勃利、佳木斯滴道虎林依蘭、密山、綏芬河、東京城等国境に沿ふ奥地で拾つた材料により流行漫談、漫才に纏めて発表すると。


昭和
124

大阪の寄席案内

十一日より

△南地花月 正光、蔵之助、ワカナ・一郎、川柳・花蝶、文治郎、文雄・静代、春団治、太郎・菊春、九里丸、林芳男、右楽・左楽、幸児・静児、雪江・五郎、三木助、石田一松、アチヤコ・今男。

△北新地花月倶楽部 染丸、春団治、三好・末子、九里丸、ワカナ・一郎、三木助、市松・芳子、円馬、アチヤコ・今男、石田一松、林芳男、右楽・左楽、幸児・静児、雪江・五郎。

二十一日より

△南地花月 おもちや、円枝、牧野狂児郎、染団治・雅子、小円馬、洋々・繁子、林芳男、夢若・光晴、市松・芳子、円若、三木助、文雄・静代、九里丸、アチヤコ・今男、春団治、雪江・五郎。

△北新地花月倶楽部 円若、林芳男、公園・お蝶、牧野狂児郎、川柳・花蝶、小円馬、雪江・五郎、円枝、アチヤコ・今男、春団治、洋々・繁子、三木助、文雄・静代、九里丸。

京都の寄席案内

一日より

△新京極富貴 右之助、三馬、クリスケ・クリカク、三八、英二・のぼる、蔵之助、とり三・なり駒、文治郎、幸児・静児、円馬、雪江・五郎、芳男、成三郎・玉枝、松鶴、染団治・雅子。

十一日より

△新京極富貴 染団治・雅子、春団治、九里丸、エンタツ・エノスケ、馬生、洋々・繁子、小円馬、五九童・蝶子、円枝、竜光、牧野狂児郎、九里輔・九里角、三馬、三八。

二十一日より

△新京極富貴 三馬、三八、奴・喜楽、文治郎、武司・義忠、円馬、三好・末子、蔵之助、太郎・菊春、クレバ・清、林芳男、右楽・左楽、石田一松。

昭和1245日 大阪朝日新聞

落語もどきの珍学校 さすが生徒さんたちも口達者 〝話術のお稽古〟を覗く  

珍講習「話術のお稽古」がはじまつた。大阪松坂屋の趣味倶楽部の一つで、三日の土曜日に蓋あけした。午後二時ごろから約二時間にわたつてエンタツ、円馬が先生になつて、ペラ〳〵やる。サラリーマン、学校の先生、歯医者、音楽家、著述家、口を商売にしている保険の勧誘員、それに婦人も数人混つて約三十名が生徒だんだ。(中略)エンタツ、円馬の両先生は日ごろの蘊蓄を傾けて教授、なごやかに笑ひの学校に大したはずみ方。最後に円馬先生の落語をきいてこの珍講習会はめでたくハネになつた。


昭和
125

大阪の寄席案内

一日より

△南地花月 小雀、龍光、竹幸・出羽助、千橘、十郎・雁玉、円枝、花蝶・川柳、幸児・静児、三木助、菊春・太郎、春団治、静代・文雄、ろ山、三亀松、松鶴、五郎・雪江。【寄席ビラ参照】

十一日より

△南地花月 正光、蔵之助、ワカナ・一郎、文治郎、川柳・花蝶、小円馬、雪江・五郎、春団治、菊春・太郎、九里丸、雁玉・十郎、結城一座、金語楼、助治郎、三木助、アチヤコ・今男。【広告参照】

△北新地花月倶楽部 小円馬、円若、芳男、洋々・繁子、円枝、雁玉・十郎、結城一座、奴・喜蝶、助治郎、三木助、アチヤコ・今男、九里丸、金語楼、雪江・五郎。

京都の寄席案内

一日より

△新京極富貴 市松・芳子、三木助、円若、川柳・花蝶、円枝、アチヤコ・今男、小円馬、ワカナ・一郎、春風亭柳枝、水月・朝江、染丸、おもちや、三馬、三八、右之助。

十一日より

△新京極富貴 出羽助・竹幸、春団治、ラツキー・セブン、馬生、文雄・静代、芳男、染団治・雅子、円馬、クレバ栄治・清、金語楼、扇遊、三八、喜楽・米二、三馬、柳正・柳太郎。

二十一日より

△新京極富貴 右之助、三馬、文弥・里子、神田ろ山、一蝶・美代子、蔵之助、花子・末子、文治郎、五
 郎・雪江、柳家権太楼、笛亀、三木助、右楽・左楽 。

昭和1251より南地花月プログラム

11~13年 004

〈編者註〉『藝能懇話』十九号(平成20

年)より転載。

昭和1257日 京城日報

◇[広告]京城劇場/五月九日より七日間 完璧無双の大色物堂々第一線を進む名実共関西一の定評ある女女流漫歳王千代廼家千代吉 漫歳名人千代廼家蝶呂九合同五十余名一座 (喜楽家ヘナチョコ 笑福亭福團治特別出演)

昭和12511日 大阪毎日新聞[広告]

12年 007

昭和12512日 大阪朝日新聞

○老剣舞師の嘆き 時勢に押され舞台の演技に 風紀紊乱の廉でお叱り受く 

 十一日午後四時ごろ大阪戎署保安係で紋付羽織袴でかしこまつている白髯のお爺さん、これは吉本興行部専属詩吟の斎藤重隆君とコンビの剣舞で有名な池田武司こと港区東田中町池田伊勢五郎君(五十七年)で、剣道三段といはれている彼氏だけに商売道具の業物(?)だけは大切に袋に包んで座右を離さず、係官のお説教を謹聴していた。といふのは同君が去る一日から十日まで出演していた新世界あしべ劇場の舞台で演じた抜刀の演技に風紀紊乱の点があるといふのでお叱りを受けたものである。

同君は吉本興行に入社してから二十余年になる古参の老芸人だが、最近二十余年間コンビであつた相手を失ひ、また最近同君の芸自体が新興の漫才に押されて大衆性に乏しくなつてきたゝめに、従来のやうな剣舞といふ厳粛な芸のゆへ大向ふの歓心を買ふために滑稽味を加へたといふ程度以外悪意もないので、係官も左の事情を酌量して結局科料も免除して譴責にとゞめた。


昭和
126

大阪の寄席案内

一日より

△南地花月 雪江・五郎、三木助、アチャコ・今男、春風亭柳橋、結城孫三郎一座、広沢虎造、右楽・左
 楽その他。

十一日より

△南地花月 雪江、五郎、三木助、アチヤコ、柳橋、結城孫三郎一座、右楽、左楽、ろ山ら。

京都の寄席案内

一日より

△新京極富貴 右之助、三馬、三八、ボテ丸・団之助、小円馬、公園・男蝶、春風亭柳橋、キリン・一春、
 武司・義忠、円馬、玉枝・成三郎、ろ山、春楽、川柳・花蝶、春団治、菊春・太郎。

十一日より

△新京極富貴 右之助、三八、九里輔・九里角、三馬、なり駒・とり三、柳亭春楽(声色百種)、林家正蔵、
 虎春・秀子、馬生、洋々・繁子、円枝、柳枝・一駒、扇遊、三木助、アチヤコ・今男。

二十一日より

△新京極富貴 久月・福勇、三八、秀夫・秀千代、三馬、勝美・幸若、春楽、五九童・蝶子、三好・末子、
 円若、今若・歳男、一蝶・芳奴、おもちや、柳枝・一駒、太郎・菊春。

昭和1266 京都日出新聞

◇落語研究会 六日正午富貴 吉本興業の落語家連によつて出来ていた「落語研究会」は六日正午から富貴で六月の研究会を開。番組は宿屋入り(右之助)、延陽伯(文治郎)、猫忠(円馬)、野崎詣り(円枝)、落語角力(力士大光り三八、同ほそり山小円馬、呼出し文治郎、行司円馬)、いかき屋(春団治)、言ひ当る(蔵之助)。

上方落語史料集成 昭和12年(1937年)7月~12月

昭和127

京都の寄席案内

一日より

△新京極富貴 柳枝・一駒、蔵之助、奴・喜蝶、芳男、ワカナ・一郎、円馬、正光、文治郎、文弥・里子、三馬、小松月・美津子、染丸、三八、八里輔・九里角。

十一日より

△新京極富貴 右之助、英二・ノボル、三八、エンドウ・つばめ、牧野狂児郎、寿・福奴、三馬、小松月・美津子、小円馬、市松・芳子、二郎、円馬、柳枝・一駒、馬生、春団治、文雄・静代。

二十一日より

△新京極富貴 川柳花蝶三木助、竜光洋々繁子文治郎柳枝一駒芳男若葉寿郎円枝雪江五郎幸児静児三馬菊丸照子三八、右之助

〈編者註〉7月~12月までの大阪の寄席案内は各紙とも掲載なく、不明。以下京都のみ記す。

昭和12721 大阪時事新報

〇笑はぬ漫才家 吉野大佐を招いて時局講演 吉本興業二週間の売上献金 

笑はすばかりが能じやない、吉本興業部の漫才屋さん連が漫才報国のつもりで時局ものを取扱つて高座から非常時局を呼びかけているが、往々にしてしやべつてはならないことまでもつい口をすべらすので、こゝのところ所轄署から御目玉を度々頂戴するところから、同営業部では北支事変の的確な認識を所属の芸人連へ与へようと二十日午前九時半から南地花月亭で九里丸、エノスケ、エンタツ、雁玉などの一線どころから安来節唄ひなどに至るまでの約四百余名を集め、林吉本社長、金沢支配人も出席、師団司令部から吉野大佐を招いて時局講演を御願ひした。……終つて林社長は二十一、二十二の両日、京阪神の吉本所属二十館の売上金全部を国防費に献納することになり、又九里丸、エノスケ両氏の発案で全従業員一日分の給料を同じく国防費に献金するべく決議した。

昭和12721日 大阪毎日新聞

○相次ぐ献金〃お笑ひ連中も発奮〃 
  (前略)…北支の事変緊迫とともに国民の銃後の赤誠はいよ
〳〵燃えたち……円馬、三木助、染丸など落語家連、雁玉、十郎、五郎、雪江、今男、出羽助など漫才連総勢四百名が、二十日朝九時半から南地花月の客席にいならび、高座から第四師団司令部吉野大佐が北支事変の正しい認識と国防の重大性を説くや客席の連中スツカリ感激。「せめて一日分の給料を恤兵金に‥‥」と申し合はせ、九里丸が世話方となつて取纏めることになつた。一方席主の吉本興業部でも京阪神直営館の約三十館における二十一、二両日の上り高を陸海軍に献納することとなつた。

昭和12724日 大阪毎日新聞

○花橘クンのお手柄〃噺の機転で空巣を捕ふ〃 さすがは噺家、泥棒を口でわなに落す

二十三日午後一時半ごろ西成区粉浜本町二ノ三一落語フアンお馴染の立花家花橘(五〇)が、ふと留守居を頼まれた隣家の会社員中前道雄氏からゴソ〳〵と物音が聞えるので裏口から廻つて見ると、これはしたり中前方裏木戸の施錠が引きちぎられ便所の汲取口から大きな男が中に忍び込まうとしているので吃驚したが、高座で鍛へ上げてあるだけに機転をきかして〃火事息子〃の要領で「火事だ〳〵みんな来ておくんなはれ」と大声を揚げたので、近所の人たちが駈け付け、この声にあわてゝ逃出さうとした泥棒は見事引き捕へられた。右は神戸兵庫区塚本本通四ノ六生れ住所不定無職草部正男(二十六)で、空巣狙の常習らしく目下住吉署で取調べている。

昭和12728 大阪時事新報

〇続々芸苑から恤兵金 漫才師も時局に燃ゆ
 吉本興業部では去る二十一、二両日の所属館入場料と全従業員の一日分の給料合せて五千円を林社長、田中支配人、雁玉、九里丸、三木助、文雄などが代表してこの程第四司令部を訪れ国防献金にと差出した…。


昭和
128

京都の寄席案内

△新京極富貴 改築のため九月まで休場。

昭和12815日 
第一回「上方はなし」を聴く会 
三越八階ホールにて・主催楽語荘

〈編者註〉五代目松鶴は吉本興業に辞表を出していたが、吉本側は認めておらず、八月十五日、楽語荘主催で落語会をひらいた時、吉本側から無断出演は許さずとのクレームがついた。結局松鶴は出演できず、骨抜きの会になってしまった。なお、第一回のプログラムは笑福亭福円が「猫の災難」を出したらしいというほかは判明していない。

昭和12818日 大阪毎日新聞

<五代目笑福亭松鶴の吉本興業脱退問題>

落語界に話の種 松鶴が〃吉本を脱退する〃 

三越で十五日午後二時半から大阪落語界の重鎮五代目笑福亭松鶴こと竹内梅之助氏(五四)を後援する上方はなし第一回試演会を開催中、同氏が専属する吉本興業部から松鶴出演中止の申入れがあつて一時乱闘!の気配がみえ、船場署員が警戒するなど物々しかつたが、松鶴が欠演したので会は骨抜きのまゝことなきを得た事件があり、自来松鶴はひいき筋を歴訪しているが、これを機に近く同興業部を脱退、独立して第二回試演会を三越で開くこととなつた。  同氏は一昨春枝鶴から松鶴を襲名し、大阪落語界に重きをなしていたが、本年二月以来リウマチスで欠演、はじめてこんどの公演会を催したもので、同氏の脱退により吉本としては相当の打撃を受けるので脱退を認めるまでには波乱が予想せられ、また一方漫才におされて沈滞している落語界に死活の一石を投じたものとして注目されている。

〈編者註〉この松鶴の吉本脱退については「上方はなし」第十九集(昭和12111日)の川上賢叟の「松鶴君の行動について──誤解のないよう──」に詳しく述べられている。十月五日、川上氏と山田璋弁護士、河津商店主河津喜之助氏の三名が吉本興業本社に出向いて支配人小倉氏と面談し、話し合いを行い、松鶴の円満退職が認められ、ようやく自由の身になったという。

昭和12819 大阪時事新報

〇事変悲話 奇術師 李彩 嘆きの休場 
 寄席色物でお馴染の李彩は、明治三十八年日本に来つて、変り種と特種の愛嬌とで人気者となり、寄席生活三十三箇年半、日本の女を女房に迎へて既に五人の子供迄あり、小李彩は長男である。噺家連中からは支那の江戸ツ子と呼ばれ居る粋人であるが、今回の事変に少なからず悩み、高座に出ても元気もない始末。楽屋内では噺家連中集ると、暴虐なる支那をチチン
〳〵(ヂヤン〳〵)やつつけろなんて洒落まじりで悪く叩くので、李彩親子遂に寄席出演を当分遠慮休席を申し出た。李彩曰く〃ワタチ当分心配、支那へ帰へれば食ふに困る、これが本当の罹災(李彩)民でチユ〃。


昭和
129

京都の寄席案内

一日より新京極富貴は内部改造完成記念漫才大会「非常時局笑破の陣」。大衆席は十銭で昼夜二回開演。

十一日より新京極富貴へ出演の落語家は式亭三馬、金原亭馬生、色物はアダチ龍光、東洋二郎、その他漫才。

二十一日より新京極富貴へ出演の落語家は式亭三馬、三遊亭小円馬、色物はワンダー正光、その他漫才。

昭和1291日 京都日日新聞  

<新京極富貴、落語席としての幕を閉じる>
◇全席イス 竣工記念の富貴席 新京極富貴は内部改造のため休席中だつたが、愈よ工事も了り設備一新して一日初日で新秋九月番組を開演。場内は階上階下共新式の椅子席となり、モダン化し、興行も今後は昼夜二回開演で大衆演芸場の使命を果すことゝなつた。初開場は吉本漫才大会。

〈編者註〉改築後富貴は吉本興業の方針により漫才の席となった。落語家の出演は二人ないし三人で、長年京都の人々に親しまれてきた「落語席富貴」もここに終りを告げたといっていい。よって「上方落語史料集成」に鑑み、これより京都の寄席案内は富貴へ出演の落語家と色物のみを掲げ、漫才はいっさい省略する。なおよく名前を出す式亭三馬(宇田川勝太郎・昭和14524日没)はこの頃京都に居着き、吉本に属して富貴の主のような存在であった。

昭和12911 大阪時事新報

◇時局笑破の夕 南地法善寺境内花月は十一日より第二回「時局笑破の夕」として吉本幹部総動員で開演する。東京よりは時事小唄と漫談の石田一松が、兵隊漫才の立花六三郎、北村栄二郎と共に久方振りに来演。


昭和
1210

京都の寄席案内

一日より新京極富貴へ出演の落語家は式亭三馬、桂文治郎、色物は東洋二郎、巴家おもちゃ、その他漫才。

十一日より新京極富貴へ出演の落語家は式亭三馬、三遊亭円若、その他漫才。

二十一日より新京極富貴は吉本精鋭動員の漫才大会にて昼夜二回開演。

昭和121016

◇第二回「上方はなし」を聴く会 午後一時より高麗橋三越八階ホールにて 主催楽語荘

青菜(笑福亭福円)、崇徳院(桂米之助)、煙草の火(桂米団治)、演目不祥(笑福亭松鶴)その他。

〈編者註〉「上方はなし」第十九集(昭和12111日発行)より。

昭和121024日 京城日報

◇[広告]朝日座/永らくお待たせ致しました。十月十六日より毎夕六時開演/漫歳名人大会/連名 井口利夫■崎松津子 旭タケシミスワカミ 立花家幸楽笑港千福 漫画家ベクテミズキ 芳楽家梅玉松玉 千鳥家力秋力春 千代の家香津子蝶治 河内家豊子芳若 若松家与太八正八 笑福亭福團治



昭和
1211

京都の寄席案内

一日より新京極富貴へ出演の落語家は式亭三馬、三遊亭小円馬、色物は東洋二郎、笛亀、その他漫才。

十一日より新京極富貴へ出演の落語家は式亭三馬、桂円枝、色物は巴家おもや、松旭斎一光、その他漫才。

二十一日より新京極富貴へ出演の落語家は式亭三馬、桂春団治、色物はアダチ龍光、東洋二郎、その他漫才。

昭和121111日 京城日報

◇[広告]朝日座/十一月十一日より毎夕六時開演/落語爆笑王 桂枝輔一行/特別出演 砂川市丸 青空ノボル/枝輔得意の一人相撲、是非見落とすなかれ、一行三十余名が腕により掛けてくり出す芸競べ

昭和121115

◇京都・第一回「上方はなし」を聴く会 午後六時半より京都木屋町民生会館にて

軽業(桂米之助)、三十石夢の通い路(林家染三)、親子茶屋(林家染之助)、腰抜け武士(笑福亭福円)、植木屋娘(桂花柳)、宿屋の富(笑福亭松鶴)

〈編者註〉「上方はなし」第二十集(昭和12121日発行)より。

昭和121120

◇第三回「上方はなし」を聴く会 午後一時より高麗橋三越八階ホールにて 主催楽語荘

地獄八景(楽語荘同人)、八五郎坊主(林家染三)、桃太郎(桂三八)、浮世床(桂米団治)、小噺三つ(笑福亭松翁)、親子茶屋(林家染之助)、悋気の独楽(松鶴)

〈編者註〉「上方はなし」第二十集(昭和12121日発行)より。


昭和
1212

京都の寄席案内

一日より新京極富貴は漫才大会。

三十一日より新京極富貴へ出演の落語家は式亭三馬、三遊亭円若、桂春団治、色物は石田一松、その他漫才。

昭和12123日 京城日報

◇[広告]朝日座/漫歳名人大会/但馬流独楽の名人但馬源水 インテリ漫談中井染丸 三人漫歳のナンバーワン桜山源丸/毎夕六時開演

昭和121211日 

◇第四回「上方はなし」を聴く会 午後一時より高麗橋三越八階ホールにて 主催楽語荘

東の旅(桂南天)、蔵丁稚(林家染之助)、胴切り(桂米之助)、三枚起請(笑福亭松鶴)、古手買(桂米団治)、生貝(笑福亭松翁)、住吉駕(林家染三)、外科本道(笑福亭福円)

12年追加 002

〈編者註〉「上方はなし」第二十一集(昭和1311日発行)より。写真は同誌口絵に掲載されたもの。三越百貨店屋上で撮影。左より桂米之助(四代目米団治)、林家染三、笑福亭福円、五代目笑福亭松鶴、二代目笑福亭福松、笑福亭松翁(四代目松鶴)、三代目桂米団治、桂三八、林家染之助、桂南天。

 

プロフィール

丸屋竹山人

カテゴリー
  • ライブドアブログ